****************************************

サムエル記下 19:2−9a (口語訳、新改訳19:1−8a)   

ヨアブ、悲しむダビデをなじる

 

翻訳比較



フランシ スコ会訳2013
002
ヨアブは、「王が泣いて、アブサロムの死を悲しん でおられる」と知らされた。

003その日の勝利は、すべての兵士にとって、悲しみに 変わった。その日、兵士たちは、「王がわが子のために悲嘆に暮れておられる」と聞いたからである。

004兵士たちは、その日、あたかも戦場を逃げ出したこ とを恥じる兵士が町に入る時のように、こっそりと町に入った。

005王は顔を覆い大声で、「わが子アブサロム。アブサ ロム、わが子、わが子よ」と叫んでいた。

006ヨアブは王のいる家に行き、こう言った、「あなた は今日、ご自分の命と、ご子息やご息女の命、奥方や側妻の方々の命を救ったあなたの家来たち全員に、恥をかかせました。

007あなたはあなたを憎む者を愛し、あなたを愛する者 を憎んでおられるのです。あなたは今日、隊長たちも部下たちも、あなたにとって無に等しいことを明らかにされました。今日アブサ ロムが生きていて、われわれがみな死んでいれば、そのほうがあなたにはよかったのだと、わたしは分かりました。

008さあ、立って外に出て、あなたの家来たちの心に語 りかけてやってください。主に誓って申しあげますが、もしあなたがお出にならなければ、今夜、一人としてあなたとともに留まる者 はいないでしょう。そうなれば、それはあなたの若いころから今に至るまでにあなたに降りかかったどの災いよりも、ひどい災いとな るでしょう」。

009aそこで王は立ち上がり、門の所に座した。すべて の兵士たちは、「見よ、王が門の所に座しておられる」と知らされて、王の前に集まってきた。


 

新共同訳1987

19:2 王がアブサロムを悼んで泣いているとの知らせがヨアブに届いた。

19:3 その日兵士たちは、王が息子を思って悲しんでいることを知った。すべての兵士にとって、その日の勝利は喪に変わった。

19:4 その日兵士たちは、戦場を脱走して来たことを恥じる兵士が忍び込むようにして、こっそりと町に入った。

19:5 王は顔を覆い、大声で叫んでいた。「わたしの息子アブサロム、アブサロム。わたしの息子、わたしの息子よ。」

19:6 ヨアブは屋内の王のもとに行き、言った。「王は今日、王のお命、王子、王女たちの命、王妃、側女たちの命を救ったあなたの家臣全員の顔を恥にさらされまし た。

19:7 あなたを憎む者を愛し、あなたを愛する者を憎まれるのですか。わたしは今日、将軍も兵士もあなたにとっては無に等しいと知らされました。この日、アブサロ ムが生きていて、我々全員が死んでいたら、あなたの目に正しいと映ったのでしょう。

19:8 とにかく立って外に出、家臣の心に語りかけてください。主に誓って言いますが、出て来られなければ、今夜あなたと共に過ごす者は一人もいないでしょう。そ れはあなたにとって、若いときから今に至るまでに受けたどのような災いにもまして、大きな災いとなるでしょう。」

19:9 王は立ち上がり、城門の席に着いた。兵士は皆、王が城門の席に着いたと聞いて、王の前に集まった。

 

新改訳1970

19:1 そうこうするうちに、ヨアブに、「今、王は泣いて、アブシャロムのために、喪に服しておられる。」という報告がされた。

19:2 それで、この日の勝利は、すべての民の嘆きとなった。この日、民が、王がその子のために悲しんでいる、ということを聞いたからである。

19:3 民はその日、まるで戦場から逃げて恥じている民がこっそり帰るように、町にこっそり帰って来た。

19:4 王は顔をおおい、大声で、「わが子アブシャロム。アブシャロムよ。わが子よ。わが子よ。」と叫んでいた。

19:5 ヨアブは王の家に行き、王に言った。「あなたは、きょう、あなたのいのちと、あなたの息子、娘たちのいのち、それに、あなたの妻やそばめたちのいのちを 救ったあなたの家来たち全部に、きょう、恥をかかせました。

19:6 あなたは、あなたを憎む者を愛し、あなたを愛する者を憎まれるからです。あなたは、きょう、隊長たちも家来たちも、あなたにとっては取るに足りないことを 明らかにされました。今、私は知りました。もしアブシャロムが生き、われわれがみな、きょう死んだのなら、あなたの目にかなったので しょう。

19:7 それで今、立って外に行き、あなたの家来たちに、ねんごろに語ってください。私は主によって誓います。あなたが外においでにならなければ、今夜、だれひと りあなたのそばに、とどまらないでしょう。そうなれば、そのわざわいは、あなたの幼いころから今に至るまでにあなたに降りかかった、 どんなわざわいよりもひどいでしょう。」

19:8a それで、王は立って、門のところにすわった。人々がすべての民に、「見よ。王は門のところにすわっておられる。」と知らせたので、すべての民は、王の前に やって来た。

 

口語訳1955

19:1 時にヨアブに告げる者があって、「見よ、王はアブサロムのために泣き悲しんでいる」と言った。

19:2 こうしてその日の勝利はすべての民の悲しみとなった。それはその日、民が、「王はその子のために悲しんでいる」と人の言うのを聞いたからである。

19:3 そして民はその日、戦いに逃げて恥じている民がひそかに、はいるように、ひそかに町にはいった。

19:4 王は顔をおおった。そして王は大声に叫んで、「わが子アブサロムよ。アブサロム、わが子よ、わが子よ」と言った。

19:5 時にヨアブは家にはいり、王のもとにきて言った、「あなたは、きょう、あなたの命と、あなたのむすこ娘たちの命、およびあなたの妻たちの命と、めかけたち の命を救ったすべての家来の顔をはずかしめられました。

