****************************************

 使徒 21:1−6

コス――ロドス――パタラ――ツロ――強いて出発

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

442101さて、私たちは彼らから身を引き離して船出し、コス〔島〕に直航した。そして、

翌日ロドス〔島〕に着き、そこからパタラに渡った。

442102そこで、フェニキア行きの船を見つけ、それに乗って出航した。

442103やがて、キュプロス〔島〕が見えて来たが、それを左に通り過ぎ、シリア〔州〕に向かって航海を続け、テュロスに入港した。この船はここで積荷を降ろすことになっていたのである。

442104私たちは弟子たちを探し出して、そこに七日間滞在した。彼らは霊によって、パウロにエルサレムにのぼってはいけないと言った。

442105しかし、滞在期間が終ると、私たちはそこを出て、旅発った。皆の者は、妻や子と共に、町はずれまで私たちを見送って来た。そして、浜辺で共にひざまずいて祈り、

442106互いに別れを告げた。それから、私たちは船に乗り込み、彼らは自分の家に帰って行った。

 

新共同訳1987

21:1 わたしたちは人々に別れを告げて船出し、コス島に直航した。翌日ロドス島に着き、そこからパタラに渡り、

21:2 フェニキアに行く船を見つけたので、それに乗って出発した。

21:3 やがてキプロス島が見えてきたが、それを左にして通り過ぎ、シリア州に向かって船旅を続けてティルスの港に着いた。ここで船は、荷物を陸揚げすることになっていたのである。

21:4 わたしたちは弟子たちを探し出して、そこに七日間泊まった。彼らは“霊”に動かされ、エルサレムへ行かないようにと、パウロに繰り返して言った。

21:5 しかし、滞在期間が過ぎたとき、わたしたちはそこを去って旅を続けることにした。彼らは皆、妻や子供を連れて、町外れまで見送りに来てくれた。そして、共に浜辺にひざまずいて祈り、

21:6 互いに別れの挨拶を交わし、わたしたちは船に乗り込み、彼らは自分の家に戻って行った。

 

前田訳1978

21:1 彼らと無理に別れてわれらは船出し、コスに直行し、翌日ロドスに、それからパタラに着いた。

21:2 そこでフェニキア行きの船を見つけたので、それに乗って船出した。

21:3 キプロスが見えたが、それを左にしたままシリアに向かって船旅をし、ツロに上陸した。そこで船が積荷をおろすことになっていたからである。

21:4 弟子たちを見つけ出して、われらはそこに七日滞在した。彼らは、み霊に示されて、パウロにエルサレムに上らぬよう、いいつづけた。

21:5 しかし、滞在の日が過ぎると、われらは出かけて歩きはじめた。皆は妻子とともにわれらを町はずれまで見送りに来た。われらは海岸にひざまずいて祈り、

21:6 互いに別れを惜しんだ。そしてわれらは船に乗り、彼らは家に帰った。

 

新改訳1970

21:1 私たちは彼らと別れて出帆し、コスに直航し、翌日ロドスに着き、そこからパタラに渡った。

21:2 そこにはフェニキヤ行きの船があったので、それに乗って出帆した。

21:3 やがてキプロスが見えて来たが、それを左にして、シリヤに向かって航海を続け、ツロに上陸した。ここで船荷を降ろすことになっていたからである。

21:4 私たちは弟子たちを見つけ出して、そこに七日間滞在した。彼らは、御霊に示されて、エルサレムに上らぬようにと、しきりにパウロに忠告した。

21:5 しかし、滞在の日数が尽きると、私たちはそこを出て、旅を続けることにした。彼らはみな、妻や子どももいっしょに、町はずれまで私たちを送って来た。そして、ともに海岸にひざまずいて祈ってから、私たちは互いに別れを告げた。

21:6 それから私たちは船に乗り込み、彼らは家へ帰って行った。

 

塚本訳1963

21:1 わたし達(一八節マデノ「ワタシ達記録」ノ記者ヲ含ムパウロ一行)は(やっと)彼らを振り切って船出して、まっすぐに進んでコスに、次の日ロドスに、そこからパタラ(港)に着いた。

21:2 そこで(折よく)ピニケへ直航の船を見つけたので、それに乗って船出した。

21:3 クプロ(島)が見えたが、それを左手にしたままシリヤへの船路をつづけ、ツロで上陸した。その船はそこへ積荷をおろすことになっていた。

21:4 わたし達は(その間に主の)弟子たちをさがし出し、そこに七日滞在した。彼らは御霊に示されてパウロに、エルサレムに上ってはいけないとくりかえし言った。

21:5 しかし(忠告に従わず、七日の)日が過ぎてわたし達が旅立つと、皆が妻子をつれて町外れまで見送りに来た。わたし達は海岸にひざまずいて祈り、

21:6 互に別れを惜しんだ。それからわたし達は船に乗り、その人たちは家に帰った。

 

口語訳1955

21:1 さて、わたしたちは人々と別れて船出してから、コスに直航し、次の日はロドスに、そこからパタラに着いた。

21:2 ここでピニケ行きの舟を見つけたので、それに乗り込んで出帆した。

21:3 やがてクプロが見えてきたが、それを左手にして通りすぎ、シリヤへ航行をつづけ、ツロに入港した。ここで積荷が陸上げされることになっていたからである。

21:4 わたしたちは、弟子たちを捜し出して、そこに七日間泊まった。ところが彼らは、御霊の示しを受けて、エルサレムには上って行かないようにと、しきりにパウロに注意した。

21:5 しかし、滞在期間が終った時、わたしたちはまた旅立つことにしたので、みんなの者は、妻や子供を引き連れて、町はずれまで、わたしたちを見送りにきてくれた。そこで、共に海岸にひざまずいて祈り、

21:6 互に別れを告げた。それから、わたしたちは舟に乗り込み、彼らはそれぞれ自分の家に帰った。

 

文語訳1917

"442101","ここに我ら人々と別れて船出をなし、眞直にはせてコスに到り、次の日ロドスにつき、彼處よりパタラにわたる。"

"442102","此の處にてペニケにゆく船に遇ひ、これに乘りて船出す。"

"442103","クプロを望み、之を左にして過ぎ、シリヤに向ひて進み、ツロに著きたり、此處にて船荷を卸さんとすればなり。"

"442104","かくて弟子たちに尋ね逢ひて七日留れり。かれら御靈によりてパウロに、エルサレムに上るまじき事を云へり。"

"442105","然るに我ら七日終りて後、いでて旅立ちたれば、彼等みな妻子とともに町の外まで送りきたり、諸共に濱邊に跪づきて祈り、"

"442106","相互に別を告げて我らは船に乘り、彼らは家に歸れり。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 使  16:10

16:10 パウロがこの幻を見たとき、わたしたちはすぐにマケドニアへ向けて出発することにした。マケドニア人に福音を告げ知らせるために、神がわたしたちを召されているのだと、確信するに至ったからである。

 

新共同 使  11:19

11:19 ステファノの事件をきっかけにして起こった迫害のために散らされた人々は、フェニキア、キプロス、アンティオキアまで行ったが、ユダヤ人以外のだれにも御言葉を語らなかった。

 

