****************************************

イザヤ書 22:1−14     

イスラエルへの預言

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
イザヤ書22

フランシスコ訳聖書 Isa <22>章 聖書本文

◆イスラエルへの預言

001幻の谷についての託宣。

エルサレムよ、いったいどうしたのか、

お前たちはみな屋上にいるとは。

002喧騒に満ち、どよめく都、

浮かれた町よ。

お前の中の殺された者は、剣で殺されたのではなく

戦死したのでもない。

003お前の指揮官たちはみな逃亡 し、

弓を引くこともなく捕らえられた。

遠くに逃げていた者もみな見つけられ、

ともに捕らえられた。

004それ故、わたしは言う、

「わたしから目をそらしてくれ。

激しく泣きたいのだ。

わたしの民、娘の滅びたことで、

無理にわたしを慰めるな」。

005まことに、恐慌と蹂躙と混乱の 日は

万軍の主なる神のものである。

幻の谷では悲鳴が響き渡り、

山に向かって助けを求める叫び声がする。

006エラムは矢筒を取り上げ、

戦車隊と騎兵を引き連れ、

キルは盾の覆いを外した。

007お前の最も豊かな平野は戦車で 満たされ、

騎兵は城門の前に陣取り、

008ユダの防備ははぎ取られた。

その日、お前は

森の家の武器に目を向けた。

009また、ダビデの町に破れの多い のを見て

下貯水池に水を集めた。

010お前たちはエルサレムの家を数 え、

城壁を堅固にするために家々を壊した。

011二つの城壁の間に水溜めを造っ て、

古い貯水池の水を入れた。

しかし、お前たちは、町を造られた方に目を向けず、

遠い昔からこれを計画された方を、

見ようとしなかった。

012その日、万軍の主なる神は

泣くこと、嘆くこと、

髪を剃ること、粗布をまとうことを布告された。

013しかし、見よ、喜び浮かれ、

牛を殺し、羊を屠り、

肉を食らい、酒を飲む。

「食らい、かつ飲もう。明日は死ぬのだから」。

014万軍の主はわたしの耳に告げら れた。

「お前たちが死ぬまで、

この罪は決して赦されることはない」と

万軍の主なる神が仰せになった。



新共同訳1987

22:1 幻の谷についての託宣。どうしたのか、お前たちが皆、屋上にいるのは。

22:2 騒音に満たされ、どよめく都/喜びに浮かれた町よ。お前の死者たちは、剣に倒れたのではない/戦って死んだのではない。

22:3 お前の将校たちはすべて逃げ出したが/弓を引くこともなく捕らえられた。遠くに逃げた者も皆/見つけられ、共に捕らえられた。

22:4 それゆえ、わたしは言う。「わたしから目をそらしてくれ。わたしは激しく泣く。あえてわたしを慰めるな。娘なるわが民が滅びたのだ。」

22:5 混乱と蹂躙と崩壊の日が/万軍の主なる神から来る。幻の谷に、騒音が響き渡り/山に向かって叫ぶ声がある。

22:6 エラムは矢筒を取り上げ/戦車には人が乗り、馬がつながれた。また、キルは盾の覆いをはずした。

22:7 お前の最も豊かな平野は/戦車と馬で満たされ/彼らは城門の前に陣取り

22:8 ユダの防備をはぎ取った。その日には、お前たちは/森の家の武器に目を向けた。

22:9 また、ダビデの町に破れの多いのを見て/下の池の水を集めた。

22:10 エルサレムの家を数え/家々を倒して、城壁の破れをふさごうとした。

22:11 二つの城壁の間に水溜めを造り/古い池の水を入れた。しかし、お前たちは、都を造られた方に目を向けず/遠い昔に都を形づくられた方を/見ようとしなかっ た。

22:12 その日には、万軍の主なる神が布告された。嘆くこと、泣くこと/髪をそり、粗布をまとうことを。

22:13 しかし、見よ、彼らは喜び祝い/牛を殺し、羊を屠り/肉を食らい、酒を飲んで言った。「食らえ、飲め、明日は死ぬのだから」と。

22:14 万軍の主はわたしの耳に告げられた。「お前たちが死ぬまで/この罪は決して赦されることがない」と/万軍の主なる神が言われた。

 

