****************************************

マタイ9:1−8

中風をなおす

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

400901そこで彼は、舟に乗って〔湖の向こう岸へ〕渡り、自分の町へやって来た。

400902すると見よ、人々が彼のもとに、一人の中風患者を寝台に伏させたまま運んで来るところであった。するとイエスは彼らの信仰を見て、中風の者に言った、「しっかりしなさい、子よ、あなたの罪は〔これで〕赦される」。

400903すると見よ、律法学者たちの幾人かが自分たちの中で言った、「こいつは〔神を〕冒涜している」。

400904するとイエスは彼らの思いを見てとって言った、「なぜお前たちは、心の中で悪しきことを思っているのか。

400905なぜなら、『あなたの罪は〔これで〕赦される』と言うのと、『起きよ、そして歩きまわれ』と言うのと、どちらがたやすいか。

400906しかし、人の子が罪を赦す権能を地上において持つことを、お前たちが承服するために」――そのとき彼は中風の者に言う――「起きて、あなたの寝台を担ぎなさい、そしてあなたの家に行きなさい」。

400907すると彼は起き上がって自分の家に去って行った。

400908さて、群集はこれを見て恐れ、このような権能を人間たちに与えた神を賛美した。

 

新共同訳1987

9:1 イエスは舟に乗って湖を渡り、自分の町に帰って来られた。

9:2 すると、人々が中風の人を床に寝かせたまま、イエスのところへ連れて来た。イエスはその人たちの信仰を見て、中風の人に、「子よ、元気を出しなさい。あなたの罪は赦される」と言われた。

9:3 ところが、律法学者の中に、「この男は神を冒涜している」と思う者がいた。

9:4 イエスは、彼らの考えを見抜いて言われた。「なぜ、心の中で悪いことを考えているのか。

9:5 『あなたの罪は赦される』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。

9:6 人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」そして、中風の人に、「起き上がって床を担ぎ、家に帰りなさい」と言われた。

9:7 その人は起き上がり、家に帰って行った。

9:8 群衆はこれを見て恐ろしくなり、人間にこれほどの権威をゆだねられた神を賛美した。

 

前田訳1978

9:1 そこで彼は舟に乗って湖を渡り、おのが町へ来られた。

9:2 すると見よ、床についた中風やみを運んで来た人々がある。イエスは彼らの信仰を見て中風やみにいわれた、「安心なさい、わが子よ、あなたの罪はゆるされます」と。

9:3 すると数名の学者が心の中でいった、この人はけがしごとをいう、と。

9:4 イエスは彼らの心を見抜いていわれる、「何ゆえ心の中に悪を考えるか。

9:5 『あなたの罪はゆるされる』というのと、『起きて歩め』というのと、どちらがやさしいか。

9:6 しかし人の子が地上で罪をゆるす権威を持つことをあなた方に知らせよう」と。そこで中風やみにいわれる、「起きてあなたの床をあげて家にお帰り」と。

9:7 すると彼は起きて家へと立ち去った。

9:8 それを見た群衆は畏敬し、そのような権威を人々に与えたもうた神をたたえた。

 

新改訳1970

9:1 イエスは舟に乗って湖を渡り、自分の町に帰られた。

9:2 すると、人々が中風の人を床に寝かせたままで、みもとに運んで来た。イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。しっかりしなさい。あなたの罪は赦された。」と言われた。

9:3 すると、律法学者たちは、心の中で、「この人は神をけがしている。」と言った。

9:4 イエスは彼らの心の思いを知って言われた。「なぜ、心の中で悪いことを考えているのか。

9:5 『あなたの罪は赦された。』と言うのと、『起きて歩け。』と言うのと、どちらがやさしいか。

9:6 人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。」こう言って、それから中風の人に、「起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい。」と言われた。

9:7 すると、彼は起きて家に帰った。

9:8 群衆はそれを見て恐ろしくなり、こんな権威を人にお与えになった神をあがめた。

 

塚本訳1963

9:1 それから舟に乗って(湖を)渡り、自分の町(カペナウム)に来られた。

9:2 するとそこに、人々が寝床にねている一人の中風の者をつれて来た。イエスはその人たちの信仰を見て(驚き)、中風の者に言われた、「子よ、安心せよ、いまあなたの罪は赦された。」

9:3 すると数人の聖書学者がひそかに思った、「この人は神を冒涜している。」

9:4 イエスは彼らの考えを知って言われた、「なぜ悪いことを心の中で考えているのか。

9:5 あなたの罪は赦された、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、いったいどちらがたやすい(と思う)か。

9:6 では、人の子(わたし)は地上で罪を赦す全権を持っていることを知らせてやろう」と言っておいて、中風の者に言われる、「起きて寝床をかついで、家に帰りなさい。」

