****************************************

エレミヤ書 11:1−17     

契約の破棄

 

翻訳比較



フランシスコ会訳2013
フランシスコ訳聖書 Jer <11>章 聖書本文

◆契約の破棄

001主からエレミヤに臨んだ言葉は こうである。

002――「この契約の言葉を聞 け」。――「それをユダの人と、エルサレムの住民に告げよ。

003彼らに言え、『イスラエルの 神、主はこう仰せになる。この契約の言葉を聞かない者は呪われる。

004それは、わたしがお前たちの先 祖を鉄の炉であるエジプトの地から導き出したとき、彼らに命じたことである』。わたしは言った、『わたしの声に聞き、わたしが命じる すべての言葉を行え。そうすれば、お前たちはわたしの民となり、わたしはお前たちの神となる』。

005それは、わたしがお前たちの先 祖に乳と蜜の流れる地を与えると誓ったことを、今日そうなったように果たすためであった」。わたしは答えて言った、「アーメン、主 よ」。

006主はわたしに仰せになった、 「ユダの町々とエルサレムの通りで、これらの言葉すべてを次のように布告せよ、『この契約の言葉を聞き、これを行え。

007まことに、わたしは、お前たち の先祖をエジプトの地から導き出した日から今日に至るまで、彼らを厳重に戒め、何度となく戒めて、わたしの声に聞け、と言ってきた。

008しかし、彼らは聞かず、耳を傾 けず、各々その頑なな悪い心のままに歩んだ。わたしが従うよう命じた契約の言葉に彼らが従わなかったから、わたしはこの契約の呪いを ことごとく彼らに下す』」。

009主はわたしに仰せになった、 「ユダの人とエルサレムの住民の間に反逆がある。

010彼らは、わたしの言葉を聞くの を拒んだ先祖がかつて犯した罪に戻り、ほかの神々に従い、これに仕えた。イスラエルの家とユダの家は、わたしが彼らの先祖と結んだ契 約を破った。

011それ故、主はこう仰せになる、 『見よ、わたしは災いを彼らに下す。彼らはそれから逃れることはできない。彼らがわたしに叫んでも、わたしは聞かない。

012そこでユダの町々とエルサレム の住民は、彼らがそのために献げ物の煙を立ち上らせている神々のもとに赴いて叫ぶだろう。しかし、彼らの災いの時に、神々は決して彼 らを救わない。

013まことに、ユダよ、お前の神々 はお前の町の数ほどある。お前たちは、恥ずべきもののための祭壇、バアルのために献げ物の煙を立ち上らせるための祭壇を、エルサレム の通りの数ほど設けた』。

014お前はこの民のために祈っては ならない。彼らのために嘆願や祈りの声をあげてはならない。災いの故に彼らがわたしに叫ぶとき、わたしは聞かないからだ。

015わたしの愛する者は、わたしの 家で何をしているのか。

多くの者が悪しき仕方をしているのに。

彼らは献げ物の肉さえ、お前から遠ざけた。

それで災いがお前に至ったら、

その時、お前は喜ぶことができようか」。

016主はかつてお前を

「素晴らしい実のなる、

美しく生い茂るオリーブの木」と名づけられた。

しかし、大きな騒乱の響きが起こり、

主がそれに火を放たれ、

その枝は哀れな姿になる。

017お前を植えられた万軍の主は、 お前に災いを宣告された、「それは、イスラエルの家とユダの家が悪を行って、バアルのために献げ物の煙を立ち上らせるという悪を行っ て、わたしを怒らせたからである」。


 

新共同訳1987

11:1 主からエレミヤに臨んだ言葉。

11:2 「この契約の言葉を聞け。それをユダの人、エルサレムの住民に告げよ。

11:3 彼らに向かって言え。イスラエルの神、主はこう言われる。この契約の言葉に聞き従わない者は呪われる。

11:4 これらの言葉はわたしがあなたたちの先祖を、鉄の炉であるエジプトの地から導き出したとき、命令として与えたものである。わたしは言った。わたしの声に聞 き従い、あなたたちに命じるところをすべて行えば、あなたたちはわたしの民となり、わたしはあなたたちの神となる。

11:5 それは、わたしがあなたたちの先祖に誓った誓いを果たし、今日見るように、乳と蜜の流れる地を彼らに与えるためであった。」わたしは答えて言った。「アー メン、主よ」と。

