****************************************

士師記 1:1−21

南の諸部族(ユダ、シメオン、ベニヤミン)

 

翻訳比較




フラン シスコ会訳2013
001
ヨシュアの死後、イスラエルの子らは主 に、「誰が、わたしたちのために最初に上って行って、カナン人と戦えばよいでしょうか」と伺いを立てた。

002主は仰せになった、「ユダが上れ。見よ、 わたしはその土地をユダの手に渡した」。

003ユダは兄弟シメオンに言った、「わたしに 割りあてられた土地に一緒に上って、ともにカナン人と戦ってください。そうすれば、わたしもあなたに割りあてられた土地 に、あなたとともに上りましょう」。そこでシメオンは彼と行動をともにした。

004こうしてユダは上って行った。主はカナン 人とペリジ人とを彼らの手に渡し、彼らはベゼクで一万人を打ち破った。

005ベゼクでアドニ・ベゼクと遭遇した彼ら は、戦いを交え、カナン人とペリジ人とを打ち破った。

006アドニ・ベゼクは逃げ、彼らは後を追って 捕らえ、手足の親指を切り取った。

007アドニ・ベゼクは言った、「手足の親指を 切り取られた七十人の王たちが、わたしの食卓の下でパンくずを集めていたものだ。神はわたしが行ったとおりのことをわた しに報いられた」。彼はエルサレムに連行され、そこで死んだ。

008また、ユダの子らはエルサレムと戦ってそ こを占領し、剣で打ち破り、町に火を放った。

009その後、ユダの子らは山地とネゲブ、およ びシェフェラに住んでいるカナン人と戦うために下って行った。

010またユダは、ヘブロンに住んでいるカナン 人を攻撃した。ヘブロンの以前の名は、キルヤト・アルバである。彼らはシェシャイ、アヒマン、タルマイを打ち破った。

011そこから、ユダはデビルの住民を攻めた。 デビルの名はかつてはキルヤト・セフェルと呼ばれていた。

012カレブは言った、「キルヤト・セフェルを 討って占領した者には、わたしの娘アクサを妻として与えよう」。

013カレブの弟ケナズの子オトニエルがそこを 占領したので、カレブは娘アクサを妻として彼に与えた。

014オトニエルのもとに嫁いだアクサは、彼 に、彼女の父から畑を譲り受けるようにしむけた。彼女がろばの背から下りると、カレブは「どうしたのか」と尋ねた。

015彼女は言った、「わたしにお祝いをくださ い。わたしにネゲブの地をくださるのなら、そこの溜池もください」。そこでカレブは、上の溜池と下の溜池を娘に与えた。

016モーセの舅であるカイン人の子らは、ユダ の子らとともに、棗椰子の町からアラドのネゲブにあるユダの荒れ野に上って来て、その民とともに住んだ。

017ユダは兄弟シメオンとともに行き、ツェ ファトに住んでいたカナン人を打ち破って滅ぼし尽くし、その町をホルマと名づけた。

018またユダはガザとその領土、アシュケロン とその領土、エクロンとその領土を占領した。

019主はユダとともにおられ、彼は山地を手に 入れた。しかし、平地の住民を追い出すことはできなかった。彼らは鉄の戦車を持っていたからである。

020モーセが言ったとおり、ヘブロンはカレブ に与えられ、彼はヘブロンからアナクの三人の子らを追い払った。

021しかしベニヤミンの子らは、エルサレムに 住んでいたエブス人を追い出さなかったので、エブス人は今日までベニヤミンの子らとともにエルサレムに住んでいる。




 

新共同訳1987

1:1 ヨシュアの死後、イスラエルの人々は主に問うて言った。「わたしたちのうち、誰が最初に上って行って、カナン人を攻撃すべきでしょうか。」

1:2 主は、「ユダが上れ。見よ、わたしはその地をユダの手に渡す」と言われた。

1:3 ユダは兄弟シメオンに、「わたしに割り当てられた領土に一緒に上って、カナン人と戦ってください。あなたに割り当てられた領土にあなたが行かれるとき、わ たしも一緒に行きます」と言った。シメオンはユダと同行することにした。