19:6 それはあなたが自分を憎む者を愛し、自分を愛する者を憎まれるからです。あなたは、きょう、軍の長たちをも、しもべたちをも顧みないことを示されました。 きょう、わたしは知りました。もし、アブサロムが生きていて、われわれが皆きょう死んでいたら、あなたの目にかなったでしょう。

19:7 今立って出て行って、しもべたちにねんごろに語ってください。わたしは主をさして誓います。もしあなたが出られないならば、今夜あなたと共にとどまる者は ひとりもないでしょう。これはあなたが若い時から今までにこうむられたすべての災よりも、あなたにとって悪いでしょう」。

19:8 aそこで王は立って門のうちの座についた。人々はすべての民に、「見よ、王は門に座している」と告げたので、民はみな王の前にきた。

 

文語訳1917

19:1 時にヨアブに告る者ありていふ視よ王はアブサロムの爲に哭き悲しむと
19:2 其日の勝利は凡の民の悲哀となれり其は民其日王は其子のために憂ふと言ふを聞たればなり
19:3 其日民は戰爭に逃て羞たる民の竊て去がごとく竊て城邑にいりぬ
19:4 王は其面を掩へり王大聲に叫てわが子アブサロムよアブサロムわが子よわが子よといふ
19:5 ここにヨアブ家にいり王の許にいたりていひけるは汝今日汝の生命と汝の男子汝の女子の生命および汝の妻等の生命と汝の妾等の生命を救ひたる汝の凡の臣僕の 顔を羞させたり
19:6 是は汝おのれを惡む者を愛しおのれを愛する者を惡むなり汝今日汝が諸侯伯をも諸僕をも顧みざるを示せり今日我さとる若しアブサロム生をりて我儕皆死たらば 汝の目に適ひしならん
19:7 されど今立て出で汝の諸僕を慰めてかたるべし我ヱホバを指て誓ふ汝若し出ずば今夜一人も汝とともに止るものなかるべし是は汝が若き時より今にいたるまでに 蒙りたる諸の災禍よりも汝に惡かるべし
19:8 是に於て王たちて門に坐す人々凡の民に告て視よ王は門に坐し居るといひければ民皆王のまへにいたる然どイスラエルはおのむの其天幕に逃かへれり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

サムエル記下 19:9b−15(口語訳、新改訳19:8b−14) 

ダビデ帰途につく

 

翻訳比較



フランシスコ会訳2013
009
b一方イスラエルは、それぞれ自分の天幕に逃げ 帰った。

010イスラエルの全部族の中で、民はみなこう論じ合っ た、「王は敵の手からわれわれを救い出し、また、ペリシテ人の手からわれわれを解放してくださった方だった。だが今は、アブサロ ムのために国外へ逃げておられる。

011しかし、われわれが油を注いで王にしたアブサロム は、戦いで死んでしまった。それなのに、なぜ、あなたたちは王を連れ戻すために何もしようとしないのか」。

012ダビデ王は、祭司ツァドクとアビアタルのもとに人 を遣わしてこう言わせた、「ユダの長老たちに次のように言え、『なぜあなたたちは、王を王宮に連れ戻すにあたって後れをとるの か。イスラエルのすべての人々のこの言葉が、王の耳に届いているのに。

013あなたたちはわたしの兄弟、わたしの骨であり、わ たしの肉である。それなのに、なぜ王を連れ戻すにあたって後れをとるのか』。

014また、アマサにこう言え、『あなたはわたしの骨で あり肉ではないか。もしあなたが、ヨアブに代わって、これから先ずっとわが軍の総司令官にならないなら、神がわたしにそれ相応の 罰を、否、それ以上の罰を与えられるように』」。

015こうしてダビデは、ユダのすべての人々の心を、ま るで一人の人間の心のように自分になびかせた。それで人々は王に使者を送って言った、「あなたもすべての家来たちもお戻りくださ い」。


 

新共同訳1987

◆エルサレムへの帰還

19:9b イスラエル軍はそれぞれ自分の天幕に逃げ帰った。

19:10 イスラエル諸部族の間に議論が起こった。「ダビデ王は敵の手から我々を救い出し、ペリシテの手からも助け出してくださった。だが今は、アブサロムのために 国外に逃げておられる。

19:11 我々が油を注いで王としたアブサロムは戦いで死んでしまった。それなのに、なぜあなたたちは黙っているばかりで、王を連れ戻そうとしないのか。」

19:12 イスラエルのすべての人々の声はダビデ王の家にまで届いた。王は、祭司ツァドクとアビアタルのもとに人を遣わしてこう言った。「ユダの長老たちにこう言っ てくれ。あなたたちは王を王宮に連れ戻すのに遅れをとるのか。

19:13 あなたたちはわたしの兄弟、わたしの骨肉ではないか。王を連れ戻すのに遅れをとるのか。

19:14 アマサに対してはこう言ってくれ。お前はわたしの骨肉ではないか。ヨアブに代えてこれから先ずっと、お前をわが軍の司令官に任じないなら、神が幾重にもわ たしを罰してくださるように。」

19:15 ダビデはユダのすべての人々の心を動かして一人の人の心のようにした。ユダの人々は王に使者を遣わし、「家臣全員と共に帰還してください」と言った。

 