11:6 主はわたしに言われた。「ユダの町々とエルサレムの通りで、これらの言葉をすべて呼ばわって言え。この契約の言葉を聞き、これを行え。

11:7 わたしは、あなたたちの先祖をエジプトの地から導き上ったとき、彼らに厳しく戒め、また今日に至るまで、繰り返し戒めて、わたしの声に聞き従え、と言って きた。

11:8 しかし、彼らはわたしに耳を傾けず、聞き従わず、おのおのその悪い心のかたくなさのままに歩んだ。今、わたしは、この契約の言葉をことごとく彼らの上に臨 ませる。それを行うことを命じたが、彼らが行わなかったからだ。」

11:9 主はわたしに言われた。「ユダの人とエルサレムの住民が共謀しているのが見える。

11:10 彼らは昔、先祖が犯した罪に戻り、わたしの言葉に聞き従うことを拒み、他の神々に従ってそれらを礼拝している。こうしてイスラエルの家とユダの家は、わた しが彼らの先祖と結んだ契約を破った。」

11:11 それゆえ、主はこう言われる。「見よ、わたしは彼らに災いをくだす。彼らはこれを逃れることはできない。わたしに助けを求めて叫んでも、わたしはそれを聞 き入れない。

11:12 ユダの町々とエルサレムの住民は、彼らが香をたいていた神々のところに行って助けを求めるが、災いがふりかかるとき、神々は彼らを救うことができない。

11:13 ユダよ、お前の町の数ほど神々があり、お前たちはエルサレムの通りの数ほど、恥ずべきものへの祭壇とバアルに香をたくための祭壇を設けた。

11:14 あなたは、この民のために祈ってはならない。彼らのために嘆きと祈りの声をあげてはならない。災いのゆえに、彼らがわたしを呼び求めてもわたしは聞き入れ ない。」

11:15 わたしの家で/わたしの愛する者はどうなったのか。多くの者が悪だくみを行い/献げ物の肉を彼女から取り上げている。あなたに災いがふりかかるとき、むし ろ喜べ。

11:16 主はあなたを、美しい実の豊かになる/緑のオリーブと呼ばれた。大いなる騒乱の物音がするとき/火がそれを包み、その枝を損なう。

11:17 あなたを植えられた万軍の主は、あなたについて災いを宣言される。それは、イスラエルの家とユダの家が悪を行い、バアルに香をたいてわたしを怒らせたから だ。

 

新改訳1970

11:1 主からエレミヤにあったみことばは、こうである。

11:2 「この契約のことばを聞け。これをユダの人とエルサレムの住民に語って、

11:3 彼らに言え。イスラエルの神、主は、こう仰せられる。この契約のことばを聞かない者は、のろわれよ。

11:4 これは、わたしがあなたがたの先祖をエジプトの国、鉄の炉から連れ出した日に、『わたしの声に聞き従い、すべてわたしがあなたがたに命ずるように、それを 行なえ。そうすれば、あなたがたはわたしの民となり、わたしはあなたがたの神となる。』と言って、彼らに命じたものだ。

11:5 それは、わたしがあなたがたの先祖に対して、乳と蜜の流れる地を彼らに与えると誓った誓いを、今日あるとおり成就するためであった。」そこで、私は答えて 言った。「主よ。アーメン。」

11:6 すると主は私に仰せられた。「これらのことばのすべてを、ユダの町々と、エルサレムのちまたで叫んで、こう言え。『この契約のことばを聞いて、これを行な え。』

11:7 わたしは、あなたがたの先祖をエジプトの国から導き出した日に、彼らをはっきり戒め、また今日まで、『わたしの声を聞け。』と言って、しきりに戒めてき た。

11:8 しかし彼らは聞かず、耳を傾けず、おのおの悪いかたくなな心のままに歩んだ。それで、わたしはこの契約のことばをみな、彼らに実現させた。わたしが行なう ように命じたのに、彼らが行なわなかったからである。」

11:9 ついで、主は私に仰せられた。「ユダの人、エルサレムの住民の間に、謀反がある。

11:10 彼らは、わたしのことばを聞こうとしなかった彼らの先祖たちの咎をくり返し、彼ら自身も、ほかの神々に従って、これに仕えた。イスラエルの家とユダの家 は、わたしが彼らの先祖たちと結んだわたしの契約を破った。」

