****************************************

ヨハネ9:1−12

シロアム池の盲人

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

430901そして通りがかりに、生まれながら盲目の人を見た。

430902彼にその弟子たちがたずねた、「ラビ、盲目で生まれたからには、誰が罪を犯したのですか。この人ですか。それともその両親ですか」と言って。

430903イエスが答えた、「この人が罪を犯したのでも、その両親でもなく、この人において神の業が顕れるためである。

430904私たちは、昼である間に、私を派遣した方の業をなさなければならない。誰も業をなすことのできない夜が来ようとしている。

430905世にある限り、私は世の光である」。

430906これを言ってから、地面に唾きし、唾で泥を作り、彼に、両目の上にその泥を塗り、

430910そして彼に言った、「往きなさい。シロアム(遣わされた者の意味)の池で

〔目を〕洗いなさい」。そこで彼は立ち去り、洗い、視えるようになって〔帰って〕来た。

430908そこで隣人たち、また以前、彼が物乞いであったことを看ていた人々は言い始めた、「この男は座って物乞いしていた人ではないか」。

430909ある人々は「この人だ」と言い、ほかの人々は「違う。しかし、似ている」と言っていた。この人は「私だ」と言った。

430910そこで、彼に言い始めた、「では」、お前の目はどのようにして開かれたのか」。

430911この人が答えた、「イエスと呼ばれる人が泥を作り、私の両目に塗って『シロアムの池に往って洗いなさい』と私に言われました。そこで私が行って洗うと視カが回復したのです」。

430912彼に言った、「その人はどこにいるのか」。彼は言う、「わかりません」。

 

新共同訳1987

9:1 さて、イエスは通りすがりに、生まれつき目の見えない人を見かけられた。

9:2 弟子たちがイエスに尋ねた。「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか。」

9:3 イエスはお答えになった。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。

9:4 わたしたちは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない。だれも働くことのできない夜が来る。

9:5 わたしは、世にいる間、世の光である。」

9:6 こう言ってから、イエスは地面に唾をし、唾で土をこねてその人の目にお塗りになった。

9:7 そして、「シロアム――『遣わされた者』という意味――の池に行って洗いなさい」と言われた。そこで、彼は行って洗い、目が見えるようになって、帰って来た。

9:8 近所の人々や、彼が物乞いであったのを前に見ていた人々が、「これは、座って物乞いをしていた人ではないか」と言った。

9:9 「その人だ」と言う者もいれば、「いや違う。似ているだけだ」と言う者もいた。本人は、「わたしがそうなのです」と言った。

9:10 そこで人々が、「では、お前の目はどのようにして開いたのか」と言うと、

9:11 彼は答えた。「イエスという方が、土をこねてわたしの目に塗り、『シロアムに行って洗いなさい』と言われました。そこで、行って洗ったら、見えるようになったのです。」

9:12 人々が「その人はどこにいるのか」と言うと、彼は「知りません」と言った。

 

前田訳1978

9:1 道すがらイエスは生まれつきの目しいを見られた。

9:2 弟子たちがたずねた「先生、目しいに生れついたのは、だれが罪を犯したからですか、この人ですか、両親ですか」と。

9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したのでも両親がでもない。神のわざがこの人に現れるためである。

9:4 わたしをつかわされた方のわざをわれらは日のあるうちにせねばならぬ。夜が来る。するとだれも働けない。

9:5 世にある間わたしは世の光である」と。

9:6 こういって地に唾し、唾で練りこを作り、それを目しいの両目の上にぬって、彼に言われた、

9:7 「シロアム(訳せば、つかわされたもの)の池へ洗いに行きなさい」と。彼は行って洗い、見えるようになって帰って来た。

9:8 近所の人々や前に物乞いであったのを見ていた人々はいった、「この人はすわって物乞いしていたではないか」と。

9:9 ある人は「その人だ」といい、ある人は「否、似ているだけ」といった。しかし本人は「わたしです」といった。

9:10 そこで彼らはいった、「それならどうして目があいたのか」と。

9:11 彼は答えた、「イエスという人が練粉を作ってわたしの両目にぬり、『ジロアムへ行って洗いなさい』といいました。それで行って洗うと、見えるようになりました」と。

9:12 彼らは「その人はどこにいるか」とたずねたが、「知りません」と彼はいう。

 

新改訳1970

9:1 またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。

9:2 弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」

9:3 イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現われるためです。

9:4 わたしたちは、わたしを遣わした方のわざを、昼の間に行なわなければなりません。だれも働くことのできない夜が来ます。

9:5 わたしが世にいる間、わたしは世の光です。」

9:6 イエスは、こう言ってから、地面につばきをして、そのつばきで泥を作られた。そしてその泥を盲人の目に塗って言われた。

9:7 「行って、シロアム(訳して言えば、遣わされた者)の池で洗いなさい。」そこで、彼は行って、洗った。すると、見えるようになって、帰って行った。

9:8 近所の人たちや、前に彼がこじきをしていたのを見ていた人たちが言った。「これはすわって物ごいをしていた人ではないか。」

9:9 ほかの人は、「これはその人だ。」と言い、またほかの人は、「そうではない。ただその人に似ているだけだ。」と言った。当人は、「私がその人です。」と言った。

9:10 そこで、彼らは言った。「それでは、あなたの目はどのようにしてあいたのですか。」

9:11 彼は答えた。「イエスという方が、泥を作って、私の目に塗り、『シロアムの池に行って洗いなさい。』と私に言われました。それで、行って洗うと、見えるようになりました。」

