****************************************

列王記 上 21:1−16   

ナボトのぶどう畑

 

翻訳比較



フランシスコ会訳2013
001
これらの出来事の後のことである。イズレエル人ナボトはイズレエルにぶどう畑を持っていたが、それはサマリ アの王アハブの宮殿の近くにあった。

002アハブはナボトに話を持ちかけ て言った、「お前のぶどう畑を譲ってくれ。わたしの宮殿のすぐ隣なので、それをわたしの菜園にしたい。その代わりに、もっと善いぶど う畑をお前に与えよう。もし望むなら、それに見合った代金を銀で払ってもよい」。

003ナボトはアハブに言った、「先 祖から受け継いだ土地をあなたにお譲りするなど、主は決してお許しになりません」。

004イズレエル人ナボトの「先祖か ら受け継いだ土地は譲れない」という言葉にアハブは不機嫌になり、怒りながら宮殿に戻った。彼は、寝台に横になって顔を背け、食事を とろうともしなかった。

005妻のイゼベルがやって来て彼に 言った、「どうしてそんなにご機嫌が悪く、食事もおとりにならないのですか」。

006アハブは妻に言った、「わたし はイズレエル人ナボトに、『お前のぶどう畑を銀で売ってくれ。あるいは、望むなら、代わりのぶどう畑を与えよう』と持ちかけたが、 『わたしのぶどう畑は譲れません』と彼は言うのだ」。

007妻のイゼベルはアハブに言っ た、「今こそ、イスラエルの王であることをお示しなさい。起きて食事をし、元気を出してください。わたしがイズレエル人ナボトのぶど う畑を手に入れてあげましょう」。

008そこで彼女はアハブの名前で手 紙を書き、彼の印で封をして、ナボトと同じ町に住む長老たちと貴族たちに送った。

009彼女はその手紙にこう記した、 「断食を布告し、ナボトを民のいちばん前に座らせよ。

010二人のならず者を彼の向かい側 に座らせ、ナボトに対して『お前は神と王を呪った』と証言させよ。それから彼を外に引き出し、石で打ち殺せ」。

011町の人々、町に住む長老たちと 貴族たちは、イゼベルが手紙で彼らに書き送ったように、その命じたとおりに行った。

012彼らは断食を布告し、ナボトを 民のいちばん前に座らせた。

013それから二人のならず者が来て 彼の向かい側に座った。ならず者たちは民の前で、ナボトに対し、「ナボトは神と王を呪った」と言った。人々はナボトを町の外に引き出 し、死ぬまで石で彼を打った。

014それから彼らはイゼベルに、 「ナボトは石で打たれて死にました」と伝えた。

015イゼベルはナボトが石で打ち殺 されたと聞くと、アハブに言った、「起きて、イズレエル人ナボトがあなたに銀で譲ることを拒んだあのぶどう畑を自分のものにしなさ い。ナボトはもう生きていません。死んだのです」。

016アハブはナボトが死んだと聞く と起き上がり、イズレエル人ナボトのぶどう畑を手に入れようと下って行った。



 

新共同訳1987

21:1 これらの出来事の後のことである。イズレエルの人ナボトは、イズレエルにぶどう畑を持っていた。畑はサマリアの王アハブの宮殿のそばにあった。

21:2 アハブはナボトに話を持ちかけた。「お前のぶどう畑を譲ってくれ。わたしの宮殿のすぐ隣にあるので、それをわたしの菜園にしたい。その代わり、お前には もっと良いぶどう畑を与えよう。もし望むなら、それに相当する代金を銀で支払ってもよい。」

21:3 ナボトはアハブに、「先祖から伝わる嗣業の土地を譲ることなど、主にかけてわたしにはできません」と言った。

21:4 アハブは、イズレエルの人ナボトが、「先祖から伝わる嗣業の土地を譲ることはできない」と言ったその言葉に機嫌を損ね、腹を立てて宮殿に帰って行った。寝 台に横たわった彼は顔を背け、食事も取らなかった。