新改訳1970

22:1 幻の谷に対する宣告。これはいったいどうしたことか。おまえたちみな、屋根に上って。

22:2 喧噪に満ちた、騒がしい町、おごった都よ。おまえのうちの殺された者たちは、剣で刺し殺されたのでもなく、戦死したのでもない。

22:3 おまえの首領たちは、こぞって逃げた。彼らは弓を引かないうちに捕えられ、おまえのうちの見つけられた者も、遠くへ逃げ去る前に、みな捕えられた。

22:4 それで、私は言う。「私から目をそらしてくれ、私は激しく泣きたいのだ。私の民、この娘の破滅のことで、無理に私を慰めてくれるな。」

22:5 なぜなら、恐慌と蹂躙と混乱の日は、万軍の神、主から来るからだ。幻の谷では、城壁の崩壊、山への叫び。

22:6 エラムは矢筒を負い、戦車と兵士と騎兵を引き連れ、キルは盾のおおいを取った。

22:7 おまえの最も美しい谷は戦車で満ち、騎兵は城門で立ち並んだ。

22:8 こうしてユダのおおいは除かれ、その日、おまえは森の宮殿の武器に目を向けた。

22:9 おまえたちは、ダビデの町の破れの多いのを見て、下の池の水を集めた。

22:10 また、エルサレムの家を数え、その家をこわして城壁を補強し、

22:11 二重の城壁の間に貯水池を造って、古い池の水を引いた。しかし、おまえたちは、これをなさった方に目もくれず、昔からこれを計画された方を目にも留めな かった。

22:12 その日、万軍の神、主は、「泣け。悲しめ。頭を丸めて、荒布をまとえ。」と呼びかけられたのに、

22:13 なんと、おまえたちは楽しみ喜び、牛を殺し、羊をほふり、肉を食らい、ぶどう酒を飲み、「飲めよ。食らえよ。どうせ、あすは死ぬのだから。」と言ってい る。

22:14 そこで万軍の主は、私の耳を開かれた。「この罪は、おまえたちが死ぬまでは決して赦されない。」と、万軍の神、主は仰せられた。

 

