****************************************

エズラ記 7:1−8:36 

a 捕囚の人々が帰って来る

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
001
これらの出来事の後、ペルシア王アルタクセルクセスの治世に、エズラがバビロンから上って来た。このエズラ はセラヤの子、アザルヤの子、ヒルキヤの子、

002シャルムの子、ツァドクの子、 アヒトブの子、

003アマルヤの子、アザルヤの子、 メラヨトの子、

004ゼラフヤの子、ウジの子、ブキ の子、

005アビシュアの子、ピネハスの 子、エルアザルの子、祭司長アロンの子である。

006エズラはイスラエルの神、主が お与えになったモーセの律法に精通した学者であった。彼の神、主の手が彼の上にあったので、王は彼が望むことをすべてかなえた。

007アルタクセルクセス王の第七年 に、彼とともにイスラエルの子ら、祭司、レビ人、歌唱者、門衛、神殿使用人らの一団がエルサレムに上った。

008第七年の第五の月に、エズラは エルサレムに到着した。

009すなわち、第一の月の一日にバ ビロンから出発して、神の慈悲深い手が彼の上にあったので、第五の月の一日にエルサレムに到着した。

010エズラは心をこめて主の律法を 調べ、これを実行し、掟と法をイスラエルで教えた。

011以下は、アルタクセルクセス王 が、イスラエルに対する主の命令と定めの言葉に精通していた祭司であり、学者であるエズラに与えた書簡の写しである。

012「王の王であるアルタクセルク セスより、天の神の律法学者であり祭司であるエズラに。平安あれ。さて、

013ここに予は命令する。わが国に いるイスラエルの民、その祭司とレビ人のうちで、お前とエルサレムに行くことを望む者はすべて行くことができる。

014王である予と七名の顧問官は次 のことでお前を派遣する。お前の手にある神の律法に基づいて、ユダとエルサレムについて調査すること、

015また、エルサレムにその住まい を定められたイスラエルの神に、王とその顧問官が任意の献げ物としてささげる銀と金を携えること、

016また、民と祭司がエルサレムに ある神の宮にささげる任意の献げ物とともに、バビロンの全州でお前が集めたすべての銀と金を携えるためである。

017それ故、間違いなくこの銀で、 雄牛や雄羊や小羊、それに穀物の供え物とぶどう酒の供え物を買い、それらをエルサレムの神の宮の祭壇にささげよ。

018残りの銀や金で、お前とお前の 兄弟に善いと思われることを、お前たちの神のみ旨のままに行え。

019また、神の宮での祭儀用にお前 に与えた祭具を、エルサレムの神の前に納めよ。

020そのほか神の宮に必要なもの で、お前に不足のものがあるなら、王の宝物庫から与えられる。

021予、アルタクセルクセス王が、 ユーフラテスの彼方の地のすべての財務官に命令する。天の神の律法学者であり、祭司であるエズラがお前たちに願うことは、何でも間違 いなくかなえよ。

022銀は百キカルまで、小麦は百コ ルまで、ぶどう酒は百バトまで、油も百バトまで、塩は無制限に与えよ。

023天におられる神の宮のために、 天の神の命令によるものはすべて抜かりなく行え。王とその子孫の国に怒りを招かないためである。

024また祭司、レビ人、歌唱者、門 衛、神殿使用人、すなわち、神殿に仕えるすべての者に年貢、関税、通行税を課する権限は、お前たちにはないことを弁えよ。

025エズラよ、お前の手にある神の 知恵のままに、行政官や判事たちを任命して、ユーフラテスの彼方の地で神の律法を知るすべての者らを裁かせ、それを知らない者に教え させよ。

026お前の神の律法と王の法律を守 らない者はみなきびしく処罰し、死刑、追放、財産没収、投獄などの判決を執行せよ」。

027わたしたちの先祖の神、主は祝 されますように。主はエルサレムにある主の宮を栄えあるものとするために、王の心にこのようなことを起こされました。

028そして王とその顧問、並びに王 の有力な高官の厚意をわたしに得させてくださった。神である主の手がわたしの上にあったので、わたしは勇気を得て、わたしとともに上 るイスラエルの頭たちを集めた。

 

8章

001アルタクセルクセス王の治世 に、わたしとともにバビロンから上って来た家長とその家系は次のとおりである。

002ピネハスの子らからはゲルショ ム。イタマルの子らからはダニエル、ダビデの子らからはハトシュ。

003シェカンヤの子ら。パルオシュ の子らからはゼカルヤとその家系に記録されている男百五十人。

004パハト・モアブの子らからはゼ ラフヤの子エルヨエナイと同行の男二百人。

005ザトの子らからはヤハジエルの 子シェカンヤと同行の男三百人。

006アディンの子らからはヨナタン の子エベドと同行の男五十人。

007エラムの子らからはアタルヤの 子エシャヤと同行の男七十人。

008シェファトヤの子らからはミカ エルの子ゼバドヤと同行の男八十人。

009ヨアブの子らからはエヒエルの 子オバドヤと同行の男二百十八人。

010バニの子らからはヨシフヤの子 シェロミトと同行の男百六十人。

011ベバイの子らからはベバイの子 ゼカルヤと同行の男二十八人。

012アズガドの子らからはハカタン の子ヨハンナと同行の男百十人。

013アドニカムの子らからはその最 後の者たちで、その名はエリフェレト、エイエル、シェマヤと同行の男六十人。

014ビグワイの子らからはウタイと ザルクと同行の男七十人。

015わたしはアハワに流れる川のほ とりに彼らを集め、そこに三日間野営した。民や祭司を検分したが、レビ人が見あたらなかった。

016それで、頭であるエリエゼル、 アリエル、シェマヤ、エルナタン、ヤリブ、エルナタン、ナタン、ゼカルヤ、メシュラムと、教官ヨヤリブとエルナタンを遣わして、

017カシフヤという所の頭イドのも とに行くように命じた。彼らに伝言して、カシフヤという所の神殿使用人であるイドとその兄弟たちに、わたしたちの神の宮で仕える者を よこしてくれるよう伝えた。

018わたしたちの神の慈しみの手が わたしたちの上にあったので、彼らはイスラエルの子、レビの子、マフリの子らの思慮深い人シェレブヤとその子らとその兄弟十八人をわ たしたちの所に連れてきた。