21:5 妻のイゼベルが来て、「どうしてそんなに御機嫌が悪く、食事もなさらないのですか」と尋ねると、

21:6 彼は妻に語った。「イズレエルの人ナボトに、彼のぶどう畑をわたしに銀で買い取らせるか、あるいは望むなら代わりの畑と取り替えさせるか、いずれにしても 譲ってくれと申し入れたが、畑は譲れないと言うのだ。」

21:7 妻のイゼベルは王に言った。「今イスラエルを支配しているのはあなたです。起きて食事をし、元気を出してください。わたしがイズレエルの人ナボトのぶどう 畑を手に入れてあげましょう。」

21:8 イゼベルはアハブの名で手紙を書き、アハブの印を押して封をし、その手紙をナボトのいる町に住む長老と貴族に送った。

21:9 その手紙にはこう書かれていた。「断食を布告し、ナボトを民の最前列に座らせよ。

21:10 ならず者を二人彼に向かって座らせ、ナボトが神と王とを呪った、と証言させよ。こうしてナボトを引き出し、石で打ち殺せ。」

21:11 その町の人々、その町に住む長老と貴族たちはイゼベルが命じたとおり、すなわち彼女が手紙で彼らに書き送ったとおりに行った。

21:12 彼らは断食を布告し、ナボトを民の最前列に座らせた。

21:13 ならず者も二人来てナボトに向かって座った。ならず者たちは民の前でナボトに対して証言し、「ナボトは神と王とを呪った」と言った。人々は彼を町の外に引 き出し、石で打ち殺した。

21:14 彼らはイゼベルに使いを送って、ナボトが石で打ち殺されたと伝えた。

21:15 イゼベルはナボトが石で打ち殺されたと聞くと、アハブに言った。「イズレエルの人ナボトが、銀と引き換えにあなたに譲るのを拒んだあのぶどう畑を、直ちに 自分のものにしてください。ナボトはもう生きていません。死んだのです。」

21:16 アハブはナボトが死んだと聞くと、直ちにイズレエルの人ナボトのぶどう畑を自分のものにしようと下って行った。

 

新改訳1970

21:1 このことがあって後のこと。イズレエル人ナボテはイズレエルにぶどう畑を持っていた。それはサマリヤの王アハブの宮殿のそばにあった。

21:2 アハブはナボテに次のように言って頼んだ。「あなたのぶどう畑を私に譲ってもらいたい。あれは私の家のすぐ隣にあるので、私の野菜畑にしたいのだが。その 代わりに、あれよりもっと良いぶどう畑をあげよう。 もしあなたがそれでよいと思うなら、それ相当の代価を銀で支払おう。」

21:3 ナボテはアハブに言った。「主によって、私には、ありえないことです。私の先祖のゆずりの地をあなたに与えるとは。」

21:4 アハブは不きげんになり、激しく怒りながら、自分の家にはいった。イズレエル人ナボテが彼に、「私の先祖のゆずりの地をあなたに譲れません。」と言ったか らである。彼は寝台に横になり、顔をそむけて食事もしようとはしなかった。

21:5 彼の妻イゼベルは彼のもとにはいって来て言った。「あなたはどうしてそんなに不きげんで、食事もなさらないのですか。」

21:6 そこで、アハブは彼女に言った。「私がイズレエル人ナボテに『金を払うからあなたのぶどう畑を譲ってほしい。それとも、あなたが望むなら、その代わりのぶ どう畑をやってもよい。』と言ったのに、彼は『私のぶどう畑はあなたに譲れません。』と答えたからだ。」

21:7 妻イゼベルは彼に言った。「今、あなたはイスラエルの王権をとっているのでしょう。さあ、起きて食事をし、元気を出してください。この私がイズレエル人ナ ボテのぶどう畑をあなたのために手に入れてあげましょう。」