新共同 使  20:3

20:3 そこで三か月を過ごした。パウロは、シリア州に向かって船出しようとしていたとき、彼に対するユダヤ人の陰謀があったので、マケドニア州を通って帰ることにした。

 

新共同 使  20:6

20:6 わたしたちは、除酵祭の後フィリピから船出し、五日でトロアスに来て彼らと落ち合い、七日間そこに滞在した。

 

新共同 使  10:19

10:19 ペトロがなおも幻について考え込んでいると、"霊"がこう言った。「三人の者があなたを探しに来ている。

 

新共同 使  15:3

15:3 さて、一行は教会の人々から送り出されて、フェニキアとサマリア地方を通り、道すがら、兄弟たちに異邦人が改宗した次第を詳しく伝え、皆を大いに喜ばせた。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

 使徒 21:7−9

トレマイ――カイザリヤ――伝道者ピリポの家に泊まる

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

442107私たちはテュロスから航海を続け、プトレマイスに着き、兄弟たちに挨拶をして、一日彼らのもとに滞在した。

442108翌日、ここを発って、カイサリアに行き、かの七人の一人、宣教者フィリッポスの家に入り、ここに泊った。

442109この人には四人の娘がいたが、いずれも処女で、預言をしていた。

 

新共同訳1987

21:7 わたしたちは、ティルスから航海を続けてプトレマイスに着き、兄弟たちに挨拶して、彼らのところで一日を過ごした。

21:8 翌日そこをたってカイサリアに赴き、例の七人の一人である福音宣教者フィリポの家に行き、そこに泊まった。

21:9 この人には預言をする四人の未婚の娘がいた。

 

前田訳1978

21:7 われらはツロからの航海を終えてプトレマイスに着き、兄弟たちにあいさつしてから、一日彼らのところに泊まった。

21:8 翌日そこを発ってカイサリアに行き、七人の一人である伝道者ピリポの家に入って泊まった。

21:9 彼に四人の娘があり、預言するおとめたちであった。

 

新改訳1970

21:7 私たちはツロからの航海を終えて、トレマイに着いた。そこの兄弟たちにあいさつをして、彼らのところに一日滞在した。

21:8 翌日そこを立って、カイザリヤに着き、あの七人のひとりである伝道者ピリポの家にはいって、そこに滞在した。

21:9 この人には、預言する四人の未婚の娘がいた。

 

塚本訳1963

21:7 さてわたし達はツロを出、トレマイに着いて(無事に長い)航海を終り、(トレマイの)兄弟たちに挨拶して、一日だけ彼らのところに泊まった。

21:8 翌日立って(陸路)カイザリヤに行き、七人の(世話役の)一人である伝道者ピリポの家に入って、泊まった。

21:9 ピリポに預言をする未婚の娘が四人あった。

 

口語訳1955

21:7 わたしたちは、ツロからの航行を終ってトレマイに着き、そこの兄弟たちにあいさつをし、彼らのところに一日滞在した。

21:8 翌日そこをたって、カイザリヤに着き、かの七人のひとりである伝道者ピリポの家に行き、そこに泊まった。

21:9 この人に四人の娘があったが、いずれも処女であって、預言をしていた。

 

文語訳1917

"442107","ツロをいでトレマイに到りて船路つきたり。此處にて兄弟たちの安否を訪ひ、かれらの許に一日留り、"

"442108","明る日ここを去りてカイザリヤにいたり、傳道者ピリポの家に入りて留る、彼はかの七人の一人なり。"

"442109","この人に預言する四人の娘ありて、處女なりき。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 Tコリ11:4-5

11:4 祈をしたり預言をしたりする時、かしらに物をかぶる男は、そのかしらをはずかしめる者である。

11:5 祈をしたり預言をしたりする時、かしらにおおいをかけない女は、そのかしらをはずかしめる者である。それは、髪をそったのとまったく同じだからである。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 エペ 4:11

4:11 そして、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を福音宣教者、ある人を牧者、教師とされたのです。

 

新共同 Uテモ4:5

4:5 しかしあなたは、どんな場合にも身を慎み、苦しみを耐え忍び、福音宣教者の仕事に励み、自分の務めを果たしなさい。

 

新共同 Tコリ11:5

11:5 女はだれでも祈ったり、預言したりする際に、頭に物をかぶらないなら、その頭を侮辱することになります。それは、髪の毛をそり落としたのと同じだからです。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

使徒 21:10−14

アガポがパウロの捕縛を預言する

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

442110幾日か滞在している間に、アガボスという預言者がユダヤからくだって来た。

442111そして、私たちのもとに来て、パウロの帯を取り、それで自分の足と手を縛って、こう言った、「聖霊がお告げになっている、『ユダヤ人がエルサレムで、この帯の持主を同じように縛り上げ、異邦人の手に渡すであろう』」。

442112私たちはこれを聞いて、土地の人々と一緒になって、パウロに、エルサレムにのぼって行かないようにと、懇願した。

442113するとパウロは答えた、「あなたたちは泣き、私の心をくじいて、どうしようというのですか。私は主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られるだけではなく、死ぬことさえも覚悟しているのです」。

442114パウロは私たちの説得を聞き入れようとしないので、私たちは、「主の意志がなりますように」と言って、口をつぐんだのであった。

 

新共同訳1987

21:10 幾日か滞在していたとき、ユダヤからアガボという預言する者が下って来た。

21:11 そして、わたしたちのところに来て、パウロの帯を取り、それで自分の手足を縛って言った。「聖霊がこうお告げになっている。『エルサレムでユダヤ人は、この帯の持ち主をこのように縛って異邦人の手に引き渡す。』」

21:12 わたしたちはこれを聞き、土地の人と一緒になって、エルサレムへは上らないようにと、パウロにしきりに頼んだ。

21:13 そのとき、パウロは答えた。「泣いたり、わたしの心をくじいたり、いったいこれはどういうことですか。主イエスの名のためならば、エルサレムで縛られることばかりか死ぬことさえも、わたしは覚悟しているのです。」

21:14 パウロがわたしたちの勧めを聞き入れようとしないので、わたしたちは、「主の御心が行われますように」と言って、口をつぐんだ。

 

前田訳1978

21:10 幾日か滞在すると、ユダヤからアガボという預言者が下って来た。

21:11 われらのところに来てパウロの帯をとり、自分の足と手とを縛っていった、「聖霊がこう仰せです、『この帯の持ち主をユダヤ人がエルサレムでこのように縛り、異邦人の手に引き渡そう』」と。

21:12 これを聞いて、われらも土地の人々も彼がエルサレムに上らないよう勧めた。

21:13 そのときパウロは答えた、「あなた方は泣いて、わが心をくじいて、何をするのですか。わたしは主イエスのみ名のために、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことも覚悟しています。」と。

21:14 彼が聞き入れないのでわれらは、「主のみ心が成りますように」といって黙った。

 

新改訳1970

21:10 幾日かそこに滞在していると、アガボという預言者がユダヤから下って来た。

21:11 彼は私たちのところに来て、パウロの帯を取り、自分の両手と両足を縛って、「『この帯の持ち主は、エルサレムでユダヤ人に、こんなふうに縛られ、異邦人の手に渡される。』と聖霊がお告げになっています。」と言った。

