****************************************

 使徒 7:1−53

ステパノの演説

アブラハムからヤコブまで

(使徒 7:1−8)

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

440701大祭司がたずねた、「その通りか」。

44072そこで、ステファノは言った、「兄弟たち、父たちよ、聞いて下さい。私たちの父アブラハムが、ハランに住む前、まだメソポタミアにいた時、栄光の神が彼に現れて、

440703言われました、お前の土地とお前の親族から出て行き私がお前に指し示す地に行け』と。

440704そこで、彼はカルデアの地を出て、ハランに住みました。そして、彼の父が死んだ後、そこから神はアブラハムを、今あなたたちが住んでいるこの地に移住させられましたが、

440705そこでは遺産を、一歩の幅の土地すらも与えられず、ただ彼と彼の後の子孫とに、その土地を所領として与えよう、と約束されただけでありました。彼には子が無かったのに。

440706神はこう言われました、『彼の子孫は他国に身を寄せ人々は四百年の間これを奴隷にし、虐待するであろう』。

440707また、神は言われました、『しかし、彼らを奴隷にする国民を私はさばくであろうそして、その後彼らはそこを出てこの場所で私を礼拝するであろう』と。

440708そして、神はアブラハムに割礼の契約を与えられました。こうして、彼はイサクを生み、これに八日目に割礼を施し、イサクがヤコブを生み、ヤコブが十二人の族長たちを生んだのです。

 

新共同訳1987

7:1 大祭司が、「訴えのとおりか」と尋ねた。

7:2 そこで、ステファノは言った。「兄弟であり父である皆さん、聞いてください。わたしたちの父アブラハムがメソポタミアにいて、まだハランに住んでいなかったとき、栄光の神が現れ、

7:3 『あなたの土地と親族を離れ、わたしが示す土地に行け』と言われました。

7:4 それで、アブラハムはカルデア人の土地を出て、ハランに住みました。神はアブラハムを、彼の父が死んだ後、ハランから今あなたがたの住んでいる土地にお移しになりましたが、

7:5 そこでは財産を何もお与えになりませんでした、一歩の幅の土地さえも。しかし、そのとき、まだ子供のいなかったアブラハムに対して、『いつかその土地を所有地として与え、死後には子孫たちに相続させる』と約束なさったのです。

7:6 神はこう言われました。『彼の子孫は、外国に移住し、四百年の間、奴隷にされて虐げられる。』

7:7 更に、神は言われました。『彼らを奴隷にする国民は、わたしが裁く。その後、彼らはその国から脱出し、この場所でわたしを礼拝する。』

7:8 そして、神はアブラハムと割礼による契約を結ばれました。こうして、アブラハムはイサクをもうけて八日目に割礼を施し、イサクはヤコブを、ヤコブは十二人の族長をもうけて、それぞれ割礼を施したのです。

 

前田訳1978

7:1 大祭司は問うた、「それはそのとおりか」と。

7:2 彼はいった、「兄弟方、父がた、お聞きください。栄光の神は、われわれの父アブラハムがカランに住む前、メソポタミアにいたときに現われて、

7:3 『あなたの国、あなたの親族から離れて、わたしが示す地に来なさい』といわれました。

7:4 そこで彼はカルデア人の地を出てカランに住みました。そしてその父の死後、神は彼を、今あなた方がお住まいのこの地にお移しでした。

7:5 しかしここでは財産としては一歩の幅の土地さえ与えず、子がなかったのに、彼と彼ののちの子孫とにその地を持ち物として与えることをお約束でした。

7:6 神はこう語られました、『彼の子孫は他国でよそものとなり、人々は四百年間これを奴隷にして虐待しよう』と。

7:7 また神は言われました、『彼らを奴隷にする国民をわたしは裁く。そののち彼らはそこを出てこの所でわたしを礼拝しよう』と。

7:8 そして彼に割礼の契約をお与えでした。こうして彼にイサクが生まれると、八日目に割礼しました。それからイサクにヤコブが生まれ、ヤコブに十二人の族長が生まれました。

 

新改訳1970

7:1 大祭司は、「そのとおりか。」と尋ねた。

7:2 そこでステパノは言った。「兄弟たち、父たちよ。聞いてください。私たちの父祖アブラハムが、カランに住む以前まだメソポタミヤにいたとき、栄光の神が彼に現われて、

7:3 『あなたの土地とあなたの親族を離れ、わたしがあなたに示す地に行け。』と言われました。

7:4 そこで、アブラハムはカルデヤ人の地を出て、カランに住みました。そして、父の死後、神は彼をそこから今あなたがたの住んでいるこの地にお移しになりましたが、

7:5 ここでは、足の踏み場となるだけのものさえも、相続財産として彼にお与えになりませんでした。それでも、子どももなかった彼に対して、この地を彼とその子孫に財産として与えることを約束されたのです。

7:6 また神は次のようなことを話されました。『彼の子孫は外国に移り住み、四百年間、奴隷にされ、虐待される。』

7:7 そして、こう言われました。『彼らを奴隷にする国民は、わたしがさばく。その後、彼らはのがれ出て、この所で、わたしを礼拝する。』

7:8 また神は、アブラハムに割礼の契約をお与えになりました。こうして、彼にイサクが生まれました。彼は八日目にイサクに割礼を施しました。それから、イサクにヤコブが生まれ、ヤコブに十二人の族長が生まれました。

 

塚本訳1963

7:1 大祭司がたずねた、「はたして事実その通りか。」

7:2 ステパノが言った。──「兄弟の方々、お父さん方、聞いてください。(御承知のように、)『栄光の神は、』わたし達の先祖アブラハムがカランに住む前、まだメソポタミヤにいるとき、現われて

7:3 『言われた、『あなたの国、あなたの親類から出て、わたしが示す地に来い』と。』

7:4 そこでカルデヤ人の地(ウル)を出て、カランに住んだ。そしてその父の死んだ後、そこから、今あなた方が住んでいるこの(カナンの)地に、神は彼を移住させられた。

7:5 しかしそこには(何一つ)財産を、『一歩の幅の土地をすら、与えず、』ただ『彼と彼の後の子孫とに、その地を所有として与えようと』約束されただけであった、(その時まだ)彼には子が無かったのに。

7:6 すなわち神はこう語られた、『彼の子孫は他国に身を寄せ、人々は四百年の間これを奴隷にし、虐待するであろう』と。

7:7 神は(また)言われた、『しかし彼らを奴隷にする国の人を、わたしはかならず罰する。そしてその後、彼らはそこを出て、』この所(カナン)でわたしを礼拝するであろう』と。

7:8 それから彼に『割礼の(規則の)契約を』お与えになった。こうしてアブラハムは、イサクが生まれると(契約に従って)『八日目に割礼を施した。』イサクの子はヤコブ、ヤコブの子は十二人の族長であった。

 

口語訳1955

7:1 大祭司は「そのとおりか」と尋ねた。

7:2 そこで、ステパノが言った、/「兄弟たち、父たちよ、お聞き下さい。わたしたちの父祖アブラハムが、カランに住む前、まだメソポタミヤにいたとき、栄光の神が彼に現れて

7:3 仰せになった、『あなたの土地と親族から離れて、あなたにさし示す地に行きなさい』。

7:4 そこで、アブラハムはカルデヤ人の地を出て、カランに住んだ。そして、彼の父が死んだのち、神は彼をそこから、今あなたがたの住んでいるこの地に移住させたが、

7:5 そこでは、遺産となるものは何一つ、一歩の幅の土地すらも、与えられなかった。ただ、その地を所領として授けようとの約束を、彼と、そして彼にはまだ子がなかったのに、その子孫とに与えられたのである。

7:6 神はこう仰せになった、『彼の子孫は他国に身を寄せるであろう。そして、そこで四百年のあいだ、奴隷にされて虐待を受けるであろう』。

7:7 それから、さらに仰せになった、『彼らを奴隷にする国民を、わたしはさばくであろう。その後、彼らはそこからのがれ出て、この場所でわたしを礼拝するであろう』。

7:8 そして、神はアブラハムに、割礼の契約をお与えになった。こうして、彼はイサクの父となり、これに八日目に割礼を施し、それから、イサクはヤコブの父となり、ヤコブは十二人の族長たちの父となった。

 

文語訳1917

"440701","かくて大祭司いふ『此等のこと果してかくの如きか』"

"440702","ステパノ言ふ、『兄弟たち親たちよ、聽け、我らの先祖アブラハム未だカランに住まずして尚メソポタミヤに居りしとき、榮光の神あらはれて、"

"440703","「なんぢの土地、なんぢの親族を離れて、我が示さんとする地に往け」と言ひ給へり。"

"440704","ここにカルデヤの地に出でてカランに住みたりしが、その父の死にしのち、神は彼を彼處より汝らの今住める此の地に移らしめ、"

"440705","此處にて足、蹈立つる程の地をも嗣業に與へ給はざりき。然るに、その地を未だ子なかりし彼と彼の裔とに所有として與へんと約し給へり。"

"440706","神また其の裔は他の國に寄寓人となり、その國人は之を四百年のあひだ奴隷となして苦しめん事を告げ給へり。"

"440707","神いひ給ふ「われは彼らを奴隷とする國人を審かん、然るのち彼等その國を出で、この處にて我に事へん」"

"440708","神また割禮の契約をアブラハムに與へ給ひたれば、イサクを生みて八日めに之に割禮を行へり。イサクはヤコブを、ヤコブは十二の先祖を生めり。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 Tコリ2:8