019さらに、メラリの子らからハ シャブヤとエシャヤおよびその兄弟と彼らの子ら二十人、

020ダビデとその高官たちがレビ人 の役務に指名した神殿使用人二百二十人も連れてきた。その全員の名が記録されている。

021わたしはその場所、アハワ川の ほとりで断食を布告し、わたしたちの神の前にへりくだり、わたしたち自身と子供たちのため、また持ち物のために、旅の安全を神に願っ た。

022道中の敵からわたしたちを助け てくれる歩兵や騎兵を王に願うことを恥じた。それというのもわたしたちは王に「神を尋ね求めるすべての者の上に、わたしたちの神の手 は慈しみを垂れ、神を捨てるすべての者に怒りをもたらします」と言ったからである。

023それでわたしたちは断食して、 わたしたちの神にこのことを願い求めた。神はわたしたちの願いを聞き入れてくださった。

024それからわたしは祭司長のうち から十二人とシェレブヤとハシャブヤ、それに彼らの兄弟十人を選んだ。

025そして王とその顧問官たちや高 官たち、並びにそこに居合わせた全イスラエル人が献納した、わたしたちの神の宮への献納物である銀や金や祭具類を量って彼らに渡し た。

026わたしは銀六百五十キカルと百 キカル相当の銀の祭具、それに金百キカルを量って彼らの手に渡した。

027また一千ダリクに相当する金杯 二十個、金のように高価な見事に輝く青銅の器二個を渡した。

028そして彼らに言った、「あなた たちは主の聖なるものである。また、この祭具類も聖なるものである。この銀と金はわたしたちの神、主への任意の献げ物である。

029エルサレムの主の宮の部屋で、 祭司長たち、レビ人たち、イスラエルの家長たちの前で量って渡すまで、寝ずの番をして守れ」。

030祭司たちとレビ人たちは、エル サレムにあるわたしたちの神の宮へ運ぶ銀と金と祭具を受け取った。

031わたしたちは第一の月の十二日 に、アハワ川を出発し、エルサレムへと向かった。わたしたちの神の手がわたしたちの上にあったので、敵の手、つまり、道中待ち伏せを する者の手から救われた。

032わたしたちはエルサレムに到着 し、そこに三日間休息した。

033四日目に、わたしたちの神の宮 で、銀と金と祭具類を量って、祭司であるウリヤの子メレモトの手に渡した。彼と一緒にピネハスの子エルアザルがいた。またレビ人のイ エシュアの子ヨザバドとビヌイの子ノアドヤもいた。

034そのすべての数と重さが数えら れ、量られて、そのすべての数量が書き留められた。

035囚われの地から帰還した捕囚の 子らは、イスラエルの神に焼き尽くす献げ物として雄牛を全イスラエルのために十二頭、雄羊九十六匹、小羊七十七匹、それに贖罪の献げ 物として雄山羊十二匹をささげた。これらすべては主への焼き尽くす献げ物であった。

036王の総督たちとユーフラテスの 彼方の地の長官たちに、王の命令書を手渡したので、彼らは民とその神の宮を援助した。


 

新共同訳1987

7:1 これらの事があって後、ペルシアの王アルタクセルクセスの治世に、

7:6 エズラがバビロンから上って来た。

7:1 エズラの祖先は、父がセラヤ、祖父がアザルヤ、更にヒルキヤ、

7:2 シャルム、ツァドク、アヒトブ、

7:3 アマルヤ、アザルヤ、メラヨト、

7:4 ゼラフヤ、ウジ、ブキ、

7:5 アビシュア、ピネハス、エルアザル、そして祭司長アロンとさかのぼる。

7:6 エズラは、イスラエルの神なる主が授けられたモーセの律法に詳しい書記官であり、その神なる主の御手の加護を受けて、求めるものをすべて王から与えられて いた。

7:7 アルタクセルクセス王の第七年に、イスラエルの人々、祭司、レビ人、詠唱者、門衛、神殿の使用人から成る一団がエルサレムに上り、

7:8 同王の第七年の第五の月にエルサレムに到着した。

7:9 彼らは第一の月の一日をバビロン出発の日とし、神の慈しみ深い御手の加護を受けて、第五の月の一日にエルサレムに到着した。

7:10 エズラは主の律法を研究して実行し、イスラエルに掟と法を教えることに専念した。

7:11 イスラエルに対する主の戒めと掟の言葉に精通した、祭司であり書記官であるエズラに、アルタクセルクセス王は親書を送った。以下はその写しである。

7:12 「諸王の王であるアルタクセルクセスは、天にいます神の律法の書記官、祭司エズラに心からの挨拶を送る。

7:13 さて、ここにわたしの命令を明記する。わが国にいるイスラエルの人々、祭司、レビ人でエルサレムに行くことを望む者はだれでも、あなたと共に行ってよい。

7:14 わたしは七人の顧問官と共にあなたに次の使命を託す。すなわちあなたにゆだねられた神の律法に従って、ユダとエルサレムの事情を調べること、

7:15 エルサレムに住まいを定められたイスラエルの神に、わたしと顧問官が寄進する金銀を持って行くこと、

7:16 またバビロニアの州の至るところであなたが得るすべての金銀を、民と祭司がエルサレムにある彼らの神殿に寄進する献げ物と共に持って行くことである。

7:17 それゆえ、あなたはその銀を持って雄牛、雄羊、小羊、および穀物とぶどう酒の献げ物を丹念に買い集め、エルサレムにあるあなたたちの神の神殿の祭壇にささ げよ。

7:18 そのほかあなたとあなたの仲間が適切と思うことがあれば、残りの金銀を神の御旨に従って用いてよい。

7:19 あなたの神の神殿の儀式のためにあなたに託す祭具類も、エルサレムの神の御前に納めよ。

7:20 その他、神殿に必要なもので費用がかさむなら、それも国庫負担としてよい。

7:21 天にいます神の律法の書記官、祭司エズラの要求には、すべて怠りなくこたえるように、このアルタクセルクセス王がユーフラテス西方の全財務官に命令してお く。

7:22 銀は百キカルまで、小麦は百コルまで、ぶどう酒は百バトまで、油は百バトまで、塩は制限なく与えられる。

7:23 王とその子孫の国に怒りが下らないように、天にいます神の命令であれば、天にいます神の神殿のために、すべてを滞りなく実行しなければならない。

7:24 また祭司、レビ人、詠唱者、門衛、神殿の使用人など総じて神殿に仕える者に、年貢、関税、交通税を課す権限が、だれにもないことをあなたたちに知らせてお く。

7:25 エズラよ、ゆだねられた神の知恵によってあなたは治める者と裁く者を任命して、ユーフラテス西方のすべての民、あなたの神の律法を知るすべての者を治めさ せ、律法を知らない者にはあなたたちは教えを授けよ。

