****************************************

アモス書 5:1−3   

悲しみの歌

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
アモス書 5

フランシスコ訳聖書 Amo <5>章 聖書本文

◆挽 歌

001イスラエルの家よ、聞け。

わたしがお前について語るこの挽歌の言葉を。

002娘イスラエルは倒れて、二度と 起き上がれず、

自分の地で見捨てられて、

彼女を起こす者は誰もいない。

003まことに主なる神はこう仰せに なる、

「イスラエルの家では、

千人を出陣させた町は百人しか残らず、

百人を出陣させた町は十人しか残らない」。


 

新共同訳1987

5:1 イスラエルの家よ、この言葉を聞け。わたしがお前たちについてうたう悲しみの歌を。

5:2 「おとめイスラエルは倒れて/再び起き上がらず/地に捨てられて/助け起こす者はいない。」

5:3 まことに、主なる神はこう言われる。「イスラエルの家では/千人の兵を出した町に、生き残るのは百人/百人の兵を出した町に、生き残るのは十人。」

 

新改訳1970

5:1 イスラエルの家よ。聞け。私があなたがたについて哀歌を唱えるこのことばを。

5:2 「おとめイスラエルは倒れて、二度と起き上がれない。彼女はおのれの地に投げ倒されて、これを起こしてくれる者もいない。」

5:3 まことに、神である主はこう仰せられる。「イスラエルの家で、千人を出征させていた町には百人が残り、百人を出征させていた町には十人が残ろう。」

 

口語訳1955

5:1 イスラエルの家よ、わたしが悲しみの歌をもって、あなたがたについて宣べるこの言葉を聞け、

5:2 「おとめイスラエルは倒れて、また起き上がらず、彼女はおのれの地に投げ倒されて/これを起す者がない」。

5:3 主なる神はこう言われる、「イスラエルの家では、千人出た町は百人残り、百人出た町は十人残る」。

 


文 語訳1917
5:1 イスラエルの家よ我が汝らに對ひて宣る此言を聽け 是は哀歎の歌なり
5:2 處女イスラエルは仆れて復起あがらず彼は己の地に?倒さる 之を扶け起す者なし
5:3 主ヱホバかく言たまふ イスラエルの家においては前に千人出たる邑は只百人のみのこり前に百人出たる邑は只十人のみのこらん


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

アモス書 5:4−15  

わたしを求めて生きよ

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆生か死か

004主はイスラエルの家にこう仰せ になる、

「わたしを求めよ、そうすればお前たちは生きる。

005ベテルを求めるな、ギルガルに 行くな、

ベエル・シェバに赴くな。

ギルガルは必ず囚われの身となり、

ベテルは無に帰するからだ」。

006主を求めよ、そうすればお前た ちは生きる。

さもないと、主は火のようにヨセフの家に激しく降り、

なめ尽くし、

ベテルのためにこれを消す者は誰もいない。

007公義を苦よもぎに変え、

正義を地に投げ捨てる者たちよ。

008昴とオリオンを造り、

暗闇を朝に変え、昼を暗くして夜にし、

海の水を呼び集めて、それを大地の面に注ぐ方、

その名は主。

009主は強い者を滅ぼし、砦は崩壊 する。

010彼らは町の門で不正を非難する 者を憎み、

真実を語る者を忌み嫌う。

011お前たちは貧しい者を踏みにじ り、

彼らから穀物税を取り立てる。

それ故、お前たちは切り石の家を建てても、

そこに住むことはない。

見事なぶどう畑を造っても、

そのぶどう酒を飲むことはない。

012お前たちの背きの罪がどれほど 多く、

その罪がどんなに重いかを、わたしは知っている。

正しい人を圧迫し、賄賂を取り、

町の門で貧しい者の訴えを退ける。

013それ故、このような時、賢い者 は沈黙を守る。

それは悪の時だからだ。

014お前たちは生きるために、

悪ではなく、善を求めよ。

そうすれば、お前たちが言うように、

万軍の神なる主はお前たちとともにいてくださる。

015悪を憎み、善を愛し、

町の門で正しい裁きを行え。

万軍の神なる主は、

ヨセフの残りの者を憐れまれるかもしれない。


 