9:7 すると彼は起き上がって、家に帰って行った。

9:8 群衆はそれを見て恐ろしくなり、こんな全権を人に授けられた神を賛美した。

 

口語訳1955

9:1 さて、イエスは舟に乗って海を渡り、自分の町に帰られた。

9:2 すると、人々が中風の者を床の上に寝かせたままでみもとに運んできた。イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪はゆるされたのだ」と言われた。

9:3 すると、ある律法学者たちが心の中で言った、「この人は神を汚している」。

9:4 イエスは彼らの考えを見抜いて、「なぜ、あなたがたは心の中で悪いことを考えているのか。

9:5 あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。

9:6 しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。

9:7 すると彼は起きあがり、家に帰って行った。

9:8 群衆はそれを見て恐れ、こんな大きな権威を人にお与えになった神をあがめた。

 

文語訳1917

"400901","イエス舟にのり、渡りて己が町にきたり給ふ。"

"400902","視よ、中風にて床に臥しる者を、人々みもとに連れ來れり。イエス彼らの信仰を見て、中風の者に言ひたまふ『子よ、心安かれ、汝の罪ゆるされたり』"

"400903","視よ、或學者ら心の中にいふ『この人は神を涜すなり』"

"400904","イエスその思を知りて言ひ給ふ『何ゆゑ心に惡しき事をおもふか。"

"400905","汝の罪ゆるされたりと言ふと、起きて歩めと言ふと、孰か易き。"

"400906","人の子地にて罪を赦す權威あることを汝らに知らせん爲に』・・ここに中風の者に言ひ給ふ・・『起きよ、床をとりて汝の家にかへれ』"

"400907","彼おきてその家にかへる。"

"400908","群衆これを見ておそれ、かかる能力を人にあたへ給へる神を崇めたり。"

 

****************************************

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マコ 2:1-12

2:1 数日の後、カペナウムにかえられると、家におられることがすぐ知れわたって、

2:2 もはや門口にも場所がないほど、大勢の人が集まってきた。この人たちに御言葉を語っておられると、

2:3 人々が一人の中風の者を、四人にかつがせてつれて来る。

2:4 群衆のためイエスのところにつれて行けないので、おいでになる所の(上の)屋根をはがして穴をあけ、中風の者を担架に寝かせたまま(イエスの前に)吊りおろす。

2:5 イエスはその人たちの信仰を見て(驚き)、中風の者に言われる、「子よ、いまあなたの罪は赦された。」

2:6 数人の聖書学者がそこに坐っていたが、心の中で考えた、

2:7 「この人はなぜあんなことを言うのだろう。冒涜だ。神お一人のほか、だれが罪を赦せよう。」

2:8 イエスは彼らがひそかにこう考えているのを、すぐ霊で見抜いて、「なんで、そんなことを心の中で考えているのか。

2:9 この中風の者に、あなたの罪は赦された、と言うのと、起きて担架をかついで歩け、と言うのと、どちらがたやすい(と思う)か。

2:10 では、人の子(わたし)は地上で罪を赦す全権を持っていることを知らせてやろう」と彼らに言いながら、中風の者に言われる、

2:11 「あなたに命令する、起きて担架をかついで、家に帰りなさい。」

2:12 すると彼は起き上がり、すぐ担架をかついで、皆の見ている前を出ていった。皆が呆気にとられ、「こんなことはかって見たことがない」と言って、神を讃美した。

 

塚本訳 ルカ 5:17-26

5:17 ある日のこと、イエスが(人々を)教えておられると、パリサイ人と律法学者が坐って(聞いて)いた。この人々はガリラヤとユダヤのすべての村から、ことにエルサレムから来たのである。主の力がイエスに臨んで病気を直させた。

5:18 するとそこに、数人の人が一人の中風にかかった人を寝床にのせてつれて来た。(家の中に)運び込んでイエスの前に置こうとしたが、

5:19 群衆のためどうしても運び込む方法がないので、屋根に上って瓦(をはがし、そ)の間から、寝床ごと、人々の真中、イエスの前に吊りおろした。

5:20 イエスはその人たちの信仰を見て(驚き、中風の者に)言われた、「君、あなたの罪は赦されている。」

5:21 聖書学者とパリサイ人は考え始めた、「冒涜を言うこの人はいったい何者だろう。ただ神のほか、だれが罪を赦せよう。」

5:22 イエスは彼らの考えを見抜いて、「何を心の中で考えているのか。

5:23 あなたの罪は赦されている、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすい(と思う)か。

5:24 では、人の子(わたし)は地上で罪を赦す全権を持っていることを知らせてやろう」と彼らに言いながら、中風の者に言われた、「あなたに命令する、起きて、寝床をかついで家にかえりなさい。」

