****************************************

エレミヤ書 29:1−23     

エレミヤ、捕囚の民に手紙を送る

 

翻訳比較


 フランシスコ会訳2013
エレミヤ書29

フランシスコ訳聖書 Jer <29>章 聖書本文

◆エレミヤ、捕囚の民に手紙を送る

001これは預言者エレミヤが、ネブ カドネツァルによってエルサレムからバビロンに移送された捕囚の長老たちの残りの者、祭司たち、預言者たち、また民全体に宛て、エル サレムから書き送った手紙の言葉である。

002――それは、エコンヤ王、太 后、宦官たち、ユダとエルサレムの高官たち、職人たち、鍛冶たちが、エルサレムを去った後のことであった。

003エレミヤはこの手紙をシャファ ンの子エルアサとヒルキヤの子ゲマルヤに託した。彼らは、ユダの王ゼデキヤがバビロンにいるバビロンの王ネブカドネツァルのもとに遣 わした者たちである。――その手紙は次のとおりである。

004「イスラエルの神、万軍の主は こう仰せになる。わたしがエルサレムからバビロンに移送させたすべての捕囚の民に。

005お前たちは家を建ててそこに住 み、畑を作ってその実りを食べよ。

006妻を迎えて息子や娘をもうけ、 息子たちには妻を迎えさせ、娘たちは嫁がせよ。彼らも息子や娘をもうけ、そこで増え、減らないようにせよ。

007わたしがお前たちを捕囚として 移送したその町のために繁栄を求め、その町のために主に祈れ。その町の繁栄によって、お前たち自身も繁栄を得るからである。

008まことに、イスラエルの神、万 軍の主はこう仰せになる。お前たちの中にいる預言者や占い師に欺かれるな。また、お前たちが夢を見させている夢見る者に、耳を傾ける な。

009彼らはわたしの名によって偽り を預言をしているからである。わたしは彼らを遣わしてはいない――主の言葉。

010まことに、主はこう仰せにな る。バビロンでの七十年が満ちた後、わたしはお前たちを顧み、お前たちをこの場所に連れ戻すという、恵みの約束を果たす。

011わたしはお前たちのために立て た計画をよく知っている――主の言葉。それはお前たちに希望と将来をもたらす 繁栄の計画であり、災いの計画ではない。

012お前たちがわたしを呼び求め、 わたしのもとに来て祈るとき、わたしはお前たちに聞こう。

013お前たちがわたしを捜し求める とき、わたしを見つけるだろう。お前たちが心を尽くしてわたしを求めるとき、

014わたしはお前たちに見つけられ る――主の言葉。わたしはお前たちの繁栄を回復し、わたしがお前たちを追放し た先のすべての国とすべての場所からお前たちを

集め――主の言葉――、お前たちをそこから捕囚に追いやった、その元の場所に連れ戻す。

015お前たちは『主はバビロンで、 わたしたちのために預言者を起こされた』と言う。

016しかし主は、ダビデの王座につ いている王、この町に住む民全体、お前たちとともに捕囚の地に行かなかったお前たちの兄弟たちについて次のように仰せになる。

017万軍の主はこう仰せになる。見 よ、わたしは剣、飢え、疫病を彼らに送り、彼らを悪くて食べられないほどに腐ったいちじくのようにする。

018わたしは剣、飢え、疫病で彼ら を追いかけ、地上のすべての王国の前で忌み嫌われる者にし、また、彼らを追放する先々のすべての国で、呪いの的、恐怖の源、嘲笑と非 難の的とする。

019それは、わたしがわたしの僕で ある預言者たちを彼らのもとに遣わし、何度となく遣わしたのに、彼らがわたしの言葉に聞き従わなかったからである――主の言葉。また、お前たちもわたしの言葉に聞き従わなかった――主の言葉。

020しかし今、わたしがエルサレム からバビロンへ送ったすべての捕囚の民よ、主の言葉を聞け。

021イスラエルの神、万軍の主は、 わたしの名によってお前たちに偽りの預言をするコラヤの子アハブとマアセヤの子ゼデキヤについてこう仰せになる。見よ、わたしはこの 二人をバビロンの王ネブカドレツァルの手に渡す。王はお前たちの目の前で彼らを殺す。