9:12 また彼らは彼に言った。「その人はどこにいるのですか。」彼は「私は知りません。」と言った。

 

塚本訳1963

9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。

9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」

9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。

9:4 わたし達はわたしを遣わされた方の御業を昼の間にせねばならない。(すぐ)夜が来る。するとだれも働けなくなる。

9:5 世におる間、わたしは世の光である。」

9:6 こう言って地に唾をはき、唾で泥をつくり、その泥を盲人の目に塗って、

9:7 言われた、「行って、シロアム池で洗いなさい。」(シロアムは訳すると「遣わされた者」。)そこで盲人は行って、洗って、見えるようになって、かえって行った。

9:8 近所の人や、彼が乞食であったのを前に見ていた人たちは、「これは坐って乞食をしていた男ではないか」と言った。

9:9 「あの男だ」と言う者もあれば、「いや、似ているだけだ」と言う者もあった。本人は「たしかにわたしです」と言った。

9:10 すると人々がたずねた、「では、どうして目があいたのか。」

9:11 答えた、「あのイエスという方が、泥をつくってわたしの目に塗りつけ、『シロアムに行って洗いなさい』と言われた。そこで行って洗うと、見えるようになったのです。」

9:12 人々が「その人はどこにおるか」とたずねた。「知りません」と言う。

 

口語訳1955

9:1 イエスが道をとおっておられるとき、生れつきの盲人を見られた。

9:2 弟子たちはイエスに尋ねて言った、「先生、この人が生れつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですか。本人ですか、それともその両親ですか」。

9:3 イエスは答えられた、「本人が罪を犯したのでもなく、また、その両親が犯したのでもない。ただ神のみわざが、彼の上に現れるためである。

9:4 わたしたちは、わたしをつかわされたかたのわざを、昼の間にしなければならない。夜が来る。すると、だれも働けなくなる。

9:5 わたしは、この世にいる間は、世の光である」。

9:6 イエスはそう言って、地につばきをし、そのつばきで、どろをつくり、そのどろを盲人の目に塗って言われた、

9:7 「シロアム(つかわされた者、の意)の池に行って洗いなさい」。そこで彼は行って洗った。そして見えるようになって、帰って行った。

9:8 近所の人々や、彼がもと、こじきであったのを見知っていた人々が言った、「この人は、すわってこじきをしていた者ではないか」。

9:9 ある人々は「その人だ」と言い、他の人々は「いや、ただあの人に似ているだけだ」と言った。しかし、本人は「わたしがそれだ」と言った。

9:10 そこで人々は彼に言った、「では、おまえの目はどうしてあいたのか」。

9:11 彼は答えた、「イエスというかたが、どろをつくって、わたしの目に塗り、『シロアムに行って洗え』と言われました。それで、行って洗うと、見えるようになりました」。

9:12 人々は彼に言った、「その人はどこにいるのか」。彼は「知りません」と答えた。

 

文語訳1917

"430901","イエス途往くとき、生れながらの盲人を見給ひたれば、"

"430902","弟子たち問ひて言ふ『ラビ、この人の盲目にて生れしは、誰の罪によるぞ、己のか、親のか』"

"430903","イエス答へ給ふ『この人の罪にも親の罪にもあらず、ただ彼の上に神の業の顯れん爲なり。"

"430904","我を遣し給ひし者の業を晝の間になさざる可からず。夜きたらん、その時は誰も働くこと能はず。"

"430905","われ世にをる間は世の光なり』"

"430906","かく言ひて地に唾し、唾にて泥をつくり、之を盲人の目にぬりて言ひ給ふ、"

"430907","『ゆきてシロアム(釋けば遣されたる者)の池にて洗へ』乃ちゆきて洗ひたれば、見ゆることを得て歸れり。"

"430908","ここに隣人および前に彼の乞食なるを見し者ども言ふ『この人は坐して物乞ひゐたるにあらずや』"

"430909","或人は『夫なり』といひ、或人は『否、ただ似たるなり』といふ。かの者『われは夫なり』と言ひたれば、"

"430910","人々いふ『さらば汝の目は如何にして開きたるか』"

"430911","答ふ『イエスといふ人、泥をつくり我が目に塗りて言ふ「シロアムに往きて洗へ」と、乃ち往きて洗ひたれば、物見ることを得たり』"

"430912","彼ら『その人は何處に居るか』と言へば『知らず』と答ふ。"

 

****************************************

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

 

・・・・

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 ヨハ 8:12

8:12 イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」

 

新共同 マコ 8:23

8:23 イエスは盲人の手を取って、村の外に連れ出し、その目に唾をつけ、両手をその人の上に置いて、「何か見えるか」とお尋ねになった。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ガラ 4:4

4:4 しかし、時の満ちるに及んで、神は御子を女から生れさせ、律法の下に生れさせて、おつかわしになった。

 

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 使  28:4

28:4 住民は彼の手にぶら下がっているこの生き物を見て、互いに言った。「この人はきっと人殺しにちがいない。海では助かったが、『正義の女神』はこの人を生かしておかないのだ。」

 

新共同 使  3:2

3:2 すると、生まれながら足の不自由な男が運ばれて来た。神殿の境内に入る人に施しを乞うため、毎日「美しい門」という神殿の門のそばに置いてもらっていたのである。

 