7:26 あなたの神の律法と王の法律に従わない者は、すべてこれを厳しく裁き、死刑または流刑、財産没収、または投獄によって処罰しなければならない。」

7:27 わたしたちの先祖の神、主はほめたたえられますように。主は、このようにエルサレムの神殿を栄えあるものとする心を王にお与えになり、
7:28 わたしには王とその参議官、そのすべての優れた高官の好意を受けるようにしてくださった。わたしは、わが神なる主の御手の加護によって勇気を得、イスラエ ルの中でわたしと共に上って行こうとする頭たちを集めた。

8:1 アルタクセルクセス王の治世に、わたしと共にバビロンから上って来た家長と、その家系は次のとおりである。

8:2 ピネハスの一族からゲルショム、イタマルの一族からダニエル、ダビデの一族からハトシュ、

8:3 シェカンヤの一族の者、パルオシュの一族から、ゼカルヤと、彼と共に家系に従って記録された男百五十人。

8:4 パハト・モアブの一族から、ゼラフヤの子エルヨエナイと男二百人。

8:5 ザトの一族から、ヤハジエルの子シェカンヤと男三百人。

8:6 アディンの一族から、ヨナタンの子エベドと男五十人。

8:7 エラムの一族から、アタルヤの子エシャヤと男七十人。

8:8 シェファトヤの一族から、ミカエルの子ゼバドヤと男八十人。

8:9 ヨアブの一族から、エヒエルの子オバドヤと男二百十八人。

8:10 バニの一族から、ヨシフヤの子シェロミトと男百六十人。

8:11 ベバイの一族から、ベバイの子ゼカルヤと男二十八人。

8:12 アズガドの一族から、ハカタンの子ヨハナンと男百十人。

8:13 アドニカムの一族から、その最後の者たちで、名をエリフェレト、エイエル、シェマヤという者と男六十人。

8:14 ビグワイの一族から、ウタイ、ザクルと男七十人。

◆レビ人の勧誘

8:15 わたしはアハワに向かって流れる川のほとりに彼らを集めた。そこでわたしたちは、三日間野営した。そこには民も祭司もいるのが分かったが、レビ人が見当た らなかった。

8:16 そこでわたしは頭たちエリエゼル、アリエル、シェマヤ、エルナタン、ヤリブ、エルナタン、ナタン、ゼカルヤ、メシュラム、教官ヨヤリブとエルナタンを遣わ し、

8:17 カシフヤという所の頭イドのもとに行かせた。そしてカシフヤという所の神殿の使用人である彼とその兄弟たちに、わたしたちの神の神殿に仕える者をよこして ほしいと伝えさせた。

8:18 慈しみ深い神の御手がわたしたちを助けてくださり、彼らはイスラエルの子レビの子であるマフリの一族のシェレブヤという有能な人物を、その子らと兄弟十八 人と共に連れて来た。

8:19 更に、メラリの一族からハシャブヤとその兄弟エシャヤ、および彼らの子ら二十人、

8:20 また、レビ人に奉仕するようにダビデと高官たちが定めた神殿の使用人の中からも、二百二十人の使用人を連れて来た。皆一人一人その名が記録されている。

◆旅の初めの祈り

8:21 わたしはアハワ川のほとりで断食を呼びかけ、神の前に身をかがめ、わたしたちのため、幼い子らのため、また持ち物のために旅の無事を祈ることにした。

8:22 わたしは旅の間敵から守ってもらうために、歩兵や騎兵を王に求めることを恥とした。「わたしたちの神を尋ね求める者には、恵み溢れるその御手が差し伸べら れ、神を見捨てる者には必ず激しい怒りが下ります」と王に言っていたからである。

8:23 そのためにわたしたちは断食してわたしたちの神に祈り、祈りは聞き入れられた。

◆神殿の祭具を寄託

8:24 わたしは祭司長の中から十二人、すなわちシェレブヤ、ハシャブヤ、および彼らの兄弟十人をえり分けた。

8:25 そして王とその顧問官たち、高官たち、および居合わせたすべてのイスラエル人が神殿への礼物としてささげた金銀、祭具を量って彼らに託した。

8:26 わたしが量って彼らの手に託したものは、次のとおりである。銀六百五十キカル、銀の祭具百キカル、金百キカル、

8:27 金杯二十個一千ダリク、良質の輝く青銅の器二個、これは金に等しい貴重品であった。

8:28 わたしは彼らに言った。「あなたたちは、主にささげられた聖なる人々です。この祭具も聖なる物で、この金銀も、あなたたちの先祖の神、主にささげられる随 意の献げ物です。

8:29 これをエルサレムの神殿の祭司室で、祭司とレビ人の長たちとイスラエルの家長のいる前で、量って手渡すまで、よく注意して預かってください。」

8:30 こうして量られた金銀、祭具は、エルサレムの神殿に携えて行くようにと、祭司とレビ人に渡された。

◆エルサレムに到着

8:31 わたしたちは第一の月の十二日に、エルサレムに向かってアハワ川を出発した。道中待ち伏せる敵の攻撃も、神の御手に守られて、免れることができた。

8:32 エルサレムに到着し、そこで三日間休息を取った。

8:33 四日目に、わたしたちの神の神殿で金銀、祭具が量られ、ウリヤの子、祭司メレモトの手に渡された。ピネハスの子エルアザルがそれに立ち合い、レビ人のイエ シュアの子ヨザバドとビヌイの子ノアドヤもそばにいた。

8:34 数にも量にも間違いはなかった。数量はすべてそのとき記録された。

8:35 捕らわれの地から帰って来た捕囚の子らは、イスラエルの神に焼き尽くす献げ物をささげた。雄牛十二頭を全イスラエルのために、また雄羊九十六匹、小羊七十 七匹、贖罪のための雄山羊十二匹をささげた。これらはすべて主への焼き尽くす献げ物とした。

8:36 彼らが王の命令書を地方総督とユーフラテス西方の長官たちに渡したので、イスラエルの民と神殿は彼らの支援を受けた。

 