022バビロンにいるユダの捕囚の民 はみな、呪う時にこの二人の名を使い、次のように言う、『バビロンの王に火あぶりにされたゼデキヤやアハブのように、主がお前を扱わ れるように』。

023それは、彼らがイスラエルで愚 かなことを行ったからである。彼らは隣人の妻と姦淫を行い、わたしが命じもしないのにわたしの名を使って偽りの言葉を語った。わたし はそれを知っており、証言する者である――主の言葉」。


 

新共同訳1987

29:1 以下に記すのは、ネブカドネツァルがエルサレムからバビロンへ捕囚として連れて行った長老、祭司、預言者たち、および民のすべてに、預言者エレミヤがエル サレムから書き送った手紙の文面である。

29:2 それは、エコンヤ王、太后、宦官、ユダとエルサレムの高官、工匠と鍛冶とがエルサレムを去った後のことである。

29:3 この手紙は、ユダの王ゼデキヤが、バビロンの王ネブカドネツァルのもとに派遣したシャファンの子エルアサとヒルキヤの子ゲマルヤに託された。

29:4 「イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。わたしは、エルサレムからバビロンへ捕囚として送ったすべての者に告げる。

29:5 家を建てて住み、園に果樹を植えてその実を食べなさい。

29:6 妻をめとり、息子、娘をもうけ、息子には嫁をとり、娘は嫁がせて、息子、娘を産ませるように。そちらで人口を増やし、減らしてはならない。

29:7 わたしが、あなたたちを捕囚として送った町の平安を求め、その町のために主に祈りなさい。その町の平安があってこそ、あなたたちにも平安があるのだから。

29:8 イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。あなたたちのところにいる預言者や占い師たちにだまされてはならない。彼らの見た夢に従ってはならない。

29:9 彼らは、わたしの名を使って偽りの預言をしているからである。わたしは、彼らを遣わしてはいない、と主は言われる。

29:10 主はこう言われる。バビロンに七十年の時が満ちたなら、わたしはあなたたちを顧みる。わたしは恵みの約束を果たし、あなたたちをこの地に連れ戻す。

29:11 わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるもの である。

29:12 そのとき、あなたたちがわたしを呼び、来てわたしに祈り求めるなら、わたしは聞く。

29:13 わたしを尋ね求めるならば見いだし、心を尽くしてわたしを求めるなら、

29:14 わたしに出会うであろう、と主は言われる。わたしは捕囚の民を帰らせる。わたしはあなたたちをあらゆる国々の間に、またあらゆる地域に追いやったが、そこ から呼び集め、かつてそこから捕囚として追い出した元の場所へ連れ戻す、と主は言われる。

29:15 あなたたちは、『主が我々のために、バビロンでも預言者を立ててくださった』と言っている。

29:16 そこで、ダビデの王座についている王と、この都に住む民のすべて、すなわち捕囚としてあなたたちと共に出て行かなかった同胞に対して、主はこう言われる。

29:17 万軍の主はこう言われる。わたしは彼らに剣、飢饉、疫病を送り、腐って食べられない、いちじくのようにする。

29:18 わたしは、剣、飢饉、疫病をもって、彼らを追い、全世界の国々の嫌悪の的とし、わたしが追いやる国々で、呪い、驚愕、物笑い、恥さらしとする。

29:19 彼らがわたしの言葉に聞き従わなかったからである、と主は言われる。わたしは、わたしの僕である預言者たちを通して、この言葉を繰り返し伝えたが、彼らは 少しも聞こうとしなかった、と主は言われる。

29:20 しかし、あなたたちは主の言葉を聞きなさい。わたしがエルサレムからバビロンへ送ったすべての捕囚の民よ。

29:21 イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。それは、わたしの名を使って、あなたたちに偽りの預言をしているコラヤの子アハブとマアセヤの子ゼデキヤに対し てである。今、わたしは彼らをバビロンの王ネブカドレツァルの手に渡す。王は彼らをあなたたちの目の前で殺す。