2:8 この世の支配者たちのうちで、この知恵を知っていた者は、ひとりもいなかった。もし知っていたなら、栄光の主を十字架につけはしなかったであろう。

 

口語訳 Uコリ4:4-6

4:4 彼らの場合、この世の神が不信の者たちの思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光の福音の輝きを、見えなくしているのである。

4:5 しかし、わたしたちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝える。わたしたち自身は、ただイエスのために働くあなたがたの僕にすぎない。

4:6 「やみの中から光が照りいでよ」と仰せになった神は、キリストの顔に輝く神の栄光の知識を明らかにするために、わたしたちの心を照して下さったのである。

 

口語訳 ロマ 4:18

4:18 彼は望み得ないのに、なおも望みつつ信じた。そのために、「あなたの子孫はこうなるであろう」と言われているとおり、多くの国民の父となったのである。

 

口語訳 ロマ 4:10-13

4:10 それでは、どういう場合にそう認められたのか。割礼を受けてからか、それとも受ける前か。割礼を受けてからではなく、無割礼の時であった。

4:11 そして、アブラハムは割礼というしるしを受けたが、それは、無割礼のままで信仰によって受けた義の証印であって、彼が、無割礼のままで信じて義とされるに至るすべての人の父となり、

4:12 かつ、割礼の者の父となるためなのである。割礼の者というのは、割礼を受けた者ばかりではなく、われらの父アブラハムが無割礼の時に持っていた信仰の足跡を踏む人々をもさすのである。

4:13 なぜなら、世界を相続させるとの約束が、アブラハムとその子孫とに対してなされたのは、律法によるのではなく、信仰の義によるからである。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 Tコリ2:8

2:8 この世の支配者たちはだれ一人、この知恵を理解しませんでした。もし理解していたら、栄光の主を十字架につけはしなかったでしょう。

 

新共同 ヤコ 2:1

2:1 わたしの兄弟たち、栄光に満ちた、わたしたちの主イエス・キリストを信じながら、人を分け隔てしてはなりません。

 

新共同 ガラ 3:16

3:16 ところで、アブラハムとその子孫に対して約束が告げられましたが、その際、多くの人を指して「子孫たちとに」とは言われず、一人の人を指して「あなたの子孫とに」と言われています。この「子孫」とは、キリストのことです。

 

新共同 ヘブ 11:9

11:9 信仰によって、アブラハムは他国に宿るようにして約束の地に住み、同じ約束されたものを共に受け継ぐ者であるイサク、ヤコブと一緒に幕屋に住みました。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

 ヨセフ

(使徒 7:9−16)

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

440709この族長たちは、ヨセフを妬んで、エジプトに売ってしまいました。しかし、神は彼と共におられ、

440710あらゆる苦難から彼を救い出し、エジプト王ファラオの前で恵みと知恵を与えられました。そこで、ファラオは彼をエジプトと王家全体をつかさどる宰相に任じたのです。

440711ところが、エジプトとカナン全体に飢饉が起こり、大きな苦難が臨み、私たちの父祖たちは腹を満たすものを得られなくなりました。

440712そこで、ヤコブはエジプトに穀類があると聞いて、まず私たちの父祖たちをそこに遣わしました。

440713二度目の時、ヨセフは自分のことを彼の兄弟たちに打ち明けましたので、彼の親族関係がファラオに知られるようになりました。

440714そこで、ヨセフは使者を遣わして、彼の父ヤコブと七十五人にのぼる親族一同を呼び寄せました。

440715こうして、ヤコブはエジプトにくだり、彼自身もわれらの父祖たちも死に、

440716それから彼らはシケムに移され、アブラハムがいくらかの銀をもってシケムでハモルの子らから買っておいた墓に葬られました。

 

新共同訳1987

7:9 この族長たちはヨセフをねたんで、エジプトへ売ってしまいました。しかし、神はヨセフを離れず、

7:10 あらゆる苦難から助け出して、エジプト王ファラオのもとで恵みと知恵をお授けになりました。そしてファラオは、彼をエジプトと王の家全体とをつかさどる大臣に任命したのです。

7:11 ところが、エジプトとカナンの全土に飢饉が起こり、大きな苦難が襲い、わたしたちの先祖は食糧を手に入れることができなくなりました。

7:12 ヤコブはエジプトに穀物があると聞いて、まずわたしたちの先祖をそこへ行かせました。

7:13 二度目のとき、ヨセフは兄弟たちに自分の身の上を明かし、ファラオもヨセフの一族のことを知りました。

7:14 そこで、ヨセフは人を遣わして、父ヤコブと七十五人の親族一同を呼び寄せました。

7:15 ヤコブはエジプトに下って行き、やがて彼もわたしたちの先祖も死んで、

7:16 シケムに移され、かつてアブラハムがシケムでハモルの子らから、幾らかの金で買っておいた墓に葬られました。

 

前田訳1978

7:9 族長たちはヨセフを妬んでエジプトに売りました。しかし神は彼とともにいまして、

7:10 あらゆる苦しみから救い出し、エジプト王パロの前で恵みと知恵をお与えになったので、パロは彼をエジプトと王家全体とをつかさどる高官に引き立てました。

7:11 さて、エジプトとカナンとの全体に飢饉が起きて大きな苦しみが望み、われらの先祖たちは食物を得られませんでした。

7:12 ヤコブはエジプトに穀物があると聞いて、まずわれらの先祖たちをつかわしました。

7:13 二度目のときヨセフは自らのことをその兄弟たちに打ち明けました。それでヨセフの血すじがパロにわかりました。

7:14 ヨセフは人をやって父ヤコブと親族全体七十五人を呼びよせました。

7:15 ヤコブはエジプトに下り、彼自身もわれらの先祖たちも死にました。

7:16 そして彼らはシケムに移され、アブラハムがいくらかの金でシケムのハモルの子から買っておいた墓地に葬られました。

 

新改訳1970

7:9 族長たちはヨセフをねたんで、彼をエジプトに売りとばしました。しかし、神は彼とともにおられ、

7:10 あらゆる患難から彼を救い出し、エジプト王パロの前で、恵みと知恵をお与えになったので、パロは彼をエジプトと王の家全体を治める大臣に任じました。

7:11 ところが、エジプトとカナンとの全地にききんが起こり、大きな災難が襲って来たので、私たちの先祖たちには、食物がなくなりました。

7:12 しかし、ヤコブはエジプトに穀物があると聞いて、初めに私たちの先祖たちを遣わしました。

7:13 二回目のとき、ヨセフは兄弟たちに、自分のことを打ち明け、ヨセフの家族のことがパロに明らかになりました。

7:14 そこで、ヨセフは人をやって、父ヤコブと七十五人の全親族を呼び寄せました。

7:15 ヤコブはエジプトに下り、そこで彼も私たちの先祖たちも死にました。

7:16 そしてシケムに運ばれ、かねてアブラハムがいくらかの金でシケムのハモルの子から買っておいた墓に葬られました。

 

塚本訳1963

7:9 族長たちは『ヨセフをねたんで、エジプトに(奴隷に)売った。』』しかし『神は(いつも)ヨセフと一緒にいて、』

7:10 あらゆる苦難から救い出し、『エジプト王パロの前で』知恵をあらわさせて『寵愛を得させられたので、』パロは彼をエジプトと王家全体とをつかさどる宰相に任命した。』

7:11 『するとエジプトとカナンとの全体に飢饉が来て、』大きな苦難が臨み、わたし達の先祖たちは食糧が得られなかった。

7:12 『ヤコブはエジプトに穀類があると聞いて、』まず先祖たちをやった。

7:13 二度目の時に、『ヨセフは自分のことを兄弟たちに打ちあけた。』そこでヨセフの素性がパロに知れた。

7:14 ヨセフは父ヤコブと親類全部、『合計七十五人を』(エジプトに)呼びよせた。

7:15 ヤコブは『エジプトに下り、』『彼自身も』先祖たちも『(そこで)死に、』

7:16 』(なきがらは)シケムに移され、』(前に)銀いくらかをもって、』アブラハムがシケムでハモルの子らから買い取っておいた墓場に』納められた。

 

口語訳1955

7:9 族長たちは、ヨセフをねたんで、エジプトに売りとばした。しかし、神は彼と共にいまして、

7:10 あらゆる苦難から彼を救い出し、エジプト王パロの前で恵みを与え、知恵をあらわさせた。そこで、パロは彼を宰相の任につかせ、エジプトならびに王家全体の支配に当らせた。

7:11 時に、エジプトとカナンとの全土にわたって、ききんが起り、大きな苦難が襲ってきて、わたしたちの先祖たちは、食物が得られなくなった。

7:12 ヤコブは、エジプトには食糧があると聞いて、初めに先祖たちをつかわしたが、

7:13 二回目の時に、ヨセフが兄弟たちに、自分の身の上を打ち明けたので、彼の親族関係がパロに知れてきた。

7:14 ヨセフは使をやって、父ヤコブと七十五人にのぼる親族一同とを招いた。

7:15 こうして、ヤコブはエジプトに下り、彼自身も先祖たちもそこで死に、

7:16 それから彼らは、シケムに移されて、かねてアブラハムがいくらかの金を出してこの地のハモルの子らから買っておいた墓に、葬られた。

 

文語訳1917

"440709","先祖たちヨセフを嫉みてエジプトに賣りしに、神は彼と偕に在して、"

"440710","凡ての患難より之を救ひ出し、エジプトの王パロの前にて寵愛を得させ、また智慧を與へ給ひたれば、パロ之を立ててエジプトと己が全家との宰となせり。"