5:25 すると彼は即座に人々の目の前で立ち上がり、床をかついで、神を讃美しながら家にかえって行った。

5:26 皆が感動して神を讃美し、恐れに満たされて、「きょうは不思議なことを見た」と言った。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マコ 1:21

1:21 一行はカファルナウムに着いた。イエスは、安息日に会堂に入って教え始められた。

 

新共同 ヨハ 10:33

10:33 ユダヤ人たちは答えた。「善い業のことで、石で打ち殺すのではない。神を冒涜したからだ。あなたは、人間なのに、自分を神としているからだ。」

 

新共同 ルカ 5:22

5:22 イエスは、彼らの考えを知って、お答えになった。「何を心の中で考えているのか。

 

新共同 マタ 28:18

28:18 イエスは、近寄って来て言われた。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

口語訳 ロマ 5:11

5:11 そればかりではなく、わたしたちは、今や和解を得させて下さったわたしたちの主イエス・キリストによって、神を喜ぶのである。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

新共同 使  23:11

23:11 その夜、主はパウロのそばに立って言われた。「勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。」

 

新共同 コロ 1:14

1:14 わたしたちは、この御子によって、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。

 

新共同 使  4:21

4:21 議員や他の者たちは、二人を更に脅してから釈放した。皆の者がこの出来事について神を賛美していたので、民衆を恐れて、どう処罰してよいか分からなかったからである。

 

新共同 使  21:20

21:20 これを聞いて、人々は皆神を賛美し、パウロに言った。「兄弟よ、ご存じのように、幾万人ものユダヤ人が信者になって、皆熱心に律法を守っています。

 

新共同 Uコリ9:13

9:13 この奉仕の業が実際に行われた結果として、彼らは、あなたがたがキリストの福音を従順に公言していること、また、自分たちや他のすべての人々に惜しまず施しを分けてくれることで、神をほめたたえます。

 

新共同 ガラ 1:24

1:24 わたしのことで神をほめたたえておりました。

 

新共同 Tペテ2:12

2:12 また、異教徒の間で立派に生活しなさい。そうすれば、彼らはあなたがたを悪人呼ばわりしてはいても、あなたがたの立派な行いをよく見て、訪れの日に神をあがめるようになります。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

マタイ9:9−13

税金取りマタイ

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

400909またイエスは、そこから出て通りすがりに、マタイと呼ばれた一人の人物が収税所に座っているのを見、彼に言う、「私に従って来なさい」。すると彼は立ち上がって、イエスに従った。

400910さて、家でイエスが食事の席についていると、見よ、多くの徴税人や罪人がやって来て、イエスとその弟子たちと共に食事の席についた。

400911するとファリサイ人(びと)たちが〔これを〕見て、彼の弟子たちに言い始めた、「なぜお前たちの先生は、徴税人どもや罪人らと一緒に食事などをするのか」。

400912しかし彼は〔これを〕聞いて言った、「丈夫な者に医者はいらない、いるのは病んでいる者だ。

400913そこで、行って、私の望むのは憐れみであって、犠牲ではないということが何であるか学んで来い。なぜなら、私は『義人』どもを呼ぶためではなく、『罪人』たちを呼ぶために来たからである」。

 

新共同訳1987

9:9 イエスはそこをたち、通りがかりに、マタイという人が収税所に座っているのを見かけて、「わたしに従いなさい」と言われた。彼は立ち上がってイエスに従った。

9:10 イエスがその家で食事をしておられたときのことである。徴税人や罪人も大勢やって来て、イエスや弟子たちと同席していた。

9:11 ファリサイ派の人々はこれを見て、弟子たちに、「なぜ、あなたたちの先生は徴税人や罪人と一緒に食事をするのか」と言った。

9:12 イエスはこれを聞いて言われた。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。

9:13 『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、行って学びなさい。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」

 

前田訳1978

9:9 イエスはそこを去るとマタイという人が取税所にすわっているのを見受けて、彼にいわれる、「わたしについて来なさい」と。すると立って従った。

9:10 イエスが家で食卓につかれると、見よ、多くの取税人と罪びとが来てイエスと弟子たちと同席した。

9:11 するとパリサイ人が見て弟子たちにいった、「なぜあなた方の先生は取税人や罪びとと食をともにするのか」と。

9:12 彼は聞いていわれた、「医者を要するのは健康人ではなくて病人である。

9:13 出かけて学びなさい、『わが欲するはあわれみでいけにえではない』とは何か、を。わたしが招きに来たのは義人をではなく罪びとをである」と。

 

新改訳1970

9:9 イエスは、そこを去って道を通りながら、収税所にすわっているマタイという人をご覧になって、「わたしについて来なさい。」と言われた。すると彼は立ち上がって、イエスに従った。

