****************************************

コヘレトの言葉 12:1−7     

人生の最後の日々

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
コヘレトの言葉12

フランシスコ訳聖書 Ecc <12>章 聖書本文

◆人生の最後の日々

001お前の青春の日々に、

お前の造り主を心に刻め。

苦しみに満ちた日々が来ないうちに、

「わたしにはもはや生きる楽しみはない」

という歳月が訪れないうちに。

002太陽と光、

月と星が暗くなり、

雨の後に雲が戻ってくる前に。

003その日には、

家を守る者は震え、屈強な男たちも身を屈め、

石臼をひく女たちは数が減って仕事をやめ、

窓から眺める女たちはその美しさを失ってしまう。

004通りに面する扉は閉ざされ、

石臼をひく音はかすかになり、

小鳥のさえずりは遠のき、

歌声はことごとく低くなる。

005彼らは、高い所を怖がり、

道を歩くのさえも恐れる。

アーモンドの花は咲き、

蝗はのろのろ歩き、

アビヨナの花は開く。

人が永遠の住まいに赴こうとしているので、

泣き人たちは通りを歩き回る。

006銀の紐は切れ、

金の器は割れ、

水瓶は泉のほとりで砕け、

井戸の滑車が壊れないうちに、

007塵は元の土に返り、

息吹は、これを授けられた神のもとに帰る。


 

新共同訳1987

12:1 青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。「年を重ねることに喜びはない」と/言う年齢にならないうちに。

12:2 太陽が闇に変わらないうちに。月や星の光がうせないうちに。雨の後にまた雲が戻って来ないうちに。

12:3 その日には/家を守る男も震え、力ある男も身を屈める。粉ひく女の数は減って行き、失われ/窓から眺める女の目はかすむ。

12:4 通りでは門が閉ざされ、粉ひく音はやむ。鳥の声に起き上がっても、歌の節は低くなる。

12:5 人は高いところを恐れ、道にはおののきがある。アーモンドの花は咲き、いなごは重荷を負い/アビヨナは実をつける。人は永遠の家へ去り、泣き手は町を巡 る。

12:6 白銀の糸は断たれ、黄金の鉢は砕ける。泉のほとりに壺は割れ、井戸車は砕けて落ちる。

12:7 塵は元の大地に帰り、霊は与え主である神に帰る。

 

新改訳1970

12:1 あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」と言う年月が近づく前に。

12:2 太陽と光、月と星が暗くなり、雨の後にまた雨雲がおおう前に。

12:3 その日には、家を守る者は震え、力のある男たちは身をかがめ、粉ひき女たちは少なくなって仕事をやめ、窓からながめている女の目は暗くなる。

12:4 通りのとびらは閉ざされ、臼をひく音も低くなり、人は鳥の声に起き上がり、歌を歌う娘たちはみなうなだれる。

12:5 彼らはまた高い所を恐れ、道でおびえる。アーモンドの花は咲き、いなごはのろのろ歩き、ふうちょうぼくは花を開く。だが、人は永遠の家へと歩いて行き、嘆 く者たちが通りを歩き回る。

12:6 こうしてついに、銀のひもは切れ、金の器は打ち砕かれ、水がめは泉のかたわらで砕かれ、滑車が井戸のそばでこわされる。

12:7 ちりはもとあった地に帰り、霊はこれを下さった神に帰る。

 

口語訳1955

12:1 あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に、

12:2 また日や光や、月や星の暗くならない前に、雨の後にまた雲が帰らないうちに、そのようにせよ。

12:3 その日になると、家を守る者は震え、力ある人はかがみ、ひきこなす女は少ないために休み、窓からのぞく者の目はかすみ、

12:4 町の門は閉ざされる。その時ひきこなす音は低くなり、人は鳥の声によって起きあがり、歌の娘たちは皆、低くされる。

12:5 彼らはまた高いものを恐れる。恐ろしいものが道にあり、あめんどうは花咲き、いなごはその身をひきずり歩き、その欲望は衰え、人が永遠の家に行こうとする ので、泣く人が、ちまたを歩きまわる。

12:6 その後、銀のひもは切れ、金の皿は砕け、水がめは泉のかたわらで破れ、車は井戸のかたわらで砕ける。

12:7 ちりは、もとのように土に帰り、霊はこれを授けた神に帰る。



文語訳1917
12:1 汝の少き日に汝の造主を記えよ 即ち惡き日の來り年のよりて我は早何も樂むところ無しと言にいたらざる先
12:2 また日や光明や月や星の暗くならざる先 雨の後に雲の返らざる中に汝然せよ
12:3 その日いたる時は家を守る者は慄ひ 力ある人は屈み 磨碎者は寡きによりて息み 窓より窺ふ者は目昏むなり
12:4 磨こなす聲低くなれば衢の門は閉づ その人は鳥の聲に起あがり 歌の女子はみな身を卑くす
12:5 かかる人々は高き者を恐る畏しき者多く途にあり 巴旦杏は花咲くまた蝗もその身に重くその嗜欲は廢る 人永遠の家にいたらんとすれば哭婦衢にゆきかふ
12:6 然る時には銀の紐は解け金の盞は碎け吊瓶は泉の側に壞れ轆轤は井の傍に破ん
12:7 而して塵は本の如くに土に皈り 霊魂はこれを賦けし神にかへるべし