"440711","時にエジプトとカナンの全地とに飢饉ありて大なる患難おこり、我らの先祖たち糧を求め得ざりしが、"

"440712","ヤコブ、エジプトに穀物あるを聞きて、先ず我らの先祖たちを遣す。"

"440713","二度めの時ヨセフその兄弟たちに知られ、ヨセフの氏族パロに明かになれり。"

"440714","ヨセフ言ひ遣して己が父ヤコブと凡ての親族と七十五人を招きたれば、"

"440715","ヤコブ、エジプトに下り、彼處にて己も我らの先祖たちも死にたり。"

"440716","彼らシケムに送られ、曾てアブラハムがシケムにてハモルの子等より銀をもて買い置きし墓に葬られたり。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

 モーセの私生涯

(使徒 7:17−29)

 

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

440717神がアブラハムに与えた約束の時期が近づくにつれて、民は増え、エジプトに満ち、440718ついにヨセフのことを知らない別の王が[エジプトに]出た

440719この王は、私たちの同族に対して悪巧みをし、父祖たちに彼らの幼子を棄てさせ、これを生かしておかないようなひどいことをしたのです。

440720ちょうどその時に、モーセが生まれました。彼は神の前に美しく、三ヵ月の間父の家で育てられましたが、

440721棄てられた時、ファラオの娘が拾い上げ、自分の子として育てたのです。

440722そして、モーセはエジプト人のあらゆる知恵で教育を受け、言葉にも業にも力がありました。

440723四十歳になった時、彼の兄弟であるイスラエルの子らを思う心がモーセに起こりました。

440724そこで、ある人がいじめられているのを見て、その味方をし、エジプト人を打ち殺して虐待された者のために仕返しをしたのです。

440725モーセは、白分の手によって神が兄弟たちに救いを与えたもうたことを、彼らは悟るものと思っていました。しかし、彼らは悟ってくれませんでした。

440726翌日、モーセは相い争っている人々のところに現れて、彼らの仲介をしようとして言いました、『君たち、兄弟同士ではないか。なぜ互いに害い合うのか』と。

440727すると、隣り人を害う者の方がモーセを突きのけて言いました、『誰が、お前を立ててわれらの指導者や裁判官にしたのか。

440728お前は咋日エジプト人を殺したように、私を殺そうと思っているのか』と。

440729この言葉を聞いてモーセは逃げ、ミデアンの地に身を寄せる者となり、そこで二人の子をもうけました。

 

新共同訳1987

7:17 神がアブラハムになさった約束の実現する時が近づくにつれ、民は増え、エジプト中に広がりました。

7:18 それは、ヨセフのことを知らない別の王が、エジプトの支配者となるまでのことでした。

7:19 この王は、わたしたちの同胞を欺き、先祖を虐待して乳飲み子を捨てさせ、生かしておかないようにしました。

7:20 このときに、モーセが生まれたのです。神の目に適った美しい子で、三か月の間、父の家で育てられ、

7:21 その後、捨てられたのをファラオの王女が拾い上げ、自分の子として育てたのです。

7:22 そして、モーセはエジプト人のあらゆる教育を受け、すばらしい話や行いをする者になりました。

7:23 四十歳になったとき、モーセは兄弟であるイスラエルの子らを助けようと思い立ちました。

7:24 それで、彼らの一人が虐待されているのを見て助け、相手のエジプト人を打ち殺し、ひどい目に遭っていた人のあだを討ったのです。

7:25 モーセは、自分の手を通して神が兄弟たちを救おうとしておられることを、彼らが理解してくれると思いました。しかし、理解してくれませんでした。

7:26 次の日、モーセはイスラエル人が互いに争っているところに来合わせたので、仲直りをさせようとして言いました。『君たち、兄弟どうしではないか。なぜ、傷つけ合うのだ。』

7:27 すると、仲間を痛めつけていた男は、モーセを突き飛ばして言いました。『だれが、お前を我々の指導者や裁判官にしたのか。

7:28 きのうエジプト人を殺したように、わたしを殺そうとするのか。』

7:29 モーセはこの言葉を聞いて、逃げ出し、そして、ミディアン地方に身を寄せている間に、二人の男の子をもうけました。

 

前田訳1978

7:17 さて、神がアブラハムにお立ての約束の時が近づくにつれて、民はエジプトで発展し、またふえました。

7:18 やがてヨセフを知らぬ別の王がエジプトに現われました。

7:19 彼はわれらの血すじに対して策動し、先祖たちを苦しめました。それはみどり子を生かしておかないように捨てさせるほどでした。

7:20 このころモーセが生まれました。彼は神のお目にかなっていて、父の家で三か月のあいだ育てられましたが、

7:21 捨てられたとき、パロの王女が拾いあげ、自分の子として育てました。

7:22 モーセはエジプト人のあらゆる知恵を教え込まれ、ことばとわざに力がありました。

7:23 四十歳になったころ、自分の同胞であるイスラエルの子孫を顧みる心がおきました。

7:24 それでそのひとりがいじめられているのを見て、その見方をし、エジプト人を打ち倒して、虐待された人の仕返しをしました。

7:25 モーセは神が彼の手で同胞に救いを与えようとしておいでのことを、彼らが悟ると思っていましたが、彼らは悟りませんでした。

7:26 あくる日、モーセは彼らが争っているところに現われ、仲直りさせようとしていいました、『あなた方、兄弟ではないか。なぜ互いに傷つけ合うのか』と。

7:27 隣人を傷つけていた人がモーセを押しのけていいました。『だれが君をわれらの司や裁き人にしたのか。

7:28 君はきのうエジプト人を殺したように、わたしをも殺そうと思っているのか』と。

7:29 モーセはこれを聞いて逃れ、ミデアンの地に身を寄せ、そこでふたりの男子をもうけました。

 

新改訳1970

7:17 神がアブラハムにお立てになった約束の時が近づくにしたがって、民はエジプトの中にふえ広がり、

7:18 ヨセフのことを知らない別の王がエジプトの王位につくときまで続きました。

7:19 この王は、私たちの同胞に対して策略を巡らし、私たちの先祖を苦しめて、幼子を捨てさせ、生かしておけないようにしました。

7:20 このようなときに、モーセが生まれたのです。彼は神の目にかなった、かわいらしい子で、三か月の間、父の家で育てられましたが、

7:21 ついに捨てられたのをパロの娘が拾い上げ、自分の子として育てたのです。

7:22 モーセはエジプト人のあらゆる学問を教え込まれ、ことばにもわざにも力がありました。

7:23 四十歳になったころ、モーセはその兄弟であるイスラエル人を、顧みる心を起こしました。

7:24 そして、同胞のひとりが虐待されているのを見て、その人をかばい、エジプト人を打ち倒して、乱暴されているその人の仕返しをしました。

7:25 彼は、自分の手によって神が兄弟たちに救いを与えようとしておられることを、みなが理解してくれるものと思っていましたが、彼らは理解しませんでした。

7:26 翌日彼は、兄弟たちが争っているところに現われ、和解させようとして、『あなたがたは、兄弟なのだ。それなのにどうしてお互いに傷つけ合っているのか。』と言いました。

7:27 すると、隣人を傷つけていた者が、モーセを押しのけてこう言いました。『だれがあなたを、私たちの支配者や裁判官にしたのか。

7:28 きのうエジプト人を殺したように、私も殺す気か。』

7:29 このことばを聞いたモーセは、逃げてミデアンの地に身を寄せ、そこで男の子ふたりをもうけました。

 

塚本訳1963

7:17 さて、神がアブラハムに約束された約束の時が近づくと、(イスラエルの)民はエジプトで、『増しかつふえた。』

7:18 ついに、『ヨセフのことを知らない、(新しい)ほかの王がエジプトに出た。』

7:19 この王はわたし達の』同族に向かって悪巧みをし、』先祖たちにみどり児を捨てさせ、これを』生かしておか』ないような『ひどいことをした。』

7:20 ちょうどこの時にモーセが生まれた。神の目にさえ『美しい』子であった。『三月のあいだ』父の家で育てられたが、

7:21 (隠しきれなくなって)捨てられたとき、『パロの王女が(見つけて)拾いあげ、自分の子として』育てた。

7:22 モーセはエジプト人の知恵を残るところなく教えこまれ、その言葉にも行いにも力があった。

7:23 四十歳になった時、『同胞イスラエルの子孫を』思う心がモーセに起こった。

7:24 それで(ある日、同胞の)一人が(エジプト人に)いじめられているのを見ると、その味方をし、『エジプト人を打ち殺して』虐待された者のために仕返しをした。

7:25 モーセは(この出来事によって、)神が彼の手で同胞を救おうとしておられることを、みなが悟るものと考えた。しかし彼らは悟らなかった。

7:26 翌日、二人の人が喧嘩をしているところにモーセが現われて、仲直りをさせようとして言った、『君たち、兄弟同士ではないか。なんで、なぐり合いをするのか。』

7:27 『隣の人をなぐっていた方の者が』モーセを突きのけて言った、』『だれが君をわれわれの司令官や裁判官にしたのか。

7:28 君はきのうあのエジプト人をやっつけたように、わたしをやっつけようと思っているのではあるまいね。』

7:29 この言葉を聞くとモーセは(恐ろしくなり、エジプトを)逃げ出して、ミデアンの地に身を寄せる者となり、』そこで(妻をめとって、)二人の男の子が生まれた。

 