11:11 それゆえ、主はこう仰せられる。「見よ。わたしは彼らにわざわいを下す。彼らはそれからのがれることはできない。彼らはわたしに叫ぶだろうが、わたしは彼 らに聞かない。

11:12 そこで、ユダの町々とエルサレムの住民は、彼らが香をたいた神々のもとに行って叫ぶだろうが、これらは、彼らのわざわいの時に、彼らを決して救うことはで きない。

11:13 なぜなら、ユダよ、あなたの神々は、あなたの町の数ほどもあり、あなたがたは、恥ずべきもののための祭壇、バアルのためにいけにえを焼く祭壇を、エルサレ ムの通りの数ほども設けたからである。

11:14 あなたは、この民のために祈ってはならない。彼らのために叫んだり祈りをささげたりしてはならない。彼らがわざわいに会ってわたしを呼ぶときにも、わたし は聞かないからだ。

11:15 わたしの愛する者は、わたしの家で、何をしているのか。何をたくらんでいるのか。誓願のささげ物や、いけにえの肉が、わざわいをあなたから過ぎ去らせるの か。その時には、こおどりして喜ぶがよい。

11:16 主はかつてあなたの名を、『良い実をみのらせる美しい緑のオリーブの木。』と呼ばれたが、大きな騒ぎの声が起こると、主はこれに火をつけ、その枝を焼かれ る。

11:17 あなたを植えた万軍の主が、あなたにわざわいを言い渡す。これはイスラエルの家とユダの家が、悪を行ない、バアルにいけにえをささげて、わたしの怒りを引 き起こしたからである。」

 

口語訳1955

11:1 主からエレミヤに臨んだ言葉は言う、

11:2 「この契約の言葉を聞き、ユダの人々とエルサレムに住む者に告げよ。

11:3 彼らに言え、イスラエルの神、主はこう仰せられる、この契約の言葉に従わない人は、のろわれる。

11:4 この契約は、わたしがあなたがたの先祖をエジプトの地、鉄のかまどの中から導き出した時に、彼らに命じたところのものである。すなわち、その時わたしは彼 らに言った、わたしの声を聞き、あなたがたに命じるすべてのことを行うならば、あなたがたはわたしの民となり、わたしはあなたがたの 神となる。

11:5 そして、わたしがあなたがたの先祖に、乳と蜜との流れる地を与えると誓ったことを、なし遂げると。すなわち今日のとおりである」。その時わたしは、「主 よ、仰せのとおりです」と答えた。

11:6 主はわたしに言われた、「このすべての言葉を、ユダの町々と、エルサレムのちまたに告げ示し、この契約の言葉を聞き、これを行え、と言いなさい。

11:7 わたしは、あなたがたの先祖をエジプトの地から導き出した時から今日にいたるまで、おごそかに彼らを戒め、絶えず戒めて、わたしの声に聞き従うようにと 言った。

11:8 しかし彼らは従わず、その耳を傾けず、おのおの自分の悪い強情な心に従って歩んだ。それゆえ、わたしはこの契約の言葉をもって彼らを責めた。これはわたし が彼らに行えと命じたが、行わなかったものである」。

11:9 主はまたわたしに言われた、「ユダの人々とエルサレムに住む者のうちに反逆の事がある。

11:10 彼らは、わたしの言葉を聞くことを拒んだその先祖たちの罪に立ち返り、またほかの神々に従ってそれに仕えた。イスラエルの家とユダの家とは、わたしがその 先祖たちと結んだ契約を破った。

11:11 それゆえ主はこう言われる、見よ、わたしは災を彼らの上に下す。彼らはそれを免れることはできない。彼らがわたしを呼んでも、わたしは聞かない。

11:12 ユダの町々とエルサレムに住む者は、行って、自分たちがそれに香をたいている神々に呼び求めるが、これらは、彼らの災の時にも決して彼らを救うことはでき ない。

11:13 ユダよ、あなたの神々は、あなたの町の数ほど多くなった。またあなたがたはエルサレムのちまたの数ほどの祭壇を恥ずべき者のために立てた。すなわちバアル に香をたくための祭壇である。

11:14 それゆえ、この民のために祈ってはならない。また彼らのために泣き、あるいは祈り求めてはならない。彼らがその災の時に、わたしに呼ばわっても、わたしは 彼らに聞くことをしないからだ。