29:22 この二人のことは、呪いの言葉として使われ、バビロンにいるユダの捕囚民は皆、『主が、お前をバビロンの王に火あぶりにされたゼデキヤとアハブのようにし てくださるように』と言うようになるだろう。

29:23 これは彼らがイスラエルにおいて愚かな行いをし、隣人の妻と姦通し、また命じもしないのに、わたしの名を使って偽りを語ったからである。わたしはこのこと を知っており、証言をする、と主は言われる。」

 

新改訳1970

29:1 預言者エレミヤは、ネブカデネザルがエルサレムからバビロンへ引いて行った捕囚の民、長老たちで生き残っている者たち、祭司たち、預言者たち、およびすべ ての民に、エルサレムから手紙を送ったが、そのことばは次のとおりである。

29:2 ――これは、エコヌヤ王と王母と宦官たち、ユダとエルサレムの貴族たち、職人と鍛冶屋たちが、エルサレムを出て後、

29:3 ユダの王ゼデキヤがバビロンの王ネブカデネザルのもとに、バビロンへ遣わした、シャファンの子エルアサとヒルキヤの子ゲマルヤの手に託したもので、次のよ うに言っている。――

29:4 イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。「エルサレムからバビロンへわたしが引いて行かせたすべての捕囚の民に。

29:5 家を建てて住みつき、畑を作って、その実を食べよ。

29:6 妻をめとって、息子、娘を生み、あなたがたの息子には妻をめとり、娘には夫を与えて、息子、娘を産ませ、そこでふえよ。減ってはならない。

29:7 わたしがあなたがたを引いて行ったその町の繁栄を求め、そのために主に祈れ。そこの繁栄は、あなたがたの繁栄になるのだから。」

29:8 まことに、イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。「あなたがたのうちにいる預言者たちや、占い師たちにごまかされるな。あなたがたが夢を見させて いる、あなたがたの夢見る者の言うことを聞くな。

29:9 なぜなら、彼らはわたしの名を使って偽りをあなたがたに預言しているのであって、わたしが彼らを遣わしたのではないからだ。――主の御告げ。――」

29:10 まことに、主はこう仰せられる。「バビロンに七十年の満ちるころ、わたしはあなたがたを顧み、あなたがたにわたしの幸いな約束を果たして、あなたがたをこ の所に帰らせる。

29:11 わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ。――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがた に将来と希望を与えるためのものだ。

29:12 あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。

29:13 もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。

29:14 わたしはあなたがたに見つけられる。――主の御告げ。――わたしは、あなたがたの捕われ人を帰らせ、わたしがあなたがたを追い散らした先のすべての国々 と、すべての場所から、あなたがたを集める。――主の御告げ。――わたしはあなたがたを引いて行った先から、あなたがたをもとの所へ 帰らせる。」

29:15 あなたがたは、「主は私たちのために、バビロンでも預言者を起こされた。」と言っているが、

29:16 まことに、主は、ダビデの王座に着いている王と、この町に住んでいるすべての民と、捕囚としてあなたがたといっしょに出て行かなかったあなたがたの兄弟に ついて、こう仰せられる。

29:17 万軍の主はこう仰せられる。「見よ。わたしは彼らの中に、剣とききんと疫病を送り、彼らを悪くて食べられない割れたいちじくのようにする。

29:18 わたしは剣とききんと疫病で彼らを追い、彼らを、地のすべての王国のおののきとし、わたしが彼らを追い散らしたすべての国の間で、のろいとし、恐怖とし、 あざけりとし、そしりとする。

29:19 彼らがわたしのことばを聞かなかったからだ。――主の御告げ。――わたしが彼らにわたしのしもべである預言者たちを早くからたびたび送ったのに、あなたが たが聞かなかったからだ。――主の御告げ。――

