****************************************

イザヤ書 37:1−7      

ヒゼキヤ、イザヤに助言と祈りを請う

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013

イザヤ書37

フランシスコ訳聖書 Isa <37>章 聖書本文

◆ヒゼキヤ、イザヤに助言と祈りを請う(王下191-7

001ヒゼキヤ王はこれを聞くと衣を 裂き、粗布を身にまとって主の神殿に行った。

002彼は、宮廷長エルヤキム、書記 官シェブナ、祭司の長老たちにも粗布をまとわせて、アモツの子、預言者イザヤのもとに遣わした。

003彼らはイザヤに言った、「ヒゼ キヤはこう申しております、『今日は苦しみと懲らしめと辱めの日。胎児が産まれようとしているのに、これを産み落とす力がない。

004恐らくあなたの神、主は、生け る神をののしるために、その主君であるアッシリアの王が遣わしたラブ・シャケの言葉を聞かれたであろう。あなたの神、主は、お聞きに なったその言葉を叱責なさるであろうが、あなたはここに残っている者たちのために祈っていただきたい』」。

005ヒゼキヤ王の家来たちがイザヤ のもとに来たとき、

006イザヤは彼らに言った、「あな たたちの主君にこう伝えなさい、『主はこう仰せになる、アッシリアの王の手先の者たちがわたしを冒?する言葉を聞いても、恐れてはならない。

007わたしは、今、一つの霊を彼の 中に入れる。彼はうわさを聞いて自分の地に引き返す。その地で、わたしは剣で彼を倒す』」。


 

新共同訳1987

37:1 ヒゼキヤ王はこれを聞くと衣を裂き、粗布を身にまとって主の神殿に行った。

37:2 また彼は宮廷長エルヤキム、書記官シェブナ、および祭司の長老たちに粗布をまとわせ、預言者、アモツの子イザヤのもとに遣わした。

37:3 彼らはイザヤに言った。「ヒゼキヤはこう言われる。『今日は苦しみと、懲らしめと、辱めの日、胎児は産道に達したが、これを産み出す力がない。

37:4 生ける神をののしるために、その主君、アッシリアの王によって遣わされて来たラブ・シャケのすべての言葉を、あなたの神、主は恐らく聞かれたことであろ う。あなたの神、主はお聞きになったその言葉をとがめられるであろうが、ここに残っている者のために祈ってほしい。』」

37:5 ヒゼキヤ王の家臣たちがイザヤのもとに来ると、

37:6 イザヤは言った。「あなたたちの主君にこう言いなさい。『主なる神はこう言われる。あなたは、アッシリアの王の従者たちがわたしを冒涜する言葉を聞いて も、恐れてはならない。

37:7 見よ、わたしは彼の中に霊を送り、彼がうわさを聞いて自分の地に引き返すようにする。彼はその地で剣にかけられて倒される。』」

 

新改訳1970

37:1 ヒゼキヤ王は、これを聞いて、自分の衣を裂き、荒布を身にまとって、主の宮にはいった。

37:2 彼は、宮内長官エルヤキム、書記シェブナ、年長の祭司たちに荒布をまとわせて、アモツの子、預言者イザヤのところに遣わした。

37:3 彼らはイザヤに言った。「ヒゼキヤはこう言っておられます。『きょうは、苦難と、懲らしめと、侮辱の日です。子どもが生まれようとするのに、それを産み出 す力がないのです。

37:4 おそらく、あなたの神、主は、ラブ・シャケのことばを聞かれたことでしょう。彼の主君、アッシリヤの王が、生ける神をそしるために彼を遣わしたのです。あ なたの神、主は、その聞かれたことばを責められますが、あなたはまだいる残りの者のため、祈りをささげてください。』」

37:5 ヒゼキヤ王の家来たちがイザヤのもとに来たとき、

37:6 イザヤは彼らに言った。「あなたがたの主君にこう言いなさい。主はこう仰せられる。『あなたが聞いたあのことば、アッシリヤの王の若い者たちがわたしを冒 涜したあのことばを恐れるな。

37:7 今、わたしは彼のうちに一つの霊を入れる。彼は、あるうわさを聞いて、自分の国に引き揚げる。わたしは、その国で彼を剣で倒す。』」

 