21:8 彼女はアハブの名で手紙を書き、彼の印で封印し、ナボテの町に住む長老たちとおもだった人々にその手紙を送った。

21:9 手紙にはこう書いていた。「断食を布告し、ナボテを民の前に引き出してすわらせ、

21:10 彼の前にふたりのよこしまな者をすわらせ、彼らに『おまえは神と王をのろった。』と言って証言させなさい。そして、彼を外に引き出し、石打ちにして殺しな さい。」

21:11 そこで、その町の人々、つまり、その町に住んでいる長老たちとおもだった人々は、イゼベルが彼らに言いつけたとおり、彼女が手紙に書き送ったとおりを行 なった。

21:12 彼らは断食を布告し、ナボテを民の前に引き出してすわらせた。

21:13 そこに、ふたりのよこしまな者がはいって来て、彼の前にすわった。よこしまな者たちは民の前で、ナボテが神と王をのろった、と言って証言した。そこで人々 は彼を町の外に引き出し、石打ちにして殺した。

21:14 こうして、彼らはイゼベルに、「ナボテは石打ちにされて殺された。」と言ってよこした。

21:15 イゼベルはナボテが石打ちにされて殺されたことを聞くとすぐ、アハブに言った。「起きて、イズレエル人ナボテが、あなたに売ることを拒んだあのぶどう畑を 取り上げなさい。もうナボテは生きていません。死んだのです。」

21:16 アハブはナボテが死んだと聞いてすぐ、立って、イズレエル人ナボテのぶどう畑を取り上げようと下って行った。

 

口語訳1955

21:1 さてエズレルびとナボテはエズレルにぶどう畑をもっていたが、サマリヤの王アハブの宮殿のかたわらにあったので、

21:2 アハブはナボテに言った、「あなたのぶどう畑はわたしの家の近くにあるので、わたしに譲って青物畑にさせてください。その代り、わたしはそれよりも良いぶ どう畑をあなたにあげましょう。もしお望みならば、その価を金でさしあげましょう」。

21:3 ナボテはアハブに言った、「わたしは先祖の嗣業をあなたに譲ることを断じていたしません」。

21:4 アハブはエズレルびとナボテが言った言葉を聞いて、悲しみ、かつ怒って家にはいった。ナボテが「わたしは先祖の嗣業をあなたに譲りません」と言ったからで ある。アハブは床に伏し、顔をそむけて食事をしなかった。

21:5 妻イゼベルは彼の所にきて、言った、「あなたは何をそんなに悲しんで、食事をなさらないのですか」。

21:6 彼は彼女に言った、「わたしはエズレルびとナボテに『あなたのぶどう畑を金で譲ってください。もし望むならば、その代りに、ほかのぶどう畑をあげよう』と 言ったが、彼は答えて『わたしはぶどう畑を譲りません』と言ったからだ」。

21:7 妻イゼベルは彼に言った、「あなたが今イスラエルを治めているのですか。起きて食事をし、元気を出してください。わたしがエズレルびとナボテのぶどう畑を あなたにあげます」。

21:8 彼女はアハブの名で手紙を書き、彼の印をおして、ナボテと同じように、その町に住んでいる長老たちと身分の尊い人々に、その手紙を送った。

21:9 彼女はその手紙に書きしるした、「断食を布告して、ナボテを民のうちの高い所にすわらせ、

21:10 またふたりのよこしまな者を彼の前にすわらせ、そして彼を訴えて、『あなたは神と王とをのろった』と言わせなさい。こうして彼を引き出し、石で撃ち殺しな さい」。

21:11 その町の人々、すなわち、その町に住んでいる長老たちおよび身分の尊い人々は、イゼベルが言いつかわしたようにした。彼女が彼らに送った手紙に書きしるさ れていたように、

21:12 彼らは断食を布告して、ナボテを民のうちの高い所にすわらせた。

21:13 そしてふたりのよこしまな者がはいってきて、その前にすわり、そのよこしまな者たちが民の前でナボテを訴えて、「ナボテは神と王とをのろった」と言った。 そこで人々は彼を町の外に引き出し、石で撃ち殺した。

