****************************************

ヨブ記 20:1−29  

ツォファルの弁論(二)

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
ヨブ記20

フランシスコ訳聖書 Job <20>章 聖書本文

◆ツォファルの弁論(二)

001そこでナアマ人ツォファルが答 えて言った、

◆悟りの答え

002「苛立つ思いが、あなたに答え るように

わたしを促している。

そのため、わたしの心は焦っている。

003わたしを辱める警告を聞くから である。

そして、わたしの悟りの霊が、わたしに答えさせる」。

◆悪人の滅び

004「あなたは、このことを知らな いのか。

昔から人が地上に置かれて以来、

005悪人の喜びは短く、

神を敬わない者の楽しみは束の間にすぎないことを。

006たとえ、その高ぶりが天まで昇 り、

彼の頭が雲まで届いても、

007彼は自分の汚物のように永遠に 滅び、

彼を見たことのある者は

『彼はどこにいるか』と言うだろう。

008彼は夢のように飛び去り、

もはや見つからないだろう。

そうだ、彼は夜の幻のように消え去るだろう。

009彼を見た目は、再び彼を見るこ とがなく、

その住まいにも、もはや彼の姿は見あたらない。

010その息子たちは貧しい者たちに 償いをし、

その子供たちはその財産を返済しなければならない。

011その骨は若い力に満ちていた が、

やがて彼とともに塵に伏すであろう。

012たとえ、悪は彼の口に甘く、

それを舌の裏に隠し、

013惜しんで捨てず、

口の中に留めおいても、

014彼の食べた物はその腹の中で変 わり、

体内でコブラの毒となる。

015呑み込んだ富を、彼はまた吐き 出す。

神がそれを彼の腹から外に出されるからである。

016彼はコブラの毒を吸い、

蝮の舌が彼を殺す。

017彼は油の川を見ることがなく、

蜜と凝乳の流れを見ることがない。

018彼はほねおって得たものを呑み 下すことなく返し、

商売で得た富も楽しむことができない。

019彼が貧しい者たちを虐げ、これ を見捨ててしまい、

自分で建てたのではない家を奪ったからである。

020彼の腹は満足することを知ら ず、

その富も彼を救うことができない。

021彼の貪食は何者も逃さない。

それ故、その繁栄は長続きしない。

022満ち足りた中にあっても、彼は 困窮に陥り、

あらゆる不幸の圧力が彼を襲う。

023彼が腹を満たそうとすると、

神はその燃える怒りを彼の上に送り、

その憤りを彼の上に降らす。

024たとえ、鉄の武器を逃れても、

青銅の矢が彼を射通す。

025彼がそれをその背中から引き抜 くと、

煌めく矢尻がその胆から出てくる。

恐怖が彼を襲い、

026あらゆる暗黒が彼のために蓄え られる。

煽られもしない火が彼を焼き尽くし、

その天幕に生き残った者をも滅ぼすであろう。

027天は彼の罪を暴き、

大地は立ち上がって彼に逆らう。

028怒りの日に洪水が彼の家を押し 流し、

激流はそれを押し流す。

029これは、悪人が神から受ける運 命であり、

神によって定められた遺産である」。


 

