****************************************

イザヤ書 30:1−8      

エジプトに頼ることは無益

 

翻訳比較



フランシスコ会訳2013
イザヤ書30(修正)

フランシスコ訳聖書 Isa <30>章 聖書本文

◆エジプトに頼ることは無益

001災いだ、頑なな子ら――主の言葉。

彼らは謀を巡らすが、

それはわたしから出たものではない。

同盟を結ぶが、わたしの心によるのではない。

こうして、彼らは罪に罪を重ねる。

002彼らはわたしの指示を仰がずに

エジプトへ下ろうとし、

ファラオの庇護のもとに避難し、

エジプトの陰に逃れようとする。

003しかし、ファラオの庇護はお前 たちの恥、

エジプトの陰に避難することは恥辱となる。

004その高官たちがツォアンに置か れており、

その使者たちがハネスに到着していても、

005彼らにとって無益な民の故に、

彼らはみな恥を受ける。

その民は彼らの助けにならず

かえって恥となり、辱めとなる。

006ネゲブの獣についての託宣。

彼らは、苦難と苦しみの地、

雌獅子と雄獅子、

毒蛇と飛び回る蛇の地を通って、

財宝をろばの背に、宝物をらくだのこぶに置き、

利益を生まない民のもとに赴く。

007エジプトの助けはむなしく、役 に立たない。

それ故、わたしはこれを

「無能なラハブ」と呼ぶ。

008さあ、今、これを彼らの前で

板に書き、巻物に記し、

代々にわたって、来たるべき日々のためのものとせよ。

主の山、イスラエルの岩に詣でる時のようだ。



 

新共同訳1987

30:1 災いだ、背く子らは、と主は言われる。彼らは謀を立てるが/わたしによるのではない。盟約の杯を交わすが/わたしの霊によるのではない。こうして、罪に罪 を重ねている。

30:2 彼らはわたしの託宣を求めず/エジプトへ下って行き/ファラオの砦に難を避け/エジプトの陰に身を寄せる。

30:3 しかし、ファラオの砦はお前たちの恥となり/エジプトの陰に身を寄せることは辱めとなる。

30:4 たとえ高官らがツォアンにおり/使者らがハネスに遣わされても

30:5 彼らはすべて益を与えぬ国のゆえに/うろたえるだけだ。その国は助けにならず、益を与えず/恥と嘲りの種になるだけだ。

30:6 ネゲブの獣についての託宣。彼らはその富をろばの背に/宝をらくだのこぶに載せて/ほえたける雌獅子や雄獅子/蝮や、飛び回る炎の蛇が住む/悩みと苦しみ の道を経て/益を与えることのない国に赴く。

30:7 エジプトの助けは空しくはかない。それゆえ、わたしはこれを/「つながれたラハブ」と呼ぶ。

◆背信の記録

30:8 今、行って、このことを彼らの前で/板に書き、書に記せ。それを後の日のため、永遠の証しとせよ。

 

新改訳1970

30:1 「ああ。反逆の子ら。――主の御告げ。――彼らははかりごとをめぐらすが、わたしによらず、同盟を結ぶが、わたしの霊によらず、罪に罪を増し加えるばかり だ。

30:2 彼らはエジプトに下って行こうとするが、わたしの指示をあおごうとしない。パロの保護のもとに身を避け、エジプトの陰に隠れようとする。

30:3 しかし、パロの保護にたよることは、あなたがたの恥をもたらし、エジプトの陰に身を隠すことは、侮辱をもたらす。

30:4 その首長たちがツォアンにいても、その使者たちがハネスに着いても、

30:5 彼らはみな、自分たちの役に立たない民のため、はずかしめられる。その民は彼らの助けとならず、役にも立たない。かえって、恥となり、そしりとなる。」

30:6 ネゲブの獣に対する宣告。「苦難と苦悩の地を通り、雌獅子や雄獅子、まむしや飛びかける蛇のいる所を通り、彼らはその財宝をろばの背に載せ、宝物をらくだ のこぶに載せて、役にも立たない民のところに運ぶ。

30:7 そのエジプトの助けはむなしく、うつろ。だから、わたしはこれを『何もしないラハブ』と呼んでいる。」

30:8 今、行って、これを彼らの前で板に書き、書物にこれを書きしるし、後の日のためとせよ。代々限りなく。

 