新共同 使  3:10

3:10 彼らは、それが神殿の「美しい門」のそばに座って施しを乞うていた者だと気づき、その身に起こったことに我を忘れるほど驚いた。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 ****************************************

ヨハネ9:13−34

パリサイ人が盲人を審問する

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

430913彼を、かつての盲人を、ファリサイ派の人々のところに引いて行く。

430914イエスが泥を作って彼の両目を開いた日、それは安息日であった。

430915ファリサイ派の人々もまた、どのようにして視力が回復したのかをたずね始めた。彼らに言った、「彼が泥を私の両目の上につけ、私は洗いました。そして視えるのです」。430916するとファリサイ派の中のある人々は言い始めた、「その男は、神からのものではない。安息日を守っていないのだから」。[けれども]ほかの人々は言っていた、「どのように

して罪人にこのような〔多くの〕徴を行なうことができようか」。そして彼らの間に分裂が生じた。

430917そこで彼らは盲人にまた言う、「その人がお前の両目を開いたということだが、お前はその人について何者だと言うのか」。彼は言った、「預言者です」。

430918ユダヤ人たちは、その視力を回復した人の両親を呼び出したその時までは、その人について、〔かつて〕盲目であり、視力が回復したということを信じなかった。

430919彼らにたずねた、「お前たちが盲目で生まれたと言っている倅はこの者か。それなら、どのようにして今は視えるのか」と言って。

430920そこで両親は答えて言った、「この者が私どもの倅であること、盲目で生まれたことは、わかっていますが、

430921どのようにして今は視えるのか、私どもにはわかりません。誰が彼の目を開けた

のか、私どもにはわかりません。彼にたずねて下さい。もう大人です、自分のこと

は自分で語るでしよう」。

430922両親がこれを言ったのは、ユダヤ人たちを恐れていたからである。なぜならユダヤ人たちは彼のことをキリストだと公言する人があれ

ば、会堂から追放された者になると、すでに決定していたからである。

430923このため、彼の両親は「もう大人です、本人に問いなおして下さい」と言ったのである。

430924そこで、彼らはかつて盲人だった人を再び呼び出して彼に言った、「神に栄光を帰しなさい。あの男が罪人だということは、われわれにはわかっているのだ」。

430925そこでこの人は答えた、「あの方が罪人かどうか、私にはわかりません。私には

一つのことがわかっています。自分が盲人だったのに今は視えるということです」。

430926すると、彼に言った、「お前に何をしたのか。どのようにしてお前の両目を

開いたのか」。

430927彼らに答えた、「すでに申し上げたのに聞いて下さらなかった。なぜまた聞こうとなさるのです。まさかあなたがたも彼のお弟子さんになろうというわけではないでしように」。

430928彼らは罵って言った、「お前はあの男の弟子だが、われわれはモーセの弟子だ。

430929われわれは神がモーセに語ったことはわかっている。だが、あの男がどこからのものかはわからぬ」。

430930その人は答えて言った、「まさに次のことこそが不思議なのです。皆さんはどこからのものかおわかりでない。ところが、私の両目を開いて下さったのです。

430931私たちにはわかっています。神が罪人には耳を傾けず、人が敬虔であって、神の意志を行なっていれば、その人に.は耳を傾けて下さるということを。

430932盲で生まれた男の両目を誰かが開いたなどということは、いまだかつて聞いたことがありません。

430933あの方が、仮りに神からの方でなかったとすれば、何もできなかったはずです」。430934答えて彼に言った、「お前は過ちにまみれて生まれたのに、そのお前がわれわれを教えようというのか」。そして彼を外に追い出した。

 

新共同訳1987

9:13 人々は、前に盲人であった人をファリサイ派の人々のところへ連れて行った。

9:14 イエスが土をこねてその目を開けられたのは、安息日のことであった。

9:15 そこで、ファリサイ派の人々も、どうして見えるようになったのかと尋ねた。彼は言った。「あの方が、わたしの目にこねた土を塗りました。そして、わたしが洗うと、見えるようになったのです。」

9:16 ファリサイ派の人々の中には、「その人は、安息日を守らないから、神のもとから来た者ではない」と言う者もいれば、「どうして罪のある人間が、こんなしるしを行うことができるだろうか」と言う者もいた。こうして、彼らの間で意見が分かれた。

9:17 そこで、人々は盲人であった人に再び言った。「目を開けてくれたということだが、いったい、お前はあの人をどう思うのか。」彼は「あの方は預言者です」と言った。

9:18 それでも、ユダヤ人たちはこの人について、盲人であったのに目が見えるようになったということを信じなかった。ついに、目が見えるようになった人の両親を呼び出して、

9:19 尋ねた。「この者はあなたたちの息子で、生まれつき目が見えなかったと言うのか。それが、どうして今は目が見えるのか。」

9:20 両親は答えて言った。「これがわたしどもの息子で、生まれつき目が見えなかったことは知っています。

9:21 しかし、どうして今、目が見えるようになったかは、分かりません。だれが目を開けてくれたのかも、わたしどもは分かりません。本人にお聞きください。もう大人ですから、自分のことは自分で話すでしょう。」

9:22 両親がこう言ったのは、ユダヤ人たちを恐れていたからである。ユダヤ人たちは既に、イエスをメシアであると公に言い表す者がいれば、会堂から追放すると決めていたのである。