新共同訳1987

5:4 まことに、主はイスラエルの家にこう言われる。わたしを求めよ、そして生きよ。

5:5 しかし、ベテルに助けを求めるな/ギルガルに行くな/ベエル・シェバに赴くな。ギルガルは必ず捕らえ移され/ベテルは無に帰するから。

5:6 主を求めよ、そして生きよ。さもないと主は火のように/ヨセフの家に襲いかかり/火が燃え盛っても/ベテルのためにその火を消す者はない。

5:7 裁きを苦よもぎに変え/正しいことを地に投げ捨てる者よ。

5:8 すばるとオリオンを造り/闇を朝に変え/昼を暗い夜にし/海の水を呼び集めて地の面に注がれる方。その御名は主。

5:9 主が突如として砦に破滅をもたらされると/その堅固な守りは破滅する。

5:10 彼らは町の門で訴えを公平に扱う者を憎み/真実を語る者を嫌う。

5:11 お前たちは弱い者を踏みつけ/彼らから穀物の貢納を取り立てるゆえ/切り石の家を建てても/そこに住むことはできない。見事なぶどう畑を作っても/その酒 を飲むことはできない。

5:12 お前たちの咎がどれほど多いか/その罪がどれほど重いか、わたしは知っている。お前たちは正しい者に敵対し、賄賂を取り/町の門で貧しい者の訴えを退けて いる。

5:13 それゆえ、知恵ある者はこの時代に沈黙する。まことに、これは悪い時代だ。

5:14 善を求めよ、悪を求めるな/お前たちが生きることができるために。そうすれば、お前たちが言うように/万軍の神なる主は/お前たちと共にいてくださるだろ う。

5:15 悪を憎み、善を愛せよ/また、町の門で正義を貫け。あるいは、万軍の神なる主が/ヨセフの残りの者を/憐れんでくださることもあろう。

 

新改訳1970

5:4 まことに主は、イスラエルの家にこう仰せられる。「わたしを求めて生きよ。

5:5 ベテルを求めるな。ギルガルに行くな。ベエル・シェバにおもむくな。ギルガルは必ず捕え移され、ベテルは無に帰するからだ。」

5:6 主を求めて生きよ。さもないと、主は火のように、ヨセフの家に激しく下り、これを焼き尽くし、ベテルのためにこれを消す者がいなくなる。

5:7 彼らは公義を苦よもぎに変え、正義を地に投げ捨てている。

5:8 すばる座やオリオン座を造り、暗黒を朝に変え、昼を暗い夜にし、海の水を呼んで、それを地の面に注ぐ方、その名は主。

5:9 主は強い者を踏みにじり、要塞を破壊する。

5:10 彼らは門で戒めを与える者を憎み、正しく語る者を忌みきらう。

5:11 あなたがたは貧しい者を踏みつけ、彼から小作料を取り立てている。それゆえあなたがたは、切り石の家々を建てても、その中に住めない。美しいぶどう畑を 作っても、その酒を飲めない。

5:12 私は、あなたがたのそむきの罪がいかに多く、あなたがたの罪がいかに重いかを知っている。あなたがたは正しい者をきらい、まいないを取り、門で貧しい者を 押しのける。

5:13 それゆえ、このようなときには、賢い者は沈黙を守る。それは時代が悪いからだ。

5:14 善を求めよ。悪を求めるな。そうすれば、あなたがたは生き、あなたがたが言うように、万軍の神、主が、あなたがたとともにおられよう。

5:15 悪を憎み、善を愛し、門で正しいさばきをせよ。万軍の神、主は、もしや、ヨセフの残りの者をあわれまれるかもしれない。

 

口語訳1955

5:4 主はイスラエルの家にこう言われる、「あなたがたはわたしを求めよ、そして生きよ。

5:5 ベテルを求めるな、ギルガルに行くな。ベエルシバにおもむくな。ギルガルは必ず捕えられて行き、ベテルは無に帰するからである」。

5:6 あなたがたは主を求めよ、そして生きよ。さもないと主は火のように/ヨセフの家に落ち下られる。火はこれを焼くが、ベテルのためにこれを消す者はひとりも ない。

5:7 あなたがた、公道をにがよもぎに変え、正義を地に投げ捨てる者よ。

5:8 プレアデスおよびオリオンを造り、暗黒を朝に変じ、昼を暗くして夜となし、海の水を呼んで、地のおもてに注がれる者、その名は主という。

5:9 主は滅びをたちまち強い者に臨ませられるので、滅びはついに城に臨む。

5:10 彼らは門にいて戒める者を憎み、真実を語る者を忌みきらう。

5:11 あなたがたは貧しい者を踏みつけ、彼から麦の贈り物をとるゆえ、あなたがたは切り石の家を建てても、その中に住むことはできない。美しいぶどう畑を作って も、その酒を飲むことはできない。