1:4 こうしてユダが上って行くと、主はカナン人、ペリジ人を彼らの手に渡された。彼らはベゼクで一万の敵を撃ち破った。

1:5 すなわち、ベゼクでアドニ・ベゼクと交戦し、カナン人とペリジ人を撃ち破った。

1:6 アドニ・ベゼクは逃走したが、彼らはその後を追い、彼を捕らえて、手足の親指を切断した。

1:7 アドニ・ベゼクは言った。「かつて七十人の王の手足の親指を切って、わたしの食卓の下で食べかすを拾わせたことがあったが、神はわたしが行ったとおりにわ たしに仕返しされた。」彼はエルサレムに連れて行かれ、そこで死んだ。

1:8 ユダの人々はエルサレムを攻撃し、剣をもってこれを占領、町には火を放った。

1:9 その後、ユダの人々は下って行って、山地、ネゲブ、シェフェラに住むカナン人に戦いを挑んだ。

1:10 ユダはヘブロンに住むカナン人をも攻めた。ヘブロンはかつてキルヤト・アルバと呼ばれていた。彼らはシェシャイ、アヒマン、タルマイを打ち殺した。

1:11 ユダはそこからデビルの住民をも攻めた。デビルはかつてキルヤト・セフェルと呼ばれていた。

1:12 カレブは、「キルヤト・セフェルを撃ち破って占領した者には、娘アクサを妻として与える」と約束した。

1:13 カレブの弟ケナズの子オトニエルがそこを占領したので、カレブは彼に娘アクサを妻として与えた。

1:14 アクサが嫁いで来ると、オトニエルは父に願って耕地をもらうように彼女を促した。彼女がろばの背から降りると、カレブは、「どうしたのか」と言った。

1:15 彼女は言った。「お祝いをいただきたいのです。わたしにネゲブの地をくださったのですから、水溜めも添えてください。」カレブは上と下の溜池を娘に与え た。

1:16 モーセのしゅうと、あのケニの人々は、ユダの人々と共になつめやしの町からユダの荒れ野、アラド近辺のネゲブに上って来て、そこの民と共に住んだ。

1:17 ユダは兄弟シメオンと行を共にしてツェファトに住むカナン人を打ち、滅ぼし尽くして、その町の名をホルマ(絶滅)と呼んだ。

1:18 ユダはガザとその領土、アシュケロンとその領土、エクロンとその領土をも占領した。

1:19 主がユダと共におられたので、ユダは山地を獲得した。だが、平野の住民は鉄の戦車を持っていたので、これを追い出すことはできなかった。

1:20 モーセが告げたとおり、ヘブロンはカレブに与えられ、カレブはそこからアナクの三人の子を追い出した。

1:21 エルサレムに住むエブス人については、ベニヤミンの人々が追い出さなかったので、エブス人はベニヤミンの人々と共に今日までエルサレムに住み続けている。

 

新改訳1970

1:1 さて、ヨシュアの死後、イスラエル人は主に伺って言った。「だれが私たちのために最初に上って行って、カナン人と戦わなければならないでしょうか。」

1:2 すると、主は仰せられた。「ユダが上って行かなければならない。見よ。わたしは、その地を彼の手に渡した。」

1:3 そこで、ユダは自分の兄弟シメオンに言った。「私に割り当てられた地に私といっしょに上ってください。カナン人と戦うのです。私も、あなたに割り当てられ た地にあなたといっしょに行きます。」そこでシメオンは彼といっしょに行った。

1:4 ユダが上って行ったとき、主はカナン人とペリジ人を彼らの手に渡されたので、彼らはベゼクで一万人を打った。

1:5 彼らはベゼクでアドニ・ベゼクに出会ったとき、彼と戦ってカナン人とペリジ人を打った。

1:6 ところが、アドニ・ベゼクが逃げたので、彼らはあとを追って彼を捕え、その手足の親指を切り取った。

1:7 すると、アドニ・ベゼクは言った。「私の食卓の下で、手足の親指を切り取られた七十人の王たちが、パンくずを集めていたものだ。神は私がしたとおりのこと を、私に報いられた。」それから、彼らはアドニ・ベゼクをエルサレムに連れて行ったが、彼はそこで死んだ。