口語訳1955

37:1 ヒゼキヤ王はこれを聞いて、衣を裂き、荒布を身にまとって主の宮に入り、

37:2 宮内卿エリアキムと書記官セブナおよび祭司のうちの年長者たちに荒布をまとわせて、アモツの子預言者イザヤのもとへつかわした。

37:3 彼らはイザヤに言った、「ヒゼキヤはこう言います、『きょうは悩みと責めと、はずかしめの日です。胎児がまさに生れようとして、これを産み出す力がないの です。

37:4 あなたの神、主は、あるいはラブシャケのもろもろの言葉を聞かれたかもしれません。彼はその主君アッスリヤの王につかわされて、生ける神をそしりました。 あなたの神、主はその言葉を聞いて、あるいは責められるかもしれません。それゆえ、この残っている者のために祈をささげてくださ い』」。

37:5 ヒゼキヤ王の家来たちがイザヤのもとに来たとき、

37:6 イザヤは彼らに言った、「あなたがたの主君にこう言いなさい、『主はこう仰せられる、アッスリヤの王のしもべらが、わたしをそしった言葉を聞いて恐れるに は及ばない。

37:7 見よ、わたしは一つの霊を彼のうちに送って、一つのうわさを聞かせ、彼を自分の国へ帰らせて、その国でつるぎに倒れさせる』」。



文語訳1917
37:1 ヒゼキヤ王これをききてその衣をさき麁衣をまとひてヱホバの家にゆき
37:2 家司エリアキム書記セブナおよび祭司のなかの長老等をして皆あらたへをまとはせてアモツの子預言者イザヤのもとにゆかしむ
37:3 かれらイザヤにいひけるは ヒゼキヤ如此いへり けふは患難と責と辱かしめの日なり そは子うまれんとして之をうみいだすの力なし
37:4 なんぢの神ヱホバあるひはラブシヤケがもろもろの言をききたまはん 彼はその君アツスリヤ王につかはされて活る神をそしれり なんぢの神ヱホバその言をききて或はせめたまふならん されば請なんぢこの遺れるもののために祈?をささげよと
37:5 かくてヒゼキヤ王の諸僕イザヤにいたる
37:6 イザヤかれらに言けるは なんぢらの君につげよ ヱホバ斯いひたまへり曰く アツスリヤ王のしもべら我をののしりけがせり なんぢらその聞しことばによりて懼るるなかれ
37:7 視よわれかれが意をうごかすべければ 一つの風聲をききておのが國にかへらん かれをその國にて劍にたふれしむべし

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

イザヤ書 37:8−13     

センナケリブ、再度エルサレムを脅かす

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013

◆センナケリブ、再度エルサレムを脅かす(王下198-13

008ラブ・シャケは、アッシリアの 王がラキシュを去ったことを聞いて引き返し、リブナを攻撃していた王と落ち合った。

009王はクシュの王ティルハカにつ いて、「彼はあなたと交戦しようと軍を進めている」との知らせを受けた。

これを聞くと、彼はヒゼキヤに使者を送り、言わせた、

010「ユダの王ヒゼキヤにこう言 え、『お前が寄り頼んでいるお前の神にだまされて、エルサレムがアッシリアの王の手に渡されることはない、などと考えるな。

011お前自身、アッシリアの王たち がすべての国々に対して行ったこと、どのようにしてそれらを絶滅させたかを聞いているであろう。それでもお前は、救い出されるという のか。

012予の先祖たちが滅ぼした諸国、 すなわちゴザン、ハラン、レツェフ、およびテラサルにいたエデンの人々を、彼らの神々は救い出したか。

013ハマトの王、アルパドの王、ラ イル、セファルワイム、ヘナ、イワの王はどこにいるのか』」。


 

新共同訳1987

37:8 ラブ・シャケは、王がラキシュをたったということを聞いて引き返し、リブナを攻撃しているアッシリアの王と落ち合った。

37:9 王はそこでクシュの王ティルハカについて、「あなたと戦いを交えようと軍を進めている」との知らせを受けた。これを聞いて、彼はヒゼキヤに使者を遣わして 言わせた。