新改訳1970

19:8 b一方、イスラエル人は、おのおの自分たちの天幕に逃げ帰っていた。

19:9 民はみな、イスラエルの全部族の間で、こう言って争っていた。「王は敵の手から、われわれを救い出してくださった。王はわれわれをペリシテ人の手から助け 出してくださった。ところが今、王はアブシャロムのために国外に逃げておられる。

19:10 われわれが油をそそいで王としたアブシャロムは、戦いで死んでしまった。それなのに、あなたがたは今、王を連れ戻すために、なぜ何もしないでいるのか。」

19:11 ダビデ王は祭司ツァドクとエブヤタルに人をやって言わせた。「ユダの長老たちにこう言って告げなさい。『全イスラエルの言っていることが、ここの家にいる 王の耳に届いたのに、あなたがたは、なぜ王をその王宮に連れ戻すのをためらっているのか。

19:12 あなたがたは、私の兄弟、私の骨肉だ。それなのに、なぜ王を連れ戻すのをためらっているのか。』

19:13 またアマサにも言わなければならない。『あなたは、私の骨肉ではないか。もしあなたが、ヨアブに代わってこれからいつまでも、私の将軍にならないなら、神 がこの私を幾重にも罰せられるように。』」

19:14 こうしてダビデは、すべてのユダの人々を、あたかもひとりの人の心のように自分になびかせた。ユダの人々は王のもとに人をやって、「あなたも、あなたの家 来たちもみな、お帰りください。」と言った。

 

口語訳1955

19:8b さてイスラエルはおのおのその天幕に逃げ帰った。

19:9 そしてイスラエルのもろもろの部族の中で民はみな争って言った、「王はわれわれを敵の手から救い出し、またわれわれをペリシテびとの手から助け出された。 しかし今はアブサロムのために国のそとに逃げておられる。

19:10 またわれわれが油を注いで、われわれの上に立てたアブサロムは戦いで死んだ。それであるのに、どうしてあなたがたは王を導きかえることについて、何をも言 わないのか」。

19:11 ダビデ王は祭司たちザドクとアビヤタルとに人をつかわして言った、「ユダの長老たちに言いなさい、『全イスラエルの言葉が王に達したのに、どうしてあなた がたは王をその家に導きかえる最後の者となるのですか。

19:12 あなたがたはわたしの兄弟、わたしの骨肉です。それにどうして王を導きかえる最後の者となるのですか』。

19:13 またアマサに言いなさい、『あなたはわたしの骨肉ではありませんか。これから後あなたをヨアブに代えて、わたしの軍の長とします。もしそうしないときは、 神が幾重にもわたしを罰してくださるように』」。

19:14 こうしてダビデはユダのすべての人の心を、ひとりのように自分に傾けさせたので、彼らは王に、「どうぞあなたも、すべての家来たちも帰ってきてください」 と言いおくった。

 

文語訳1917

19:8 是に於て王たちて門に坐す人々凡の民に告て視よ王は門に坐し居るといひければ民皆王のまへにいたる然どイスラエルはおのむの其天幕に 逃かへれり
19:9 イスラエルの諸の支派の中に民皆爭ひていひけるは王は我儕を敵の手より救ひいだしまた我儕をペリシテ人の手より助けいだせりされど今はアブサロムのために 國を逃いでたり
19:10 また我儕が膏そそぎて我儕の上にかきしアブサロムは戰爭に死ねりされば爾ら何ぞ王を導きかへらんことと言ざるや
19:11 ダビデ王祭司ザドクとアビヤタルに言つかはしけるはユダの長老等に告て言ヘイスラエルの全家の言語王の家に達せしに爾ら何ぞ王を其家に導きかへる最後とな るや
19:12 爾等はわが兄弟爾らはわが骨肉なりしかるになんぞ爾等王を導き歸る最後となるやと
19:13 又アマサに言べし爾はわが骨肉にあらずや爾ヨアブにかはりて常にわがまへにて軍長たるべし若しからずば神我に斯なし又重ねてかくなしたまへと
19:14 かくダビデ、ユダの凡の人をして其心を傾けて一人のごとくにならしめければかれら王にねがはくは爾および爾の諸の臣僕歸りたまへといひおくれり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

****************************************

サムエル記下 19:16−24 (口語訳、新改訳19:15−23)

シメイとジバ

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
016
王が帰途に就き、ヨルダン川にさしかかると、ユダ の人々は王を出迎えて、ヨルダン川を渡らせるためにギルガルまで来ていた。

017ベニヤミン族のゲラの子で、バフリム出身のシムイ も、ダビデ王を迎えるために、ユダの人々とともに急いで下って来た。

018彼とともにベニヤミン族の千人も来た。また、サウ ルの家の僕ツィバとその十五人の息子たち、およびその家来二十人も一緒だったが、彼らは首尾よく王よりも先にヨルダン川に達し た。

019その時、すでに渡し船は行き来していたので、彼ら は王の家族が川を渡るのを助け、王の望むことをした。

ゲラの子シムイは、王がヨルダン川を渡ろうとするとき、その前にひれ伏し、

020王にこう言った、「わが主君よ、わたしをお咎めに ならないでください。わが主君、王がエルサレムを離れられた日に、あなたの僕が犯した悪を思い起こさないでください。王さま、お 心に留めないでください。

