****************************************

歴代誌 上 1:1−4   

アダムから三人の子まで 

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

 

1:1 アダム、セト、エノシュ、

1:2 ケナン、マハラルエル、イエレド、

1:3 エノク、メトシェラ、レメク、

1:4 ノア、セム、ハム、ヤフェト。

 

新改訳1970

1:1 アダム、セツ、エノシュ、

1:2 ケナン、マハラルエル、エレデ、

1:3 エノク、メトシェラ、レメク、

1:4 ノア、セム、ハム、それにヤペテ。

 

口語訳1955

1:1 アダム、セツ、エノス、

1:2 ケナン、マハラレル、ヤレド、

1:3 エノク、メトセラ、ラメク、

1:4 ノア、セム、ハム、ヤペテ。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:5−7   

ヤフェトの子孫

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:5 ヤフェトの子らは、ゴメル、マゴグ、メディア、ヤワン、トバル、メシェク、ティラス。

1:6 ゴメルの子らは、アシュケナズ、ディファト、トガルマ。

1:7 ヤワンの子らは、エリシャ、タルシシュ、キティム、ロダニム。

 

新改訳1970

1:5 ヤペテの子孫は、ゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メシェク、ティラス。

1:6 ゴメルの子孫は、アシュケナズ、ディファテ、トガルマ。

1:7 ヤワンの子孫は、エリシャ、タルシシュ、キティム人、ロダニム人。

 

口語訳1955

1:5 ヤペテの子らはゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メセク、テラス。

1:6 ゴメルの子らはアシケナズ、デパテ、トガルマ。

1:7 ヤワンの子らはエリシャ、タルシシ、キッテム、ロダニム。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 黙  20:8

20:8 そして、出て行き、地の四方にいる諸国民、すなわちゴグ、マゴグを惑わし、彼らを戦いのために召集する。その数は、海の砂のように多い。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:8−13  

ハムの子孫

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:8 ハムの子らは、クシュ、エジプト、プト、カナン。

1:9 クシュの子らは、セバ、ハビラ、サブタ、ラマ、サブテカ。ラマの子らは、シェバ、デダン。

1:10 クシュにはまた、ニムロドが生まれた。ニムロドは地上で最初の勇士となった。

1:11 エジプトには、リディア人、アナミム人、レハビム人、ナフトヒム人、

1:12 上エジプト人、カスルヒム人、カフトル人が生まれた。このカフトル人からペリシテ人が出た。

1:13 カナンには長男シドンとヘト、

 

新改訳1970

1:8 ハムの子孫は、クシュ、ミツライム、プテ、カナン。

1:9 クシュの子孫は、セバ、ハビラ、サブタ、ラマ、サブテカ。ラマの子孫は、シェバ、デダン。

1:10 クシュはニムロデを生んだ。ニムロデは地上で最初の権力者となった。

1:11 ミツライムは、ルデ人、アナミム人、レハビム人、ナフトヒム人を生み、

1:12 パテロス人、カスルヒム人――これからペリシテ人が出た――、カフトル人を生んだ。

1:13 カナンは、長子シドン、ヘテ、

 

口語訳1955

1:8 ハムの子らはクシ、エジプト、プテ、カナン。

1:9 クシの子らはセバ、ハビラ、サブタ、ラアマ、サブテカ。ラアマの子らはシバとデダン。

1:10 クシはニムロデを生んだ。ニムロデは初めて世の権力ある者となった。

1:11 エジプトはルデびと、アナムびと、レハブびと、ナフトびと、

1:12 パテロスびと、カスルびと、カフトルびとを生んだ。カフトルびとからペリシテびとが出た。

1:13 カナンは長子シドンとヘテを生んだ。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:14−23 