37:10 「ユダの王ヒゼキヤにこう言え。お前が依り頼んでいる神にだまされ、エルサレムはアッシリアの王の手に渡されることはない、と思ってはならない。

37:11 お前はアッシリアの王たちがすべての国々を滅ぼし去るために行ったことを聞いているであろう。それでも、お前だけが救い出されると言うのか。

37:12 わたしの先祖たちはゴザン、ハラン、レツェフおよびテラサルにいたエデンの人々を打ち滅ぼしたが、これらの諸国の神々は彼らを救いえたであろうか。

37:13 ハマトの王、アルパドの王、セファルワイムの町の王、ヘナやイワの王はどこに行ったのか。」

 

新改訳1970

37:8 ラブ・シャケは退いて、リブナを攻めていたアッシリヤの王と落ち合った。王がラキシュから移動したことを聞いたからである。

37:9 王は、クシュの王ティルハカについて、「彼はあなたと戦うために出て来ている。」と聞いた。彼はそれを聞くと、使者たちをヒゼキヤに送って言った。

37:10 「ユダの王ヒゼキヤにこう伝えよ。『おまえの信頼するおまえの神にごまかされるな。おまえは、エルサレムはアッシリヤの王の手に渡されないと言っている。

37:11 おまえは、アッシリヤの王たちがすべての国々にしたこと、それらを絶滅させたことを聞いている。それでも、おまえは救い出されるというのか。

37:12 私の先祖たちはゴザン、カラン、レツェフ、および、テラサルにいたエデンの人々を滅ぼしたが、その国々の神々が彼らを救い出したのか。

37:13 ハマテの王、アルパデの王、セファルワイムの町の王、また、ヘナやイワの王は、どこにいるか。』」

 

口語訳1955

37:8 ラブシャケは引き返して、アッスリヤの王がリブナを攻めているところへ行った。彼は王がラキシを去ったことを聞いたからである。

37:9 この時、アッスリヤの王はエチオピヤの王テルハカについて、「彼はあなたと戦うために出てきた」と人々が言うのを聞いた。彼はこのことを聞いて、使者をヒ ゼキヤにつかわそうとして言った、

37:10 「ユダの王ヒゼキヤにこう言いなさい、『あなたは、エルサレムはアッスリヤの王の手に陥ることはない、と言うあなたの信頼する神に欺かれてはならない。

37:11 あなたはアッスリヤの王たちが、国々にしたこと、彼らを全く滅ぼしたことを聞いている。どうしてあなたは救われることができようか。

37:12 わたしの先祖たちはゴザン、ハラン、レゼフおよびテラサルにいたエデンの人々を滅ぼしたが、その国々の神々は彼らを救ったか。

37:13 ハマテの王、アルパデの王、セパルワイムの町の王、ヘナの王およびイワの王はどこにいるか』」



文語訳1917
37:8 爰にラブシヤケはアツスリヤ王がラキシを離れさりしとききて歸りけるとき際しも王はリブナを攻をれり
37:9 このときエテオピアの王テルハカの事についてきけり云く かれいでて汝とたたかふべしと このことをききて使者をヒゼキヤに遣していふ
37:10 なんぢらユダの王ヒゼキヤにつげて如此いへ なんぢがョめる神なんぢを欺きてヱルサレムはアツスリヤ王の手にわたされじといふを聽ことなかれ
37:11 視よアツスリヤの王等もろもろの國にいかなることをおこなひ如何してこれを悉くほろぼししかを汝ききしならん されば汝すくはるることを得んや
37:12 わが先祖たちの滅ぼししゴザン、ハラン、レゼフおよびテラサルなるエデンの族など此等のくにぐにの神はその國をすくひたりしや
37:13 ハマテの王アルバデの王セバルワイムの都の王ヘナの王およびイワの王はいづこにありやと

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 使  7:2

7:2 そこで、ステパノが言った、/「兄弟たち、父たちよ、お聞き下さい。わたしたちの父祖アブラハムが、カランに住む前、まだメソポタミ ヤにいたとき、栄光の神が彼に現れて

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

イザヤ書 37:14−20    

ヒゼキヤの祈り

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013

◆ヒゼキヤの祈り(王下1914-19、代下3220

014ヒゼキヤはこの手紙を使者の手 から受け取って読むと、主の神殿に上って行った。ヒゼキヤは主の前にそれを広げ、

015次のように主に祈った、

016「ケルビムの上に座しておられ るイスラエルの神、万軍の主よ。あなただけが地上のすべての王国の神であり、あなたが、天と地を造られました。

017主よ、耳を傾けて聞いてくださ い。主よ、目を開いてご覧ください。生ける神をののしるためにセンナケリブが送ってよこしたすべての言葉を聞いてください。

018主よ、確かにアッシリアの王た ちは、すべての国とその国土を廃墟に変え、

019その神々を火に投げ込み、滅ぼ しました。それらが神々ではなく、木や石で人間が造ったものにすぎなかったからです。

020わたしたちの神、主よ、どうか わたしたちを彼の手から救い、地上のすべての王国に、あなただけが主であることを知らせてください」。


 

