****************************************

創世記 44:1−17

ベニヤミンの袋から見つかった銀の杯

 

翻訳比較


聖書協会共同訳2018

◆銀の杯
創 44:1 ヨセフは家の管理者に命じた。「あの者たちの布袋を、運べるかぎりの食料でいっぱいにし、めいめいの銀をそれぞれの布袋の口に入れておきなさ い。
創 44:2 それから、私の杯、あの銀の杯を、末の弟の布袋の口に、穀物の代金と一緒に入れておきなさい。」彼はヨセフの言葉どおりにした。
創 44:3 次の朝、明るくなった頃、一行はろばと共に送り出された。
創 44:4 彼らが町を出て、まだ遠くへ行かないうちに、ヨセフは家の管理者に命じた。「すぐにあの者たちの後を追いかけ、追いついたら彼らに言いなさい。 『どうして、あなたがたは悪をもって善に報いるのだ。
創 44:5 あの銀の杯は、私の主人が飲むときや、まじないをするときお使いになるものではないか。あなたがたがしたことは悪いことだ。』」
創 44:6 彼が一行に追いついて、この言葉を告げると、
創 44:7 彼らは言った。「あなた様はどうしてそのようなことをおっしゃるのですか。僕どもがそのようなことをするはずがありません。
創 44:8 布袋の口に見つけた銀でさえ、私たちはカナンの地から持ち帰って、お返ししたではありませんか。どうして、私たちがご主人様のお屋敷から銀や金 を盗んだりするでしょうか。
創 44:9 僕どもの誰からでも杯が見つかれば、その者は死ななければならず、私たちはご主人の僕になります。」
創 44:10 すると家の管理者は言った。「それではまたあなたがたの言うとおりにしよう。杯が見つかれば、その者は私の僕となるのだ。しかしほかの者は罪 なき者としよう。」
創 44:11 彼らは急いでそれぞれ布袋を地面に降ろし、自分の布袋を開けた。
創 44:12 家の管理者が年上の者から調べ始め、年下の者で終えたところ、杯はベニヤミンの布袋の中から見つかった。
創 44:13 彼らは衣服を引き裂き、それぞれろばに荷を積んで、町へと引き返した。
創 44:14 ユダと兄弟がヨセフの屋敷に着くと、ヨセフはまだそこにいた。一同は彼の前で地に伏した。
創 44:15 ヨセフは彼らに言った。「お前たちのこの仕業は何なのだ。私のような者はまじないをするということを知らないのか。」
創 44:16 ユダが答えた。「ご主人様に何を申せましょう。何を語れましょう。身の潔白を何をもって明かせましょう。神が僕どもの罪を暴かれたのです。私 たちはご主人様の僕となります。私たちも、杯が見つかった者もです。」
創 44:17 ヨセフは言った。「そのようなことは考えてもいない。杯が見つかった者だけが私の僕になるのだ。お前たちは、安心して父のもとへ上って行くが よい。」
フランシ スコ会訳2013
001
ヨセフは執事に命じて言った、「あの者たちの袋に 運べるかぎりの食糧を満たし、一人ひとり、それぞれの銀を袋の口に入れなさい。

002それからわたしの杯、あの銀の杯を、一番年下の者 の袋の口に、穀物の代金と一緒に入れておきなさい」。彼はヨセフの言いつけどおりにした。

003夜が明けると、一行はろばとともに送り出された。

004彼らが町を出て、まだそう遠く行かないうちに、ヨ セフは執事に言った、「さあ、一行の後を追いなさい。追いついたら彼らに、『なぜお前たちは悪をもって善に報いるのか。

005これはわたしの主人が飲み、占いをするものではな いか。お前たちのしたことは悪いことだ』と言いなさい」。

006執事は彼らに追いついて、そのとおりに言った。

007彼らは答えて言った、「なぜわがあるじはそのよう なことをおっしゃるのですか。僕たちがそのようなことをするはずがありません。

008わたしたちは袋の口に見つけた銀をカナンの地から あなたのもとに持ち返り、お返ししたではありませんか。どうしてわたしたちがあなたのご主君の家から銀や金を盗むでしょうか。

009僕たちの誰かの所でそれが見つかれば、その者は死 罪に、わたしたちはご主君の奴隷になりましょう」。

010執事は言った、「今度も、お前たちの言うとおりで あればよいが。だが、それを持っているのが見つかれば、その者はわたしの奴隷とならなければならない。ほかの者は無罪としよ う」。

