****************************************

マルコ10:1

エルサレムへ

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411001そして彼はそこから立ち上がって、ユダヤの地域[と]ヨルダンの彼方にやって来る。すると、再び群集が彼のもとへ集まって来る。そこで彼は、いつものように再び彼らを教え続けた。

 

新共同訳1987

10:1 イエスはそこを立ち去って、ユダヤ地方とヨルダン川の向こう側に行かれた。群衆がまた集まって来たので、イエスは再びいつものように教えておられた。

 

前田訳1978

10:1 そこを立ってユダヤの地方とヨルダンの向こう岸に行かれると、群衆がまたおそばに集まって来たので、またいつものようにお教えになった。

 

新改訳1970

10:1 イエスは、そこを立って、ユダヤ地方とヨルダンの向こうに行かれた。すると、群衆がまたみもとに集まって来たので、またいつものように彼らを教えられた。

 

塚本訳1963

10:1 そこを立って、ユダヤ地方とヨルダン川の向こう(のペレヤ)とに行かれる。すると群衆がまた彼の所に集まってきたので、またいつものように教えられた。

 

口語訳1955

10:1 それから、イエスはそこを去って、ユダヤの地方とヨルダンの向こう側へ行かれたが、群衆がまた寄り集まったので、いつものように、また教えておられた。

 

文語訳1917

"411001","イエス此處をたちて、ユダヤの地方およびヨルダンの彼方に來り給ひしに、群衆またも御許に集ひたれば、常のごとく教へ給ふ。

 

****************************************

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 19:1-2

19:1 イエスはこれらの話を終えると、ガリラヤを去り、ヨルダン川の向こうのユダヤ(人の住むペレヤ)地方に行かれた。

19:2 すると大勢の群衆がついて来たので、そこで彼らの病気をなおされた。

 

塚本訳 ルカ 9:51

9:51 イエスは(いよいよ)昇天の日が迫ったので、決然としてその顔をエルサレムへ向けて進み、

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 ルカ 4:16

4:16 イエスはお育ちになったナザレに来て、いつものとおり安息日に会堂に入り、聖書を朗読しようとしてお立ちになった。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 ****************************************

マルコ10:2−12

離婚問題

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411002すると〔何人かの〕ファリサイ人たちが近寄って来て、彼にたずね始めた、「夫

が妻を離縁するのは、許されているのですか」。彼を試みようとしたのである。

411003そこで彼は彼らに答えて言った、「モーセはあなたたちに何を指示したか」。

411004彼らは言った、「モーセは離縁状を書いて離縁することを許しました」。

411005イエスは彼らに言った、「彼があなたたちにその掟を書いたのは、あなたたちの心が頑なだからだ。

411006しかし、創造の初めから、神は彼らを男と女に造られた

411007このために人は自分の父と母を棄てるであろう。[そして自分の女に堅く結びつくであろう。]

411008こうして二人は、一つの身になるであろう。だから、彼らはもはや二つではなく、一つの身なのだ。

411009したがって、神が一つ軛(くびき)に合わせられたものを、人間が離してはならない」。

411010そして家の中で、再び弟子たちはこのことについて彼にたずね始めた。

411011すると彼は彼らに言う、「自分の妻を離縁し、加えてほかの女を娶る者は、彼女に対して姦淫する者だ。

411012また、女の方が自分の夫を離縁し、そしてほかの男に嫁ぐとすれば、彼女は姦淫する者だ」。

 

新共同訳1987

10:2 ファリサイ派の人々が近寄って、「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と尋ねた。イエスを試そうとしたのである。

10:3 イエスは、「モーセはあなたたちに何と命じたか」と問い返された。

10:4 彼らは、「モーセは、離縁状を書いて離縁することを許しました」と言った。

10:5 イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ。

10:6 しかし、天地創造の初めから、神は人を男と女とにお造りになった。

10:7 それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、

10:8 二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。

10:9 従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」

10:10 家に戻ってから、弟子たちがまたこのことについて尋ねた。

10:11 イエスは言われた。「妻を離縁して他の女を妻にする者は、妻に対して姦通の罪を犯すことになる。

10:12 夫を離縁して他の男を夫にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」

 

前田訳1978

10:2 するとパリサイ人が近よって、夫は妻を離縁してもよいかとたずねた。彼を試みたのである。

10:3 彼は答えられた、「モーセはあなた方に何と命じたか」と。

10:4 彼らはいった、「モーセは離縁状を書いて離縁することをゆるしました」と。

10:5 イエスはいわれた、「モーセはあなた方が頑なためにこのような掟を書いた。

10:6 しかし創造のはじめから神は人を男と女に造られ、

10:7 それゆえに人は父と母とを離れて、

10:8 ふたりがひとつ体となる。したがってもはやふたりでなくひとつ体である。

10:9 神がひとつ軛に結ばれたものを人が話すべきでない」と。

10:10 家でまた弟子たちがこのことについておたずねした。

10:11 彼らにいわれる、「妻を離縁してほかの女をめとるものは妻に対して姦淫する。

10:12 妻が夫を離縁してほかの男と結ばれても姦淫する」と。

 

新改訳1970

10:2 すると、パリサイ人たちがみもとにやって来て、夫が妻を離別することは許されるかどうかと質問した。イエスをためそうとしたのである。

10:3 イエスは答えて言われた。「モーセはあなたがたに、何と命じていますか。」

10:4 彼らは言った。「モーセは、離婚状を書いて妻を離別することを許しました。」

10:5 イエスは言われた。「モーセは、あなたがたの心がかたくななので、この命令をあなたがたに書いたのです。

10:6 しかし、創造の初めから、神は、人を男と女に造られたのです。

10:7 それゆえ、人はその父と母を離れて、

10:8 ふたりの者が一心同体になるのです。それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。

10:9 こういうわけで、人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません。」

10:10 家に戻った弟子たちが、この問題についてイエスに尋ねた。

10:11 そこで、イエスは彼らに言われた。「だれでも、妻を離別して別の女を妻にするなら、前の妻に対して姦淫を犯すのです。

10:12 妻も、夫を離別して別の男にとつぐなら、姦淫を犯しているのです。」

 

塚本訳1963

10:2 そこにパリサイ人たちが進み出て、イエスを試そうとして尋ねた、「夫は妻を離縁してもよろしいか。」

10:3 彼らに答えられた、「モーセはあなた達になんと命じているか。」

10:4 彼らが言った、「モーセは、『離縁状を書いて(妻を)離縁することを』許した。」

10:5 イエスは彼らに言われた、「モーセはあなた達の心が(神に対して)頑固なために、この掟を書いたのである。

10:6 しかし(天地)創造の始めから、『神は彼らを男と女とに造られた。』

10:7 『それゆえに人はその父と母とをすてて、

10:8 二人は一体となる』(とモーセは書いている。)従って、もはや二人ではない、一体である。

10:9 だから夫婦は(皆)神が一つの軛におつなぎになったものである。人間がこれを引き離してはならない。」

10:10 家で弟子たちが、またこのことをお尋ねした。

10:11 彼らに言われる、「妻を離縁してほかの女と結婚する者は、妻に対して姦淫を犯すのである。

10:12 もし妻が夫を離縁してほかの男と結婚すれば、(これも)姦淫を犯すのである。」

 

口語訳1955

 10:2 そのとき、パリサイ人たちが近づいてきて、イエスを試みようとして質問した、「夫はその妻を出しても差しつかえないでしょうか」。

10:3 イエスは答えて言われた、「モーセはあなたがたになんと命じたか」。

10:4 彼らは言った、「モーセは、離縁状を書いて妻を出すことを許しました」。

10:5 そこでイエスは言われた、「モーセはあなたがたの心が、かたくななので、あなたがたのためにこの定めを書いたのである。

10:6 しかし、天地創造の初めから、『神は人を男と女とに造られた。

10:7 それゆえに、人はその父母を離れ、

10:8 ふたりの者は一体となるべきである』。彼らはもはや、ふたりではなく一体である。

10:9 だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」。

10:10 家にはいってから、弟子たちはまたこのことについて尋ねた。

10:11 そこで、イエスは言われた、「だれでも、自分の妻を出して他の女をめとる者は、その妻に対して姦淫を行うのである。

10:12 また妻が、その夫と別れて他の男にとつぐならば、姦淫を行うのである」。

 

文語訳1917

"411002","時にパリサイ人ら來り試みて問ふ『人その妻を出すはよきか』"

"411003","答へて言ひ給ふ『モーセは汝らに何と命ぜしか』"

"411004","彼ら言ふ『モーセは離縁状を書きて出すことを許せり』"