21:12 私たちはこれを聞いて、土地の人たちといっしょになって、パウロに、エルサレムには上らないよう頼んだ。

21:13 するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています。」と答えた。

21:14 彼が聞き入れようとしないので、私たちは、「主のみこころのままに。」と言って、黙ってしまった。

 

塚本訳1963

21:10 幾日も滞在しているうちに、ユダヤからアガボという預言者が下ってきたが、

21:11 わたし達の所に来てパウロの帯を取り、(それで)自分の手と足とを縛って言った、「聖霊がこう言われる、『この帯の持ち主は、エルサレムでこのようにユダヤ人から縛られ、異教人の手に引き渡される』と。」

21:12 これを聞くと、わたし達も土地の人も、エルサレムに上らないようにと懇願した。

21:13 その時パウロは答えた、「あなた達は泣いて、わたしの心をくじいて、どうしようというのか。わたしは主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることはもちろん、死ぬことさえも覚悟しているのだ。」

21:14 彼が一向に聞き入れようとしないので、わたし達は、「主の御心が成りますように!」と言って、口をつぐんだ。

 

口語訳1955

21:10 幾日か滞在している間に、アガボという預言者がユダヤから下ってきた。

21:11 そして、わたしたちのところにきて、パウロの帯を取り、それで自分の手足を縛って言った、「聖霊がこうお告げになっている、『この帯の持ち主を、ユダヤ人たちがエルサレムでこのように縛って、異邦人の手に渡すであろう』」。

21:12 わたしたちはこれを聞いて、土地の人たちと一緒になって、エルサレムには上って行かないようにと、パウロに願い続けた。

21:13 その時パウロは答えた、「あなたがたは、泣いたり、わたしの心をくじいたりして、いったい、どうしようとするのか。わたしは、主イエスの名のためなら、エルサレムで縛られるだけでなく、死ぬことをも覚悟しているのだ」。

21:14 こうして、パウロが勧告を聞きいれてくれないので、わたしたちは「主のみこころが行われますように」と言っただけで、それ以上、何も言わなかった。

 

文語訳1917

"442110","我ら數日留り居るうちに、アガボと云ふ預言者、ユダヤより下り、"

"442111","我らの許に來りてパウロの帶をとり、己が足と手とを縛りて言ふ『聖靈かく言ひ給ふ「エルサレムにト、ユダヤ人この帶の主を斯くの如く縛りて異邦人の手に付さん」と』"

"442112","われら之を聞きて此の地の人々とともにパウロに、エルサレムに上らざらんことを勸む。"

"442113","その時パウロ答ふ『なんぢら何ぞ歎きて我が心を挫くか、我エルサレムにて、主イエスの名のために、唯に縛らるるのみかは、死ぬることをも覺悟せり』"

"442114","斯く我らの勸告を納れるによりて、『主の御意の如くなれかし』と言ひて止む。"

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 使  10:19

10:19 ペトロがなおも幻について考え込んでいると、"霊"がこう言った。「三人の者があなたを探しに来ている。

 

新共同 使  20:23

20:23 ただ、投獄と苦難とがわたしを待ち受けているということだけは、聖霊がどこの町でもはっきり告げてくださっています。

 

新共同 使  5:41

5:41 それで使徒たちは、イエスの名のために辱めを受けるほどの者にされたことを喜び、最高法院から出て行き、

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 8:35-37

8:35 だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。

8:36 「わたしたちはあなたのために終日、/死に定められており、/ほふられる羊のように見られている」/と書いてあるとおりである。

8:37 しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、わたしたちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある。

 

口語訳 Tコリ15:31

15:31 兄弟たちよ。わたしたちの主キリスト・イエスにあって、わたしがあなたがたにつき持っている誇にかけて言うが、わたしは日々死んでいるのである。

 

口語訳 Uコリ4:10-17

4:10 いつもイエスの死をこの身に負うている。それはまた、イエスのいのちが、この身に現れるためである。

4:11 わたしたち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されているのである。それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである。

4:12 こうして、死はわたしたちのうちに働き、いのちはあなたがたのうちに働くのである。

4:13 「わたしは信じた。それゆえに語った」としるしてあるとおり、それと同じ信仰の霊を持っているので、わたしたちも信じている。それゆえに語るのである。

4:14 それは、主イエスをよみがえらせたかたが、わたしたちをもイエスと共によみがえらせ、そして、あなたがたと共にみまえに立たせて下さることを、知っているからである。

4:15 すべてのことは、あなたがたの益であって、恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。

4:16 だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。

4:17 なぜなら、このしばらくの軽い患難は働いて、永遠の重い栄光を、あふれるばかりにわたしたちに得させるからである。

 

(日)新共同訳1987の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

使徒 21:15−26

エルサレム――伝道報告・ヤコブたちの忠告

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

442115数日後、私たちは旅仕度を終えて、エルサレムにのぼって行った。

442116カイサリアの弟子たち数人も、私たちと一緒に来て、キュプロス〔島〕出身で古くからの弟子であったムナソンの家へ案内してくれた。私たちはそこに滞在することになっていたのである。

442117私たちがエルサレムに着くと、兄弟たちは温かく迎えてくれた。

442118翌日、パウロは私たちと一緒にヤコブのもとに行った。そこには、長老たちが皆集まっていた。

442119パウロは挨拶してから、自分の奉仕を通して神が異邦人の間でなされたことを、くわしく報告した。

442120彼らはこれを聞いて、神を賛美し、パウロに言った、「兄弟よ、知っておられるように、ユダヤ人ですでに信仰に入った者が幾万となくいますが、彼らは皆、律法の熱心な遵奉者(じゅんぽうしゃ)であります。

442121ところが、彼らがあなたについて聞かされているところによると、あなたは異邦人の間にいるすべてのユダヤ人に対して、子供に割礼を施してはならない、ユダヤ人の慣習に従って歩んではならないと言って、モーセから離反するように教えているということです。

442122はてさて、どうしたらよかろうか。あなたがここに来ていることを、彼らもきっと耳に入れるでしょう。

442123 ――ですから、私たちの言う通りにして下さい。私たちの中に誓願を立てた者が四人います。

442124この人たちを連れて行って、彼らと共に清めにあずかり、彼らのために頭を剃る費用を出してやりなさい。そうすれば、あなたについて聞かされていることは、根も葉もないことであり、あなた自身は律法を守って歩んでいる、ということが皆にわかるでしょう。442125また、信者になった異邦人については、私たちはすでに、偶像に献げた肉と、血と、締め殺した動物と、不品行とを避けるべきことを取り決めて、書き送ってあります。

442126そこで、パウロはこの人たちを連れて行って、翌日一緒に清めにあずかって神殿〔境内〕に入り、清めの期問が満ちて一人一人のために供え物を献げる日のことを、祭司に告げたのである。

 

新共同訳1987

21:15 数日たって、わたしたちは旅の準備をしてエルサレムに上った。

21:16 カイサリアの弟子たちも数人同行して、わたしたちがムナソンという人の家に泊まれるように案内してくれた。ムナソンは、キプロス島の出身で、ずっと以前から弟子であった。