新共同訳1987

37:14 ヒゼキヤはこの手紙を使者の手から受け取って読むと、主の神殿に上って行った。ヒゼキヤはそれを主の前に広げ、

37:15 主の前で祈った。

37:16 「ケルビムの上に座しておられるイスラエルの神、万軍の主よ。あなただけが地上のすべての王国の神であり、あなたこそ天と地をお造りになった方です。

37:17 主よ、耳を傾けて聞いてください。主よ、目を開いて御覧ください。生ける神をののしるために人を遣わしてきたセンナケリブのすべての言葉を聞いてくださ い。

37:18 主よ、確かにアッシリアの王たちはすべての王国とその国土を荒らし、

37:19 その神々を火に投げ込みましたが、それらは神ではなく、木や石であって、人間が手で造ったものにすぎません。彼らはこれを滅ぼしてしまいました。

37:20 わたしたちの神、主よ、どうか今、わたしたちを彼の手から救い、地上のすべての王国が、あなただけが主であることを知るに至らせてください。」

 

新改訳1970

37:14 ヒゼキヤは、使者の手からその手紙を受け取り、それを読み、主の宮に上って行って、それを主の前に広げた。

37:15 ヒゼキヤは主に祈って言った。

37:16 「ケルビムの上に座しておられるイスラエルの神、万軍の主よ。ただ、あなただけが、地のすべての王国の神です。あなたが天と地を造られました。

37:17 主よ。御耳を傾けて聞いてください。主よ。御目を開いてご覧ください。生ける神をそしるために言ってよこしたセナケリブのことばをみな聞いてください。

37:18 主よ。アッシリヤの王たちが、すべての国々と、その国土とを廃墟としたのは事実です。

37:19 彼らはその神々を火に投げ込みました。それらは神ではなく、人の手の細工、木や石にすぎなかったので、滅ぼすことができたのです。

37:20 私たちの神、主よ。今、私たちを彼の手から救ってください。そうすれば、地のすべての王国は、あなただけが主であることを知りましょう。」

 

口語訳1955

37:14 ヒゼキヤは使者の手から手紙を受け取ってそれを読み、主の宮にのぼっていって、主の前にそれをひろげ、

37:15 主に祈って言った、

37:16 「ケルビムの上に座しておられるイスラエルの神、万軍の主よ、地のすべての国のうちで、ただあなただけが神でいらせられます。あなたは天と地を造られまし た。

37:17 主よ、耳を傾けて聞いてください。主よ、目を開いて見てください。セナケリブが生ける神をそしるために書き送った言葉を聞いてください。

37:18 主よ、まことにアッスリヤの王たちは、もろもろの民とその国々を滅ぼし、

37:19 またその神々を火に投げ入れました。それらは神ではなく、人の手の造ったもので、木や石だから滅ぼされたのです。

37:20 今われわれの神、主よ、どうぞ、われわれを彼の手から救い出してください。そうすれば地の国々は皆あなただけが主でいらせられることを知るようになるで しょう」



文 語訳1917

37:14 ヒゼキヤつかひの手より書をうけて之を讀り しかしてヒゼキヤ、ヱホバの宮にのぼりゆきヱホバの前にこのふみを展ぶ
37:15 ヒゼキヤ、ヱホバに祈ていひけるは
37:16 ケルビムの上に坐したまふ萬軍のヱホバ、イスラエルの神よ ただ汝のみ地のうへなるよろづの國の神なり なんぢは天地をつくりたまへり
37:17 ヱホバよ耳をかたむけて聽たまへ ヱホバよ目をひらきて視たまへ セナケリブ使者して活る神をそしらしめし言をことごとくききたまへ
37:18 ヱホバよ實にアツスリヤの王等はもろもろの國民とその地とをあらし毀ち
37:19 かれらの神たちを火になげいれたり これらのものは神にあらず 人の手の工にして あるひは木あるひは石なり 斯るがゆゑに滅ぼされたり
37:20 さればわれらの神ヱホバよ 今われらをアツスリヤ王の手より救ひいだして 地のもろもろの國にただ汝のみヱホバなることを知しめたまへ

