****************************************

申命記 31:1−8   

ヨシュアの任命

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
001
モーセは出ていって、これらの言葉を全イスラエル に告げた。

002そして彼らに言った、「今日、わたしは百二十歳で あり、自由に出入りすることもできない。主はわたしに、『お前はこのヨルダン川を渡ることができない』と仰せになった。

003あなたの神、主ご自身が、あなたに先立って渡り、 あなたの前からこれらの国々を滅ぼされ、あなたは彼らを追い払う。主が告げられたとおり、ヨシュアがあなたに先立って渡る。

004主は、アモリ人の王シホンとオグおよび彼らの地に 行われたように、彼らを滅ぼされる。

005主が、彼らをあなたたちに引き渡される。あなたた ちはわたしが命じたすべての命令に従って彼らに行わなければならない。

006あなたたちは強く、雄々しくあれ。彼らを前にして 恐れてはならない。うろたえてはならない。あなたの神、主ご自身があなたとともに歩まれる。主はあなたを見放されることも、あな たを見捨てられることもない」。

007それから、モーセはヨシュアを呼び寄せ、全イスラ エルの面前で彼に言った、「強く、雄々しくあれ。主が彼らの先祖に与えると誓われた土地に、この民を導き入れるのはあなたであ る。その土地を彼らに受け継がせるのもあなたである。

008主ご自身があなたに先立って行き、主ご自身があな たとともにおられる。主はあなたを見放されることも、あなたを見捨てられることもない。恐れてはならない。怯んでもならない」。


 

新共同訳1987

31:1 モーセは全イスラエルの前に歩み出て、これらの言葉を告げた後、

31:2 こう言った。「わたしは今日、既に百二十歳であり、もはや自分の務めを果たすことはできない。主はわたしに対して、『あなたはこのヨルダン川を渡ることが できない』と言われた。

31:3 あなたの神、主御自身があなたに先立って渡り、あなたの前からこれらの国々を滅ぼして、それを得させてくださる。主が約束されたとおり、ヨシュアがあなた に先立って渡る。

31:4 主は、アモリ人の王であるシホンとオグおよび彼らの国にされたように、彼らを滅ぼされる。

31:5 主が彼らをあなたたちに引き渡されるから、わたしが命じたすべての戒めに従って彼らに行いなさい。

31:6 強く、また雄々しくあれ。恐れてはならない。彼らのゆえにうろたえてはならない。あなたの神、主は、あなたと共に歩まれる。あなたを見放すことも、見捨て られることもない。」

31:7 モーセはそれからヨシュアを呼び寄せ、全イスラエルの前で彼に言った。「強く、また雄々しくあれ。あなたこそ、主が先祖たちに与えると誓われた土地にこの 民を導き入れる者である。あなたが彼らにそれを受け継がせる。

31:8 主御自身があなたに先立って行き、主御自身があなたと共におられる。主はあなたを見放すことも、見捨てられることもない。恐れてはならない。おののいては ならない。」

 

新改訳1970

31:1 それから、モーセは行って、次のことばをイスラエルのすべての人々に告げて、

31:2 言った。私は、きょう、百二十歳である。もう出入りができない。主は私に、「あなたは、このヨルダンを渡ることができない。」と言われた。

31:3 あなたの神、主ご自身が、あなたの先に渡って行かれ、あなたの前からこれらの国々を根絶やしにされ、あなたはこれらを占領しよう。主が告げられたように、 ヨシュアが、あなたの先に立って渡るのである。

31:4 主は、主の根絶やしにされたエモリ人の王シホンとオグおよびその国に対して行なわれたように、彼らにしようとしておられる。

31:5 主は、彼らをあなたがたに渡し、あなたがたは私が命じたすべての命令どおり、彼らに行なおうとしている。

31:6 強くあれ。雄々しくあれ。彼らを恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主ご自身が、あなたとともに進まれるからだ。主はあなたを見放さ ず、あなたを見捨てない。

31:7 ついでモーセはヨシュアを呼び寄せ、イスラエルのすべての人々の目の前で、彼に言った。「強くあれ。雄々しくあれ。主がこの民の先祖たちに与えると誓われ た地に、彼らとともにはいるのはあなたであり、それを彼らに受け継がせるのもあなたである。

31:8 主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。恐れてはならない。おののいてはならない。」

 

