****************************************

ホセア書 12:1−15 (口語訳、新改訳 11:12,12:1−14) 

ヤコブの罪 

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
ホセア書12

フランシスコ訳聖書 Hos <12>章 聖書本文

わたしは彼らをその家に連れ帰る――主の言葉。

◆二 個々の託宣

◆この父にしてこの子あり

001エフライムは偽りをもって、

イスラエルの家は欺きをもってわたしを囲む。

しかし、忠実な聖なる民ユダは、

なお神とともに歩む。

002エフライムは風を牧し、

ひねもす東風を追い回し

偽りと暴力を増し、

アッシリアと契約を結び、

エジプトに油を贈る。

003主はイスラエルと争い

ヤコブをその行いに従って罰し、

その業に従って報復する。

004彼は胎内で兄を押しのけ、

男盛りの時、神と戦った。

005彼はみ使いと戦って勝ち、

泣いて恵みを求めた。

彼はベテルで神と会い、

神は彼に語られた。

006主こそ万軍の神、その名は主。

007「お前はお前の神のお陰で帰 る。

愛と正義を守り、

常にお前の神を待ち望め」。

008カナンは手にまやかしの秤を持 ち、

欺き取ることを愛する。

009エフライムはこう言った、

「わたしは何と豊かになり、財宝を得たことか」と。

しかし、彼が犯した不正を償うためには、

彼のすべての富も役に立たない。

010お前がエジプトの地から出た時 から、

わたしはお前の神、主である。

わたしはお前を会見の日のように、

再び天幕に住まわせよう。

011わたしは預言者たちに語った。

幻を多く示したのはわたしである。

わたしは預言者たちを通して喩えを語ってきた。

012ギレアドには悪がはびこってい る。

まことに彼らはむなしいものである。

ギルガルでは雄牛に犠牲をささげ、

彼らの祭壇は畑の畝に積んだ石のようになる。

013ヤコブはアラムの野に逃れた。

イスラエルは妻を迎えるために仕え、

妻を迎えるために羊の群れを守った。

014主は一人の預言者によって、

イスラエルをエジプトから導き出し、

一人の預言者によってこれを守られた。

エフライムは主を激しく怒らせてきた。

015そこで主は血の咎を彼の上にそ のまま残し、

彼の侮辱に報復される。

 


 

新共同訳1987

12:1 エフライムは偽りをもって/イスラエルの家は欺きをもって/わたしを取り巻いた。ユダはいまだに神から離れてさまよい/偶像を聖なるものとして信頼してい る。

12:2 エフライムは風の牧者となり/一日中、熱風を追って歩く。欺瞞と暴虐を重ね/アッシリアと契約を結び/油をエジプトへ貢ぐ。

12:3 主はユダを告発される。ヤコブをその歩みにしたがって罰し/その悪い行いに報いられる。

12:4 ヤコブは母の胎にいたときから/兄のかかとをつかみ/力を尽くして神と争った。

12:5 神の使いと争って勝ち/泣いて恵みを乞うた。神はベテルで彼を見いだし/そこで彼と語られた。

12:6 主こそ万軍の神/その御名は主と唱えられる。

12:7 神のもとに立ち帰れ。愛と正義を保ち/常にあなたの神を待ち望め。

12:8 商人は欺きの秤を手にし、搾取を愛する。

12:9 エフライムは言う。「わたしは豊かになり、富を得た。この財産がすべて罪と悪とで積み上げられたとは/だれも気づくまい。」

12:10 わたしこそあなたの神、主。エジプトの地からあなたを導き上った。わたしは再びあなたを天幕に住まわせる/わたしがあなたと共にあった日々のように。

12:11 わたしは預言者たちに言葉を伝え/多くの幻を示し/預言者たちによってたとえを示した。

12:12 ギレアドには忌むべきものがある。まことにそれらはむなしい。ギルガルでは雄牛に犠牲をささげている。その祭壇は畑の畝に積まれた石塚にすぎない。

12:13 ヤコブはアラムの野に逃れ/イスラエルは妻を得るために仕え/また妻を得るために群れを守った。

12:14 主は一人の預言者によって/イスラエルをエジプトから導き上らせ/預言者によって彼らを守られた。

12:15 エフライムは主を激しく怒らせた。主は流血の報いを彼に下し/その恥辱を彼に返される。

 