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ヘブ 10:31

10:31 生ける神の手に落ちるのは、恐ろしいことです。

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

イザヤ書 37:21−35    

イザヤ、センナケリブの没落を預言する

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆イザヤ、センナケリブの没落を預言する(王下1920-34、代下3221-23

021アモツの子イザヤは、ヒゼキヤ に人を遣わして言った、「イスラエルの神、主はこう仰せになる。アッシリアの王センナケリブのことについてお前はわたしに祈ったの で、

022これがアッシリアの王について 主が語られた言葉である。

おとめである娘シオンは

お前を辱め、お前をあざ笑う。

娘エルサレムは

お前の背後で頭を振る。

023お前は誰を侮辱し、冒?したのか。

誰に向かって大声をあげ、

傲慢な目を上げたのか。

イスラエルの聖なる方に向かってではなかったか。

024お前は家来を通して

主を侮辱して言った、

『予は多くの戦車を率いて

山々の高みに登り、

レバノンの奥深くまで分け入って

最も高く伸びたその杉と

最も見事なその糸杉を切り倒し、

その果ての高み、

木の生い茂る森林に達した。

025予は井戸を掘って水を飲み、

エジプトのすべての川を

予の足の裏で干上がらせた』。

026お前は聞かなかったのか。

遥か昔、わたしがこの事を計画し、

ずっと以前にその構図を考えていたことを。

今、わたしはそれを実現させた。

お前が城壁のある町々を

瓦礫の山とすることになった。

027その住民は力を失い、

うろたえ、恥じ入った。

彼らは野の草、青草にすぎず、

東風によって枯れる

屋根の草のようであった。

028お前が立つのも座るのも、

出ていくのも、入ってくるのも

わたしは知っている。

また、わたしに対して激怒していることも。

029お前がわたしに対して激怒し、

その高ぶりがわたしの耳に届いたので、

わたしはお前の鼻に鉤をかけ、

口に轡をはめて

お前が来た道を帰らせる。

030これがあなたへの徴である。今 年は落ち穂から生えたものを食べ、次の年もまたそれから生えたものを食べ、三年目には種を蒔いて収穫し、ぶどう園を造ってその実を食 べる。

031ユダの家で難を逃れて生き残っ た者たちは再び根を下ろし、上には実を結ぶ。

032エルサレムから、残った者が、

シオンの山から、難を逃れた者が現れ出る。

万軍の主の熱意が、これを成し遂げる。

033それ故、アッシリアの王につい て

主はこう仰せになる、

『彼がこの都に入ることはない。

この都に向かって矢を射ることも

盾をかざして向かってくることもなく、

それに向かって土塁を築くこともない。

034彼は自分が来た道を帰り、

この都に入ることはない――主の言葉。

035わたし自身のために

わたしの僕ダビデのために

わたしはこの都を守り、救う』」。


 

新共同訳1987

37:21 アモツの子イザヤは、ヒゼキヤに人を遣わして言った。「イスラエルの神、主はこう言われる。あなたはアッシリアの王センナケリブのことでわたしに祈った。

37:22 主がアッシリアの王に向かって告げられた言葉はこうである。おとめである、娘シオンは/お前を辱め、お前を嘲る。娘エルサレムは/お前に背を向け、頭を振 る。

37:23 お前は誰をののしり、侮ったのか/誰に向かって大声をあげ/高慢な目つきをしたのか。イスラエルの聖なる方に向かってではなかったか。

37:24 お前は家来を送って/主をののしって言った。『わたしは多くの戦車を率いて/山々の高みに駆け登り/レバノンの奥深く進み/最も高く伸びたレバノン杉も/ 最も見事な糸杉も切り倒した。その果てに達した高みは/木の生い茂る森林であった。

37:25 わたしは井戸を掘って水を飲んだが/エジプトのナイルの水流はことごとく/足の裏で踏みつけて干上がらせた。』

37:26 お前は聞いたことがないのか/はるか昔にわたしが計画を立てていたことを。いにしえの日に心に描いたことを/わたしは今実現させた。お前はこうして砦の 町々を/瓦礫の山にすることとなった。