011彼らは急いでそれぞれの袋を地面に下ろし、各々袋 を開いた。

012年上の者から調べ始め、一番年下の者になったと き、杯はベニヤミンの袋の中で見つかった。

013彼らは衣を引き裂き、各々そのろばに荷を積んで町 に引き返した。

014ユダと兄弟たちがヨセフの家に着いたとき、彼がま だそこにいたので、彼らはヨセフの前で地にひれ伏した。

015ヨセフは彼らに言った、「お前たちは何ということ をしたのだ。

016わたしのような者は占い当てることを、知らないの か」。ユダは答えた、「わたしたちはご主君に何と申しあげ、何と申し開きできましょう。また、どう身の証しを立てることができま しょうか。神が僕たちの咎を暴かれたのです。さあ、わたしたちも、杯が見つかった者とともに、ご主君の奴隷となります」。

017しかしヨセフは言った、「わたしはそのようなこと は考えていない。ただ杯を持っているのを見つけられた者だけが、わたしの奴隷となればよい。ほかの者たちは安心して父のもとに帰 るがよい」。


 

新共同訳1987

44:1 ヨセフは執事に命じた。「あの人たちの袋を、運べるかぎり多くの食糧でいっぱいにし、めいめいの銀をそれぞれの袋の口のところへ入れておけ。

44:2 それから、わたしの杯、あの銀の杯を、いちばん年下の者の袋の口に、穀物の代金の銀と一緒に入れておきなさい。」執事はヨセフが命じたとおりにした。

44:3 次の朝、辺りが明るくなったころ、一行は見送りを受け、ろばと共に出発した。

44:4 ところが、町を出て、まだ遠くへ行かないうちに、ヨセフは執事に命じた。「すぐに、あの人たちを追いかけ、追いついたら彼らに言いなさい。『どうして、お 前たちは悪をもって善に報いるのだ。

44:5 あの銀の杯は、わたしの主人が飲むときや占いのときに、お使いになるものではないか。よくもこんな悪いことができたものだ。』」

44:6 執事は彼らに追いつくと、そのとおりに言った。

44:7 すると、彼らは言った。「御主人様、どうしてそのようなことをおっしゃるのですか。僕どもがそんなことをするなどとは、とんでもないことです。

44:8 袋の口で見つけた銀でさえ、わたしどもはカナンの地から持ち帰って、御主人様にお返ししたではありませんか。そのわたしどもがどうして、あなたの御主君の お屋敷から銀や金を盗んだりするでしょうか。

44:9 僕どもの中のだれからでも杯が見つかれば、その者は死罪に、ほかのわたしどもも皆、御主人様の奴隷になります。」

44:10 すると、執事は言った。「今度もお前たちが言うとおりならよいが。だれであっても、杯が見つかれば、その者はわたしの奴隷にならねばならない。ほかの者に は罪は無い。」

44:11 彼らは急いで自分の袋を地面に降ろし、めいめいで袋を開けた。

44:12 執事が年上の者から念入りに調べ始め、いちばん最後に年下の者になったとき、ベニヤミンの袋の中から杯が見つかった。

44:13 彼らは衣を引き裂き、めいめい自分のろばに荷を積むと、町へ引き返した。

44:14 ユダと兄弟たちがヨセフの屋敷に入って行くと、ヨセフはまだそこにいた。一同は彼の前で地にひれ伏した。

44:15 「お前たちのしたこの仕業は何事か。わたしのような者は占い当てることを知らないのか」とヨセフが言うと、

44:16 ユダが答えた。「御主君に何と申し開きできましょう。今更どう言えば、わたしどもの身の証しを立てることができましょう。神が僕どもの罪を暴かれたので す。この上は、わたしどもも、杯が見つかった者と共に、御主君の奴隷になります。」

44:17 ヨセフは言った。「そんなことは全く考えていない。ただ、杯を見つけられた者だけが、わたしの奴隷になればよい。ほかのお前たちは皆、安心して父親のもと へ帰るがよい。」

 

新改訳1970

44:1 さて、ヨセフは家の管理者に命じて言った。「あの人々の袋を彼らに運べるだけの食糧で満たし、おのおのの銀を彼らの袋の口に入れておけ。

44:2 また、私の杯、あの銀の杯を一番年下の者の袋の口に、穀物の代金といっしょに入れておけ。」彼はヨセフの言いつけどおりにした。

44:3 明け方、人々はろばといっしょに送り出された。

44:4 彼らが町を出てまだ遠くへ行かないうちに、ヨセフは家の管理者に言った。「さあ、あの人々のあとを追え。追いついたら彼らに、『なぜ、あなたがたは悪を もって善に報いるのか。