口語訳1955

30:1 主は言われる、「そむける子らはわざわいだ、彼らは計りごとを行うけれども、わたしによってではない。彼らは同盟を結ぶけれども、わが霊によってではな い、罪に罪を加えるためだ。

30:2 彼らはわが言葉を求めず、エジプトへ下っていって、パロの保護にたより、エジプトの陰に隠れようとする。

30:3 それゆえ、パロの保護は/かえってあなたがたの恥となり、エジプトの陰に隠れることは/あなたがたのはずかしめとなる。

30:4 たとい、彼の君たちがゾアンにあり、彼の使者たちがハネスに来ても、

30:5 彼らは皆おのれを益することのできない民により、すなわち助けとならず、益とならず、かえって恥となり、はずかしめとなる民によって、恥をかくからであ る」。

30:6 ネゲブの獣についての託宣。彼らはその富を若いろばの背に負わせ、その宝をらくだの背に負わせて、雌じし、雄じし、まむしおよび飛びかけるへびの出る/悩 みと苦しみの国を通って、おのれを益することのできない民に行く。

30:7 そのエジプトの助けは無益であって、むなしい。それゆえ、わたしはこれを/「休んでいるラハブ」と呼んだ。

30:8 いま行って、これを彼らの前で札にしるし、書物に載せ、後の世に伝えて、とこしえにあかしとせよ。



文語訳1917

30:1 ヱホバのたまはく 悖るる子輩はわざはひなるかな かれら謀略をすれども我によりてせず 盟をむすべどもわが靈にしたがはず ますます罪につみをくはへん
30:2 かれらわが口にとはずしてエジプトに下りゆきパロの力をかりておのれを?くしエジプトの蔭によらん
30:3 パロのちからは反てなんぢらの恥となり エジプトの蔭によるは反てなんぢらの辱かしめとなるべし
30:4 かれの君たちはゾアンにあり かれの使者たちはハネスにきたれり
30:5 かれらは皆おのれを益することあたはざる民によりて恥をいだく かの民はたすけとならず益とならず かへりて恥となり謗となれり
30:6 南のかたの牲畜にかかる重負のよげん 曰く/かれらその財貨を若き驢馬のかたにおはせ その寳物を駱駝の背におはせて 牝獅 牡獅 まむし及びとびかける蛇のいづる苦しみと艱難との國をすぎて 己をえきすること能はざる民にゆかん
30:7 そのエジプトの助はいたづらにして?し このゆゑに我はこれを休みをるラハブとよべり
30:8 いま往てこれをその前にて牌にしるし書にのせ 後の世に傳へてとこしへに證とすべし

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

イザヤ書 30:9−17     

頑な民の崩壊

 

翻訳比較





フランシスコ会訳2013
◆頑なな民の崩壊

009まことに、彼らは頑なな民、

不誠実な子ら、

主の教えを聞こうとしない者らである。

010彼らは予見者に「見るな」と言 い、

先見者にはこう言う、

「われわれに正しいことを予見するな。

甘い言葉を語り、迷いごとを予見せよ。

011道から外れ、進路を逸脱せよ。

イスラエルの聖なる方を

われわれの前から取り除け」。

012それ故、イスラエルの聖なる方 はこう仰せになる、

「お前たちは、この言葉を拒み、

虐げと欺きに信頼し、それに頼っている。

013それ故、この不正は、お前たち にとって

高い城壁に亀裂が走り、

膨張して、突然、瞬く間に崩れ落ちるようなもの。

014その崩壊は、

容赦なく砕かれる陶工の壺のようなもの。

火床から火を取り、水溜めから水をくむための

欠けらさえ見出せないほどのもの」。

015まことに、主なる神、

イスラエルの聖なる方がこう仰せになる、

「立ち返って、落ち着いていることで、

お前たちは救われ、

静かにして、信頼することのうちに、

お前たちの力がある」。

しかし、お前たちはそうしようとしなかった。

016お前たちは言った、

「いや、馬に乗って逃げよう」。

確かに、お前たちは逃げる。

「早馬に乗ろう」。

それなら、お前たちの追手はもっと速い。

017一人の威嚇の前に千人が逃げ、

五人の威嚇の前にお前たちは逃げ、

山の頂の旗竿、

丘の上の旗ほどの、僅かな者しか残らない。



 