◆パウロ、ヤコブを訪ねる

21:17 わたしたちがエルサレムに着くと、兄弟たちは喜んで迎えてくれた。

21:18 翌日、パウロはわたしたちを連れてヤコブを訪ねたが、そこには長老が皆集まっていた。

21:19 パウロは挨拶を済ませてから、自分の奉仕を通して神が異邦人の間で行われたことを、詳しく説明した。

21:20 これを聞いて、人々は皆神を賛美し、パウロに言った。「兄弟よ、ご存じのように、幾万人ものユダヤ人が信者になって、皆熱心に律法を守っています。

21:21 この人たちがあなたについて聞かされているところによると、あなたは異邦人の間にいる全ユダヤ人に対して、『子供に割礼を施すな。慣習に従うな』と言って、モーセから離れるように教えているとのことです。

21:22 いったい、どうしたらよいでしょうか。彼らはあなたの来られたことをきっと耳にします。

21:23 だから、わたしたちの言うとおりにしてください。わたしたちの中に誓願を立てた者が四人います。

21:24 この人たちを連れて行って一緒に身を清めてもらい、彼らのために頭をそる費用を出してください。そうすれば、あなたについて聞かされていることが根も葉もなく、あなたは律法を守って正しく生活している、ということがみんなに分かります。

21:25 また、異邦人で信者になった人たちについては、わたしたちは既に手紙を書き送りました。それは、偶像に献げた肉と、血と、絞め殺した動物の肉とを口にしないように、また、みだらな行いを避けるようにという決定です。」

21:26 そこで、パウロはその四人を連れて行って、翌日一緒に清めの式を受けて神殿に入り、いつ清めの期間が終わって、それぞれのために供え物を献げることができるかを告げた。

 

前田訳1978

21:15 数日ののち、われらは支度をしてエルサレムへ上っていった。

21:16 カイサリアの弟子たちの数名もいっしょに来て、古い弟子であるキプロス人ムナソンのところに案内した。われらはそこに泊めてもらった。

21:17 エルサレムに着くと、兄弟たちが喜んでわれらを迎えてくれた。

21:18 翌日、パウロはわれらとともにヤコブを訪れた。長老たちもすべて集まっていた。

21:19 彼らにあいさつしてから、パウロは神が彼の奉仕を通じて異邦人の間になさったことをひとつひとつ話した。

21:20 彼らはそれを聞いて神をたたえていたが、こうもいった、「兄弟よ、お認めのように、ユダヤ人の中で信徒になったものが数万あり、みな律法に熱心です。

21:21 ところが彼らがあなたについて聞かされているのは、異邦人の中にいるすべてのユダヤ人に、子供に割礼をするな、慣わしに従って歩むな、といって、モーセに背くよう教えている、ということです。

21:22 それで、どうしましょう。あなたが来られたことは、きっと彼らの耳にはいるでしょう。

21:23 それゆえ、われらのいうとおりになさい。われらの中に誓いを立てたものが四人います。

21:24 この人たちを引きうけて、あなたもいっしょに清めをし、彼が頭をそる費用をお払いなさい。そうすれば皆が、あなたについてうわさされていることが何でもないことで、あなた自身も律法を守って生活していることがわかるでしょう。

21:25 信徒になった異邦人については、偶像に供えたものと、血と、絞め殺した生物と、不身持ちとを避けるべきことを決めて手紙を書きました」と。

21:26 そこでパウロはその人たちを引きうけ、次の日いっしょに清めをして宮に入り、清めの日々が終わって、ひとりひとりのために供え物をする日を告げた。

 

新改訳1970

21:15 こうして数日たつと、私たちは旅仕度をして、エルサレムに上った。

21:16 カイザリヤの弟子たちも幾人か私たちと同行して、古くからの弟子であるキプロス人マナソンのところに案内してくれた。私たちはそこに泊まることになっていたのである。

21:17 エルサレムに着くと、兄弟たちは喜んで私たちを迎えてくれた。

21:18 次の日、パウロは私たちを連れて、ヤコブを訪問した。そこには長老たちがみな集まっていた。

21:19 彼らにあいさつしてから、パウロは彼の奉仕を通して神が異邦人の間でなさったことを、一つ一つ話しだした。

21:20 彼らはそれを聞いて神をほめたたえ、パウロにこう言った。「兄弟よ。ご承知のように、ユダヤ人の中で信仰にはいっている者は幾万となくありますが、みな律法に熱心な人たちです。

21:21 ところで、彼らが聞かされていることは、あなたは異邦人の中にいるすべてのユダヤ人に、子どもに割礼を施すな、慣習に従って歩むな、と言って、モーセにそむくように教えているということなのです。

21:22 それで、どうしましょうか。あなたが来たことは、必ず彼らの耳にはいるでしょう。

21:23 ですから、私たちの言うとおりにしてください。私たちの中に誓願を立てている者が四人います。

21:24 この人たちを連れて、あなたも彼らといっしょに身を清め、彼らが頭をそる費用を出してやりなさい。そうすれば、あなたについて聞かされていることは根も葉もないことで、あなたも律法を守って正しく歩んでいることが、みなにわかるでしょう。

21:25 信仰にはいった異邦人に関しては、偶像の神に供えた肉と、血と、絞め殺した物と、不品行とを避けるべきであると決定しましたので、私たちはすでに手紙を書きました。」

21:26 そこで、パウロはその人たちを引き連れ、翌日、ともに身を清めて宮にはいり、清めの期間が終わって、ひとりひとりのために供え物をささげる日時を告げた。

 

塚本訳1963

21:15 (カイザリヤ滞在)数日の後、わたし達は旅支度をしてエルサレムへと上っていった。

21:16 カイザリヤの(主の)弟子たち数人も一緒に来て、クプロ人マナソンという古い弟子の家に案内した。わたし達は彼のところに泊めてもらった。

21:17 エルサレムにつくと、兄弟たちが喜んで迎えてくれた。

21:18 翌日パウロはわたし達と一緒に(主の兄弟の)ヤコブの所に行った。長老たちも皆集まっていた。

21:19 パウロは彼らに挨拶したあと、神が自分の伝道によって異教人の間でされたことを、詳しく話してきかせた。

21:20 彼らはこれを聞いてしばし神を讃美していたが、やがて言った、「兄弟よ、ユダヤ人ですでに信者になった者が実に何万とあるが、みんな(モーセ)律法に熱心であることは、あなたも認めている。

21:21 ところが彼らは、あなたが異教人の中にいるすべてのユダヤ人に、子供に割礼を施してはならない、(ユダヤ人の)習慣にしたがって歩いてもいけないと言って、モーセ(律法)に背くように教えているという噂を聞いている。

21:22 ついては、どうしたらよいだろうか。どの道、あなたが(ここに)来ていることは彼らの耳にはいるにちがいない。──

21:23 だからわれわれの言うとおりにしないか。われわれのあいだに(ナジル人の)誓願を立てた者(で、金がなくて願果たしのできない者)が四人ほどいる。

21:24 あなたはその人たちを引き受け、一緒に清めをして、彼らのために(願果たしの)費用を立て替えて頭を剃らせてやったらどうだろう。そうすれば、みんながあなたについて噂を聞いたことが根も葉もないことで、あなた自身は律法を守って歩いていることがわかるだろう。