29:20 わたしがエルサレムからバビロンへ送ったすべての捕囚の民よ。主のことばを聞け。」

29:21 イスラエルの神、万軍の主は、わたしの名によってあなたがたに偽りを預言している者であるコラヤの子アハブと、マアセヤの子ゼデキヤについて、こう仰せら れる。「見よ。わたしは彼らを、バビロンの王ネブカデレザルの手に渡す。彼はあなたがたの目の前で、彼らを打ち殺す。

29:22 バビロンにいるユダの捕囚の民はみな、のろうときに彼らの名を使い、『主がおまえをバビロンの王が火で焼いたゼデキヤやアハブのようにされるように。』と 言うようになる。

29:23 それは、彼らがイスラエルのうちで、恥ずべきことを行ない、隣人の妻たちと姦通し、わたしの命じもしなかった偽りのことばをわたしの名によって語ったから である。わたしはそれを知っており、その証人である。――主の御告げ。――」

 

口語訳1955

29:1 これは預言者エレミヤがエルサレムから、かの捕え移された長老たち、およびネブカデネザルによってエルサレムからバビロンに捕え移された祭司と預言者なら びにすべての民に送った手紙に書きしるした言葉である。

29:2 それはエコニヤ王と太后と宦官およびユダとエルサレムのつかさたち、および工匠と鍛冶とがエルサレムを去ってのちに書かれたものであって、

29:3 エレミヤはその手紙をシャパンの子エラサおよびヒルキヤの子ゲマリヤの手によって送った。この人々はユダの王ゼデキヤがバビロンに行かせ、バビロンの王ネ ブカデネザルのもとにつかわしたものであった。その手紙には次のように書いてあった。

29:4 「万軍の主、イスラエルの神は、すべて捕え移された者、すなわち、わたしがエルサレムから、バビロンに捕え移させた者に、こう言う、

29:5 あなたがたは家を建てて、それに住み、畑を作ってその産物を食べよ。

29:6 妻をめとって、むすこ娘を産み、また、そのむすこに嫁をめとり、娘をとつがせて、むすこ娘を産むようにせよ。その所であなたがたの数を増し、減ってはなら ない。

29:7 わたしがあなたがたを捕え移させたところの町の平安を求め、そのために主に祈るがよい。その町が平安であれば、あなたがたも平安を得るからである。

29:8 万軍の主、イスラエルの神はこう言われる、あなたがたのうちにいる預言者と占い師に惑わされてはならない。また彼らの見る夢に聞き従ってはならない。

29:9 それは、彼らがわたしの名によってあなたがたに偽りを預言しているからである。わたしが彼らをつかわしたのではないと主は言われる。

29:10 主はこう言われる、バビロンで七十年が満ちるならば、わたしはあなたがたを顧み、わたしの約束を果し、あなたがたをこの所に導き帰る。

29:11 主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであ り、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。

29:12 その時、あなたがたはわたしに呼ばわり、来て、わたしに祈る。わたしはあなたがたの祈を聞く。

29:13 あなたがたはわたしを尋ね求めて、わたしに会う。もしあなたがたが一心にわたしを尋ね求めるならば、

29:14 わたしはあなたがたに会うと主は言われる。わたしはあなたがたの繁栄を回復し、あなたがたを万国から、すべてわたしがあなたがたを追いやった所から集め、 かつ、わたしがあなたがたを捕われ離れさせたそのもとの所に、あなたがたを導き帰ろうと主は言われる。

29:15 あなたがたは、『主はバビロンでわれわれのために預言者たちを起された』と言ったが、――

29:16 主はダビデの位に座している王と、この町に住むすべての民で、あなたがたと共に捕え移されなかった兄弟たちについて、こう言われる、

29:17 『万軍の主はこう言われる、見よ、わたしは、つるぎと、ききんと、疫病を彼らに送り、彼らを悪くて食べられない腐ったいちじくのようにしてしまう。

29:18 わたしはつるぎと、ききんと、疫病をもって彼らのあとを追い、また彼らを地の万国に忌みきらわれるものとなし、わたしが彼らを追いやる国々で、のろいとな り、恐れとなり、物笑いとなり、はずかしめとならせる。