新共同訳1987

30:9 まことに、彼らは反逆の民であり/偽りの子ら、主の教えを聞こうとしない子らだ。

30:10 彼らは先見者に向かって、「見るな」と言い/預言者に向かって/「真実を我々に預言するな。滑らかな言葉を語り、惑わすことを預言せよ。

30:11 道から離れ、行くべき道をそれ/我々の前でイスラエルの聖なる方について/語ることをやめよ」と言う。

30:12 それゆえ/イスラエルの聖なる方はこう言われる。「お前たちは、この言葉を拒み/抑圧と不正に頼り、それを支えとしているゆえ

30:13 この罪は、お前たちにとって/高い城壁に破れが生じ、崩れ落ちるようなものだ。崩壊は突然、そして瞬く間に臨む。

30:14 その崩壊の様は陶器師の壺が砕けるようだ。容赦なく粉砕され/暖炉から火を取り/水槽から水をすくう破片も残らないようだ。」

30:15 まことに、イスラエルの聖なる方/わが主なる神は、こう言われた。「お前たちは、立ち帰って/静かにしているならば救われる。安らかに信頼していることに こそ力がある」と。しかし、お前たちはそれを望まなかった。

30:16 お前たちは言った。「そうしてはいられない、馬に乗って逃げよう」と。それゆえ、お前たちは逃げなければならない。また「速い馬に乗ろう」と言ったゆえに /あなたたちを追う者は速いであろう。

30:17 一人の威嚇によって、千人はもろともに逃れ/五人の威嚇によって、お前たちは逃れる。残る者があっても、山頂の旗竿のように/丘の上の旗のようになる。

 

新改訳1970

30:9 彼らは反逆の民、うそつきの子ら、主のおしえを聞こうとしない子らだから。

30:10 彼らは予見者に「見るな。」と言い、先見者にはこう言う。「私たちに正しいことを預言するな。私たちの気に入ることを語り、偽りの預言をせよ。

30:11 道から離れ、小道からそれ、私たちの前からイスラエルの聖なる方を消せ。」

30:12 それゆえ、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「あなたがたはわたしの言うことをないがしろにし、しいたげと悪巧みに拠り頼み、これにたよった。

30:13 それゆえ、このあなたがたの不義は、そそり立つ城壁に広がって今にもそれを倒す裂け目のようになる。それは、にわかに、急に、破滅をもたらす。

30:14 その破滅は、陶器師のつぼが容赦なく打ち砕かれるときのような破滅。その破片で、炉から火を集め、水ためから水を汲むほどのかけらさえ見いだされない。」

30:15 神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得 る。」しかし、あなたがたは、これを望まなかった。

30:16 あなたがたは言った。「いや、私たちは馬に乗って逃げよう。」それなら、あなたがたは逃げてみよ。「私たちは早馬に乗って。」それなら、あなたがたの追っ 手はなお速い。

30:17 ひとりのおどしによって千人が逃げ、五人のおどしによってあなたがたが逃げ、ついに、山の頂の旗ざお、丘の上の旗ぐらいしか残るまい。

 

口語訳1955

30:9 彼らはそむける民、偽りを言う子ら、主の教を聞こうとしない子らだ。

30:10 彼らは先見者にむかって「見るな」と言い、預言者にむかっては/「正しい事をわれわれに預言するな、耳に聞きよいことを語れ、迷わしごとを預言せよ。

30:11 大路を去り、小路をはなれ、イスラエルの聖者について語り聞かすな」と言う。

30:12 それゆえ、イスラエルの聖者はこう言われる、「あなたがたはこの言葉を侮り、しえたげと、よこしまとを頼み、これにたよるがゆえに、

30:13 この不義はあなたがたには/突き出て、くずれ落ちようとする高い石がきの/破れのようであって、その倒壊はにわかに、またたくまに来る。

30:14 その破れることは陶器師の器を破るように/惜しむことなく打ち砕き、その砕けのなかには、炉から火を取り、池から水をくめるほどの、ひとかけらさえ/見い だされない」。

30:15 主なる神、イスラエルの聖者はこう言われた、「あなたがたは立ち返って、落ち着いているならば救われ、穏やかにして信頼しているならば力を得る」。しか し、あなたがたはこの事を好まなかった。

30:16 かえって、あなたがたは言った、「否、われわれは馬に乗って、とんで行こう」と。それゆえ、あなたがたはとんで帰る。また言った、「われらは速い馬に乗ろ う」と。それゆえ、あなたがたを追う者は速い。