21:25 しかし(これはユダヤ人の信者だけのことで、)信者になった異教人については、(あなたも知っているように、)偶像に供えた物と、血と、絞め殺した動物と、不品行とを遠ざけるべきことを取り決めて、すでに書き送った。」

21:26 そこでパウロはその人たちを引き受け、次の日一緒に清めをして宮に入ってゆき、『清めの日数が』満ちてひとりびとりの(願果たしの)ために捧げ物を捧げる日のことを、(祭司に)告げた。

 

口語訳1955

21:15 数日後、わたしたちは旅装を整えてエルサレムへ上って行った。

21:16 カイザリヤの弟子たちも数人、わたしたちと同行して、古くからの弟子であるクプロ人マナソンの家に案内してくれた。わたしたちはその家に泊まることになっていたのである。

21:17 わたしたちがエルサレムに到着すると、兄弟たちは喜んで迎えてくれた。

21:18 翌日パウロはわたしたちを連れて、ヤコブを訪問しに行った。そこに長老たちがみな集まっていた。

21:19 パウロは彼らにあいさつをした後、神が自分の働きをとおして、異邦人の間になさった事どもを一々説明した。

21:20 一同はこれを聞いて神をほめたたえ、そして彼に言った、「兄弟よ、ご承知のように、ユダヤ人の中で信者になった者が、数万にものぼっているが、みんな律法に熱心な人たちである。

21:21 ところが、彼らが伝え聞いているところによれば、あなたは異邦人の中にいるユダヤ人一同に対して、子供に割礼を施すな、またユダヤの慣例にしたがうなと言って、モーセにそむくことを教えている、ということである。

21:22 どうしたらよいか。あなたがここにきていることは、彼らもきっと聞き込むに違いない。

21:23 ついては、今わたしたちが言うとおりのことをしなさい。わたしたちの中に、誓願を立てている者が四人いる。

21:24 この人たちを連れて行って、彼らと共にきよめを行い、また彼らの頭をそる費用を引き受けてやりなさい。そうすれば、あなたについて、うわさされていることは、根も葉もないことで、あなたは律法を守って、正しい生活をしていることが、みんなにわかるであろう。

21:25 異邦人で信者になった人たちには、すでに手紙で、偶像に供えたものと、血と、絞め殺したものと、不品行とを、慎むようにとの決議が、わたしたちから知らせてある」。

21:26 そこでパウロは、その次の日に四人の者を連れて、彼らと共にきよめを受けてから宮にはいった。そしてきよめの期間が終って、ひとりびとりのために供え物をささげる時を報告しておいた。

 

文語訳1917

"442115","その後われら行李を整へてエルサレムに上る。"

"442116","カイザリヤに居る弟子も數人ともに往き、我らの宿らんとするクプロ人マナソンといふ舊き弟子のもとに案内したり。"

"442117","エルサレムに到りたれば、兄弟たち勸びて我らを迎へたり。"

"442118","翌日パウロは我らと共にヤコブの許に往きしに、長老たちみなあつまり居たり。"

"442119","パウロはその安否を問ひて後、おのが勤勞によりて異邦人のうちに、神の行ひ給ひしことを、一々告げたれば、"

"442120","彼ら聞きて神を崇め、またパウロに言ふ『兄弟よ、なんぢの見るごとくユダヤ人のうち、信者となりたるもの數萬人あり、みな律法に對して熱心なる者なり。"

"442121","彼らは、汝が異邦人のうちに居る凡てのユダヤ人に對ひて、その兒らに割禮を施すな、習慣に從ふなと云ひて、モーセに遠ざかることを教ふと聞けり。"

"442122","如何にすべきか、彼らは必ず汝の來りたるを聞かん。"

"442123","されば汝われらの言ふ如くせよ、我らの中に誓願あるもの四人あり、"

"442124","汝らかれらと組みて之とともに潔をなし、彼等のために費を出して髪を剃らしめよ。さらば人々みな汝につきて聞きたることの虚僞にして、汝も律法を守りて正しく歩み居ることを知らん。"

"442125","異邦人の信者となりたる者につきては、我ら既に書き贈りて、偶像に獻げたる物と、血と、絞殺したる物と、淫行とに遠ざかるべき事を定めたり』"

"442126","ここにパウロその人々と組みて、次の日ともどもに潔をなして宮に入り、潔の期滿ちて各人のために獻物をささぐべき日を告げたり。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 使  21:8

21:8 翌日そこをたってカイサリアに赴き、例の七人の一人である福音宣教者フィリポの家に行き、そこに泊まった。

 

新共同 使  12:17

12:17 ペトロは手で制して彼らを静かにさせ、主が牢から連れ出してくださった次第を説明し、「このことをヤコブと兄弟たちに伝えなさい」と言った。そして、そこを出てほかの所へ行った。

 

新共同 使  15:4

15:4 エルサレムに到着すると、彼らは教会の人々、使徒たち、長老たちに歓迎され、神が自分たちと共にいて行われたことを、ことごとく報告した。

 

新共同 使  15:20

15:20 ただ、偶像に供えて汚れた肉と、みだらな行いと、絞め殺した動物の肉と、血とを避けるようにと、手紙を書くべきです。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ガラ 1:19

1:19 しかし、主の兄弟ヤコブ以外には、ほかのどの使徒にも会わなかった。

 

口語訳 ガラ 2:9

2:9 かつ、わたしに賜わった恵みを知って、柱として重んじられているヤコブとケパとヨハネとは、わたしとバルナバとに、交わりの手を差し伸べた。そこで、わたしたちは異邦人に行き、彼らは割礼の者に行くことになったのである。

 

口語訳 ロマ 15:18-19

15:18 わたしは、異邦人を従順にするために、キリストがわたしを用いて、言葉とわざ、

15:19 しるしと不思議との力、聖霊の力によって、働かせて下さったことの外には、あえて何も語ろうとは思わない。こうして、わたしはエルサレムから始まり、巡りめぐってイルリコに至るまで、キリストの福音を満たしてきた。

 

口語訳 Uコリ12:12

12:12 わたしは、使徒たるの実を、しるしと奇跡と力あるわざとにより、忍耐をつくして、あなたがたの間であらわしてきた。

 

口語訳 ロマ 10:2

10:2 わたしは、彼らが神に対して熱心であることはあかしするが、その熱心は深い知識によるものではない。

 

口語訳 ガラ 5:1-6

5:1 自由を得させるために、キリストはわたしたちを解放して下さったのである。だから、堅く立って、二度と奴隷のくびきにつながれてはならない。

5:2 見よ、このパウロがあなたがたに言う。もし割礼を受けるなら、キリストはあなたがたに用のないものになろう。

5:3 割礼を受けようとするすべての人たちに、もう一度言っておく。そういう人たちは、律法の全部を行う義務がある。

5:4 律法によって義とされようとするあなたがたは、キリストから離れてしまっている。恵みから落ちている。

5:5 わたしたちは、御霊の助けにより、信仰によって義とされる望みを強くいだいている。

5:6 キリスト・イエスにあっては、割礼があってもなくても、問題ではない。尊いのは、愛によって働く信仰だけである。

 