9:10 イエスが家で食事の席に着いておられるとき、見よ、取税人や罪人が大ぜい来て、イエスやその弟子たちといっしょに食卓に着いていた。

9:11 すると、これを見たパリサイ人たちが、イエスの弟子たちに言った。「なぜ、あなたがたの先生は、取税人や罪人といっしょに食事をするのですか。」

9:12 イエスはこれを聞いて言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。

9:13 『わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない。』とはどういう意味か、行って学んで来なさい。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」

 

塚本訳1963

9:9 イエスはそこから出かけて、(湖のほとりで)マタイという人が税務所に坐っているのを見て、「わたしについて来なさい」と言われると、立って従った。

9:10 イエスが家で食卓についておられるたときのこと、大勢の税金取りや罪人も来て、イエスや弟子たちと同席していた。

9:11 パリサイ人はこれを見て、弟子たちに言った、「なぜあなた達の先生は、税金取りや罪人と一しょに食事をするのか。」

9:12 聞いて言われた、「丈夫な者に医者はいらない、医者のいるのは病人である。

9:13 『わたしは憐れみを好み、犠牲を好まない』という(神の言葉の)意味を、行って、勉強したがよかろう。わたしは正しい人を招きに来たのではない、罪人を招きに来たのである。」

 

口語訳1955

9:9 さてイエスはそこから進んで行かれ、マタイという人が収税所にすわっているのを見て、「わたしに従ってきなさい」と言われた。すると彼は立ちあがって、イエスに従った。

9:10 それから、イエスが家で食事の席についておられた時のことである。多くの取税人や罪人たちがきて、イエスや弟子たちと共にその席に着いていた。

9:11 パリサイ人たちはこれを見て、弟子たちに言った、「なぜ、あなたがたの先生は、取税人や罪人などと食事を共にするのか」。

9:12 イエスはこれを聞いて言われた、「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。

9:13 『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、学んできなさい。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」。

 

文語訳1917

"400909","イエス此處より進みて、マタイといふ人の収税所に坐しをるを見て『我に從へ』と言ひ給へば、立ちて從へり。"

"400910","家にて食事の席につき居給ふとき、視よ、多くの取税人・罪人ら來りて、イエス及び弟子たちと共に列る。"

"400911","パリサイ人これを見て弟子たちに言ふ『なに故なんぢらの師は、取税人・罪人らと共に食するか』"

"400912","之を聞きて、言ひたまふ『健かなる者は醫者を要せず、ただ、病める者これを要す。"

"400913","なんぢら往きて學べ「われ憐憫を好みて、犠牲を好まず」とは如何なる意ぞ。我は正しき者を招かんとにあらで、罪人を招かんとて來れり』"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マコ 2:18-22

2:18 (ある断食日に洗礼者)ヨハネの弟子とパリサイ人が断食をしていると、人々が来てイエスに言う、「ヨハネの弟子とパリサイ人の弟子は断食をするのに、なぜあなたの弟子は断食をしないのか。」

2:19 イエスは言われた、「婚礼の客は花婿がまだ一しょにいるうちに、断食(をして悲しむこと)が出来ようか。(もちろん)花婿と一しょにいる間に断食は出来ない。

2:20 しかしいまに花婿を奪いとられる時が来る。その時、彼らは(いやでも)断食をするであろう。

2:21 真新しい布切れで古い着物に継ぎをあてる者はない。そんなことをすれば、新しい当て切は古い着物をひきさき、裂け目はますますひどくなる。

2:22 また新しい酒を古い皮袋に入れる者はない。そんなことをすれば、酒は皮袋を破って、酒も皮袋もだめになる。」

 

塚本訳 ルカ 5:33-39

5:33 彼らがイエスに言った、「(洗礼者)ヨハネの弟子はしばしば断食をし、祈りをするのに、あなたの弟子は(平気で)飲み食いしている。」

5:34 イエスは言われた、「あなた達は花婿がまだ一しょにいるうちに、婚礼の客に(悲しみの)断食をさせることが出来るのか。

5:35 しかしいまに(悲しみの)時が来て、花婿が奪いとられたら、その時、彼らは(いやでも)断食をするであろう。」

5:36 なお一つの譬を彼らに話された、「新しい着物を切って、古い着物に継ぎをする者はない。そんなことをすれば、新しい着物も疵ものになり、新しいのから切った継ぎも古いのにあわない。

