聖書で聖書を読む

旧 約聖書

翻訳比較と新約聖書の引照

 

 

出 エジプト記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋照男 編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに

 

本書は、日本語訳旧約聖書の翻訳比較と各国語(英・米・仏・独・日)の旧約聖書に付された新約聖書の引照を 編集したものである。

聖書は古来これを素読するときに非常なる力が発揮されることは多くの人によって実証されている。本書はその 「聖書素読」を助けるために編集したものである。本書を読めば聖書勉強において必ず大きな満足が得られる。

翻訳比較の意義は、一つの翻訳では意味がわかりにくい場合、複数の翻訳を読むと意味が通ずるところにある。

旧約聖書に付された新約聖書の引照を編集する意義は、旧約聖書を新約聖書の光で読むべきところにある。初代 教会のキリスト信徒達は旧約聖書はイエス・キリストの到来を予告していたのだと読んだ。引照も素読するとよい。旧約のベールが取 り除かれたような感じがする。

このような方法で個々人が直接聖書に接することにより、神の恩恵によっていつの日にか「罪の赦しによる永遠 の生命と復活信仰の希望に生きる」幸福な人生になることを願うものである。

 

本書編集のために協力をしてくださった多くの方々に感謝する。

 

 

 

 

 

 

2021年

編者 高橋照男

 

 

 

 

 

凡 例

 

****************************************

底本

 

****************************************

分類標題

70人訳ギリシャ語聖書 秦剛平訳・・・河出 書房

新共同訳(36章8節以下)・・・・・・日本 聖書協会

 

****************************************

翻訳比較
        聖書協会共同訳2018・・・・・日 本聖書協会

               
                 フランシスコ会訳2013・・・・・・・・・サンパウロ

 

文語訳1917  ・・・・・・・日本聖書協会
     
     新共同訳1987・・・・・・・ 日本聖書協会

 

新改訳1970・・・・・・・・ 日本聖書刊行会

 

口語訳1955・・・・・・・・ 日本聖書協会

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべて を拾う・・・

 

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

      欽定訳と呼ばれている英訳聖書の古典。その引照付き聖書。口語訳対 応。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

   米国ではスコフィールド(米国1843-1921)の引照が古くから定番。口語訳対応。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

   世界初のカトリック・プロテスタント共同訳の新版。簡潔で味わい深 いこの引照は定評がある。口語訳対応。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

      ドイツで現在も圧倒的に読まれているルター訳聖書(ドイツ聖書協会 発行)の引照。

    新共同訳対応

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987   

口語訳の引照をもとにエルサレムバイブルなどを参考にして改定してある。

新共同訳対応。

    

 

 

 

 

****************************************

 聖書 コード(パ ソコンを使用したために聖書コードを付してあるものがある)

 

 章節先頭コード 

マタイ40 マルコ41 ルカ42 ヨハネ43 使徒44 ローマ 45 1コリ46 2コリ47 ガラ48 エペソ49 ピリ50 コロサ51 1テサ52 2テサ53 1テモ54 2テモ55 テ ト56 ピレ57 ヘブル58 ヤコブ59 1ペテ60 2ペテ61 1ヨハ62 2ヨハ63 

3ヨハ64 ユダ65 モクシ66 

 

 例 マタイ1章1節は400101

 

 

****************************************

 聖書の引用について

 

日本聖書協会訳を軸にして、その他の訳はこれと比較勉強するために 「引用」した。

日 本聖書協会2003年6月10日、2004年5月31日、使用許可済み

 

 

****************************************

インターネット

本 書の内容はインターネットによるホームページに掲載してある。

ホームページURL http://www.asahi-net.or.jp/~ej2t-tkhs/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出 エジプト記標題一覧

(70人訳ギリシャ語聖書・秦剛平訳による。但し、36章8節以下は新共同訳)

 

章と節の表示は新共同訳

( )内小文字は口語訳

 

1・エジプ トの圧政(1:1〜22) 

1:1−7   イスラエルの子らの繁栄

1:8−14  エジプトの新王とイスラエルの子ら

1:15−22 ファラオ,生まれた男子の殺害を命じる

 

2・モーセ の召命(2:1〜7:7)

2:1−10  沼地に捨てられたヘブルびとの永嬰 児

2:11−22 モーセ、ミディアンの地へ逃亡する

2:23−25 神、イスラエルの子らの伸銀吟を聞 く

3:1−6   主、燃える茨の中からモーセに呼び かける

3:7−12  主、モーセを召し出す

3:13−21 神、その名をモーセに啓示する

4:1−9   神、モーセに不思議を行う力を与え る

4:10−17 モーセの躊躇と代弁者アロン

4:18−23 モーセ、エジプトに戻る

4:24−26 ツィポラ、息子に割礼を施す

4:27−31 モーセとアロンの出会い

5:1−13  ファラオとの出国交渉

5:14−21 下役たちがファラオに訴える

5:22−23 モーセ、主に訴え出る

6:1     主、モーセに答える

6:2−13  主、モーセに使命を与える

6:14−27 モーセとアロンの系譜

6:28−30 モーセの使命

7:1−7   主、モーセとアロンに命じる

 

3・十の災 害と出エジプト(7:8〜15:21)

