****************************************

歴代誌 上 8:1−28  

ベニヤミンの第二系図

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
001
ベニヤミンは、長男ベラ、次男アシュベル、三男アフラ、

002四男ノハ、五男ラファの父であ る。

003ベラの子はアダル、ゲラ、アビ フド、

004アビシュア、ナアマン、アホ ア、

005ゲラ、シェフファン、フラム。

008シャハライムはフシムとバアラ という妻を追放した後、モアブの平野で父となった。

009すなわち、妻ホデシュによって ヨバブ、ツィブヤ、メシャ、マルカム、

010エウツ、サケヤ、ミルマの父と なった。これらはシャハライムの子で、家系の頭となった。

011またシャハライムはフシムに よって、アビトブとエルパアルの父となった。

012エルパアルの子は、エベル、ミ シュアム、シェメド。シェメドはオノとロド、またそれに属する村を建てた。

013ベリアとシェマは、アヤロンの 住民の家系の頭で、ガトの住民を追い出した。

014アヒオ、シャシャク、エレモ ト。

015ゼバドヤ、アラド、エデル、

016ミカエル、イシュパ、ヨハはベ リアの子である。

017ゼバドヤ、メシュラム、ヒズ キ、ヘベル、

018イシュメライ、イズリア、ヨバ ブはエルパアルの子である。

019ヤキム、ジクリ、ザブディ、

020エリエナイ、ツィレタイ、エリ エル、

021アダヤ、ベラヤ、シムラトは シェマの子である。

022イシュパン、エベル、エリエ ル、

023アブドン、ジクリ、ハナン、

024ハナンヤ、エラム、アントティ ヤ、

025イフデヤ、ペヌエルはシャシャ クの子である。

026シャムシェライ、シェハルヤ、 アタルヤ、

027ヤアレシュヤ、エリヤ、ジクリ はエロハムの子である。

028以上は家系の頭、系図による頭 であり、彼らはエルサレムに住んだ。


 

新共同訳1987

8:1 ベニヤミンには、長男ベラ、次男アシュベル、三男アフラ、

8:2 四男ノハ、五男ラファが生まれた。

8:3 ベラの子は、アダル、ゲラ、アビフド、

8:4 アビシュア、ナアマン、アホア、

8:5 ゲラ、シェフファン、フラム。

8:6 -7エフドの子はゲバの住民の家系の長、ナアマン、アヒヤ、ゲラである。その住民はマナハトに移された。彼らを移したのはゲラで、彼にはウザとアヒフドが 生まれた。

8:8 シャハライムには、妻のフシムとバアラを追い出した後、モアブの野で子が生まれた。

8:9 すなわち、妻のホデシュがヨバブ、ツィブヤ、メシャ、マルカム、

8:10 エウツ、サケヤ、ミルマを産んだ。これらはシャハライムの子で、家系の長となった者である。

8:11 フシムはアビトブとエルパアルを産んだ。

8:12 エルパアルの子は、エベル、ミシュアム、シェメド。この人はオノとロドおよびその周辺の村落を建てた。

8:13 ベリアとシェマは、アヤロンの住民の家系の長である。彼らはガトの住民を追い払った。

8:14 彼らの兄弟は、シャシャク、エレモト。

8:15 ゼバドヤ、アラド、エデル、

8:16 ミカエル、イシュパ、ヨハはベリアの子である。

8:17 ゼバドヤ、メシュラム、ヒズキ、ヘベル、

8:18 イシュメライ、イズリア、ヨバブはエルパアルの子である。

8:19 ヤキム、ジクリ、ザブディ、

8:20 エリエナイ、ツィレタイ、エリエル、

8:21 アダヤ、ベラヤ、シムラトはシェマの子である。

8:22 イシュパン、エベル、エリエル、

8:23 アブドン、ジクリ、ハナン、

8:24 ハナンヤ、エラム、アントティヤ、

8:25 イフデヤ、ペヌエルはシャシャクの子である。

8:26 シャムシェライ、シェハルヤ、アタルヤ、

8:27 ヤアレシュヤ、エリヤ、ジクリはエロハムの子である。

8:28 彼らは、系図に記された家系の長たちである。この家系の長たちはエルサレムに住んだ。

8:29 ギブオンにはギブオンの父が住み、妻の名はマアカといった。

 