021僕は自分の犯した罪を認めております。ご覧くださ い。今日は、ヨセフのすべての家の先頭に立って、わが主君、王をお迎えするために下って参りました」。

022すると、ツェルヤの子アビシャイは答えて言った、 「シムイは、主の油注がれた者を呪ったのです。そのために死ぬべきではありませんか」。

023ダビデは言った、「ツェルヤの息子たちよ、これは わたしのことなのだ。お前たちは今日、わたしに敵対するのか。今日イスラエルで、一人たりとも死刑にされることがあってよかろう か。今日からわたしがイスラエルの王であることを、このわたしが知らないとでも言うのか」。

024王はシムイに、「お前は死ぬことはない」と言って 彼に誓った。


 

新共同訳1987

19:16 王は帰途につき、ヨルダン川まで来た。ユダの人々は王を迎え、ヨルダン川を渡るのを助けようとして、ギルガルまで来ていた。

19:17 バフリム出身のあのベニヤミン人、ゲラの子シムイもユダの人々と共にダビデ王を迎えようと急いで下って来た。

19:18 シムイはベニヤミン族の千人を率いていた。サウル家の従者であったツィバは、十五人の息子と二十人の召し使いを率い、ヨルダン川を渡って、王の前に出た。

19:19 彼が渡し場を渡ったのは、王の目にかなうよう、渡るときに王家の人々を助けて川を渡らせるためであった。ゲラの子シムイは、王がヨルダン川を渡ろうとする とき、王の前にひれ伏し、

19:20 王に言った。「どうか、主君がわたしを有罪とお考えにならず、主君、王がエルサレムを出られた日にこの僕の犯した悪をお忘れください。心にお留めになりま せんように。

19:21 わたしは自分の犯した罪をよく存じています。ですから、本日ヨセフの家のだれよりも早く主君、王をお迎えしようと下って参りました。」

19:22 ツェルヤの子アビシャイが答えた。「シムイが死なずに済むものでしょうか。主が油を注がれた方をののしったのです。」

19:23 だがダビデは言った。「ツェルヤの息子たちよ、ほうっておいてくれ。お前たちは今日わたしに敵対するつもりか。今日、イスラエル人が死刑にされてよいもの だろうか。今日わたしがイスラエルの王であることを、わたし自身が知らないと思うのか。」

19:24 それからシムイに向かって、「お前を死刑にすることはない」と誓った。

 

新改訳1970

19:15 そこで王は帰途につき、ヨルダン川に着くと、ユダの人々は、王を迎えてヨルダン川を渡らせるためにギルガルに来た。

19:16 バフリムの出のベニヤミン人、ゲラの子シムイは、ダビデ王を迎えようと、急いでユダの人々といっしょに下って来た。

19:17 彼は千人のベニヤミン人を連れていた。サウル家の若い者ツィバも、十五人の息子、二十人のしもべを連れて、王が渡る前にヨルダン川に駆けつけた。

19:18 そして彼は、王の家族を渡らせるために渡しを渡って行き、王が喜ぶことをした。ゲラの子シムイも、ヨルダン川を渡って行って、王の前に倒れ伏して、

19:19 王に行った。「わが君。どうか私の咎を罰しないでください。王さまが、エルサレムから出て行かれた日に、このしもべが犯した咎を、思い出さないでくださ い。王さま。心に留めないでください。

19:20 このしもべは、自分の犯した罪を認めましたから、ご覧のとおり、きょう、ヨセフのすべての家に先立って、王さまを迎えに下ってまいりました。」

19:21 ツェルヤの子アビシャイは口をはさんで言った。「シムイは、主に油そそがれた方をのろったので、そのために死に値するのではありませんか。」

19:22 しかしダビデは言った。「ツェルヤの子らよ。あれは私のことで、あなたがたには、かかわりのないことだ。あなたがたは、きょう、私に敵対しようとでもする のか。きょう、イスラエルのうちで、人が殺されてよいだろうか。私が、きょう、イスラエルの王であることを、私が知らないとでもいう のか。」

19:23 そして王はシムイに、「あなたを殺さない。」と言って彼に誓った。

 

口語訳1955

19:15 そこで王は帰ってきてヨルダンまで来ると、ユダの人々は王を迎えるためギルガルにきて、王にヨルダンを渡らせた。

19:16 バホリムのベニヤミンびと、ゲラの子シメイは、急いでユダの人々と共に下ってきて、ダビデ王を迎えた。

19:17 一千人のベニヤミンびとが彼と共にいた。またサウルの家のしもべヂバもその十五人のむすこと、二十人のしもべを従えて、王の前にヨルダンに駆け下った。

19:18 そして王の家族を渡し、王の心にかなうことをしようと渡し場を渡った。ゲラの子シメイはヨルダンを渡ろうとする時、王の前にひれ伏し、

19:19 王に言った、「どうぞわが君が、罪をわたしに帰しられないように。またわが君、王のエルサレムを出られた日に、しもべがおこなった悪い事を思い出されない ように。どうぞ王がそれを心に留められないように。

19:20 しもべは自分が罪を犯したことを知っています。それゆえ、見よ、わたしはきょう、ヨセフの全家のまっ先に下ってきて、わが主、王を迎えるのです」。

19:21 ゼルヤの子アビシャイは答えて言った、「シメイは主が油を注がれた者をのろったので、そのために殺されるべきではありませんか」。

19:22 ダビデは言った、「あなたがたゼルヤの子たちよ、あなたがたとなにのかかわりがあって、あなたがたはきょうわたしに敵対するのか。きょう、イスラエルのう ちで人を殺して良かろうか。わたしが、きょうイスラエルの王となったことを、どうして自分で知らないことがあろうか」。