口語訳1955

7:17 神がアブラハムに対して立てられた約束の時期が近づくにつれ、民はふえてエジプト全土にひろがった。

7:18 やがて、ヨセフのことを知らない別な王が、エジプトに起った。

7:19 この王は、わたしたちの同族に対し策略をめぐらして、先祖たちを虐待し、その幼な子らを生かしておかないように捨てさせた。

7:20 モーセが生れたのは、ちょうどこのころのことである。彼はまれに見る美しい子であった。三か月の間は、父の家で育てられたが、

7:21 そののち捨てられたのを、パロの娘が拾いあげて、自分の子として育てた。

7:22 モーセはエジプト人のあらゆる学問を教え込まれ、言葉にもわざにも、力があった。

7:23 四十歳になった時、モーセは自分の兄弟であるイスラエル人たちのために尽すことを、思い立った。

7:24 ところが、そのひとりがいじめられているのを見て、これをかばい、虐待されているその人のために、相手のエジプト人を撃って仕返しをした。

7:25 彼は、自分の手によって神が兄弟たちを救って下さることを、みんなが悟るものと思っていたが、実際はそれを悟らなかったのである。

7:26 翌日モーセは、彼らが争い合っているところに現れ、仲裁しようとして言った、『まて、君たちは兄弟同志ではないか。どうして互に傷つけ合っているのか』。

7:27 すると、仲間をいじめていた者が、モーセを突き飛ばして言った、『だれが、君をわれわれの支配者や裁判人にしたのか。

7:28 君は、きのう、エジプト人を殺したように、わたしも殺そうと思っているのか』。

7:29 モーセは、この言葉を聞いて逃げ、ミデアンの地に身を寄せ、そこで男の子ふたりをもうけた。

 

文語訳1917

"440717","かくて神のアブラハムに語り給ひし約束の時近づくに随ひて、民はエジプトに蕃えひろがり、"

"440718","ヨセフを知らぬ他の王、エジプトに起るに及べり。"

"440719","王は惡計をもて我らの同族にあたり、我らの先祖たちを苦しめて、其の嬰兒の生存ふる事なからんやう、之を棄つるに至らしめたり。"

"440720","その頃モーセ生れて甚うるはしくして三月のあいだ父の家に育てられ、"

"440721","遂に棄てられしを、パロの娘ひき上げて己が子として育てたり。"

"440722","かくてモーセはエジプト人の凡ての學術を教へられ、言と業とに能力あり。"

"440723","年齡四十になりたる時、おのが兄弟たるイスラエルの子孫を顧みる心おこり、"

"440724","一人の害はるるを見て之を護り、エジプト人を撃ちて、虐げらるる者の仇を復せり。"

"440725","彼は己の手によりて神が救を與へんとし給ふことを、兄弟たち悟りしならんと思いたるに、悟らざりき。"

"440726","翌日かれらの相爭ふところに現れて和睦を勸めて言ふ「人々よ、汝らは兄弟なるに、何ぞ互に害ふか」"

"440727","隣を害ふ者モーセを押退けて言ふ「誰が汝を立てて我らの司また審判人とせしぞ、"

"440728","昨日エジプト人を殺したる如く、我をも殺さんとするか」"

"440729","この言により、モーセ遁れてミデアンの地の寄寓人となり、彼處にて二人の子を儲けたり。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ピリ 2:12-13

2:12 わたしの愛する者たちよ。そういうわけだから、あなたがたがいつも従順であったように、わたしが一緒にいる時だけでなく、いない今は、いっそう従順でいて、恐れおののいて自分の救の達成に努めなさい。

2:13 あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 ヘブ 11:23

11:23 信仰によって、モーセは生まれてから三か月間、両親によって隠されました。その子の美しさを見、王の命令を恐れなかったからです。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口語訳 ヘブ 11:23-24

11:23 信仰によって、モーセの生れたとき、両親は、三か月のあいだ彼を隠した。それは、彼らが子供のうるわしいのを見たからである。彼らはまた、王の命令をも恐れなかった。

11:24 信仰によって、モーセは、成人したとき、パロの娘の子と言われることを拒み、

 

***************************************

 

 

 

 

 

****************************************

 モーセが神から命令を受ける

(使徒 7:30−34)

 

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

440730四十年たった時、シナイ山の荒野において、燃える柴の炎の中で、御使いがモーセに現れ、

440731モーセは、この光景を見て驚きました。近寄ってよく見ようとすると主の声が起こりました、

440732『私は、お前の父祖たちの神、アブラハム、イサク、ヤコブの神である』と。モーセは震え上がって、よく見る勇気もなかったのです。

440733すると、主が彼に言われました、『お前の足の皮ぞうりを脱ぎなさいお前の立っている場所は聖なる地である

440734私は、エジプトにいる私の民が虐待されているのを見きわめ、またその坤きを聞いたそこで、彼らを救い出すために降って来たのであるさあ、今すぐお前をエジプトに遣わそう』。

 

新共同訳1987

7:30 四十年たったとき、シナイ山に近い荒れ野において、柴の燃える炎の中で、天使がモーセの前に現れました。

7:31 モーセは、この光景を見て驚きました。もっとよく見ようとして近づくと、主の声が聞こえました。

7:32 『わたしは、あなたの先祖の神、アブラハム、イサク、ヤコブの神である』と。モーセは恐れおののいて、それ以上見ようとはしませんでした。

7:33 そのとき、主はこう仰せになりました。『履物を脱げ。あなたの立っている所は聖なる土地である。

7:34 わたしは、エジプトにいるわたしの民の不幸を確かに見届け、また、その嘆きを聞いたので、彼らを救うために降って来た。さあ、今あなたをエジプトに遣わそう。』

 

前田訳1978

7:30 四十年たったとき、シナイ山の荒野で、燃える柴の炎の中で天使がモーセに現われました。

7:31 モーセはこの光景を見ておどろき、よく見ようと近寄ると、主のお声がしました、

7:32 『われはなんじの先祖たちの神、アブラハムとイサクとヤコブの神』と。モーセはふるえて、よく見る勇気がありませんでした。

7:33 主は言われました、『足の靴をぬぎなさい。なんじの立つ所は聖なる地である。

7:34 わたしは、エジプトでわが民衆が虐待されるのを見、そのうめきを聞いて、彼らを救い出すために下ってきた。さあ、今行きなさい。わたしはなんじをエジプトへつかわそう』と。

 

新改訳1970

7:30 四十年たったとき、御使いが、モーセに、シナイ山の荒野で柴の燃える炎の中に現われました。

7:31 その光景を見たモーセは驚いて、それをよく見ようとして近寄ったとき、主の御声が聞こえました。

7:32 『わたしはあなたの先祖の神、アブラハム、イサク、ヤコブの神である。』そこで、モーセは震え上がり、見定める勇気もなくなりました。

7:33 すると、主は彼にこう言われたのです。『あなたの足のくつを脱ぎなさい。あなたの立っている所は聖なる地である。

7:34 わたしは、確かにエジプトにいるわたしの民の苦難を見、そのうめき声を聞いたので、彼らを救い出すために下って来た。さあ、行きなさい。わたしはあなたをエジプトに遣わそう。』

 

塚本訳1963

7:30 それから四十年たったとき、シナイ『山の荒野で、燃える茨の薮の焔の中で天使がモーセに現われた。』

7:31 モーセは見て、自分の目をうたがった。近寄ってよく見ようとすると、主の御声が聞こえてきた、

7:32 『『わたしはあなたの先祖の神、アブラハム、イサク、ヤコブの神(である)。』』モーセは震えて、よく見る勇気がなかった。

7:33 『すると主が彼に言われた、『足の靴をぬぎなさい。あなたが立っている場所は聖なる地である。

7:34 エジプトにおるわたしの民が虐待されるのをわたしは見きわめた。またその呻きを聞いた。そこで彼らを救い出すために(天から)下ってきたのだ。さあ、今すぐエジプトに行きなさい。』』

 

口語訳1955

7:30 四十年たった時、シナイ山の荒野において、御使が柴の燃える炎の中でモーセに現れた。

7:31 彼はこの光景を見て不思議に思い、それを見きわめるために近寄ったところ、主の声が聞えてきた、

7:32 『わたしは、あなたの先祖たちの神、アブラハム、イサク、ヤコブの神である』。モーセは恐れおののいて、もうそれを見る勇気もなくなった。

7:33 すると、主が彼に言われた、『あなたの足から、くつを脱ぎなさい。あなたの立っているこの場所は、聖なる地である。

7:34 わたしは、エジプトにいるわたしの民が虐待されている有様を確かに見とどけ、その苦悩のうめき声を聞いたので、彼らを救い出すために下ってきたのである。さあ、今あなたをエジプトにつかわそう』。

 

文語訳1917

"440730","四十年を歴て後シナイ山の荒野にて、御使、柴の焔のなかに現れたれば、"

"440731","モーセ之を見て視るところを怪しみ、認めんとして近づきしとき、主の聲あり。曰く、"

"440732","「我は汝の先祖たちの神、即ちアブラハム、イサク、ヤコブの神なり」モーセ戰慄き敢へて認むることを爲ず。"

"440733","主いひ給ふ「なんぢの足の鞋を脱げ、なんぢの立つところは聖なる地なり。"

"440734","我エジプトに居る我が民の苦難を見、その歎息をききて之を救はん爲に降れり。いで我なんぢをエジプトに遣さん」"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

 出エジプトと先祖たちの不信

(使徒 7:35−43)

 

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

440735このモーセを、人々は『誰がお前を立てて指導者や裁判官にしたのか』と言って拒絶したのでありましたが、この人を、神は柴の中で彼に現れた御使いの手によって指導者や解放者として遣わされたのです。