30:17 ひとりの威嚇によって千人は逃げ、五人の威嚇によってあなたがたは逃げて、その残る者はわずかに/山の頂にある旗ざおのように、丘の上にある旗のようにな る。



文語訳1917
30:9 これは悖れる民いつはりをいふ子輩ヱホバの律法をきくことをせざる子輩なり
30:10 かれら見るものに對ひていふ見るなかれと 默示をうる者にむかひていふ直きことを示すなかれ 滑かなることをかたれ?僞をしめせ
30:11 なんぢら大道をさり逕をはなれ われらが前にイスラエルの聖者をあらしむるなかれと
30:12 此によりてイスラエルの聖者かくいひ給ふ なんぢらこの言をあなどり暴虐と邪曲とをたのみて之にたよれり
30:13 斯るがゆゑにこの不義なんぢらには凸出ておちんとするたかき垣のさけたるところのごとく その破壞にはかに暫しが間にきたらんと
30:14 主これを破りあだかも陶工の瓶をくだきやぶるがごとくして惜みたまはず その碎のなかに爐より火をとり池より水をくむほどの一片だに見出すことなからん
30:15 主ヱホバ、イスラエルの聖者かくいひたまへり なんぢら立かへりて靜かにせば救をえ 平穩にして依ョまば力をうべしと 然どなんぢらこの事をこのまざりき
30:16 なんぢら反ていへり 否われら馬にのりて逃走らんと この故になんぢら逃走らん 又いへりわれら疾きものに乗んと この故になんぢらを追もの疾かるべし
30:17 ひとり叱咤すれば千人にげはしり 五人しつたすればなんぢら逃走りて その遺るものは僅かに山嶺にある杆のごとく 岡のうへにある旗のごとくならん

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 23:37

23:37 ああ、エルサレム、エ ルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるよう に、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 ロマ 16:18

16:18 なぜなら、こうした人々は、わたしたちの主キリストに仕えないで、自分の腹に仕え、そして甘言と美辞とをもって、純朴な人々の心を欺く者どもだからであ る。

 

口語訳 Uテモ4:3-4

4:3 人々が健全な教に耐えられなくなり、耳ざわりのよい話をしてもらおうとして、自分勝手な好みにまかせて教師たちを寄せ集め、

4:4 そして、真理からは耳をそむけて、作り話の方にそれていく時が来るであろう。

 

口語訳 使  13:8

13:8 ところが魔術師エルマ(彼の名は「魔術師」との意)は、総督を信仰からそらそうとして、しきりにふたりの邪魔をした。

 

口語訳 ロマ 10:17

10:17 したがって、信仰は聞くことによるのであり、聞くことはキリストの言葉から来るのである。

 

口語訳 ヘブ 10:28

10:28 モーセの律法を無視する者が、あわれみを受けることなしに、二、三の人の証言に基いて死刑に処せられるとすれば、

 

口語訳 マタ 23:37

23:37 ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるよう に、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ロマ 16:18

16:18 こういう人々は、わたしたちの主であるキリストに仕えないで、自分の腹に仕えている。そして、うまい言葉やへつらいの言葉によって純朴な人々の心を欺いて いるのです。

 

新共同 Uテモ4:3-4

4:3 だれも健全な教えを聞こうとしない時が来ます。そのとき、人々は自分に都合の良いことを聞こうと、好き勝手に教師たちを寄せ集め、

4:4 真理から耳を背け、作り話の方にそれて行くようになります。

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

イザヤ書 30:18−26    

ヤーウェの誠実

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆主の誠実

018それでも、主は

お前たちに厚意を示そうとして待っておられ、

それでも、お前たちを憐れもうとして

立ち上がられる。

まことに、主は公正の神。

主を待ち望むすべての者は幸い。

019まことに、シオンの民、エルサ レムに住む者よ、お前はもはや泣くことはない。主は、お前の叫び声に応え、必ず厚意を示される。主は、それを聞くやいなやお前に応え てくださる。