"411005","イエス言ひ給ふ『汝らの心つれなきによりて、此の誡命を録ししなり。"

"411006","されど開闢の初より「人を男と女とに造り給へり」"

"411007","「かかる故に人はその父母を離れて、"

"411008","二人のもの一體となるべし」さればはや二人にはあらず、一體なり。"

"411009","この故に神の合せ給ふものは、人これを離すべからず』"

"411010","家に入りて弟子たち復この事を問ふ。"

"411011","イエス言ひ給ふ『おほよそ其の妻を出して他に娶る者は、その妻に對して姦淫を行ふなり。"

"411012","また妻もし其の夫を棄てて他に嫁がば、姦淫を行ふなり』"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 19:3-12

19:3 そこにパリサイ人たちが近寄ってきて、イエスを試そうとして言った、「何か理由があれば、妻を離縁してもよろしいか。」

19:4 答えて言われた、「造物者が始めから『彼らを男と女とに造られた』こと、

19:5 また、『それゆえに人は父と母とをすてて妻に結びつき、二人は一体となる』と言われたことを、あなた達は読んだことがないのか。

19:6 従って、もはや二人ではない、一体である。だから夫婦は(皆)神が一つの軛におつなぎになったものである。(どんな理由があっても)人間がこれを引き離してはならない。」

19:7 彼らが言う、「それでは、なぜモーセは『離縁状を渡して(妻を)離縁することを』命じているか。」

19:8 彼らに言われる、「モーセはあなた達の心が(神に対して)頑固なために、妻を離縁することを許したので、始めからそうではなかった。

19:9 わたしは言う、不品行のゆえでなくて妻を離縁し、ほかの女と結婚する者は、姦淫を犯すのである。」

19:10 弟子たちが言う、「夫婦の関係がそんな(面倒な)ものなら、結婚をしない方が得だ。」

19:11 彼らに言われた、「そのことは(本当の意味がわかって実行すれば確かに得であるが、それは)だれにでも出来ることではない。(神から特別に力を)授けられる者だけに出来るのである。

19:12 というのは、(同じ独身でも、)母の胎内から結婚できないように生まれついた者があり、また人から(無理に)結婚できないようにされた者があり、また天の国のために自分で(決心して)結婚しない者がある。(この最後のものが本当の独身である。)出来る者はしたがよかろう。」

 

塚本訳 マタ 5:31-32

5:31 また(昔の人は)、『妻を離縁する者は離縁状を渡せ』と命じられた。

5:32 しかしわたしはあなた達に言う、不品行以外の理由で妻を離縁する者は皆、その女に姦淫を犯させるのである。離縁された女と結婚する者も、姦淫を犯すのである。

 

塚本訳 ルカ 16:18

16:18 (だから、)妻を離縁して別な女と結婚する者は皆、姦淫を犯すのであり、夫から離縁された女と結婚する者も、姦淫を犯すのである。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マコ 8:11

8:11 ファリサイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを求め、議論をしかけた。

 

新共同 マタ 5:31-32

5:31 「『妻を離縁する者は、離縁状を渡せ』と命じられている。

5:32 しかし、わたしは言っておく。不法な結婚でもないのに妻を離縁する者はだれでも、その女に姦通の罪を犯させることになる。離縁された女を妻にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」

 

新共同 マコ 9:28

9:28 イエスが家の中に入られると、弟子たちはひそかに、「なぜ、わたしたちはあの霊を追い出せなかったのでしょうか」と尋ねた。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 Uペテ3:4

3:4 こう言います。「主が来るという約束は、いったいどうなったのだ。父たちが死んでこのかた、世の中のことは、天地創造の初めから何一つ変わらないではないか。」

 

新共同 エペ 5:31

5:31 「それゆえ、人は父と母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。」

 

新共同 Tコリ6:16

6:16 娼婦と交わる者はその女と一つの体となる、ということを知らないのですか。「二人は一体となる」と言われています。

 

新共同 Tコリ7:11-13

7:11 ――既に別れてしまったのなら、再婚せずにいるか、夫のもとに帰りなさい。――また、夫は妻を離縁してはいけない。

7:12 その他の人たちに対しては、主ではなくわたしが言うのですが、ある信者に信者でない妻がいて、その妻が一緒に生活を続けたいと思っている場合、彼女を離縁してはいけない。

7:13 また、ある女に信者でない夫がいて、その夫が一緒に生活を続けたいと思っている場合、彼を離縁してはいけない。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マルコ10:13−16

子供を祝福される

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411013さて、人々は、彼のところに子供たちを連れて来ようとした。彼に触ってもらうためである。しかし弟子たちは、彼らを叱りつけた。

411014だがイエスはこれを見て、〔激しく〕怒り、彼らに言った、「子供たちを私のところに来るままにさせておけ。彼らの邪魔をするな。なぜならば、神の王国とは、このような者たちのものだからだ。

411015アーメン、あなたたちに言う、神の王国を子供〔が受け取る〕ように受け取らない者は、決してその中に入ることはない」。

411016そして彼は、子供たちを両腕に抱きかかえたあと、彼らに両手を置いて〔深く〕祝福する。

 

新共同訳1987

10:13 イエスに触れていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たちはこの人々を叱った。

10:14 しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。

10:15 はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」

10:16 そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福された。

 

前田訳1978

10:13 人々がおそばに子どもらを連れて来た。さわっていただくためである。しかし弟子たちは彼らをとがめた。

10:14 イエスはそれを見ていきどおっていわれた、「子どもらをよこしなさい。邪魔をしないで。神の国はこんな人たちのものである。

10:15 本当にいう、神の国を子どものように受け入れねば決してそこに入れまい」と。

10:16 そして子どもらを抱き、手を置いて祝福された。

 

新改訳1970

10:13 さて、イエスにさわっていただこうとして、人々が子どもたちを、みもとに連れて来た。ところが、弟子たちは彼らをしかった。

10:14 イエスはそれをご覧になり、憤って、彼らに言われた。「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。

10:15 まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、はいることはできません。」

10:16 そしてイエスは子どもたちを抱き、彼らの上に手を置いて祝福された。

 

塚本訳1963

10:13 イエスにさわっていただこうとして、人々が子供たちをつれて来ると、弟子たちが咎めた。

10:14 イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた、「子供たちをわたしの所に来させよ、邪魔をするな。神の国はこんな(小さな)人たちのものである。

10:15 アーメン、わたしは言う、子供のように(すなおに)神の国(の福音)を受け入れる者でなければ、決してそこに入ることはできない。」

10:16 それから子供たちを抱き、(頭に)手をのせて祝福された。

 

口語訳1955

 10:13 イエスにさわっていただくために、人々が幼な子らをみもとに連れてきた。ところが、弟子たちは彼らをたしなめた。

10:14 それを見てイエスは憤り、彼らに言われた、「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である。

10:15 よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受けいれる者でなければ、そこにはいることは決してできない」。

10:16 そして彼らを抱き、手をその上において祝福された。

 

文語訳1917

"411013","イエスの觸り給はんことを望みて、人々幼兒らを連れ來りしに、弟子たち禁めたれば、"

"411014","イエス之を見、いきどほりて言ひたまふ『幼兒らの我に來るを許せ、止むな、神の國は斯くのごとき者の國なり。"

"411015","まことに汝らに告ぐ、凡そ幼兒の如くに神の國をうくる者ならずば、之に入ること能はず』"

"411016","かくて幼兒を抱き、手をその上におきて祝し給へり。"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 19:13-15

19:13 それから、イエスに手をのせて祈っていただこうとして、人々が子供たちをつれて来ると、弟子たちが咎めた。

19:14 イエスは言われた、「子供たちを放っておけ、わたしの所に来るのを邪魔するな。天の国はこんな(小さな)人たちのものである。」

19:15 それから子供たち(の頭)に手をのせて祝福したのち、そこを去られた。

 

塚本訳 ルカ 18:15-17

18:15 イエスにさわっていただこうとして、人々が幼児たちまでもつれて来ると、弟子たちが見て咎めた。

18:16 イエスは幼児を呼びよせたのち、(弟子たちに)こう言われた、「子供たちをわたしの所に来させよ、邪魔をするな。神の国はこんな(小さな)人たちのものである。

18:17 アーメン、わたしは言う、子供のように(すなおに)神の国(の福音)を受け入れる者でなければ、決してそこに入ることはできない。」

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マコ 1:41

1:41 イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、

 