21:14 そして人々はイゼベルに「ナボテは石で撃ち殺された」と言い送った。

21:15 イゼベルはナボテが石で撃ち殺されたのを聞くとすぐ、アハブに言った、「立って、あのエズレルびとナボテが、あなたに金で譲ることを拒んだぶどう畑を取り なさい。ナボテは生きていません。死んだのです」。

21:16 アハブはナボテの死んだのを聞くとすぐ、立って、エズレルびとナボテのぶどう畑を取るために、そこへ下っていった。

 

文語訳1917

21:1 是等の事の後ヱズレル人ナボテ、ヱズレルに葡萄園を有ちゐたりしがサマリアの王アハブの殿の側に在りければ
21:2 アハブ、ナボテに語て言けるは爾の葡萄園は近くわが家の側にあれば我に與へて蔬采の圃となさしめよ我之がために其よりも美き葡萄園を爾に與へん若し爾の心 にかなはば其價を銀にて爾に予へんと
21:3 ナボテ、アハブに言けるはわが父祖の?業を爾に與ふる事は決て爲べからずヱホバ禁じたまふと
21:4 アハブはヱズレル人ナボテの己に言し言のために憂ひ且怒りて其家に入ぬ其は彼わが父祖の?業を爾に與へじと言たればなりアハブ床に臥し其面を轉けて食をな さざりき
21:5 其妻イゼベル彼の處にいりて彼に言けるは爾の心何を憂へて爾食を爲ざるや
21:6 彼之に言けるは我ヱズレル人ナボテに語りて爾の葡萄園を銀に易て我に與へよ若また爾好ば我其に易て葡萄園を爾に與へんと彼に言たるに彼答へて我が葡萄園を 爾に與へじと言たればなりと
21:7 其妻イゼベル彼に言けるは爾今イステエルの國を治むることを爲すや興て食を爲し爾の心を樂ましめよ我ヱズレル人ナボテの葡萄園を爾に與へんと
21:8 彼アハブの名をもて書を書き彼の印を捺し其邑にナボテとともに住る長老と貴き人に其書をおくれり
21:9 彼其書にしるして曰ふ斷食を宣傳てナボテを民の中に高く坐せしめよ
21:10 又邪なる人二人を彼のまへに坐せしめ彼に對ひて證を爲して爾神と王を詛ひたりと言しめよ斯して彼を曳出し石にて撃て死しめよと
21:11 其邑の人即ち其邑に住る長老および貴き人等イゼベルが己に言つかはしたる如く即ち彼が己に遣りたる書に書したる如く爲り
21:12 彼等斷食を宣達てナボテを民の中に高く坐せしめたり
21:13 時に二人の邪なる人入來りて其前に坐し其邪なる人民のまへにてナボテに對て證をなして言ふナボテ神と王を詛ひたりと人衆彼を邑の外に曳出し石にて之を撃て 死しめたり
21:14 斯てイゼベルにナボテ撃れて死たりと言遣れり
21:15 イゼベル、ナボタの撃れて死たるを聞しかばイゼベル、アハブに言けるは起て彼ヱズレル人ナボテが銀に易て爾に與ることを拒みし葡萄園を取べし其はナボテは 生をらず死たればなりと
21:16 アハブ、ナボテの死たるを聞しかばアハブ起ちヱズレル人ナボテの葡萄園を取んとて之に下れり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 使  6:11

6:11 そこで、彼らは人々を そそのかして、「わたしたちは、彼がモーセと神とを汚す言葉を吐くのを聞いた」と言わせた。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 使  6:11

6:11 そこで、彼らは人々を そそのかして、「わたしたちは、彼がモーセと神とを汚す言葉を吐くのを聞いた」と言わせた。

 

口 語訳 使  7:58-59

7:58 彼を市外に引き出して、石で打った。これに立ち合った人たちは、自分の上着を脱いで、サウロという若者の足もとに置いた。

7:59 こうして、彼らがステパノに石を投げつけている間、ステパノは祈りつづけて言った、「主イエスよ、わたしの霊をお受け下さい」。

 