44:5 これは、私の主人が、これで飲み、また、これでいつもまじないをしておられるのではないか。あなたがたのしたことは悪らつだ。』と言うのだ。」

44:6 彼は彼らに追いついて、このことばを彼らに告げた。

44:7 すると、彼らは言った。「あなたさまは、なぜそのようなことをおっしゃるのですか。しもべどもがそんなことをするなどとは、とんでもないことです。

44:8 私たちが、袋の口から見つけた銀でさえ、カナンの地からあなたのもとへ返しに来たではありませんか。どうしてあなたのご主人の家から銀や金を盗んだりいた しましょう。

44:9 しもべどものうちのだれからでも、それが見つかった者は殺してください。そして私たちもまた、ご主人の奴隷となりましょう。」

44:10 彼は言った。「今度も、あなたがたの言うことはもっともだが、それが見つかった者は、私の奴隷となり、他の者は無罪としよう。」

44:11 そこで、彼らは急いで自分の袋を地に降ろし、おのおのその袋を開いた。

44:12 彼は年長の者から調べ始めて年下の者で終わった。ところがその杯はベニヤミンの袋から見つかった。

44:13 そこで彼らは着物を引き裂き、おのおのろばに荷を負わせて町に引き返した。

44:14 ユダと兄弟たちがヨセフの家にはいって行ったとき、ヨセフはまだそこにいた。彼らはヨセフの前で顔を地に伏せた。

44:15 ヨセフは彼らに言った。「あなたがたのしたこのしわざは、何だ。私のような者はまじないをするということを知らなかったのか。」

44:16 ユダが答えた。「私たちはあなたさまに何を申せましょう。何の申し開きができましょう。また何と言って弁解することができましょう。神がしもべどもの咎を あばかれたのです。今このとおり、私たちも、そして杯を持っているのを見つかった者も、あなたさまの奴隷となりましょう。」

44:17 しかし、ヨセフは言った。「そんなことはとんでもないことだ。杯を持っているのを見つかった者だけが、私の奴隷となればよい。ほかのあなたがたは安心して 父のもとへ帰るがよい。」

 

口語訳1955

44:1 さてヨセフは家づかさに命じて言った、「この人々の袋に、運べるだけ多くの食糧を満たし、めいめいの銀を袋の口に入れておきなさい。

44:2 またわたしの杯、銀の杯をあの年下の者の袋の口に、穀物の代金と共に入れておきなさい」。家づかさはヨセフの言葉のとおりにした。

44:3 夜が明けると、その人々と、ろばとは送り出されたが、

44:4 町を出て、まだ遠くへ行かないうちに、ヨセフは家づかさに言った、「立って、あの人々のあとを追いなさい。追いついて、彼らに言いなさい、『あなたがたは なぜ悪をもって善に報いるのですか。なぜわたしの銀の杯を盗んだのですか。

44:5 これはわたしの主人が飲む時に使い、またいつも占いに用いるものではありませんか。あなたがたのした事は悪いことです』」。

44:6 家づかさが彼らに追いついて、これらの言葉を彼らに告げたとき、

44:7 彼らは言った、「わが主は、どうしてそのようなことを言われるのですか。しもべらは決してそのようなことはいたしません。

44:8 袋の口で見つけた銀でさえ、カナンの地からあなたの所に持ち帰ったほどです。どうして、われわれは御主人の家から銀や金を盗みましょう。

44:9 しもべらのうちのだれの所でそれが見つかっても、その者は死に、またわれわれはわが主の奴隷となりましょう」。

44:10 家づかさは言った、「それではあなたがたの言葉のようにしよう。杯の見つかった者はわたしの奴隷とならなければならない。ほかの者は無罪です」。

44:11 そこで彼らは、めいめい急いで袋を地におろし、ひとりひとりその袋を開いた。

44:12 家づかさは年上から捜し始めて年下に終ったが、杯はベニヤミンの袋の中にあった。

44:13 そこで彼らは衣服を裂き、おのおの、ろばに荷を負わせて町に引き返した。

44:14 ユダと兄弟たちとは、ヨセフの家にはいったが、ヨセフがなおそこにいたので、彼らはその前で地にひれ伏した。

44:15 ヨセフは彼らに言った、「あなたがたのこのしわざは何事ですか。わたしのような人は、必ず占い当てることを知らないのですか」。

44:16 ユダは言った、「われわれはわが主に何を言い、何を述べ得ましょう。どうしてわれわれは身の潔白をあらわし得ましょう。神がしもべらの罪をあばかれまし た。われわれと、杯を持っていた者とは共にわが主の奴隷となりましょう」。