9:23 両親が、「もう大人ですから、本人にお聞きください」と言ったのは、そのためである。

9:24 さて、ユダヤ人たちは、盲人であった人をもう一度呼び出して言った。「神の前で正直に答えなさい。わたしたちは、あの者が罪ある人間だと知っているのだ。」

9:25 彼は答えた。「あの方が罪人かどうか、わたしには分かりません。ただ一つ知っているのは、目の見えなかったわたしが、今は見えるということです。」

9:26 すると、彼らは言った。「あの者はお前にどんなことをしたのか。お前の目をどうやって開けたのか。」

9:27 彼は答えた。「もうお話ししたのに、聞いてくださいませんでした。なぜまた、聞こうとなさるのですか。あなたがたもあの方の弟子になりたいのですか。」

9:28 そこで、彼らはののしって言った。「お前はあの者の弟子だが、我々はモーセの弟子だ。

9:29 我々は、神がモーセに語られたことは知っているが、あの者がどこから来たのかは知らない。」

9:30 彼は答えて言った。「あの方がどこから来られたか、あなたがたがご存じないとは、実に不思議です。あの方は、わたしの目を開けてくださったのに。

9:31 神は罪人の言うことはお聞きにならないと、わたしたちは承知しています。しかし、神をあがめ、その御心を行う人の言うことは、お聞きになります。

9:32 生まれつき目が見えなかった者の目を開けた人がいるということなど、これまで一度も聞いたことがありません。

9:33 あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです。」

9:34 彼らは、「お前は全く罪の中に生まれたのに、我々に教えようというのか」と言い返し、彼を外に追い出した。

 

前田訳1978

9:13 人々はかっての目しいをパリサイ人のところへ連れて行った。

9:14 イエスが練粉を作って彼の目を開かれた日は安息日であった。

9:15 パリサイ人もふたたび、どうして見えるようになったかをたずねた。彼はいった、「あの人が練粉をわたしの目にぬりました。洗ったところ、こんなに見えています」と。

9:16 パリサイ人のあるものがいった、「あれは神のところからの人でない、安息日を守らないから」と。しかしほかのものがいった、「罪ある人ならどうしてこんな徴をなしうるか」と。そこで彼らに分裂がおこった。

9:17 彼らはまた目しいにいった、「あなたは彼について何というか、あなたの目をあけた人を」と。「預言者です」といった。

9:18 さて、ユダヤ人は彼が目しいであったのに見えるようになったことを信ぜず、ついに、見えるようになった人の両親を呼んで、

9:19 たずねた、「これはあなた方の息子で、目しいに生れついたとあなた方がいう人か。それなら、どうして今見えるのか」と。

9:20 両親は答えた、「これがが私たちの息子で、目しいに生れついたことは知ってますが、

9:21 どうして今見えるのかは知りません。あれにたずねてください。あれはもう大人ですから自分のことは自分で話すでしょう」と。

9:22 両親がこういったのはユダヤ人をおそれたからである。前からユダヤ人は、イエスをキリストと告白するものは会堂から追放することに決めていたのである。

9:23 両親が「大人だからあれにたずねてください」といったのはこのためである。

9:24 そこで彼らは目しいであった人をふたたび呼んでいった、「神に栄光を帰して真実をいえ。あの人が罪びとのことはわれらにわかっているから」と。

9:25 彼は答えた、「罪びとかどうかは知りません。ただひとつのことを知っています。目しいであったわたしが今は見えることです」と。

9:26 そこで彼らはいった、「あの人はあなたに何をしたのか。どうして目をあけたか」と。

9:27 彼らに答えた、「もういいましたが、あなた方は聞きませんでした。なぜもう一度聞きたいのですか。あなた方もあの人の弟子になりたいのですか」と。

9:28 彼らはののしっていった、「そちらはあの人の弟子、われらはモ−セの弟子だ。

9:29 われらはモ−セに神が語られたことを知るが、あの人がどこの出かは知らない」と。

9:30 彼は答えた、「不思議なことです、どこの出かあなた方が知らない人がわたしの目をあけてくれたことは。

9:31 神は罪びとらを聞き入れられないが、神をおそれ、そのみ心を行う人は聞き入れられることをわれらは知っています。

9:32 世のはじめから生まれつきの目しいの目をあけた人のことは聞いたことがありません。

9:33 もしあの人が神からの出でなかったら、何もできなかったはずです」と。

9:34 彼らは答えた、「全く罪の中に生まれながら、このわれらを教えるのか」と。そして彼を追放した。

 

新改訳1970

9:13 彼らは、前に盲目であったその人を、パリサイ人たちのところに連れて行った。

9:14 ところで、イエスが泥を作って彼の目をあけられたのは、安息日であった。

9:15 こういうわけでもう一度、パリサイ人も彼に、どのようにして見えるようになったかを尋ねた。彼は言った。「あの方が私の目に泥を塗ってくださって、私が洗いました。私はいま見えるのです。」

9:16 すると、パリサイ人の中のある人々が、「その人は神から出たのではない。安息日を守らないからだ。」と言った。しかし、ほかの者は言った。「罪人である者に、どうしてこのようなしるしを行なうことができよう。」そして、彼らの間に、分裂が起こった。

