****************************************

出エジプト記 27:1−8

祭壇の製作

  

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
001
アカシヤ材で縦五アンマ、横五アンマの祭壇を造 れ。祭壇は四角で、その高さは三アンマとする。

002その四隅の上に角を作る。角は祭壇から生えている ように作り、全体を青銅で覆う。

003また灰を運び出すための壺、十能、鉢、肉刺し、火 皿を作り、これらの備品はみな青銅で造る。

004祭壇のために網細工の格子を青銅で造り、網の四隅 に青銅の環を四つ造る。

005祭壇の下部に網格子を取り付け、その高さは祭壇の 半ばまで達するようにする。

006祭壇用の棒をアカシヤ材で作り、青銅で覆う。

007その棒は祭壇が運ばれるとき、環に通され、両側に あるようにする。

008祭壇は板で造り、中を空洞にする。山でお前に示さ れたとおりに造れ」。


 

新共同訳1987

27:1 アカシヤ材で祭壇を造りなさい。縦五アンマ、横五アンマの正方形、高さは三アンマとする。

27:2 祭壇の四隅にそれぞれ角を作り、祭壇から生えているように作り、全体を青銅で覆う。

27:3 灰を取る壺、十能、鉢、肉刺し、火皿などの祭具はすべて青銅で作る。

27:4 祭壇の下部には青銅の網目作りの格子を付ける。その網の四隅に青銅の環四個を取り付ける。

27:5 網目格子は祭壇の半ばの高さにある、張り出した棚の下の部分に付ける。

27:6 祭壇を担ぐためにアカシヤ材の棒を作り、それを青銅で覆う。

27:7 この棒を環に差し込み、祭壇を運ぶとき、その両側に棒があるように整えておく。

27:8 祭壇は板で造り、中を空洞にする。山であなたに示されたとおりに造りなさい。

 

新改訳1970

27:1 祭壇をアカシヤ材で作る。その祭壇は長さ五キュビト、幅五キュビトの四角形でなければならない。高さは三キュビトとする。

27:2 その四隅の上に角を作る。その角は祭壇の一部でなければならない。青銅をその祭壇にかぶせる。

27:3 灰を取るつぼ、十能、鉢、肉刺し、火皿を作る。祭壇の用具はみな、青銅で作らなければならない。

27:4 祭壇のために、青銅の網細工の格子を作り、その網の上の四隅に、青銅の環を四個作る。

27:5 その網を下方、祭壇の出張りの下に取りつけ、これを祭壇の高さの半ばに達するようにする。

27:6 祭壇のために、棒を、アカシヤ材の棒を作り、それらに青銅をかぶせる。

27:7 それらの棒は環に通されなければならない。祭壇がかつがれるとき、棒は祭壇の両側にある。

27:8 祭壇は中をからにして板で作らなければならない。山であなたに示されたところにしたがって、彼らはこれを作らなければならない。

 

口語訳1955

27:1 あなたはまたアカシヤ材で祭壇を造らなければならない。長さ五キュビト、幅五キュビトの四角で、高さは三キュビトである。

27:2 その四すみの上にその一部としてそれの角を造り、青銅で祭壇をおおわなければならない。

27:3 また灰を取るつぼ、十能、鉢、肉叉、火皿を造り、その器はみな青銅で造らなければならない。

27:4 また祭壇のために青銅の網細工の格子を造り、その四すみで、網の上に青銅の環を四つ取り付けなければならない。

27:5 その網を祭壇の出張りの下に取り付け、これを祭壇の高さの半ばに達するようにしなければならない。

27:6 また祭壇のために、さおを造らなければならない。すなわちアカシヤ材で、さおを造り、青銅で、これをおおわなければならない。

27:7 そのさおを環に通し、さおを祭壇の両側にして、これをかつがなければならない。

27:8 祭壇は板で空洞に造り、山で示されたように、これを造らなければならない。

 


文 語訳1917
27:1 汝合歓木をもて長五キユビト濶五キユビトの壇を作るべしその壇は四角その高は三キユビトなるべし
27:2 その四隅の上に其の角を作りてその角を其より出しめその壇には銅を着すべし
27:3 又灰を受る壷と火?と鉢と肉叉と火鼎を作るべし壇の器は皆銅をもて之を作るべし
27:4 汝壇のために銅をもて金網を作りその網の上にその四隅に銅の鐶を四箇作るべし
27:5 而してその網を壇の中程の邊の下に置て之を壇の半に達せしむべし
27:6 又壇のために杠を作るべし即ち合歓木をもて杠を造り銅をこれに着すべし
27:7 その杠を鐶に貫きその杠を壇の兩旁にあらしめて之を舁べし
27:8 壇は汝板をもて之を空に造り汝が山にて示されしごとくにこれを造るべし


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 使  7:44

7:44 わたしたちの先祖には、荒野にあかしの幕屋があった。それは、見たままの型にしたがって造るようにと、モーセに語ったかたのご命令ど おりに造ったものである。

 