440736この人が、人々を導き出して、エジプトの地においても、紅海においても、また四十年間荒野においても、奇蹟と徴を行なったのです。

440737この人が、イスラエルの子らに『神は私を立てられたようにあなたたちの兄弟の中から、一人の頚言者を立てられるであろう』と言ったモーセなのです。

440738この人が、荒野の集会において、シナイ山で彼に語りかけた御使いと私たちの父祖との間にいた方であり、彼が活ける言葉を受けて、それを私たちに伝えてくれたのです。440739ところが、私たちの父祖たちは彼に従おうとせず、かえって彼を突きのけ、心の中でエジブトに転じ、

440740アロンに言いました、『私たちを導いてくれる神々を私たちのために造って下さい私たちをエジプトの地から導いてきたあのモーセがどうなったのかわからないからです』。

440741その頃、彼らは子牛を造って、この偶像に犠牲を献げ、自分の手で造ったものを祭って楽しんでいました。

440742そこで、神は背を向けて、彼らを天の星々を礼拝するにまかされました。それは、預言者の書に書いてある通りです。

イスラエルの家よ

お前たちは荒野にいた四十年の間、

私に生贄(いけにえ)や犠牲を献げたことがあったか

440743お前たちはモロクの幕屋やお前たちの神ライファンの星を担ぎ回った

それらは拝むために造った偶像にすぎない

だから、私はお前たちを

バビロンのかなたへ移すであろう

 

新共同訳1987

7:35 人々が、『だれが、お前を指導者や裁判官にしたのか』と言って拒んだこのモーセを、神は柴の中に現れた天使の手を通して、指導者また解放者としてお遣わしになったのです。

7:36 この人がエジプトの地でも紅海でも、また四十年の間、荒れ野でも、不思議な業としるしを行って人々を導き出しました。

7:37 このモーセがまた、イスラエルの子らにこう言いました。『神は、あなたがたの兄弟の中から、わたしのような預言者をあなたがたのために立てられる。』

7:38 この人が荒れ野の集会において、シナイ山で彼に語りかけた天使とわたしたちの先祖との間に立って、命の言葉を受け、わたしたちに伝えてくれたのです。

7:39 けれども、先祖たちはこの人に従おうとせず、彼を退け、エジプトをなつかしく思い、

7:40 アロンに言いました。『わたしたちの先に立って導いてくれる神々を造ってください。エジプトの地から導き出してくれたあのモーセの身の上に、何が起こったのか分からないからです。』

7:41 彼らが若い雄牛の像を造ったのはそのころで、この偶像にいけにえを献げ、自分たちの手で造ったものをまつって楽しんでいました。

7:42 そこで神は顔を背け、彼らが天の星を拝むままにしておかれました。それは預言者の書にこう書いてあるとおりです。『イスラエルの家よ、/お前たちは荒れ野にいた四十年の間、/わたしにいけにえと供え物を/献げたことがあったか。

7:43 お前たちは拝むために造った偶像、/モレクの御輿やお前たちの神ライファンの星を/担ぎ回ったのだ。だから、わたしはお前たちを/バビロンのかなたへ移住させる。』

 

前田訳1978

7:35 このモーセは、『だれが君を司や裁きびとにしたのか』といって拒絶された人でしたが、この人を神は、柴の中で彼に現われた天使の手によって、司また解放者としておつかわしでした。

7:36 この人がエジプトの地で、紅海で、また四十年、荒野で不思議や徴を行ないながら彼らを導き出したのです。

7:37 この人がイスラエルの子孫に、『神はあなた方の兄弟の中から、わたしのようなひとりの預言者をあなた方のためにお立てになる』といったモーセです。

7:38 この人が荒野の集会で、シナイ山で彼に語った天使とわれらの先祖とともにあり、あなた方に伝えるべき生きたみことばを授かったのです。

7:39 しかしわれらの先祖は彼に耳傾けようとせず、かえって彼を退け、心はエジプトに向かい、

7:40 アロンにいいました。『われらに先立ち行く神々を造ってください。エジプトからわれらを導き出したあのモーセは、どうなったかわかりませんから』と。

7:41 そのころ彼らは子牛を造り、その偶像にいけにえをささげ、自分らの手で造ったものを楽しんでいました。

7:42 それで神は彼らを離れ、彼らが天の星を拝むままになさいました。それは預言書にあるとおりです。『イスラエルの家よ、荒野での四十年の間、あなた方はわたしに供え物やいけにえをささげたことがあるか。

7:43 あなた方はモロクの幕屋やロンパの神の星をかついでいた。それらはあなた方が拝むために造った像ではないか。それで、わたしはあなた方をバビロンのかなたへ移そう』と。

 

新改訳1970

7:35 『だれがあなたを支配者や裁判官にしたのか。』と言って人々が拒んだこのモーセを、神は柴の中で彼に現われた御使いの手によって、支配者また解放者としてお遣わしになったのです。

7:36 この人が、彼らを導き出し、エジプトの地で、紅海で、また四十年間荒野で、不思議なわざとしるしを行ないました。

7:37 このモーセが、イスラエルの人々に、『神はあなたがたのために、私のようなひとりの預言者を、あなたがたの兄弟たちの中からお立てになる。』と言ったのです。

7:38 また、この人が、シナイ山で彼に語った御使いや私たちの先祖たちとともに、荒野の集会において、生けるみことばを授かり、あなたがたに与えたのです。

7:39 ところが、私たちの先祖たちは彼に従うことを好まず、かえって彼を退け、エジプトをなつかしく思って、

7:40 『私たちに、先立って行く神々を作ってください。私たちをエジプトの地から導き出したモーセは、どうなったのかわかりませんから。』とアロンに言いました。

7:41 そのころ彼らは子牛を作り、この偶像に供え物をささげ、彼らの手で作った物を楽しんでいました。

7:42 そこで、神は彼らに背を向け、彼らが天の星に仕えるままにされました。預言者たちの書に書いてあるとおりです。『イスラエルの家よ。あなたがたは荒野にいた四十年の間に、ほふられた獣と供え物とを、わたしにささげたことがあったか。

7:43 あなたがたは、モロクの幕屋とロンパの神の星をかついでいた。それらは、あなたがたが拝むために作った偶像ではないか。それゆえ、わたしは、あなたがたをバビロンのかなたへ移す。』

 

塚本訳1963

7:35 このモーセこそは、『だれが君を司令官や裁判官にしたのか』と言って拒絶された人であったが、この人を、神は茨の薮の中で彼に現われて天使の手をもって、(イスラエルの)司令官また解放者として(エジプトに)遣わされたのである。

7:36 この人が、『エジプトの地で、』紅海で、また『四十年のあいだ荒野で、』『不思議なことや徴を』行いながら、彼らをつれだしたのである。

7:37 この人が、イスラエルの子孫に、『神はあなた達の兄弟の中から、わたしのような一人の預言者をあなた達のために起こされる』と言ったモーセである。

7:38 この人が、荒野の集会において、シナイ山で彼に語った天使とわたし達の先祖との間の仲介者であり、(そこで)あなた達に伝えるべき生ける御言葉を(神から)授かった人である。

7:39 しかし先祖たちは彼の言うことを聞こうとせず、かえって彼をはねつけ、心は『エジプト(の偶像)にもどって、』

7:40 『アロンに言った、『どうかわたし達を導いてゆく神々を造ってください。エジプトの地からつれだしてくれたあのモーセは、(山にのぼって以来)消息がわからないから。』』

7:41 その時『彼らは(金の)子牛を造って』その偶像に『犠牲をささげ、』自分の手で造ったものを(おがんで)楽しんだ。

7:42 しかし神は彼らを見捨て、彼らが(まことの神の代りに)『天の星々を』おがむに任せられた。預言書に書いてあるとおりである。『イスラエルの人たちよ、あなた達が荒野の四十年のあいだに捧げた供え物や犠牲は、わたしにであっただろうか。(それは星々にではなかったか。)

7:43 あなた達はモロク(神)の幕屋や、ロンパ神の星など、自分で造った(神々の)像をかつぎまわって』おがんだではないか。『だからわたしは(罰として)あなた達を』バビロンの『向こうに移すであろう。』

 

口語訳1955

7:35 こうして、『だれが、君を支配者や裁判人にしたのか』と言って排斥されたこのモーセを、神は、柴の中で彼に現れた御使の手によって、支配者、解放者として、おつかわしになったのである。

7:36 この人が、人々を導き出して、エジプトの地においても、紅海においても、また四十年のあいだ荒野においても、奇跡としるしとを行ったのである。

7:37 この人が、イスラエル人たちに、『神はわたしをお立てになったように、あなたがたの兄弟たちの中から、ひとりの預言者をお立てになるであろう』と言ったモーセである。

7:38 この人が、シナイ山で、彼に語りかけた御使や先祖たちと共に、荒野における集会にいて、生ける御言葉を授かり、それをあなたがたに伝えたのである。

7:39 ところが、先祖たちは彼に従おうとはせず、かえって彼を退け、心の中でエジプトにあこがれて、

7:40 『わたしたちを導いてくれる神々を造って下さい。わたしたちをエジプトの地から導いてきたあのモーセがどうなったのか、わかりませんから』とアロンに言った。

7:41 そのころ、彼らは子牛の像を造り、その偶像に供え物をささげ、自分たちの手で造ったものを祭ってうち興じていた。

7:42 そこで、神は顔をそむけ、彼らを天の星を拝むままに任せられた。預言者の書にこう書いてあるとおりである、/『イスラエルの家よ、/四十年のあいだ荒野にいた時に、/いけにえと供え物とを、わたしにささげたことが/あったか。