11:15 わが愛する者は、わたしの家で何をするのか。すでにこれは悪事を行った。誓願と犠牲の肉とがあなたに災を免れさせることができるであろうか。それであなた は喜ぶことができるであろうか。

11:16 主はあなたを、かつては『良い実のなる美しい青々としたオリブの木』と呼ばれたが、激しい暴風のとどろきと共に、主はそれに火をかけ、その枝を焼き払われ るのである。

11:17 あなたを植えた万軍の主は、あなたに向かって災を言い渡された。これはイスラエルの家とユダの家とが悪を行い、バアルに香をたいて、わたしを怒らせたから である」。


文語訳1917
11:1 ヱホバよりヱレミヤにのぞめる言いふ
11:2 汝らこの契約の言をききユダの人とヱルサレムにすめる者に告よ
11:3 汝かれらに語れイスラエルの神ヱホバかくいひたまふこの契約の言に遵はざる人は詛はる
11:4 この契約はわが汝らの先祖をエジプトの地鐵の爐の中より導き出せし日にかれらに命ぜしものなり即ち我いひけらく汝ら我聲をきき我汝らに命ぜし諸の事に從ひ て行はば汝らは我民となり我は汝らの神とならん
11:5 われ汝らの先祖に乳と蜜の流るる地を與へんと誓ひしことを成就んと即ち今日のごとしその時我こたへてアーメン、ヱホバといへり
11:6 またヱホバ我にいひたまひけるは汝すべて此等の言をユダの諸邑とヱルサレムの衢にしめし汝ら此契約の言をききてこれを行へといふべし
11:7 われ汝らの列祖をエジプトの地より導出せし日より今日にいたるまで切に彼らを戒め頻に戒めて汝ら我聲に遵へといへり
11:8 然ど彼らは遵はずその耳を傾けずおのおの其惡き心の剛愎なるにしたがひて歩めり故にわれ此契約の言を彼等にきたらす是はわがかれらに之を行へと命ぜしかど も彼等がおこなはざりし者なり
11:9 またヱホバ我にいひたまひけるはユダの人々とヱルサレムに住る者の中に叛逆の事あり
11:10 彼らは我言をきくことを好まざりしところのその先祖の罪にかへり亦他の神に從ひて之に奉へたりイスラエルの家とユダの家はわがその列祖たちと締たる契約を やぶれり
11:11 この故にヱホバかくいひ給ふみよわれ災禍をかれらにくださん彼らこれを免かるることをえざるべし彼ら我をよぶとも我聽じ
11:12 ユダの邑とヱルサレムに住る者はゆきてその香を焚し神を?んされど是等はその災禍の時に?てかれらを救ふことあらじ
11:13 ユダよ汝の神の數は汝の邑の數のごとし且汝らヱルサレムの衢の數にしたがひて恥べき者に壇をたてたり即ちバアルに香を焚んとて壇をたつ
11:14 故に汝この民の爲に祈る勿れ又その爲に泣きあるひは求る勿れ彼らがその災禍のために我を呼ときわれ彼らに聽ざるべし
11:15 わが愛する者は我室にて何をなすや惡き謀をなすや願と聖き肉汝に災を脱れしむるやもし然らば汝よろこぶべし
11:16 ヱホバ汝の名を嘉果ある美しき橄欖の樹と稱たまひしがおほいなる喧?の聲をもて之に火をかけ且その枝を折りたまふ
11:17 汝を植し萬軍のヱホバ汝の災をさだめ給へりこれイスラエルの家とユダの家みづから害ふの惡をなしたるによるなり即ちバアルに香を焚きてわれを怒らせたり

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 ロマ 2:13

2:13 なぜなら、律法を聞く 者が、神の前に義なるものではなく、律法を行う者が、義とされるからである。

 

口 語訳 ヤコ 1:22

1:22 そして、御言を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。

 

口 語訳 テト 1:15

1:15 きよい人には、すべてのものがきよい。しかし、汚れている不信仰な人には、きよいものは一つもなく、その知性も良心も汚れてしまって いる。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 ガラ 3:10

3:10 いったい、律法の行いによる者は、皆のろいの下にある。「律法の書に書いてあるいっさいのことを守らず、これを行わない者は、皆のろわれる」と書いてある からである。

 

口語訳 ヨハ 13:17

13:17 もしこれらのことがわかっていて、それを行うなら、あなたがたはさいわいである。

 