口語訳1955

22:1 幻の谷についての託宣。あなたがたはなぜ、みな屋根にのぼったのか。

22:2 叫び声で満ちている者、騒がしい都、喜びに酔っている町よ。あなたのうちの殺された者は/つるぎで殺されたのではなく、また戦いに倒れたのでもない。

22:3 あなたのつかさたちは皆共にのがれて行ったが、弓を捨てて捕えられた。彼らは遠く逃げて行ったが、あなたのうちの見つかった者はみな捕えられた。

22:4 それゆえ、わたしは言った、「わたしを顧みてくれるな、わたしはいたく泣き悲しむ。わが民の娘の滅びのために、わたしを慰めようと努めてはならない」。

22:5 万軍の神、主は幻の谷に/騒ぎと、踏みにじりと、混乱の日をこさせられる。城壁はくずれ落ち、叫び声は山に聞える。

22:6 エラムは箙を負い、戦車と騎兵とをもってきたり、キルは盾をあらわした。

22:7 あなたの最も美しい谷は戦車で満ち、騎兵はもろもろの門にむかって立った。

22:8 ユダを守るおおいは取り除かれた。その日あなたは林の家の武具を仰ぎ望んだ。

22:9 またあなたがたはダビデの町の破れの多いのを見、下の池の水を集め、

22:10 エルサレムの家を数え、またその家をこわして城壁を築き、

22:11 一つの貯水池を二つの城壁の間に造って古池の水をひいた。しかしあなたがたはこの事をなされた者を仰ぎ望まず、この事を昔から計画された者を顧みなかっ た。

22:12 その日、万軍の神、主は/泣き悲しみ、頭をかぶろにし、荒布をまとうことを命じられたが、

22:13 見よ、あなたがたは喜び楽しみ、牛をほふり、羊を殺し、肉を食い、酒を飲んで言う、「われわれは食い、かつ飲もう、明日は死ぬのだから」。

22:14 万軍の主はみずからわたしの耳に示された、「まことに、この不義はあなたがたが死ぬまで、ゆるされることはない」と/万軍の神、主は言われる。



文語訳1917
22:1 異象の谷にかかる重負のよげん 曰く/なんぢら何故にみな屋蓋にのぼれるか
22:2 汝はさわがしく喧すしき邑ほこりたのしむ邑 なんぢのうちの殺されたるものは劍をもて殺されしにあらず 亦たたかひにて死しにもあらず
22:3 なんぢの有司はみな共にのがれゆきしかど弓士にいましめられ 汝の民はとほくにげゆきしかど見出されて皆ともに縛められたり
22:4 この故にわれいふ回顧てわれを見るなかれ 我いたく哭かなしまん わが民のむすめの害はれたるによりて我をなぐさめんと勉むるなかれ
22:5 そは主萬軍のヱホバ異象のたにに騒亂ふみにじり惶惑の日をきたらせたまふ 垣はくづれ號呼のこゑは山々にきこゆ
22:6 エラムは箙をおひたり 歩兵と騎兵とありキルは盾をあらはせり
22:7 かくて戰車はなんぢの美しき谷にみち 騎兵はその門にむかひてつらなれり
22:8 ユダの庇護はのぞかる その日なんぢは林のいへの武具をあふぎのぞめり
22:9 なんぢらダビデのまちの壞おほきを見る なんぢら下のいけの水をあつめ
22:10 またヱルサレムの家をかぞへ且その家をこぼちて垣をかたくし
22:11 一つの水坑をかきとかきとの間につくりて古池の水をひけりされどこの事をなし給へるものを仰望まず この事をむかしより營みたまへる者をかへりみざりき
22:12 その日主萬軍のヱホバ命じて哭かなしみ首をかぶろにし麁服をまとへと仰せたまひしかど
22:13 なんぢらは喜びたのしみ牛をほふり羊をころし肉をくらひ酒をのみていふ 我儕くらひ且のむべし明日はしぬべければなりと
22:14 萬軍のヱホバ默示をわが耳にきかしめたまはく まことにこの邪曲はなんぢらが死にいたるまで除き清めらるるを得ずと これ主萬軍のヱホバのみことばなり

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 Tコリ15:32

15:32 もし、わたしが人間の 考えによってエペソで獣と戦ったとすれば、それはなんの役に立つのか。もし死人がよみがえらないのなら、「わたしたちは飲み食いしよ うではないか。あすもわからぬいのちなのだ」。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 ルカ 19:41

19:41 いよいよ都の近くにき て、それが見えたとき、そのために泣いて言われた、

 

口 語訳 ルカ 17:26-29

17:26 そして、ノアの時にあったように、人の子の時にも同様なことが起るであろう。

17:27 ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていたが、そこへ洪水が襲ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。

17:28 ロトの時にも同じようなことが起った。人々は食い、飲み、買い、売り、植え、建てなどしていたが、

17:29 ロトがソドムから出て行った日に、天から火と硫黄とが降ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。

 

口 語訳 Tコリ15:32

15:32 もし、わたしが人間の考えによってエペソで獣と戦ったとすれば、それはなんの役に立つのか。もし死人がよみがえらないのなら、「わた したちは飲み食いしようではないか。あすもわからぬいのちなのだ」。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 Tコリ15:32

15:32 もし、わたしが人間の考えによってエペソで獣と戦ったとすれば、それはなんの役に立つのか。もし死人がよみがえらないのなら、「わた したちは飲み食いしようではないか。あすもわからぬいのちなのだ」。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 Tコリ15:32

15:32 単に人間的な動機からエフェソで野獣と闘ったとしたら、わたしに何の得があったでしょう。もし、死者が復活しないとしたら、/「食べたり飲んだりしようで はないか。どうせ明日は死ぬ身ではないか」ということになります。

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 マコ 6:21

6:21 ところが、良い機会が訪れた。ヘロデが、自分の誕生日の祝いに高官や将校、ガリラヤの有力者などを招いて宴会を催すと、

 

新共同 ルカ 17:27-28

17:27 ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていたが、洪水が襲って来て、一人残らず滅ぼしてしまった。

17:28 ロトの時代にも同じようなことが起こった。人々は食べたり飲んだり、買ったり売ったり、植えたり建てたりしていたが、

 

新共同 Tコリ15:32

15:32 単に人間的な動機からエフェソで野獣と闘ったとしたら、わたしに何の得があったでしょう。もし、死者が復活しないとしたら、/「食べたり飲んだりしようで はないか。どうせ明日は死ぬ身ではないか」ということになります。

 

 

 

 