新共同 使  8:36

8:36 道を進んで行くうちに、彼らは水のある所に来た。宦官は言った。「ここに水があります。洗礼を受けるのに、何か妨げがあるでしょうか。」

 

新共同 マタ 18:3

18:3 言われた。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 Tコリ7:14

7:14 なぜなら、不信者の夫は妻によってきよめられており、また、不信者の妻も夫によってきよめられているからである。もしそうでなければ、あなたがたの子は汚れていることになるが、実際はきよいではないか。

 

口語訳 Tコリ14:20

14:20 兄弟たちよ。物の考えかたでは、子供となってはいけない。悪事については幼な子となるのはよいが、考えかたでは、おとなとなりなさい。

 

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 Tコリ14:20

14:20 兄弟たち、物の判断については子供となってはいけません。悪事については幼子となり、物の判断については大人になってください。

 

新共同 Tペテ2:2

2:2 生まれたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい。これを飲んで成長し、救われるようになるためです。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マルコ10:17−22

金持ちの青年

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411017さて、彼が道に出て行くと、一人の男が走り寄って来て彼の前にひざまずき、彼にたずね出した、「善い先生、永遠の命を継ぐためには、私は何をすればよいのでしょう」。411018イエスは彼に言った、「なぜ、あなたは私を『善い』などと言うか。神お一人のほかに善い者なぞいない。

411019掟なら知っているだろう。殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、だまし取るな、お前の父と母を敬え」。

411020すると彼はイエスに言った、「先生、それなら、少年の頃からすべて守って来ました」。

411021そこでイエスは彼を見つめながら、彼を慈しんだ。そして彼に言った、あなたには一つ、欠けているものがある。行って、自分の持っているものをすべて売り払って、[これらの]貧しい者たちに与えなさい。そうすればあなたは、天に宝を持とう。そうして私に従って来なさい」。

411022すると彼はこの言葉を聞いて陰鬱になり、悲しみのうちに去って行った。

なぜなら彼は、たくさんの資産を持っていたからである。

 

新共同訳1987

10:17 イエスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄って、ひざまずいて尋ねた。「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか。」

10:18 イエスは言われた。「なぜ、わたしを『善い』と言うのか。神おひとりのほかに、善い者はだれもいない。

10:19 『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父母を敬え』という掟をあなたは知っているはずだ。」

10:20 すると彼は、「先生、そういうことはみな、子供の時から守ってきました」と言った。

10:21 イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。「あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」

10:22 その人はこの言葉に気を落とし、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。

 

前田訳1978

10:17 彼が旅に出ようとされると、ひとりの人が駆けて来てひざまずいてたずねた、「よい先生、永遠のいのちを継ぐには何をすべきですか」と。

10:18 イエスはいわれた、「なぜわたしのことを『よい』というのか。神おひとりのほかによい方はない。

10:19 あなたは掟を知っているはず。いわく、『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父と母とを敬え』と」。

10:20 その人はいった、「先生、それなら皆若い時から守っています」と。

10:21 イエスは彼をじっと見て愛着を感じていわれた、「ひとつあなたに欠けている。行って持ちものを皆売って貧しい人々に与えよ。そうすれば天に宝を得よう。それから来てわたしに従いなさい」と。

10:22 彼はこのことばに顔を曇らせ、悲しんで立ち去った。大金持であったからである。

 

新改訳1970

10:17 イエスが道に出て行かれると、ひとりの人が走り寄って、御前にひざまずいて、尋ねた。「尊い先生。永遠のいのちを自分のものとして受けるためには、私は何をしたらよいでしょうか。」

10:18 イエスは彼に言われた。「なぜ、わたしを『尊い』と言うのですか。尊い方は、神おひとりのほかには、だれもありません。

10:19 戒めはあなたもよく知っているはずです。『殺してはならない。姦淫してはならない。盗んではならない。偽証を立ててはならない。欺き取ってはならない。父と母を敬え。』」

10:20 すると、その人はイエスに言った。「先生。私はそのようなことをみな、小さい時から守っております。」

10:21 イエスは彼を見つめ、その人をいつくしんで言われた。「あなたには、欠けたことが一つあります。帰って、あなたの持ち物をみな売り払い、貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」

10:22 すると彼は、このことばに顔を曇らせ、悲しみながら立ち去った。なぜなら、この人は多くの財産を持っていたからである。

 

塚本訳1963

10:17 旅行に出ようとされると、ひとりの人が駆けてきて、ひざまずいて尋ねた、「善い先生、永遠の命をいただくには、何をすればよいでしょうか。」

10:18 イエスは言われた、「なぜわたしを『善い』と言うのか。神お一人のほかに、だれも善い者はない。

10:19 (するべきことは神の掟を守ることだけで、)掟はあなたが知っている通り。──『殺してはならない、姦淫をしてはならない、盗んではならない、偽りの証言をしてはならない、』奪い取ってはならない、『父と母とを敬え。』(ただこれだけである。)」

10:20 その人が言った、「先生、それならみんな若い時から守っております。」

10:21 イエスは彼をじっと見て、かわいく思って言われた、「(よく守った。だが)一つ足りない。家に帰って、持っているものをみな売って、(その金を)貧乏な人に施しなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」

10:22 彼はこの言葉に顔をくもらせ、悲しそうにして立ち去った。大資産家であったのである。

 

口語訳1955

10:17 イエスが道に出て行かれると、ひとりの人が走り寄り、みまえにひざまずいて尋ねた、「よき師よ、永遠の生命を受けるために、何をしたらよいでしょうか」。

10:18 イエスは言われた、「なぜわたしをよき者と言うのか。神ひとりのほかによい者はいない。

10:19 いましめはあなたの知っているとおりである。『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。欺き取るな。父と母とを敬え』」。

10:20 すると、彼は言った、「先生、それらの事はみな、小さい時から守っております」。

10:21 イエスは彼に目をとめ、いつくしんで言われた、「あなたに足りないことが一つある。帰って、持っているものをみな売り払って、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。

10:22 すると、彼はこの言葉を聞いて、顔を曇らせ、悲しみながら立ち去った。たくさんの資産を持っていたからである。

 

文語訳1917

"411017","イエス途に出で給ひしに、一人はしり來り、跪づきて問ふ『善き師よ、永遠の生命を嗣ぐためには、我なにを爲すべきか』"

"411018","イエス言ひ給ふ『なにゆゑ我を善しと言ふか、神ひとりの他に善き者なし。"

"411019","誡命は汝が知るところなり「殺すなかれ」「姦淫するなかれ」「盜むなかれ」「僞證を立つるなかれ」「欺き取るなかれ」「汝の父と母とを敬へ」』"

"411020","彼いふ『師よ、われ幼き時より皆これを守れり』"

"411021","イエス彼に目をとめ、愛しみて言ひ給ふ『なんぢ尚ほ一つを缺く、往きて汝の有てる物をことごとく賣りて、貧しき者に施せ、さらば財寳を天に得ん。且きたりて我に從へ』"

"411022","この言によりて、彼は憂を催し、悲しみつつ去りぬ、大なる資産をもてる故なり。"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 19:16-22

19:16 するとそこに、ひとりの人がイエスの所に来て言った、「先生、永遠の命を得るには、どんなよいことをすればよいでしょうか。」

19:17 イエスは言われた、「なぜ善いことについってわたしに尋ねるのか。善いお方はただ一人(神)である。(永遠の)命に入りたければ、(神の)掟を守りなさい。」

19:18 「どの掟を」と彼が言う。イエスはこたえられた、「『殺してはならない、姦淫をしてはならない、盗んではならない、偽りの証言をしてはならない、

19:19 父と母とを敬え、』また『隣の人を自分のように愛せよ。』」

19:20 青年が言う、「それならみんな守っております。まだ何か足りないでしょうか。」

19:21 イエスは言われた、「完全になりたければ、家に帰って持ち物を売って、(その金を)貧乏な人に施しなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」

19:22 青年はこの言葉を聞き、悲しそうにして立ち去った。大資産家であったのである。

 

塚本訳 ルカ 18:18-23

18:18 ひとりの(最高法院の)役人が尋ねた、「善い先生、何をすれば永遠の命がいただけるでしょうか。」

18:19 イエスは言われた、「なぜわたしを『善い』と言うのか。神お一人のほかに、だれも善い者はない。

18:20 (するべきことは神の掟を守ることだけで、)掟はあなたが知っている通り。──『姦淫をしてはならない、殺してはならない、盗んではならない、偽りの証言をしてはならない、父と母とを敬え。』(ただこれだけである。)」

18:21 その人が言った、「それならみんな若い時から守っております。」

18:22 イエスは聞いて言われた、「もう一つ欠けている。持っているものをことごとく売って、(その金を)貧乏な人に分けてやりなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」