口 語訳 ヘブ 8:5

8:5 彼らは、天にある聖所のひな型と影とに仕えている者にすぎない。それについては、モーセが幕屋を建てようとしたとき、御告げを受け、 「山で示された型どおりに、注意してそのいっさいを作りなさい」と言われたのである。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

出エジプト記 27:9−19

幕屋を囲む庭の製作

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
009
「次に住居の庭を造れ。庭のために南側に面して亜 麻のより糸で織った長さ百アンマの幔幕を張り、

010そのために柱二十本、台座二十を青銅で造る。柱の 鉤と桁は銀で造る。

011同じように北側にも長さ百アンマの幔幕を張り、そ の柱二十本と二十の台座を青銅で造り、柱の鉤と桁は銀で造る。

012庭の西側には幅五十アンマの幔幕を張り、十本の柱 と十の台座を造る。

013庭の前面、すなわち東側の幅は五十アンマとする。

014門の片側の幔幕は十五アンマで、三本の柱と三つの 台座、

015他の側の幔幕も十五アンマで、三本の柱と三つの台 座で、それぞれの幕を張る。

016庭の門には二十アンマのとばりを造る。それは青と 紫と緋色の糸と亜麻のより糸を用いた色とりどりの織物で、そのために四本の柱と四つの台座を造る。

017庭を囲むすべての柱は銀の桁でつなぎ、柱の鉤は 銀、台座は青銅で造る。

018庭の長さは百アンマ、幅は五十アンマ、幔幕の高さ 五アンマで亜麻のより糸で造り、その台座は青銅で造る。

019住居のすべての備品については、その用途が何であ れ、住居の杭も庭の杭もすべて青銅で造る」。


 

新共同訳1987

27:9 次に、幕屋を囲む庭を造りなさい。庭の南側に面して、その側のために亜麻のより糸で織った長さ百アンマの幔幕を張る。

27:10 そのために、二十本の柱と二十個の台座を青銅で作り、柱の鉤と桁は銀で作る。

27:11 同じようにして、北側に長さ百アンマの幔幕を張り、二十本の柱と二十個の台座を青銅で、柱の鉤と桁は銀で作る。

27:12 庭の西側には幅五十アンマの幔幕を張り、十本の柱と十個の台座を作る。

27:13 庭の東側の幅も五十アンマとし、

27:14 十五アンマの幔幕を三本の柱と三個の台座によって右に、

27:15 同じく、十五アンマの幔幕を三本の柱と三個の台座によって左に張る。

27:16 庭の入り口には、青、紫、緋色の毛糸、および亜麻のより糸で織ったつづれ織の二十アンマの幕を張り、四本の柱と四個の台座を作る。

27:17 庭を囲むすべての柱は銀の桁でつなぎ合わせる。柱の鉤は銀、台座は青銅で作る。

27:18 この庭の奥行きは百アンマ、間口は五十アンマである。幔幕は高さ五アンマで、亜麻のより糸で織る。台座は青銅で作る。

27:19 また、幕屋で祭儀に用いる祭具、幕屋や庭の杭などすべては青銅で作る。

 

新改訳1970

27:9 幕屋の庭を造る。南側に面して、庭の掛け幕を、その側のための長さ百キュビトの撚り糸で織った亜麻布を、張る。

27:10 柱は二十本、その二十個の台座は青銅で、柱の鉤と帯輪は銀とする。

27:11 同じように、北に面して、その長さで、長さ百キュビトの掛け幕とする。柱は二十本、その二十個の台座は青銅で、柱の鉤と帯輪は銀とする。

27:12 また、西に面して庭の幅には五十キュビトの掛け幕、その柱十本、その台座十個とする。

27:13 前面の東に面する庭の幅も五十キュビト。

27:14 片側に寄せて、十五キュビトの掛け幕と、その三本の柱、その三個の台座とする。

27:15 他の片側にも十五キュビトの掛け幕と、その三本の柱、その三個の台座とする。

27:16 庭の門には、青色、紫色、緋色の撚り糸、それに撚り糸で織った亜麻布を使った長さ二十キュビトの刺繍した幕と、その四本の柱、その四個の台座とする。

27:17 庭の周囲の柱はみな、銀の帯輪を巻きつけ、その鉤は銀、台座は青銅とする。

27:18 この庭は、長さ百キュビト、幅は五十キュビトに五十キュビト、高さ五キュビト、幕は撚り糸で織った亜麻布、その台座は青銅とする。

27:19 幕屋の奉仕に用いるすべての用具、すべての釘、庭のすべての釘は青銅とする。

 