新改訳1970

7:1 これらの出来事の後、ペルシヤの王アルタシャスタの治世に、エズラという人がいた。このエズラはセラヤの子、順次さかのぼって、アザルヤの子、ヒルキヤの 子、

7:2 シャルムの子、ツァドクの子、アヒトブの子、

7:3 アマルヤの子、アザルヤの子、メラヨテの子、

7:4 ゼラヘヤの子、ウジの子、ブキの子、

7:5 アビシュアの子、ピネハスの子、エルアザルの子、このエルアザルは祭司のかしらアロンの子である。

7:6 エズラはバビロンから上って来た者であるが、イスラエルの神、主が賜わったモーセの律法に通じている学者であった。彼の神、主の御手が彼の上にあったの で、王は彼の願いをみなかなえた。

7:7 アルタシャスタ王の第七年にも、イスラエル人のある者たち、および、祭司、レビ人、歌うたい、門衛、宮に仕えるしもべたちのある者たちが、エルサレムに 上って来た。

7:8 エズラは王の第七年の第五の月にエルサレムに着いた。

7:9 すなわち、彼は第一の月の一日にバビロンを出発して、第五の月の一日にエルサレムに着いた。彼の神の恵みの御手が確かに彼の上にあった。

7:10 エズラは、主の律法を調べ、これを実行し、イスラエルでおきてと定めを教えようとして、心を定めていたからである。

7:11 アルタシャスタ王が、祭司であり、学者であるエズラに与えた手紙の写しは次のとおりである。――エズラは、主の命令のことばと、イスラエルに関する主のお きてに精通した学者であった。――

7:12 「王の王アルタシャスタ。天の神の律法の学者である祭司エズラへ。この件は完了した。さて、

7:13 私は命令を下す。私の国にいるイスラエルの民、その祭司、レビ人のうち、だれでも自分から進んでエルサレムに上って行きたい者は、あなたといっしょに行っ てよい。

7:14 なぜなら、あなたは、あなたの手にあるあなたの神の律法に従ってユダとエルサレムを調査するよう、王とその七人の議官によって遣わされており、

7:15 また、王とその議官たちが、エルサレムに住まれるイスラエルの神に進んでささげた銀と金、

7:16 バビロンのすべての州で、あなたが得るすべての銀と金、それに、エルサレムにある自分たちの神の宮のために、民と祭司たちが進んでささげたささげ物をも合 わせて携えて行くために遣わされているからである。

7:17 それゆえ、あなたはその献金で、牛、雄羊、子羊、また、そのための穀物のささげ物と注ぎのぶどう酒を心して買い求め、エルサレムにあるあなたがたの神の宮 の祭壇の上で、それをささげなければならない。

7:18 また、残りの銀と金の使い方については、あなたとあなたの兄弟たちがよいと思うことは何でも、あなたがたの神のみ心に従って行なうがよい。

7:19 また、あなたの神の宮での礼拝のために、あなたに与えられた器具は、エルサレムの神の前に供えよ。

7:20 その他、あなたの神の宮のために必要なもので、どうしても調達しなければならないものは、王の宝物倉からそれを調達してよい。

7:21 私、アルタシャスタ王は、川向こうの宝庫係全員に命令を下す。天の神の律法の学者である祭司エズラが、あなたがたに求めることは何でも、心してそれを行な え。

7:22 すなわち、銀は百タラントまで、小麦は百コルまで、ぶどう酒は百バテまで、油も百バテまで、塩は制限なし。

7:23 天の神の宮のために、天の神によって命じられていることは何でも、熱心に行なえ。御怒りが王とその子たちの国に下るといけないから。

7:24 また、次のことを知らせる。祭司、レビ人、歌うたい、門衛、宮に仕えるしもべたち、つまり、この神の宮に仕える者にはだれにも、みつぎ、関税、税金を課し てはならない。

7:25 エズラよ。あなたは、あなたの手にあるあなたの神の知恵にしたがってさばきつかさや裁判官を任命し、川向こうにいるすべての民、すなわち、あなたの神の律 法を知っているすべての者をさばかせよ。また、これを知らない者に、あなたがたは教えよ。

7:26 あなたの神の律法と、王の律法を守らない者には、だれにでも、死刑でも、追放でも、財産の没収でも、または投獄でも、その判決を厳格に執行せよ。」

7:27 私たちの父祖の神、主はほむべきかな。主はエルサレムにある主の宮に栄光を与えるために、このようなことを王の心に起こさせ、

7:28 王と、その議官と、すべての王の有力な首長の好意を私に得させてくださった。私の神、主の御手が私の上にあったので、私は奮い立って、私といっしょに上る イスラエル人のかしらたちを集めることができた。

8:1 アルタシャスタ王の治世に、バビロンから私といっしょに上って来た一族のかしらとその系図の記載は次のとおりである。

8:2 ピネハス族からはゲルショム。イタマル族からはダニエル。ダビデ族からは、ハトシュ。

8:3 ハトシュはシェカヌヤの孫。パルオシュ族からは、ゼカリヤと、系図に載せられた同行の者、男子百五十名。

8:4 パハテ・モアブ族からは、ゼラヘヤの子エルエホエナイと、同行の男子二百名。

8:5 ザト族からは、ヤハジエルの子シェカヌヤと、同行の男子三百名。

8:6 アディン族からは、ヨナタンの子エベデと、同行の男子五十名。

8:7 エラム族からは、アタルヤの子エシャヤと、同行の男子七十名。

8:8 シェファテヤ族からは、ミカエルの子ゼバデヤと、同行の男子八十名。

8:9 ヨアブ族からは、エヒエルの子オバデヤと、同行の男子二百十八名。

8:10 バニ族からは、ヨシフヤの子シェロミテと、同行の男子百六十名。

8:11 ベバイ族からは、ベバイの子ゼカリヤと、同行の男子二十八名。

8:12 アズガデ族からは、カタンの子ヨハナンと、同行の男子百十名。

8:13 アドニカム族からの者は最後の者たちで、その名はエリフェレテ、エイエル、シェマヤ、および彼らと同行の男子六十名。

8:14 ビグワイ族からは、ウタイとザクルと、同行の男子七十名。

8:15 私はアハワに流れる川のほとりに彼らを集め、私たちはそこに三日間、宿営した。私はそこに、民と祭司たちとを認めたが、レビ人をひとりも見つけることがで きなかった。

8:16 それで、私はかしらのエリエゼル、アリエル、シェマヤ、エルナタン、ヤリブ、エルナタン、ナタン、ゼカリヤ、メシュラムと、教師エホヤリブ、エルナタンを 呼び集め、