18:23 彼はこれを聞き、しょげてしまった。非常な金持であったのである。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 10:9-10

10:9 すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

10:10 なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

 

口語訳 ロマ 6:23

6:23 罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。

 

口語訳 ロマ 11:22

11:22 神の慈愛と峻厳とを見よ。神の峻厳は倒れた者たちに向けられ、神の慈愛は、もしあなたがその慈愛にとどまっているなら、あなたに向けられる。そうでないと、あなたも切り取られるであろう。

 

口語訳 ロマ 13:9

13:9 「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」など、そのほかに、どんな戒めがあっても、結局「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ」というこの言葉に帰する。

 

口語訳 Tテサ4:6

4:6 また、このようなことで兄弟を踏みつけたり、だましたりしてはならない。前にもあなたがたにきびしく警告しておいたように、主はこれらすべてのことについて、報いをなさるからである。

 

口語訳 ロマ 3:20

3:20 なぜなら、律法を行うことによっては、すべての人間は神の前に義とせられないからである。律法によっては、罪の自覚が生じるのみである。

 

口語訳 Uコリ7:10

7:10 神のみこころに添うた悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる。

 

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 Tペテ1:4

1:4 また、あなたがたのために天に蓄えられている、朽ちず、汚れず、しぼまない財産を受け継ぐ者としてくださいました。

 

新共同 ロマ 13:9

13:9 「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」、そのほかどんな掟があっても、「隣人を自分のように愛しなさい」という言葉に要約されます。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マルコ10:23−27

金持と神の国

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411023そこでイエスはあたり〔の弟子たち〕を見まわして、彼の弟子たちに言う、「資産を持つ者たちが神の王国に入るのは、なんと難しいことだろう」。

411024ところが弟子たちは、彼のこの言葉に肝をつぶした。イエスはしかし、彼らに重ねて語って言う、「子らよ、神の王国に入るのは、なんと難しいのだろう。

411025金持ちが神の王国に入るよりは、らくだが針の穴を通り抜ける方がまだやさしい」。411026すると彼らは、なおいっそう仰天してお互いに言った、「では、誰が救われるのだろうか」。

411027イエスは彼らを見つめて言う、「人間にはできない。しかし、神にはそうではない。神には何でもできるからだ」。

 

新共同訳1987

10:23 イエスは弟子たちを見回して言われた。「財産のある者が神の国に入るのは、なんと難しいことか。」

10:24 弟子たちはこの言葉を聞いて驚いた。イエスは更に言葉を続けられた。「子たちよ、神の国に入るのは、なんと難しいことか。

10:25 金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。」

10:26 弟子たちはますます驚いて、「それでは、だれが救われるのだろうか」と互いに言った。

10:27 イエスは彼らを見つめて言われた。「人間にできることではないが、神にはできる。神は何でもできるからだ。」

 

前田訳1978

10:23 イエスはあたりを見て弟子たちにいわれる、「金持が神の国に入るのはなんとむずかしかろうことか」と。

10:24 弟子たちはこのことばにおどろいた。イエスはふたたびいわれる、「子どもらよ、神の国に入るのはなんとむずかしいことか。

10:25 らくだが針の穴を通るほうが、金持が神の国に入るよりはやさしい」と。

10:26 彼らはますますおどろいて互いにいった、「それならだれが救われえよう」と。

10:27 イエスは彼らを見つめていわれれる、「人にはできないが、神はおできになる。神は全能にいますから」と。

 

新改訳1970

10:23 イエスは、見回して、弟子たちに言われた。「裕福な者が神の国にはいることは、何とむずかしいことでしょう。」

10:24 弟子たちは、イエスのことばに驚いた。しかし、イエスは重ねて、彼らに答えて言われた。「子たちよ。神の国にはいることは、何とむずかしいことでしょう。

10:25 金持ちが神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」

10:26 弟子たちは、ますます驚いて互いに言った。「それでは、だれが救われることができるのだろうか。」

10:27 イエスは、彼らをじっと見て言われた。「それは人にはできないことですが、神は、そうではありません。どんなことでも、神にはできるのです。」

 

塚本訳1963

10:23 イエスは(うしろ姿を見送っておられたが、)やがて見まわして、弟子たちに言われる、「物持ちが神の国に入るのは、なんとむずかしいことだろう。」

10:24 弟子たちはその言葉にびっくりした。(彼らは富むことが、神に特別に愛されているしるしと信じたのである。)イエスはかさねて言われる、「子供たちよ、神の国に入ることは、なんとむずかしいのだろう。

10:25 金持が神の国に入るよりは、駱駝が針の孔を通る方がたやすい。」

10:26 弟子たちはいよいよ驚いて互に言った、「それでは、だれが救われることが出来るのだろう。」

10:27 イエスは彼らをじっと見て言われる、「人間には出来ないが、神には出来る。『神にはなんでも出来る。』」

 

口語訳1955

10:23 それから、イエスは見まわして、弟子たちに言われた、「財産のある者が神の国にはいるのは、なんとむずかしいことであろう」。

10:24 弟子たちはこの言葉に驚き怪しんだ。イエスは更に言われた、「子たちよ、神の国にはいるのは、なんとむずかしいことであろう。

10:25 富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」。

10:26 すると彼らはますます驚いて、互に言った、「それでは、だれが救われることができるのだろう」。

10:27 イエスは彼らを見つめて言われた、「人にはできないが、神にはできる。神はなんでもできるからである」。

 

文語訳1917

"411023","イエス見囘して弟子たちに言ひたまふ『富ある者の神の國に入るは如何に難いかな』"

"411024","弟子たち此の御言に驚く。イエスまた答へて言ひ給ふ『子たちよ、神の國に入るは如何に難いかな、"

"411025","富める者の神の國に入るよりは、駱駝の針の孔を通るかた反つて易し』"

"411026","弟子たち甚く驚きて互に言ふ『さらば誰か救はるる事を得ん』"

"411027","イエス彼らに目を注めて言ひたまふ『人には能はねど、神には然らず、夫れ神は凡ての事をなし得るなり』"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 19:23-26

19:23 イエスは弟子たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、金持が天の国に入ることはむずかしい。

19:24 かさねて言う、金持が天の国に入るよりは、駱駝が針のめどを通る方がたやすい。」

19:25 これを聞いて、弟子たちは非常に驚いて言った、「ではいったい、だれが救われることが出来るのだろう。」

19:26 イエスは彼らをじっと見て言われた、「これは人間には出来ないが、『神にはなんでも出来る。』」

 

塚本訳 ルカ 18:24-27

18:24 彼を見ると、イエスは言われた、「物持が神の国に入るのは、なんとむずかしいことだろう。

18:25 金持が神の国に入るよりは、駱駝が縫針のめどを通る方がたやすい。」

18:26 聞いている人たちが言った、「それでは、だれが救われることが出来るのだろう。」

18:27 イエスは言われた、「人間に出来ないことが、神には出来る。」

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マコ 3:5

3:5 そこで、イエスは怒って人々を見回し、彼らのかたくなな心を悲しみながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。伸ばすと、手は元どおりになった。

 

新共同 ヨハ 13:33

13:33 子たちよ、いましばらく、わたしはあなたがたと共にいる。あなたがたはわたしを捜すだろう。『わたしが行く所にあなたたちは来ることができない』とユダヤ人たちに言ったように、今、あなたがたにも同じことを言っておく。

 

新共同 マコ 1:22

1:22 人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 10:9-13

10:9 すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

10:10 なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

10:11 聖書は、「すべて彼を信じる者は、失望に終ることがない」と言っている。

10:12 ユダヤ人とギリシヤ人との差別はない。同一の主が万民の主であって、彼を呼び求めるすべての人を豊かに恵んで下さるからである。

10:13 なぜなら、「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」とあるからである。

 

口語訳 ピリ 3:21

3:21 彼は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マルコ10:28−31

すてる者の幸福

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411028ペトロが彼に語り始めた、「ご覧下さい、この私たちはすべてを棄ててあなたに従って来ました」。

411029イエスは言った、「アーメン、私はあなたたちに言う。私のゆえに、そして福音のゆえに、家、兄弟たち、姉妹たち、母、父、子供たち、または農地を棄てた者は必ず、

411030今のこの時期に、迫害の中に〔あっても〕、百倍の家々、兄弟たち、姉妹たち、母たち、子供たち、そして農地を受け、また来たるべき世においては永遠の命をうける。