口 語訳 ヘブ 11:37

11:37 あるいは、石で打たれ、さいなまれ、のこぎりで引かれ、つるぎで切り殺され、羊の皮や、やぎの皮を着て歩きまわり、無一物になり、悩 まされ、苦しめられ、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 マタ 26:59-61

26:59 さて、祭司長たちと最高法院の全員は、死刑にしようとしてイエスにとって不利な偽証を求めた。

26:60 偽証人は何人も現れたが、証拠は得られなかった。最後に二人の者が来て、

26:61 「この男は、『神の神殿を打ち倒し、三日あれば建てることができる』と言いました」と告げた。

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 使  6:11

6:11 そこで、彼らは人々を唆して、「わたしたちは、あの男がモーセと神を冒涜する言葉を吐くのを聞いた」と言わせた。

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

列王記 上 21:17−29 

エリヤ、アハブへの罰を宣告する

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
017
その時、ティシュベ人エリヤに主の言葉が臨んだ、

018「さあ、サマリアに住むイスラ エルの王アハブに会いに下って行け。彼は今、ナボトのぶどう畑を自分のものにしようと下って来ている。

019彼にこう告げよ、『主は仰せに なる、〈お前は人を殺し、そのうえ、その人の物を自分の物にするのか〉』。また、彼に告げよ、『主は仰せになる、〈犬どもがナボトの 血をなめたその場所で、犬どもがお前の血もなめる〉』」。

020アハブは、「わたしの敵よ、わ たしを見つけたか」と言った。エリヤは答えた、「見つけたとも。あなたは主が悪と思われることを行うのに身を任せたからだ。

021『今、わたしはお前に災いを下 し、お前の子孫を一掃する。イスラエルにいるアハブに属する男子は、奴隷であれ、自由な者であれ、ことごとく絶ち滅ぼす。

022お前の家をネバトの子ヤロブア ムの家のように、アヒヤの子バシャの家のようにする。お前がわたしの怒りを引き起こし、イスラエルに罪を犯させたためである』。

023主はイゼベルについてもこう仰 せになる、『イズレエルの城壁のそばで犬どもがイゼベルを食らう。

024アハブに属する者が町で死ねば 犬が食らい、野で死ねば空の鳥がそれを食らう』」。

025アハブのように、主が悪と思わ れることを行うのに身を任せた者はいなかった。妻イゼベルが彼をそそのかしたのである。

026彼は、主がイスラエルの子らの 前から追い払われたアモリ人が行ったのとまったく同様に偶像に従い、非常に忌まわしいことを行った。

027アハブはこれらの言葉を聞くと 衣を裂き、身に粗布をまとって断食した。彼は粗布を着て横になり、打ちしおれて歩いた。

028主の言葉がティシュベ人エリヤ に臨んだ、

029「アハブがわたしの前にへりく だったのを見たか。彼がわたしの前にへりくだったので、彼が生きている間は災いを下すまい。だが、その息子の時代には、彼の家に災い を下す」。

 


 

新共同訳1987

21:17 そのとき、主の言葉がティシュベ人エリヤに臨んだ。

21:18 「直ちに下って行き、サマリアに住むイスラエルの王アハブに会え。彼はナボトのぶどう畑を自分のものにしようと下って来て、そこにいる。

21:19 彼に告げよ。『主はこう言われる。あなたは人を殺したうえに、その人の所有物を自分のものにしようとするのか。』また彼に告げよ。『主はこう言われる。犬 の群れがナボトの血をなめたその場所で、あなたの血を犬の群れがなめることになる。』」

21:20 アハブがエリヤに、「わたしの敵よ、わたしを見つけたのか」と言うと、エリヤは答えた。「そうだ。あなたは自分を売り渡して主の目に悪とされることに身を ゆだねたからだ。

21:21 『見よ、わたしはあなたに災いをくだし、あなたの子孫を除き去る。イスラエルにおいてアハブに属する男子を、つながれている者も解き放たれている者もすべ て絶ち滅ぼす。