口語訳1955

31:1 そこでモーセは続いてこの言葉をイスラエルのすべての人に告げて、

31:2 彼らに言った、「わたしは、きょう、すでに百二十歳になり、もはや出入りすることはできない。また主はわたしに『おまえはこのヨルダンを渡ることはできな い』と言われた。

31:3 あなたの神、主はみずからあなたに先立って渡り、あなたの前から、これらの国々の民を滅ぼし去って、あなたにこれを獲させられるであろう。また主がかつて 言われたように、ヨシュアはあなたを率いて渡るであろう。

31:4 主がさきにアモリびとの王シホンとオグおよびその地にされたように、彼らにもおこなって彼らを滅ぼされるであろう。

31:5 主は彼らをあなたがたに渡されるから、あなたがたはわたしが命じたすべての命令のとおりに彼らに行わなければならない。

31:6 あなたがたは強く、かつ勇ましくなければならない。彼らを恐れ、おののいてはならない。あなたの神、主があなたと共に行かれるからである。主は決してあな たを見放さず、またあなたを見捨てられないであろう」。

31:7 モーセはヨシュアを呼び、イスラエルのすべての人の目の前で彼に言った、「あなたはこの民と共に行き、主が彼らの先祖たちに与えると誓われた地に入るので あるから、あなたは強く、かつ勇ましくなければならない。あなたは彼らにそれを獲させるであろう。

31:8 主はみずからあなたに先立って行き、またあなたと共におり、あなたを見放さず、見捨てられないであろう。恐れてはならない、おののいてはならない」。


文 語訳1917
31:1 茲にモーセ往てイスラエルの一切の人にこの言をのべたり
31:2 即ちこれに言けるは我は今日すでに百二十歳なれば最早出入をすること能はず且またヱホバ我にむかひて汝はこのヨルダンを濟ることを得ずと宣へり
31:3 汝の神ヱホバみづから汝に先だちて渡りゆき汝の前よりこの國々の人を滅ぼしさりて汝にこれを獲させたまふべしまたヱホバのかつて宣まひしごとくヨシユア汝 を率ゐて濟るべし
31:4 ヱホバさきにアモリ人の王シホンとオグおよび之が地になしたる如くまた彼らにも爲てこれを滅ぼしたまはん
31:5 ヱホバかれらを汝らの前に付したまふべければ汝らは我が汝らに命ぜし一切の命令のごとくこれに爲べし
31:6 汝ら心を強くしかつ勇め彼らを懼るる勿れ彼らの前に慄くなかれ其は汝の神ヱホバみづから汝とともに往きたまへばなり必ず汝を離れず汝を棄たまはじ
31:7 斯てモーセ、ヨシユアを呼びイスラエルの一切の人の目の前にてこれに言ふ汝はこの民とともに往き在昔ヱホバがかれらの先祖たちに與へんと誓ひたまひし地に 入るべきが故に心を強くしかつ勇め汝彼らにこれを獲さすることを得べし
31:8 ヱホバみづから汝に先だちて往きたまはんまた汝とともに居り汝を離れず汝を棄たまはじ懼るる勿れ驚くなかれ


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 ヘブ 13:5

13:5 金銭を愛することをし ないで、自分の持っているもので満足しなさい。主は、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」と言われた。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 ヘブ 13:5

13:5 金銭を愛することをし ないで、自分の持っているもので満足しなさい。主は、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」と言われた。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 ヘブ 13:5

13:5 金銭を愛することをし ないで、自分の持っているもので満足しなさい。主は、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」と言われた。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ヘブ 13:5

13:5 金銭に執着しない生活をし、今持っているもので満足しなさい。神御自身、「わたしは、決してあなたから離れず、決してあなたを置き去りにはしない」と言わ れました。

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

申命記 31:9−13  

七年ごとの律法の朗読

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
009
モーセはこの律法を書き記し、主の契約の櫃を担ぐ レビの子らである祭司たちと、イスラエルのすべての長老に与えた。

010モーセは彼らに命じて言った、「七年目の終わり、 つまり債務免除の年の定めの時、仮庵の祭りに、

011全イスラエルがあなたの神、主の前に出るため、主 が選ばれる場所に来る時に、あなたは全イスラエルの前で彼らの耳に、この律法を読み聞かせなければならない。

012民を、男も女も子供も、あなたの町に在留する他国 の者も集めなさい。彼らが聞いて学び、あなたたちの神、主を畏れ、この律法のすべての言葉を守り行うためである。

013これを知らない彼らの子供たちも聞いて、あなたた ちがヨルダン川を渡り、所有する土地で彼らが生きているかぎり、あなたの神、主を畏れることを学ばなければならない」。