セムの子孫

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:14 また、エブス人、アモリ人、ギルガシ人、

1:15 ヒビ人、アルキ人、シニ人、

1:16 アルワド人、ツェマリ人、ハマト人が生まれた。

1:17 セムの子らは、エラム、アシュル、アルパクシャド、ルド、アラム、ウツ、フル、ゲテル、メシェク。

1:18 アルパクシャドにはシェラが生まれ、シェラにはエベルが生まれた。

1:19 エベルには二人の息子が生まれた。一人の名は、その時代に土地が分けられた(パラグ)のでペレグといい、その兄弟はヨクタンといった。

1:20 ヨクタンには、アルモダド、シェレフ、ハツァルマベト、イエラ、

1:21 ハドラム、ウザル、ディクラ、

1:22 エバル、アビマエル、シェバ、

1:23 オフィル、ハビラ、ヨバブが生まれた。これらは皆、ヨクタンの息子たちである。

 

新改訳1970

1:14 エブス人、エモリ人、ギルガシ人、

1:15 ヒビ人、アルキ人、シニ人、

1:16 アルワデ人、ツェマリ人、ハマテ人を生んだ。

1:17 セムの子孫は、エラム、アシュル、アルパクシャデ、ルデ、アラム、ウツ、フル、ゲテル、メシェク。

1:18 アルパクシャデはシェラフを生み、シェラフはエベルを生んだ。

1:19 エベルにはふたりの男の子が生まれ、ひとりの名はペレグであった。彼の時代に地が分けられたからである。もうひとりの兄弟の名はヨクタンであった。

1:20 ヨクタンは、アルモダデ、シェレフ、ハツァルマベテ、エラフ、

1:21 ハドラム、ウザル、ディクラ、

1:22 エバル、アビマエル、シェバ、

1:23 オフィル、ハビラ、ヨバブを生んだ。これらはみなヨクタンの子孫であった。

 

口語訳1955

1:14 またエブスびと、アモリびと、ギルガシびと、

1:15 ヒビびと、アルキびと、セニびと、

1:16 アルワデびと、ゼマリびと、ハマテびとを生んだ。

1:17 セムの子らはエラム、アシュル、アルパクサデ、ルデ、アラム、ウズ、ホル、ゲテル、メセクである。

1:18 アルパクサデはシラを生み、シラはエベルを生んだ。

1:19 エベルにふたりの子が生れた。ひとりの名はペレグ――彼の代に地の民が散り分れたからである――その弟の名はヨクタンといった。

1:20 ヨクタンはアルモダデ、シャレフ、ハザル・マウテ、エラ、

1:21 ハドラム、ウザル、デクラ、

1:22 エバル、アビマエル、シバ、

1:23 オフル、ハビラ、ヨバブを生んだ。これらはみなヨクタンの子である。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 ルカ 3:36

3:36 カイナン、アルパクサデ、セム、ノア、ラメク、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:24−29 

セムからアブラハムの子イサクとイシュマエルまで

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:24 セム、アルパクシャド、シェラ、

1:25 エベル、ペレグ、レウ、

1:26 セルグ、ナホル、テラ、

1:27 アブラム、これがアブラハムである。

◆アブラハムの子孫

1:28 アブラハムの子は、イサク、イシュマエル。

1:29 彼らの系図は次のとおりである。イシュマエルの長男はネバヨト、次はケダル、アドベエル、ミブサム、

 

新改訳1970

1:24 セム、アルパクシャデ、シェラフ、

1:25 エベル、ペレグ、レウ、

1:26 セルグ、ナホル、テラ、

1:27 アブラム、すなわちアブラハム。

1:28 アブラハムの子は、イサク、イシュマエル。

1:29 これは彼らの歴史である。イシュマエルの長子はネバヨテ。ケダル、アデベエル、ミブサム、

 

口語訳1955

1:24 セム、アルパクサデ、シラ、

1:25 エベル、ペレグ、リウ、

1:26 セルグ、ナホル、テラ、

1:27 アブラムすなわちアブラハムである。

1:28 アブラハムの子らはイサクとイシマエルである。

1:29 彼らの子孫は次のとおりである。イシマエルの長子はネバヨテ、次はケダル、アデビエル、ミブサム、

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口語訳 ルカ 3:36

3:36 カイナン、アルパクサデ、セム、ノア、ラメク、

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 ルカ 3:34-36

3:34 ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、

3:35 セルグ、レウ、ペレグ、エベル、サラ、

3:36 カイナン、アルパクサデ、セム、ノア、ラメク、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:30−31 