5:12 わたしは知る、あなたがたのとがは多く、あなたがたの罪は大きいからである。あなたがたは正しい者をしえたげ、まいないを取り、門で貧しい者を退ける。

5:13 それゆえ、このような時には賢い者は沈黙する、これは悪い時だからである。

5:14 善を求めよ、悪を求めるな。そうすればあなたがたは生きることができる。またあなたがたが言うように、万軍の神、主はあなたがたと共におられる。

5:15 悪を憎み、善を愛し、門で公義を立てよ。万軍の神、主は、あるいは/ヨセフの残りの者をあわれまれるであろう。

 

文 語訳1917
5:4 ヱホバかくイスラエルの家に言たまふ 汝ら我を求めよ さらば生べし
5:5 ベテルを求むるなかれ ギルガルに往なかれ ベエルシバに赴く勿れ ギルガルは必ず?へられゆきベテルは無に歸せん
5:6 汝らヱホバを求めよ 然ば生べし 恐くはヱホバ火のごとくにヨセフの家に落くだりたまひてその火これを燒ん ベテルのためにこれを熄す者一人もあらじ
5:7 汝ら公道を茵?に變じ正義を地に擲つる者よ
5:8 昴宿および參宿を造り死の蔭を變じて朝となし晝を暗くして夜となし海の水を呼て地の面に溢れさする者を求めよ 其名はヱホバといふ
5:9 彼は滅亡を忽然強者に臨ましむ 滅亡つひに城に臨む
5:10 彼らは門にありて勸戒る者を惡み正直を言ふ者を忌嫌ふ
5:11 汝らは貧き者を踐つけ麥の贐物を之より取る この故に汝らは鑿石の家を建しと雖どもその中に住ことあらじ 美しき葡萄園を作りしと雖どもその酒を飮ことあらじ
5:12 我知る汝らの愆は多く汝らの罪は大なり 汝らは義き者を虐げ賄賂を取り門において貧き者を推抂ぐ
5:13 是故に今の時は賢き者默す 是惡き時なればなり
5:14 汝ら善を求めよ 惡を求めざれ 然らば汝ら生べし また汝らが言ごとく萬軍の神ヱホバ汝らと偕に在さん
5:15 汝ら惡を惡み善を愛し門にて公義を立よ 萬軍の神ヱホバあるひはヨセフの遺れる者を憐れみたまはん


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 ロマ 12:9

12:9 愛には偽りがあっては ならない。悪は憎み退け、善には親しみ結び、

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 ロマ 12:9

12:9 愛には偽りがあってはならない。悪は憎み退け、善には親しみ結び、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 ヨハ 3:9

3:9 ニコデモはイエスに答えて言った、「どうして、そんなことがあり得ましょうか」。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ロマ 12:9

12:9 愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

アモス書 5:16−20 

裁きの日

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
016
それ故、主なる万軍の神、主はこう仰せになる、

「どの広場でも嘆きがあり、

どの通りでも人々は『ああ、ああ』と言う。

彼らは農夫を呼んで嘆かせ、

嘆きのために泣き男を呼ぶ。

017すべてのぶどう畑に嘆きが起こ る。

それはわたしがお前の間を通り過ぎるからだ」

と主は仰せになる。

◆主の日

018主の日を待ち望む者は災いだ。

お前たちにとって主の日とはいったい何になるのか。

それは暗闇であり、光ではない。

019それはあたかも人が獅子から逃 れて、熊に出合い、

やっと家にたどりついて、手を壁にかけると、

蛇に咬みつかれるようなものだ。

020主の日は光ではなく暗闇ではな いのか。

それは何の輝きもない暗闇である。


 

新共同訳1987

5:16 それゆえ、万軍の神なる主はこう言われる。どの広場にも嘆きが起こり/どの通りにも泣き声があがる。悲しむために農夫が/嘆くために泣き男が呼ばれる。

5:17 どのぶどう畑にも嘆きが起こる。わたしがお前たちの中を通るからだと/主は言われる。

5:18 災いだ、主の日を待ち望む者は。主の日はお前たちにとって何か。それは闇であって、光ではない。

5:19 人が獅子の前から逃れても熊に会い/家にたどりついても/壁に手で寄りかかると/その手を蛇にかまれるようなものだ。

5:20 主の日は闇であって、光ではない。暗闇であって、輝きではない。

 