44:17 ヨセフは言った、「わたしは決してそのようなことはしない。杯を持っている者だけがわたしの奴隷とならなければならない。ほかの者は安全に父のもとへ上っ て行きなさい」。

 


文 語訳1917
44:1 茲にヨセフその家宰に命じていふこの人々の嚢にその負うるほど糧食を充せ各人の金をその嚢の口に置れ
44:2 またわが杯すなはち銀の杯を彼の少き者の嚢の口に置てその穀物の金子とともにあらしめよと彼がヨセフがいひし言のごとくなせり
44:3 かくて夜のあくるにおよびてその人々と驢馬をかへしけるが
44:4 かれら城邑をいでてなほ程とほからぬにヨセフ家宰にいひけるは起てかの人々の後を追ひおひつきし時之にいふべし汝らなんぞ惡をもて善にむくゆるや
44:5 其はわが主がもちひて飮み又用ひて常に卜ふ者にあらずや汝らかくなすは惡しと
44:6 是に於て家宰かれらにおひつきてこの言をかれらにいひければ
44:7 かれら之にいふ主なにゆゑに是事をいひたまふや僕等きはめてこの事をなさず
44:8 視よ我らの嚢の口にありし金はカナンの地より汝の所にもちかへれり然ば我等いかで汝の主の家より金銀をぬすまんや
44:9 僕等の中誰の手に見あたるも其者は死べし我等またわが主の奴隸となるべし
44:10 彼いひけるはさらば汝らの言のごとくせん其の見あたりし者はわが奴隸となるべし汝等は咎なしと
44:11 是において彼等急ぎて各その嚢を地におろし各その嚢をひらきしかば
44:12 彼すなはち索し長者よりはじめて少者にをはるに杯はベニヤミンの嚢にありき
44:13 斯有しかば彼等その衣を裂きおのおのその驢馬に荷を負せて邑にかへる
44:14 しかしてユダとその兄弟等ヨセフの家にいたるにヨセフなほ其處にをりしかばその前に地に伏す
44:15 ヨセフかれらにいひけるは汝等がなしたるこの事は何ぞや我のごとき人は善く卜ひうる者なるをしらざるや
44:16 ユダいひけるは我等主に何をいはんや何をのべんや如何にしてわれらの正直をあらはさんや神僕等の罪を摘發したまへり然ば我等およびこの杯の見あたりし者倶 に主の奴隸となるべし
44:17 ヨセフいひけるはきはめて然せじ杯の手に見あたりし人はわが奴隸となるべし汝等は安然に父にかへりのぼるべし


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

創世記 44:18−34

ユダの哀訴嘆願

 