29:19 それは彼らがわたしの言葉に聞き従わなかったからであると主は言われる。わたしはこの言葉を、わたしのしもべである預言者たちによって、しきりに送った が、あなたがたは聞こうともしなかったと主は言われる』。――

29:20 わたしがエルサレムからバビロンに送ったあなたがたすべての捕われ人よ、主の言葉を聞きなさい、

29:21 『わたしの名によって、あなたがたに偽りを預言しているコラヤの子アハブと、マアセヤの子ゼデキヤについて万軍の主、イスラエルの神はこう仰せられる、見 よ、わたしは彼らをバビロンの王ネブカデレザルの手に渡す。王はあなたがたの目の前で彼らを殺す。

29:22 バビロンにいるユダの捕われ人は皆、彼らの名を、のろいの言葉に用いて、「主があなたをバビロンの王が火で焼いたゼデキヤとアハブのようにされるように」 という。

29:23 それは、彼らがイスラエルのうちで愚かな事をし、隣の妻と不義を行い、わたしが命じたのでない偽りの言葉を、わたしの名によって語ったことによるのであ る。わたしはそれを知っており、またその証人であると主は言われる』」。


文語訳1917
29:1 預言者ヱレミヤ、ヱルサレムより書をかの?へうつされて餘れるところの長老および祭司と預言者ならびにネブカデネザルがヱルサレムよりバビロンに移したる すべての民に送れり
29:2 是より先ヱコニヤ王と王后と寺人およびユダとヱルサレムの牧伯等および木匠と鐵匠はヱルサレムをされり
29:3 ヱレミヤその書をシヤパンの子エラサおよびヒルキヤの子ゲマリヤ即ちユダの王ゼデキヤがバビロンにつかはしてバビロンの王ネブカデネザルにいたらしむる者 の手によりて送れり其書にいはく
29:4 萬軍のヱホバ、イスラエルの神すべて?うつされし者即ち我ヱルサレムよりバビロンに移さしめし者にかくいふ
29:5 汝ら屋を建てこれに住ひ圃をつくりてその果をくらへ
29:6 妻を娶て子女をうみ又汝らの子に?を娶り汝らの女を嫁がしめ彼らに子女を生しめよ此は汝等かしこに減ずして揩がためなり
29:7 我汝らを?移さしめしところの邑の安を求めこれが爲にヱホバにいのれその邑の安によりて汝らもまた安をうればなり
29:8 萬軍のヱホバ、イスラエルの神かくいひたまふ汝らの中の預言者と卜筮士に惑はさるる勿れまた汝ら自ら作りしところの夢に聽したがふ勿れ
29:9 そは彼ら我名をもて?を汝らに預言すればなり我彼らを遣さずヱホバいひたまふ
29:10 ヱホバかくいひたまふバビロンに於て七十年滿なばわれ汝らを眷み我嘉言を汝らになして汝らをこの處に歸らしめん
29:11 ヱホバいひたまふ我が汝らにむかひて懷くところの念は我これを知るすなはち災をあたへんとにあらず平安を與へんとおもひ又汝らに後と望をあたへんとおもふ なり
29:12 汝らわれに?はり往て我にいのらん我汝らに聽べし
29:13 汝らもし一心をもて我を索めなば我に尋ね遇はん
29:14 ヱホバいひたまふ我汝らの遇ところとならんわれ汝らの俘?を解き汝らを萬國よりすべて我汝らを逐やりし處より集め且我汝らをして?らはれて離れしめしその 處に汝らをひき歸らんとヱホバいひたまふ
29:15 ヱホバわれらの爲にバビロンに於て預言者を立たまひしと汝らはいふ
29:16 ダビデの位に坐する王とこの邑に住るすべての民汝らと偕にとらへ移されざりし兄弟につきてヱホバかくいひたまふ
29:17 萬軍のヱホバかくいふ視よわれ劍と饑饉と疫病を彼らにおくり彼らを惡くして食はれざる惡き無花果のごとくになさん
29:18 われ劍と饑饉と疫病をもて彼らを逐ひまた彼らを地の萬國にわたして虐にあはしめ我彼らを逐やる諸國に於て呪詛となり詫異となり人の嗤笑となり恥辱とならし めん
29:19 是彼ら我言を聽ざればなりとヱホバいひたまふ我この言を我僕なる預言者によりて遣り頻におくれども汝ら聽ざるなりとヱホバいひたまふ
29:20 わがヱルサレムよりバビロンにおくりし諸の俘?人よ汝らヱホバの言をきけ
29:21 我名をもて?を汝らに預言するコラヤの子アハブとマアセヤの子ゼデキヤにつきて萬軍のヱホバ、イスラエルの神かくいふ視よわれ彼らをバビロンの王ネブカデ ネザルの手に付さん彼これを汝らの目の前に殺すべし
29:22 バビロンにあるユダの俘?人は皆彼らをもて詛となし願くはヱホバ汝をバビロンの王が火にて焚しゼデキヤとアハブのごとき者となしたまはん事をといふ
29:23 こは彼らイスラエルの中に惡をなし鄰の妻を犯し且我彼らに命ぜざる?の言をわが名をもて語りしによる我これを知りまた證すとヱホバいひたまふ