新改訳1970

5:16 それゆえ、主なる万軍の神、主は、こう仰せられる。「すべての広場に嘆きが起こり、すべての通りで、人々は『ああ、ああ。』と言い、農夫を呼んで来て泣か せ、泣き方を知っている者たちを呼んで来て、嘆かせる。

5:17 すべてのぶどう畑に嘆きが起こる。それは、わたしがあなたがたの中を、通り過ぎるからだ。」と主は仰せられる。

5:18 ああ。主の日を待ち望む者。主の日はあなたがたにとっていったい何になる。それはやみであって、光ではない。

5:19 人が獅子の前を逃げても、熊が彼に会い、家にはいって手を壁につけると、蛇が彼にかみつくようなものである。

5:20 ああ、まことに、主の日はやみであって、光ではない。暗やみであって、輝きではない。

 

口語訳1955

5:16 それゆえ、主なる万軍の神、主はこう言われる、「すべての広場で泣くことがあろう。すべてのちまたで人々は/『悲しいかな、悲しいかな』と言う。また彼ら は農夫を呼んできて嘆かせ、巧みな泣き女を招いて泣かせ、

5:17 またすべてのぶどう畑にも泣くことがあろう。それはわたしがあなたがたの中を/通るからである」と主は言われる。

5:18 わざわいなるかな、主の日を望む者よ、あなたがたは何ゆえ主の日を望むのか。これは暗くて光がない。

5:19 人がししの前を逃れてもくまに出会い、また家にはいって、手を壁につけると、へびにかまれるようなものである。

5:20 主の日は暗くて、光がなく、薄暗くて輝きがないではないか。

 


文 語訳1917
5:16 是故に主たる萬軍の神ヱホバかく言たまふ 諸の街衢にて啼ことあらん 諸の大路にて人哀哉哀哉と呼ん 又農夫を呼きたりて哀哭しめ啼女を招きて啼しめん
5:17 また諸の葡萄園にも啼こと有べし 其は我汝らの中を通るべければなり ヱホバこれを言たまふ
5:18 ヱホバの日を望む者は禍なるかな 汝ら何とてヱホバの日を望むや 是は昏くして光なし
5:19 人獅子の前を逃れて熊に遇ひ又家にいりてその手を壁に附て蛇に咬るるに宛も似たり
5:20 ヱホバの日は昏くして光なく暗にして耀なきに非ずや


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 ヨハ 8:12

8:12 イエスは、また人々に語ってこう言われた、「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光を もつであろう」。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

アモス書 5:21−27 

祭りにまさる正義

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆犠牲と正義

021「わたしはお前たちの祭りを憎 み、退ける。

お前たちの盛大な集会の香りを喜ばない。

022たとえお前たちが焼き尽くす献 げ物、

穀物の供え物をわたしに供えてもわたしは喜ばない。

肥えた和解の献げ物にも目を留めない。

023お前の騒がしい歌をわたしから 遠ざけよ。

お前の竪琴の音などわたしは聞きたくない。

024むしろ正しい裁きを水のように ほとばしらせ、

正義を涸れることのない川のように流れさせよ。

025イスラエルの家よ、荒れ野での 四十年の間、

お前たちは犠牲や供え物を

わたしにささげたであろうか。

026お前たちの王シクトや、自分の ために造った偶像、

お前たちの神々の星キウンを担ぎ回ったであろうか。

027わたしはお前たちをダマスコの 彼方へ捕らえ移す」

と主は仰せになる――その名は万軍の神。


 

新共同訳1987

5:21 わたしはお前たちの祭りを憎み、退ける。祭りの献げ物の香りも喜ばない。

5:22 たとえ、焼き尽くす献げ物をわたしにささげても/穀物の献げ物をささげても/わたしは受け入れず/肥えた動物の献げ物も顧みない。

5:23 お前たちの騒がしい歌をわたしから遠ざけよ。竪琴の音もわたしは聞かない。

5:24 正義を洪水のように/恵みの業を大河のように/尽きることなく流れさせよ。

5:25 イスラエルの家よ/かつて四十年の間、荒れ野にいたとき/お前たちはわたしに/いけにえや献げ物をささげただろうか。

5:26 今、お前たちは王として仰ぐ偶像の御輿や/神として仰ぐ星、偶像ケワンを担ぎ回っている。それはお前たちが勝手に造ったものだ。

5:27 わたしは、お前たちを捕囚として/ダマスコのかなたの地に連れ去らせると/主は言われる。その御名は万軍の神。

 