 

新共同訳1987

31:9 モーセはこの律法を書き記すと、それを主の契約の箱を担ぐレビ人である祭司およびイスラエルの全長老に与えた。

31:10 モーセは彼らに命じて言った。「七年目の終わり、つまり負債免除の年の定めの時、仮庵祭に、

31:11 主の選ばれる場所にあなたの神、主の御顔を拝するために全イスラエルが集まるとき、あなたはこの律法を全イスラエルの前で読み聞かせねばならない。

31:12 民を、男も女も子供も、町のうちに寄留する者も集めなさい。彼らが聞いて学び、あなたたちの神、主を畏れ、この律法の言葉をすべて忠実に守るためであり、

31:13 これをまだ知らない彼らの子供たちも聞いて学び、あなたたちがヨルダン川を渡り、入って行って得る土地で、彼らも生きている限り、あなたたちの神、主を畏 れるようになるためである。」

 

新改訳1970

31:9 モーセはこのみおしえを書きしるし、主の契約の箱を運ぶレビ族の祭司たちと、イスラエルのすべての長老たちとに、これを授けた。

31:10 そして、モーセは彼らに命じて言った。「七年の終わりごとに、すなわち免除の年の定めの時、仮庵の祭りに、

31:11 イスラエルのすべての人々が、主の選ぶ場所で、あなたの神、主の御顔を拝するために来るとき、あなたは、イスラエルのすべての人々の前で、このみおしえを 読んで聞かせなければならない。

31:12 民を、男も、女も、子どもも、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も、集めなさい。彼らがこれを聞いて学び、あなたがたの神、主を恐れ、このみおしえのす べてのことばを守り行なうためである。

31:13 これを知らない彼らの子どもたちもこれを聞き、あなたがたが、ヨルダンを渡って、所有しようとしている地で、彼らが生きるかぎり、あなたがたの神、主を恐 れることを学ばなければならない。」

 

口語訳1955

31:9 モーセはこの律法を書いて、主の契約の箱をかつぐレビの子孫である祭司およびイスラエルのすべての長老たちに授けた。

31:10 そしてモーセは彼らに命じて言った、「七年の終りごとに、すなわち、ゆるしの年の定めの時になり、かりいおの祭に、

31:11 イスラエルのすべての人があなたの神、主の前に出るため、主の選ばれる場所に来るとき、あなたはイスラエルのすべての人の前でこの律法を読んで聞かせなけ ればならない。

31:12 すなわち男、女、子供およびあなたの町のうちに寄留している他国人など民を集め、彼らにこれを聞かせ、かつ学ばせなければならない。そうすれば彼らはあな たがたの神、主を恐れてこの律法の言葉を、ことごとく守り行うであろう。

31:13 また彼らの子供たちでこれを知らない者も聞いて、あなたがたの神、主を恐れることを学ぶであろう。あなたがたがヨルダンを渡って行って取る地にながらえる 日のあいだ常にそうしなければならない」。

 

文 語訳1917
31:9 モーセこの律法を書きヱホバの契約の櫃を舁ところのレビの子孫たる祭司およびイスラエルの諸の長老等に授けたり
31:10 而してモーセ彼らに命じて言けるは七年の末年すなはち放釋の年の節期にいたり結茅の節において
31:11 イスラエルの人皆なんぢの神ヱホバの前に出んとてヱホバの選びたまふ處に來らんその時に汝イスラエルの一切の人の前にこの律法を誦てこれに聞すべし
31:12 即ち男女子等および汝の門の内なる他國の人など一切の民を集め彼らをしてこれを聽かつ學ばしむべし然すれば彼等汝らの神ヱホバを畏れてこの律法の言を守り 行はん
31:13 また彼らの子等のこれを知ざる者も之を聞て汝らの神ヱホバを畏るることを學ばん汝らそのヨルダンを濟りゆきて獲ところの地に存ふる日の間つねに斯すべし


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

申命記 31:14−30 

神の最後の指示

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
014
主はモーセに仰せになった、「見よ、お前の死ぬ日 が近づいた。ヨシュアを呼び寄せ、二人で会見の幕屋に立て。わたしは彼に任務を授ける」。モーセとヨシュアは行って、会見の幕屋 に立った。