新共同訳1987

20:1 ナアマ人ツォファルは答えた。

20:2 さまざまな思いがわたしを興奮させるので/わたしは反論せざるをえない。

20:3 あなたの説はわたしに対する非難と聞こえる。明らかにすることを望んで、答えよう。

20:4 あなたも知っているだろうが/昔、人が地上に置かれたときから

20:5 神に逆らう者の喜びは、はかなく/神を無視する者の楽しみは、つかの間にすぎない。

20:6 たとえ彼が天に達するほど/頭が雲に達するほど上って行っても

20:7 自分の汚物と同様、永久に失われ/探す者は、「どこへ行ってしまったのか」と言わなければならなくなる。

20:8 夢のように飛び去り/夜の幻のように消えうせ/だれも見いだすことはないだろう。

20:9 彼を見ていた目はもう彼を見ることなく/彼のいた所も二度と彼を見ない。

20:10 その子らは貧しい人々に償いをし/子孫は奪った富を返済しなければならない。

20:11 若さがその骨に溢れていたが/それも彼と共に塵の上に伏すことになろう。

20:12 悪が口に甘いからと/舌で抑えて隠しておき

20:13 惜しんで吐き出さず/口の中に含んでいれば

20:14 そのパンは胃の中に入って/コブラの毒と変わる。

20:15 呑み込んだ富は吐き出さなければならない。神は彼の腹からそれを取り上げられる。

20:16 彼の飲んだのはコブラの毒。蝮の舌が彼を殺す。

20:17 彼は蜂蜜と乳脂の流れる川の/その流れを見ることはない。

20:18 労して獲たものをも呑み込まずに返し/商いで富を得ても楽しむことはない。

20:19 なぜなら、貧しい人々を虐げ見捨て/自ら建てもしない家を奪い取ったから。

20:20 その腹は満足することを知らず/欲望から逃れられず

20:21 食い尽くして、何も残さない。それゆえ、彼の繁栄は長くは続かず

20:22 豊かさの極みにあって欠乏に陥り/すべて労苦する手が彼を襲う。

20:23 腹を満たそうとすれば/神は燃える怒りを注ぎ/それをパンとして彼に浴びせかける。

20:24 鉄の武器から逃れても/青銅の弓が彼を射抜き

20:25 矢は彼を貫いて背中に出る。それは胆汁にぬれて光り/神の威力が彼を圧倒する。

20:26 暗黒が彼の宝を待ち構え/吹き起こされたのでもない火が彼をなめ尽くし/天幕に残っているものをも滅ぼし尽くす。

20:27 天は彼の罪を暴き/地は彼に対して立ち上がる。

20:28 神の怒りの日に、洪水が起こり/大水は彼の家をぬぐい去る。

20:29 神に逆らう者が神から受ける分/神の命令による嗣業はこれだ。

 

新改訳1970

20:1 そこでナアマ人ツォファルは答えて言った。

20:2 それで、いらだつ思いが私に答えを促し、そのため、私は心あせる。

20:3 私の侮辱となる訓戒を聞いて、私の悟りの霊が私に答えさせる。

20:4 あなたはこのことを知っているはずだ。昔から、地の上に人が置かれてから、

20:5 悪者の喜びは短く、神を敬わない者の楽しみはつかのまだ。

20:6 たとい彼の高ぶりが天まで上り、その頭が雲まで及んでも、

20:7 彼は自分の糞のようにとこしえに滅びる。彼を見たことのある者たちは言う。彼はどこにいるのかと。

20:8 彼は夢のように飛び去り、だれにも彼は見つけられない。彼は夜の幻のように追い払われ、

20:9 彼を見慣れていた目は再び彼を見ず、彼のいた所はもはや彼を認めない。

20:10 彼の子らは貧民たちにあわれみを請い、彼の手は自分の財産を取り戻さなければならない。

20:11 彼の骨が若さに満ちても、それも彼とともにちりに横たわる。

20:12 たとい悪が彼の口に甘く、彼がそれを舌の裏に隠しても、

20:13 あるいは、彼がこれを惜しんで、捨てず、その口の中にとどめていても、

20:14 彼の食べた物は、彼の腹の中で変わり、彼の中でコブラの毒となる。

20:15 彼は富をのみこんでも、またこれを吐き出す。神がこれを彼の腹から追い払われる。

20:16 彼はコブラの毒を吸い、まむしの舌が彼を殺す。

20:17 彼は川を見ることがない。すなわち、蜜と凝乳の流れる川を見ることがない。

20:18 彼は骨折って得たものを取り戻しても、それをのみこめない。商いで得た富によっても楽しめない。

20:19 彼が寄るべのない者を踏みにじって見捨て、自分で建てなかった家をかすめたからだ。

20:20 彼の腹は足ることを知らないので、欲しがっている物は何一つ、彼はのがさない。

20:21 彼のむさぼりからのがれる物は一つもない。だから、彼の繁栄は続かない。

20:22 満ち足りているときに、彼は貧乏になって苦しみ、苦しむ者の手がことごとく彼に押し寄せる。

20:23 彼が腹を満たそうとすると、神はその燃える怒りを彼の上に送り、憤りを彼の上に降らす。

20:24 彼は鉄の武器を免れても、青銅の弓が彼を射通す。

20:25 彼がそれを引き抜くと、それは彼の背中から出る。きらめく矢じりが腹から出て、恐れが彼を襲う。

20:26 すべてのやみが彼の宝として隠され、人が吹きおこしたのではない火が彼を焼き尽くし、彼の天幕に生き残っているものをもそこなってしまう。

20:27 天は彼の罪をあらわし、地は彼に逆らって立つ。

20:28 彼の家の作物はさらわれ、御怒りの日に消えうせる。

20:29 これが悪者の、神からの分け前、神によって定められた彼の相続財産である。

 