翻訳比較


聖書協会共同 訳2018
◆ユダの嘆願
創 44:18 ユダはヨセフの前に進み出て言った。「ご主人様、お願いです。どうか僕の申し上げますことに耳を傾けてください。どうかお怒りになりませんよ うに。あなたはファラオのようなお方です。
創 44:19 ご主人様は僕どもに、『父や兄弟がいるのか』とお尋ねになりました。
創 44:20 その時、私たちはご主人様に申し上げました。『年老いた父と、父が年を取ってからもうけた子、末の弟がおります。その兄は亡くなりましたが、 同じ母の子で、残っているのはその子だけですから、父はかわいがっております。』
創 44:21 すると、あなたは僕どもに言われました。『その子を私のところに連れて来なさい。この目で確かめたい。』
創 44:22 私たちは、ご主人様に申し上げました。『あの子は父と離れることはできません。父と離れたら、父は死んでしまいます。』
創 44:23 しかし、あなたは僕どもに言われました。『その末の弟が一緒に来るのでなければ、あなたがたは再び私の顔を見ることはできない。』
創 44:24 私たちは、あなたの僕である父のところに上って行ったとき、ご主人様のお言葉を伝えました。
創 44:25 すると父は申しました。『もう一度行って、食料を僅かでも買って来なさい。』
創 44:26 私たちは言いました。『下って行くことはできません。末の弟が一緒であれば、下って行くことはできます。しかし末の弟が一緒でないかぎり、あ の方の顔を見ることはできないのです。』
創 44:27 すると、あなたの僕である父は申しました。『知ってのとおり、妻は私に二人の男の子を産んだ。
創 44:28 ところが、一人は私のところから出て行ったきりだ。きっとかみ裂かれたのだと思う。いまだに会っていないのだ。
創 44:29 それなのに、お前たちはこの子までも、私から取り上げようとする。だがこの子が危険な目に遭いでもしたら、お前たちは白髪のこの私を、苦しみ のうちに陰府へと下らせることになる。』
創 44:30 今、私があなたの僕である父のところに帰っても、この子が一緒でなければ、父の命はこの子の命にかかっていますから、
創 44:31 この子がいないと分かれば、父は死んでしまうでしょう。あなたの僕である白髪の父を、僕どもは悲嘆のうちに陰府へと下らせることになります。
創 44:32 僕は父にこの子の安全を請け合って言いました。『もし、この子をあなたのもとに連れ戻さないようなことがあれば、私は生涯、父に対してその罪 を負います。』
創 44:33 それでどうか僕をこの子の代わりに、ご主人様の僕としてここにとどめ置き、この子は兄弟と一緒に上らせてください。
創 44:34 この子が一緒でないかぎり、どうして私は父のもとへ上って行けるでしょう。父に降りかかる災いを見るに忍びません。」

フランシ スコ会訳2013
018
ユダはヨセフの前に進み出て言った、「ご主君さ ま、お願いです。僕からひと言お耳に入れさせてください。あなたはファラオのような方ですから、お怒りにならずに、お聞きくださ い。

019以前ご主君は『お前たちに父や弟があるか』とお尋 ねになりました。

020それでわたしたちは『年老いた父と年寄り子の末の 弟があります。彼の兄は死に、同じ母から生まれて残ったのは彼だけで、父は彼をかわいがっています』と申しあげました。

021するとあなたさまは僕たちに『その者をわたしの所 に連れてこい。わたしの目で彼を見たい』と言われました。

022わたしたちはご主君に『あの子は父から離れること はできません。もし彼が父から離れれば、父は死ぬでしょう』と申しました。

023しかしあなたさまは僕たちに、『末の弟が一緒に来 なければ、再びわたしの顔を見ることはできない』と言われました。

024わたしたちはあなたさまの僕である父のもとに帰っ たとき、父にご主君の言葉を告げました。

025そして父が『もう一度行ってわれわれのために、少 し食糧を買ってきなさい』と申しましたとき、

026わたしたちは『下って行くことはできません。もし 末の弟も一緒なら、わたしたちは下って行きますが、末の弟が一緒でなければ、あの方の顔を見ることはできないからです』と答えま した。

027するとあなたさまの僕である父は『お前たちも知っ ているように、わたしの妻は二人の子をわたしに産んだのだが、

028一人はわたしから離れて出ていってしまった。あの 子は咬み裂かれてしまったと思う。いまだにあの子を見ることはない。

029そして今、お前たちはまたこの子をわたしから取り 去ろうとする。災いが彼の身に起こったなら、お前たちはこの白髪のわたしを、苦しみのうちに陰府に下らせることになるのだ』と申 しました。

030ですから、わたしがあなたさまの僕である父のもと に帰ったとき、この子が一緒でなければ、父の命はこの子の命に固く結びついていますので、

031この子がいないことを見て、父は死んでしまうで しょう。僕たちはあなたさまの僕である白髪の父を、悲しみのうちに陰府に下らせることになるのです。

032実は、僕は父に、この子の身代わりになり、『もし わたしが弟をあなたのもとに連れて帰らなければ、わたしはあなたに対して永久に罪を負います』と言ったのです。

033ですから、お願いいたします。僕をあの子の代わり にご主君さまの奴隷として留まらせ、あの子を兄たちと一緒に帰らせてください。

034この子を伴わずに、どうしてわたしは父のもとに帰 ることができましょう。父に起こる苦しみを見るに忍びません」。

 

GE 45

001ヨセフは傍らに立っているすべての者たちの前で、 自分を抑えきれなくなり、「みな、わたしの所から出ていってくれ」と叫んだ。誰もいなくなってから、ヨセフは兄弟たちに自分の身 の上を明かした。