19:23 こうして王はシメイに、「あなたを殺さない」と言って、王は彼に誓った。

 


文 語訳1917
19:15 是において王歸りてヨルダンにいたるにユダの人々王を迎へんとて來りてギルガルにいたり王を送りてヨルダンを濟らんとす
19:16 時にバホリムのベニヤミン人ゲラの子シメイ急ぎてユダの人々とともに下りダビデ王を?ふ
19:17 一千のベニヤミン人彼とともにあり亦サウルの家の僕ヂバも其十五人の男子と二十人の僕をしたがへて偕に居たりしが皆王のまへにむかひてヨルダンをこぎ渡れ り
19:18 時に王の家族を濟しまた王の目に善と見ゆるところを爲んとて濟舟を濟せり爰にゲラの子シメイ、ヨルダンを濟れる時王のまへに伏して
19:19 王にいひけるはわが主よねがはくは罪を我に歸するなかれまた王わが主のエルサレムより出たまへる日に僕が爲たる惡き事を記憶えたまふなかれねがはくは王こ れを心に置たまふなかれ
19:20 其は僕我罪を犯したるを知ればなり故に視よ我今日ヨセフの全家の最初に下り來りて王わが主を?ふと
19:21 然にゼルヤの子アビシヤイ答へていひけるはシメイはヱホバの膏そそぎし者を詛たるに因て其がために誅さるべきにあらずやと
19:22 ダビデいひけるは爾らゼルヤの子よ爾らのあづかるところにあらず爾等今日我に敵となる今日豈イスラエルの中にて人を誅すべけんや我豈わが今日イスラエルの 王となりたるをしらざらんやと
19:23 是をもて王はシメイに爾は誅されじといひて王かれに誓へり



****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

サムエル記下 19:25−31 (口語訳、新改訳19:24−30)

メピボセテ

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
025
サウルの孫メフィボシェトも王を迎えに下って来 た。彼は、王が立ち去った日から無事エルサレムに帰還したその日まで、足の手入れも、口髭の手入れもせず、その着物を洗わなかっ た。

026彼が王を迎えにやって来たとき、王は彼に尋ねた、 「メフィボシェトよ。あなたはなぜ、わたしと一緒に来なかったのか」。

027彼は答えた、「わが主君、王よ。わたしの僕がわた しを欺いたのです。あなたのこの僕は足が悪いので、ろばに鞍を置き、それに乗って王とともに発とうと思っていました。

028ところが彼は、わが主君、王に、あなたのこの僕の ことで?を ついたのです。しかし、わが主君、王は神の使いのような方で す。どうかお心のままになさってください。

029わたしの父の家はみな、わが主君、王にとって、死 に値するものでしかありませんでした。それなのに王はこの僕を、食卓に連なる人々の中に迎え入れてくださいました。どうしてこれ 以上、王に嘆願する権利がわたしにあるでしょうか」。

030王は彼に言った、「もうそれ以上言わなくともよ い。わたしは決めた。あなたとツィバでその土地を分けなさい」。

031メフィボシェトは王に言った、「わが主君、王が無 事王宮に戻られたのですから、ツィバが全部取ってもかまいません」。


 

新共同訳1987

19:25 サウルの孫メフィボシェトも王を迎えに下って来た。彼は、王が去った日から無事にエルサレムに帰還する日まで、足も洗わず、ひげもそらず、衣服も洗わな かった。

19:26 彼が王を迎えに出ると、王は、「メフィボシェトよ、なぜお前はわたしに従って来なかったのか」と尋ねた。

19:27 彼は言った。「主君、王よ、僕に欺かれたのです。わたしは足が不自由ですから、ろばに鞍を置き、それに乗って王様に従って行こうと考えておりました。

19:28 ところがあの僕が主君、王にわたしのことを中傷したのです。しかし、主君、王は神の御使いのような方です。王の目に良いと映ることをなさってください。

19:29 父の家の者は皆、主君、王にとって死に値する者ばかりですのに、この僕を王の食卓に並ばせてくださったのです。この上、どのような権利があって王に助けを 求めることができましょうか。」

19:30 王は言った。「もう自分のことを話す必要はない。わたしは命じる。お前とツィバで地所を分け合いなさい。」

19:31 メフィボシェトは王に言った。「主君、王が無事に王宮にお帰りになったのですから、すべてツィバのものとなってもかまいません。」

 

新改訳1970

19:24 サウルの子メフィボシェテは、王を迎えに下って来た。彼は、王が出て行った日から無事に帰って来た日まで、自分の足の手入れもせず、爪も切らず、ひげもそ らず、着物も洗っていなかった。

19:25 彼が王を迎えにエルサレムから来たとき、王は彼に言った。「メフィボシェテよ。あなたはなぜ、私といっしょに来なかったのか。」

19:26 彼は答えた。「王さま。私の家来が、私を欺いたのです。このしもべは『私のろばに鞍をつけ、それに乗って、王といっしょに行こう。』と思ったのです。しも べは足なえですから。

19:27 ところが彼は、このしもべのことを、王さまに中傷しました。しかし、王さまは、神の使いのような方です。あなたのお気に召すようにしてください。

19:28 私の父の家の者はみな、王さまから見れば、死刑に当たる者に過ぎなかったのですが、あなたは、このしもべをあなたの食卓で食事をする者のうちに入れてくだ さいました。ですから、この私に、どうして重ねて王さまに訴える権利がありましょう。」