5:37 また新しい酒を古い皮袋に入れる者はない。そんなことをすれば、新しい酒は皮袋を破って流れ出し、皮袋もだめになるであろう。

5:38 新しい酒は新しい皮袋に入れねばならない。

5:39 また、古い酒を飲んだ者は、新しいのをほしがらない。『古い方が甘い』と言って。」

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マタ 8:22

8:22 イエスは言われた。「わたしに従いなさい。死んでいる者たちに、自分たちの死者を葬らせなさい。」

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

口語訳 Tコリ5:9-11

5:9 わたしは前の手紙で、不品行な者たちと交際してはいけないと書いたが、

5:10 それは、この世の不品行な者、貪欲な者、略奪をする者、偶像礼拝をする者などと全然交際してはいけないと、言ったのではない。もしそうだとしたら、あなたがたはこの世から出て行かねばならないことになる。

5:11 しかし、わたしが実際に書いたのは、兄弟と呼ばれる人で、不品行な者、貪欲な者、偶像礼拝をする者、人をそしる者、酒に酔う者、略奪をする者があれば、そんな人と交際をしてはいけない、食事を共にしてもいけない、ということであった。

 

口語訳 ロマ 3:9

3:9 すると、どうなるのか。わたしたちには何かまさったところがあるのか。絶対にない。ユダヤ人もギリシヤ人も、ことごとく罪の下にあることを、わたしたちはすでに指摘した。

 

口語訳 Tコリ6:9

6:9 それとも、正しくない者が神の国をつぐことはないのを、知らないのか。まちがってはいけない。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、盗む者、

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

新共同 Tテモ1:15

1:15 「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します。わたしは、その罪人の中で最たる者です。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

  

 

****************************************

マタイ9:14−17

断食問題

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

400914そのあと、ヨハネの弟子たちが彼のもとにやって来て言う、「なぜわれわれとファリサイ人たちは〔熱心に〕断食しているのに、あなたの弟子たちは断食しないのか」。

400915そこでイエスは彼らに言った、「新婚の部屋の子らは、花婿が一緒にいる間は悲しむことができるであろうか。しかし、花婿が彼らから奪い去られる日々が来るであろう。そのときこそ、彼らは断食するであろう。

400916誰も、晒していない布の当て切れを古い着物の上に当てはしない。なぜならば、新しい当て布は着物そのものから裂けて取れ、破れはいっそうひどくなるであろうから。

400917また、人々は新しい酒を古い革袋には入れない。そんなことをするならば、革袋は破れ裂け、酒はこぼれ出、革袋も駄目になってしまうであろう。そうではなく、人々は新しい酒は新しい革袋に入れるものだ。そうすれば双方とも安全に保たれる」。

 

新共同訳1987

9:14 そのころ、ヨハネの弟子たちがイエスのところに来て、「わたしたちとファリサイ派の人々はよく断食しているのに、なぜ、あなたの弟子たちは断食しないのですか」と言った。

9:15 イエスは言われた。「花婿が一緒にいる間、婚礼の客は悲しむことができるだろうか。しかし、花婿が奪い取られる時が来る。そのとき、彼らは断食することになる。

9:16 だれも、織りたての布から布切れを取って、古い服に継ぎを当てたりはしない。新しい布切れが服を引き裂き、破れはいっそうひどくなるからだ。

9:17 新しいぶどう酒を古い革袋に入れる者はいない。そんなことをすれば、革袋は破れ、ぶどう酒は流れ出て、革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。そうすれば、両方とも長もちする。」

 

前田訳1978

9:14 そのころ彼のところにヨハネの弟子が来ていう、「なぜわれらとパリサイ人は断食するのに、あなたの弟子は断食しないのか」と。

9:15 そこでイエスは彼らにいわれる、「花むこがともにいる間、婚礼の客は悲しめようか。花むこが取られる日が来よう。そのときには彼らは断食しよう。

9:16 だれも織りたての布で古い衣につぎをあてない。つぎは衣からやぶけて、裂け目は前よりひどくなる。

9:17 新しい酒を古い革袋に入れる人もいない。さもないと皮袋は裂け、酒はこぼれて皮袋は使えなくなる。新しい酒は新しい皮袋に入れるもの。すればともに長持ちする」と。

 

新改訳1970

9:14 するとまた、ヨハネの弟子たちが、イエスのところに来てこう言った。「私たちとパリサイ人は断食するのに、なぜ、あなたの弟子たちは断食しないのですか。」

9:15 イエスは彼らに言われた。「花婿につき添う友だちは、花婿がいっしょにいる間は、どうして悲しんだりできましょう。しかし、花婿が取り去られる時が来ます。その時には断食します。

9:16 だれも、真新しい布切れで古い着物の継ぎをするようなことはしません。そんな継ぎ切れは着物を引き破って、破れがもっとひどくなるからです。

9:17 また、人は新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。そんなことをすれば、皮袋は裂けて、ぶどう酒が流れ出てしまい、皮袋もだめになってしまいます。新しいぶどう酒を新しい皮袋に入れれば、両方とも保ちます。」