口語訳1955

20:1 そこでナアマびとゾパルは答えて言った、

20:2 「これによって、わたしは答えようとの思いを起し、/これがために心中しきりに騒ぎ立つ。

20:3 わたしはわたしをはずかしめる非難を聞く、/しかし、わたしの悟りの霊がわたしに答えさせる。

20:4 あなたはこの事を知らないのか、/昔から地の上に人の置かれてよりこのかた、

20:5 悪しき人の勝ち誇はしばらくであって、/神を信じない者の楽しみは/ただつかのまであることを。

20:6 たといその高さが天に達し、/その頭が雲におよんでも、

20:7 彼はおのれの糞のように、とこしえに滅び、/彼を見た者は言うであろう、『彼はどこにおるか』と。

20:8 彼は夢のように飛び去って、再び見ることはない。彼は夜の幻のように追い払われるであろう。

20:9 彼を見た目はかさねて彼を見ることがなく、/彼のいた所も再び彼を見ることがなかろう。

20:10 その子らは貧しい者に恵みを求め、/その手は彼の貨財を償うであろう。

20:11 その骨には若い力が満ちている、/しかしそれは彼と共にちりに伏すであろう。

20:12 たとい悪は彼の口に甘く、/これを舌の裏にかくし、

20:13 これを惜しんで捨てることなく、/口の中に含んでいても、

20:14 その食物は彼の腹の中で変り、/彼の内で毒蛇の毒となる。

20:15 彼は貨財をのんでも、またそれを吐き出す、/神がそれを彼の腹から押し出されるからだ。

20:16 彼は毒蛇の毒を吸い、/まむしの舌は彼を殺すであろう。

20:17 彼は蜜と凝乳の流れる川々を見ることができない。

20:18 彼はほねおって獲たものを返して、/それを食うことができない。その商いによって得た利益をもって/楽しむことができない。

20:19 彼が貧しい者をしえたげ、これを捨てたからだ。彼は家を奪い取っても、/それを建てることができない。

20:20 彼の欲張りは足ることを知らぬゆえ、/その楽しむ何物をも救うことができないであろう。

20:21 彼が残して食べなかった物とては一つもない。それゆえ、その繁栄はながく続かないであろう。

20:22 その力の満ちている時、彼は窮境に陥り、/悩みの手がことごとく彼の上に臨むであろう。

20:23 彼がその腹を満たそうとすれば、/神はその激しい怒りを送って、/それを彼の上に降り注ぎ、彼の食物とされる。

20:24 彼は鉄の武器を免れても、/青銅の矢は彼を射通すであろう。

20:25 彼がこれをその身から引き抜けば、/きらめく矢じりがその肝から出てきて、/恐れが彼の上に臨む。

20:26 もろもろの暗黒が彼の宝物のためにたくわえられ、/人が吹き起したものでない火が彼を焼きつくし、/その天幕に残っている者を滅ぼすであろう。

20:27 天は彼の罪をあらわし、/地は起って彼を攻めるであろう。

20:28 その家の財産は奪い去られ、/神の怒りの日に消えうせるであろう。

20:29 これが悪しき人の神から受ける分、/神によって定められた嗣業である」。

 

文 語訳1917
20:1 ナアマ人ゾパルこたへて曰く
20:2 これに因てわれ答をなすの思念を起し心しきりに之がために急る
20:3 我を辱しむる警語を我聞ざるを得ず 然しながらわが了知の性われをして答ふることを得せしむ
20:4 なんぢ知ずや古昔より地に人の置れしより以來
20:5 惡き人の勝誇は暫時にして邪曲なる者の歡樂は時の間のみ
20:6 その高天に逹しその首雲に及ぶとも
20:7 終には己の糞のごとくに永く亡絶べし 彼を見識る者は言ん彼は何處にありやと
20:8 彼は夢の如く過さりて復見るべからず 夜の幻のごとく追はらはれん
20:9 彼を見たる目かさねてかれを見ることあらず 彼の住たる處も再びかれを見ること無らん
20:10 その子等は貧しき者に寛待を求めん 彼もまたその取し貨財を手づから償さん
20:11 その骨に少壯氣勢充り 然れどもその氣勢もまた塵の中に彼とおなじく臥ん
20:12 かれ惡を口に甘しとして舌の底に藏め
20:13 愛みて捨ず 之を口の中に含みをる
20:14 然どその食物膓の中にて變り 腹の内にて蝮の毒とならん
20:15 かれ貨財を呑たれども復之を吐いださん 神これを彼の腹より推いだしたまふべし
20:16 かれは蝮の毒を吸ひ ?の舌に殺されん
20:17 かれは蜂蜜と牛酪の湧て流るる河川を視ざらん
20:18 その勞苦て獲たる物は之を償して自ら食はず 又それを求めたる所有よりは快樂を得じ
20:19 是は彼貧しき者を虐遇げて之を棄たればなり 假令家を奪ひとるとも之を改め作ることを得ざらん
20:20 かれはその腹に飽ことを知ざるが故に自己の深く喜ぶ物をも保つこと能はじ
20:21 かれが遺して食はざる物とては一も無し 是によりてその福祉は永く保たじ
20:22 その繁榮の眞盛において彼は艱難に迫られ 乏しき者すべて手をこれが上に置ん
20:23 かれ腹を充さんとすれば神烈しき震怒をその上に下し その食する時にこれをその上に降したまふ
20:24 かれ鐡の器を避れば銅の弓これを射透す
20:25 是に於て之をその身より拔ば閃く鏃その膽より出きたりて畏懼これに臨む
20:26 各種のK暗これが寳物ををほろぼすために蓄へらる 又人の吹おこせしに非る火かれを焚き その天幕に遺りをる者をも焚ん
20:27 天かれの罪を顯はし 地興りて彼を攻ん
20:28 その家の儲蓄は亡て神の震怒の日に流れ去ん
20:29 是すなはち惡き人が神より受る分 神のこれに定めたまへる數なり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳   21:8

21:8 しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者に は、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である」。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************