9:17 そこで彼らはもう一度、盲人に言った。「あの人が目をあけてくれたことで、あの人を何だと思っているのか。」彼は言った。「あの方は預言者です。」

9:18 しかしユダヤ人たちは、目が見えるようになったこの人について、彼が盲目であったが見えるようになったということを信ぜず、ついにその両親を呼び出して、

9:19 尋ねて言った。「この人はあなたがたの息子で、生まれつき盲目だったとあなたがたが言っている人ですか。それでは、どうしていま見えるのですか。」

9:20 そこで両親は答えた。「私たちは、これが私たちの息子で、生まれつき盲目だったことを知っています。

9:21 しかし、どのようにしていま見えるのかは知りません。また、だれがあれの目をあけたのか知りません。あれに聞いてください。あれはもうおとなです。自分のことは自分で話すでしょう。

9:22 彼の両親がこう言ったのは、ユダヤ人たちを恐れたからであった。すでにユダヤ人たちは、イエスをキリストであると告白する者があれば、その者を会堂から追放すると決めていたからである。

9:23 そのために彼の両親は、「あれはもうおとなです。あれに聞いてください。」と言ったのである。

9:24 そこで彼らは、盲目であった人をもう一度呼び出して言った。「神に栄光を帰しなさい。私たちはあの人が罪人であることを知っているのだ。」

9:25 彼は答えた。「あの方が罪人かどうか、私は知りません。ただ一つのことだけ知っています。私は盲目であったのに、今は見えるということです。」

9:26 そこで彼らは言った。「あの人はおまえに何をしたのか。どのようにしてその目をあけたのか。」

9:27 彼は答えた。「もうお話ししたのですが、あなたがたは聞いてくれませんでした。なぜもう一度聞こうとするのです。あなたがたも、あの方の弟子になりたいのですか。」

9:28 彼らは彼をののしって言った。「おまえもあの者の弟子だ。しかし私たちはモーセの弟子だ。

9:29 私たちは、神がモーセにお話しになったことは知っている。しかし、あの者については、どこから来たのか知らないのだ。」

9:30 彼は答えて言った。「これは、驚きました。あなたがたは、あの方がどこから来られたのか、ご存じないと言う。しかし、あの方は私の目をおあけになったのです。

9:31 神は、罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、だれでも神を敬い、そのみこころを行なうなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。

9:32 盲目に生まれついた者の目をあけた者があるなどとは、昔から聞いたこともありません。

9:33 もしあの方が神から出ておられるのでなかったら、何もできないはずです。」

9:34 彼らは答えて言った。「おまえは全く罪の中に生まれていながら、私たちを教えるのか。」そして、彼を外に追い出した。

 

塚本訳1963

9:13 人々がもと盲のその男を、(最高法院の)パリサイ人たちの所につれてゆく。

9:14 イエスが泥をつくって目をあけられた日は安息日(で、モーセ律法違反)だったのである。

9:15 パリサイ人もふたたび、どうして見えるようになったかと尋ねた。彼がこたえた、「あの方が目に泥を塗ってくださったので、洗ったところ、こんなに見えるのです。」

9:16 するとパリサイ人の間に、「あれは神のところから来た人ではない、安息日を守らないから」と言う者と、「(いや、神からだ。)罪の人間に、どうしてこんな徴[奇跡]をすることが出来よう」と言う者があって、意見が分れた。

9:17 そこで、また盲人に言う、「君はいったいあの人を何と考える、君の目をあけたのだが。」「預言者です」と彼が言った。

9:18 ユダヤ人は、彼が盲であったのに、見えるようになったことをまだ信ぜず、ついに、見えるようになった男の両親を呼んで

9:19 尋ねた、「これは確かにあなた達の息子で、あなた達が言うように盲で生まれたのか。それなら、どうしていま見えるのか。」

9:20 両親が答えて言った、「これがわたし達の息子で、盲で生まれたことは知っているが、

9:21 どうして今見えるのか、わかりません。また、だれが目をあけたのかも、わたし達は知りません。あれに聞いてください。もう大人だから、自分のことは自分で話すでしょう。」

9:22 両親がこう言ったのは、ユダヤ人を恐れたのである。ユダヤ人は、イエスを公然救世主と認める者があれば、礼拝堂追放にすることを、すでに決議していたからである。

9:23 両親が、「もう大人だから、あれに聞いてください」と言ったのは、このためである。

9:24 そこでユダヤ人は、盲であった男をもう一度呼んで言った、「本当のことを言うように!あの人が罪人であることは、われわれにはよくわかっている(のだから。)」

9:25 彼が答えた、「罪人かどうか知りません。ただ、(もと)盲であったわたしが、いまは見えるという、この一つのことだけ知っています。」

9:26 そこでユダヤ人が言った、「あの人は君に何をしたのか。どんなにして君の目をあけたのか。」

9:27 彼らに答えた、「もう言いました。それを聞かずにおいて、何をもう一度聞こうとされるのです。あなた達もあの方の弟子になりたいのですか。」

9:28 すると彼を罵って言った、「君はあれの弟子、われわれはモーセの弟子だ。

9:29 神がモーセと話をされたことは知っているが、あれはどこの馬の骨だか知らない。」

9:30 その男が答えて言った、「どこの馬の骨だか知らないとは、こいつは不思議だ。(現に)このわたしの目をあけてくださったのに!