新改訳1970

5:21 わたしはあなたがたの祭りを憎み、退ける。あなたがたのきよめの集会のときのかおりも、わたしは、かぎたくない。

5:22 たとい、あなたがたが全焼のいけにえや、穀物のささげ物をわたしにささげても、わたしはこれらを喜ばない。あなたがたの肥えた家畜の和解のいけにえにも、 目もくれない。

5:23 あなたがたの歌の騒ぎを、わたしから遠ざけよ。わたしはあなたがたの琴の音を聞きたくない。

5:24 公義の水のように、正義をいつも水の流れる川のように、流れさせよ。

5:25 「イスラエルの家よ。あなたがたは、荒野にいた四十年の間に、ほふられた獣とささげ物とをわたしにささげたことがあったか。

5:26 あなたがたはあなたがたの王サクテと、あなたがたのために造った星の神、キウンの像をかついでいた。

5:27 わたしはあなたがたを、ダマスコのかなたへ捕え移す。」とその名を万軍の神、主という方が仰せられる。

 

口語訳1955

5:21 わたしはあなたがたの祭を憎み、かつ卑しめる。わたしはまた、あなたがたの聖会を喜ばない。

5:22 たといあなたがたは燔祭や素祭をささげても、わたしはこれを受けいれない。あなたがたの肥えた獣の酬恩祭は/わたしはこれを顧みない。

5:23 あなたがたの歌の騒がしい音を/わたしの前から断て。あなたがたの琴の音は、わたしはこれを聞かない。

5:24 公道を水のように、正義をつきない川のように流れさせよ。

5:25 「イスラエルの家よ、あなたがたは四十年の間、荒野でわたしに犠牲と供え物をささげたか。

5:26 かえってあなたがたの王シクテをにない、あなたがたが自分で作ったあなたがたの偶像、星の神、キウンをになった。

5:27 それゆえわたしはあなたがたをダマスコのかなたに捕え移す」と、その名を万軍の神ととなえられる主は言われる。

 


文 語訳1917
5:21 我は汝らの節筵を惡みかつ藐視む また汝らの集會を悦ばじ
5:22 汝ら我に燔祭または素祭を獻ぐるとも我之を受納れじ 汝らの肥たる犢の感謝祭は我これを顧みじ
5:23 汝らの歌の聲を我前に絶て汝らの琴の音は我これを聽じ
5:24 公道を水のごとくに正義をつきざる河のごとくに流れしめよ
5:25 イスラエルの家よ汝らは四十年荒野に居し間犠牲と供物を我に獻げたりしや
5:26 かへつて汝らは汝らの王シクテを負ひ汝らの偶像キウンを負へり 是即ち汝らの神とする星にして汝らの自ら造り設けし者なり
5:27 然ば我汝らをダマスコの外に移さん 萬軍の神ととなふるヱホバこれを言たまふ


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 使  7:42-43

7:42 そこで、神は顔をそむけ、彼らを天の星を拝むままに任せられた。預言者の書にこう書いてあるとおりである、/『イスラエルの家よ、/ 四十年のあいだ荒野にいた時に、/いけにえと供え物とを、わたしにささげたことが/あったか。

7:43 あなたがたは、モロクの幕屋やロンパの星の神を、/かつぎ回った。それらは、拝むために自分で造った偶像に過ぎぬ。だからわたしは、 あなたがたをバビロンのかなたへ、/移してしまうであろう』。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 使  7:42-43

7:42 そこで、神は顔をそむけ、彼らを天の星を拝むままに任せられた。預言者の書にこう書いてあるとおりである、/『イスラエルの家よ、/ 四十年のあいだ荒野にいた時に、/いけにえと供え物とを、わたしにささげたことが/あったか。

7:43 あなたがたは、モロクの幕屋やロンパの星の神を、/かつぎ回った。それらは、拝むために自分で造った偶像に過ぎぬ。だからわたしは、 あなたがたをバビロンのかなたへ、/移してしまうであろう』。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************