411031しかし、最初の者の多くが最後の者となり、最後の者〔の多く〕が最初の者とな

るだろう」。

 

新共同訳1987

10:28 ペトロがイエスに、「このとおり、わたしたちは何もかも捨ててあなたに従って参りました」と言いだした。

10:29 イエスは言われた。「はっきり言っておく。わたしのためまた福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子供、畑を捨てた者はだれでも、

10:30 今この世で、迫害も受けるが、家、兄弟、姉妹、母、子供、畑も百倍受け、後の世では永遠の命を受ける。

10:31 しかし、先にいる多くの者が後になり、後にいる多くの者が先になる。」

 

前田訳1978

10:28 ペテロが彼にいいだした、「ごらんのとおりわれらはすべてを捨ててあなたに従います」と。

10:29 イエスはいわれた、「本当にいう、わたしのため、福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、畑を捨てたものはだれでも、

10:30 今この世では、迫害とともにではあるが、百倍の家、兄弟、姉妹、母、子、畑を受け、来世では、永遠のいのちを受ける。

10:31 しかし最初のものが最後になり、最後のものが最初になることが多い」と。

 

新改訳1970

10:28 ペテロがイエスにこう言い始めた。「ご覧ください。私たちは、何もかも捨てて、あなたに従ってまいりました。」

10:29 イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。わたしのために、また福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、畑を捨てた者で、

10:30 その百倍を受けない者はありません。今のこの時代には、家、兄弟、姉妹、母、子、畑を迫害の中で受け、後の世では永遠のいのちを受けます。

10:31 しかし、先の者があとになり、あとの者が先になることが多いのです。」

 

塚本訳1963

10:28 ペテロがイエスに、「でも、わたし達は(あの金持とちがいます。)この通り何もかもすてて、あなたの弟子になりました」と言い出した。

10:29 イエスは言われた、「アーメン、あなた達に言う、わたしのため、また福音のために、家や兄弟や姉妹や母や父や子や畑をすてた者で、

10:30 今、この世で──迫害のうちにおいてではあるが──百倍の家と兄弟と姉妹と母と子と畑とを、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない。

10:31 しかし(決して油断をしてはならない。)一番の者が最後になり、最後の者が一番になることが多い。」

 

口語訳1955

10:28 ペテロがイエスに言い出した、「ごらんなさい、わたしたちはいっさいを捨てて、あなたに従って参りました」。

10:29 イエスは言われた、「よく聞いておくがよい。だれでもわたしのために、また福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、もしくは畑を捨てた者は、

10:30 必ずその百倍を受ける。すなわち、今この時代では家、兄弟、姉妹、母、子および畑を迫害と共に受け、また、きたるべき世では永遠の生命を受ける。

10:31 しかし、多くの先の者はあとになり、あとの者は先になるであろう」。

 

文語訳1917

"411028","ペテロ、イエスに對ひて『我らは一切をすてて汝に從ひたり』と言ひ出でたれば、"

"411029","イエス言ひ給ふ、『まことに汝らに告ぐ、我がため、福音のために、或は兄弟、あるひは姉妹、或は父、或は母、或は子、或は田畑をすつる者は、"

"411030","誰にても今、今の時に百倍を受けぬはなし。即ち家・兄弟・姉妹・母・子・田畑を迫害と共に受け、また後の世にては、永遠の生命を受けぬはなし。"

"411031","されど多くの先なる者は後に、後なる者は先になるべし』"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 19:27-30

19:27 その時、ペテロが口を出してイエスに言った、「でも、わたし達は(あの金持とちがいます。)この通り何もかもすてて、あなたの弟子になりました。わたし達にはいったいなんの褒美があるのでしょうか。」

19:28 イエスが彼らに言われた、「アーメン、わたしは言う、新しい世界が生まれて、人の子(わたし)が栄光の座につく時には、わたしの弟子になったあなた達十二人も十二の王座について、イスラエル(の民)の十二族を支配するのである。

19:29 そしてわたしのために家や兄弟や姉妹や父や母や畑をすてた者は一人のこらず、(この世で)その幾倍を受け、また(来るべき世では)永遠の命をいただくのである。

19:30 しかし(決して油断をしてはならない。)一番の者が最後になり、最後の者が一番になることが多い。

 

塚本訳 ルカ 18:28-30

18:28 ペテロが(イエスに)言った、「でも、わたし達はこの通り、自分の持ち物をすててあなたの弟子になりました。」

18:29 彼らに言われた、「アーメン、わたしは言う、神の国のために家や妻や兄弟や親や子を捨てた者で、

18:30 この世でその幾倍を、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない。」

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マコ 1:18

1:18 二人はすぐに網を捨てて従った。

 

新共同 マコ 1:15

1:15 「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。

 

新共同 マタ 19:30

19:30 しかし、先にいる多くの者が後になり、後にいる多くの者が先になる。」

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ピリ 1:29

1:29 あなたがたはキリストのために、ただ彼を信じることだけではなく、彼のために苦しむことをも賜わっている。

 

口語訳 ロマ 6:23

6:23 罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。

 

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 ピリ 3:8

3:8 そればかりか、わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています。キリストのゆえに、わたしはすべてを失いましたが、それらを塵あくたと見なしています。キリストを得、

 

新共同 ロマ 3:26

3:26 このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。

 

新共同 Tテモ4:8

4:8 体の鍛練も多少は役に立ちますが、信心は、この世と来るべき世での命を約束するので、すべての点で益となるからです。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マルコ10:32−34

受難の予告第三

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411032さて、彼らはエルサレムにのぼる途上にあった。そしてイエスは彼らの先頭に立って進んだ。そこで彼らは肝をつぶし、従う者たちは恐れた。そこで彼は再び、十二人をわきへ連れて行き、やがて自分〔の身〕に起ころうとしていることを彼らに語り始めた、

411033「見よ、私たちはエルサレムにのぼる。すると人の子は祭司長たちや律法学者たちに売り渡される。そして彼らは彼を死をもって断罪し、異邦人たちに引き渡すだろう。

411034そして彼らは彼をなぶりものにし、彼に唾をかけ、彼を鞭打ち、そして殺すだろう。そして三日後に、彼は甦るだろう」。

 

新共同訳1987

10:32 一行がエルサレムへ上って行く途中、イエスは先頭に立って進んで行かれた。それを見て、弟子たちは驚き、従う者たちは恐れた。イエスは再び十二人を呼び寄せて、自分の身に起ころうとしていることを話し始められた。

10:33 「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子は祭司長たちや律法学者たちに引き渡される。彼らは死刑を宣告して異邦人に引き渡す。

10:34 異邦人は人の子を侮辱し、唾をかけ、鞭打ったうえで殺す。そして、人の子は三日の後に復活する。」

 

前田訳1978

10:32 彼らはエルサレムへと上る道すがらであった。先頭に立たれたのはイエスで、彼らはおじけ、従うものはおそれていた。彼はまた十二人を呼んで、ご自身におころうとすることを話しはじめられた、

10:33 「いよいよわれらはエルサレムへ上る。人の子は大祭司や学者に引き渡され、彼らは死に定めて異邦人に引き渡し、

10:34 異邦人はあざけり、唾し、鞭打って殺そう。そして彼は三日ののちに復活しよう」と。

 

新改訳1970

10:32 さて、一行は、エルサレムに上る途中にあった。イエスは先頭に立って歩いて行かれた。弟子たちは驚き、また、あとについて行く者たちは恐れを覚えた。すると、イエスは再び十二弟子をそばに呼んで、ご自分に起ころうとしていることを、話し始められた。

10:33 「さあ、これから、わたしたちはエルサレムに向かって行きます。人の子は、祭司長、律法学者たちに引き渡されるのです。彼らは、人の子を死刑に定め、そして、異邦人に引き渡します。

10:34 すると彼らはあざけり、つばきをかけ、むち打ち、ついに殺します。しかし、人の子は三日の後に、よみがえります。」

 

塚本訳1963

10:32 一行はエルサレムへ(の道を)上る途中であった。イエスが(十二人の)弟子たちの先頭に立って(どしどし)歩かれるので、彼らは薄気味わるく思い、ついて行く(ほかの)人たちは恐ろしがっていた。イエスはまた十二人(だけ)をそばに呼んで、自分の身に起ろうとしていることを話し出された、

10:33 「さあ、いよいよわたし達はエルサレムへ上るのだ。そして人の子(わたし)は(そこで)大祭司連と聖書学者たちとに引き渡される。彼らは死刑を宣告して異教人に引き渡し、

10:34 異教人はなぶり、唾をかけ、鞭で打って、ついに殺すのである。しかし三日の後に復活する。」

 