19:29 王は彼に言った。「あなたはなぜ、自分の弁解をくり返しているのか。私は決めている。あなたとツィバとで、地所を分けなければならない。」

19:30 メフィボシェテは王に言った。「王さまが無事に王宮に帰られて後なら、彼が全部でも取ってよいのです。」

 

口語訳1955

19:24 サウルの子メピボセテは下ってきて王を迎えた。彼は王が去った日から安らかに帰る日まで、その足を飾らず、そのひげを整えず、またその着物を洗わなかっ た。

19:25 彼がエルサレムからきて王を迎えた時、王は彼に言った、「メピボセテよ、あなたはどうしてわたしと共に行かなかったのか」。

19:26 彼は答えた、「わが主、王よ、わたしの家来がわたしを欺いたのです。しもべは彼に、『わたしのために、ろばにくらを置け。わたしはそれに乗って王と共に行 く』と言ったのです。しもべは足なえだからです。

19:27 ところが彼はしもべのことをわが主、王の前に、あしざまに言ったのです。しかし、わが主、王は神の使のようでいらせられます。それで、あなたの良いと思わ れることをしてください。

19:28 わたしの父の全家はわが主、王の前にはみな死んだ人にすぎないのに、あなたはしもべを、あなたの食卓で食事をする人々のうちに置かれました。わたしになん の権利があって、重ねて王に訴えることができましょう」。

19:29 王は彼に言った、「あなたはどうしてなおも自分のことを言うのですか。わたしは決めました。あなたとヂバとはその土地を分けなさい」。

19:30 メピボセテは王に言った、「わが主、王が安らかに家に帰られたのですから、彼にそれをみな取らせてください」。

 

文 語訳1917
19:24 爰にサウルの子メピボセテ下りて王をむかふ彼は王の去し日より安かに歸れる日まで其足を飾らず其鬚を飾らず又其衣を濯ざりき
19:25 *
19:26 彼エルサレムよりきたりて王を?ふる時王かれにいひけるはメビボセテ爾なんぞ我とともに往ざりしや 19:26彼こたへけるはわが主王よわが僕我を欺けり僕はわれ驢馬に鞍おきて其に乗て王の處にゆかんといへり僕跛者なればなり
19:27 しかるに彼僕を王わが主に讒言せり然ども王わが主は神の使のごとし故に爾の目に善と見るところを爲たまへ
19:28 わが父の全家は王わが主のまへには死人なるのみなるに爾僕を爾の席にて食ふ者の中に置たまへりされば我何の理ありてか重ねて王に哀訴ることをえん
19:29 王かれにいひけるは爾なんぞ重ねて爾の事を言や我いふ爾とヂバ其地を分つべし
19:30 メピボセテ王にいひけるは王わが主安然に其家に歸りたまひたればかれに之を悉くとらしめたまへと


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

サムエル記下 19:32−40 (口語訳、新改訳19:31−39)

バルジライ、ダビデを見送る

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
032
ギレアド人バルジライはヨルダン川で王を見送るた めにロゲリムから下り、王と一緒にヨルダン川まで来ていた。

033バルジライは大層年老いており、八十歳であった。 彼はとても裕福で、王がマハナイムに滞在していた間、支援を続けた。

034王はバルジライに言った、「わたしと一緒に渡って 行こう。エルサレムのわたしのもとで、あなたの面倒を見てあげよう」。

035しかし、バルジライは王に言った、「わたしが王と ともにエルサレムに上っても、この後、何年生きられましょう。

036わたしは今、八十歳です。わたしに善悪の区別がで きるでしょうか。あなたの僕に食べ物や飲み物の味が分かるでしょうか。また、歌う男女の声に耳を傾けることができるでしょうか。 どうして今さら、わが主君、王の重荷になれましょう。

037あなたの僕は、王とご一緒にヨルダン川を渡ること ぐらいしかできないでしょう。王はなぜ、わたしにそのような報酬をくださろうとなさるのですか。

038あなたの僕が自分の町の父母の墓の傍らで死ぬこと ができるように、わたしを帰らせてください。しかし、ここにいるあなたの僕キムハムが、わが主君、王とともに参ります。どうか、 あなたが善いと思われることを彼になさってください」。

039王は言った、「キムハムはわたしと一緒に行く。あ なたが善いと思うことを、わたしは彼にしよう。あなたがわたしにしてほしいと望むことは、何でもかなえてあげよう」。

040こうして、すべての兵士はヨルダン川を渡った。王 は渡る寸前にバルジライに口づけし、彼を祝福した。バルジライは自分の町に帰っていった。


 

新共同訳1987

19:32 ギレアド人バルジライはヨルダン川で王を見送るためにロゲリムから下り、王と共にヨルダン川まで来ていた。

19:33 バルジライは高齢で八十歳になっていた。彼は大層裕福で、マハナイム滞在中の王の生活を支えていた。

19:34 王はバルジライに言った。「わたしと共に来てくれないか。エルサレムのわたしのもとであなたの面倒を見よう。」

19:35 バルジライは王に答えた。「王のお供をしてエルサレムに上りましても、わたしはあと何年生きられましょう。

19:36 わたしはもう八十歳になります。善悪の区別も知りません。この僕は何を食べ何を飲んでも味がなく、男女の歌い手の声も聞こえないのです。どうしてこの上主 君、王の重荷になれましょう。