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

イザヤ書 22:15−25    

シェブナに対する弾劾

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆シェブナに対する弾劾

015万軍の主なる神はこう仰せに なった、

「さあ、あの家令、

宮廷長シェブナの所へ行って言え、

016『お前は何をやっているのか。

誰との関わりで

ここに自分の墓を掘るのか。

高い所に自分の墓を掘り、

岩をくりぬいて自分の住まいを造るとは。

017見よ、主はお前を遠くに放り出 される。

勇者よ、主は、お前をしっかりつかみ、

018まりのように丸く丸めて、

両側に広がった地へと、投げ捨てられる。

そこでお前は死ぬ。

お前の誇る車もそこに残る。

お前の主人の家の恥さらしよ。

019わたしは、お前をその地位から 追放し、

お前をその職務から引きずり下ろす。

020その日、わたしは、わたしの 僕、

ヒルキヤの子エルヤキムを呼び、

021お前の衣を彼に着せ、お前の帯 を彼につけ、

お前の支配権を彼の手に委ねる。

彼はエルサレムの住民とユダの家の父となる。

022わたしは彼の肩にダビデの家の 鍵を置く。

彼が開けば、閉じる者はなく、

彼が閉じれば、開く者はない。

023わたしは、固い所に釘を打ち込 み、

彼はその父の家にとって栄光の座となる。

024その父の家のすべての栄光は、

彼の上に掛けられる。

末裔と後裔、

またすべての小さな器、

鉢からあらゆる壺に至るまで』」。

025「だがその日には――万軍の主の言葉――固い所 に打ち込まれていた釘は重さに負け、折れて落ち、それに掛けられていた荷は壊れる」と主は語られた。

 


 

新共同訳1987

22:15 万軍の主なる神はこう言われた。「さあ行け、あの家令のところへ。宮廷を支配しているシェブナのところへ。」

22:16 ここでお前は何をしているのか/ここでお前は何者だというのか。ここに自分の墓を掘るとは何事か。高い所に墓を掘り/岩をえぐって住みかを造ろうとする者 よ。

22:17 見よ、主はお前を放り出される。人よ、主はお前を衣のように巻き

22:18 ターバンのように丸めてまりを作り/広大な地へ放り出される。そこでお前は死に/そこに、お前の誇る馬車も捨てられる。主人の家に恥をもたらす者よ。

22:19 わたしは、お前をその地位から追う。お前はその職務から退けられる。

22:20 その日には、わたしは、わが僕、ヒルキヤの子エルヤキムを呼び、

22:21 彼にお前の衣を着せ、お前の飾り帯を締めさせ、お前に与えられていた支配権を彼の手に渡す。彼はエルサレムの住民とユダの家の父となる。

22:22 わたしは彼の肩に、ダビデの家の鍵を置く。彼が開けば、閉じる者はなく、彼が閉じれば、開く者はないであろう。

22:23 わたしは、彼を確かなところに打ち込み、かなめとする。彼は、父の家にとって栄光の座に着く。

22:24 彼の父の家の栄光はすべて、彼の上に掛けられる。木の芽から葉に至るまで、また、小さな器もすべて、鉢からあらゆる壺に至るまで。

22:25 だが、その日には、と万軍の主は言われる。確かなところに打ち込まれていたかなめは抜け落ち、それに掛けられていた重荷は、壊され、落ち、断たれる、と主 が語られた。

 

新改訳1970

22:15 万軍の神、主は、こう仰せられる。さあ、宮廷をつかさどるあの執事シェブナのところに行け。

22:16 あなたは自分のために、ここに墓を掘ったが、ここはあなたに何のかかわりがあるのか。ここはあなたのだれにかかわりがあるのか。高い所に自分の墓を掘り、 岩に自分の住まいを刻んで。

22:17 ああ、ますらおよ。主はあなたを遠くに投げやる。主はあなたをわしづかみにし、

22:18 あなたをまりのように、くるくる丸めて、広い広い地に投げ捨てる。あなたはそこで死ぬ。あなたの誇った車もそこで。主人の家の恥さらしよ。

22:19 わたしはあなたをその職から追放し、あなたの地位から引き降ろす。

22:20 その日、わたしは、わたしのしもべ、ヒルキヤの子エルヤキムを召し、

22:21 あなたの長服を彼に着せ、あなたの飾り帯を彼に締め、あなたの権威を彼の手にゆだねる。彼はエルサレムの住民とユダの家の父となる。

22:22 わたしはまた、ダビデの家のかぎを彼の肩に置く。彼が開くと、閉じる者はなく、彼が閉じると、開く者はない。

22:23 わたしは、彼を一つの釘として、確かな場所に打ち込む。彼はその父の家にとって栄光の座となる。

22:24 彼の上に、父の家のすべての栄光がかけられる。子も孫も、すべての小さい器も、鉢の類からすべてのつぼの類に至るまで。

22:25 その日、――万軍の主の御告げ。――確かな場所に打ち込まれた一つの釘は抜き取られ、折られて落ち、その上にかかっていた荷も取りこわされる。主が語られ たのだ。

 

口語訳1955

22:15 万軍の神、主はこう言われる、「さあ、王の家をつかさどるこの執事セブナに行って言いなさい、

22:16 『あなたはここになんの係わりがありますか。あなたはだれの縁故でここに自分のために墓を掘ったのですか。あなたは高い所に墓を掘り、岩をうがって自分の ためにすみかを造った。