7:43 あなたがたは、モロクの幕屋やロンパの星の神を、/かつぎ回った。それらは、拝むために自分で造った偶像に過ぎぬ。だからわたしは、あなたがたをバビロンのかなたへ、/移してしまうであろう』。

 

文語訳1917

"440735","斯く彼らが「誰が汝を立てて司また審判人とせしぞ」と言ひて拒みし此のモーセを、神は柴のなかに現れたる御使の手により、司また救人として遣し給へり。"

"440736","この人かれらを導き出し、エジプトの地にても、また紅海および四十年のあひだ荒野にても、不思議と徴とを行ひたり。"

"440737","イスラエルの子らに「神は汝らの兄弟の中より、我がごとき預言者を起し給はん」と云ひしは、此のモーセなり。"

"440738","彼はシナイ山にて語りし御使および我らの先祖たちと偕に荒野なる集會に在りて汝らに與へん爲に生ける御言を授りし人なり。"

"440739","然るに我らの先祖たちは此の人に從ふことを好まず、反つて之を押退け、その心エジプトに還りて、"

"440740","アロンに言ふ「我らに先だち往くべき神々を造れ、我らをエジプトの地より導き出しし、かのモーセの如何になりしかを知らざればなり」"

"440741","その頃かれら犢を造り、その偶像に犠牲をささげて己が手の所作を喜べり。"

"440742","爰に神は彼らを離れ、その天の軍勢に事ふるに任せ給へり。これは預言者たちの書に、「イスラエルの家よ、なんぢら荒野にて四十年の間、屠りし畜と犠牲とを我に獻げしや。"

"440743","汝らは拜せんとして造れる像、即ちモロクの幕屋と、神ロンパの星とを舁きたり。われ汝らをバビロンの彼方に移さん」、と録されたるが如し。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 使  5:12

5:12 使徒たちの手によって、多くのしるしと不思議な業とが民衆の間で行われた。一同は心を一つにしてソロモンの回廊に集まっていたが、

 

新共同 使  7:53

7:53 天使たちを通して律法を受けた者なのに、それを守りませんでした。」

 

新共同 ロマ 1:24

1:24 そこで神は、彼らが心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ、そのため、彼らは互いにその体を辱めました。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 11:26

11:26 こうして、イスラエル人は、すべて救われるであろう。すなわち、次のように書いてある、/「救う者がシオンからきて、/ヤコブから不信心を追い払うであろう。

 

口語訳 ガラ 3:19

3:19 それでは、律法はなんであるか。それは違反を促すため、あとから加えられたのであって、約束されていた子孫が来るまで存続するだけのものであり、かつ、天使たちをとおし、仲介者の手によって制定されたものにすぎない。

 

口語訳 ロマ 10:6-10

10:6 しかし、信仰による義は、こう言っている、「あなたは心のうちで、だれが天に上るであろうかと言うな」。それは、キリストを引き降ろすことである。

10:7 また、「だれが底知れぬ所に下るであろうかと言うな」。それは、キリストを死人の中から引き上げることである。

10:8 では、なんと言っているか。「言葉はあなたの近くにある。あなたの口にあり、心にある」。この言葉とは、わたしたちが宣べ伝えている信仰の言葉である。

10:9 すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

10:10 なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

 

口語訳 ロマ 1:24-28

1:24 ゆえに、神は、彼らが心の欲情にかられ、自分のからだを互にはずかしめて、汚すままに任せられた。

1:25 彼らは神の真理を変えて虚偽とし、創造者の代りに被造物を拝み、これに仕えたのである。創造者こそ永遠にほむべきものである、アァメン。

1:26 それゆえ、神は彼らを恥ずべき情欲に任せられた。すなわち、彼らの中の女は、その自然の関係を不自然なものに代え、

1:27 男もまた同じように女との自然の関係を捨てて、互にその情欲の炎を燃やし、男は男に対して恥ずべきことをなし、そしてその乱行の当然の報いを、身に受けたのである。

1:28 そして、彼らは神を認めることを正しいとしなかったので、神は彼らを正しからぬ思いにわたし、なすべからざる事をなすに任せられた。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 ヘブ 3:9-10

3:9 -10荒れ野であなたたちの先祖は/わたしを試み、験し、/四十年の間わたしの業を見た。だから、わたしは、その時代の者たちに対して/憤ってこう言った。『彼らはいつも心が迷っており、/わたしの道を認めなかった。』

3:11 そのため、わたしは怒って誓った。『彼らを決してわたしの安息に/あずからせはしない』と。」

 

新共同 ヘブ 8:9

8:9 『それは、わたしが彼らの先祖の手を取って、/エジプトの地から導き出した日に、/彼らと結んだ契約のようなものではない。彼らはわたしの契約に忠実でなかったので、/わたしも彼らを顧みなかった』と、/主は言われる。

 

新共同 ロマ 3:2

3:2 それはあらゆる面からいろいろ指摘できます。まず、彼らは神の言葉をゆだねられたのです。

 

新共同 ヘブ 4:12

4:12 というのは、神の言葉は生きており、力を発揮し、どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通して、心の思いや考えを見分けることができるからです。

 

新共同 Tペテ4:11

4:11 語る者は、神の言葉を語るにふさわしく語りなさい。奉仕をする人は、神がお与えになった力に応じて奉仕しなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して、神が栄光をお受けになるためです。栄光と力とが、世々限りなく神にありますように、アーメン。

 

新共同 黙  9:20

9:20 これらの災いに遭っても殺されずに残った人間は、自分の手で造ったものについて悔い改めず、なおも、悪霊どもや、金、銀、銅、石、木それぞれで造った偶像を礼拝することをやめなかった。このような偶像は、見ることも、聞くことも、歩くこともできないものである。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口語訳 ガラ 3:19

3:19 それでは、律法はなんであるか。それは違反を促すため、あとから加えられたのであって、約束されていた子孫が来るまで存続するだけのものであり、かつ、天使たちをとおし、仲介者の手によって制定されたものにすぎない。

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

神は宮にお住みにならない

(使徒 7:44−50)

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

440744われらの父祖には、荒野に証しの幕屋がありました。それは、見たままの形に従って造るようにとモーセに語られた方が命令された通りのものでした。

440745われらの父祖はこれを受け継ぎ、ヨシュアに導かれ、神がわれらの父祖の面前から追い払われた異邦人の土地を占領する時、これを持ち込んで、ダビデの時代に至ったのです。

440746ダビデは神の前に恵みを受け、ヤコブの家のために住まいを見いだすことを願ったのですが、

440747神のために家を建てたのはソロモンでした。

440748しかし、いと高き者は手で造ったものの中には住まわれない。それは、預言者が言っている通りであります。

440749主が言われる

天は私の王座

地は私の足台

どんな家を私のために建てるのか

どこが私の憩いの場所か

440750このすべては、私の手が造ったものではないか』。

 

新共同訳1987

7:44 わたしたちの先祖には、荒れ野に証しの幕屋がありました。これは、見たままの形に造るようにとモーセに言われた方のお命じになったとおりのものでした。

7:45 この幕屋は、それを受け継いだ先祖たちが、ヨシュアに導かれ、目の前から神が追い払ってくださった異邦人の土地を占領するとき、運び込んだもので、ダビデの時代までそこにありました。

7:46 ダビデは神の御心に適い、ヤコブの家のために神の住まいが欲しいと願っていましたが、

7:47 神のために家を建てたのはソロモンでした。

7:48 けれども、いと高き方は人の手で造ったようなものにはお住みになりません。これは、預言者も言っているとおりです。

7:49 『主は言われる。「天はわたしの王座、/地はわたしの足台。お前たちは、わたしに/どんな家を建ててくれると言うのか。わたしの憩う場所はどこにあるのか。

7:50 これらはすべて、/わたしの手が造ったものではないか。」』

 

前田訳1978

7:44 われらの先祖には荒野で証の幕屋がありました。それは見た型によって造るようモーセに語った方がお命じのとおりのものでした。

7:45 この幕屋をわれらの先祖は受け継ぎ、ヨシュアとともに異邦人の領地に持ち込みました。神が彼らを先祖の前から追放なさったのです。かくてダビデの時代に至りました。

7:46 ダビデは神の前に恵みを受け、ヤコブの神のために住まいをそなえたいと願いました。

7:47 それでソロモンが神のために家を建てました。

7:48 しかしいと高き方は手で造ったものの中にはお住みになりません。預言者がいうとおりです、

7:49 『主はのたもう、天はわが王座、地はわが足台。あなた方はどんな家をわたしに建ててくれるのか。どこがわたしの休み場か。

7:50 これらはすべてわが手が造ったのではないか』と。

 

新改訳1970

7:44 私たちの先祖のためには、荒野にあかしの幕屋がありました。それは、見たとおりの形に造れとモーセに言われた方の命令どおりに、造られていました。

7:45 私たちの先祖は、この幕屋を次々に受け継いで、神が先祖たちの前から異邦人を追い払い、その領土を取らせてくださったときには、ヨシュアとともにそれを運び入れ、ついにダビデの時代となりました。

7:46 ダビデは神の前に恵みをいただき、ヤコブの神のために御住まいを得たいと願い求めました。

7:47 けれども、神のために家を建てたのはソロモンでした。

7:48 しかし、いと高き方は、手で造った家にはお住みになりません。預言者が語っているとおりです。

7:49 『主は言われる。天はわたしの王座、地はわたしの足の足台である。あなたがたは、どのような家をわたしのために建てようとするのか。わたしの休む所とは、どこか。