8:17 彼らをカシフヤ地方のかしらイドのもとに遣わした。私は彼らにことばを授けて、私たちの神の宮に仕える者たちを連れて来るように、カシフヤ地方にいるイド とその兄弟の宮に仕えるしもべたちに命じた。

8:18 私たちの神の恵みの御手が私たちの上にあったので、彼らはイスラエルの子、レビの子、マフリの子孫のうちから思慮深い人、シェレベヤと、その子たち、およ びその兄弟たち十八名を私たちのところに連れて来た。

8:19 また、ハシャブヤとともに、メラリの子孫のうちからエシャヤと、その兄弟と、その子たち二十名、

8:20 および、ダビデとつかさたちにより、レビ人に奉仕するよう任命されていた宮に仕えるしもべたちのうちから、二百二十名の宮に仕えるしもべたちを連れて来 た。これらの者はみな、指名された者であった。

8:21 そこで、私はその所、アハワ川のほとりで断食を布告した。それは、私たちの神の前でへりくだり、私たちのために、私たちの子どもたちと、私たちのすべての 持ち物のために、道中の無事を神に願い求めるためであった。

8:22 私は道中の敵から私たちを助ける部隊と騎兵たちを王に求めるのを恥じたからである。私たちは、かつて王に、「私たちの神の御手は、神を尋ね求めるすべての 者の上に幸いを下し、その力と怒りとは、神を捨てるすべての者の上に下る。」と言っていたからである。

8:23 だから、私たちはこのことのために断食して、私たちの神に願い求めた。すると神は私たちの願いを聞き入れてくださった。

8:24 私は祭司長たちのうちから十二人、すなわち、シェレベヤとハシャブヤ、および彼らの同僚十人を選び出し、

8:25 王や、議官たち、つかさたち、および、そこにいたすべてのイスラエル人がささげた、私たちの神の宮への奉納物の銀、金、器類を量って彼らに渡した。

8:26 私は銀六百五十タラント、また、百タラント相当の銀の器類、および、金百タラントを量って彼らに渡した。

8:27 それにまた、一千ダリク相当の金の鉢二十。また、金のように高価な、光り輝くみごとな青銅の器類二個を彼らに渡した。

8:28 ついで、私は彼らに言った。「あなたがたは主の聖なるものである。この器類も聖なるものとされている。この銀と金は、あなたがたの父祖の神、主への進んで ささげるささげ物である。

8:29 あなたがたは、エルサレムの主の宮の部屋で、祭司長たち、レビ人たち、イスラエルの一族の長たちの前で量るまで、寝ずの番をして守りなさい。」

8:30 祭司とレビ人たちは、その銀、金、器類を、エルサレムの私たちの神の宮に持って行くために、量って、受け取った。

8:31 私たちはエルサレムに行こうと、第一の月の十二日にアハワ川を出発した。私たちの神の御手が私たちの上にあって、その道中、敵の手、待ち伏せする者の手か ら、私たちを救い出してくださった。

8:32 こうして、私たちはエルサレムに着いて、そこに三日間とどまった。

8:33 四日目に銀と金と器類が、私たちの神の宮の中で量られ、ウリヤの子の祭司メレモテの手に渡された。彼とともにピネハスの子エルアザルがおり、彼らとともに レビ人であるヨシュアの子エホザバデと、ビヌイの子ノアデヤがいた。

8:34 全部が数えられ、量られた。そのとき、全重量が書き留められた。

8:35 捕囚の人々で、捕囚から帰って来た者は、イスラエルの神に全焼のいけにえをささげた。すなわち、イスラエル全体のために雄牛十二頭、雄羊九十六頭、子羊七 十七頭、罪のためのいけにえとして雄やぎ十二頭をささげた。これはすべて主への全焼のいけにえであった。

8:36 それから、彼らは王の命令書を、王の太守たちと、川向こうの総督たちに渡した。この人たちは、この民と神の宮とに援助を与えた。

 

口語訳1955

7:1 これらの事の後ペルシャ王アルタシャスタの治世にエズラという者があった。エズラはセラヤの子、セラヤはアザリヤの子、アザリヤはヒルキヤの子、

7:2 ヒルキヤはシャルムの子、シャルムはザドクの子、ザドクはアヒトブの子、

7:3 アヒトブはアマリヤの子、アマリヤはアザリヤの子、アザリヤはメラヨテの子、

7:4 メラヨテはゼラヒヤの子、ゼラヒヤはウジの子、ウジはブッキの子、

7:5 ブッキはアビシュアの子、アビシュアはピネハスの子、ピネハスはエレアザルの子、エレアザルは祭司長アロンの子である。

7:6 このエズラはバビロンから上って来た。彼はイスラエルの神、主がお授けになったモーセの律法に精通した学者であった。その神、主の手が彼の上にあったの で、その求めることを王はことごとく許した。

7:7 アルタシャスタ王の七年にまたイスラエルの人々および祭司、レビびと、歌うたう者、門衛、宮に仕えるしもべなどエルサレムに上った。

7:8 そして王の七年の五月にエズラはエルサレムに来た。

7:9 すなわち正月の一日にバビロンを出立して、五月一日にエルサレムに着いた。その神の恵みの手が彼の上にあったからである。

7:10 エズラは心をこめて主の律法を調べ、これを行い、かつイスラエルのうちに定めとおきてとを教えた。

7:11 主の戒めの言葉、およびイスラエルに賜わった定めに通じた学者で、祭司であるエズラにアルタシャスタ王の与えた手紙の写しは、次のとおりである。

7:12 「諸王の王アルタシャスタ、天の神の律法の学者である祭司エズラに送る。今、

7:13 わたしは命を下す。わが国のうちにいるイスラエルの民およびその祭司、レビびとのうち、すべてエルサレムへ行こうと望む者は皆、あなたと共に行くことがで きる。

7:14 あなたは、自分の手にあるあなたの神の律法に照して、ユダとエルサレムの事情を調べるために、王および七人の議官によってつかわされるのである。

7:15 かつあなたは王およびその議官らが、エルサレムにいますイスラエルの神に真心からささげる銀と金を携え、

7:16 またバビロン全州であなたが獲るすべての金銀、および民と祭司とが、エルサレムにあるその神の宮のために、真心からささげた供え物を携えて行く。

7:17 それであなたはその金をもって雄牛、雄羊、小羊およびその素祭と灌祭の品々を気をつけて買い、エルサレムにあるあなたがたの神の宮の祭壇の上に、これをさ さげなければならない。