口語訳1955

27:9 あなたはまた幕屋の庭を造り、両側では庭のために長さ百キュビトの亜麻の撚糸のあげばりを設け、その一方に当てなければならない。

27:10 その柱は二十、その柱の二十の座は青銅にし、その柱の鉤と桁とは銀にしなければならない。

27:11 また同じく北側のために、長さ百キュビトのあげばりを設けなければならない。その柱は二十、その柱の二十の座は青銅にし、その柱の鉤と桁とは銀にしなけれ ばならない。

27:12 また庭の西側の幅のために五十キュビトのあげばりを設けなければならない。その柱は十、その座も十。

27:13 また東側でも庭の幅を五十キュビトにしなければならない。

27:14 そしてその一方に十五キュビトのあげばりを設けなければならない。その柱は三つ、その座も三つ。

27:15 また他の一方にも十五キュビトのあげばりを設けなければならない。その柱は三つ、その座も三つ。

27:16 庭の門のために青糸、紫糸、緋糸、亜麻の撚糸で、色とりどりに織った長さ二十キュビトのとばりを設けなければならない。その柱は四つ、その座も四つ。

27:17 庭の周囲の柱はみな銀の桁でつなぎ、その鉤は銀、その座は青銅にしなければならない。

27:18 庭の長さは百キュビト、その幅は五十キュビト、その高さは五キュビトで、亜麻の撚糸の布を掛けめぐらし、その座を青銅にしなければならない。

27:19 すべて幕屋に用いるもろもろの器、およびそのすべての釘、また庭のすべての釘は青銅で造らなければならない。

 

文 語訳1917
27:9 汝また幕屋の庭をつくるべし南に向ひては庭のために南の方に長百キユピトの細布の幕を設けてその一方に當べし
27:10 その二十の柱およびその二十の座は銅にし其柱の鈎およびその桁は銀にすべし
27:11 又北の方にあたりて長百キユビトの幕をその樅に設くべしその二十の柱とその柱の二十の座は銅にし柱の鈎とその桁は銀にすべし
27:12 庭の横すなはちその西の方には五十キユビトの幕を設くべしその柱は十その座も十
27:13 また東に向ひては庭の東の方の濶は五十キユビトにすべし
27:14 而して此一旁に十五キユビトの幕を設くべしその柱は三その座も三
27:15 又彼一旁にも十五キユビトの幕を設くべしその柱は三その座も三
27:16 庭の門のために紫紅の線および麻の撚絲をもて織なしたる二十キユビトの幔を設くべしその柱は四その座も四
27:17 庭の四周の柱は皆銀の桁をもて続けその鈎を銀にしその座を銅にすべし
27:18 庭の樅は百キユビトその横は五十キユビト宛その高は五キユビト麻の撚絲をもてつくりなしその座を銅にすべし
27:19 凡て幕屋に用ふるところの諸の器具並にその釘および庭の釘は銅をもて作るべし


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

出エジプト記 27:20−21

灯し火用の油と常夜灯

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
020
「お前はイスラエルの子らに命じて、オリーブをつ ぶして採ったともしび用の純粋の油を携えて来させ、常にともしびをともしておかねばならない。

021アロンとその子らは、会見の幕屋の中の契約の証し の垂れ幕の外で、夕方から朝まで主の前で、ともしびの番をしなければならない。これはイスラエルの子らが代々とこしえに守るべき 掟である」。


 

新共同訳1987

27:20 あなたはイスラエルの人々に命じて、オリーブを砕いて取った純粋の油をともし火に用いるために持って来させ、常夜灯にともさせなさい。

27:21 常夜灯は臨在の幕屋にある掟の箱を隔てる垂れ幕の手前に置き、アロンとその子らが、主の御前に、夕暮れから夜明けまで守る。これはイスラエルの人々にとっ て、代々にわたって守るべき不変の定めである。

 

新改訳1970

27:20 あなたはイスラエル人に命じて、燈火用に上質の純粋なオリーブ油を持って来させ、ともしびを絶えずともしておかなければならない。

27:21 アロンとその子らは、あかしの箱の前の垂れ幕の外側にある会見の天幕で夕方から朝まで、主の前にそのともしびをととのえなければならない。これはイスラエ ル人が代々守るべき永遠のおきてである。

 

口語訳1955

27:20 あなたはまたイスラエルの人々に命じて、オリブをつぶして採った純粋の油を、ともし火のために持ってこさせ、絶えずともし火をともさなければならない。

27:21 アロンとその子たちとは、会見の幕屋の中のあかしの箱の前にある垂幕の外で、夕から朝まで主の前に、そのともし火を整えなければならない。これはイスラエ ルの人々の守るべき世々変らざる定めでなければならない。

 

文 語訳1917
27:20 汝又イスラエルの子孫に命じ橄欖を搗て取たる清き油を燈火のために汝に持きたらしめて絶ず燈火をともすべし
27:21 集會の幕屋に於て律法の前なる幕の外にアロンとその子等晩より朝までヱホバの前にその燈火を整ふべし是はイスラエの子孫が世々たえず守るべき定例なり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************