19:37 わたしにはお供をしてヨルダン川を渡ることさえほとんどできません。王はそれほどにお報いくださることはございません。

19:38 どうか僕が帰って行くのをお許しください。父や母の墓のあるわたしの町で死にたいのです。ここにあなたの僕キムハムがおります。これに主君、王のお供をさ せますから、どうかあなたの目に良いと映るままにお使いください。」

19:39 王は言った。「キムハムにわたしと共に来てもらおう。キムハムには、お前の目に良いと映るとおりにしよう。お前にはお前の選ぶとおりにしよう。」

19:40 兵士全体がヨルダン川を渡り、王も渡った。王はバルジライに口づけして彼を祝福した。バルジライは自分の町に帰って行った。

 

新改訳1970

19:31 ギルアデ人バルジライは、ログリムから下って、ヨルダン川で王を見送るために、王といっしょにヨルダン川まで進んで来た。

19:32 バルジライは非常に年をとっていて八十歳であった。彼は王がマハナイムにいる間、王を養っていた。彼は非常に富んでいたからである。

19:33 王はバルジライに言った。「私といっしょに渡って行ってください。エルサレムで私のもとであなたを養いたいのです。」

19:34 バルジライは王に言った。「王といっしょにエルサレムへ上って行っても、私はあと何年生きられるでしょう。

19:35 私は今、八十歳です。私はもう善悪をわきまえることができません。しもべは食べる物も飲む物も味わうことができません。歌う男や女の声を聞くことさえでき ません。どうして、このうえ、しもべが王さまの重荷になれましょう。

19:36 このしもべは、王とともにヨルダン川を渡って、ほんの少しだけまいりましょう。それ以上、王はどうして、そのような報酬を、この私にしてくださらなければ ならないのでしょうか。

19:37 このしもべを帰らせてください。私は自分の町で、私の父と母の墓の近くで死にたいのです。しかしここに、あなたのしもべキムハムがおります。彼が、王さま といっしょに渡ってまいります。どうか彼に、あなたの良いと思われることをなさってください。」

19:38 王は言った。「キムハムは私といっしょに渡って来てよいのです。私は、あなたが良いと思うことを彼にしましょう。あなたが、私にしてもらいたいことは何で も、あなたにしてあげましょう。」

19:39 こうして、みなはヨルダン川を渡った。王も渡った。それから、王はバルジライに口づけをして、彼を祝福した。バルジライは自分の町へ帰って行った。

 

口語訳1955

19:31 さてギレアデびとバルジライはロゲリムから下ってきて、ヨルダンで王を見送るため、王と共にヨルダンに進んだ。

19:32 バルジライは、ひじょうに年老いた人で八十歳であった。彼はまた、ひじょうに裕福な人であったので、王がマハナイムにとどまっている間、王を養った。

19:33 王はバルジライに言った、「わたしと一緒に渡って行きなさい。わたしはエルサレムであなたをわたしと共におらせて養いましょう」。

19:34 バルジライは王に言った、「わたしは、なお何年いきながらえるので、王と共にエルサレムに上るのですか。

19:35 わたしは今日八十歳です。わたしに、良いこと悪いことがわきまえられるでしょうか。しもべは食べるもの、飲むものを味わうことができましょうか。わたしは 歌う男や歌う女の声をまだ聞くことができましょうか。それであるのに、しもべはどうしてなおわが主、王の重荷となってよろしいでしょ うか。

19:36 しもべは王と共にヨルダンを渡って、ただ少し行きましょう。どうして王はこのような報いをわたしに報いられなければならないのでしょうか。

19:37 どうぞしもべを帰らせてください。わたしは自分の町で、父母の墓の近くで死にます。ただし、あなたのしもべキムハムがここにおります。わが主、王と共に彼 を渡って行かせてください。またあなたが良いと思われる事を彼にしてください」。

19:38 王は答えた、「キムハムはわたしと共に渡って行かせます。わたしは、あなたが良いと思われる事を彼にしましょう。またあなたが望まれることはみな、あなた のためにいたします」。

19:39 こうして民はみなヨルダンを渡った。王は渡った時、バルジライに口づけして、祝福したので、彼は自分の家に帰っていった。

 


文 語訳1917
19:31 爰にギレアデ人バルジライ、ロゲリムより下り王を送りてヨルダンを渡らんとて王とともにヨルダンを濟れり
19:32 バルジライは甚だ老たる人にて八十歳なりきかれは甚だ大なる人なれば王のマハナイムに留れる間王を養へり
19:33 王バルジライにいひけるは爾我とともに濟り來れ我エルサレムにて爾を我とともに養はん
19:34 バルジライ王にいひけるはわが生命の年の日尚幾何ありてか我王とともにエルサレムに上らんや
19:35 我は今日八十歳なり善きと惡きとを辨へるをえんや僕其食ふところと飮ところを味ふをえんや我再び謳歌之男と謳歌之女の聲を聽えんや僕なんぞ尚王わが主の累 となるべけんや
19:36 僕は王とともにヨルダンを濟りて只少しくゆかん王なんぞこの報賞を我に報ゆるに及ばんや
19:37 請ふ僕を歸らしめよ我自己の邑にてわが父母の墓の側に死ん但し僕キムハムを視たまへかれを王わが主とともに濟り往しめたまへ又爾の目に善と見る所を彼にな したまへ
19:38 王いひけるはキムハム我とともに濟り往くべし我爾の目に善と見ゆる所をかれに爲ん又爾が望みて我に求むる所は皆我爾のために爲すべしと
19:39 民皆ヨルダンを濟れり王渡りし時王バルジライに接吻してこれを祝す彼遂に己の所に歸れり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