7:18 また、あなたとあなたの兄弟たちが、その余った金銀でしようと思うよい事があるならば、あなたがたの神のみ旨に従ってそれを行え。

7:19 またあなたの神の宮の勤め事のためにあなたが与えられた器は、エルサレムの神の前に納めよ。

7:20 そのほかあなたの神の宮のために用うべき必要なものがあれば、それを王の倉から出して用いよ。

7:21 われ、アルタシャスタ王は川向こうの州のすべての倉づかさに命を下して言う、『天の神の律法の学者である祭司エズラがあなたがたに求める事は、すべてこれ を心して行え。

7:22 すなわち銀は百タラントまで、小麦は百コルまで、ぶどう酒は百バテまで、油は百バテまで、塩は制限なく与えよ。

7:23 天の神の宮のために、天の神の命じるところは、すべて正しくこれを行え。そうしないと神の怒りが、王と王の子らの国に臨むであろう』。

7:24 われわれは、またあなたがたに告げる、『祭司、レビびと、歌うたう者、門衛、宮に仕えるしもべ、および神のこの宮の仕えびとたちには、みつぎ、租税、税金 を課してはならぬ』。

7:25 エズラよ、あなたはあなたの手にある神の知恵によって、つかさおよび裁判人を立て、川向こうの州のすべての民、すなわちあなたの神の律法を知っている者た ちを、ことごとくさばかせよ。あなたがたはまたこれを知らない者を教えよ。

7:26 あなたの神の律法および王の律法を守らない者を、きびしくその罪に定めて、あるいは死刑に、あるいは追放に、あるいは財産没収に、あるいは投獄に処せ よ」。

7:27 われわれの先祖の神、主はほむべきかな。主はこのように、王の心に、エルサレムにある主の宮を飾る心を起させ、

7:28 また王の前と、その議官の前と王の大臣の前で、わたしに恵みを得させられた。わたしはわが神、主の手がわたしの上にあるので力を得、イスラエルのうちから 首領たる人々を集めて、わたしと共に上らせた。

8:1 アルタシャスタ王の治世に、バビロンからわたしと一緒に上って来た者の氏族の長、およびその系譜は次のとおりである。

8:2 ピネハスの子孫のうちではゲルショム。イタマルの子孫のうちではダニエル。ダビデの子孫のうちではシカニヤの子ハットシ。

8:3 パロシの子孫のうちではゼカリヤおよび彼と共に系譜に載せられた男百五十人。

8:4 パハテ・モアブの子孫のうちではゼラヒヤの子エリヨエナイおよび彼と共にある男二百人。

8:5 ザッツの子孫のうちではヤハジエルの子シカニヤおよび彼と共にある男三百人。

8:6 アデンの子孫のうちではヨナタンの子エベデおよび彼と共にある男五十人。

8:7 エラムの子孫のうちではアタリヤの子エサヤおよび彼と共にある男七十人。

8:8 シパテヤの子孫のうちではミカエルの子ゼバデヤおよび彼と共にある男八十人。

8:9 ヨアブの子孫のうちではエヒエルの子オバデヤおよび彼と共にある男二百十八人。

8:10 バニの子孫のうちではヨシピアの子シロミテおよび彼と共にある男百六十人。

8:11 ベバイの子孫のうちではベバイの子ゼカリヤおよび彼と共にある男二十八人。

8:12 アズガデの子孫のうちではハッカタンの子ヨハナンおよび彼と共にある男百十人。

8:13 アドニカムの子孫のうちでは後に来た者どもで、その名はエリペレテ、ユエル、シマヤおよび彼らと共にある男六十人。

8:14 ビグワイの子孫のうちではウタイとザックルおよび彼らと共にある男七十人である。

8:15 わたしは彼らをアハワに流れる川のほとりに集めて、そこに三日のあいだ露営した。わたしは民と祭司とを調べたが、そこにはレビの子孫はひとりもいなかった ので、

8:16 人をつかわしてエリエゼル、アリエル、シマヤ、エルナタン、ヤリブ、エルナタン、ナタン、ゼカリヤ、メシュラムという首長たる人々を招き、またヨヤリブ、 およびエルナタンのような見識のある人々を招いた。

8:17 そしてわたしはカシピアという所の首長イドのもとに彼らをつかわし、カシピアという所にいるイドと、その兄弟である宮に仕えるしもべたちに告ぐべき言葉 を、彼らに授け、われわれの神の宮のために、仕え人をわれわれに連れて来いと言った。

8:18 われわれの神がよくわれわれを助けられたので、彼らはイスラエルの子、レビの子、マヘリの子孫のうちの思慮深い人、すなわちセレビヤおよびその子らとその 兄弟たち十八人を、われわれに連れて来、

8:19 またハシャビヤおよび彼と共に、メラリの子孫のエサヤとその兄弟およびその子ら二十人、

8:20 および宮に仕えるしもべ、すなわちダビデとそのつかさたちが、レビびとに仕えさせるために選んだ宮に仕えるしもべ二百二十人を連れてきた。これらの者は皆 その名を言って記録された。

8:21 そこでわたしは、かしこのアハワ川のほとりで断食を布告し、われわれの神の前で身をひくくし、われわれと、われわれの幼き者と、われわれのすべての貨財の ために、正しい道を示されるように神に求めた。

8:22 これは、われわれがさきに王に告げて、「われわれの神の手は、神を求めるすべての者の上にやさしく下り、その威力と怒りとはすべて神を捨てる者の上に下 る」と言ったので、わたしは道中の敵に対して、われわれを守るべき歩兵と騎兵とを、王に頼むことを恥じたからである。

8:23 そこでわれわれは断食して、このことをわれわれの神に求めたところ、神はその願いを聞きいれられた。

8:24 わたしはおもだった祭司十二人すなわちセレビヤ、ハシャビヤおよびその兄弟十人を選び、

8:25 金銀および器物、すなわち王と、その議官と、その諸侯およびすべて在留のイスラエルびとが、われわれの神の宮のためにささげた奉納物を量って彼らに渡し た。

8:26 わたしが量って彼らの手に渡したものは、銀六百五十タラント、銀の器百タラント、金百タラントであった。

8:27 また金の大杯が二十あって、一千ダリクに当る。また光り輝く青銅の器二個あって、その尊いこと金のようである。

8:28 そしてわたしは彼らに言った、「あなたがたは主に聖別された者である。この器物も聖である。またこの金銀は、あなたがたの先祖の神、主にささげた真心より の供え物である。