口語訳 ロマ 2:13

2:13 なぜなら、律法を聞く者が、神の前に義なるものではなく、律法を行う者が、義とされるからである。

 

口語訳 ヤコ 1:22

1:22 そして、御言を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。

 

口語訳 Tヨハ5:16

5:16 もしだれかが死に至ることのない罪を犯している兄弟を見たら、神に願い求めなさい。そうすれば神は、死に至ることのない罪を犯している人々には、いのちを 賜わるであろう。死に至る罪がある。これについては、願い求めよ、とは言わない。

 

口語訳 ロマ 11:17

11:17 しかし、もしある枝が切り去られて、野生のオリブであるあなたがそれにつがれ、オリブの根の豊かな養分にあずかっているとすれば、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 ロマ 11:28

11:28 福音について言えば、イスラエル人は、あなたがたのために神に敵対していますが、神の選びについて言えば、先祖たちのお陰で神に愛されています。

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ガラ 3:10

3:10 律法の実行に頼る者はだれでも、呪われています。「律法の書に書かれているすべての事を絶えず守らない者は皆、呪われている」と書いてあるからです。

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

エレミヤ書 11:18−12:4  

エレミヤに対する陰謀

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆エレミヤに対する陰謀

018主がわたしに知らせてくださっ たので、わたしは知りました。その時、あなたは彼らのしていることをわたしに見せてくださいました。

019わたしは、屠られるために引か れていく信頼しきった小羊のようでした。彼らがわたしに対して次のような謀を巡らしているのを知りませんでした。「木をその実ともど も滅ぼそう。生ける者の地から絶って、その名が二度と思い出されることのないようにしよう」。

020万軍の主よ。

正しく裁き、人の腹と心を試みられる方よ。

彼らに対するあなたの報復を

わたしに見せてください。

わたしは、あなたに訴えを打ち明けました。

021「それ故、主は、お前の命を 狙っているアナトトの人々についてこう仰せになる。彼らは言う、『主の名によって預言するな。さもなくば、お前はわれわれの手にか かって死ぬことになる』。

022それ故、万軍の主はこう仰せに なる、『見よ、わたしは彼らを罰する。若者たちは剣によって死に、彼らの息子や娘は飢えによって死ぬ。

023残る者は一人もいない。まこと に、わたしは彼らの罰の年に、アナトトの人々に災いを下す』」。

 

エレミヤ書12

フランシスコ訳聖書 Jer <12>章 聖書本文

001わたしがあなたと争う時に、

正しいのは、主よ、あなたです。

それでも公正について、わたしはあなたと話したい。

なぜ悪人の道が栄え、

不忠実の極みの者がみな、安穏としているのですか。

002あなたが彼らを植えられ、

彼らは根を張り、

成長して実を結びます。

あなたは彼らの口には近いのですが、

腹には遠いのです。

003主よ、あなたがわたしを知り、 わたしを見、

わたしを試みられると、

わたしの心があなたとともにあることが

お分かりになります。

彼らを屠られる羊のように引き出し、

殺す日のために取り分けてください。

004いつまでこの地は乾き、

すべての野の草は枯れたままなのですか。

この地に住む者の悪のために、

獣も鳥も絶えました。

そればかりか彼らは言います、

「彼はわれわれの末路など見ることはない」。


 

新共同訳1987

11:18 主が知らせてくださったので/わたしは知った。彼らが何をしているのか見せてくださった。

11:19 わたしは、飼いならされた小羊が/屠り場に引かれて行くように、何も知らなかった。彼らはわたしに対して悪だくみをしていた。「木をその実の盛りに滅ぼし /生ける者の地から絶とう。彼の名が再び口にされることはない。」

11:20 万軍の主よ/人のはらわたと心を究め/正義をもって裁かれる主よ。わたしに見させてください/あなたが彼らに復讐されるのを。わたしは訴えをあなたに打ち 明け/お任せします。

11:21 それゆえ、主はこう言われる。アナトトの人々はあなたの命をねらい/「主の名によって預言するな/我々の手にかかって死にたくなければ」と言う。

11:22 それゆえ、万軍の主はこう言われる。「見よ、わたしは彼らに罰を下す。若者らは剣の餌食となり/息子、娘らは飢えて死ぬ。

11:23 ひとりも生き残る者はない。わたしはアナトトの人々に災いをくだす。それは報復の年だ。」

12:1 正しいのは、主よ、あなたです。それでも、わたしはあなたと争い/裁きについて論じたい。なぜ、神に逆らう者の道は栄え/欺く者は皆、安穏に過ごしている のですか。