サムエル記下 19:41−44 (口語訳、新改訳19:40−43)

イスラエル、ユダに不平を言う

 

 

翻訳比較


フランシスコ 会訳2013
041
王はギルガルに向かって進み、キムハムも王ととも に進んだ。ユダの兵士全員とイスラエルの兵士の半数が、王とともに進んだ。

042この時、イスラエルの人々がみな王のもとにやって 来てこう言った、「われわれの兄弟、ユダの人々は、なぜあなたを独り占めにし、王とご家族に、また同行のダビデの部下たちにヨル ダン川を渡らせたのですか」。

043ユダの人々はみなイスラエルの人々に言い返した、 「王はわれわれに近い身内だからだ。どうしてこのことでそんなに腹を立てるのか。われわれが王の食物を食べたというのか。何か贈 り物を受け取ったというのか」。

044イスラエルの人々はユダの人々に答えて言った、 「われわれは王のことについて十の分け前を持っている。ダビデに対しても、われわれはあなたたちより重要なのだ。それなのにな ぜ、われわれをないがしろにするのか。王を連れ戻そうと言いだしたのは、こちらのほうが先ではないか」。しかし、ユダの人々の言 葉はイスラエルの人々の言葉よりも激しかった。


 

新共同訳1987

19:41 王はギルガルへ進んだ。キムハムも共に行き、ユダの全兵士もイスラエルの兵士の半分も王と共に進んだ。

19:42 イスラエルの人々は皆、王のもとに来て、王に言った。「なぜ我々の兄弟のユダの人々があなたを奪い取り、王と御家族が直属の兵と共にヨルダン川を渡るのを 助けたのですか。」

19:43 ユダの人々はイスラエルの人々に答えた。「王はわたしたちの近親だからだ。なぜこの事で腹を立てるのだ。我々が王の食物を食べ、贈り物をもらっているとで も言うのか。」

19:44 イスラエルの人々はユダの人々に言い返した。「王のことに関して、わたしたちには十の持ち分がある。ダビデ王に対してもお前たちより多くの分がある。なぜ わたしたちをないがしろにするのだ。わたしたちの王を呼び戻そうと言ったのはわたしたちが先ではないか。」しかし、ユダの人々の言葉 はイスラエルの人々の言葉よりも激しかった。

 

新改訳1970

19:40 王はギルガルへ進み、キムハムもいっしょに進んだ。ユダのすべての民とイスラエルの民の半分とが、王といっしょに進んだ。

19:41 するとそこへ、イスラエルのすべての人が王のところにやって来て、王に言った。「われわれの兄弟、ユダの人々は、なぜ、あなたを奪い去り、王とその家族 に、また王といっしょにダビデの部下たちに、ヨルダン川を渡らせたのですか。」

19:42 ユダのすべての人々はイスラエルの人々に言い返した。「王は、われわれの身内だからだ。なぜ、このことでそんなに怒るのか。いったい、われわれが王の食物 を食べたとでもいうのか。王が何かわれわれに贈り物をしたとでもいうのか。」

19:43 イスラエルの人々はユダの人々に答えて言った。「われわれは、王に十の分け前を持っている。だからダビデにも、あなたがたよりも多くを持っているはずだ。 それなのに、なぜ、われわれをないがしろにするのか。われわれの王を連れ戻そうと最初に言いだしたのは、われわれではないか。」しか し、ユダの人々のことばは、イスラエルの人々のことばより激しかった。

 

口語訳1955

19:40 王はギルガルに進んだ。キムハムも彼と共に進んだ。ユダの民はみな王を送り、イスラエルの民の半ばもまたそうした。

19:41 さてイスラエルの人々はみな王の所にきて、王に言った、「われわれの兄弟であるユダの人々は、何ゆえにあなたを盗み去って、王とその家族、およびダビデに 伴っているすべての従者にヨルダンを渡らせたのですか」。

19:42 ユダの人々はみなイスラエルの人々に答えた、「王はわれわれの近親だからです。あなたがたはどうしてこの事で怒られるのですか。われわれが少しでも王の物 を食べたことがありますか。王が何か賜物をわれわれに与えたことがありますか」。

19:43 イスラエルの人々はユダの人々に答えた、「われわれは王のうちに十の分を持っています。またダビデのうちにもわれわれはあなたがたよりも多くを持っていま す。それであるのに、どうしてあなたがたはわれわれを軽んじたのですか。われらの王を導き帰ろうと最初に言ったのはわれわれではない のですか」。しかしユダの人々の言葉はイスラエルの人々の言葉よりも激しかった。

 

文語訳1917

19:40 かくて王ギルガルに進むにキムハムかれとともに進めりユダの民皆王を送れりイスラエルの民の半も亦しかり
19:41 是にイスラエルの人々皆王の所にいたりて王にいひけるは我儕の兄弟なるユダの人々何故に爾を竊みさり王と其家族およびダビデとともなる其凡の從者を送りて ヨルダンを濟りしやと
19:42 ユダの人々皆イスラエルの人々に對へていふ王は我に近きが故なり爾なんぞ此事について怒るや我儕王の物を食ひしことあるや王我儕に賜物を與へたることある や
19:43 イスラエルの人ユダの人に對ていひけるは我は王のうちに十の分を有ち亦ダビデのうちにも我は爾よりも多を有つなりしかるに爾なんぞ我らを軽じたるやわが王 を導きかへらんと言しは我最初なるにあらずやとされどユダの人々の言はイスラエルの人々の言よりも獅オかりき


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************