015主は雲の柱のうちに幕屋に現れた。雲の柱は、幕屋 の入り口に留まった。

016主はモーセに仰せになった、「見よ、お前は、お前 の先祖とともに眠りに就く。しかし、この民は、入っていく土地で出くわす異教の神々の後に従って姦淫を行い、わたしを捨て去り、 わたしが民と結んだ契約を破るであろう。

017その日、わたしの怒りはこの民に対して燃え上が り、わたしは彼らを捨て去り、わたしの顔を隠す。この民は討ち滅ぼされ、多くの災いと苦難が襲うであろう。その日、民は『これら の災いがわたしを襲うのは、わたしのうちにわたしの神がおられないからではないか』と言う。

018確かに、その日、わたしは顔を隠す。民がほかの 神々に向かうことで、あらゆる悪を行ったからである。

019それ故、今、お前たちはこの歌を書き記し、それを イスラエルの子らに教え、彼らの口に置き、この歌をイスラエルの子らに対するわたしの証言とせよ。

020わたしが民の先祖に誓った、乳と蜜の流れる土地に 民を導き入れるとき、民は食べて満ち足り、肥え太り、ほかの神々に向かい、それに仕え、わたしを侮って、わたしの契約を破るであ ろう。

021多くの災いと苦難が襲うとき、この歌が民に対する 証言となるであろう。子孫の口から、その歌が忘れ去られることがないからである。わたしが誓った土地にその民を導き入れる前か ら、わたしは、すでに、その民が今企んでいることを知っていたからである」。

022その日、モーセはこの歌を書き記し、イスラエルの 子らに教えた。

023主はヌンの子ヨシュアに命じて仰せになった、「強 く、雄々しくあれ。お前が、イスラエルの子らをわたしが誓った土地に導き入れるのだ。わたしはお前とともにいる」。

024モーセは律法の言葉を、最後まで書物に書き終えた とき、

025主の契約の櫃を担ぐレビ人に次のように命じた、

026「律法の書を取り、あなたたちの神、主の契約の櫃 の傍らに置き、あなたに対する証言としなさい。

027わたしは、あなたが逆らう者、頑なな者であること を知っている。わたしがあなたとともに生きている今でさえ、あなたたちは主に逆らい背いている。わたしの死後はなおさらのことで あろう。

028あなたたちの部族の長老たちと役人たちをみな、わ たしのもとに呼び集めなさい。わたしはこれらの言葉を彼らに語り聞かせ、天と地を呼んで彼らに対して証人としよう。

029わたしには分かっている。わたしの死後、あなたた ちがきっと堕落して、わたしが命じた道からそれ、後の日に災いが降りかかることを。あなたたちが主の目に悪を行い、あなたたちの 手の業によって主の怒りを引き起こすからである」。

030モーセは、イスラエルの全会衆に、この歌の言葉を 最後まで語り聞かせた、

 


 

新共同訳1987

31:14 主はモーセに言われた。「あなたの死ぬ日は近づいた。ヨシュアを呼び寄せ、共に臨在の幕屋の中に立ちなさい。わたしは彼に任務を授ける。」モーセがヨシュ アと共に臨在の幕屋の中に立つと、

31:15 主は雲の柱のうちに幕屋に現れられた。雲の柱は幕屋の入り口にとどまった。

31:16 主はモーセに言われた。「あなたは間もなく先祖と共に眠る。するとこの民は直ちに、入って行く土地で、その中の外国の神々を求めて姦淫を行い、わたしを捨 てて、わたしが民と結んだ契約を破るであろう。

31:17 その日、この民に対してわたしの怒りは燃え、わたしは彼らを捨て、わたしの顔を隠す。民は焼き尽くされることになり、多くの災いと苦難に襲われる。その日 民は、『これらの災いに襲われるのは、わたしのうちに神がおられないからではないか』と言う。

31:18 わたしはそれでも、その日、必ずわたしの顔を隠す。彼らが他の神々に向かうことにより行ったすべての悪のゆえである。

31:19 あなたたちは今、次の歌を書き留め、イスラエルの人々に教え、それを彼らの口に置き、この歌をイスラエルの人々に対するわたしの証言としなさい。

31:20 わたしがその先祖に誓った乳と蜜の流れる土地に彼を導き入れるとき、彼は食べて満ち足り、肥え太り、他の神々に向かい、これに仕え、わたしを侮ってわたし の契約を破るであろう。