口語訳 Tコリ9:19-23

9:19 わたしは、すべての人に対して自由であるが、できるだけ多くの人を得るために、自ら進んですべての人の奴隷になった。

9:20 ユダヤ人には、ユダヤ人のようになった。ユダヤ人を得るためである。律法の下にある人には、わたし自身は律法の下にはないが、律法の下にある者のようになった。律法の下にある人を得るためである。

9:21 律法のない人には――わたしは神の律法の外にあるのではなく、キリストの律法の中にあるのだが――律法のない人のようになった。律法のない人を得るためである。

9:22 弱い人には弱い者になった。弱い人を得るためである。すべての人に対しては、すべての人のようになった。なんとかして幾人かを救うためである。

9:23 福音のために、わたしはどんな事でもする。わたしも共に福音にあずかるためである。

 

口語訳 ガラ 2:3-5

2:3 しかし、わたしが連れていたテトスでさえ、ギリシヤ人であったのに、割礼をしいられなかった。

2:4 それは、忍び込んできたにせ兄弟らがいたので――彼らが忍び込んできたのは、キリスト・イエスにあって持っているわたしたちの自由をねらって、わたしたちを奴隷にするためであった。

2:5 わたしたちは、福音の真理があなたがたのもとに常にとどまっているように、瞬時も彼らの強要に屈服しなかった。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 ガラ 1:19

1:19 ほかの使徒にはだれにも会わず、ただ主の兄弟ヤコブにだけ会いました。

 

新共同 ロマ 10:2

10:2 わたしは彼らが熱心に神に仕えていることを証ししますが、この熱心さは、正しい認識に基づくものではありません。

 

新共同 ガラ 1:14

1:14 また、先祖からの伝承を守るのに人一倍熱心で、同胞の間では同じ年ごろの多くの者よりもユダヤ教に徹しようとしていました。

 

新共同 Tコリ7:18-19

7:18 割礼を受けている者が召されたのなら、割礼の跡を無くそうとしてはいけません。割礼を受けていない者が召されたのなら、割礼を受けようとしてはいけません。

7:19 割礼の有無は問題ではなく、大切なのは神の掟を守ることです。

 

新共同 ガラ 2:3

2:3 しかし、わたしと同行したテトスでさえ、ギリシア人であったのに、割礼を受けることを強制されませんでした。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

使徒 21:27−30

パウロの逮捕

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

442127さて、七日の期問が終ろうとしていた時、アシア〔州〕から来たユダヤ人たち

が、神殿〔境内〕にいるパウロを見かけて、群衆をことごとく扇動し、彼に手をかけて、442128こう叫んだ、「イスラエル人諸君、手を貸してくれ。この男は、いたるところで、民と律法とこの場所とに反することを、皆に教えている。その上、ギリシア人を神殿〔境内〕に連れ込み、この聖なる場所を穢したのだ」。

442129彼らは先に、エフェソ人トロフィモスが、都でパウロと一緒にいたところを見かけたので、パウロが彼を神殿〔境内〕に連れ込んだと思ったのである。

442130そこで、都中が大騒ぎとなり、民衆が馳せ参じて来て、パウロを捕らえ、神殿〔境内〕の外に引きずり出した。

 

新共同訳1987

21:27 七日の期間が終わろうとしていたとき、アジア州から来たユダヤ人たちが神殿の境内でパウロを見つけ、全群衆を扇動して彼を捕らえ、

21:28 こう叫んだ。「イスラエルの人たち、手伝ってくれ。この男は、民と律法とこの場所を無視することを、至るところでだれにでも教えている。その上、ギリシア人を境内に連れ込んで、この聖なる場所を汚してしまった。」

21:29 彼らは、エフェソ出身のトロフィモが前に都でパウロと一緒にいたのを見かけたので、パウロが彼を境内に連れ込んだのだと思ったからである。

21:30 それで、都全体は大騒ぎになり、民衆は駆け寄って来て、パウロを捕らえ、境内から引きずり出した。そして、門はどれもすぐに閉ざされた。

 

前田訳1978

21:27 七日が終わろうとしていたとき、アジアから来たユダヤ人がパウロを宮の中で見かけ、群衆全体を騒がせて彼に手をかけ、

21:28 こう叫んだ、「イスラエルの方々、手助けしてください。これは、だれにも、どこでも、民と律法とこの所に逆らうことを教える男です。その上、ギリシア人をも宮に連れ込んで、この聖なる所を汚したのです」と。

21:29 彼らは前にエペソ人トロピモが町で彼といっしょにいるのを見たので、パウロがその人を宮に連れ込んだと思ったのである。

21:30 そこで町全体が動揺し、民衆が駆けより、パウロを捕えて宮の外へ引きずり出した。そしてすぐ門が閉ざされた。

 

新改訳1970

21:27 ところが、その七日がほとんど終わろうとしていたころ、アジヤから来たユダヤ人たちは、パウロが宮にいるのを見ると、全群衆をあおりたて、彼に手をかけて、

21:28 こう叫んだ。「イスラエルの人々。手を貸してください。この男は、この民と、律法と、この場所に逆らうことを、至る所ですべての人に教えている者です。そのうえ、ギリシヤ人を宮の中に連れ込んで、この神聖な場所をけがしています。」

21:29 彼らは前にエペソ人トロピモが町でパウロといっしょにいるのを見かけたので、パウロが彼を宮に連れ込んだのだと思ったのである。

21:30 そこで町中が大騒ぎになり、人々は殺到してパウロを捕え、宮の外へ引きずり出した。そして、ただちに宮の門が閉じられた。

 

塚本訳1963

21:27 そして(パウロのための)七日(の清めの日)が終ろうとしている時、アジヤ(のエペソ)から来たユダヤ人たちはパウロを宮で見かけると、群衆をことごとく騒ぎ立たせ、彼に手をかけて、

21:28 叫んだ、「イスラエル人諸君、手を貸してくれ!これはだれにでも、どこででも、(イスラエルの)民と律法とこの場所[宮]とを軽蔑することを教える男だ。なおその上に、(規則にそむいて)異教人までも宮につれ込んで、この神聖な場所はけがされてしまった。」

21:29 前にエペソ人トロピモが都で彼と一緒にいるのを彼らは見たので、その人をパウロが宮につれ込んだと思ったのである。

21:30 そこで都中が騒ぎ出し、民衆が駈けあつまって来て、パウロをつかまえて宮の外に引きずり出した。そしてすぐ(宮の)門はとざされた。

 

口語訳1955

21:27 七日の期間が終ろうとしていた時、アジヤからきたユダヤ人たちが、宮の内でパウロを見かけて、群衆全体を煽動しはじめ、パウロに手をかけて叫び立てた、

21:28 「イスラエルの人々よ、加勢にきてくれ。この人は、いたるところで民と律法とこの場所にそむくことを、みんなに教えている。その上、ギリシヤ人を宮の内に連れ込んで、この神聖な場所を汚したのだ」。

21:29 彼らは、前にエペソ人トロピモが、パウロと一緒に町を歩いていたのを見かけて、その人をパウロが宮の内に連れ込んだのだと思ったのである。

21:30 そこで、市全体が騒ぎ出し、民衆が駆け集まってきて、パウロを捕え、宮の外に引きずり出した。そして、すぐそのあとに宮の門が閉ざされた。

 