37:27 力を失ったその住民は/打ちのめされて恥に覆われ/野の草、青草のように/穂をつける前にしなびる/屋根に生える草のようになった。

37:28 お前が座っているのも/出て行くのも、入って来るのも/わたしは知っている。またわたしに向かって怒りに震えていることも。

37:29 お前がわたしに向かって怒りに震え/その驕りがわたしの耳にまで昇ってきたために/わたしはお前の鼻に鉤をかけ/口にくつわをはめ/お前が来た道を通って 帰って行くようにする。

37:30 あなたにそのことを示すしるしはこうである。今年は落ち穂から生じた穀物を食べ、二年目は自然に生じたものを食べ、三年目には種を蒔いて刈り入れ、ぶどう 畑を作り、その実りを食べる。

37:31 ユダの家の中で難を免れ、残った者たちは再び根を下ろし、上には実を結ぶ。

37:32 エルサレムから、残った者が/シオンの山から、難を免れた者が現れ出る。万軍の主の熱情がこれを成就される。

37:33 それゆえ/主はアッシリアの王についてこう言われる。彼がこの都に入城することはない。またそこに矢を射ることも/盾を持って向かって来ることも/都に対 して土塁を築くこともない。

37:34 彼は来た道を引き返し/この都に入城することはない、と主は言われる。

37:35 わたしはこの都を守り抜いて救う/わたし自らのために、わが僕ダビデのために。」

 

新改訳1970

37:21 アモツの子イザヤはヒゼキヤのところに人をやって言わせた。「イスラエルの神、主は、こう仰せられます。あなたがアッシリヤの王セナケリブについて、わた しに祈ったことを、わたしは聞いた。

37:22 主が彼について語られたことばは次のとおりである。処女であるシオンの娘はあなたをさげすみ、あなたをあざける。エルサレムの娘は、あなたのうしろで、頭 を振る。

37:23 あなたはだれをそしり、ののしったのか。だれに向かって声をあげ、高慢な目を上げたのか。イスラエルの聖なる方に対してだ。

37:24 あなたはしもべたちを使って、主をそしって言った。『多くの戦車を率いて、私は山々の頂に、レバノンの奥深く上って行った。そのそびえる杉の木と、美しい もみの木を切り倒し、私はその果ての高地、木の茂った園にまではいって行った。

37:25 私は井戸を掘って水を飲み、足の裏でエジプトのすべての川を干上がらせた。』と。

37:26 あなたは聞かなかったのか。昔から、それをわたしがなし、大昔から、それをわたしが計画し、今、それを果たしたことを。それであなたは城壁のある町々を荒 らして廃墟の石くれの山としたのだ。

37:27 その住民は力うせ、おののいて、恥を見、野の草や青菜、育つ前に干からびる屋根の草のようになった。

37:28 あなたがすわるのも、出て行くのも、はいるのも、わたしは知っている。あなたがわたしに向かっていきりたつのも。

37:29 あなたがわたしに向かっていきりたち、あなたの高ぶりが、わたしの耳に届いたので、あなたの鼻には鉤輪を、あなたの口にはくつわをはめ、あなたを、もと来 た道に引き戻そう。

37:30 あなたへのしるしは次のとおりである。ことしは、落ち穂から生えたものを食べ、二年目も、またそれから生えたものを食べ、三年目は、種を蒔いて刈り入れ、 ぶどう畑を作ってその実を食べる。

37:31 ユダの家ののがれて残った者は下に根を張り、上に実を結ぶ。

37:32 エルサレムから、残りの者が出て来、シオンの山から、のがれた者が出て来るからである。万軍の主の熱心がこれをする。

37:33 それゆえ、アッシリヤの王について、主はこう仰せられる。彼はこの町に侵入しない。また、ここに矢を放たず、これに盾をもって迫らず、塁を築いてこれを攻 めることもない。

37:34 彼はもと来た道から引き返し、この町には、はいらない。――主の御告げ。――

37:35 わたしはこの町を守って、これを救おう。わたしのために、わたしのしもべダビデのために。」

 

口語訳1955

37:21 その時アモツの子イザヤは人をつかわしてヒゼキヤに言った、「イスラエルの神、主はこう言われる、あなたはアッスリヤの王セナケリブについてわたしに祈っ たゆえ、