9:31 神は罪人の言うことはお聞きにならないが、信心深くて御心を行う者の言うことなら、(なんでも)聞いてくださることをわたし達は(皆)知っているではないですか。

9:32 開闢以来、(ただの)人間で、盲で生まれた者の目をあけたなどと、聞いたことがない。

9:33 もしあの方が神のところから来たのでなかったら、なんにも出来なかったはずです。」

9:34 彼らも負けずに言った、「罪だらけで生まれたお前が、このわれわれを教えるのか。」そして彼を(礼拝堂)追放にした。

 

口語訳1955

9:13 人々は、もと盲人であったこの人を、パリサイ人たちのところにつれて行った。

9:14 イエスがどろをつくって彼の目をあけたのは、安息日であった。

9:15 パリサイ人たちもまた、「どうして見えるようになったのか」、と彼に尋ねた。彼は答えた、「あのかたがわたしの目にどろを塗り、わたしがそれを洗い、そして見えるようになりました」。

9:16 そこで、あるパリサイ人たちが言った、「その人は神からきた人ではない。安息日を守っていないのだから」。しかし、ほかの人々は言った、「罪のある人が、どうしてそのようなしるしを行うことができようか」。そして彼らの間に分争が生じた。

9:17 そこで彼らは、もう一度この盲人に聞いた、「おまえの目をあけてくれたその人を、どう思うか」。「預言者だと思います」と彼は言った。

9:18 ユダヤ人たちは、彼がもと盲人であったが見えるようになったことを、まだ信じなかった。ついに彼らは、目が見えるようになったこの人の両親を呼んで、

9:19 尋ねて言った、「これが、生れつき盲人であったと、おまえたちの言っているむすこか。それではどうして、いま目が見えるのか」。

9:20 両親は答えて言った、「これがわたしどものむすこであること、また生れつき盲人であったことは存じています。

9:21 しかし、どうしていま見えるようになったのか、それは知りません。また、だれがその目をあけて下さったのかも知りません。あれに聞いて下さい。あれはもうおとなですから、自分のことは自分で話せるでしょう」。

9:22 両親はユダヤ人たちを恐れていたので、こう答えたのである。それは、もしイエスをキリストと告白する者があれば、会堂から追い出すことに、ユダヤ人たちが既に決めていたからである。

9:23 彼の両親が「おとなですから、あれに聞いて下さい」と言ったのは、そのためであった。

9:24 そこで彼らは、盲人であった人をもう一度呼んで言った、「神に栄光を帰するがよい。あの人が罪人であることは、わたしたちにはわかっている」。

9:25 すると彼は言った、「あのかたが罪人であるかどうか、わたしは知りません。ただ一つのことだけ知っています。わたしは盲人であったが、今は見えるということです」。

9:26 そこで彼らは言った、「その人はおまえに何をしたのか。どんなにしておまえの目をあけたのか」。

9:27 彼は答えた、「そのことはもう話してあげたのに、聞いてくれませんでした。なぜまた聞こうとするのですか。あなたがたも、あの人の弟子になりたいのですか」。

9:28 そこで彼らは彼をののしって言った、「おまえはあれの弟子だが、わたしたちはモーセの弟子だ。

9:29 モーセに神が語られたということは知っている。だが、あの人がどこからきた者か、わたしたちは知らぬ」。

9:30 そこで彼が答えて言った、「わたしの目をあけて下さったのに、そのかたがどこからきたか、ご存じないとは、不思議千万です。

9:31 わたしたちはこのことを知っています。神は罪人の言うことはお聞きいれになりませんが、神を敬い、そのみこころを行う人の言うことは、聞きいれて下さいます。

9:32 生れつき盲人であった者の目をあけた人があるということは、世界が始まって以来、聞いたことがありません。

9:33 もしあのかたが神からきた人でなかったら、何一つできなかったはずです」。

9:34 これを聞いて彼らは言った、「おまえは全く罪の中に生れていながら、わたしたちを教えようとするのか」。そして彼を外へ追い出した。

 

文語訳1917

"430913","人々さきに盲目なりし者をパリサイ人らの許に連れきたる。"

"430914","イエスの泥をつくりて其の人の目をあけし日は安息日なりき。"

"430915","パリサイ人らも亦いかにして物見ることを得しかと問ひたれば、彼いふ『かの人わが目に泥をぬり、我これを洗ひて見ゆることを得たり』"

"430916","パリサイ人の中なる或人は『かの人、安息日を守らぬ故に、神より出でし者にあらず』と言ひ、或人は『罪ある人いかで斯かる徴をなし得んや』と言ひて互に相爭ひたり。"

"430917","ここにまた盲目なりし人に言ふ『なんぢの目をあけしに因り、汝は彼に就きて如何にいふか』彼いふ『預言者なり』"

"430918","ユダヤ人ら、彼が盲人なりしに見ゆるやうになりしことを、未だ信ぜずして、目の開きたる人の兩親を呼び、"

"430919","問ひて言ふ『これは盲目にて生れしと言ふ汝らの子なりや、さらば今いかにして見ゆるか』"

"430920","兩親こたへて言ふ『かれの我が子なることと、盲目にて生れたる事とを知る。"

"430921","されど今いかにして見ゆるかを知らず、又その目をあけしは誰なるか、我らは知らず、彼に問へ、年長けたれば自ら己がことを語らん』"

"430922","兩親のかく言ひしはユダヤ人を懼れたるなり。ユダヤ人ら相議りて『若しイエスをキリストと言ひ顯す者あらば、除名すべし』と定めたるに因る。"

"430923","兩親の『かれ年長けたれば彼に問へ』と云へるは此の故なり。"

"430924","かれら盲目なりし人を再び呼びて言ふ『神に榮光を歸せよ、我等はかの人の罪人たるを知る』"