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 マタ 24:29

24:29 しかし、その時に起る患難の後、たちまち日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろ う。

 

口 語訳 黙  18:22

18:22 また、おまえの中では、立琴をひく者、歌を歌う者、笛を吹く者、ラッパを吹き鳴らす者の楽の音は全く聞かれず、あらゆる仕事の職人た ちも全く姿を消し、また、ひきうすの音も、全く聞かれない。

 

口 語訳 ルカ 23:46

23:46 そのとき、イエスは声高く叫んで言われた、「父よ、わたしの霊をみ手にゆだねます」。こう言ってついに息を引きとられた。

 

口 語訳 使  7:59

7:59 こうして、彼らがステパノに石を投げつけている間、ステパノは祈りつづけて言った、「主イエスよ、わたしの霊をお受け下さい」。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 マタ 24:29

24:29 「その苦難の日々の後、たちまち/太陽は暗くなり、/月は光を放たず、/星は空から落ち、/天体は揺り動かされる。

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

コヘレトの言葉 12:8−14    

後書き

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆あとがき

008コヘレトは言う、

「空の空、一切は空」。

009コヘレトは知恵ある者であった ばかりでなく、

人々に知識を授けた。

彼は思索し、探究し、多くの箴言をまとめた。

010コヘレトは心を砕いて適切な言 葉を選び出し、

真理の言葉を正しく書き残した。

011知恵ある者の言葉は突き棒のよ うであり、

その語録はよく打ち込まれた杭のようである。

それらの言葉は一人の牧者から

与えられたものである。

012わが子よ、次のことにも心を留 めよ。

多くの書物を書くことは限りのないことであり、

多くのものを研究すると、体が疲れることを。

013最後に、すでに耳にしたすべて のことを要約すると、

こうなる。

神を畏れ、その掟を守れ。

これは、すべての人間のなすべきことである。

014神は、すべての業を、

隠れたこともすべて、

それが善であれ、悪であれ、

裁かれるからである。


 

新共同訳1987

12:8 なんと空しいことか、とコヘレトは言う。すべては空しい、と。

12:9 コヘレトは知恵を深めるにつれて、より良く民を教え、知識を与えた。多くの格言を吟味し、研究し、編集した。

12:10 コヘレトは望ましい語句を探し求め、真理の言葉を忠実に記録しようとした。

12:11 賢者の言葉はすべて、突き棒や釘。ただひとりの牧者に由来し、収集家が編集した。

12:12 それらよりもなお、わが子よ、心せよ。書物はいくら記してもきりがない。学びすぎれば体が疲れる。

12:13 すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」これこそ、人間のすべて。

12:14 神は、善をも悪をも/一切の業を、隠れたこともすべて/裁きの座に引き出されるであろう。

 

新改訳1970

12:8 空の空。伝道者は言う。すべては空。

12:9 伝道者は知恵ある者であったが、そのうえ、知識を民に教えた。彼は思索し、探求し、多くの箴言をまとめた。

12:10 伝道者は適切なことばを見いだそうとし、真理のことばを正しく書き残した。

12:11 知恵ある者のことばは突き棒のようなもの、編集されたものはよく打ちつけられた釘のようなものである。これらはひとりの羊飼いによって与えられた。

12:12 わが子よ。これ以外のことにも注意せよ。多くの本を作ることには、限りがない。多くのものに熱中すると、からだが疲れる。

12:13 結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

12:14 神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。

 

口語訳1955

12:8 伝道者は言う、「空の空、いっさいは空である」と。

12:9 さらに伝道者は知恵があるゆえに、知識を民に教えた。彼はよく考え、尋ねきわめ、あまたの箴言をまとめた。

12:10 伝道者は麗しい言葉を得ようとつとめた。また彼は真実の言葉を正しく書きしるした。

12:11 知者の言葉は突き棒のようであり、またよく打った釘のようなものであって、ひとりの牧者から出た言葉が集められたものである。

12:12 わが子よ、これら以外の事にも心を用いよ。多くの書を作れば際限がない。多く学べばからだが疲れる。

12:13 事の帰する所は、すべて言われた。すなわち、神を恐れ、その命令を守れ。これはすべての人の本分である。

12:14 神はすべてのわざ、ならびにすべての隠れた事を善悪ともにさばかれるからである。



文語訳1917
12:8 傳道者云ふ空の空なるかな皆空なり
12:9 また傳道者は智慧あるが故に恒に知識を民にヘへたり 彼は心をもちひて尋ね究め許多の箴言を作れり
12:10 傳道者は務めて佳美き言詞を求めたり その書しるしたる者は正直して眞實の言語なり
12:11 智者の言語は刺鞭のごとく 會衆の師の釘たる釘のごとくにして 一人の牧者より出し者なり
12:12 わが子よ是等より訓誡をうけよ 多く書をつくれば竟なし 多く學べば體疲る
12:13 事の全體の皈する所を聽べし 云く 神を畏れその誡命を守れ 是は諸の人の本分たり
12:14 神は一切の行爲ならびに一切の隠れたる事を善惡ともに審判たまふなり