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 Tテモ2:2

2:2 それはわたしたちが、 安らかで静かな一生を、真に信心深くまた謹厳に過ごすためである。

 

口 語訳 エペ 5:6

5:6 あなたがたは、だれにも不誠実な言葉でだまされてはいけない。これらのことから、神の怒りは不従順の子らに下るのである。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 Tテモ2:1-2

2:1 そこで、まず第一に勧める。すべての人のために、王たちと上に立っているすべての人々のために、願いと、祈と、とりなしと、感謝とをささげなさい。

2:2 それはわたしたちが、安らかで静かな一生を、真に信心深くまた謹厳に過ごすためである。

 

口語訳 エペ 5:6

5:6 あなたがたは、だれにも不誠実な言葉でだまされてはいけない。これらのことから、神の怒りは不従順の子らに下るのである。

 

口語訳 マタ 7:7

7:7 求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

 

口語訳 Uペテ2:1

2:1 しかし、民の間に、にせ預言者が起ったことがあるが、それと同じく、あなたがたの間にも、にせ教師が現れるであろう。彼らは、滅びに至らせる異端をひそか に持ち込み、自分たちをあがなって下さった主を否定して、すみやかな滅亡を自分の身に招いている。

 

口語訳 ヘブ 4:13

4:13 そして、神のみまえには、あらわでない被造物はひとつもなく、すべてのものは、神の目には裸であり、あらわにされているのである。この神に対して、わたし たちは言い開きをしなくてはならない。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

エレミヤ書 29:24−32

エレミヤのもう一つの手紙

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆エレミヤのもう一つの手紙

024「お前はネヘラミ人シェマヤに こう告げよ。

025イスラエルの神、万軍の主はこ う仰せになる。お前は、エルサレムにいる民全体、マアセヤの子、祭司ツェファンヤとすべての祭司に、自分の名によって次のような手紙 を送った、

026『主は、祭司ヨヤダに代えてお 前を祭司に任命された。それは主の神殿にいる監督する者たちに、預言者のように振る舞う狂った人には誰にでも、足枷や首枷をはめさせ るためである。

027それなのになぜ今まで、お前た ちの中で預言しているアナトトのエレミヤを取り締まらなかったのか。

028実に、彼はバビロンにいるわた したちに手紙をよこし、捕囚は長期にわたるので、家を建ててそこに住み、畑を作ってその実りを食べよ、と言っている』」。

029祭司ツェファンヤは、預言者エ レミヤにこの手紙を読んで聞かせた。

030その時、次のような主の言葉が エレミヤに臨んだ。

031「捕囚の民すべてに書き送れ。 主はネヘラミ人シェマヤにこう仰せになる。シェマヤはわたしが遣わしてもいないのにお前たちに向かって預言し、偽りを信じさせた。

032それ故、主はこう仰せになる。 見よ、わたしはネヘラミ人シェマヤとその子孫とを罰する。彼らのうち、この民の中に住んで、わたしがわたしの民に与える繁栄を享受す る者は誰もいない――主の言葉。彼は主に逆らって語ったからである」。