7:50 わたしの手が、これらのものをみな、造ったのではないか。』

 

塚本訳1963

7:44 わたし達の先祖は荒野において『証しの幕屋』をもっていた。これは『モーセに、(シナイ山で)見た型をまねて造るようにと語ったお方が』言いつけられたとおり(のもので、ここでこのお方はイスラエルの民に語られるの)であった。

7:45 この幕屋を先祖は受け継ぎ、神が異教人を先祖の前から追い払ってくださったので、その『領土(カナン)を占領した時には、』ヨシュアと共にそれを持ち込み、ダビデ(王)の時代に至った。

7:46 ダビデは神の寵愛を受けたので、『ヤコブの神のために住いを造ることを』神に願ったが、

7:47 (実際に)『その家を建てたのは(子の)ソロモン(王)であった。

7:48 しかし(それは御心にそむいたことで、)いと高きお方は(偶像とちがい、人間の)手で造ったものの中にはお住みにならない。預言者(イザヤ)が言うとおりである。

7:49 『主は言われる、『天はわたしの御座、地はわたしの足台であるのに、どんな家をわたしに建ててくれるのか、どこがわたしの憩いの場所か。

7:50 これらは何もかもわたしの手で造ったもの』ではないのか。』

 

口語訳1955

7:44 わたしたちの先祖には、荒野にあかしの幕屋があった。それは、見たままの型にしたがって造るようにと、モーセに語ったかたのご命令どおりに造ったものである。

7:45 この幕屋は、わたしたちの先祖が、ヨシュアに率いられ、神によって諸民族を彼らの前から追い払い、その所領をのり取ったときに、そこに持ち込まれ、次々に受け継がれて、ダビデの時代に及んだものである。

7:46 ダビデは、神の恵みをこうむり、そして、ヤコブの神のために宮を造営したいと願った。

7:47 けれども、じっさいにその宮を建てたのは、ソロモンであった。

7:48 しかし、いと高き者は、手で造った家の内にはお住みにならない。預言者が言っているとおりである、

7:49 『主が仰せられる、/どんな家をわたしのために建てるのか。わたしのいこいの場所は、どれか。天はわたしの王座、/地はわたしの足台である。

7:50 これは皆わたしの手が造ったものではないか』。

 

文語訳1917

"440744","我らの先祖たちは荒野にて證の幕屋を有てり、モーセに語り給ひし者の、彼が見し式に循ひて造れと命じ給ひしままなり。"

"440745","我らの先祖たちは之を承け繼ぎ、先祖たちの前より神の逐ひいだし給ひし異邦人の領地を納めし時、ヨシユアとともに携へ來りてダビデの日に及べり。"

"440746","ダビデ神の前に恩惠を得て、ヤコブの神のために住處を設けんと求めたり。"

"440747","而して、その家を建てたるはソロモンなりき。"

"440748","されど至高者は手にて造れる所に住み給はず、即ち預言者の、"

"440749","「主のたまはく、天は我が座位、地は我が足臺なり。汝等わが爲に如何なる家をか建てん、わが休息のところは何處なるぞ。"

"440750","わが手は凡て此等の物を造りしにあらずや」、と云へるが如し。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 9:5

9:5 また父祖たちも彼らのものであり、肉によればキリストもまた彼らから出られたのである。万物の上にいます神は、永遠にほむべきかな、アァメン。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 ヘブ 4:8

4:8 もしヨシュアが彼らに安息を与えたとするのなら、神は後になって他の日について語られることはなかったでしょう。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口語訳 ヘブ 8:5

8:5 彼らは、天にある聖所のひな型と影とに仕えている者にすぎない。それについては、モーセが幕屋を建てようとしたとき、御告げを受け、「山で示された型どおりに、注意してそのいっさいを作りなさい」と言われたのである。

 

口語訳 ヘブ 9:11

9:11 しかしキリストがすでに現れた祝福の大祭司としてこられたとき、手で造られず、この世界に属さない、さらに大きく、完全な幕屋をとおり、

 

口語訳 ヘブ 9:24

9:24 ところが、キリストは、ほんとうのものの模型にすぎない、手で造った聖所にはいらないで、上なる天にはいり、今やわたしたちのために神のみまえに出て下さったのである。

 

****************************************

 

 

 

 

 

 

****************************************

聖霊に逆らう人たちよ!

(使徒 7:51−53)

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

440751強情で心にも耳にも割礼を受けていない人たちよ。あなたたちは、いつも聖霊に逆らっています。あなたたちの父祖と同じように、あなたたちもそうなのです。

440752あなたたちの父祖が迫害しなかった預言者が、一人でもいたでしょうか。彼らは、義なる方の来臨を予告した人たちを殺し、今あなたたちはその方を裏切る者、殺す者となりました。

440753あなたたちは、御使いたちの指図によって律法を受けたのに、それを守ることをしなかったのです」。

 

新共同訳1987

7:51 かたくなで、心と耳に割礼を受けていない人たち、あなたがたは、いつも聖霊に逆らっています。あなたがたの先祖が逆らったように、あなたがたもそうしているのです。

7:52 いったい、あなたがたの先祖が迫害しなかった預言者が、一人でもいたでしょうか。彼らは、正しい方が来られることを預言した人々を殺しました。そして今や、あなたがたがその方を裏切る者、殺す者となった。

7:53 天使たちを通して律法を受けた者なのに、それを守りませんでした。」

 

前田訳1978

7:51 頑で、心にも耳にも割礼のない人たち、あなた方はいつも聖霊に逆らっています。先祖のようにあなた方もそうです。

7:52 あなた方の先祖が迫害しなかった預言者がひとりでもありましたか。彼らは正しい方の来臨を予告した人々を殺し、今あなた方はその方の裏切りもの、殺し手になりました。

7:53 あなた方は天使の指図で律法を受けましたが、それを守りませんでした」と。

 

新改訳1970

7:51 かたくなで、心と耳とに割礼を受けていない人たち。あなたがたは、先祖たちと同様に、いつも聖霊に逆らっているのです。

7:52 あなたがたの先祖が迫害しなかった預言者がだれかあったでしょうか。彼らは、正しい方が来られることを前もって宣べた人たちを殺したが、今はあなたがたが、この正しい方を裏切る者、殺す者となりました。

7:53 あなたがたは、御使いたちによって定められた律法を受けたが、それを守ったことはありません。」

 

塚本訳1963

7:51 『頑固な、』心も耳も割礼も受けていない人たち!』あなた達はいつも『聖霊に逆らってばかりいる、』先祖と同じにあなた達も。

7:52 先祖が迫害しなかった預言者が、一人でもあったというのか。先祖は正しい人(イエス)の来ることを予告した人たちを殺し、今(その正しい人が来ると、)あなた達は彼を裏切り、殺す者となった。

7:53 (不思議はない。)天使たちの命令(でモーセ)によって定められた律法を戴きながら、それを守らなかったあなた達のことだから!」

 

口語訳1955

7:51 ああ、強情で、心にも耳にも割礼のない人たちよ。あなたがたは、いつも聖霊に逆らっている。それは、あなたがたの先祖たちと同じである。

7:52 いったい、あなたがたの先祖が迫害しなかった預言者が、ひとりでもいたか。彼らは正しいかたの来ることを予告した人たちを殺し、今やあなたがたは、その正しいかたを裏切る者、また殺す者となった。

7:53 あなたがたは、御使たちによって伝えられた律法を受けたのに、それを守ることをしなかった」。

 

文語訳1917

"440751","項強くして心と耳とに割禮なき者よ、汝らは常に聖靈に逆ふ、その先祖たちのごとく汝らも然り。"

"440752","汝らの先祖たちは預言者のうちの誰をか迫害せざりし。彼らは義人の來るを預じめ告げし者を殺し、汝らは今この義人を賣り、かつ殺す者となれり。"

"440753","なんぢら、御使いたちの傳へし律法を受けて、尚これを守らざりき』"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マタ 5:12

5:12 喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 2:25

2:25 もし、あなたが律法を行うなら、なるほど、割礼は役に立とう。しかし、もし律法を犯すなら、あなたの割礼は無割礼となってしまう。

 

口語訳 Tテサ2:15

2:15 ユダヤ人たちは主イエスと預言者たちとを殺し、わたしたちを迫害し、神を喜ばせず、すべての人に逆らい、

 

口語訳 ロマ 5:1

5:1 このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている。

 

口語訳 Tコリ1:30

1:30 あなたがたがキリスト・イエスにあるのは、神によるのである。キリストは神に立てられて、わたしたちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである。

 

口語訳 ガラ 3:19

3:19 それでは、律法はなんであるか。それは違反を促すため、あとから加えられたのであって、約束されていた子孫が来るまで存続するだけのものであり、かつ、天使たちをとおし、仲介者の手によって制定されたものにすぎない。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 Tヨハ2:1

2:1 わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。

 

新共同 Uテモ3:4

3:4 人を裏切り、軽率になり、思い上がり、神よりも快楽を愛し、

 

新共同 ガラ 3:19

3:19 では、律法とはいったい何か。律法は、約束を与えられたあの子孫が来られるときまで、違犯を明らかにするために付け加えられたもので、天使たちを通し、仲介者の手を経て制定されたものです。

 

新共同 ヘブ 2:2

2:2 もし、天使たちを通して語られた言葉が効力を発し、すべての違犯や不従順が当然な罰を受けたとするならば、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

 使徒 7:54−60

ステパノの殉教

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

440754これを聞いた人々は、心の中で激しく怒り、ステファノに向かって歯ぎしりをした。440755しかし、彼は聖霊に満たされ、天をじっと見詰め、天の栄光と神の右に立っておられるイエスを見て、言った、

