****************************************

歴代誌 下 27:1−9   

ユダの王ヨタム

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

27:1 ヨタムは二十五歳で王となり、十六年間エルサレムで王位にあった。その母は名をエルシャといい、ツァドクの娘であった。

27:2 彼は、父ウジヤが行ったように、主の目にかなう正しいことをことごとく行った。ただ主の神殿に入ることだけはしなかった。民は依然として堕落していた。

27:3 彼は主の神殿の上の門を建て、オフェルの城壁に多くの工事を施し、

27:4 ユダの山地に町を築き、森の中に城砦や塔を築いた。

27:5 彼はアンモン人の王と戦ってこれを征服した。その年アンモン人は銀百キカル、小麦一万コル、大麦一万コルを献上してきた。アンモン人は二年目も、三年目もそうした。

27:6 ヨタムは主なる神の御前をたゆまず歩き続けたので、勢力を増すことができた。

27:7 ヨタムの他の事績は、そのすべての戦いも、行動も、『イスラエルとユダの列王の書』に記されている。

27:8 彼は二十五歳で王となり、十六年間エルサレムで王位にあった。

27:9 ヨタムは先祖と共に眠りにつき、ダビデの町に葬られた。その子アハズがヨタムに代わって王となった。

 

新改訳1970

27:1 ヨタムは、二十五歳で王となり、エルサレムで十六年間、王であった。彼の母の名はエルシャといい、ツァドクの娘であった。

27:2 彼はすべて、主の目にかなうことを行なった。父ウジヤが行なったとおりである。ただし、彼は、主の神殿にはいるようなことはしなかった。民はなお滅びに向かっていた。

27:3 彼は主の宮の上の門を建てた。また、オフェルの城壁上に、多くのものを建てた。

27:4 彼はユダの山地に町々を建て、森林地帯には城塞とやぐらを築いた。

27:5 彼はアモン人の王と戦い、彼らに打ち勝ったので、アモン人は、その年に、銀百タラント、小麦一万コル、大麦一万コルを彼に贈った。アモン人はこれだけのものを彼に納めた。第二年にも第三年にも同様にした。

27:6 このように、ヨタムは勢力を増し加えた。彼が、彼の神、主の前に、自分の道を確かなものとしたからである。

27:7 ヨタムのその他の業績、彼の戦いと彼の行ないは、イスラエルとユダの王たちの書にまさしくしるされている。

27:8 彼は二十五歳で王となり、エルサレムで十六年間、王であった。

27:9 ヨタムは彼の先祖たちとともに眠り、人々は彼をダビデの町に葬った。彼の子アハズが代わって王となった。

 

口語訳1955

27:1 ヨタムは王となった時二十五歳で、十六年の間エルサレムで世を治めた。その母はザドクの娘で名をエルシャといった。

27:2 ヨタムはその父ウジヤがしたように主の良しと見られることをした。しかし主の宮には、はいらなかった。民はなお悪を行った。

27:3 彼は主の宮の上の門を建て、オペルの石がきを多く築き増し、

27:4 またユダの山地に数個の町を建て、林の間に城とやぐらを築いた。

27:5 彼はアンモンびとの王と戦ってこれに勝った。その年アンモンの人々は銀百タラント、小麦一万コル、大麦一万コルを彼に贈った。アンモンの人々は第二年にも第三年にも同じように彼に納めた。

27:6 ヨタムはその神、主の前にその行いを堅くしたので力ある者となった。

27:7 ヨタムのその他の行為、そのすべての戦いおよびその行いなどは、イスラエルとユダの列王の書にしるされている。

27:8 彼は王となった時、二十五歳で、十六年の間エルサレムで世を治めた。

27:9 ヨタムはその先祖と共に眠ったので、ダビデの町に葬られ、その子アハズが彼に代って王となった。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************