口語訳1955

10:32 さて、一同はエルサレムへ上る途上にあったが、イエスが先頭に立って行かれたので、彼らは驚き怪しみ、従う者たちは恐れた。するとイエスはまた十二弟子を呼び寄せて、自分の身に起ろうとすることについて語りはじめられた、

10:33 「見よ、わたしたちはエルサレムへ上って行くが、人の子は祭司長、律法学者たちの手に引きわたされる。そして彼らは死刑を宣告した上、彼を異邦人に引きわたすであろう。

10:34 また彼をあざけり、つばきをかけ、むち打ち、ついに殺してしまう。そして彼は三日の後によみがえるであろう」。

 

文語訳1917

"411032","エルサレムに上る途にて、イエス先だち往き給ひしかば、弟子たち驚き、隨ひ往く者ども懼れたり。イエス再び十二弟子を近づけて、己が身に起らんとする事どもを語り出で給ふ、"

"411033","『視よ、我らエルサレムに上る。人の子は祭司長・學者らに付されん。彼ら死に定めて、異邦人に付さん。"

"411034","異邦人は嘲弄し、唾し、鞭うち、遂に殺さん、かくて彼は三日の後に甦へるべし』"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 20:17-19

20:17 いよいよエルサレムへ(の道を)上り出されるとき、イエスはまた十二人(の弟子)だけをそばに呼んで、道々こう話された、

20:18 「さあ、いよいよわたし達はエルサレムへ上るのだ。そして人の子(わたし)は(そこで)大祭司連と聖書学者たちとに引き渡される。彼らは死刑を宣告して

20:19 異教人に引き渡し、異教人はなぶり、鞭で打ち、ついに十字架につけるのである。しかし三日目に復活する。」

 

塚本訳 ルカ 18:31-34

18:31 イエスは(また)十二人(の弟子だけ)をそばに呼んで、こう話された、「さあ、いよいよわたし達はエルサレムへ上るのだ。人の子(わたし)について預言者たちが(聖書に)書いてあることは、ことごとく成就する。

18:32 ──異教人に引き渡されて、なぶられ、いじめられ、唾をかけられ、

18:33 ついに鞭で打たれて殺されるのである。しかし三日目に復活する。」

18:34 弟子たちはこのことが全くわからなかった。この言葉(の意味)が彼らに隠されていて、(イエスの)言われたことが呑み込めなかったのである。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マコ 8:31

8:31 それからイエスは、人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日の後に復活することになっている、と弟子たちに教え始められた。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 Tコリ15:4

15:4 そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マルコ10:35−45

ゼベダイの子らの野心

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411035すると、ゼベダイの子らのヤコブとヨハネとが彼に近寄って来て、彼に言う、

「先生、私たちがお願いすることをかなえていただきたいのですが」。

411036そこで彼は彼らに言った、「[私に]何をして欲しいのか」。

411037そこで彼らは彼に言った、「あなたの栄光の中で、私たちの一人があなたの右に、一人が左に座ることを私たちに許して下さい」。

411038しかしイエスは彼らに言った、「あなたたちは何を願っているのかわかっていない。あなたたちは私の飲む杯を飲むことができるのか、あるいは私のこうむる洗礼をこうむることができるのか」。

411039すると彼らは彼に言った、「私たちにはできます」。しかしイエスは彼らに言った、「〔なるほど、〕私が飲む杯をあなたたちも飲み、私がこうむる洗礼をあなたたちもこうむることになるだろう。

411040しかし、私の右、ないし左に座ることは、私が許してやれることではなく、備えられている者に〔のみ与えられるのだ〕」。

411041すると十人はこれを聞き、ヤコブとヨハネに対して〔激しく〕怒り出した。

411042そこでイエスは、彼らを呼ぴ寄せ、彼らに言う、「あなたたちが知っている通り、異邦人たちの支配者と思われている者どもは、彼らを〔暴圧で〕支配し、異邦人たちの尊大な者どもは、彼らに圧政を加えている。

411043しかし、あなたたちの間ではそうではない。むしろ、あなたたちの間で大いなる者になりたいと思う者は、あなたたちに仕える者となるだろう。

411044また、あなたたちの間で筆頭でありたいと思う者は、皆の奴隷になるだろう。

411045なぜならば、人の子も仕えられるためではなく、仕えるために来たのだ。そしてまた、自分のいのちを多くの人のための身代金として与えるために〔来たのだ〕」。

 

新共同訳1987

10:35 ゼベダイの子ヤコブとヨハネが進み出て、イエスに言った。「先生、お願いすることをかなえていただきたいのですが。」

10:36 イエスが、「何をしてほしいのか」と言われると、

10:37 二人は言った。「栄光をお受けになるとき、わたしどもの一人をあなたの右に、もう一人を左に座らせてください。」

10:38 イエスは言われた。「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない。このわたしが飲む杯を飲み、このわたしが受ける洗礼を受けることができるか。」

10:39 彼らが、「できます」と言うと、イエスは言われた。「確かに、あなたがたはわたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることになる。

10:40 しかし、わたしの右や左にだれが座るかは、わたしの決めることではない。それは、定められた人々に許されるのだ。」

10:41 ほかの十人の者はこれを聞いて、ヤコブとヨハネのことで腹を立て始めた。

10:42 そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。

10:43 しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、

10:44 いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。

10:45 人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」

 

前田訳1978

10:35 ゼベダイの子らヤコブとヨハネがそばに来ていった、「先生、お願いです。われらが望むものをかなえてください」と。

10:36 彼はいわれた、「望みはなにか」と。

10:37 彼らはいった、「あなたの栄光の中に、われらのひとりを右に、ひとりを左にすわらせてください」と。

10:38 イエスはいわれた、「あなた方は求めるものをわきまえない。わたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることができるか」と。

10:39 彼らはいった、「できます」と。イエスはいわれた、「あなた方はわが飲む杯を飲み、わが受ける洗礼を受けよう。

10:40 しかしわが右と左の座はわたしが与えるものではなく、(神に)定められた人々のものである。

10:41 ほかの十人がこれを耳にして、ヤコブとヨハネのことを怒りはじめた。

10:42 そこでイエスは彼らを呼んでいわれる。「あなた方が知るように、この世では民の頭と思われる人々が支配し、偉い人々が権力をふるう。

10:43 しかしあなた方の間ではそれは当たらない。あなた方の間では、偉くなりたいものは召使になれ。

10:44 一番上になりたいものは皆の僕になれ。

10:45 人の子が来たのは仕えられるためでなく、仕えるため、多くの人の贖いとしておのがいのちを与えるためである」と。

 

新改訳1970

10:35 さて、ゼベダイのふたりの子、ヤコブとヨハネが、イエスのところに来て言った。「先生。私たちの頼み事をかなえていただきたいと思います。」

10:36 イエスは彼らに言われた。「何をしてほしいのですか。」

10:37 彼らは言った。「あなたの栄光の座で、ひとりを先生の右に、ひとりを左にすわらせてください。」

10:38 しかし、イエスは彼らに言われた。「あなたがたは自分が何を求めているのか、わかっていないのです。あなたがたは、わたしの飲もうとする杯を飲み、わたしの受けようとするバプテスマを受けることができますか。」

10:39 彼らは「できます。」と言った。イエスは言われた。「なるほどあなたがたは、わたしの飲む杯を飲み、わたしの受けるべきバプテスマを受けはします。

10:40 しかし、わたしの右と左にすわることは、わたしが許すことではありません。それに備えられた人々があるのです。」

10:41 十人の者がこのことを聞くと、ヤコブとヨハネのことで腹を立てた。

10:42 そこで、イエスは彼らを呼び寄せて、言われた。「あなたがたも知っているとおり、異邦人の支配者と認められた者たちは彼らを支配し、また、偉い人たちは彼らの上に権力をふるいます。

10:43 しかし、あなたがたの間では、そうでありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。

10:44 あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい。

10:45 人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。」

 

塚本訳1963

10:35 ここに、ゼベダイの子ヤコブとヨハネとが進み寄ってイエスに言う、「先生、お願いがあります、きいていただきたいのです。」

10:36 彼らに言われた、「何をしてほしいのか。」

10:37 彼らが言った、「(来ようとしている)あなたの栄光の中で、わたし達の一人をあなたの右に、一人を左に坐らせてください。」

10:38 イエスが言われた、「あなた達は自分で何を願っているのか、わからずにいる。わたしが飲む(苦難の)杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることが出来るのか。」

