****************************************

ヨブ記 18:1−21  

ビルダドの弁論

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
ヨブ記18

フランシスコ訳聖書 Job <18>章 聖書本文

◆ビルダドの弁論(二)

001そこでシュア人ビルダドは答え て言った、

◆ヨブへの非難

002「いつ、あなたは話にけりをつ けるのか。

よく考えよ、その後でわたしたちは語り合おう。

003なぜ、わたしたちは獣のように みなされるのか。

なぜ、あなたの目には馬鹿げて見えるのか。

004怒って、自分自身を引き裂く者 よ。

あなたのために大地が見捨てられ、

岩がその場から移されるだろうか」。

◆悪人の最期

005「そうだ、悪人の光は消え、

その火の炎はもはや輝くことはない。

006その天幕の中では光は暗くな り、

彼を照らすともしびも消えてしまう。

007彼の力強い歩みは弱まり、

その謀は彼をつまずかせる。

008その足は網に掛かり、

落とし穴の上を歩む。

009罠は彼のかかとを捕まえ、

仕掛け網が彼をしっかりと捕らえる。

010地には輪縄が隠され、

その通り道には罠が隠されている。

011恐怖が四方から彼を脅かし、

その足跡を追いかける。

012飢えが彼の友となり、

災いがその傍らに立っている。

013病がその皮膚を食い尽くし、

死の初子がその肢体を食い尽くすだろう。

014彼はその寄り頼む天幕から追い 出され、

恐怖の王のもとに連れていかれる。

015火が天幕に点じられ、

硫黄がその住まいの上にまき散らされる。

016地下ではその根が枯れ、

地上ではその枝がしおれる。

017彼の思い出はその国から消え失 せ、

彼の名はその地方から消える。

018彼は光から闇に追いやられ、

この世から追い出される。

019彼にはその民の中に子もなく、 孫もなく、

その住まいには生き残る者は一人もいない。

020西の人々は彼の運命に驚き、

東の人々は恐怖に襲われる。

021まさに悪い者の住まいは、この ようになり、

神を知らない者のいた所は、このようになる」。


 

新共同訳1987

18:1 シュア人ビルダドは答えた。

18:2 いつまで言葉の罠の掛け合いをしているのか。まず理解せよ、それから話し合おうではないか。

18:3 なぜ、わたしたちを獣のように見なすのか。その目に愚か者とするのか。

18:4 怒りによって自らを引き裂く者よ/あなたのために地が見捨てられ/岩がその場所から移されるだろうか。

18:5 神に逆らう者の灯はやがて消え/その火の炎はもはや輝かず

18:6 その天幕の灯は暗黒となり/彼を照らす光は消える。

18:7 彼の力強い歩みも弱まり/自分自身の策略に倒れる。

18:8 足は網に捕えられ/落とし穴に踏み込む。

18:9 かかとは罠にかかり/仕掛けられた網に捕まる。

18:10 綱が地に隠されて張り巡らされ/行く道に仕掛けが待ち伏せている。

18:11 破滅が四方から彼を脅かし/彼の足を追い立てる。

18:12 その子は飢え/妻は災いに遭う。

18:13 死の初子が彼の肢体をむしばみ/その手足をむしばむ。

18:14 彼はよりどころとする天幕から引き出され/破滅の王に向かって一歩一歩引き寄せられる。

18:15 彼の天幕には他人が住み/その住みかには硫黄がまかれる。

18:16 下ではその根が枯れ/上では枝がしおれる。

18:17 彼の思い出は地上から失われ/その名はもう地の面にはない。

18:18 彼は光から暗黒へと追いやられ/この世から追放される。

18:19 子孫はその民の内に残らず/住んだ所には何ひとつ残らない。

18:20 未来の人々は彼の運命に慄然とし/過去になった人々すら/身の毛のよだつ思いをする。

18:21 ああ、これが不正を行った者の住まい/これが神を知らぬ者のいた所か、と。

 

新改訳1970

18:1 そこでシュアハ人ビルダデが答えて言った。

18:2 いつ、あなたがたはその話にけりをつけるのか。まず悟れ。それから私たちは語り合おう。

18:3 なぜ、私たちは獣のようにみなされるのか。なぜ、あなたがたの目には汚れて見えるのか。

18:4 怒って自分自身を引き裂く者よ。あなたのために地が見捨てられようか。岩がその所から移されようか。

18:5 悪者どもの光は消え、その火の炎も輝かない。

18:6 彼の天幕のうちでは、光は暗くなり、彼を照らすともしびも消える。

18:7 彼の力強い歩みはせばめられ、おのれのはかりごとが彼を投げ倒す。

18:8 彼は自分の足で網にかかる。落とし穴の上を歩むからだ。

18:9 わなは彼のかかとを捕え、しかけ網は彼をつかまえる。

18:10 地には彼のための輪繩が、その通り道には彼のためのわなが隠されている。

18:11 恐怖が回りから彼を脅かし、彼の足を追い立てる。

18:12 彼の精力は飢え、わざわいが彼をつまずかせようとしている。

18:13 彼の皮膚を食らおうとしている。死の初子が彼のからだを食らおうとしている。

18:14 彼はその拠り頼む天幕から引き抜かれ、恐怖の王のもとへ追いやられる。

18:15 彼の天幕には、彼のものではない者が住み、硫黄が彼の住まいの上にまき散らされる。

18:16 下ではその根が枯れ、上ではその枝がしなびる。

18:17 彼についての記憶は地から消えうせ、彼の名はちまたから消える。

18:18 彼は光からやみに追いやられ、世から追い出される。

18:19 彼には自分の民の中に親類縁者がなくなり、その住みかにはひとりの生存者もなくなる。

18:20 西に住む者は彼の日について驚き、東に住む者は恐怖に取りつかれる。

18:21 不正をする者の住みかは、まことに、このようであり、これが神を知らない者の住まいである。

 