文語訳1917

"442127","かくて七日の終らんとする時、アジヤより來りしユダヤ人ら、宮の内にパウロの居るを見て群衆を騒がし、かれに手をかけ叫びて言ふ、"

"442128","『イスラエルの人々助けよ、この人はいたる處にて民と律法と此の所とに悖れることを人々に教ふる者なり、然のみならず、ギリシヤ人を宮に率き入れて、此の聖なる所をも汚したり』"

"442129","からら曩にエペソ人トロピモがパウロとともに市中にゐたるを見て、パウロ之を宮に率き入れしと思ひしなり。"

"442130","ここに市中みな騒ぎたち、民ども馳せ集り、パウロを捕へて宮の外に曳き出せり、かくて門は直ちに鎖されたり。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 使  19:10

19:10 このようなことが二年も続いたので、アジア州に住む者は、ユダヤ人であれギリシア人であれ、だれもが主の言葉を聞くことになった。

 

新共同 使  18:13

18:13 「この男は、律法に違反するようなしかたで神をあがめるようにと、人々を唆しております」と言った。

 

新共同 使  6:13

6:13 そして、偽証人を立てて、次のように訴えさせた。「この男は、この聖なる場所と律法をけなして、一向にやめようとしません。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 Uテモ4:20

4:20 エラストはコリントにとどまりました。トロフィモは病気なのでミレトスに残してきました。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

使徒 21:31−36

千卒長に助けられる

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

442131人々がパウロを殺そうとしていた時、「エルサレム中が騒乱状態に陥っている」という報告が、〔守備〕部隊の千人隊長のもとに届いた。

442132彼は直ちに、兵士たちと百人隊長たちを率いて、彼らのもとに駆けくだった。人々は、千人隊長と兵士たちを見ると、パウロを打つのを止めた。

442133そのとき、千人隊長は近づいて来てパウロを逮捕し、二本の鎖で縛るように命じた上、これはいったい何者なのか、何をしたのかとたずねた。

442134しかし、群衆が各々違ったことを叫びたてるので、千人隊長はそうぞうしくて正確なことがわからなかった。そこで、パウロを陣営に連れて行くように命じた。

442135しかし、パウロが階段にさしかかった時、群衆の暴行のために、兵士たちに担がれなければならないほどであった。

442136民の群れが、「そいつを片づけろ」と叫びながらついて来たからである。

 

新共同訳1987

21:31 彼らがパウロを殺そうとしていたとき、エルサレム中が混乱状態に陥っているという報告が、守備大隊の千人隊長のもとに届いた。

21:32 千人隊長は直ちに兵士と百人隊長を率いて、その場に駆けつけた。群衆は千人隊長と兵士を見ると、パウロを殴るのをやめた。

21:33 千人隊長は近寄ってパウロを捕らえ、二本の鎖で縛るように命じた。そして、パウロが何者であるのか、また、何をしたのかと尋ねた。

21:34 しかし、群衆はあれやこれやと叫び立てていた。千人隊長は、騒々しくて真相をつかむことができないので、パウロを兵営に連れて行くように命じた。

21:35 パウロが階段にさしかかったとき、群衆の暴行を避けるために、兵士たちは彼を担いで行かなければならなかった。

21:36 大勢の民衆が、「その男を殺してしまえ」と叫びながらついて来たからである。

 

前田訳1978

21:31 彼らがパウロを殺そうとしていたとき、エルサレムじゅうが混乱しているとの情報が、守備隊の千卒長に届いた。

21:32 彼はさっそく兵卒と百卒長らを率いて彼らのところに駆けつけた。彼らは千卒長と兵卒らとを見ると、パウロを打つのをやめた。

21:33 千卒長は近づいて彼を捕え、二つの鎖で縛るよう命じた。そして彼がだれで、何をしたかをたずねた。

21:34 しかし、群衆の中でおのおのが他とちがったことを叫びつづけ、騒がしくて確かなことを知りえないので、彼を兵営につれていくよう命じた。

21:35 階段にさしかかったとき、彼は群衆の暴行のため、兵卒にかつぎ上げられねばならなかった。

21:36 大勢の民衆が「あれを殺せ」と叫びながらついて来た。

 

新改訳1970

21:31 彼らがパウロを殺そうとしていたとき、エルサレム中が混乱状態に陥っているという報告が、ローマ軍の千人隊長に届いた。

21:32 彼はただちに、兵士たちと百人隊長たちとを率いて、彼らのところに駆けつけた。人々は千人隊長と兵士たちを見て、パウロを打つのをやめた。

21:33 千人隊長は近づいてパウロを捕え、二つの鎖につなぐように命じたうえ、パウロが何者なのか、何をしたのか、と尋ねた。

21:34 しかし、群衆がめいめい勝手なことを叫び続けたので、その騒がしさのために確かなことがわからなかった。そこで千人隊長は、パウロを兵営に連れて行くように命令した。

21:35 パウロが階段にさしかかったときには、群衆の暴行を避けるために、兵士たちが彼をかつぎ上げなければならなかった。

21:36 大ぜいの群衆が「彼を除け。」と叫びながら、ついて来たからである。

 

塚本訳1963

21:31 人々がパウロを殺そうとしていたとき、エルサレム中が混乱しているという報告が(守備)部隊の千卒長に届いた。

21:32 千卒長はさっそく兵卒と百卒長らとを率いて、(アントニヤの兵営から)彼らのところに駈けくだった。千卒長と兵卒らとを見ると、彼らはパウロを打つことをやめた。

21:33 千卒長は近づいてパウロをつかまえ、鎖二つでつなぐようにと命令したのち、これはいったい何者であるか、何をしたのかと問うた。

21:34 しかし群衆のめいめいがそれぞれ違ったことをどなり、騒々しくて確かなことを知ることが出来ないので、パウロを兵営につれて行くようにと命令した。

21:35 しかし彼が(宮の庭から兵営へ上る)階段にさしかかった時には、群衆の暴動のために、とうとう兵卒らにかつがれた。

21:36 民衆の群が「あれを片付けろ」と叫びながら、あとについて来たからである。

 

口語訳1955

21:31 彼らがパウロを殺そうとしていた時に、エルサレム全体が混乱状態に陥っているとの情報が、守備隊の千卒長にとどいた。

21:32 そこで、彼はさっそく、兵卒や百卒長たちを率いて、その場に駆けつけた。人々は千卒長や兵卒たちを見て、パウロを打ちたたくのをやめた。

21:33 千卒長は近寄ってきてパウロを捕え、彼を二重の鎖で縛っておくように命じた上、パウロは何者か、また何をしたのか、と尋ねた。

21:34 しかし、群衆がそれぞれ違ったことを叫びつづけるため、騒がしくて、確かなことがわからないので、彼はパウロを兵営に連れて行くように命じた。

21:35 パウロが階段にさしかかった時には、群衆の暴行を避けるため、兵卒たちにかつがれて行くという始末であった。

21:36 大ぜいの民衆が「あれをやっつけてしまえ」と叫びながら、ついてきたからである。

 

文語訳1917

"442131","彼らパウロを殺さんとせしとき、軍隊の千卒長に、エルサレム中さわぎ立てりとの事きこえたれば、"