8:29 あなたがたはエルサレムで、主の宮のへやの中で、祭司長、レビびとおよびイスラエルの氏族のかしらたちの前で、これを量るまで、見張り、かつ守りなさ い」。

8:30 そこで祭司およびレビびとたちは、その金銀および器物を、エルサレムにあるわれわれの神の宮に携えて行くため、その重さのものを受け取った。

8:31 われわれは正月の十二日に、アハワ川を出立してエルサレムに向かったが、われわれの神の手は、われわれの上にあって、敵の手および道に待ち伏せする者の手 から、われわれを救われた。

8:32 われわれはエルサレムに着いて、三日そこにいたが、

8:33 四日目にわれわれの神の宮の内で、その金銀および器物を、ウリヤの子祭司メレモテの手に量って渡した。ピネハスの子エレアザルが彼と共にいた。またエシュ アの子ヨザバデ、およびビンヌイの子ノアデヤのふたりのレビびとも、彼らと共にいた。

8:34 すなわちそのすべての数と重さとを調べ、その重さは皆書きとめられた。

8:35 そのとき捕囚の人々で捕囚から帰って来た者は、イスラエルの神に燔祭をささげた。すなわちイスラエル全体のために雄牛十二頭、雄羊九十六頭、小羊七十七頭 をささげ、また罪祭として雄やぎ十二頭をささげた。これらはみな、主にささげた燔祭である。

8:36 彼らはまた王の命令書を、王の総督たち、および川向こうの州の知事たちに渡したので、彼らは民と神の宮とを援助した。

 


文 語訳1917
7:1 是等の事の後ペルシヤ王アルタシヤスタの治世にエズラといふ者あり エズラはセラヤの子セラヤはアザリヤの子アザリヤはヒルキヤの子
7:2 ヒルキヤはシヤルムの子シヤルムはザドクの子ザドクはアヒトブの子
7:3 アヒトブはアマリヤの子アマリヤはアザリヤの子アザリヤはメラヨテの子
7:4 メラヨテはゼラヒヤの子ゼラヒヤはウジの子ウジはブツキの子
7:5 ブツキはアビシユアの子アビシユアはピネハスの子ピネハスはエレアザルの子エレアザルは祭司の長アロンの子なり
7:6 此エズラ、バビロンより上り來れり 彼はイスラエルの神ヱホバの授けたまひしモーセの律法に精しき學士なりき 其神ヱホバの手これが上にありしに因てその求むる所を王ことごとく許せり
7:7 アルタシヤスタ王の七年にイスラエルの子孫および祭司レビ人謳歌者門を守る者ネテニ人など多くヱルサレムに上れり
7:8 王の七年の五月にエズラ、ヱルサレムに到れり
7:9 即ち正月の一日にバビロンを出たちて五月の一日にヱルサレムに至る 其神のよき手これが上にありしに因てなり
7:10 エズラは心をこめてヱホバの律法を求め之を行ひてイスラエルの中に法度と例規とをヘへたりき
7:11 ヱホバの誡命の言に精しく且つイスラエルに賜ひし法度に明かなる學士にて祭司たるエズラにアルタシヤスタ王の與へし書の言は是のごとし
7:12 諸王の王アルタシヤスタ天の神の律法の學士なる祭司エズラに諭す 願くは全云々
7:13 我詔言を出す 我國の内にをるイスラエルの民およびその祭司レビ人の中凡てヱルサレムに往んと志す者は皆なんぢと偕に往べし
7:14 汝はおのが手にある汝の神の律法に照してユダとヱルサレムの模樣とを察せんために王および七人の議官に遣はされて往くなり
7:15 且汝は王とその議官がヱルサレムに宮居するところのイスラエルの神のために誠意よりささぐる金銀を携へ
7:16 またバビロン全州にて汝が獲る一切の金銀および民と祭司とがヱルサレムなる其神の室のために誠意よりする禮物を携さふ
7:17 然ば汝その金をもて牡牛牡羊羔羊およびその素祭と灌祭の品を速に買ひヱルサレムにある汝らの神の室の壇の上にこれを獻ぐべし
7:18 また汝と汝の兄弟等その餘れる金銀をもて爲んと欲する所あらば汝らの神の旨にしたがひて之を爲せ
7:19 また汝の神の室の奉事のために汝が賜はりし器皿は汝これをヱルサレムの神の前に納めよ
7:20 その外汝の神の室のために需むる所あらば汝の用ひんとする所の者をことごとく王の府庫より取て用ふべし
7:21 我や我アルタシヤスタ王 河外ふの一切の庫官に詔言を下して云ふ 天の神の律法の學士祭司エズラが汝らに需むる所は凡てこれを迅速に爲べし
7:22 即ち銀は百タラント小麥は百石酒は百バテ油は百バテ鹽は量なかるべし
7:23 天の神の室のために天の神の命ずる所は凡て謹んで之を行なへ しからずば王とその子等との國に恐くは震怒のぞまん
7:24 かつ我儕なんぢらに諭す 祭司レビ人謳歌者門を守る者ネテニ人および神のその室の役者などには貢賦租税税金などを課すべからず
7:25 汝エズラ汝の手にある汝の神の智慧にしたがひて有司および裁判人を立て河外ふの一切の民すなはち汝の神の律法を知る者等を盡く裁判しめよ 汝らまた之を知ざる者をヘへよ
7:26 凡そ汝の神の律法および王の律法を行はざる者をば迅速にその罪を定めて或は殺し或は追放ち或はその貨財を沒収し或は獄に繋ぐべし
7:27 我らの先祖の神ヱホバは讃べき哉 斯王の心にヱルサレムなるヱホバの室を飾る意を起させ
7:28 また王の前とその議官の前と王の大臣の前にて我に矜恤を得させたまへり 我神ヱホバの手わが上にありしに因て我は力を得 イスラエルの中より首領たる人々を集めて我とともに上らしむ