002ヨセフが声をあげて泣いたので、エジプト人はそれ を聞き、ファラオの宮廷の者もそれを聞いた。

003ヨセフは兄弟たちに、「わたしはヨセフです。父上 はまだ生きておられますか」と言ったが、兄弟たちはヨセフを前にして、驚愕のあまり答えることができなかった。

004ヨセフは兄弟たちに、「わたしに近寄ってくださ い」と言い、彼らが近寄ると続けて言った、「わたしはあなたたちがエジプトに売った弟のヨセフです。

005わたしをここに売ったことを悔やんだり、責め合っ たりしてはなりません。神が命を救うために、わたしをあなたたちより先に遣わされたのです。

006この二年の間、地上に飢饉がありましたが、今後五 年間も耕すことも刈り入れることもないでしょう。

007神はあなたたちの残りの者をこの地に残し、あなた たち、多くの者の命を救うために、わたしをあなたたちより先に遣わされたのです。

008ですからわたしをここに遣わしたのはあなたたちで はなく、神です。神はわたしをファラオの父、ファラオの宮廷全体の主、エジプト全土の統治者とされました。

009急いでわたしの父上のもとに帰り、息子のヨセフが こう言っていると伝えてください、『神はわたしを全エジプトの主にされました。ためらわずにわたしの所に下って来てください。

010あなたはゴシェンの地に住み、子も孫も、羊や牛 も、あなたのすべてのものが、わたしの近くに暮らすことができます。

011飢饉はあと五年は続きますから、あなたも家族もあ なたのすべてのものが困らないように、わたしがここで養いましょう』。

012あなたたちも弟ベニヤミンもその目で見るとおり、 あなたたちに話しているのは、このわたしの口です。

013エジプトで受けているわたしのすべての栄誉と、あ なたたちが見たすべてのことをわたしの父上に話して、急いで父上をここに連れてきてください」。

014ヨセフは弟ベニヤミンの首を抱いて泣き、ベニヤミ ンもヨセフの首にすがって泣いた。

015ヨセフは兄弟全員に泣いて口づけした。その後、兄 弟たちはヨセフと語り合った。


 

新共同訳1987

44:18 ユダはヨセフの前に進み出て言った。「ああ、御主君様。何とぞお怒りにならず、僕の申し上げますことに耳を傾けてください。あなたはファラオに等しいお方 でいらっしゃいますから。

44:19 御主君は僕どもに向かって、『父や兄弟がいるのか』とお尋ねになりましたが、

44:20 そのとき、御主君に、『年とった父と、それに父の年寄り子である末の弟がおります。その兄は亡くなり、同じ母の子で残っているのはその子だけですから、父 は彼をかわいがっております』と申し上げました。

44:21 すると、あなたさまは、『その子をここへ連れて来い。自分の目で確かめることにする』と僕どもにお命じになりました。

44:22 わたしどもは、御主君に、『あの子は、父親のもとから離れるわけにはまいりません。あの子が父親のもとを離れれば、父は死んでしまいます』と申しました が、

44:23 あなたさまは、『その末の弟が一緒に来なければ、再びわたしの顔を見ることは許さぬ』と僕どもにおっしゃいました。

44:24 わたしどもは、あなたさまの僕である父のところへ帰り、御主君のお言葉を伝えました。

44:25 そして父が、『もう一度行って、我々の食糧を少し買って来い』と申しました折にも、

44:26 『行くことはできません。もし、末の弟が一緒なら、行って参ります。末の弟が一緒でないかぎり、あの方の顔を見ることはできないのです』と答えました。

44:27 すると、あなたさまの僕である父は、『お前たちも知っているように、わたしの妻は二人の息子を産んだ。

44:28 ところが、そのうちの一人はわたしのところから出て行ったきりだ。きっとかみ裂かれてしまったと思うが、それ以来、会っていない。

44:29 それなのに、お前たちはこの子までも、わたしから取り上げようとする。もしも、何か不幸なことがこの子の身に起こりでもしたら、お前たちはこの白髪の父 を、苦しめて陰府に下らせることになるのだ』と申しました。

44:30 今わたしが、この子を一緒に連れずに、あなたさまの僕である父のところへ帰れば、父の魂はこの子の魂と堅く結ばれていますから、

44:31 この子がいないことを知って、父は死んでしまうでしょう。そして、僕どもは白髪の父を、悲嘆のうちに陰府に下らせることになるのです。

44:32 実は、この僕が父にこの子の安全を保障して、『もしも、この子をあなたのもとに連れて帰らないようなことがあれば、わたしが父に対して生涯その罪を負い続 けます』と言ったのです。