 

塚本訳1963

9:14 そのあと、洗礼者ヨハネの弟子がイエスの所に来て言う、「わたし達とパリサイ人とは断食をするのに、なぜあなたの弟子は断食をしないのか。」

9:15 イエスは言われた、「婚礼の客は花婿がまだ一しょにいる間に、(断食をして)悲しむことが出来ようか。しかしいまに花嫁を奪いとられる時が来る。すると彼らは(いやでも)断食をするであろう。

9:16 真新しい布切で古い着物に継ぎをする者はない。当て切は着物をひきさき、裂け目はますますひどくなるからである。

9:17 新しい酒を古い皮袋に入れることもしない。そんなことをすれば、皮袋が破れて酒は流れ出し、皮袋もだめになる。新しい酒は新しい皮袋に入れる。そうすれば両方とも安全である。」

 

口語訳1955

 9:14 そのとき、ヨハネの弟子たちがイエスのところにきて言った、「わたしたちとパリサイ人たちとが断食をしているのに、あなたの弟子たちは、なぜ断食をしないのですか」。

9:15 するとイエスは言われた、「婚礼の客は、花婿が一緒にいる間は、悲しんでおられようか。しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その時には断食をするであろう。

9:16 だれも、真新しい布ぎれで、古い着物につぎを当てはしない。そのつぎきれは着物を引き破り、そして、破れがもっとひどくなるから。

9:17 だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだになる。だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。そうすれば両方とも長もちがするであろう」。

 

文語訳1917

"400914","ここにヨハネの弟子たち御許にきたりて言ふ『われらとパリサイ人とは斷食するに、何故なんぢの弟子たちは斷食せぬか』"

"400915","イエス言ひたまふ『新郎の友だち、新郎と偕にをる間は、悲しむことを得んや。されど新郎をとらるる日きたらん、その時には斷食せん。"

"400916","誰も新しき布の裂を舊き衣につぐことは爲じ、補ひたる裂は、その衣をやぶりて、破綻さらに甚だしかるべし。"

"400917","また新しき葡萄酒をふるき革嚢に入るることは爲じ。もし然せば、嚢はりさけ酒ほどばしり出でて、嚢もまた廢らん。新しき葡萄酒は新しき革嚢にいれ、かくて兩ながら保つなり』"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マコ 2:18-22

2:18 (ある断食日に洗礼者)ヨハネの弟子とパリサイ人が断食をしていると、人々が来てイエスに言う、「ヨハネの弟子とパリサイ人の弟子は断食をするのに、なぜあなたの弟子は断食をしないのか。」

2:19 イエスは言われた、「婚礼の客は花婿がまだ一しょにいるうちに、断食(をして悲しむこと)が出来ようか。(もちろん)花婿と一しょにいる間に断食は出来ない。

2:20 しかしいまに花婿を奪いとられる時が来る。その時、彼らは(いやでも)断食をするであろう。

2:21 真新しい布切れで古い着物に継ぎをあてる者はない。そんなことをすれば、新しい当て切は古い着物をひきさき、裂け目はますますひどくなる。

2:22 また新しい酒を古い皮袋に入れる者はない。そんなことをすれば、酒は皮袋を破って、酒も皮袋もだめになる。」

 

塚本訳 ルカ 5:33-39

5:33 彼らがイエスに言った、「(洗礼者)ヨハネの弟子はしばしば断食をし、祈りをするのに、あなたの弟子は(平気で)飲み食いしている。」

5:34 イエスは言われた、「あなた達は花婿がまだ一しょにいるうちに、婚礼の客に(悲しみの)断食をさせることが出来るのか。

5:35 しかしいまに(悲しみの)時が来て、花婿が奪いとられたら、その時、彼らは(いやでも)断食をするであろう。」

5:36 なお一つの譬を彼らに話された、「新しい着物を切って、古い着物に継ぎをする者はない。そんなことをすれば、新しい着物も疵ものになり、新しいのから切った継ぎも古いのにあわない。

5:37 また新しい酒を古い皮袋に入れる者はない。そんなことをすれば、新しい酒は皮袋を破って流れ出し、皮袋もだめになるであろう。

5:38 新しい酒は新しい皮袋に入れねばならない。

5:39 また、古い酒を飲んだ者は、新しいのをほしがらない。『古い方が甘い』と言って。」

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マタ 22:2

22:2 「天の国は、ある王が王子のために婚宴を催したのに似ている。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

口語訳 Tコリ3:1-2

3:1 兄弟たちよ。わたしはあなたがたには、霊の人に対するように話すことができず、むしろ、肉に属する者、すなわち、キリストにある幼な子に話すように話した。

3:2 あなたがたに乳を飲ませて、堅い食物は与えなかった。食べる力が、まだあなたがたになかったからである。今になってもその力がない。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