"442132","かれ速かに兵卒および百卒長らを率ゐて馳せ下る。かれら千卒長と兵卒とを見て、パウロを打つことを止む。"

"442133","千卒長、近よりてパウロを執へ、命じて二つの鏈にて繋がせ、その何人なるか、何事をなしたるかを尋ぬるに、"

"442134","群衆の中にて或者はこの事を、或者はかの事を呼はり、騒亂のために確なる事を知るに由なく、命じて陣營に曳き來らしめたり。"

"442135","階段に至れるに、群衆の手暴きによりて、兵卒パウロを負ひたり。"

"442136","これ群れる民ども『彼を除け』と叫びつつ隨ひ迫れる故なり。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 使  20:23

20:23 ただ、投獄と苦難とがわたしを待ち受けているということだけは、聖霊がどこの町でもはっきり告げてくださっています。

 

新共同 使  23:10

23:10 こうして、論争が激しくなったので、千人隊長は、パウロが彼らに引き裂かれてしまうのではないかと心配し、兵士たちに、下りていって人々の中からパウロを力ずくで助け出し、兵営に連れて行くように命じた。

 

新共同 ヨハ 19:15

19:15 彼らは叫んだ。「殺せ。殺せ。十字架につけろ。」ピラトが、「あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか」と言うと、祭司長たちは、「わたしたちには、皇帝のほかに王はありません」と答えた。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 エペ 6:20

6:20 わたしはこの福音の使者として鎖につながれていますが、それでも、語るべきことは大胆に話せるように、祈ってください。

 

新共同 Uテモ1:16

1:16 どうか、主がオネシフォロの家族を憐れんでくださいますように。彼は、わたしをしばしば励まし、わたしが囚人の身であることを恥とも思わず、

 

新共同 Uテモ2:9

2:9 この福音のためにわたしは苦しみを受け、ついに犯罪人のように鎖につながれています。しかし、神の言葉はつながれていません。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

使徒 21:37−40

民衆に語ることを許される

 

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

442137パウロは、陣営に連れ込まれようとした時、千人隊長に、「お許しがあれば、一言お話ししたいのですが」と言うと、千人隊長は、「お前はギリシア語を知っているのか。

442138それではお前は、先頃暴動を起こして、四千人の刺客を荒野に連れ出したあのエジプト人ではないのだな」と言った。

442139そこでパウロは言った、「私は

キリキア〔州〕のタルソス出身のユダヤ人で、名前の知れた町の市民です。お願いです、あの民に話すことを許して下さい」。

442140千人隊長がそれを許したので、パウロは階段に立ち、民を手で制した。皆がすっかり静かになった時、彼はヘブライ語で次のように話しかけたのである。

 

新共同訳1987

21:37 パウロは兵営の中に連れて行かれそうになったとき、「ひと言お話ししてもよいでしょうか」と千人隊長に言った。すると、千人隊長が尋ねた。「ギリシア語が話せるのか。

21:38 それならお前は、最近反乱を起こし、四千人の暗殺者を引き連れて荒れ野へ行った、あのエジプト人ではないのか。」

21:39 パウロは言った。「わたしは確かにユダヤ人です。キリキア州のれっきとした町、タルソスの市民です。どうか、この人たちに話をさせてください。」

21:40 千人隊長が許可したので、パウロは階段の上に立ち、民衆を手で制した。すっかり静かになったとき、パウロはヘブライ語で話し始めた。

 

前田訳1978

21:37 兵営に連れ込まれようとしたとき、パウロが千卒長に、「ひとこと申し上げてよいですか」というと、千卒長はいった、「ギリシア語を知っているのか。

21:38 それならお前は先ごろ暴動をおこして刺客四千人を荒野に連れ出したあのエジプト人ではないのか」と。

21:39 パウロはいった、「わたしはユダヤ人でタルソの出身です。キリキアの有名な町の市民です。お願いですが、民衆に話すことをお許しください」と。

21:40 許されると、パウロは階段の上に立ち、民衆に手で合図をし、すっかり静かになったとき、ヘブライ語で話しかけた。

 

新改訳1970

21:37 兵営の中に連れ込まれようとしたとき、パウロが千人隊長に、「一言お話ししてもよいでしょうか。」と尋ねると、千人隊長は、「あなたはギリシヤ語を知っているのか。

21:38 するとあなたは、以前暴動を起こして、四千人の刺客を荒野に引き連れて逃げた、あのエジプト人ではないのか。」と言った。

21:39 パウロは答えた。「私はキリキヤのタルソ出身のユダヤ人で、れっきとした町の市民です。お願いです。この人々に話をさせてください。」

21:40 千人隊長がそれを許したので、パウロは階段の上に立ち、民衆に向かって手を振った。そして、すっかり静かになったとき、彼はヘブル語で次のように話した。

 

塚本訳1963

21:37 兵営につれ込まれようとしたとき、パウロが(ギリシヤ語で)千卒長に、「よろしかったら一言申し上げたいのですが」と言うと、千卒長が言った、「ギリシヤ語がわかるのか。

21:38 ではお前は、この間一揆を起こして刺客を四千人も荒野に連れだした(あの)エジプト人ではないのか。」

21:39 パウロが言った、「わたしはユダヤ人です。キリキヤの名もない町ではないタルソの市民です。お願いします、あの民衆に話をすることを許してください。」

21:40 許されると、パウロは階段の上に立ち、民衆に向かって手で合図をし、すっかり静かになったとき、ヘブライ語[アラミ語]で話しかけた。──

 

口語訳1955

21:37 パウロが兵営の中に連れて行かれようとした時、千卒長に、「ひと言あなたにお話してもよろしいですか」と尋ねると、千卒長が言った、「おまえはギリシヤ語が話せるのか。

21:38 では、もしかおまえは、先ごろ反乱を起した後、四千人の刺客を引き連れて荒野へ逃げて行ったあのエジプト人ではないのか」。

21:39 パウロは答えた、「わたしはタルソ生れのユダヤ人で、キリキヤのれっきとした都市の市民です。お願いですが、民衆に話をさせて下さい」。

21:40 千卒長が許してくれたので、パウロは階段の上に立ち、民衆にむかって手を振った。すると、一同がすっかり静粛になったので、パウロはヘブル語で話し出した。

 

文語訳1917

"442137","パウロ陣營に曳き入れられんとするとき、千卒長に言ふ『われ汝に語りて可きか』かれ言ふ『なんぢギリシヤ語を知るか。"

"442138","汝はかのエジプト人にして、曩に亂を起して四千人の刺客を荒野に率ゐ出でし者ならずや』"

"442139","パウロ言ふ『我はキリキヤなるタルソのユダヤ人、鄙しからぬ市の市民なり。請ふ民に語るを許せ』"

"442140","之を許したれば、パウロ階段の上に立ち、民に對ひて手を搖し、大に静まれる時、ヘブルの語にて語りて言ふ、"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 使  13:16

13:16 そこで、パウロは立ち上がり、手で人々を制して言った。「イスラエルの人たち、ならびに神を畏れる方々、聞いてください。

 

新共同 使  22:2

22:2 パウロがヘブライ語で話すのを聞いて、人々はますます静かになった。パウロは言った。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************