10:39 「出来ます」と彼らがこたえた。イエスは言われた、「(いかにも、)あなた達はわたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けるにちがいない。

10:40 しかし、わたしの右と左の席は、わたしが与えるのではなく、(あらかじめ神に)定められた人々に与えられるのである。」

10:41 (ほかの)十人(の弟子)はこれを聞いて、ヤコブとヨハネとのことを憤慨し始めた。

10:42 イエスは彼らを呼びよせて言われる、「あなた達が知っているように、世間ではいわゆる主権者が人民を支配し、また(いわゆる)えらい人が権力をふるうのである。

10:43 しかしあなた達の間では、そうであってはならない。あなた達の間では、えらくなりたい者は召使になれ。

10:44 一番上になりたい者は皆の奴隷になれ。

10:45 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。」

 

口語訳1955

10:35 さて、ゼベダイの子ヤコブとヨハネとがイエスのもとにきて言った、「先生、わたしたちがお頼みすることは、なんでもかなえてくださるようにお願いします」。

10:36 イエスは彼らに「何をしてほしいと、願うのか」と言われた。

10:37 すると彼らは言った、「栄光をお受けになるとき、ひとりをあなたの右に、ひとりを左にすわるようにしてください」。

10:38 イエスは言われた、「あなたがたは自分が何を求めているのか、わかっていない。あなたがたは、わたしが飲む杯を飲み、わたしが受けるバプテスマを受けることができるか」。

10:39 彼らは「できます」と答えた。するとイエスは言われた、「あなたがたは、わたしが飲む杯を飲み、わたしが受けるバプテスマを受けるであろう。

10:40 しかし、わたしの右、左にすわらせることは、わたしのすることではなく、ただ備えられている人々だけに許されることである」。

10:41 十人の者はこれを聞いて、ヤコブとヨハネとのことで憤慨し出した。

10:42 そこで、イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は、その民を治め、また偉い人たちは、その民の上に権力をふるっている。

10:43 しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。かえって、あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、

10:44 あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、すべての人の僕とならねばならない。

10:45 人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである」。

 

文語訳1917

"411035","ここにゼベダイの子ヤコブ、ヨハネ御許に來りて言ふ『師よ、願はくは我らが何にても求むる所を爲したまへ』"

"411036","イエス言ひ給ふ『わが汝らに何を爲さんことを望むか』"

"411037","彼ら言ふ『なんぢの榮光の中にて、一人をその右に、一人をその左に坐せしめ給へ』"

"411038","イエス言ひ給ふ『なんぢらは求むる所を知らず、汝等わが飲む酒杯を飲み、我が受くるバプテスマを受け得るか』"

"411039","彼等いふ『得るなり』イエス言ひ給ふ『なんぢら我が飲む酒杯を飲み、また我が受くるバプテスマを受くべし。"

"411040","されど我が右左に坐することは、我の與ふべきものならず、ただ備へられたる人こそ與へらるるなれ』"

"411041","十人の弟子これを聞き、ヤコブとヨハネとの事により憤ほり出でたれば、"

"411042","イエス彼らを呼びて言ひたまふ『異邦人の君と認めらるる者の、その民を宰どり、大なる者の、民の上に權を執ることは、汝らの知る所なり。"

"411043","されど汝らの中にては然らず、反つて大ならんと思ふ者は、汝らの役者となり、"

"411044","頭たらんと思ふ者は、凡ての者の僕となるべし。"

"411045","人の子の來れるも、事へらるる爲にあらず、反つて事ふることをなし、又おほくの人の贖償として己が生命を與へん爲なり』"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 20:20-28

20:20 その時、ゼベダイの子(ヤコブとヨハネと)の母がその(二人の)子をつれてイエスの所に来て、ひざまずき、何かお願いしようとした。

20:21 彼女に言われた、「何の願いか。」彼女が言う、「(来ようとしている)あなたの御国で、この二人の子が一人はあなたの右に、一人は左に坐るよう御命令ください。」

20:22 イエスが答えられた、「あなた達は自分で何を願っているのか、わからずにいる。(ヤコブとヨハネに聞くが、)わたしが飲まねばならない(苦難の)杯を飲むことが出来るのか。」「出来ます」と二人がこたえる。

20:23 イエスは言われる、「いかにも、あなた達はわたしの杯を飲むにちがいない。しかしわたしの右と左の席、それはわたしが与えるのではなく、(あらかじめ)わたしの父上から定められた人々に与えられるのである。」

20:24 (ほかの)十人(の弟子)はこれを聞いて、二人の兄弟のことを憤慨した。

20:25 するとイエスは彼らを呼びよせて言われた、「あなた達が知っているように、世間では主権者が人民を支配し、また(いわゆる)えらい人が権力をふるうのである。

20:26 あなた達の間では、そうであってはならない。あなた達の間では、えらくなりたい者は召使になれ。

20:27 一番上になりたい者は奴隷になれ。

20:28 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。」

 

塚本訳 ルカ 22:24-27

22:24 また弟子たちの間に、自分たちのうちでだれが一番えらいと思われているかについての争いもあった。

22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる。

22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。

22:27 食卓につく者と給仕をする者と、どちらがえらいか。食卓につく者ではないのか。でもわたしはあなた達の間で、あたかも給仕をする者のようにしている。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マタ 26:39

26:39 少し進んで行って、うつ伏せになり、祈って言われた。「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 8:17

8:17 もし子であれば、相続人でもある。神の相続人であって、キリストと栄光を共にするために苦難をも共にしている以上、キリストと共同の相続人なのである。

 

口語訳 Tコリ2:9

2:9 しかし、聖書に書いてあるとおり、/「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、/人の心に思い浮びもしなかったことを、/神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」/のである。

 

口語訳 ピリ 2:3

2:3 何事も党派心や虚栄からするのでなく、へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。

 

口語訳 ロマ 12:2

12:2 あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。

 

口語訳 ピリ 2:5-8

2:5 キリスト・イエスにあっていだいているのと同じ思いを、あなたがたの間でも互に生かしなさい。

2:6 キリストは、神のかたちであられたが、神と等しくあることを固守すべき事とは思わず、

2:7 かえって、おのれをむなしうして僕のかたちをとり、人間の姿になられた。その有様は人と異ならず、

2:8 おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた。

 

口語訳 Uコリ5:21

5:21 神はわたしたちの罪のために、罪を知らないかたを罪とされた。それは、わたしたちが、彼にあって神の義となるためなのである。

 

口語訳 ガラ 3:13

3:13 キリストは、わたしたちのためにのろいとなって、わたしたちを律法ののろいからあがない出して下さった。聖書に、「木にかけられる者は、すべてのろわれる」と書いてある。

 

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 使  12:2

12:2 ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺した。

 

新共同 Tコリ9:19-23

9:19 わたしは、だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました。できるだけ多くの人を得るためです。

9:20 ユダヤ人に対しては、ユダヤ人のようになりました。ユダヤ人を得るためです。律法に支配されている人に対しては、わたし自身はそうではないのですが、律法に支配されている人のようになりました。律法に支配されている人を得るためです。

9:21 また、わたしは神の律法を持っていないわけではなく、キリストの律法に従っているのですが、律法を持たない人に対しては、律法を持たない人のようになりました。律法を持たない人を得るためです。

9:22 弱い人に対しては、弱い人のようになりました。弱い人を得るためです。すべての人に対してすべてのものになりました。何とかして何人かでも救うためです。

9:23 福音のためなら、わたしはどんなことでもします。それは、わたしが福音に共にあずかる者となるためです。

 

新共同 Tテモ2:6

2:6 この方はすべての人の贖いとして御自身を献げられました。これは定められた時になされた証しです。

 

新共同 Uコリ5:21

5:21 罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。

 

新共同 ガラ 3:13

3:13 キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。「木にかけられた者は皆呪われている」と書いてあるからです。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

 

 

****************************************

マルコ10:46−52

エリコの盲人

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

411046さて、彼らはエリコにやってくる。そしてイエスとその弟子たちとかなりの群衆とがエリコから出て来ると、ティマイオスの子で盲目の乞食バルティマイオスが道端に座っていた。

411047そしてナザレ人イエスだと聞いて、彼は叫び出し、言い始めた、「ダビデの子イエスよ、この俺に憐れみを」。

411048そこで多くの者たちが彼を叱りつけ、黙らせようとした。しかし彼は、なおいっそう叫ぶのであった、「ダビデの子よ、この俺に憐れみを」。

411049そこでイエスは立ち止まって言った、「彼を呼びなさい」。そこで彼らは盲人を呼んで彼に言う、「しっかりしろ、起き上がれ。あの方がお前を呼んでいる」。

411050すると彼は自分の着物を脱いで躍り上がり、イエスのもとにやって来た。

411051そこでイエスは彼に語りかけて言った、「何をして欲しいのか」。すると盲人は彼に言った、「ラビ様、見えるように〔して下さい〕」。

411052そこでイエスは彼に言った、「行け、あなたの信仰があなたを今救ったのだ」。すると彼はすぐに見えるようになり、道すがらイエスに従った。

 