   7:8−13  奇蹟の競演

    7:14−24 第一の血の災禍

    7:25−29、8:1−11 第二の蛙の災禍 (7:25、8:1−15

8:12−15 第三の毛虱(新共同訳はぶよ)の災禍 (8:16−19

8:16−28 第四の犬蝿の災禍(新共同訳はあぶ) (8:20−32

    9:1−7   第五の疫病の災禍 

    9:8−12  第六の腫れものの災禍

    9:13−35 第七の雹の災禍

   10:1−20  第八の蝗の災禍

   10:21−29 第九の闇の災禍

   11:1−10  第十の災禍の予告

   12:1−14  主の過越について

   12:15−20 種なしのパンを食べることについて

   12:21−28 モーセ、長老たちに過越を掟とする

   12:29−30 第10の初子の災禍

   12:31−42 イスラエルの子ら,エジプトを脱出する

   12:43−51 過越の羊の規定を告げる

   13:1−2   主、モーセに初子の聖別を命じる

   13:3−10  種なしのパンに関するもうひとつの規定

   13:11−16 初子について

   13:17−22 神、火の柱と雲の柱で導く

   14:1−25  エリュトラ海での奇蹟

   14:26−30 エジプト人たちの壊滅

   15:1−21  海のうた

   

4・シナイ 山への旅(15:22〜18:27)

  15:22−27 マラの苦い水

   16:1−36  鶉(うずら)とマナ

   17:1−7   ホレブの岩の水

   17:8−15  アマレクとの戦い

   18:1−12  エトロ、モーセの宿営地を訪れる

   18:13−23 エトロ、モーセに助言する

   18:24−27 モーセ、民を裁く者たちを任命する

 

5・シナイ 山における律法の授与(19:1〜24:18)

  19:1−2   イスラエルの子ら,シナイに 到着する

   19:3−8   神,モーセに語りかける

   19:9−15  モーセ、民を清める

   19:16−25 神、シナイ山に顕現する

   20:1−17  10の言葉(十戒)

   20:18−21 民、神の臨在を恐れる

   20:22−26 偶像と祭壇に関する定め

  21:1−11  奴隷に関する定め

   21:12−17 死に価する罪について

  21:18−32 相手の身体に傷をつけたり死 なせた場合

   21:33−36 他人の所有物に損害を与えた場合

   21:37,22:1−14 盗みと保管 (22:1,22:2−15

   22:15−16 処女の娘を誘惑した場合 (22:16−17

   22:17−19 呪術師たちや家畜と寝る者 (22:18−20

   22:20−26 人道的な行動 (22:21−27

   22:27−30 神々を罵ってはならない (22:28−31

   23:1−3   法廷において

   23:4−5   絶対者の牛や驢馬が倒れていた場合

   23:6−9   裁判において

   23:10−11 七年目の休墾について

   23:12−13 安息日について

   23:14−19 祭について

   23:20−33 さまざまな警告

   24:1−11  主,契約を結ぶ

   24:12−14 モーセ、神の山に登る

   24:15−18 シナイ山を覆う

 

6・幕屋に 関する規定(25:1〜31:18)

  25:1−9   献納物と幕屋の建設の指示

  25:10−22 証しの箱

  25:23−30 供えのパンの机

  25:31−40 燭台

  26:1−14  主、幕屋の覆いの製作を命じ る

  26:15−30 幕屋の壁板と横木の製作

  26:31−35 至聖所の垂れ幕の製作

  26:36−37 幕屋の入り口の幕の製作

  27:1−8   祭壇の製作

  27:9−19  幕屋を囲む庭の製作

  27:20−21 灯し火用の油と常夜灯

  28:1−5   祭服

  28:6−14  エフォド

  28:15−30 アロンとその子らの衣服

  28:31−35 外衣

  28:36−38 額当て

  28:39−43 アロンとその子らの衣服

  29:1−9   アロンとその子らの聖別の儀 式

  29:10−37 叙任のときの奉献

  29:38−46 常供の献納物

  30:1−10  香をたく祭壇のつくり方

  30:11−16 人口登録と命の代償

  30:17−21 手足の洗い清め

  30:22−33 聖別の油のつくり方と聖別

  30:34−38 証しの幕屋の中に置く香料

  31:1−11  技術者の任命

  31:12−18 安息日の遵守

  

7・偶像礼拝(32:1〜34:35)

  32:1−6   アロン、金の雄牛を鋳造する

   32:7−14  モーセの嘆願

   32:15−24 モーセ、石板と金の雄牛を砕く

   32:25−29 レビびとの熱心と忠誠

   32:30−35 モーセ、民の罪の贖いのために山に登る

   33:1−6   民の嘆き

   33:7−11  証しの幕屋とモーセ

   33:12−17 主,民とともに行く

   33:18−23 主の栄光の顕現について

   34:1−28  十戒の石板、再びモーセに与えられる

   34:29−35 モーセの顔の輝き

 

8:幕屋の 構成と建設(35:1〜40:38)

  35:1−3   モーセ、安息日の遵守を訴え る

   35:4−29  幕屋建設の準備

   35:30−35 ベツァルエル、技術者に任命される

   36:1−7   ベツァルエルら、聖所での仕事を行う

   36:8−19  幕屋を覆う幕

   36:20−34 幕屋の壁板と横木

   36:35−36 至聖所の垂れ幕

   36:37−38 天幕の入り口の幕

   37:1−5   掟の箱

   37:6−9   贖いの座

   37:10−16 机

   37:17−24 燭台

   37:25−29 香をたく祭壇

   38:1−8   祭壇

   38:9−20  幕屋を囲む庭

   38;21−31 幕屋の建設材料の記録

   39:1     アロンの祭服

   39:2−7   エフォド

   39:8−21  胸当て

   39:22−26 上着

   39:27−31 その他の衣服

   39:32−43 幕屋建設の準備完了

   40:1−33  幕屋建設の命令

   40:34−38 主の栄光