31:21 そして多くの災いと苦難に襲われるとき、この歌は、その子孫が忘れずに唱え続けることにより、民に対する証言となるであろう。わたしは、わたしが誓った土 地へ彼らを導き入れる前から、既に彼らが今日、思い図っていることを知っていたのである。」

31:22 モーセは、その日、この歌を書き記してイスラエルの人々に教えた。

31:23 主はヌンの子ヨシュアに命じて言われた。「強く、また雄々しくあれ。あなたこそ、わたしが彼らに誓った土地にイスラエルの人々を導き入れる者である。わた しはいつもあなたと共にいる。」

31:24 モーセは、この律法の言葉を余すところなく書物に書き終えると、

31:25 主の契約の箱を担ぐレビ人に命じた。

31:26 「この律法の書を取り、あなたたちの神、主の契約の箱の傍らに置き、あなたに対する証言としてそこにあるようにしなさい。

31:27 わたしはあなたがかたくなで背く者であることを知っている。わたしが今日、まだ共に生きているときでさえ、あなたたちは主に背いている。わたしが死んだ後 は、なおさらであろう。

31:28 あなたたちの部族の長老と役人をすべてわたしのもとに集めなさい。わたしはこれらの言葉を彼らに語り聞かせ、天と地を彼らに対する証人とする。

31:29 わたしには分かっている。わたしの死んだ後、あなたたちは必ず堕落して、わたしの命じた道からそれる。そして後の日に、災いがあなたたちにふりかかる。あ なたたちが主が悪と見なされることを行い、その手の業によって主を怒らせるからである。」

◆モーセの歌

31:30 モーセは、イスラエルの全会衆にこの歌の言葉を余すところなく語り聞かせた。

 

新改訳1970

31:14 それから、主はモーセに仰せられた。「今や、あなたの死ぬ日が近づいている。ヨシュアを呼び寄せ、ふたりで会見の天幕に立て。わたしは彼に命令を下そ う。」それで、モーセとヨシュアは行って、会見の天幕に立った。

31:15 主は天幕で雲の柱のうちに現われた。雲の柱は天幕の入口にとどまった。

31:16 主はモーセに仰せられた。「あなたは間もなく、あなたの先祖たちとともに眠ろうとしている。この民は、はいって行こうとしている地の、自分たちの中の、外 国の神々を慕って淫行をしようとしている。この民がわたしを捨て、わたしがこの民と結んだわたしの契約を破るなら、

31:17 その日、わたしの怒りはこの民に対して燃え上がり、わたしも彼らを捨て、わたしの顔を彼らから隠す。彼らが滅ぼし尽くされ、多くのわざわいと苦難が彼らに 降りかかると、その日、この民は、『これらのわざわいが私たちに降りかかるのは、私たちのうちに、私たちの神がおられないからではな いか。』と言うであろう。

31:18 彼らがほかの神々に移って行って行なったすべての悪のゆえに、わたしはその日、必ずわたしの顔を隠そう。

31:19 今、次の歌を書きしるし、それをイスラエル人に教え、彼らの口にそれを置け。この歌をイスラエル人に対するわたしのあかしとするためである。

31:20 わたしが、彼らの先祖に誓った乳と蜜の流れる地に、彼らを導き入れるなら、彼らは食べて満ち足り、肥え太り、そして、ほかの神々のほうに向かい、これに仕 えて、わたしを侮り、わたしの契約を破る。

31:21 多くのわざわいと苦難が彼に降りかかるとき、この歌が彼らに対してあかしをする。彼らの子孫の口からそれが忘れられることはないからである。わたしが誓っ た地に彼らを導き入れる以前から、彼らが今たくらんでいる計画を、わたしは知っているからである。」

31:22 モーセは、その日、この歌を書きしるして、イスラエル人に教えた。

31:23 ついで主は、ヌンの子ヨシュアに命じて言われた。「強くあれ。雄々しくあれ。あなたはイスラエル人を、わたしが彼らに誓った地に導き入れなければならない のだ。わたしが、あなたとともにいる。」