新改訳1970

11:12 わたしは、エフライムの偽りと、イスラエルの家の欺きで、取り囲まれている。しかし、ユダはなおさまよっているが、神とともにあり、聖徒たちとともに堅く 立てられる。

12:1 エフライムは風を食べて生き、いつも東風を追い、まやかしと暴虐とを増し加えている。彼らはアッシリヤと契約を結び、エジプトへは油を送っている。

12:2 主は、ヤコブを罰するためにユダと言い争う。ヤコブの行ないと、そのなすことに応じて、主は彼に報いる。

12:3 彼は母の胎にいたとき、兄弟を押しのけた。彼はその力で神と争った。

12:4 彼は御使いと格闘して勝ったが、泣いて、これに願った。彼はベテルで神に出会い、その所で神は彼に語りかけた。

12:5 主は万軍の神。その呼び名は主。

12:6 あなたはあなたの神に立ち返り、誠実と公義とを守り、絶えずあなたの神を待ち望め。

12:7 商人は手に欺きのはかりを持ち、しいたげることを好む。

12:8 エフライムは言った。「しかし、私は富む者となった。私は自分のために財産を得た。私のすべての勤労の実は、罪となるような不義を私にもたらさない。」

12:9 しかし、わたしは、エジプトの国にいたときから、あなたの神、主である。わたしは例祭の日のように、再びあなたを天幕に住ませよう。

12:10 わたしは預言者たちに語り、多くの幻を示し、預言者たちによってたとえを示そう。

12:11 まことに、ギルアデは不法そのもの、ただ、むなしい者にすぎなかった。彼らはギルガルで牛にいけにえをささげた。彼らの祭壇も、畑のうねの石くれの山のよ うになる。

12:12 ヤコブはアラムの野に逃げて行き、イスラエルは妻をめとるために働いた。彼は妻をめとるために羊の番をした。

12:13 主はひとりの預言者によって、イスラエルをエジプトから連れ上り、ひとりの預言者によって、これを守られた。

12:14 エフライムは主の激しい怒りを引き起こした。主は、その血の報いを彼に下し、彼のそしりに仕返しをする。

 

口語訳1955

11:12 エフライムは偽りをもって、わたしを囲み、イスラエルの家は欺きをもって、わたしを囲んだ。しかしユダはなお神に知られ、聖なる者に向かって真実である。

12:1 エフライムはひねもす風を牧し、東風を追い、偽りと暴虐とを増し加え、アッスリヤと取引をなし、油をエジプトに送った。

12:2 主はユダと争い、ヤコブをそのしわざにしたがって罰し、そのおこないにしたがって報いられる。

12:3 ヤコブは胎にいたとき、その兄弟のかかとを捕え、成人したとき神と争った。

12:4 彼は天の使と争って勝ち、泣いてこれにあわれみを求めた。彼はベテルで神に出会い、その所で神は彼と語られた。

12:5 主は万軍の神、その名は主である。

12:6 それゆえ、あなたはあなたの神に帰り、いつくしみと正しきとを守り、つねにあなたの神を待ち望め。

12:7 商人はその手に偽りのはかりを持ち、しえたげることを好む。

12:8 エフライムは言った、「まことにわたしは富める者となった。わたしは自分ために財宝を得た」と。しかし彼のすべての富も/その犯した罪をつぐなうことはで きない。

12:9 わたしはエジプトの国を出たときから、あなたの神、主である。わたしは祭の日のように、再びあなたを天幕に住まわせよう。

12:10 わたしは預言者たちに語った。幻を多く示したのはわたしである。わたしは預言者たちによってたとえを語った。

12:11 もしギレアデに不義があるなら、彼らは必ずむなしき者となる。もし彼らがギルガルで雄牛を犠牲にささげるなら、彼らの祭壇は畑のうねに積んだ石塚のように なる。

12:12 (ヤコブはアラムの地に逃げっていった。イスラエルは妻をめとるために人に仕えた。彼は妻をめとるために羊を飼った。)