新改訳1970

8:1 ベニヤミンは、その長子ベラ、次男アシュベル、三男アフラフ、

8:2 四男ノハ、五男ラファを生んだ。

8:3 ベラの子は、アダル、ゲラ、アビフデ、

8:4 アビシュア、ナアマン、アホアハ、

8:5 ゲラ、シェフファンとフラムであった。

8:6 エフデの子は次のとおりである。――彼らはゲバの住民の一族のかしらで、マナハテに捕え移された者たちである。

8:7 すなわち、この人々を捕え移したのはナアマンとアヒヤとゲラである。――エフデは、ウザとアヒフデを生んだ。

8:8 シャハライムは、その妻フシムとバアラを去らせて後、モアブの野で子をもうけた。

8:9 彼は、その妻ホデシュによって、ヨバブ、ツィブヤ、メシャ、マルカム、

8:10 エウツ、サケヤ、ミルマを生んだ。これらは彼の子であって、一族のかしらであった。

8:11 彼はフシムによって、アビトブとエルパアルを生んだ。

8:12 エルパアルの子は、エベル、ミシュアム、シェメデ、――彼はオノとロデおよびそれに属する村落を建てた。――

8:13 ベリア、シェマ、――彼らはアヤロンの住民の一族のかしらで、ガテの住民を追い払った者。

8:14 アフヨ、シャシャク、エレモテ、

8:15 ゼバデヤ、アラデ、エデル、

8:16 ミカエル、イシュパ、ヨハはベリアの子――

8:17 ゼバデヤ、メシュラム、ヒズキ、ヘベル、

8:18 イシュメライ、イズリア、ヨバブ。これらはエルパアルの子であった。

8:19 ヤキム、ジクリ、ザブディ、

8:20 エリエナイ、ツィルタイ、エリエル、

8:21 アダヤ、ベラヤ、シムラテ。これらはシムイの子であった。

8:22 イシュパン、エベル、エリエル、

8:23 アブドン、ジクリ、ハナン、

8:24 ハナヌヤ、エラム、アヌトティヤ、

8:25 イフデヤ、ペヌエル。これらはシャシャクの子であった。

8:26 シャムシェライ、シェハルヤ、アタルヤ、

8:27 ヤアレシュヤ、エリヤ、ジクリ。これらはエロハムの子であった。

8:28 これらは、彼らの家系の一族のかしらで、おもだった者たちである。彼らはエルサレムに住んだ。

 

口語訳1955

8:1 ベニヤミンの生んだ者は長子はベラ、その次はアシベル、第三はアハラ、

8:2 第四はノハ、第五はラパ。

8:3 ベラの子らはアダル、ゲラ、アビウデ、

8:4 アビシュア、ナアマン、アホア、

8:5 ゲラ、シフパム、ヒラム。

8:6 エホデの子らは次のとおりである。(これらはゲバの住民の氏族の長であって、マナハテに捕え移されたものである。)

8:7 すなわちナアマン、アヒヤ、ゲラすなわちヘグラム。ゲラはウザとアヒフデの父であった。

8:8 シャハライムは妻ホシムとバアラを離別してのち、モアブの国で子らをもうけた。

8:9 彼が妻ホデシによってもうけた子らはヨバブ、ヂビア、メシャ、マルカム、

8:10 エウヅ、シャキヤ、ミルマ。これらはその子らであって氏族の長である。

8:11 彼はまたホシムによってアビトブとエルパアルをもうけた。

8:12 エルパアルの子らはエベル、ミシャムおよびセメド。彼はオノとロドとその村々を建てた者である。

8:13 またベリアとシマがあった。(これはアヤロンの住民の氏族の長であって、ガテの住民を追い払ったものである。)

8:14 またアヒオ、シャシャク、エレモテ。

8:15 ゼバデヤ、アラデ、アデル、

8:16 ミカエル、イシパおよびヨハはベリアの子らであった。

8:17 ゼバデヤ、メシュラム、ヘゼキ、ヘベル、

8:18 イシメライ、エズリアおよびヨバブはエルパアルの子らであった。

8:19 ヤキン、ジクリ、ザベデ、

8:20 エリエナイ、チルタイ、エリエル、

8:21 アダヤ、ベラヤおよびシムラテはシマの子らであった。

8:22 イシパン、ヘベル、エリエル、

8:23 アブドン、ジクリ、ハナン、

8:24 ハナニヤ、エラム、アントテヤ、

8:25 イペデヤおよびペヌエルはシャシャクの子らであった。

8:26 シャムセライ、シハリア、アタリヤ、

8:27 ヤレシャ、エリヤおよびジクリはエロハムの子らであった。

8:28 これらは歴代の氏族の長であり、またかしらであって、エルサレムに住んだ。

 