新共同訳1987

10:46 一行はエリコの町に着いた。イエスが弟子たちや大勢の群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人の物乞いが道端に座っていた。

10:47 ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」と言い始めた。

10:48 多くの人々が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます、「ダビデの子よ、わたしを憐れんでください」と叫び続けた。

10:49 イエスは立ち止まって、「あの男を呼んで来なさい」と言われた。人々は盲人を呼んで言った。「安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。」

10:50 盲人は上着を脱ぎ捨て、躍り上がってイエスのところに来た。

10:51 イエスは、「何をしてほしいのか」と言われた。盲人は、「先生、目が見えるようになりたいのです」と言った。

10:52 そこで、イエスは言われた。「行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。

 

前田訳1978

10:46 彼らはエリコに来る。彼と弟子たちとかなりの群衆がエリコを出ると、目しいの物乞いテマイの子バルテマイが道ばたにすわっていた。

10:47 彼はナザレのイエスだと聞くと叫びだしていった、「ダビデのみ子、イエスさま、おあわれみを」と。

10:48 多くの人がたしなめて黙らせようとしたが、ますます「ダビデのみ子、おあわれみを」と叫びつづけた。

10:49 イエスは立ちどまっていわれた、「あれを呼べ」と。人々が目しいを呼んでいう、「安心せよ。起きよ。お呼びだ」と。

10:50 目しいは上着を脱ぎ捨て、躍りあがってイエスのおそばに来た。

10:51 イエスは彼にいわれた、「何をしてもらいたいのか」と。目しいはいった、「先生、目が見えますように」と。

10:52 イエスはいわれた、「お帰り。あなたの信仰があなたを救った」と。彼はすぐ目が見えるようになって、道中お伴をした。

 

新改訳1970

10:46 彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群衆といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人のこじきが、道ばたにすわっていた。

10:47 ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください。」と叫び始めた。

10:48 そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、彼はますます、「ダビデの子よ。私をあわれんでください。」と叫び立てた。

10:49 すると、イエスは立ち止まって、「あの人を呼んで来なさい。」と言われた。そこで、彼らはその盲人を呼び、「心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになっている。」と言った。

10:50 すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。

10:51 そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」

10:52 するとイエスは、彼に言われた。「さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。」すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。

 

塚本訳1963

10:46 彼らはエリコ(の町)に来る。イエスが弟子たちや多くの群衆と一しょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲の乞食が道ばたに坐っていた。

10:47 ナザレのイエス(のお通り)だと聞くと、「ダビデの子イエス様、どうぞお慈悲を」と言って叫び出した。

10:48 多くの人が叱りつけて黙らせようとしたが、かえってますます「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と叫びつづけた。

10:49 イエスは立ち止まって、「あれを呼べ」と言われた。人々が盲人を呼んで言う、「安心せよ。起きよ。お呼びだ。」

10:50 盲人は上着をぬぎ捨て、躍り上がってイエスの所に来た。

10:51 イエスが彼に言われた、「何をしてもらいたいのか。」盲人がこたえた、「先生、見えるようになりたい。」

10:52 そこでイエスが、「お帰り。あなたの信仰がなおした」と言われると、すぐ見えるようになって、イエスの旅行について行った。

 

口語訳1955

10:46 それから、彼らはエリコにきた。そしてイエスが弟子たちや大ぜいの群衆と共にエリコから出かけられたとき、テマイの子、バルテマイという盲人のこじきが、道ばたにすわっていた。

10:47 ところが、ナザレのイエスだと聞いて、彼は「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」と叫び出した。

10:48 多くの人々は彼をしかって黙らせようとしたが、彼はますます激しく叫びつづけた、「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」。

10:49 イエスは立ちどまって、「彼を呼べ」と命じられた。そこで、人々はその盲人を呼んで言った、「喜べ、立て、おまえを呼んでおられる」。

10:50 そこで彼は上着を脱ぎ捨て、踊りあがってイエスのもとにきた。

10:51 イエスは彼にむかって言われた、「わたしに何をしてほしいのか」。その盲人は言った、「先生、見えるようになることです」。

10:52 そこでイエスは言われた、「行け、あなたの信仰があなたを救った」。すると彼は、たちまち見えるようになり、イエスに従って行った。

 

文語訳1917

"411046","かくて彼らエリコに到る。イエスその弟子たち及び大なる群衆と共に、エリコを出でたまふ時、テマイの子バルテマイといふ盲目の乞食、路の傍に坐しをりしが、"

"411047","ナザレのイエスなりと聞き、叫び出して言ふ『ダビデの子イエスよ、我を憫みたまへ』"

"411048","多くの人かれを禁めて默さしめんとしたれど、ますます叫びて『ダビデの子よ、我を憫みたまへ』と言ふ。"

"411049","イエス立ち止りて『かれを呼べ』と言ひ給へば、人々盲人を呼びて言ふ『心安かれ、起て、なんぢを呼びたまふ』"

"411050","盲人うはぎを脱ぎ捨て、躍り上りて、イエスの許に來りしに、"

"411051","イエス答へて言ひ給ふ『わが汝に何を爲さんことを望むか』盲人いふ『わが師よ、見えんことなり』"

"411052","イエス彼に『ゆけ、汝の信仰なんぢを救へり』と言ひ給へば、直ちに見ることを得、イエスに從ひて途を往けり。"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 20:29-34

20:29 一行がエリコ(の町)を出ると、大勢の群衆がイエスについて来た。

20:30 すると二人の盲人が道ばたに坐っていたが、イエスのお通りだと聞くと、「主よ、ダビデのお子様よ、どうぞお慈悲を」と言って叫んだ。

20:31 群衆が叱りつけて黙らせようとしたが、二人はますます大声で、「主よ、ダビデのお子様よ、どうぞお慈悲をと言って叫んだ。

20:32 イエスは立ち止まって、二人を呼んで言われた、「何をしてもらいたいのか。」

20:33 彼がこたえる、「主よ、目があくといい。」

20:34 イエスが不憫に思ってその目にさわられると、すぐ見えるようになって、イエスについて行った。

 

塚本訳 マタ 9:27-31

9:27 そこから出かけられると、二人の盲人が「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と言って叫びながら、イエスについて来た。

9:28 そして家にかえられると、盲人たちがそばに来たので、イエスが言われる、「わたしにそれが出来ると信じるのか。」「はい、主よ」と二人がこたえる。

9:29 そこで彼らの目にさわり、「あなた達の信仰のとおりに成れ」と言われると、

9:30 二人の目があいた。するとイエスは(急に)いきり立ち、二人にむかって、「気をつけて、だれにも知られないようにせよ」と言われた。

9:31 しかし彼らは出てゆくと、その土地全体にイエスのことをふれまわった。

 

塚本訳 ルカ 18:35-43

18:35 エリコの(町の)近くに来られた時のこと、ひとりの盲人が道ばたに坐って物乞いをしていた。

18:36 群衆が通り過ぎる音を聞くと、あれは何ごとかとたずねた。

18:37 人々がナザレ人イエスのお通りだとおしえてやると、

18:38 盲人は、「ダビデの子のイエス様、どうぞお慈悲を」と言って叫んだ。

18:39 先頭に立っていた人たちが叱りつけて黙らせようとしたが、かえってますます、「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と叫びつづけた。

18:40 イエスは立ち止まって、盲人をつれてくるように命じられた。盲人が近づいてくると尋ねられた。

18:41 「何をしてもらいたいのか。」彼がこたえた、「主よ、見えるようになりたい。」

18:42 そこでイエスが、「見えるようになれ。あなたの信仰がなおした」と言われると、

18:43 たちどころに見えるようになって、神を讃美しながらイエスについて行った。人々は皆これを見て、神に讃美をささげた。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 マタ 9:22

9:22 イエスは振り向いて、彼女を見ながら言われた。「娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。」そのとき、彼女は治った。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 1:3-4

1:3 御子に関するものである。御子は、肉によればダビデの子孫から生れ、

1:4 聖なる霊によれば、死人からの復活により、御力をもって神の御子と定められた。これがわたしたちの主イエス・キリストである。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************