020主は、乏しいパンと僅かな水し かお前たちに与えないことがあっても、お前の導き手はもはや隠れることはなく、お前の目はお前の導き手を見ている。

021お前が右や左にそれようとする とき、お前の耳は、「これが道、ここを歩け」、と語る言葉を背後に聞く。

022お前たちは、お前の銀で覆った 彫像とお前の金を貼った鋳像を、汚れたものとみなし、汚れたもののように投げ捨てて、これに「消えてなくなれ」と言う。

023主は、お前が大地に蒔く種のた めに雨を与え、大地が産み出す食物は豊かで滋養に富む。その日、お前の家畜は広い牧場で草をはみ、

024大地を耕す牛やろばは、シャベ ルと三叉で選り分けて発酵させた飼い葉を食べる。

025大いなる殺戮の日、塔の倒れる 時には、すべての高い山、そびえたつ丘の上に、水のほとばしる流れができる。

026主が民の傷口を包み、その討た れた傷を癒やされる日、月の光は太陽の光のようになり、太陽の光は七倍にもなって、七日分の光のようになる。



 

新共同訳1987

30:18 それゆえ、主は恵みを与えようとして/あなたたちを待ち/それゆえ、主は憐れみを与えようとして/立ち上がられる。まことに、主は正義の神。なんと幸いな ことか、すべて主を待ち望む人は。

30:19 まことに、シオンの民、エルサレムに住む者よ/もはや泣くことはない。主はあなたの呼ぶ声に答えて/必ず恵みを与えられる。主がそれを聞いて、直ちに答え てくださる。

30:20 わが主はあなたたちに/災いのパンと苦しみの水を与えられた。あなたを導かれる方は/もはや隠れておられることなく/あなたの目は常に/あなたを導かれる 方を見る。

30:21 あなたの耳は、背後から語られる言葉を聞く。「これが行くべき道だ、ここを歩け/右に行け、左に行け」と。

30:22 そのとき、あなたは銀で覆った像と/金をはり付けた像を汚し/それを汚れたもののようにまき散らし/「消えうせよ」と言う。

30:23 主は、あなたが地に蒔く種に雨を与えられる。地の産み出す穀物は豊かに実る。その日には/あなたの家畜は広い牧場で草をはみ

30:24 地を耕す牛やろばは/ふるいや箕でえり分け/発酵させた飼葉を食べる。

30:25 大いなる殺戮の日、塔の倒れるとき/そびえ立つすべての山、高い丘の上に/水路が造られて、水を運ぶ。

30:26 主が民の傷を包み/重い打ち傷をいやされる日/月の光は太陽の光になり/太陽の光は七倍になり/七つの日の光となる。

 

新改訳1970

30:18 それゆえ、主はあなたがたに恵もうと待っておられ、あなたがたをあわれもうと立ち上がられる。主は正義の神であるからだ。幸いなことよ。主を待ち望むすべ ての者は。

30:19 ああ、シオンの民、エルサレムに住む者。もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、それを聞かれるとすぐ、あなたに答 えてくださる。

30:20 たとい主があなたがたに、乏しいパンとわずかな水とを賜わっても、あなたの教師はもう隠れることなく、あなたの目はあなたの教師を見続けよう。

30:21 あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから「これが道だ。これに歩め。」と言うことばを聞く。

30:22 あなたは、銀をかぶせた刻んだ像と、金をかぶせた鋳物の像を汚し、汚れた物としてそれをまき散らし、これに「出て行け。」と言うであろう。

30:23 主は、あなたが畑に蒔く種に雨を降らせ、その土地の産する食物は豊かで滋養がある。その日、あなたの家畜の群れは、広々とした牧場で草をはみ、

30:24 畑を耕す牛やろばは、シャベルや熊手でふるい分けられた味の良いまぐさを食べる。

30:25 大いなる虐殺の日、やぐらの倒れる日に、すべての高い山、すべてのそびえる丘の上にも、水の流れる運河ができる。

30:26 主がその民の傷を包み、その打たれた傷をいやされる日に、月の光は日の光のようになり、日の光は七倍になって、七つの日の光のようになる。

 

口語訳1955

30:18 それゆえ、主は待っていて、あなたがたに恵を施される。それゆえ、主は立ちあがって、あなたがたをあわれまれる。主は公平の神でいらせられる。すべて主を 待ち望む者はさいわいである。

30:19 シオンにおり、エルサレムに住む民よ、あなたはもはや泣くことはない。主はあなたの呼ばわる声に応じて、必ずあなたに恵みを施される。主がそれを聞かれる とき、直ちに答えられる。