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 12:36

12:36 あなたがたに言うが、 審判の日には、人はその語る無益な言葉に対して、言い開きをしなければならないであろう。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 使  2:37

2:37 人々はこれを聞いて、強く心を刺され、ペテロやほかの使徒たちに、「兄弟たちよ、わたしたちは、どうしたらよいのでしょうか」と言った。

 

口語訳 マタ 10:26

10:26 だから彼らを恐れるな。おおわれたもので、現れてこないものはなく、隠れているもので、知られてこないものはない。

 

口語訳 マタ 12:36

12:36 あなたがたに言うが、審判の日には、人はその語る無益な言葉に対して、言い開きをしなければならないであろう。

 

口語訳 使  17:30-31

17:30 神は、このような無知の時代を、これまでは見過ごしにされていたが、今はどこにおる人でも、みな悔い改めなければならないことを命じておられる。

17:31 神は、義をもってこの世界をさばくためその日を定め、お選びになったかたによってそれをなし遂げようとされている。すなわち、このかたを死人の中からよみ がえらせ、その確証をすべての人に示されたのである」。

 

口語訳 ロマ 2:16

2:16 そして、これらのことは、わたしの福音によれば、神がキリスト・イエスによって人々の隠れた事がらをさばかれるその日に、明らかにされるであろう。

 

口語訳 ロマ 14:10-12

14:10 それだのに、あなたは、なぜ兄弟をさばくのか。あなたは、なぜ兄弟を軽んじるのか。わたしたちはみな、神のさばきの座の前に立つのである。

14:11 すなわち、/「主が言われる。わたしは生きている。すべてのひざは、わたしに対してかがみ、/すべての舌は、神にさんびをささげるであろう」/と書いてあ る。

14:12 だから、わたしたちひとりびとりは、神に対して自分の言いひらきをすべきである。

 

口語訳 Tコリ4:5

4:5 だから、主がこられるまでは、何事についても、先走りをしてさばいてはいけない。主は暗い中に隠れていることを明るみに出し、心の中で企てられていること を、あらわにされるであろう。その時には、神からそれぞれほまれを受けるであろう。

 

口語訳 Uコリ5:10

5:10 なぜなら、わたしたちは皆、キリストのさばきの座の前にあらわれ、善であれ悪であれ、自分の行ったことに応じて、それぞれ報いを受けねばならないからであ る。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 ロマ 2:16

2:16 そのことは、神が、わたしの福音の告げるとおり、人々の隠れた事柄をキリスト・イエスを通して裁かれる日に、明らかになるでしょう。

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ルカ 23:46

23:46 イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。

 

新共同 使  7:52

7:52 いったい、あなたがたの先祖が迫害しなかった預言者が、一人でもいたでしょうか。彼らは、正しい方が来られることを預言した人々を殺しました。そして今 や、あなたがたがその方を裏切る者、殺す者となった。

 

新共同 マタ 12:36

12:36 言っておくが、人は自分の話したつまらない言葉についてもすべて、裁きの日には責任を問われる。

 

新共同 使  17:31

17:31 それは、先にお選びになった一人の方によって、この世を正しく裁く日をお決めになったからです。神はこの方を死者の中から復活させて、すべての人にそのこ との確証をお与えになったのです。」

 

新共同 ロマ 2:16

2:16 そのことは、神が、わたしの福音の告げるとおり、人々の隠れた事柄をキリスト・イエスを通して裁かれる日に、明らかになるでしょう。

 

新共同 ロマ 14:10

14:10 それなのに、なぜあなたは、自分の兄弟を裁くのですか。また、なぜ兄弟を侮るのですか。わたしたちは皆、神の裁きの座の前に立つのです。

 

新共同 Tコリ4:5

4:5 ですから、主が来られるまでは、先走って何も裁いてはいけません。主は闇の中に隠されている秘密を明るみに出し、人の心の企てをも明らかにされます。その とき、おのおのは神からおほめにあずかります。

 

新共同 Uコリ5:10

5:10 なぜなら、わたしたちは皆、キリストの裁きの座の前に立ち、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行ったことに応じて、報いを受けねばな らないからです。

 

****************************************