口語訳 Uコリ5:17

5:17 だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。

 

口語訳 ガラ 4:9

4:9 しかし、今では神を知っているのに、否、むしろ神に知られているのに、どうして、あの無力で貧弱な、もろもろの霊力に逆もどりして、またもや、新たにその奴隷になろうとするのか。

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マタイ9:18−26

役人の娘と長血の女

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

400918彼が彼らにこれらのことを語っていた時、見よ、一人の役人がやって来て、彼を伏し拝んで言う、「私の娘が今死にました。しかしおいで下さり、娘の上に御手を置いて下さい。そうすれば娘は生き〔返り〕ます」。

400919するとイエスは起き上がって、彼の後について行った。イエスの弟子たちも〔同様について行った〕。

400920さて、見よ、〔ここに〕十二年もの間、出血を患っている一人の女がいたが、後ろから〔彼に〕近づき、彼の着物の縁(へり)に触れた。

400921「あの方の着物に触るだけでも、私は救われる」と彼女は自分の中で思っていたからである。

400922そこでイエスは振り返って彼女を見て言った、「しっかりしなさい、娘よ、あなたの信仰が今あなたを救ったのだ」。すると彼女はその時より救われた。

400923そしてイエスは役人の家にやって来、笛吹きたちや群集がうるさく騒いでいるのを見ると、

400924言った、「去れ、なぜなら少女は死んだのではなく、眠っている〔だけ〕だ」。そこで彼らは、彼をあざ笑い出した。

400925しかし彼は、群集が外に追い出された時、〔中に〕入って行き、彼女の手を取った。すると少女は起こされた。

400926そこでこの〔彼の〕名声は、その地一帯に広まった。

 

新共同訳1987

9:18 イエスがこのようなことを話しておられると、ある指導者がそばに来て、ひれ伏して言った。「わたしの娘がたったいま死にました。でも、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、生き返るでしょう。」

9:19 そこで、イエスは立ち上がり、彼について行かれた。弟子たちも一緒だった。

9:20 すると、そこへ十二年間も患って出血が続いている女が近寄って来て、後ろからイエスの服の房に触れた。

9:21 「この方の服に触れさえすれば治してもらえる」と思ったからである。

9:22 イエスは振り向いて、彼女を見ながら言われた。「娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。」そのとき、彼女は治った。

9:23 イエスは指導者の家に行き、笛を吹く者たちや騒いでいる群衆を御覧になって、

9:24 言われた。「あちらへ行きなさい。少女は死んだのではない。眠っているのだ。」人々はイエスをあざ笑った。

9:25 群衆を外に出すと、イエスは家の中に入り、少女の手をお取りになった。すると、少女は起き上がった。

9:26 このうわさはその地方一帯に広まった。

 

前田訳1978

9:18 こう彼らに話しておられるところへ、見よ、ひとりの司が来て、ひれ伏していう、「娘がいま死にました。しかしいらしてお手を置いてくだされば生き返るでしょう」と。

9:19 イエスは立ちあがって彼について行かれた。弟子たちもいっしょであった。

9:20 すると見よ、十二年長血の女が近よって、うしろからお着物の裾にさわった。

9:21 彼女はひそかに思っていた、「お着物の裾にさえさわれば救われよう」と。

9:22 イエスは振り向き、彼女を見ていわれた、「安心なさい、娘よ、あなたの信仰があなたを救った」と。すると女はそのときから救われた。

9:23 イエスは司の家へ来て笛吹きや騒ぐ群衆を見るといわれた、

9:24 「立ち去りなさい。少女は死んだのではなく眠っているのだ」と。彼らはイエスをあざ笑った。

9:25 群衆が外へ出されると彼は入って少女の手をお取りになった。すると少女は起きあがった。

9:26 このうわさがその土地一帯にひろまった。

 

新改訳1970

9:18 イエスがこれらのことを話しておられると、見よ、ひとりの会堂管理者が来て、ひれ伏して言った。「私の娘がいま死にました。でも、おいでくださって、娘の上に御手を置いてやってください。そうすれば娘は生き返ります。」

9:19 イエスが立って彼について行かれると、弟子たちもついて行った。

9:20 すると、見よ。十二年の間長血をわずらっている女が、イエスのうしろに来て、その着物のふさにさわった。

9:21 「お着物にさわることでもできれば、きっと直る。」と心のうちで考えていたからである。

9:22 イエスは、振り向いて彼女を見て言われた。「娘よ。しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを直したのです。」すると、女はその時から全く直った。