1:8 また、ユダ族はエルサレムを攻めて、これを取り、剣の刃でこれを打ち破り、町に火をつけた。

1:9 その後、ユダ族は山地やネゲブや低地に住んでいるカナン人と戦うために下って行った。

1:10 ユダはヘブロンに住んでいるカナン人を攻めた。ヘブロンの名は以前はキルヤテ・アルバであった。彼らはシェシャイとアヒマンとタルマイを打ち破った。

1:11 ユダはそこから進んでデビルの住民を攻めた。デビルの名は以前はキルヤテ・セフェルであった。

1:12 そのときカレブは言った。「キルヤテ・セフェルを打って、これを取る者には、私の娘アクサを妻として与えよう。」

1:13 ケナズの子で、カレブの弟オテニエルがそれを取ったので、カレブは娘アクサを彼に妻として与えた。

1:14 彼女がとつぐとき、オテニエルは彼女をそそのかして、畑を父に求めることにした。彼女がろばから降りたので、カレブは彼女に、「何がほしいのか。」と尋ね た。

1:15 アクサは彼に言った。「どうか私に祝いの品を下さい。あなたはネゲブの地に私を送るのですから、水の泉を私に下さい。」そこでカレブは、上の泉と下の泉と を彼女に与えた。

1:16 モーセの義兄弟であるケニ人の子孫は、ユダ族といっしょに、なつめやしの町からアラデの南にあるユダの荒野に上って行って、民とともに住んだ。

1:17 ユダは兄弟シメオンといっしょに行って、ツェファテに住んでいたカナン人を打ち、それを聖絶し、その町にホルマという名をつけた。

1:18 ついで、ユダはガザとその地域、アシュケロンとその地域、エクロンとその地域を攻め取った。

1:19 主がユダとともにおられたので、ユダは山地を占領した。しかし、谷の住民は鉄の戦車を持っていたので、ユダは彼らを追い払わなかった。

1:20 彼らはモーセが約束したとおり、ヘブロンをカレブに与えたので、カレブはその所からアナクの三人の息子を追い払った。

1:21 ベニヤミン族はエルサレムに住んでいたエブス人を追い払わなかったので、エブス人は今日までベニヤミン族といっしょにエルサレムに住んでいる。

 

口語訳1955

1:1 ヨシュアが死んだ後、イスラエルの人々は主に問うて言った、「わたしたちのうち、だれが先に攻め上って、カナンびとと戦いましょうか」。

1:2 主は言われた、「ユダが上るべきである。わたしはこの国を彼の手にわたした」。

1:3 ユダはその兄弟シメオンに言った、「わたしと一緒に、わたしに割り当てられた領地へ上って行って、カナンびとと戦ってください。そうすればわたしもあなた と一緒に、あなたに割り当てられた領地へ行きましょう」。そこでシメオンは彼と一緒に行った。

1:4 ユダが上って行くと、主は彼らの手にカナンびととペリジびととをわたされたので、彼らはベゼクで一万人を撃ち破り、

1:5 またベゼクでアドニベゼクに会い、彼と戦ってカナンびととペリジびととを撃ち破った。

1:6 アドニベゼクは逃げたが、彼らはそのあとを追って彼を捕え、その手足の親指を切り放った。

1:7 アドニベゼクは言った、「かつて七十人の王たちが手足の親指を切られて、わたしの食卓の下で、くずを拾ったことがあったが、神はわたしがしたように、わた しに報いられたのだ」。人々は彼をエルサレムへ連れて行ったが、彼はそこで死んだ。

1:8 ユダの人々はエルサレムを攻めて、これを取り、つるぎをもってこれを撃ち、町に火を放った。

1:9 その後、ユダの人々は山地とネゲブと平地に住んでいるカナンびとと戦うために下ったが、

1:10 ユダはまずヘブロンに住んでいるカナンびとを攻めて、セシャイとアヒマンとタルマイを撃ち破った。ヘブロンのもとの名はキリアテ・アルバであった。

1:11 またそこから進んでデビルの住民を攻めた。(デビルのもとの名はキリアテ・セペルであった。)