44:33 何とぞ、この子の代わりに、この僕を御主君の奴隷としてここに残し、この子はほかの兄弟たちと一緒に帰らせてください。

44:34 この子を一緒に連れずに、どうしてわたしは父のもとへ帰ることができましょう。父に襲いかかる苦悶を見るに忍びません。」

 

新改訳1970

44:18 すると、ユダが彼に近づいて言った。「あなたさま。どうかあなたのしもべの申し上げることに耳を貸してください。そして、どうかしもべを激しくお怒りにな らないでください。あなたはパロのようなお方なのですから。

44:19 あなたさまは、しもべどもに、あなたがたに父や弟があるかとお尋ねになりました。

44:20 それで、私たちはあなたさまに、『私たちには年老いた父と、年寄り子の末の弟がおります。そしてその兄は死にました。彼だけがその母に残されましたので、 父は彼を愛しています。』と申し上げました。

44:21 するとあなたは、しもべどもに、『彼を私のところに連れて来い。私はこの目で彼を見たい。』と言われました。

44:22 それで、私たちはあなたさまに、『その子は父親と離れることはできません。父親と離れたら、父親は死ぬでしょう。』と申し上げました。

44:23 しかし、あなたはしもべどもに言われました。『末の弟といっしょに下って来なければ、二度とあなたがたは私の顔を見ることはできない。』

44:24 それで、私たちは、あなたのしもべである私の父のもとに帰ったとき、父にあなたさまのおことばを伝えました。

44:25 それから私たちの父が、『また行って、われわれのために少し食糧を買って来てくれ。』と言ったので、

44:26 私たちは、『私たちは下って行くことはできません。もし、末の弟が私たちといっしょなら、私たちは下って行きます。というのは、末の弟といっしょでなけれ ばあの方のお顔を見ることはできないのです。』と答えました。

44:27 すると、あなたのしもべである私の父が言いました。『あなたがたも知っているように、私の妻はふたりの子を産んだ。

44:28 そしてひとりは私のところから出て行ったきりだ。確かに裂き殺されてしまったのだ、と私は言った。そして、それ以来、今まで私は彼を見ない。

44:29 あなたがたがこの子をも私から取ってしまって、この子にわざわいが起こるなら、あなたがたは、しらが頭の私を、苦しみながらよみに下らせることになるの だ。』

44:30 私が今、あなたのしもべである私の父のもとへ帰ったとき、あの子が私たちといっしょにいなかったら、父のいのちは彼のいのちにかかっているのですから、

44:31 あの子がいないのを見たら、父は死んでしまうでしょう。そして、しもべどもが、あなたのしもべであるしらが頭の私たちの父を、悲しみながら、よみに下らせ ることになります。

44:32 というのは、このしもべは私の父に、『もし私があの子をあなたのところに連れ戻さなかったら、私は永久にあなたに対して罪ある者となります。』と言って、 あの子の保証をしているのです。

44:33 ですから、どうか今、このしもべを、あの子の代わりに、あなたさまの奴隷としてとどめ、あの子を兄弟たちと帰らせてください。

44:34 あの子が私といっしょでなくて、どうして私は父のところへ帰れましょう。私の父に起こるわざわいを見たくありません。」

 

口語訳1955

44:18 この時ユダは彼に近づいて言った、「ああ、わが主よ、どうぞわが主の耳にひとこと言わせてください。しもべをおこらないでください。あなたはパロのような かたです。

44:19 わが主はしもべらに尋ねて、『父があるか、また弟があるか』と言われたので、

44:20 われわれはわが主に言いました、『われわれには老齢の父があり、また年寄り子の弟があります。その兄は死んで、同じ母の子で残っているのは、ただこれだけ ですから父はこれを愛しています』。

44:21 その時あなたはしもべらに言われました、『その者をわたしの所へ連れてきなさい。わたしはこの目で彼を見よう』。

44:22 われわれはわが主に言いました。『その子供は父を離れることができません。もし父を離れたら父は死ぬでしょう』。

44:23 しかし、あなたはしもべらに言われました、『末の弟が一緒に下ってこなければ、おまえたちは再びわたしの顔を見ることはできない』。

44:24 それであなたのしもべである父のもとに上って、わが主の言葉を彼に告げました。

44:25 ところで、父が『おまえたちは再び行って、われわれのために少しの食糧を買ってくるように』と言ったので、

44:26 われわれは言いました、『われわれは下って行けません。もし末の弟が一緒であれば行きましょう。末の弟が一緒でなければ、あの人の顔を見ることができませ ん』。