30:20 たとい主はあなたがたに悩みのパンと苦しみの水を与えられても、あなたの師は再び隠れることはなく、あなたの目はあなたの師を見る。

30:21 また、あなたが右に行き、あるいは左に行く時、そのうしろで「これは道だ、これに歩め」と言う言葉を耳に聞く。

30:22 その時、あなたがたはしろがねをおおった刻んだ像と、こがねを張った鋳た像とを汚し、これをきたない物のようにまき散らして、これに「去れ」と言う。

30:23 主はあなたが地にまく種に雨を与え、地の産物なる穀物をくださる。それはおびただしく、かつ豊かである。その日あなたの家畜は広い牧場で草を食べ、

30:24 地を耕す牛と、ろばは、シャベルと、くまででより分けて塩を加えた飼料を食べる。

30:25 大いなる虐殺の日、やぐらの倒れる時、すべてのそびえたつ山と、すべての高い丘に水の流れる川がある。

30:26 さらに主がその民の傷を包み、その打たれた傷をいやされる日には、月の光は日の光のようになり、日の光は七倍となり、七つの日の光のようになる。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 6:33

6:33 まず神の国と神の義と を求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。

 

口 語訳 Tテモ4:8

4:8 からだの訓練は少しは益するところがあるが、信心は、今のいのちと後の世のいのちとが約束されてあるので、万事に益となる。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 Uペテ3:9

3:9 ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを 望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。

 

口語訳 Uペテ3:15

3:15 また、わたしたちの主の寛容は救のためであると思いなさい。このことは、わたしたちの愛する兄弟パウロが、彼に与えられた知恵によって、あなたがたに書き おくったとおりである。

 

口語訳 マタ 7:7-11

7:7 求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

7:8 すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。

7:9 あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。

7:10 魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。

7:11 このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてく る者に良いものを下さらないことがあろうか。

 

口語訳 マタ 4:10

4:10 するとイエスは彼に言われた、「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。

 

口語訳 マタ 6:33

6:33 まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。

 

口語訳 Tテモ4:8

4:8 からだの訓練は少しは益するところがあるが、信心は、今のいのちと後の世のいのちとが約束されてあるので、万事に益となる。

 

口語訳 マタ 3:12

3:12 また、箕を手に持って、打ち場の麦をふるい分け、麦は倉に納め、からは消えない火で焼き捨てるであろう」。

 

口語訳 ルカ 3:17

3:17 また、箕を手に持って、打ち場の麦をふるい分け、麦は倉に納め、からは消えない火で焼き捨てるであろう」。

 

口語訳 黙  21:23

21:23 都は、日や月がそれを照す必要がない。神の栄光が都を明るくし、小羊が都のあかりだからである。

 

口語訳 黙  22:5

22:5 夜は、もはやない。あかりも太陽の光も、いらない。主なる神が彼らを照し、そして、彼らは世々限りなく支配する。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 マタ 7:7-11

7:7 「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。

7:8 だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。

7:9 あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。

7:10 魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。

7:11 このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくだ さるにちがいない。

 

新共同 マタ 4:10

4:10 すると、イエスは言われた。「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、/ただ主に仕えよ』/と書いてある。」

 

新共同 ルカ 22:31

22:31 「シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけることを神に願って聞き入れられた。

 

新共同 マタ 3:12

3:12 そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」

 

新共同 黙  21:23

21:23 この都には、それを照らす太陽も月も、必要でない。神の栄光が都を照らしており、小羊が都の明かりだからである。

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

イザヤ書 30:27−33    

アッシリアからの救い

 

翻訳比較




フランシスコ会訳2013
◆アッシリアからの救い

027見よ、主の名が遠くから、

火と濃い煙を伴って来る。

その唇は憤りに満ち、

その舌は焼き尽くす火のようだ。

028その息は押し寄せて首まで達す る出水のようであり、

諸国を滅びのふるいにかけ、

迷わすための轡を諸民族の顎に掛ける。

029お前たちの歌は祭りを祝う夜の 歌のようであり、

お前たちの心の楽しみは、

笛に合わせて進みつつ

主の山、イスラエルの岩に詣でる時のようだ。

030主はその威厳ある声を聞かせ、

激しい怒り、焼き尽くす火の炎、

豪雨、嵐、雹をもって

その腕を振り下ろすことを示される。

031まことに、主の声を聞いてアッ シリアはおののき、

主は杖で打たれる。

032主が彼に下す定められた鞭の一 打ちごとに、

タンバリンと竪琴が打ち鳴らされる。

主が手を振り上げて彼らと戦われるのだ。

033その焼き場は遥かに以前から用 意され、

王のために整えられ、

その穴は深く広くされて、

焚きつけと大量の薪で満たされている。

主の息が、燃える硫黄の流れのように、

それに火をつける。

信頼すべきはエジプトではなく主


 