1:12 時にカレブは言った、「キリアテ・セペルを撃って、これを取る者には、わたしの娘アクサを妻として与えるであろう」。

1:13 カレブの弟ケナズの子オテニエルがそれを取ったので、カレブは娘アクサを妻として彼に与えた。

1:14 アクサは行くとき彼女の父に畑を求めることを夫にすすめられたので、アクサがろばから降りると、カレブは彼女に言った、「あなたは何を望むのか」。

1:15 アクサは彼に言った、「わたしに贈り物をください。あなたはわたしをネゲブの地へやられるのですから、泉をもください」。それでカレブは上の泉と下の泉と を彼女に与えた。

1:16 モーセのしゅうとであるケニびとの子孫はユダの人々と共に、しゅろの町からアラドに近いネゲブにあるユダの野に上ってきて、アマレクびとと共に住んだ。

1:17 そしてユダはその兄弟シメオンと共に行って、ゼパテに住んでいたカナンびとを撃ち、それをことごとく滅ぼした。これによってその町の名はホルマと呼ばれ た。

1:18 ユダはまたガザとその地域、アシケロンとその地域、エクロンとその地域を取った。

1:19 主がユダと共におられたので、ユダはついに山地を手に入れたが、平地に住んでいた民は鉄の戦車をもっていたので、これを追い出すことができなかった。

1:20 人々はモーセがかつて言ったように、ヘブロンをカレブに与えたので、カレブはその所からアナクの三人の子を追い出した。

1:21 ベニヤミンの人々はエルサレムに住んでいたエブスびとを追い出さなかったので、エブスびとは今日までベニヤミンの人々と共にエルサレムに住んでいる。

 

文 語訳1917
1:1 ヨシユアの死にたるのちイスラエルの子孫ヱホバに問ひていひけるはわれらの中孰か先に攻め登りてカナン人と戰ふべきや
1:2 ヱホバいひたまひけるはユダ上るべし視よ我此國を其の手に付すと
1:3 ユダその兄弟シメオンに言けるは我と共にわが領地にのぼりてカナン人と戰へわれもまた偕に汝の領地に往べしとここにおいてシメオンかれとともにゆけり
1:4 ユダすなはち上りゆきけるにヱホバその手にカナン人とペリジ人とを付したまひたればベゼクにて彼ら一萬人を殺し
1:5 またベゼクにおいてアドニベゼクにゆき逢ひこれと戰ひてカナン人とペリジ人を殺せり
1:6 しかるにアドニベゼク逃れ去りしかばそのあとを追ひてこれを執へその手足の巨擘を斫りはなちたれば
1:7 アドニベゼクいひけるは七十人の王たちかつてその手足の巨擘を斫られて我が食几のしたに屑を拾へり神わが曾て行ひしところをもてわれに報いたまへるなりと 衆之を曳てエルサレムに至りしが其處にしねり
1:8 ユダの子孫エルサレムを攻めてこれを取り刃をもてこれを撃ち邑に火をかけたり
1:9 かくてのちユダの子孫山と南方の方および平地に住めるカナン人と戰はんとて下りしが
1:10 ユダまづヘブロンに住るカナン人を攻めてセシヤイ、アヒマンおよびタルマイを殺せり〔ヘブロンの舊の名はキリアテアルバなり〕
1:11 またそこより進みてデビルに住るものを攻む〔デビルの舊の名はキリアテセペルなり〕
1:12 時にカレブいひけるはキリアテセペルをうちてこれを取るものにはわが女アクサをあたへて妻となさんと
1:13 カレブの舍弟ケナズの子オテニエルこれを取ければすなはちその女アクサをこれが妻にあたふ
1:14 アクサ往くときおのれの父に田圃を求めんことを夫にすすめたりしがつひにアクサ驢馬より下りければカレブこれは何事ぞやといふに
1:15 答へけるはわれに惠賜をあたへよなんぢ南の地をわれにあたへたればねがはくは源泉をもわれにあたへよとここにおいてカレブ上の源泉と下の源泉とをこれにあ たふ
1:16 モーセの外舅ケニの子孫ユダの子孫と偕に棕櫚の邑よりアラドの南なるユダの野にのぼり來りて民のうちに住居せり
1:17 茲にユダその兄弟シメオンとともに往きてゼバテに住るカナン人を撃ちて盡くこれを滅ぼせり是をもてその邑の名をホルマと呼ぶ
1:18 ユダまたガザと其の境アシケロンとその境およびエクロンとその境を取り
1:19 ヱホバ、ユダとともに在したればかれつひに山地を手に入れたりしが谷に住る民は鐵の戰車をもちたるが故にこれを逐出すこと能はざりき
1:20 衆モーセのかつていひし如くヘブロンをカレブに與ふカレブそのところよりアナクの三人の子をおひ出せり
1:21 ベニヤミンの子孫はエルサレムに住るエブス人を追出さざりしりかばエブス人は今日に至るまでベニヤミンの子孫とともにエルサレムに住ふ