12:2 あなたが彼らを植えられたので/彼らは根を張り/育って実を結んでいます。口先ではあなたに近く/腹ではあなたから遠いのです。

12:3 主よ、あなたはわたしをご存じです。わたしを見て、あなたに対するわたしの心を/究められたはずです。彼らを屠られる羊として引き出し/殺戮の日のために 取り分けてください。

12:4 いつまで、この地は乾き/野の青草もすべて枯れたままなのか。そこに住む者らの悪が/鳥や獣を絶やしてしまった。まことに、彼らは言う。「神は我々の行く 末を見てはおられない」と。

 

新改訳1970

11:18 主が私に知らせてくださったので、私はそれを知りました。今、あなたは、彼らのわざを、私に見せてくださいました。

11:19 私は、ほふり場に引かれて行くおとなしい子羊のようでした。彼らが私に敵対して、「木を実とともに滅ぼそう。彼を生ける者の地から断って、その名が二度と 思い出されないようにしよう。」と計画していたことを、私は知りませんでした。

11:20 しかし、正しいさばきをし、思いと心をためされる万軍の主よ。あなたが彼らに復讐するのを私は見ることでしょう。私が、あなたに私の訴えを打ち明けたから です。

11:21 それゆえ、主はアナトテの人々について、こう仰せられた。「彼らはあなたのいのちをねらい、『主の名によって預言するな。われわれの手にかかってあなたが 死なないように。』と言っている。」

11:22 それで、万軍の主はこう仰せられる。「見よ。わたしは彼らを罰する。若い男は剣で殺され、彼らの息子、娘は飢えて死に、

11:23 彼らには残る者がいなくなる。わたしがアナトテの人々にわざわいを下し、刑罰の年をもたらすからだ。」

12:1 主よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、さばきについて、一つのことを私はあなたにお聞きしたいのです。なぜ、悪者の道は栄 え、裏切りを働く者が、みな安らかなのですか。

12:2 あなたは彼らを植え、彼らは根を張り、伸びて、実を結びました。あなたは、彼らの口には近いのですが、彼らの思いからは遠く離れておられます。

12:3 主よ。あなたは私を知り、私を見ておられ、あなたへの私の心をためされます。どうか彼らを、ほふられる羊のように引きずり出して、虐殺の日のために取り分 けてください。

12:4 いつまで、この地は喪に服し、すべての畑の青草は枯れているのでしょうか。そこに住む者たちの悪のために、家畜も鳥も取り去られています。人々は、「彼は 私たちの最期を見ない。」と言っているのです。

 

口語訳1955

11:18 主が知らせてくださったので、わたしはそれを知った。その時、あなたは彼らの悪しきわざを/わたしに示された。

11:19 しかしわたしは、ほふられに行く、おとなしい小羊のようで、彼らがわたしを害しようと、計りごとをめぐらしているのを知らなかった。彼らは言う、「さあ、 木とその実を共に滅ぼそう。生ける者の地から彼を絶って、その名を人に忘れさせよう」。

11:20 正しいさばきをし、人の心と思いを探られる万軍の主よ、わたしは自分の訴えをあなたにお任せしました。あなたが彼らにあだをかえされるのを/見させてくだ さい。

11:21 それゆえ主はアナトテの人々についてこう言われる、彼らはあなたの命を取ろうと求めて言う、「主の名によって預言してはならない。それをするならば、あな たはわれわれの手にかかって死ぬであろう」。

11:22 それで万軍の主はこう言われる、「見よ、わたしは彼らを罰する。若い人はつるぎで死に、彼らのむすこ娘は、ききんで死に、

11:23 だれも残る者はない。わたしがアナトテの人々に災を下し、彼らを罰する年をこさせるからである」。

12:1 主よ、わたしがあなたと論じ争う時、あなたは常に正しい。しかしなお、わたしはあなたの前に、さばきのことを論じてみたい。悪人の道がさかえ、不信実な者 がみな繁栄するのはなにゆえですか。

12:2 あなたが彼らを植えられたので、彼らは根づき、育って、実を結びます。彼らは口ではあなたに近づきますが、心はあなたから遠ざかっています。

12:3 主よ、あなたはわたしを知り、わたしを見、わたしの心があなたに対して/いかにあるかを試みられます。ほふるために羊を引き出すように、彼らを引き出し、 殺す日にそなえて、彼らを残しておいてください。