口語訳1955

18:1 そこでシュヒびとビルダデは答えて言った、

18:2 「あなたはいつまで言葉にわなを設けるのか。あなたはまず悟るがよい、/それからわれわれは論じよう。

18:3 なぜ、われわれは獣のように思われるのか。なぜ、あなたの目に愚かな者と見えるのか。

18:4 怒っておのが身を裂く者よ、/あなたのために地は捨てられるだろうか。岩はその所から移されるだろうか。

18:5 悪しき者の光は消え、/その火の炎は光を放たず、

18:6 その天幕のうちの光は暗く、/彼の上のともしびは消える。

18:7 その力ある歩みはせばめられ、/その計りごとは彼を倒す。

18:8 彼は自分の足で網にかかり、/また落し穴の上を歩む。

18:9 わなは彼のかかとを捕え、/網わなは彼を捕える。

18:10 輪なわは彼を捕えるために地に隠され、/張り網は彼を捕えるために道に設けられる。

18:11 恐ろしい事が四方にあって彼を恐れさせ、/その歩みにしたがって彼を追う。

18:12 その力は飢え、/災は彼をつまずかすために備わっている。

18:13 その皮膚は病によって食いつくされ、/死のういごは彼の手足を食いつくす。

18:14 彼はその頼む所の天幕から引き離されて、/恐れの王のもとに追いやられる。

18:15 彼に属さない者が彼の天幕に住み、/硫黄が彼のすまいの上にまき散らされる。

18:16 下ではその根が枯れ、/上ではその枝が切られる。

18:17 彼の形見は地から滅び、/彼の名はちまたに消える。

18:18 彼は光からやみに追いやられ、/世の中から追い出される。

18:19 彼はその民の中に子もなく、孫もなく、/彼のすみかには、ひとりも生き残る者はない。

18:20 西の者は彼の日について驚き、/東の者はおじ恐れる。

18:21 まことに、悪しき者のすまいはこのようであり、/神を知らない者の所はこのようである」。

 


文 語訳1917
18:1 シユヒ人ビルダデこたへて曰く
18:2 汝等いつまで言語を獵求むることをするや 汝ら先曉るべし 然る後われら辨論はん
18:3 われら何ぞ獸畜とおもはるべけんや 何ぞ汝らの目に汚穢たる者と見らるべけんや
18:4 なんぢ怒りて身を裂く者よ 汝のためとて地あに棄られんや 磐あに其處より移されんや
18:5 惡き者の光明は滅され 其火の焔は照じ
18:6 その天幕の内なる光明は暗くなり其が上の燈火は滅さるべし
18:7 またその強き歩履は狹まり 其計るところは自分を陷いる
18:8 すなはち其足に逐れて網に到り また陷?の上を歩むに
18:9 索はその踵に纒り 羂これを執ふ
18:10 索かれを執ふるために地に隱しあり 羂かれを陷しいるるために路に設けあり
18:11 怖ろしき事四方において彼を懼れしめ 其足にしたがひて彼をおふ
18:12 その力は餓ゑ 其傍には災禍そなはり
18:13 その膚の肢は蝕壞らる 即ち死の初子これが肢を蝕壞るなり
18:14 やがて彼はその恃める天幕より曳離されて懼怖の王の許に驅やられん
18:15 彼に屬せざる者かれの天幕に住み 硫礦かれの家の上に降ん
18:16 下にてはその根枯れ 上にてはその枝?る
18:17 彼の跡は地に絶え 彼の名は街衢に傳はらじ
18:18 彼は光明の中よりK暗に逐やられ 世の中より驅出されん
18:19 彼はその民の中に子も無く孫も有じ また彼の住所には一人も遺る者なからん
18:20 之が日を見るにおいて後に來る者は駭ろき 先に出し者は怖おそれん
18:21 かならず惡き人の住所は是のごとく 神を知ざる者の所は是のごとくなるべし


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 Tテサ4:5

4:5 神を知らない異邦人の ように情欲をほしいままにせず、

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 ヨハ 8:12

8:12 イエスは、また人々に 語ってこう言われた、「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつであろう」。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ガラ 4:8

4:8 ところで、あなたがたはかつて、神を知らずに、もともと神でない神々に奴隷として仕えていました。

 

新共同 Tテサ4:5

4:5 神を知らない異邦人のように情欲におぼれてはならないのです。

 

新共同 Uテサ1:8

1:8 主イエスは、燃え盛る火の中を来られます。そして神を認めない者や、わたしたちの主イエスの福音に聞き従わない者に、罰をお与えになります。

 

新共同 テト 1:16

1:16 こういう者たちは、神を知っていると公言しながら、行いではそれを否定しているのです。嫌悪すべき人間で、反抗的で、一切の善い業については失格者です。

 

****************************************