"430925","答ふ『かれ罪人なるか、我は知らず、スだ一つの事をしる、即ち我さきに盲目たりしが、今見ゆることを得たる是なり』"

"430926","彼ら言ふ『かれは汝に何をなししか、如何にして目をあけしか』"

"430927","答ふ『われ既に汝らに告げたれど聽かざりき。何ぞまた聽かんとするか、汝らもその弟子とならんことを望むか』"

"430928","かれら罵りて言ふ『なんぢは其の弟子なり、我等モーセの弟子なり。"

"430929","モーセに神の語り給ひしことを知れど、此の人の何處よりかを知らず』"

"430930","答へて言ふ『その何處よりかを知らずとは怪しき事なり、彼わが目をあけしに。"

"430931","神は罪人に聽き給はねど、敬虔にして御意をおこなふ人に聽き給ふことを我らは知る。"

"430932","世の太初より、盲目にて生れし者の目をあけし人あるを聞きし事なし。"

"430933","かの人もし神より出でずば、何事をも爲し得ざらん』"

"430934","かれら答へて『なんぢ全く罪のうちに生れながら、我らを教ふるか』と言ひて、遂に彼を追ひ出せり。"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

 

・・・・

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 ヨハ 6:46

6:46 父を見た者は一人もいない。神のもとから来た者だけが父を見たのである。

 

新共同 ヨハ 2:18

2:18 ユダヤ人たちはイエスに、「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」と言った。

 

新共同 ヨハ 7:43

7:43 こうして、イエスのことで群衆の間に対立が生じた。

 

新共同 ヨハ 1:21

1:21 彼らがまた、「では何ですか。あなたはエリヤですか」と尋ねると、ヨハネは、「違う」と言った。更に、「あなたは、あの預言者なのですか」と尋ねると、「そうではない」と答えた。

 

新共同 ヨハ 9:22

9:22 両親がこう言ったのは、ユダヤ人たちを恐れていたからである。ユダヤ人たちは既に、イエスをメシアであると公に言い表す者がいれば、会堂から追放すると決めていたのである。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 10:9

10:9 すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

 

口語訳 Uコリ5:21

5:21 神はわたしたちの罪のために、罪を知らないかたを罪とされた。それは、わたしたちが、彼にあって神の義となるためなのである。

 

口語訳 Uコリ5:17

5:17 だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。

 

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 ロマ 10:9

10:9 口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。

 

新共同 使  12:23

12:23 するとたちまち、主の天使がヘロデを撃ち倒した。神に栄光を帰さなかったからである。ヘロデは、蛆に食い荒らされて息絶えた。

 

新共同 黙  11:13

11:13 そのとき、大地震が起こり、都の十分の一が倒れ、この地震のために七千人が死に、残った人々は恐れを抱いて天の神の栄光をたたえた。

 

新共同 ヤコ 5:16-18

5:16 だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。

5:17 エリヤは、わたしたちと同じような人間でしたが、雨が降らないようにと熱心に祈ったところ、三年半にわたって地上に雨が降りませんでした。

5:18 しかし、再び祈ったところ、天から雨が降り、地は実をみのらせました。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

  

 

****************************************

ヨハネ9:35−41

盲と目開き

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

430935イエスは〔人々が〕彼を外へ追い出したことを聞くと、彼を見つけだして言った、「あなたは人の子を信じるか」。

430936彼は答えて言った、「〔その方はいったい〕誰でしょう、主よ、その方を信じることができますように」。

430937イエスは彼に言った、「あなたは〔以前から〕見ている。あなたと〔今〕語っている人がそれだ」。

430938彼は声を挙げた、「信じます、主よ」。そして、彼を礼拝した。

430939イエスは言った、「審きのために私はこの世に来た。視えない人が視えるようになるため、視える人が盲人となるために」。

430940ファリサイ派の中で、彼と共に居合わせた人々がこれを聞いて彼に言った、「まさかこのわれわれも盲だとおっしゃるの〕ではないでしょうね」。

430941イエスは彼らに言った、「仮りにあなたがたが盲人であったとすれば、あなたがたに罪はなかったことであろう。しかし今、自分たちは視えると言っており、あなたがたの罪はそのまま留まっている。

 

新共同訳1987

9:35 イエスは彼が外に追い出されたことをお聞きになった。そして彼に出会うと、「あなたは人の子を信じるか」と言われた。

9:36 彼は答えて言った。「主よ、その方はどんな人ですか。その方を信じたいのですが。」

9:37 イエスは言われた。「あなたは、もうその人を見ている。あなたと話しているのが、その人だ。」

9:38 彼が、「主よ、信じます」と言って、ひざまずくと、

9:39 イエスは言われた。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。」

9:40 イエスと一緒に居合わせたファリサイ派の人々は、これらのことを聞いて、「我々も見えないということか」と言った。

9:41 イエスは言われた。「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし、今、『見える』とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る。」

 

前田訳1978

9:35 イエスは彼が追放されたと聞き、彼に出会ったときいわれた、「あなたは人の子を信ずるか」と。

9:36 彼は答えた、「それはだれですか、主よ、わたしはその人を信じたいのです」と。

9:37 イエスいわれた、「あなたは彼を見た。あなたと話している人がそれだ」と。

9:38 彼はいった、「わたしは信じます、主よ」と。そして彼にひれ伏した。

9:39 イエスはいわれた、「わたしは裁きのためにこの世に来た。見えるものが見え、見えぬものが目しいになるために」と。

9:40 彼とともにいたパリサイ人のあるものがこれを聞いて、彼にいった、「われらも目しいですか」と。

9:41 イエスは彼らにいわれた、「目しいであったならあなた方に罪はなかったろう。しかし今も『われらは見える』というから、あなた方の罪は消えない」と。

 