****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 ヤコ 2:13

2:13 あわれみを行わなかっ た者に対しては、仮借のないさばきが下される。あわれみは、さばきにうち勝つ。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 黙  5:5

5:5 すると、長老のひとりがわたしに言った、「泣くな。見よ、ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、その巻物を開き 七つの封印を解くことができる」。

 

口 語訳 ルカ 16:21

16:21 その食卓から落ちるもので飢えをしのごうと望んでいた。その上、犬がきて彼のでき物をなめていた。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 マコ 7:28

7:28 ところが、女は答えて言った。「主よ、しかし、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます。」

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

士師記 1:22−36

    北の諸部族(マナセ、エフライム、ゼ ブルン、アシュナル、ナフタリ、ダン)

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013

022ヨセフの一族もまたベテルに上った。主は彼らとと もにおられた。

023ヨセフの一族はベテルを探らせた。その町の名は、 以前はルズであった。

024見張っていた者たちは、一人の男が町から出てくる のを見つけ、彼に言った、「わたしたちに町の入り口を教えてくれないか。あなたには信義を尽くすから」。

025その男は見張っていた者たちに町の入り口を教えた ので、彼らは町を剣で破った。しかし、その男とその氏族の者はみな去らせた。

026その男はヘト人の地に行って町を建て、ルズと名づ けた。それは今日までその町の名となっている。

027マナセはベト・シェアンとその町々の住民、タナク とその町々の住民、ドルとその町々の住民、イブレアムとその町々の住民、メギドとその町々の住民とを追い払わなかったので、カナ ン人はその地に住み続けた。

028イスラエルが強大になったとき、カナン人に強制労 働を課したが、完全に追い払うことはしなかった。

029また、エフライムはゲゼルに住んでいたカナン人を 追い払わなかったので、カナン人はゲゼルで彼らの中に住んだ。

030ゼブルンは、キトロンの住民とナハラルの住民とを 追い払わなかったので、カナン人は彼らの中に住み、強制労働に服した。

031アシェルはアコの住民とシドンの住民、またアハラ ブ、ラクジブ、ヘルバ、アフィク、レホブの住民を追い払わなかった。

032アシェル人は、その地に住むカナン人の中で住ん だ。彼らを追い払わなかったからである。

033ナフタリは、ベト・シェメシュとベト・アナトの住 民を追い払わず、その地に住むカナン人の中に住んだ。ベト・シェメシュとベト・アナトの住民は、彼らのために強制労働に服した。

034アモリ人は、ダンの子らを山地へ追いやり、平野に 下りて来ることを許さなかった。

035アモリ人は、ハル・ヘレス、アヤロン、シャアルビ ムに住み続けたが、ヨセフの一族の勢力が増大すると強制労働に服するようになった。

036アモリ人の領土は、アクラビムの上り坂、すなわ ち、セラの上にあった。


 

新共同訳1987

1:22 ヨセフの一族も同様にベテルに上った。主は彼らと共におられた。

1:23 ヨセフの一族はベテルに探りを入れた。この町はかつてルズと呼ばれていた。

1:24 見張っていた者が、町から出て来る人を見かけ、「どうすれば町に入れるか教えてください。あなたには憐れみをかけるから」と言った。

1:25 その人が町の入り口を教えてくれたので、彼らは町を剣で討ったが、その人とその家族は皆逃がしてやった。

1:26 その人はヘト人の地に行って町を築き、それをルズと名付けた。この町の名は今日に至るまでそう呼ばれている。

1:27 マナセは、ベト・シェアンとその周辺の村落、タナクとその周辺の村落、ドルの住民とその周辺の村落、イブレアムの住民とその周辺の村落、メギドの住民とそ の周辺の村落を占領しなかった。そのためカナン人はこれらの地に住み続けた。