12:13 主はひとりの預言者によって、イスラエルをエジプトから導き出し、ひとりの預言者によってこれを守られた。

12:14 エフライムはいたく主を怒らせた。それゆえ主はその血のとがを彼の上にのこし、そのはずかしめを彼に返される。


文語訳1917
11:12 エフライムは?言をもてイスラエルの家は詐僞をもて我を圍めりユダは神と信ある聖者とに屬きみつかずみ漂蕩をれり
12:1 エフライムは風をくらひ東風をおひ日々に詐僞と暴逆とを増くはへアッスリヤと契約を結び油をエジプトに餽れり
12:2 ヱホバはユダと爭辨をなしたまふヤコブをその途にしたがひて罰しその行爲にしたがひて報いたまふ
12:3 ヤコブは胎にゐし時その兄弟の踵をとらへまた己が力をもて神と角力あらそへり
12:4 かれは天の使と角力あらそひて勝ちなきて之に恩をもとめたり彼はベテルにて神にあへり其處にて神われらに語ひたまへり
12:5 これは萬軍の神ヱホバなりヱホバは其記念の名なり
12:6 然ばなんぢの神にかへり矜恤と公義とをまもり恒になんぢの神を仰ぐべし
12:7 彼はカナン人(商賈)なりその手に詭詐の權衡をもち好であざむき取ことをなす
12:8 エフライムはいふ誠にわれは富る者となれり我は身に財寳をえたり凡てわが勞したることの中に罪をうべき不義を見いだす者なかるべし
12:9 我ヱホバはエジプトの國をいでしより以來なんぢらの神なり我いまも尚なんぢを幕屋にすまはせて節會の日のごとくならしめん
12:10 我もろもろの預言者にかたり又これに益々おほく異象をしめしたり我もろもろの預言者に托して譬喩をまうく
12:11 ギレアデは不義なる者ならずや彼らは全く虚しかれらはギルガルにて牛を犠牲に献ぐかれらの祭壇は圃の畝につみたる石の如し
12:12 ヤコブはアラムの野ににげゆけりイスラエルは妻を得んために人に事へ妻を得んために羊を牧へり
12:13 ヱホバ一人の預言者をもてイスラエルをエジプトより導きいだし一人の預言者をもて之を護りたまへり
12:14 エフライムは怒を激ふること極てはなはだしその主かれが流しし血をかれが上にとどめその恥辱をかれに歸らせたまはん

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 黙  3:17

3:17 あなたは、自分は富んでいる。豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧 しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 黙  3:17

3:17 あなたは、自分は富んでいる。豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧 しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。

 

口 語訳 黙  7:15-17

7:15 それだから彼らは、神の御座の前におり、昼も夜もその聖所で神に仕えているのである。御座にいますかたは、彼らの上に幕屋を張って共 に住まわれるであろう。

7:16 彼らは、もはや飢えることがなく、かわくこともない。太陽も炎暑も、彼らを侵すことはない。

7:17 御座の正面にいます小羊は彼らの牧者となって、いのちの水の泉に導いて下さるであろう。また神は、彼らの目から涙をことごとくぬぐい とって下さるであろう」。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 マタ 2:15

2:15 ヘロデが死ぬまでそこにとどまっていた。それは、主が預言者によって「エジプトからわが子を呼び出した」と言われたことが、成就する ためである。

 

口 語訳 ルカ 12:16-21

12:16 そこで一つの譬を語られた、「ある金持の畑が豊作であった。

12:17 そこで彼は心の中で、『どうしようか、わたしの作物をしまっておく所がないのだが』と思いめぐらして

12:18 言った、『こうしよう。わたしの倉を取りこわし、もっと大きいのを建てて、そこに穀物や食糧を全部しまい込もう。

12:19 そして自分の魂に言おう。たましいよ、おまえには長年分の食糧がたくさんたくわえてある。さあ安心せよ、食え、飲め、楽しめ』。

12:20 すると神が彼に言われた、『愚かな者よ、あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。そしたら、あなたが用意した物は、だれの ものになるのか』。

12:21 自分のために宝を積んで神に対して富まない者は、これと同じである」。

 

口 語訳 黙  3:17-18

3:17 あなたは、自分は富んでいる。豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧 しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。

3:18 そこで、あなたに勧める。富む者となるために、わたしから火で精錬された金を買い、また、あなたの裸の恥をさらさないため身に着ける ように、白い衣を買いなさい。また、見えるようになるため、目にぬる目薬を買いなさい。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************