21:22 わたしはあなたが招いた怒りのため、またイスラエルの人々に罪を犯させたため、あなたの家をネバトの子ヤロブアムの家と同じように、またアヒヤの子バシャ の家と同じようにする。』

21:23 主はイゼベルにもこう告げられる。『イゼベルはイズレエルの塁壁の中で犬の群れの餌食になる。

21:24 アハブに属する者は、町で死ねば犬に食われ、野で死ねば空の鳥の餌食になる。』」

21:25 アハブのように、主の目に悪とされることに身をゆだねた者はいなかった。彼は、その妻イゼベルに唆されたのである。

21:26 彼は、主がイスラエルの人々の前から追い払われたアモリ人と全く同じように偶像に仕え、甚だしく忌まわしいことを行った。

21:27 アハブはこれらの言葉を聞くと、衣を裂き、粗布を身にまとって断食した。彼は粗布の上に横たわり、打ちひしがれて歩いた。

21:28 そこで主の言葉がティシュベ人エリヤに臨んだ。

21:29 「アハブがわたしの前にへりくだったのを見たか。彼がわたしの前にへりくだったので、わたしは彼が生きている間は災いをくださない。その子の時代になって から、彼の家に災いをくだす。」

 

新改訳1970

21:17 そのとき、ティシュベ人エリヤに次のような主のことばがあった。

21:18 「さあ、サマリヤにいるイスラエルの王アハブに会いに下って行け。今、彼はナボテのぶどう畑を取り上げようと、そこに下って来ている。

21:19 彼にこう言え。『主はこう仰せられる。あなたはよくも人殺しをして、取り上げたものだ。』また、彼に言え。『主はこう仰せられる。犬どもがナボテの血をな めたその場所で、その犬どもがまた、あなたの血をなめる。』」

21:20 アハブがエリヤに、「あなたはまた、私を見つけたのか。わが敵よ。」と言うと、エリヤは答えた。「あなたが裏切って主の目の前に悪を行なったので、私は見 つけたのだ。

21:21 今、わたしはあなたにわざわいをもたらす。わたしはあなたの子孫を除き去り、アハブに属する小わっぱも奴隷も、自由の者も、イスラエルで絶ち滅ぼし、

21:22 あなたの家をネバテの子ヤロブアムの家のようにし、アヒヤの子バシャの家のようにする。それは、あなたがわたしの怒りを引き起こしたその怒りのため、イス ラエルに罪を犯させたためだ。

21:23 また、イゼベルについても主はこう仰せられる。『犬がイズレエルの領地でイゼベルを食らう。』

21:24 アハブに属する者で、町で死ぬ者は犬どもがこれを食らい、野で死ぬ者は空の鳥がこれを食らう。」

21:25 アハブのように、裏切って主の目の前に悪を行なった者はだれもいなかった。彼の妻イゼベルが彼をそそのかしたからである。

21:26 彼は偶像につき従い、主がイスラエル人の前から追い払われたエモリ人がしたとおりのことをして、忌みきらうべきことを大いに行なった。

21:27 アハブは、これらのことばを聞くとすぐ、自分の外套を裂き、身に荒布をまとい、断食をし、荒布を着て伏し、また、打ちしおれて歩いた。

21:28 そのとき、ティシュベ人エリヤに次のような主のことばがあった。

21:29 「あなたはアハブがわたしの前にへりくだっているのを見たか。彼がわたしの前にへりくだっているので、彼の生きている間は、わざわいを下さない。しかし、 彼の子の時代に、彼の家にわざわいを下す。」

 

口語訳1955

21:17 そのとき、主の言葉がテシベびとエリヤに臨んだ、

21:18 「立って、下って行き、サマリヤにいるイスラエルの王アハブに会いなさい。彼はナボテのぶどう畑を取ろうとしてそこへ下っている。

21:19 あなたは彼に言わなければならない、『主はこう仰せられる、あなたは殺したのか、また取ったのか』と。また彼に言いなさい、『主はこう仰せられる、犬がナ ボテの血をなめた場所で、犬があなたの血をなめるであろう』」。