1:28 イスラエルも、強くなってから、カナン人を強制労働に服させたが、徹底的に追い出すことはしなかった。

1:29 エフライムは、ゲゼルに住むカナン人を追い出さなかったので、カナン人はその中にとどまり、ゲゼルに住み続けた。

1:30 ゼブルンは、キトロンの住民と、ナハラルの住民を追い出さなかったので、カナン人はその中にとどまり、強制労働に服した。

1:31 アシェルは、アコの住民、シドンの住民、マハレブ、アクジブ、ヘルバ、アフィク、レホブを占領しなかった。

1:32 アシェルはこれらの地の住民であるカナン人を追い出さず、彼らの中に住み続けた。

1:33 ナフタリは、ベト・シェメシュの住民、ベト・アナトの住民を追い出さず、その地の住民であるカナン人の中に住み続けた。ベト・シェメシュの住民とベト・ア ナトの住民は、強制労働に服した。

1:34 アモリ人はダンの人々を山地に追い込み、平野に下りて来ることを許さなかった。

1:35 アモリ人はヘレス山、アヤロン、シャアルビムに住み続けたが、ヨセフ一族が力を増すに及んで、ついに強制労働に服した。

1:36 アモリ人の領土は、アクラビムの坂にあるセラから更に上にあった。

 

新改訳1970

1:22 ヨセフの一族もまた、ベテルに上って行った。主は彼らとともにおられた。

1:23 ヨセフの一族はベテルを探った。この町の名は以前はルズであった。

1:24 見張りの者は、ひとりの人がその町から出て来るのを見て、その者に言った。「この町の出入口を教えてくれないか。私たちは、あなたにまことを尽くすか ら。」

1:25 彼が町の出入口を教えたので、彼らは剣の刃でこの町を打った。しかし、その者とその氏族の者全部は自由にしてやった。

1:26 そこで、その者はヘテ人の地に行って、一つの町を建て、その名をルズと呼んだ。これが今日までその名である。

1:27 マナセはベテ・シェアンとそれに属する村落、タナクとそれに属する村落、ドルの住民とそれに属する村落、イブレアムの住民とそれに属する村落、メギドの住 民とそれに属する村落は占領しなかった。それで、カナン人はその土地に住みとおした。

1:28 イスラエルは、強くなってから、カナン人を苦役に服させたが、彼らを追い払ってしまうことはなかった。

1:29 エフライムはゲゼルの住民カナン人を追い払わなかった。それで、カナン人はゲゼルで彼らの中に住んだ。

1:30 ゼブルンはキテロンの住民とナハラルの住民を追い払わなかった。それで、カナン人は彼らの中に住み、苦役に服した。

1:31 アシェルはアコの住民や、シドンの住民や、またマハレブ、アクジブ、ヘルバ、アフェク、レホブの住民を追い払わなかった。

1:32 そして、アシェル人は、その土地に住むカナン人の中に住みついた。彼らを追い払わなかったからである。

1:33 ナフタリはベテ・シェメシュの住民やベテ・アナテの住民を追い払わなかった。そして、その土地に住むカナン人の中に住みついた。しかし、ベテ・シェメシュ とベテ・アナテの住民は、彼らのために苦役に服した。

1:34 エモリ人はダン族を山地のほうに圧迫した。エモリ人は、なにせ、彼らの谷に降りて来ることを許さなかった。

1:35 こうして、エモリ人はハル・ヘレスと、アヤロンと、シャアルビムに住みとおした。しかし、ヨセフの一族が勢力を得るようになると、彼らは苦役に服した。

1:36 エモリ人の国境はアクラビムの坂から、セラを経て、上のほうに及んだ。

 