文 語訳1917
8:1 ベニヤミンの生る者は長子はベラ その次はアシベル その三はアハラ
8:2 その四はアハ その五はラパ
8:3 ベラの子等はアダル、ゲラ、アビウデ
8:4 アビシユア、ナアマン、アホア
8:5 ゲラ、シフパム、ヒラム
8:6 エホデの子等は左のごとし是等はゲバの民の宗家の長なり是はマナハテに移されたり
8:7 すなはちナアマンおよびアヒヤとともにゲラこれを移せるなりエホデの子等はすなはちウザとアヒウデ是なり
8:8 シヤハライムはその妻ホシムとバアラを去し後モアブの國においてまた子等を擧けたり
8:9 彼がその妻ホデシによりて擧けたる子等はヨバブ、ヂビア、メシヤ、マルカム
8:10 ヱウツ、シヤキヤおよびミルマ是その子等にして宗家の長なり
8:11 彼またホシムによりてアビトブとエルパアルを擧けたり
8:12 エルパアルの子等はエベル、ミシヤムおよびシヤメル彼はオノとロドとその郷里を建たる者なり
8:13 またベリア、シマあり是等はアヤロンの民の宗家の長たる者にしてガテの民を逐はらへり
8:14 またアヒオ、シヤシヤク、エレモテ
8:15 ゼバデヤ、アラデ、アデル
8:16 ミカエル、イシパ、ヨハ是等はベリアの子等なり
8:17 ゼバデヤ、メシユラム、ヘゼキ、ヘベル
8:18 イシメライ、ヱズリア、ヨバブ是等はエルパアルの子等なり
8:19 ヤキン、ジクリ、ザベデ
8:20 エリエナイ、チルタイ、エリエル
8:21 アダヤ、ベラヤ、シムラテ是等はシマの子等なり
8:22 イシパン、へベル、エリエル
8:23 アブドン、ジクリ、ハナン
8:24 ハナニヤ、エラム、アントテヤ
8:25 イペデヤ、ペヌエル是等はシヤシヤタの子等なり
8:26 シヤムセライ、シハリア、アタリヤ
8:27 ヤレシヤ、エリヤ、ジクリ是等はヱロハムの子等なり
8:28 是等は歴代の宗家の長にして首たるものなり是らはエルサレムに住たり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

歴代誌 上 8:29−40 

サウルの家族の第一系図

 

翻訳比較


フランシスコ会、
029
ギブオンにはギブオンの創設者が住んでいた。その妻の名はマアカといった。

030その子は、長男がアブドン、続 いてツル、キシュ、バアル、ネル、ナダブ、

031ゲドル、アフヨ、ゼケル。

032シムアの父はミクロトである。 また、彼らは兄弟たちと一緒に、エルサレムの兄弟たちに面した所に住んだ。

033ネルはキシュの父、キシュはサ ウルの父、サウルはヨナタン、マルキ・シュア、アビナダブ、エシュバアルの父である。

034ヨナタンの子はメリブ・バア ル。メリブ・バアルはミカの父である。

035ミカの子は、ピトン、メレク、 タレア、アハズである。

036アハズはヨアダの父。ヨアダは アレメト、アズマベト、ジムリの父。ジムリはモツァの父、

037モツァはビンアの父である。そ の子はラファ、その子はエルアサ、その子はアツェル。

038アツェルには六人の子があり、 その名はアズリカム、ボクル、イシュマエル、シェアルヤ、オバドヤ、ハナンである。彼らはみなアツェルの子である。

039アツェルの兄弟エシャクの子 は、長男ウラム、次男エウシュ、三男エリフェレト。

040ウラムの子は勇士であり、弓を 引く人々であった。彼らには子や孫が多く、百五十人いた。

以上はみなベニヤミンの子らである。


 

新共同訳1987

8:29 ギブオンにはギブオンの父が住み、妻の名はマアカといった。

8:30 その子は、長男アブドン、更にツル、キシュ、バアル、ナダブ、

8:31 ゲドル、アフヨ、ゼケル。

8:32 ミクロトにはシムアが生まれた。彼らもその兄弟たちの傍らで共にエルサレムに住んだ。

8:33 ネルにはキシュが生まれ、キシュにはサウルが生まれ、サウルにはヨナタン、マルキ・シュア、アビナダブ、エシュバアルが生まれた。

8:34 ヨナタンの子は、メリブ・バアル。メリブ・バアルにはミカが生まれた。

8:35 ミカの子は、ピトン、メレク、タレア、アハズ。

8:36 アハズにはヨアダが生まれ、ヨアダにはアレメト、アズマベト、ジムリが生まれ、ジムリにはモツァが生まれ、

8:37 モツァにはビンアが生まれた。その子は、ラファ、孫はエルアサ、ひ孫はアツェル。

8:38 アツェルには六人の子があり、その名はアズリカム、ボクル、イシュマエル、シェアルヤ、オバドヤ、ハナンである。彼らは皆アツェルの子である。

8:39 アツェルの兄弟エシェクの子は、長男ウラム、次男エウシュ、三男エリフェレト。

8:40 ウラムの子らは、弓を引く勇士となり、多くの子と孫に恵まれ、その数は百五十人に達した。彼らは皆ベニヤミンの子孫である。

 