37:22 主が彼について語られた言葉はこうである、『処女であるシオンの娘は/あなたを侮り、あなたをあざける。エルサレムの娘は、あなたのうしろで頭を振る。

37:23 あなたはだれをそしり、だれをののしったのか。あなたはだれにむかって声をあげ、目を高くあげたのか。イスラエルの聖者にむかってだ。

37:24 あなたは、そのしもべらによって/主をそしって言った、「わたしは多くの戦車を率いて山々の頂にのぼり、レバノンの奥へ行き、たけの高い香柏と、最も良い いとすぎを切り倒し、またその果の高地へ行き、その密林にはいった。

37:25 わたしは井戸を掘って水を飲んだ。わたしは足の裏で/エジプトのすべての川を踏みからした」。

37:26 あなたは聞かなかったか、昔わたしがそれを定めたことを。堅固な町々を、あなたがこわして荒塚とすることも、いにしえの日から、わたしが計画して/今それ をきたらせたのだ。

37:27 そのうちに住む民は力弱く、おののき恥をいだいて、野の草のように、青菜のようになり、育たずに枯れる屋根の草のようになった。

37:28 わたしは、あなたの座すること、出入りすること、また、わたしにむかって/怒り叫んだことをも知っている。

37:29 あなたが、わたしにむかって怒り叫んだことと、あなたの高慢な言葉とがわたしの耳にはいったゆえ、わたしは、あなたの鼻に輪をつけ、あなたの口にくつわを はめて、あなたを、もと来た道へ引きもどす』。

37:30 あなたに与えるしるしはこれである。すなわち、ことしは落ち穂から生えた物を食べ、二年目には、またその落ち穂から生えた物を食べ、三年目には種をまき、 刈り入れ、ぶどう畑を作ってその実を食べる。

37:31 ユダの家の、のがれて残る者は再び下に根を張り、上に実を結ぶ。

37:32 すなわち残る者はエルサレムから出、のがれる物はシオンの山から出る。万軍の主の熱心がこれをなし遂げられる。

37:33 それゆえ、主はアッスリヤの王について、こう仰せられる、『彼はこの町にこない。またここに矢を放たない。また盾をもって、その前にこない。また塁を築い て、これを攻めることはない。

37:34 彼は来た道から帰って、この町に、はいることはない、と主は言う。

37:35 わたしは自分のため、また、わたしのしもべダビデのために町を守って、これを救おう』」。



文語訳1917
37:21 ここにアモツの子イザヤ人をつかはしてヒゼキヤにいはせけるは イスラエルの神ヱホバかくいひたまふ 汝はアツスリヤ王セナケリブのことにつきて我にいのれり
37:22 ヱホバが彼のことにつきて語り給へるみことばは是なり いはくシオンの處女はなんぢを侮りなんぢをあざけり ヱルサレムの女子はなんぢの背後より頭をふれり
37:23 汝がそしりかつ罵れるものは誰ぞ なんぢが聲をあげ目をたかく向てさからひたるものはたれぞ イスラエルの聖者ならずや
37:24 なんぢその使者によりて主をそしりていふ 我はおほくの戰車をひきゐて山々のいただきに登りレバノンの奧にまでいりぬ 我はたけたかき香柏とうるはしき松樹とをきり またその境なるたかき處にゆき腴たる地の林にゆかん
37:25 我は井をほりて水をのみたり われは足跖をもてエジプトの河々をからさんと
37:26 なんぢ聞ずや これらのことはわが昔よりなす所 いにしへの日よりさだめし所なり 今なんぢがこの堅城をこぼちあらして石堆となすも亦わがきたらしし所なり
37:27 そのなかの民はちから弱くをののきて恥をいだき 野草のごとくき菜のごとく屋蓋の草のごとく未だそだたざる苗のごとし
37:28 我なんぢが居ること出入すること又われにむかひて怒りさけべることをしる
37:29 なんぢが我にむかひて怒りさけべると汝がほこれる言とわが耳にいりたれば我なんぢの鼻に環をはめ汝のくちびるに?をつけて汝がきたれる路よりかへらしめん
37:30 ヒゼキヤよ我がなんぢにたまふ徴はこれなり なんぢら今年は落穂より生たるものを食ひ 明年は?生より出たるものを食はん 三年にあたりては種ことをなし收ことをなし 葡萄ぞのを作りてその果を食ふべし
37:31 ユダの家ののがれて遺れる者はふたたび下は根をはり上は果を結ぶべし
37:32 そは遺るものはヱルサレムよりいで脱るるものはシオンの山よりいづるなり 萬軍のヱホバの熱心これを成たまふべし
37:33 この故にヱホバ、アツスリヤの王については如此いひたまふ 彼はこの城にいらず ここに箭をはなたず盾を城のまへにならべず 壘をきづきて攻ることなし
37:34 かれはそのきたりし道よりかへりてこの城にいらず
37:35 我おのれの故によりて僕ダビデの故によりて この城をまもり この城をすくはん これヱホバ宣給るなり