22:17 強い人よ、見よ、主はあなたを激しくなげ倒される。主はあなたを堅くつかまえ、

22:18 ぐるぐるまわして、まりのように広々した地に投げられる。主人の家の恥となる者よ、あなたはそこで死に、あなたの華麗な車はそこに残る。

22:19 わたしは、あなたをその職から追い、その地位から引きおろす。

22:20 その日、わたしは、わがしもべヒルキヤの子エリアキムを呼んで、

22:21 あなたの衣を着せ、あなたの帯をしめさせ、あなたの権力を彼の手にゆだねる。彼はエルサレムの民とユダの家との父となる。

22:22 わたしはまたダビデの家のかぎを彼の肩に置く。彼が開けば閉じる者なく、彼が閉じれば開く者はない。

22:23 わたしは彼を堅い所に打ったくぎのようにする。そして彼はその父の家の誉の座となり、

22:24 その父の家のすべての重さは彼の上にかかる。すなわちその子、その孫およびすべての小さい器、鉢からすべてのびんにいたるまでみな、彼の上にかかる』」。

22:25 万軍の主は言われる、「その日、堅い所に打ったくぎは抜け、切られて落ちる。その上にかかっている荷もまた取り去られる」と主は語られた。



文語訳1917
22:15 主ばんぐんのヱホバ如此のたまふ ゆけ宮ををさめ庫をつかさどるセブナにゆきていへ
22:16 なんぢここに何のかかはりありや また茲にいかなる人のありとして己がために墓をほりしや 彼はたかきところに墓をほり磐をうがちて己がために住所をつくれり
22:17 視よヱホバはつよき人のなげうつ如くに汝をなげうち給はん
22:18 なんぢを包みかためふりまはして闊かなる地に球のごとくなげいだしたまはん 主人のいへの恥となるものよ汝そこにて死そのえいぐわの車もそこにあらん
22:19 我なんぢをその職よりおひその位よりひきおとさん
22:20 その日われわが僕ヒルキヤの子エリアキムを召て
22:21 なんぢの衣をきせ汝の帶をもて固め なんぢの政權をその手にゆだぬべし 斯て彼ヱルサレムの民とユダの家とに父とならん
22:22 我またダビデのいへの鑰をその肩におかん 彼あくればとづるものなく彼とづればあくるものなし
22:23 我かれをたてて堅處にうちし釘のごとくすべし 而してかれはその父の家のさかえの位とならん
22:24 その父の家のもろもろの榮は彼がうへに懸る その子その孫およびすべての器のちひさきもの皿より瓶子にいたるまでも然らざるなし
22:25 萬軍のヱホバのたまはくその日かたき處にうちたる釘はぬけいで斫れておちん そのうへにかかれる負もまた絶るべし こはヱホバ語り給へるなり

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 27:60

27:60 岩を掘って造った彼の 新しい墓に納め、そして墓の入口に大きい石をころがしておいて、帰った。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 マタ 27:60

27:60 岩を掘って造った彼の 新しい墓に納め、そして墓の入口に大きい石をころがしておいて、帰った。

 

口 語訳 黙  3:7

3:7 ヒラデルヒヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『聖なる者、まことなる者、ダビデのかぎを持つ者、開けばだれにも閉じられ ることがなく、閉じればだれにも開かれることのない者が、次のように言われる。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 マタ 16:19

16:19 わたしは、あなたに天 国のかぎを授けよう。そして、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう」。

 

口 語訳 黙  3:7

3:7 ヒラデルヒヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『聖なる者、まことなる者、ダビデのかぎを持つ者、開けばだれにも閉じられ ることがなく、閉じればだれにも開かれることのない者が、次のように言われる。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ルカ 8:3

8:3 ヘロデの家令クザの妻ヨハナ、それにスサンナ、そのほか多くの婦人たちも一緒であった。彼女たちは、自分の持ち物を出し合って、一行に奉仕していた。

 

新共同 マタ 27:60

27:60 岩に掘った自分の新しい墓の中に納め、墓の入り口には大きな石を転がしておいて立ち去った。

 

新共同 ルカ 19:17

19:17 主人は言った。『良い僕だ。よくやった。お前はごく小さな事に忠実だったから、十の町の支配権を授けよう。』

 

新共同 ルカ 22:29

22:29 だから、わたしの父がわたしに支配権をゆだねてくださったように、わたしもあなたがたにそれをゆだねる。

 

新共同 黙  17:17

17:17 神の言葉が成就するときまで、神は彼らの心を動かして御心を行わせ、彼らが心を一つにして、自分たちの支配権を獣に与えるようにされたからである。

 

****************************************