31:24 モーセが、このみおしえのことばを書物に書き終えたとき、

31:25 モーセは、主の契約の箱を運ぶレビ人に命じて言った。

31:26 「このみおしえの書を取り、あなたがたの神、主の契約の箱のそばに置きなさい。その所で、あなたに対するあかしとしなさい。

31:27 私は、あなたの逆らいと、あなたがうなじのこわい者であることを知っている。私が、なおあなたがたの間に生きている今ですら、あなたがたは主に逆らってき た。まして、私の死後はどんなであろうか。

31:28 あなたがたの部族の長老たちと、つかさたちとをみな、私のもとに集めなさい。私はこれらのことばを彼らに聞こえるように語りたい。私は天と地を、彼らに対 する証人に立てよう。

31:29 私の死後、あなたがたがきっと堕落して、私が命じた道から離れること、また、後の日に、わざわいがあなたがたに降りかかることを私が知っているからだ。こ れは、あなたがたが、主の目の前に悪を行ない、あなたがたの手のわざによって、主を怒らせるからである。」

31:30 モーセは、イスラエルの全集会に聞こえるように、次の歌のことばを終わりまで唱えた。

 

口語訳1955

31:14 主はまたモーセに言われた、「あなたの死ぬ日が近づいている。ヨシュアを召して共に会見の幕屋に立ちなさい。わたしは彼に務を命じるであろう」。モーセと ヨシュアが行って会見の幕屋に立つと、

31:15 主は幕屋で雲の柱のうちに現れられた。その雲の柱は幕屋の入口のかたわらにとどまった。

31:16 主はモーセに言われた、「あなたはまもなく眠って先祖たちと一緒になるであろう。そのときこの民はたちあがり、はいって行く地の異なる神々を慕って姦淫を 行い、わたしを捨て、わたしが彼らと結んだ契約を破るであろう。

31:17 その日には、わたしは彼らにむかって怒りを発し、彼らを捨て、わたしの顔を彼らに隠すゆえに、彼らは滅ぼしつくされ、多くの災と悩みが彼らに臨むであろ う。そこでその日、彼らは言うであろう、『これらの災がわれわれに臨むのは、われわれの神がわれわれのうちにおられないからではない か』。

31:18 しかも彼らがほかの神々に帰して、もろもろの悪を行うゆえに、わたしはその日には必ずわたしの顔を隠すであろう。

31:19 それであなたがたは今、この歌を書きしるし、イスラエルの人々に教えてその口に唱えさせ、この歌をイスラエルの人々に対するわたしのあかしとならせなさ い。

31:20 わたしが彼らの先祖たちに誓った、乳と蜜の流れる地に彼らを導き入れる時、彼らは食べて飽き、肥え太るに及んで、ほかの神々に帰し、それに仕えて、わたし を軽んじ、わたしの契約を破るであろう。

31:21 こうして多くの災と悩みとが彼らに臨む時、この歌は彼らに対して、あかしとなるであろう。(それはこの歌が彼らの子孫の口にあって、彼らはそれを忘れない からである。)わたしが誓った地に彼らを導き入れる前、すでに彼らが思いはかっている事をわたしは知っているからである」。

31:22 モーセはその日、この歌を書いてイスラエルの人々に教えた。

31:23 主はヌンの子ヨシュアに命じて言われた、「あなたはイスラエルの人々をわたしが彼らに誓った地に導き入れなければならない。それゆえ強くかつ勇ましくあ れ。わたしはあなたと共にいるであろう」。

31:24 モーセがこの律法の言葉を、ことごとく書物に書き終った時、

31:25 モーセは主の契約の箱をかつぐレビびとに命じて言った、

31:26 「この律法の書をとって、あなたがたの神、主の契約の箱のかたわらに置き、その所であなたにむかってあかしをするものとしなさい。

31:27 わたしはあなたのそむくことと、かたくななこととを知っている。きょう、わたしが生きながらえて、あなたがたと一緒にいる間ですら、あなたがたは主にそむ いた。ましてわたしが死んだあとはどんなであろう。

31:28 あなたがたの部族のすべての長老たちと、つかさたちをわたしのもとに集めなさい。わたしはこれらの言葉を彼らに語り聞かせ、天と地とを呼んで彼らにむかっ てあかしさせよう。

31:29 わたしは知っている。わたしが死んだのち、あなたがたは必ず悪い事をして、わたしが命じた道を離れる。そして後の日に災があなたがたに臨むであろう。これ は主の悪と見られることを行い、あなたがたのすることをもって主を怒らせるからである」。