新共同訳1987

30:27 見よ、主の御名は遠くから来る/怒りに燃え、立ち昇る濃い煙を伴って。その唇は憤りに満ち/舌は焼き尽くす火のようだ。

30:28 主の霊は、首にまで達する水が/涸れ谷にみなぎり溢れるように臨む。主は国々を欺きのふるいでふるい/迷わす手綱を諸国民の顎にかけられる。

30:29 あなたたちは祭りを祝う夜のように歌い/笛に合わせて進む者のように心楽しみ/主の山に来て/イスラエルの岩なる神にまみえる。

30:30 主は威厳ある声を聞かせ/荒れ狂う怒り、焼き尽くす火の炎/打ちつける雨と石のような雹と共に/御腕を振り下ろし、それを示される。

30:31 主がその鞭をもって打たれるとき/アッシリアは主の声のゆえにおののく。

30:32 主が彼に下そうと定められた/杭の一打ちごとに/太鼓と竪琴が鳴らされ/主は御腕を振るって彼らと戦われる。

30:33 焼き場は既に用意され/王のために深く広く造られ/燃やすための木が積まれ/多くの薪が置かれ/主の息が焼き尽くす硫黄の流れのように/そこに臨む。

 

新改訳1970

30:27 見よ。主の御名が遠くから来る。その怒りは燃え、その燃え上がることはものすごく、くちびるは憤りで満ち、舌は焼き尽くす火のようだ。

30:28 その息は、ほとばしって、首に達するあふれる流れのようだ。破滅のふるいで国々をふるい、迷い出させる手綱を、国々の民のあごにかける。

30:29 あなたがたは、祭りを祝う夜のように歌い、主の山、イスラエルの岩に行くために、笛に合わせて進む者のように心楽しむ。

30:30 しかし、主は威厳のある御声を聞かせ、激しい怒りと、焼き尽くす火の炎と、大雨と、あらしと、雹の石をもって、御腕の下るのを示される。

30:31 主の御声を聞いてアッシリヤはおののく。主が杖でこれを打たれるからだ。

30:32 主がこれに下す懲らしめのむちのしなうごとに、タンバリンと立琴が鳴らされる。主は武器を振り動かして、これと戦う。

30:33 すでにトフェテも整えられ、特に王のために備えられているからだ。それは深く、広くされてあり、そこには火とたきぎとが多く積んである。主の息は硫黄の流 れのように、それを燃やす。

 

口語訳1955

30:27 見よ、主の名は遠い所から/燃える怒りと、立ちあがる濃い煙をもって来る。そのくちびるは憤りで満ち、その舌は焼きつくす火のごとく、

30:28 その息はあふれて首にまで達する/流れのようであって、滅びのふるいをもってもろもろの国をふるい、また惑わす手綱を/もろもろの民のあごにつけるために 来る。

30:29 あなたがたは、聖なる祭を守る夜のように歌をうたう。また笛をならして主の山にきたり、イスラエルの岩なる主にまみえる時のように心に喜ぶ。

30:30 主はその威厳ある声を聞かせ、激しい怒りと、焼きつくす火の炎と、豪雨と、暴風と、ひょうとをもってその腕の下ることを示される。

30:31 主がそのむちをもって打たれる時、アッスリヤの人々は主の声によって恐れおののく。

30:32 主が懲らしめのつえを彼らの上に加えられるごとに鼓を鳴らし、琴をひく。主は腕を振りかざして、彼らと戦われる。

30:33 焼き場はすでに設けられた。しかも王のために深く広く備えられ、火と多くのたきぎが積まれてある。主の息はこれを硫黄の流れのように燃やす。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 Uテサ2:8

2:8 その時になると、不法の者が現れる。この者を、主イエスは口の息をもって殺し、来臨の輝きによって滅ぼすであろう。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************