12:4 いつまで、この地は嘆き、どの畑の野菜も枯れていてよいでしょうか。この地に住む者の悪によって、獣と鳥は滅びうせます。人々は言いました、「彼はわれわ れの終りを見ることはない」と。



文語訳1917
11:18 ヱホバ我に知せたまひければ我これを知るその時汝彼らの作爲を我にしめしたまへり
11:19 我は牽れて宰られにゆく羔の如く彼らが我をそこなはんとて謀をなすを知ず彼らいふいざ我ら樹とその果とを共に滅さんかれを生る者の地より?てその名を人に 忘れしむべしと
11:20 義き鞫をなし人の心腸を察りたまふ萬軍のヱホバよ我わが訴を汝にのべたればわれをして汝が彼らに仇を報すを見せしめたまへ
11:21 是をもてヱホバ、アナトテの人々につきてかくいひたまふ彼等汝の生命を取んと索めて言ふ汝ヱホバの名をもて預言する勿れ恐らくは汝我らの手に死んと
11:22 故に萬軍のヱホバかくいひ給ふみよ我かれらを罰すべし壯丁は劍に死にその子女は饑饉にて死なん
11:23 餘る者なかるべし我災をアナトテの人々にきたらしめわが彼らを罰するの年をきたらしめん
12:1 ヱホバよわが汝と爭ふ時に汝は義し惟われ鞫の事につきて汝と言ん惡人の途のさかえ悖れる者のみな福なるは何故ぞや
12:2 汝かれらを植たり彼らは根づき成長て實を結べりその口は汝に近けどもその心は汝に遠ざかる
12:3 ヱホバ汝われを知り我を見またわが心の汝にむかひて何なるかを試みたまふ羊を宰りに牽いだすがごとく彼らを牽いだし殺す日の爲にかれらをそなへたまへ
12:4 いつまでこの地は哭きすべての畑の蔬菜は枯をるべけんやこの地に住る者の惡によりて畜獸と鳥は滅さる彼らいふ彼は我らの終をみざるべしと

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 15:8

15:8 『この民は、口さきで はわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。

 

口 語訳 ヤコ 5:5

5:5 あなたがたは、地上でおごり暮し、快楽にふけり、「ほふらるる日」のために、おのが心を肥やしている。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 ルカ 19:44

19:44 おまえとその内にいる子らとを地に打ち倒し、城内の一つの石も他の石の上に残して置かない日が来るであろう。それは、おまえが神のおとずれの時を知らない でいたからである」。

 

口語訳 マタ 15:8

15:8 『この民は、口さきではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。

 

口語訳 マコ 7:6

7:6 イエスは言われた、「イザヤは、あなたがた偽善者について、こう書いているが、それは適切な預言である、『この民は、口さきではわたしを敬うが、その心は わたしから遠く離れている。

 

口語訳 テト 1:16

1:16 彼らは神を知っていると、口では言うが、行いではそれを否定している。彼らは忌まわしい者、また不従順な者であって、いっさいの良いわざに関しては、失格 者である。

 

口語訳 ヤコ 5:5

5:5 あなたがたは、地上でおごり暮し、快楽にふけり、「ほふらるる日」のために、おのが心を肥やしている。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 使  1:24

1:24 祈って言った、「すべ ての人の心をご存じである主よ。このふたりのうちのどちらを選んで、

 

口 語訳 黙  2:23

2:23 また、この女の子供たちをも打ち殺そう。こうしてすべての教会は、わたしが人の心の奥底までも探り知る者であることを悟るであろう。 そしてわたしは、あなたがたひとりびとりのわざに応じて報いよう。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 マタ 15:8

15:8 『この民は口先ではわたしを敬うが、/その心はわたしから遠く離れている。

 

新共同 マコ 7:6

7:6 イエスは言われた。「イザヤは、あなたたちのような偽善者のことを見事に預言したものだ。彼はこう書いている。『この民は口先ではわたしを敬うが、/その 心はわたしから遠く離れている。

 

新共同 テト 1:16

1:16 こういう者たちは、神を知っていると公言しながら、行いではそれを否定しているのです。嫌悪すべき人間で、反抗的で、一切の善い業については失格者です。

 

****************************************