口語訳1955

1:22 ヨセフの一族はまたベテルに攻め上ったが、主は彼らと共におられた。

1:23 すなわちヨセフの一族は人をやってベテルを探らせた。この町のもとの名はルズであった。

1:24 その斥候たちは町から出てきた人を見て、言った、「どうぞこの町にはいる道を教えてください。そうすればわたしたちはあなたに恵みを施しましょう」。

1:25 彼が町にはいる道を教えたので、彼らはつるぎをもって町を撃った。しかし、かの人とその家族は自由に去らせた。

1:26 その人はヘテびとの地に行って町を建て、それをルズと名づけた。これは今日までその名である。

1:27 マナセはベテシャンとその村里の住民、タアナクとその村里の住民、ドルとその村里の住民、イブレアムとその村里の住民、メギドとその村里の住民を追い出さ なかったので、カナンびとは引き続いてその地に住んでいたが、

1:28 イスラエルは強くなったとき、カナンびとを強制労働に服させ、彼らをことごとくは追い出さなかった。

1:29 またエフライムはゲゼルに住んでいたカナンびとを追い出さなかったので、カナンびとはゲゼルにおいて彼らのうちに住んでいた。

1:30 ゼブルンはキテロンの住民およびナハラルの住民を追い出さなかったので、カナンびとは彼らのうちに住んで強制労働に服した。

1:31 アセルはアッコの住民およびシドン、アヘラブ、アクジブ、ヘルバ、アピク、レホブの住民を追い出さなかったので、

1:32 アセルびとは、その地の住民であるカナンびとのうちに住んでいた。彼らが追い出さなかったからである。

1:33 ナフタリはベテシメシの住民およびベテアナテの住民を追い出さずに、その地の住民であるカナンびとのうちに住んでいた。しかしベテシメシとベテアナテの住 民は、ついに彼らの強制労働に服した。

1:34 アモリびとはダンの人々を山地に追い込んで平地に下ることを許さなかった。

1:35 アモリびとは引き続いてハルヘレス、アヤロン、シャラビムに住んでいたが、ヨセフの一族の手が強くなったので、彼らは強制労働に服した。

1:36 アモリびとの境はアクラビムの坂からセラを経て上の方に及んだ。

 


文 語訳1917
1:22 茲にヨセフの族またベテルをさして攻め上るヱホバこれと偕に在しき
1:23 ヨセフの族すなはちベテルを窺察しむ〔此邑の舊の名はルズなり〕
1:24 その間者邑より人の出來るを見てこれにいひけるは請ふわれらに邑の入口を示せさらば汝に恩慈を施さんと
1:25 彼邑の入口を示したればすなはち刃をもて邑を撃てり然ど彼の人と其家族をばみな縱ち遣りぬ
1:26 その人ヘテ人の地にゆき邑を建てルズと名けたり今日にいたるまでこれを其名となす
1:27 マナセはベテシヤンとその村里の民タアナクとその村里の民ドルとその村里の民イプレアムとその村里の民メギドンとその村里の民を逐ひ出さざりきカナン人は なほその地に住ひ居る
1:28 イスラエルはその強なりしときカナン人をして貢を納れしめたりしが之を全く追ひいだすことは爲ざりき
1:29 エフライムはゲゼルに住るカナン人を逐ひいださざりきカナン人はゲゼルにおいてかれらのうちに住み居たり
1:30 ゼブルンはまたキテロンの民およびナハラルの民を逐ひいださざりきカナン人かれらのうちに住みて貢ををさむるものとなりぬ
1:31 アセルはアツコの民およびシドン、アヘラブ、アクジブ、ヘルバ、アピク、レホブの民を逐ひ出さざりき
1:32 アセル人は其地の民なるカナン人のうちに住み居たりそはこれを逐ひ出さざりしゆゑなり
1:33 ナフタリはベテシメシの民およびベテアナテの民を逐ひ出さずその地の民なるカナン人のうちに住み居たりベテシメシとベテアナテの民はつひにかれらに貢を納 むるものとなりぬ
1:34 アモリ人ダンの子孫を山におひこみ谷に下ることを得させざりき
1:35 アモリ人はなほヘレス山アヤロン、シヤラビムに住ひ居りしがヨセフの家の手力勝りたれば終に貢を納むるものとなりぬ
1:36 アモリ人の界はアクラビムの阪よりセラを經て上に至れり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************