エ ズラ記
8:1 アルタシヤスタ王の治世に我とともにバビロンより上り來りし者等の宗家の長およびその系譜は左のごとし
8:2 ピネハスの子孫の中にてはゲルシヨム、イタマルの子孫の中にてはダニエル、ダビデの子孫の中にてはハットシ
8:3 シカニヤの子孫の中パロシの子孫の中にてはゼカリヤ彼と偕にありて名簿に載られたる男子百五十人
8:4 パハテモアブの子孫の中にてはゼラヒヤの子エリヨエナイ彼と偕なる男二百人
8:5 シカニヤの子孫の中にてはヤハジエルの子 彼と偕なる男三百人
8:6 アデンの子孫の中にてはヨナタンの子エベデ彼とともなる男五十人
8:7 エラムの子孫の中にてはアタリヤの子ヱサヤ彼と偕なる男七十人
8:8 シパテヤの子孫の中にてはミカエルの子ゼバデヤ彼とともなる男八十人
8:9 ヨハブの子孫の中にてはヱヒエルの子オバデヤ彼とともなる男二百十八人
8:10 シロミテの子孫の中にてはヨシピアの子 彼とともなる男百六十人
8:11 ベバイの子孫の中にてはベバイの子ゼカリヤ彼と偕なる男二十八人
8:12 アズガデの子孫の中にてはハッカタンの子ヨハナン彼とともなる男百十人
8:13 アドニカムの子孫の中の後なる者等あり 其名をエリペレテ、ユエル、シマヤといふ彼らと偕なる男六十人
8:14 ビグワイの子孫の中にてはウタイおよびザブデ彼等とともなる男七十人
8:15 我かれらをアハワに流るる所の河の邊に集めて三日が間かしこに天幕を張居たりしが我民と祭司とを閲せしにレビの子孫一人も其處に居ざりければ
8:16 すなはち人を遣てエリエゼル、アリエル、シマヤ、エルナタン、ヤリブ、エルナタン、ナタン、ゼカリヤ、メシユラムなどいふ長たる人々を招きまたヘ晦を施こ す所のヨヤリブおよびエルナタンを招けり
8:17 而して我カシピアといふ處の長イドの許に彼らを出し遣せり 即ち我カシピアといふ處にをるイドとその兄弟なるネテニ人に告ぐべき詞を之が口に授け我等の神の室のために役者を我儕に携へ來れと言けるが
8:18 我らの神よく我儕を助けたまひて彼等つひにイスラエルの子レビの子マヘリの子孫イシケセルを我らに携さへ來り又セレビヤといふ者およびその子等と兄弟十八 人
8:19 ハシヤビヤならびにメラリの子孫のヱサヤおよびその兄弟とその子等二十人を携へ
8:20 またネテニ人すなはちダビデとその牧伯等がレビ人に事へしむるために設けたりしネテニ人二百二十人を携へ來れり 此等の者は皆その名を掲げられたり
8:21 斯て我かしこなるアハワの河の邊にて斷食を宣傳へ我儕の神の前にて我儕身を卑し我らと我らの小き者と我らの諸の所有のために正しき途を示されんことを之に 求む
8:22 其は我儕さきに王に告て我らの神は己を求むる者を凡て善く助けまた己を棄る者にはその權能と震怒とをあらはしたまふと言しに因て我道路の敵を防ぎて我儕を 護るべき歩兵と騎兵とを王に請ふを羞ぢたればなり
8:23 かくてこのことを我ら斷食して我儕の神に求めけるに其祈?を容たまへり
8:24 時に我祭司の長十二人即ちセレビヤ、ハシヤビヤおよびその兄弟十人を之とともに擇び
8:25 金銀および器皿すなはち王とその議官とその牧伯と彼處の一切のイスラエル人とが我らの神の室のために獻げたる奉納物を量りて彼らに付せり
8:26 その量りて彼らの手に付せし者は銀六百五十タラント銀の器百タラント金百タラントなりき
8:27 また金の大?二十あり一千ダリクに當るまた光り輝く精銅の器二箇あり その貴きこと金のごとし
8:28 而して我かれらに言り汝等はヱホバの聖者なり 此器皿もまた聖し又この金銀は汝らの先祖の神ヱホバに奉まつりし誠意よりの禮物なり
8:29 汝等ヱルサレムに至りてヱホバの家の室に於て祭司レビ人の長等およびイスラエルの宗家の首等の前に量るまで之を伺ひ守るべしと
8:30 是に於て祭司およびレビ人その金銀および器皿をヱルサレムなる我らの神の室に携へゆかんとて其重にしたがひて之を受取れり
8:31 我ら正月の十二日にアハワの河邊を出たちてヱルサレム赴きけるが我らの神その手を我らの上におき我らを救ひて敵の手また路に伏て窺ふ者の手に陷らしめたま はざりき
8:32 我儕すなはちヱルサレムに至りて三日かしこに居しが
8:33 四日にいたりて我らの神の室においてその金銀および器皿をウリヤの子祭司メレモテの手に量り付せり ピネハスの子エレアザル彼に副ふ又ヱシユアの子ヨザバデおよびビンヌイの子ノアデヤの二人のレビ人かれらに副ふ
8:34 即ちその一々の重と數を査べ其重をことごとく其時かきとめたり
8:35 俘囚の人々のその俘囚をゆるされて歸り來し者イスラエルの神に燔祭を獻げたり 即ちイスラエル全體にあたる牡牛十二を獻げまた牡羊九十六羔羊七十七罪祭の牡山羊十二を獻げたり 是みなヱホバにたてまつりし燔祭なり
8:36 彼等王の勅諭を王の代官と河外ふの總督等に示しければその人々民を助けて神の室を建しむ


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 23:2-3

23:2 「律法学者とパリサイ 人とは、モーセの座にすわっている。

23:3 だから、彼らがあなたがたに言うことは、みな守って実行しなさい。しかし、彼らのすることには、ならうな。彼らは言うだけで、実行し ないから。

 

口 語訳 Tコリ9:15

9:15 しかしわたしは、これらの権利を一つも利用しなかった。また、自分がそうしてもらいたいから、このように書くのではない。そうされる よりは、死ぬ方がましである。わたしのこの誇は、何者にも奪い去られてはならないのだ。

 

口 語訳 ロマ 8:28

8:28 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたち は知っている。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 Uコリ8:12

8:12 もし心から願ってそうするなら、持たないところによらず、持っているところによって、神に受けいれられるのである。

 

口 語訳 コロ 1:28

1:28 わたしたちはこのキリストを宣べ伝え、知恵をつくしてすべての人を訓戒し、また、すべての人を教えている。それは、彼らがキリストに あって全き者として立つようになるためである。

 

口 語訳 ロマ 8:28

8:28 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたち は知っている。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************