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 使  2:23

2:23 このイエスが渡されたのは神の定めた計画と予知とによるのであるが、あなたがたは彼を不法の人々の手で十字架につけて殺した。

 

口 語訳 使  4:27-28

4:27 まことに、ヘロデとポンテオ・ピラトとは、異邦人らやイスラエルの民と一緒になって、この都に集まり、あなたから油を注がれた聖なる 僕イエスに逆らい、

4:28 み手とみ旨とによって、あらかじめ定められていたことを、なし遂げたのです。

 

口 語訳 Tペテ2:8

2:8 また「つまずきの石、妨げの岩」である。しかし、彼らがつまずくのは、御言に従わないからであって、彼らは、実は、そうなるように定 められていたのである。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 使  2:23

2:23 このイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで、あなたがたに引き渡されたのですが、あなたがたは律法を知らない者たちの手を借 りて、十字架につけて殺してしまったのです。

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

イザヤ書 37:36−38    

センナケリブの没落と死

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆センナケリブの没落と死(王下1935-37、 代下3221-23

036主の使いが出ていき、アッシリ アの陣営で十八万五千人を打ち殺した。人々が朝起きてみると、彼らはみな死体となっていた。

037アッシリアの王センナケリブは 陣営を畳んで退却し、帰ってニネベに落ち着いた。

038彼が自分の神ニスロクの神殿で 礼拝していたとき、彼の息子アドラメレクとサルエツェルが彼を剣で打ち殺した。彼らはアララトの地に逃れ、センナケリブに代わって、 その子エサル・ハドンが王となった。


 

新共同訳1987

37:36 主の御使いが現れ、アッシリアの陣営で十八万五千人を撃った。朝早く起きてみると、彼らは皆死体となっていた。

37:37 アッシリアの王センナケリブは、そこをたって帰って行き、ニネベに落ち着いた。

37:38 彼が自分の神ニスロクの神殿で礼拝しているときに、二人の息子アドラメレクとサルエツェルが彼を剣にかけて殺した。彼らはアララトの地に逃亡し、センナケ リブに代わってその子エサル・ハドンが王となった。

 

新改訳1970

37:36 主の使いが出て行って、アッシリヤの陣営で、十八万五千人を打ち殺した。人々が翌朝早く起きて見ると、なんと、彼らはみな、死体となっていた。

37:37 アッシリヤの王セナケリブは立ち去り、帰ってニネベに住んだ。

37:38 彼がその神ニスロクの宮で拝んでいたとき、その子のアデラメレクとサルエツェルは、剣で彼を打ち殺し、アララテの地へのがれた。それで彼の子エサル・ハド ンが代わって王となった。

 

口語訳1955

37:36 主の使が出て、アッスリヤびとの陣営で十八万五千人を撃ち殺した。人々が朝早く起きて見ると、彼らは皆死体となっていた。

37:37 アッスリヤの王セナケリブは立ち去り、帰っていってニネベにいたが、

37:38 その神ニスロクの神殿で礼拝していた時、その子らのアデラン・メレクとシャレゼルがつるぎをもって彼を殺し、ともにアララテの地へ逃げていった。それで、 その子エサルハドンが代って王となった。



文語訳1917
37:36 ヱホバの使者いできたりアツスリヤの陣營のなかにて十八萬五千人をうちころせり早晨におきいでて見ればみな死てかばねとなれり
37:37 アツスリヤ王セナケリブ起てかへりゆきニネベにとどまる
37:38 一日おのが神ニスロクのみやにて禮拜をなし居しにその子アデランメレクとシヤレゼルと劍をもて彼をころし而してアララテの地ににげゆけり かれが子エサルハドンつぎて王となりぬ

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************