44:27 あなたのしもべである父は言いました、『おまえたちの知っているとおり、妻はわたしにふたりの子を産んだ。

44:28 ひとりは外へ出たが、きっと裂き殺されたのだと思う。わたしは今になっても彼を見ない。

44:29 もしおまえたちがこの子をもわたしから取って行って、彼が災に会えば、おまえたちは、しらがのわたしを悲しんで陰府に下らせるであろう』。

44:30 わたしがあなたのしもべである父のもとに帰って行くとき、もしこの子供が一緒にいなかったら、どうなるでしょう。父の魂は子供の魂に結ばれているのです。

44:31 この子供がわれわれと一緒にいないのを見たら、父は死ぬでしょう。そうすればしもべらは、あなたのしもべであるしらがの父を悲しんで陰府に下らせることに なるでしょう。

44:32 しもべは父にこの子供の身を請け合って『もしわたしがこの子をあなたのもとに連れ帰らなかったら、わたしは父に対して永久に罪を負いましょう』と言ったの です。

44:33 どうか、しもべをこの子供の代りに、わが主の奴隷としてとどまらせ、この子供を兄弟たちと一緒に上り行かせてください、

44:34 この子供を連れずに、どうしてわたしは父のもとに上り行くことができましょう。父が災に会うのを見るに忍びません」。

 


文 語訳1917
44:18 時にユダかれに近よりていひけるはわが主よ請ふ僕をして主の耳に一言いふをえせしめよ僕にむかひて怒を發したまふなかれ汝はパロのごとくにいますなり
44:19 昔にわが主僕等に問て汝等は父あるや弟あるやといひたまひしかば
44:20 我等主にいへり我等にわが父あり老人なり又その老年子なる少者ありその兄は死てその母の遺せるは只是のみ故に父これを愛すと
44:21 汝また僕等にいひたまはく彼を我許につれくだり我をして之に目をつくることをえせしめよと
44:22 われら主にいへり童子父を離るをえず若父をはなるるならば父死べしと
44:23 汝また僕等にいひたまはく汝らの季の弟汝等とともに下るにあらざれば汝等ふたたたびわが面を見るべからずと
44:24 我等すなはちなんぢの僕わが父の所にかへりのぼりて主の言をこれに告たり
44:25 我らの父再びゆきて少許の糧食を買きたれといひければ
44:26 我らいふ我らくだりゆくことをえずわれらの季の弟われらと共にあらば下りゆくべし其は季の弟われらと共にあるにあらざれば彼人の面をみるをえざればなりと
44:27 なんぢの僕わが父われらにいふ汝らのしるごとく吾妻われに二人を生しが
44:28 その一人出てわれをはなれたれば必ず裂ころされしならんと思へり我今にいたるまで彼を見ず
44:29 なんぢら是をも我側より取ゆかんに若災害是の身におよぶあらば遂にわが白髮をして悲みて墓にくだらしむるにいたらんと
44:30 抑父の生命と童子の生命とは相結びてあれば我なんぢの僕わが父に歸りいたらん時に童子もしわれらと共に在ずば如何ぞや
44:31 父童子の在ざるを見ば死るにいたらん然れば僕等なんぢの僕われらの父の白髮をして悲みて墓にくだらしむるなり
44:32 僕わが父に童子の事を保ひて我もし是を汝につれかへらずば永久に罪を父に負んといへり
44:33 されば請ふ僕をして童子にかはりをりて主の奴隸とならしめ童子をしてその兄弟とともに歸りのぼらしめたまへ
44:34 我いかでか童子を伴はずして父の許に上りゆくべけん恐くは災害の父におよぶを見ん


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

新共同 ロマ 5:7

5:7 正しい人のために死ぬ者はほとんどいません。善い人のために命を惜しまない者ならいるかもしれません。

 

新共同 ロマ 5:8

5:8 しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。

 

新共同 ロマ 9:3

9:3 わたし自身、兄弟たち、つまり肉による同胞のためならば、キリストから離され、神から見捨てられた者となってもよいとさえ思っています。

 

****************************************