 

新共同訳1987

29:24 あなたはネヘラミ人シェマヤに対して告げよ。

29:25 「イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。それは、お前が自分の名で、次の手紙をエルサレムのすべての民と、祭司であるマアセヤの子ツェファンヤと、す べての祭司に送ったことに関してである。

29:26 すなわち、『主は祭司ヨヤダに代えて、あなたを祭司とし、主の神殿の監督とし、狂い、預言する者すべてに手枷、足枷をはめ、取り締まらせた。

29:27 それなのに、あなたたちに預言しているアナトトの人エレミヤをなぜ取り締まらないのか。

29:28 エレミヤは、バビロンにいる我々のところにまで手紙を送って、捕囚は長引くので、家を建てて住めとか、園に果樹を植え、その実を食べよ、などと言ってき た。』」

29:29 祭司ツェファンヤは預言者エレミヤに、この手紙を読んで聞かせた。

29:30 そのとき、主の言葉がエレミヤに臨んだ。

29:31 「すべての捕囚民に書き送れ。ネヘラミ人シェマヤに対して主はこう言われる。シェマヤは、あなたたちに預言したが、わたしは彼を遣わしてはいない。彼は 偽ってあなたたちを安心させようとしている。

29:32 それゆえ、主はこう言われる。見よ、わたしはネヘラミ人シェマヤとその子孫を罰する。彼には、この民の中に住む子孫は一人もいなくなる。また、わたしがわ が民に行う恵みの業にあずかる者は一人もない、と主は言われる。彼が主に逆らって語ったからである。」

 

新改訳1970

29:24 あなたはネヘラム人シェマヤに次のように言わなければならない。

29:25 「イスラエルの神、万軍の主は、次のように仰せられる。あなたは、あなたの名によって、エルサレムにいるすべての民と、マアセヤの子、祭司ゼパニヤ、およ び、すべての祭司に次のような手紙を送った。

29:26 『主は、祭司エホヤダの代わりに、あなたを祭司とされましたが、それは、あなたを主の宮の監督者に任じて、すべて狂って預言をする者に備え、そういう者に 足かせや、首かせをはめるためでした。

29:27 それなのに、なぜ、今あなたは、あなたがたに預言しているアナトテ人エレミヤを責めないのですか。

29:28 それで、彼はバビロンの私たちのところに使いをよこして、それは長く続く。家を建てて住みつき、畑を作ってその実を食べなさいと、言わせたのです。』」

29:29 ――祭司ゼパニヤがこの手紙を預言者エレミヤに読んで聞かせたとき、

29:30 エレミヤに次のような主のことばがあった。――

29:31 「すべての捕囚の民に言い送れ。主はネヘラム人シェマヤにこう仰せられる。わたしはシェマヤを遣わさなかったのに、シェマヤがあなたがたに預言し、あなた がたを偽りに拠り頼ませた。

29:32 それゆえ、主はこう仰せられる。『見よ。わたしはネヘラム人シェマヤと、その子孫とを罰する。彼に属する者で、だれもこの民の中に住んで、わたしがわたし の民に行なおうとしている良いことを見る者はいない。――主の御告げ。――彼が主に対する反逆をそそのかしたからである。』」

 

口語訳1955

29:24 ネヘラムびとシマヤにあなたは言いなさい、

29:25 「万軍の主、イスラエルの神はこう仰せられる、あなたは自分の名でエルサレムにいるすべての民と、マアセヤの子祭司ゼパニヤおよびすべての祭司に手紙を 送って言う、

29:26 『主は祭司エホヤダに代ってあなたを祭司とし、主の宮をつかさどらせ、すべて狂い、かつ預言する者を足かせと首かせにつながせられる。

29:27 そうであるのに、どうしてあなたは、あなたがたに預言しているアナトテのエレミヤを戒めないのか。

29:28 彼はバビロンにいるわれわれの所に手紙を送って、捕われの時はなお長いゆえ、あなたがたは家を建ててそこに住み、畑を作ってその産物を食べよと言ってき た』」。