新改訳1970

8:29 ギブオンにはギブオンの父が住んだ。その妻の名はマアカ。

8:30 その子は、長子がアブドン、それにツル、キシュ、バアル、ナダブ、

8:31 ゲドル、アフヨ、ゼケル。

8:32 ミクロテはシムアを生んだ。彼らも、その兄弟たちとともにエルサレムに住み、その兄弟たちのすぐ前にいた。

8:33 ネルはキシュを生み、キシュはサウルを生み、サウルはヨナタン、マルキ・シュア、アビナダブ、エシュバアルを生んだ。

8:34 ヨナタンの子はメリブ・バアル。メリブ・バアルはミカを生んだ。

8:35 ミカの子は、ピトン、メレク、タアレア、アハズ。

8:36 アハズはエホアダを生み、エホアダは、アレメテ、アズマベテ、ジムリを生み、ジムリはモツァを生んだ。

8:37 モツァはビヌアを生んだ。その子はラファ、その子はエルアサ、その子はアツェル。

8:38 アツェルには六人の子がいた。その名まえは次のとおりである。アズリカム、ボクル、イシュマエル、シェアルヤ、オバデヤ、ハナン。これらはみな、アツェル の子であった。

8:39 彼の兄弟エシェクの子は、長子がウラム、次男がエウシュ、三男がエリフェレテ。

8:40 ウラムの子たちは勇士であり、弓を引く人々であった。子や孫が多く、百五十人であった。以上はみな、ベニヤミン族の者であった。

 

口語訳1955

8:29 ギベオンの父エイエルはギベオンに住み、その妻の名はマアカといった。

8:30 その長子はアブドンで、次はツル、キシ、バアル、ナダブ、

8:31 ゲドル、アヒオ、ザケル、

8:32 およびミクロテ。ミクロテはシメアを生んだ。これらもまた兄弟たちと向かいあってエルサレムに住んだ。

8:33 ネルはキシを生み、キシはサウルを生み、サウルはヨナタン、マルキシュア、アビナダブ、エシバアルを生んだ。

8:34 ヨナタンの子はメリバアルで、メリバアルはミカエルを生んだ。

8:35 ミカの子らはピトン、メレク、タレア、アハズである。

8:36 アハズはエホアダを生み、エホアダはアレメテ、アズマウテ、ジムリを生み、ジムリはモザを生み、

8:37 モザはビネアを生んだ。ビネアの子はラパ、ラパの子はエレアサ、エレアサの子はアゼルである。

8:38 アゼルには六人の子があり、その名はアズリカム、ボケル、イシマエル、シャリヤ、オバデヤ、ハナンで、皆アゼルの子である。

8:39 その兄弟エセクの子らは、長子はウラム、次はエウシ、第三はエリペレテである。

8:40 ウラムの子らは大勇士で、よく弓を射る者であった。彼は多くの子と孫をもち、百五十人もあった。これらは皆ベニヤミンの子孫である。

 


文 語訳1917
8:29 ギベオンの祖はギベオンに住りその妻の名はマアカといふ
8:30 その長子はアブドン、次はツル、キシ、バアル、ナダブ
8:31 ゲドル、アヒオ、ザケル
8:32 ミクロテはシメアを生り是等も又その兄弟等とともにヱルサレムに住てこれに對ひ居り
8:33 ネル、キシを生み キシ、サウルを生みサウルはヨナタン、マルキシユア、アビナダプ、エシバアルを生り
8:34 ヨナタンの子はメリバアル、メリバアル、ミカを生り
8:35 ミカの子等はピトン、メレク、ダレア、アハズ
8:36 アハズはヱホアダを生み ヱホアダはアレメテ、アズマウテおよびジムリを生み ジムリはモザを生み
8:37 モザはビネアを生り その子はラパ その子はニレアサ その子はアゼル
8:38 アゼルには六人の子あり其名は左のごとしアズリカム、ボケル、イシマエル、シヤリヤ、オバデヤ、ハナン是みなアゼルの子なり
8:39 その兄弟エセクの子等の長子はウラムその次はヱウンその三はエリペレテ
8:40 ウラムの子等は大勇士にして善く弓を射る者なりき彼は孫子多くして百五十人もありき是みなベニヤミンの子孫なり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************