イシュマエルの子孫

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:30 ミシュマ、ドマ、マサ、ハダド、テマ、

1:31 エトル、ナフィシュ、ケデマであり、以上がイシュマエルの息子たちであった。

 

新改訳1970

1:30 ミシュマ、ドマ、マサ、ハダデ、テマ、

1:31 エトル、ナフィシュ、ケデマ。これがイシュマエルの子孫である。

 

口語訳1955

1:30 ミシマ、ドマ、マッサ、ハダデ、テマ、

1:31 エトル、ネフシ、ケデマ。これらはイシマエルの子孫である。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:32−33 

ケトラの子孫

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:32 アブラハムの側女ケトラが産んだ子は、ジムラン、ヨクシャン、メダン、ミディアン、イシュバク、シュア。ヨクシャンの子は、シェバ、デダン。

1:33 ミディアンの子は、エファ、エフェル、ハノク、アビダ、エルダア。これらは皆、ケトラの子孫である。

 

新改訳1970

1:32 アブラハムのそばめケトラの息子たち。彼女は、ジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデヤン、イシュバク、シュアハを産んだ。ヨクシャンの子は、シェバ、デダン。

1:33 ミデヤンの子は、エファ、エフェル、エノク、アビダ、エルダア。これらはみな、ケトラの子孫である。

 

口語訳1955

1:32 アブラハムのそばめケトラの子孫は次のとおりである。彼女はジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデアン、イシバク、シュワを産んだ。ヨクシャンの子らはシバとデダンである。

1:33 ミデアンの子らはエパ、エペル、ヘノク、アビダ、エルダア。これらはみなケトラの子孫である。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:34−37 

イサクの子エサウの子孫

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:34 アブラハムにはイサクが生まれた。イサクの子は、エサウ、イスラエル。

1:35 エサウの子は、エリファズ、レウエル、エウシュ、ヤラム、コラ。

1:36 エリファズの子は、テマン、オマル、ツェフィ、ガタム、ケナズ、ティムナ、アマレク。

1:37 レウエルの子は、ナハト、ゼラ、シャンマ、ミザ。

 

新改訳1970

1:34 アブラハムはイサクを生んだ。イサクの子は、エサウ、イスラエル。

1:35 エサウの子は、エリファズ、レウエル、エウシュ、ヤラムとコラ、

1:36 エリファズの子は、テマン、オマル、ツェフィとガタム、ケナズ、ティムナ、アマレク。

1:37 レウエルの子は、ナハテ、ゼラフ、シャマとミザ。

 

口語訳1955

1:34 アブラハムはイサクを生んだ。イサクの子らはエサウとイスラエル。

1:35 エサウの子らはエリパズ、リウエル、エウシ、ヤラム、コラ。

1:36 エリパズの子らはテマン、オマル、ゼピ、ガタム、ケナズ、テムナ、アマレク。

1:37 リウエルの子らはナハテ、ゼラ、シャンマ、ミッザ。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:38−42 

セイルの子孫

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:38 セイルの子は、ロタン、ショバル、ツィブオン、アナ、ディション、エツェル、ディシャン。

1:39 ロタンの子は、ホリ、ホマムであり、ロタンの妹がティムナであった。

1:40 ショバルの子は、アルヤン、マナハト、エバル、シェフィ、オナム。ツィブオンの子は、アヤ、アナ。

1:41 アナの子は、ディション。ディションの子は、ハムラン、エシュバン、イトラン、ケラン。

1:42 エツェルの子は、ビルハン、ザアワン、ヤアカン。ディションの子は、ウツ、アラン。

 

新改訳1970

1:38 セイルの子は、ロタン、ショバル、ツィブオン、アナ、ディション、エツェル、ディシャン。

1:39 ロタンの子は、ホリ、ホマム。ロタンの妹はティムナ。

1:40 ショバルの子は、アルヤンとマナハテとエバル、シェフィ、オナム。ツィブオンの子は、アヤ、アナ。

1:41 アナの子は、ディション。ディションの子は、ハムラン、エシュバン、イテラン、ケラン。

1:42 エツェルの子は、ビルハン、ザアワン、ヤアカン。ディションの子は、ウツ、アラン。

 