29:29 祭司ゼパニヤはこの手紙を預言者エレミヤに読み聞かせた。

29:30 その時、主の言葉がエレミヤに臨んだ、

29:31 「すべての捕われ人に書き送って言いなさい、ネヘラムびとシマヤの事について主はこう仰せられる、わたしはシマヤをつかわさなかったのに、彼があなたがた に預言して偽りを信じさせたので、

29:32 主はこう仰せられる、見よ、わたしはネヘラムびとシマヤとその子孫を罰する。彼は主に対する反逆を語ったゆえ、彼に属する者で、この民のうちに住み、わた しが自分の民に行おうとしている良い事を見るものはひとりもいない」。


文語訳1917
29:24 汝ネヘラミ人シマヤにかく語りいふべし
29:25 萬軍のヱホバ、イスラエルの神かくいふ汝おのれの名をもて書をヱルサレムにある諸の民と祭司マアセヤの子ゼパニヤおよび諸の祭司に送りていふ
29:26 ヱホバ汝を祭司ヱホヤダに代て祭司となし汝らをヱホバの室の監督となしたまふ此すべて狂妄ひ且みづから預言者なりといふ者を獄と桎梏につながしめんためな り
29:27 然るに汝いま何故に汝らにむかひてみづから預言者なりといふところのアナトテのヱレミヤを斥責めざるや
29:28 そは彼バビロンにをる我儕に書を送り時尚長ければ汝ら家を建て之に住ひ圃をつくりてその實をくらへといへり
29:29 祭司ゼパニヤこの書を預言者ヱレミヤに讀きかせたり
29:30 時にヱホバの言ヱレミヤにのぞみていふ
29:31 諸の俘?人に書をおくりて云べしネヘラミ人シマヤの事につきてヱホバかくいふ我シマヤを遣さざるに彼汝らに預言し汝らに?を信ぜしめしによりて
29:32 ヱホバかくいふ視よ我ネヘラミ人シマヤと其子孫を罰すべし彼ヱホバに逆くことをヘへしによりて此民のうちに彼に屬する者一人も住ふことなからん且我民に吾 がなさんとする善事をみざるべしとヱホバいひたまふ

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 使  26:24

26:24 パウロがこのように弁 明をしていると、フェストは大声で言った、「パウロよ、おまえは気が狂っている。博学が、おまえを狂わせている」。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 マコ 3:21

3:21 身内の者たちはこの事を聞いて、イエスを取押えに出てきた。気が狂ったと思ったからである。

 

口語訳 ヨハ 10:20

10:20 そのうちの多くの者が言った、「彼は悪霊に取りつかれて、気が狂っている。どうして、あなたがたはその言うことを聞くのか」。

 

口語訳 使  26:24-25

26:24 パウロがこのように弁明をしていると、フェストは大声で言った、「パウロよ、おまえは気が狂っている。博学が、おまえを狂わせている」。

26:25 パウロが言った、「フェスト閣下よ、わたしは気が狂ってはいません。わたしは、まじめな真実の言葉を語っているだけです。

 

口語訳 Uコリ5:13

5:13 もしわたしたちが、気が狂っているのなら、それは神のためであり、気が確かであるのなら、それはあなたがたのためである。

 

口語訳 使  16:24

16:24 獄吏はこの厳命を受けたので、ふたりを奥の獄屋に入れ、その足に足かせをしっかりとかけておいた。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 使  26:24-25

26:24 パウロがこう弁明していると、フェストゥスは大声で言った。「パウロ、お前は頭がおかしい。学問のしすぎで、おかしくなったのだ。」

26:25 パウロは言った。「フェストゥス閣下、わたしは頭がおかしいわけではありません。真実で理にかなったことを話しているのです。

 

新共同 Uコリ5:13

5:13 わたしたちが正気でないとするなら、それは神のためであったし、正気であるなら、それはあなたがたのためです。

 

新共同 使  16:24

16:24 この命令を受けた看守は、二人をいちばん奥の牢に入れて、足には木の足枷をはめておいた。

 

****************************************