440756「ああ、私には、天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見える」。

440757すると、人々は大声で叫びながら、耳をふさぎ、彼にいっせいに襲いかかり、

440758彼を町の外に引き出し、石で打った。そして、証人たちは彼らの上着をサウロという青年の足もとに置いた。

440759こうして、彼らはステファノを石打ち刑に処したのであるが、この時彼は〔主に〕呼びかけて、言った、「主よ、私の霊をお受け下さい」。

440760それから、ひざまずいて、大声で叫んだ、「主よ、どうぞこの罪を彼らに負わせないで下さい」。こう言って、彼は眠りについた。

 

新共同訳1987

7:54 人々はこれを聞いて激しく怒り、ステファノに向かって歯ぎしりした。

7:55 ステファノは聖霊に満たされ、天を見つめ、神の栄光と神の右に立っておられるイエスとを見て、

7:56 「天が開いて、人の子が神の右に立っておられるのが見える」と言った。

7:57 人々は大声で叫びながら耳を手でふさぎ、ステファノ目がけて一斉に襲いかかり、

7:58 都の外に引きずり出して石を投げ始めた。証人たちは、自分の着ている物をサウロという若者の足もとに置いた。

7:59 人々が石を投げつけている間、ステファノは主に呼びかけて、「主イエスよ、わたしの霊をお受けください」と言った。

7:60 それから、ひざまずいて、「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」と大声で叫んだ。ステファノはこう言って、眠りについた。

 

前田訳1978

7:54 これを聞いて人々は心から怒り、ステパノに向かって歯ぎしりした。

7:55 彼は聖霊に満ち、天を見つめ、神の栄光と神の右にお立ちのイエスが見えると、

7:56 こういった、「見よ、天が開けて、人の子が神の右にお立ちなのが見えます」と。

7:57 人々は大声で叫びつつ耳をふさぎ、いっせいに彼めがけて押しかけ、

7:58 彼を町の外に追い出して石を投げつけた。目撃者たちは自らの上着をサウロという若者の足もとに置いた。

7:59 彼らが石を投げつけていると、ステパノは祈りつづけていった、「主イエス、わが霊をお受けください」と。

7:60 そしてひざまずいて大声で叫んだ、「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」と。こういって彼は眠りについた。

 

新改訳1970

7:54 人々はこれを聞いて、はらわたが煮え返る思いで、ステパノに向かって歯ぎしりした。

7:55 しかし、聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを見て、

7:56 こう言った。「見なさい。天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます。」

7:57 人々は大声で叫びながら、耳をおおい、いっせいにステパノに殺到した。

7:58 そして彼を町の外に追い出して、石で打ち殺した。証人たちは、自分たちの着物をサウロという青年の足もとに置いた。

7:59 こうして彼らがステパノに石を投げつけていると、ステパノは主を呼んで、こう言った。「主イエスよ。私の霊をお受けください。」

7:60 そして、ひざまずいて、大声でこう叫んだ。「主よ。この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、眠りについた。

 

塚本訳1963

7:54 これを聞いて(法院にいた)人々は怒り心頭に発し、ステパノに向かって歯ぎしりした。

7:55 しかしステパノは聖霊に満ちて天をじっと見つめ、神の栄光と神の右に立っておられるイエスとを見ると、

7:56 「おお、天が開けた、人の子が見える、神の右に立っておられる!」と言った。

7:57 すると彼らは大声で叫び、(冒涜の言葉を聞くまいとして)耳をふさぎ、一せいに襲いかかって、

7:58 彼を町の外に突き出し、石で打ち殺した。証人たちはぬいだ上着をサウロという青年の足下に置い(て、番をさせ)た。

7:59 ステパノは打ち殺されながら、イエスの名を呼んで、「主イエス様、わたしの霊をお受けください」と祈り、

7:60 それからひざまずいて、大声で叫んだ、「主よ、どうぞこの罪をこの人たちに負わせないでください!」こう言って、彼は眠りについた。

 

口語訳1955

7:54 人々はこれを聞いて、心の底から激しく怒り、ステパノにむかって、歯ぎしりをした。

7:55 しかし、彼は聖霊に満たされて、天を見つめていると、神の栄光が現れ、イエスが神の右に立っておられるのが見えた。

7:56 そこで、彼は「ああ、天が開けて、人の子が神の右に立っておいでになるのが見える」と言った。

7:57 人々は大声で叫びながら、耳をおおい、ステパノを目がけて、いっせいに殺到し、

7:58 彼を市外に引き出して、石で打った。これに立ち合った人たちは、自分の上着を脱いで、サウロという若者の足もとに置いた。

7:59 こうして、彼らがステパノに石を投げつけている間、ステパノは祈りつづけて言った、「主イエスよ、わたしの霊をお受け下さい」。

7:60 そして、ひざまずいて、大声で叫んだ、「主よ、どうぞ、この罪を彼らに負わせないで下さい」。こう言って、彼は眠りについた。

 

文語訳1917

"440754","人々これらの言を聞きて、心いかりに滿ち切齒しつつステパノに向ふ。"

"440755","ステパノは聖靈にて滿ち、天に目を注ぎ、神の榮光およびイエスの神の右に立ちたまふを見て言ふ、"

"440756","『視よ、われ天開けて人の子の神の右に立ち給ふを見る』"

"440757","ここに彼ら大聲に叫びつつ、耳を掩ひ心を一つにして驅け寄り、"

"440758","ステパノを町より逐ひいだし、石にて撃てり。證人らその衣をサウロといふ若者の足下に置けり。"

"440759","かくて彼等がステパノを石にて撃てるとき、ステパノ呼びて言ふ『主イエスよ、我が靈を受けたまへ』"

"440760","また跪づきて大聲に『主よ、この罪を彼らの負はせ給ふな』と呼はる。斯く言ひて眠に就けり。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マタ 26:64

26:64 イエスは言われた。「それは、あなたが言ったことです。しかし、わたしは言っておく。あなたたちはやがて、/人の子が全能の神の右に座り、/天の雲に乗って来るのを見る。」

 

新共同 使  10:11

10:11 天が開き、大きな布のような入れ物が、四隅でつるされて、地上に下りて来るのを見た。

 

新共同 ルカ 23:46

23:46 イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 Tコリ1:3

1:3 わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

 

口語訳 ロマ 9:5

9:5 また父祖たちも彼らのものであり、肉によればキリストもまた彼らから出られたのである。万物の上にいます神は、永遠にほむべきかな、アァメン。

 

口語訳 ピリ 1:23

1:23 わたしは、これら二つのものの間に板ばさみになっている。わたしの願いを言えば、この世を去ってキリストと共にいることであり、実は、その方がはるかに望ましい。

 

口語訳 Tコリ11:30

11:30 あなたがたの中に、弱い者や病人が大ぜいおり、また眠った者も少なくないのは、そのためである。

 

口語訳 Tテサ4:13-14

4:13 兄弟たちよ。眠っている人々については、無知でいてもらいたくない。望みを持たない外の人々のように、あなたがたが悲しむことのないためである。

4:14 わたしたちが信じているように、イエスが死んで復活されたからには、同様に神はイエスにあって眠っている人々をも、イエスと一緒に導き出して下さるであろう。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 ロマ 8:34

8:34 だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。

 

新共同 エペ 1:20

1:20 神は、この力をキリストに働かせて、キリストを死者の中から復活させ、天において御自分の右の座に着かせ、

 

新共同 コロ 3:1

3:1 さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右の座に着いておられます。

 

新共同 ヘブ 1:3

1:3 御子は、神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れであって、万物を御自分の力ある言葉によって支えておられますが、人々の罪を清められた後、天の高い所におられる大いなる方の右の座にお着きになりました。

 

新共同 黙  14:14

14:14 また、わたしが見ていると、見よ、白い雲が現れて、人の子のような方がその雲の上に座っており、頭には金の冠をかぶり、手には鋭い鎌を持っておられた。

 

新共同 Tコリ11:30

11:30 そのため、あなたがたの間に弱い者や病人がたくさんおり、多くの者が死んだのです。

 

新共同 Tコリ15:6

15:6 次いで、五百人以上もの兄弟たちに同時に現れました。そのうちの何人かは既に眠りについたにしろ、大部分は今なお生き残っています。

 

新共同 Tコリ15:18-20

15:18 そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。

15:19 この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。

15:20 しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。

 

新共同 Tテサ4:13-15

4:13 兄弟たち、既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい。

4:14 イエスが死んで復活されたと、わたしたちは信じています。神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。

4:15 主の言葉に基づいて次のことを伝えます。主が来られる日まで生き残るわたしたちが、眠りについた人たちより先になることは、決してありません。

 

新共同 Uペテ3:4

3:4 こう言います。「主が来るという約束は、いったいどうなったのだ。父たちが死んでこのかた、世の中のことは、天地創造の初めから何一つ変わらないではないか。」

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口語訳 ガラ 6:13

6:13 事実、割礼のあるもの自身が律法を守らず、ただ、あなたがたの肉について誇りたいために、割礼を受けさせようとしているのである。

 

口語訳 ヘブ 13:12

13:12 だから、イエスもまた、ご自分の血で民をきよめるために、門の外で苦難を受けられたのである。

 

口語訳 ガラ 1:13

1:13 ユダヤ教を信じていたころのわたしの行動については、あなたがたはすでによく聞いている。すなわち、わたしは激しく神の教会を迫害し、また荒しまわっていた。

 

****************************************