21:20 アハブはエリヤに言った、「わが敵よ、ついに、わたしを見つけたのか」。彼は言った、「見つけました。あなたが主の目の前に悪を行うことに身をゆだねたゆ え、

21:21 わたしはあなたに災を下し、あなたを全く滅ぼし、アハブに属する男は、イスラエルにいてつながれた者も、自由な者もことごとく断ち、

21:22 またあなたの家をネバテの子ヤラベアムの家のようにし、アヒヤの子バアシャの家のようにするでしょう。これはあなたがわたしを怒らせた怒りのゆえ、またイ スラエルに罪を犯させたゆえです。

21:23 イゼベルについて、主はまた言われました、『犬がエズレルの地域でイゼベルを食うであろう』と。

21:24 アハブに属する者は、町で死ぬ者を犬が食い、野で死ぬ者を空の鳥が食うでしょう」。

21:25 アハブのように主の目の前に悪を行うことに身をゆだねた者はなかった。その妻イゼベルが彼をそそのかしたのである。

21:26 彼は主がイスラエルの人々の前から追い払われたアモリびとがしたように偶像に従って、はなはだ憎むべき事を行った。

21:27 アハブはこれらの言葉を聞いた時、衣を裂き、荒布を身にまとい、食を断ち、荒布に伏し、打ちしおれて歩いた。

21:28 この時、主の言葉がテシベびとエリヤに臨んだ、

21:29 「アハブがわたしの前にへりくだっているのを見たか。彼がわたしの前にへりくだっているゆえ、わたしは彼の世には災を下さない。その子の世に災をその家に 下すであろう」。

 


文 語訳1917
21:17 時にヱホバの言テシベ人エリヤに臨みて曰ふ
21:18 起て下りサマリアにあるイスラエルの王アハブに會ふべし彼はナボテの葡萄園を取んとて彼處に下りをるなり
21:19 爾彼に告て言べしヱホバ斯言ふ爾は殺し亦取たるやと又爾彼に告て言ふべしヱホバ斯言ふ犬ナボテの血を銛し處にて犬爾の身の血を銛べしと
21:20 アハブ、エリヤに言けるは我敵よ爾我に遇や彼言ふ我遇ふ爾ヱホバの目の前に惡を爲す事に身を委しに縁り
21:21 我災害を爾に降し爾の後裔を除きアハブに屬する男はイスラエルにありて繋がれたる者も繋がれざる者も悉く絶ん
21:22 又爾の家をネバテの子ヤラベアムの家の如くなしアヒヤの子バアシヤの家のごとくなすべし是は爾我の怒を惹起しイスラエルをして罪を犯させたるに因てなり
21:23 イゼベルに關てヱホバ亦語て言給ふ犬ヱズレルの濠にてイゼベルを食はん
21:24 アハブに屬する者の邑に死るをば犬之を食ひ野に死るをば天空の鳥之を食はんと
21:25 誠にアハブの如くヱホバの目の前に惡をなす事に身をゆだねし者はあらざりき其妻イゼベル之を慫憊たるなり
21:26 彼はヱホバがイスラエルの子孫のまへより逐退けたまひしアモリ人の凡てなせし如く偶像に從ひて甚だ惡むべき事を爲り
21:27 アハブ此等の言を聞ける時其衣を裂き粗麻布を體にまとひ食を斷ち粗麻布に臥し遅々に歩行り
21:28 茲にヱホバの言テシベ人エリヤに臨みて言ふ
21:29 爾アハブの我前に卑下るを見るや彼わがまへに卑下るに縁て我災害を彼の世に降さずして其子の世に災害を彼の家に降すべし


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 ロマ 7:14

7:14 わたしたちは、律法は 霊的なものであると知っている。しかし、わたしは肉につける者であって、罪の下に売られているのである。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 ロマ 7:14

7:14 わたしたちは、律法は 霊的なものであると知っている。しかし、わたしは肉につける者であって、罪の下に売られているのである。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************