31:30 そしてモーセはイスラエルの全会衆に次の歌の言葉を、ことごとく語り聞かせた。

 

文 語訳1917
31:14 ヱホバまたモーセに言たまひけるは視よ汝の死る日近しヨシユアを召てともに集會の幕屋に立て我かれに命ずるところあらんとモーセとヨシユアすなはち往て集 會の幕屋に立けるに
31:15 ヱホバ幕屋において雲の柱の中に現はれたまへりその雲の柱は幕屋の門口の上に駐まれり
31:16 ヱホバ、モーセに言たまひけるは汝は先祖たちとともに寝らん此民は起あがりその往ところの他國の神々を慕ひて之と姦淫を行ひかつ我を棄て我が彼らとむすび し契約を破らん
31:17 その日には我かれらにむかひて怒を發し彼らを棄て吾面をかれらに隱すべければ彼らは呑ほろぼされ許多の災害と艱難かれらに臨まん是をもてその日に彼ら言ん 是等の災禍の我らにのぞむは我らの神ヱホバわれらとともに在さざるによるならずやと
31:18 然るも彼ら諸の惡をおこなひて他の神々に歸するによりて我その日にはかならず吾面をかれらに隱さん
31:19 然ば汝ら今この歌を書きイスラエルの子孫にこれをヘへてその口に念ぜしめ此歌をしてイスラエルの子孫にむかひて我の證とならしめよ
31:20 我かれらの先祖たちに誓ひし乳と蜜の流るる地にかれらを導きいらんに彼らは食ひて飽き肥太るにおよばば翻へりて他の神々に歸してこれに事へ我を軽んじ吾契 約を破らん
31:21 而して許多の災禍と艱難彼らに臨むにいたる時はこの歌かれらに對ひて證をなす者とならん其はこの歌かれらの口にありて忘るることなかるべければなり我いま だわが誓ひし地に彼らを導きいらざるに彼らは早く已に思ひ量る所あり我これを知ると
31:22 モーセすなはちその日にこの歌を書てこれをイスラエルの子孫にヘへたり
31:23 ヱホバまたヌンの子ヨシユアに命じて曰たまはく汝はイスラエルの子孫を我が其に誓ひし地に導きいるべきが故に心を強くしかつ勇め我なんぢとともに在べしと
31:24 モーセこの律法の言をことごとく書に書しるすことを終たる時
31:25 モーセ、ヱホバの契約の櫃を舁ところのレビ人に命じて言けるは
31:26 この律法の書をとりて汝らの神ヱホバの契約の櫃の傍にこれを置き之をして汝にむかひて證をなす者たらしめよ
31:27 我なんぢの悖る事と頑梗なるとを知る見よ今日わが生存へて汝らとともにある間すら汝らはヱホバに悖れり况てわが死たる後においてをや
31:28 汝らの諸支派の長老等および牧伯たちを吾許に集めよ我これらの言をかれらに語り聞せ天と地とを呼てかれらに證をなさしめん
31:29 我しる我が死たる後には汝ら必らず惡き事を行ひ我が汝らに命ぜし道を離れん而して後の日に災害なんぢらに臨まん是なんぢらヱホバの惡と觀たまふ事をおこな ひ汝らの手の行爲をもてヱホバを怒らするによりてなり
31:30 かくてモーセ、イスラエルの全會衆にこの歌の言をことごとく語り聞せたり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 ヨハ 2:24-25

2:24 しかしイエスご自身は、彼らに自分をお任せにならなかった。それは、すべての人を知っておられ、

2:25 また人についてあかしする者を、必要とされなかったからである。それは、ご自身人の心の中にあることを知っておられたからである。

 

口 語訳 使  20:29

20:29 わたしが去った後、狂暴なおおかみが、あなたがたの中にはいり込んできて、容赦なく群れを荒すようになることを、わたしは知ってい る。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 ヨハ 12:47-48

12:47 たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその人をさばかない。わたしがきたのは、この世をさばくため ではなく、この世を救うためである。

12:48 わたしを捨てて、わたしの言葉を受けいれない人には、その人をさばくものがある。わたしの語ったその言葉が、終りの日にその人をさば くであろう。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 ヨハ 5:45

5:45 わたしが父にあなたたちを訴えるなどと、考えてはならない。あなたたちを訴えるのは、あなたたちが頼りにしているモーセなのだ。

 

(日) 新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************