口語訳1955

1:38 セイルの子らはロタン、ショバル、ヂベオン、アナ、デション、エゼル、デシャン。

1:39 ロタンの子らはホリとホマム。ロタンの妹はテムナ。

1:40 ショバルの子らはアルヤン、マナハテ、エバル、シピ、オナム。ヂベオンの子らはアヤとアナ。

1:41 アナの子はデション。デションの子らはハムラン、エシバン、イテラン、ケラン。

1:42 エゼルの子らはビルハン、ザワン、ヤカン。デシャンの子らはウズとアラン。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 1:43−51 

エドムの王たち

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

1:43 イスラエルの人々を治める王がまだいなかった時代に、エドムの地を治めていた王たちは次のとおりである。ベオルの息子ベラ、その町の名はディンハバといった。

1:44 ベラが死んで、代わって王となったのは、ボツラ出身でゼラの息子ヨバブである。

1:45 ヨバブが死んで、代わって王となったのは、テマン人の土地から出たフシャムである。

1:46 フシャムが死んで、代わって王となったのは、ベダドの息子ハダドであり、モアブの野でミディアン人を撃退した人である。その町の名はアビトといった。

1:47 ハダドが死んで、代わって王となったのは、マスレカ出身のサムラである。

1:48 サムラが死んで、代わって王となったのはユーフラテス川のレホボト出身のシャウルである。

1:49 シャウルが死んで、代わって王となったのは、アクボルの息子バアル・ハナンである。

1:50 バアル・ハナンが死んで、代わって王となったのは、ハダドである。その町の名はパイといい、その妻の名はメヘタブエルといった。彼女はマトレドの娘で、メ・ザハブの孫娘である。

1:51 ハダドが死ぬと、エドムには首長たちが現れた。首長ティムナ、首長アルワ、首長エテト、

 

新改訳1970

1:43 イスラエル人の王が治める以前、エドムの地で治めた王たちは次のとおりである。ベオルの子ベラ。その町の名はディヌハバであった。

1:44 ベラが死ぬと、代わりに、ボツラから出たゼラフの子ヨバブが王となった。

1:45 ヨバブが死ぬと、代わりに、テマン人の地から出たフシャムが王となった。

1:46 フシャムが死ぬと、代わりに、モアブの野でミデヤン人を打ち破ったベダデの子ハダデが王となった。その町の名はアビテであった。

1:47 ハダデが死ぬと、代わりに、マスレカから出たサムラが王となった。

1:48 サムラが死ぬと、代わりに、レホボテ・ハナハルから出たサウルが王となった。

1:49 サウルが死ぬと、代わりに、アクボルの子バアル・ハナンが王となった。

1:50 バアル・ハナンが死ぬと、代わりに、ハダデが王となった。その町の名はパイであった。彼の妻の名はメヘタブエルといい、メ・ザハブの娘マテレデの娘であった。

1:51 そして、ハダデも死んだ。エドムから出た首長たちは、首長ティムナ、首長アルワ、首長エテテ、

 

口語訳1955

1:43 イスラエルの人々を治める王がまだなかった時、エドムの地を治めた王たちは次のとおりである。ベオルの子ベラ。その都の名はデナバといった。

1:44 ベラが死んで、ボズラのゼラの子ヨバブが代って王となった。

1:45 ヨバブが死んで、テマンびとの地のホシャムが代って王となった。

1:46 ホシャムが死んで、ベダテの子ハダデが代って王となった。彼はモアブの野でミデアンを撃った。彼の都の名はアビテといった。

1:47 ハダデが死んで、マスレカのサムラが代って王となった。

1:48 サムラが死んで、ユフラテ川のほとりのレホボテのサウルが代って王となった。

1:49 サウルが死んで、アクボルの子バアル・ハナンが代って王となった。

1:50 バアル・ハナンが死んで、ハダデが代って王となった。彼の都の名はパイといった。彼の妻はマテレデの娘であって、名をメヘタベルといった。マテレデはメザハブの娘である。

1:51 ハダデも死んだ。エドムの族長は、テムナ侯、アルヤ侯、エテテ侯、

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************