新改訳1970

9:35 イエスは、彼らが彼を追放したことを聞き、彼を見つけ出して言われた。「あなたは人の子を信じますか。」

9:36 その人は答えた。「主よ。その方はどなたでしょうか。私がその方を信じることができますように。」

9:37 イエスは彼に言われた。「あなたはその方を見たのです。あなたと話しているのがそれです。」

9:38 彼は言った。「主よ。私は信じます。」そして彼はイエスを拝した。

9:39 そこで、イエスは言われた。「わたしはさばきのためにこの世に来ました。それは、目の見えない者が見えるようになり、見える者が盲目となるためです。」

9:40 パリサイ人の中でイエスとともにいた人々が、このことを聞いて、イエスに言った。「私たちも盲目なのですか。」

9:41 イエスは彼らに言われた。「もしあなたがたが盲目であったなら、あなたがたに罪はなかったでしょう。しかし、あなたがたは今、『私たちは目が見える。』と言っています。あなたがたの罪は残るのです。」

 

塚本訳1963

9:35 イエスは彼が追放されたと聞いて、出合ったときに言われた、「あなたは人の子を信ずるか。」

9:36 彼が答えた、「主よ、人の子とはだれのことですか。(教えてください。)信じたいのです。」

9:37 イエスが言われた、「あなたはもうその人に会った。いや、あなたと話しているのが、その人だ。」

9:38 すると「主よ、信じます」と言って、イエスをおがんだ。

9:39 イエスは言われた、「わたしは裁きのためにこの世に来たのだ。・・盲が目明きに、目明きが盲になるために!」

9:40 イエスと一しょにいたパリサイ人たちがこれを聞いて、彼に言った、「まさか、このわれわれも盲だというのではあるまい。」

9:41 イエスが言われた、「盲だったら、罪はなかった。たが今、『見える』と言うから、あなた達の罪はいつまでもなくならない。(光に来ようとしないのだから。)

 

口語訳1955

9:35 イエスは、その人が外へ追い出されたことを聞かれた。そして彼に会って言われた、「あなたは人の子を信じるか」。

9:36 彼は答えて言った、「主よ、それはどなたですか。そのかたを信じたいのですが」。

9:37 イエスは彼に言われた、「あなたは、もうその人に会っている。今あなたと話しているのが、その人である」。

9:38 すると彼は、「主よ、信じます」と言って、イエスを拝した。

9:39 そこでイエスは言われた、「わたしがこの世にきたのは、さばくためである。すなわち、見えない人たちが見えるようになり、見える人たちが見えないようになるためである」。

9:40 そこにイエスと一緒にいたあるパリサイ人たちが、それを聞いてイエスに言った、「それでは、わたしたちも盲人なのでしょうか」。

9:41 イエスは彼らに言われた、「もしあなたがたが盲人であったなら、罪はなかったであろう。しかし、今あなたがたが『見える』と言い張るところに、あなたがたの罪がある。

 

文語訳1917

"430935","イエスその追ひ出されしことを聞き、彼に逢ひて言ひ給ふ『なんぢ人の子を信ずるか』"

"430936","答へて言ふ『主よ、それは誰なる乎、われ信ぜまほし』"

"430937","イエス言ひ給ふ『なんぢ彼を見たり、汝と語る者は夫なり』"

"430938","ここに、彼『主よ、我は信ず』といひて拜せり。"

"430939","イエス言ひ給ふ『われ審判の爲にこの世に來れり。見えぬ人は見え、見ゆる人は盲目とならん爲なり』"

"430940","パリサイ人の中イエスと共に居りし者、これを聞きて言ふ『我らも盲目なるか』"

"430941","イエス言ひ給ふ『もし盲目なりしならば、罪なかりしならん、されど見ゆと言ふ汝らの罪は遺れり』"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

 

・・・・

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 ヨハ 1:51

1:51 更に言われた。「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる。」

 

新共同 ヨハ 4:26

4:26 イエスは言われた。「それは、あなたと話をしているこのわたしである。」

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 Uコリ4:4-6

4:4 彼らの場合、この世の神が不信の者たちの思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光の福音の輝きを、見えなくしているのである。

4:5 しかし、わたしたちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝える。わたしたち自身は、ただイエスのために働くあなたがたの僕にすぎない。

4:6 「やみの中から光が照りいでよ」と仰せになった神は、キリストの顔に輝く神の栄光の知識を明らかにするために、わたしたちの心を照して下さったのである。

 

口語訳 Tコリ3:18

3:18 だれも自分を欺いてはならない。もしあなたがたのうちに、自分がこの世の知者だと思う人がいるなら、その人は知者になるために愚かになるがよい。

 

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 ロマ 10:4

10:4 キリストは律法の目標であります、信じる者すべてに義をもたらすために。

 

新共同 ロマ 2:19-20

2:19 -20また、律法の中に、知識と真理が具体的に示されていると考え、盲人の案内者、闇の中にいる者の光、無知な者の導き手、未熟な者の教師であると自負しています。

2:21 それならば、あなたは他人には教えながら、自分には教えないのですか。「盗むな」と説きながら、盗むのですか。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************