9:23 イエスはその管理者の家に来られて、笛吹く者たちや騒いでいる群衆を見て、

9:24 言われた。「あちらに行きなさい。その子は死んだのではない。眠っているのです。」すると、彼らはイエスをあざ笑った。

9:25 イエスは群衆を外に出してから、うちにおはいりになり、少女の手を取られた。すると少女は起き上がった。

9:26 このうわさはその地方全体に広まった。

 

塚本訳1963

9:18 こう話しておられると、そこに一人の(礼拝堂の)役人が進み出て、しきりに願って言った、「わたしの娘がたったいま死にました。それでも、どうか行って、手をのせてやってください。そうすれば生き返りますから。」

9:19 イエスは立ち上がって彼について行かれた、弟子たちも一しょに。

9:20 するとそこに、十二年も長血にかかっていた女が近寄ってきて、後ろからイエスの上着の裾にさわった。

9:21 「お召物にさわるだけでも、なおるにちがいない」と、ひそかに思ったのである。

9:22 イエスは振り向いて、女を見ながら言われた、「娘よ、安心しなさい、あなたの信仰がなおした。」するとちょうどその時から、女はなおった。

9:23 やがてイエスは役人の家に着いて、笛吹き男と騒いでいる群衆とを見ると、

9:24 言われた、「あちらに行っておれ。少女は死んだのではない、眠っているのだから。」人々はあざ笑っていた。

9:25 群衆が外に出されると、イエスは(部屋に)入っていって少女の手をお取りになった。すると少女は起き上がった。

9:26 この評判がその土地全体に広まった。

 

口語訳1955

9:18 これらのことを彼らに話しておられると、そこにひとりの会堂司がきて、イエスを拝して言った、「わたしの娘がただ今死にました。しかしおいでになって手をその上においてやって下さい。そうしたら、娘は生き返るでしょう」。

9:19 そこで、イエスが立って彼について行かれると、弟子たちも一緒に行った。

9:20 するとそのとき、十二年間も長血をわずらっている女が近寄ってきて、イエスのうしろからみ衣のふさにさわった。

9:21 み衣にさわりさえすれば、なおしていただけるだろう、と心の中で思っていたからである。

9:22 イエスは振り向いて、この女を見て言われた、「娘よ、しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです」。するとこの女はその時に、いやされた。

9:23 それからイエスは司の家に着き、笛吹きどもや騒いでいる群衆を見て言われた。

9:24 「あちらへ行っていなさい。少女は死んだのではない。眠っているだけである」。すると人々はイエスをあざ笑った。

9:25 しかし、群衆を外へ出したのち、イエスは内へはいって、少女の手をお取りになると、少女は起きあがった。

9:26 そして、そのうわさがこの地方全体にひろまった。

 

 文語訳1917

"400918","イエス此等のことを語りゐ給ふとき、視よ、一人の司きたり、拜して言ふ『わが娘いま死にたり。されど來りて御手を之におき給はば活きん』"

"400919","イエス起ちて彼に伴ひ給ふに、弟子たちも從ふ。"

"400920","視よ、十二年血漏を患ひゐたる女、イエスの後にきたりて、御衣の總にさはる。"

"400921","それは、御衣にだに觸らば救はれんと心の中にいへるなり。"

"400922","イエスふりかへ閨A女を見て言ひたまふ『娘よ、心安かれ、汝の信仰なんぢを救へり』女この時より救はれたり。"

"400923","かくてイエス司の家にいたり、笛ふく者と騒ぐ群衆とを見て言ひたまふ、"

"400924","『退け、少女は死にたるにあらず、寐ねたるなり』人々イエスを嘲笑ふ。"

"400925","群衆の出されし後、いりてその手をとり給へば、少女おきたり。"

"400926","この聲聞あまねく其の地に弘りぬ。"

 

***************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マコ 5:21-43

5:21 イエスが舟でまた向う岸に渡られると、大勢の群衆が彼のところに集まってきた。彼は湖のほとりにおられた。

5:22 するとヤイロという一人の礼拝堂監督が来て、イエスを見ると足もとにひれ伏し、

5:23 しきりに願って言う、「わたしの小さな娘が死にかかっています。助かって命びろいをするように、どうか行って、手をのせてやってください。」

5:24 イエスは彼と一しょに出かけられた。大勢の群衆がイエスについて行って押しまくった。

5:25 すると十二年も長血をわずらって、

5:26 大勢の医者からひどい目にあわされて、財産を皆使いはたして、なんの甲斐もなくて、かえってますます悪くなって、

5:27 イエスのことを聞いて、群衆にまじってついて来た女が、後ろからその着物にさわった。

5:28 「お召物にでもさわれば、なおるにちがいない」と思ったのである。

5:29 はたしてすぐ血の源がかれて、病気が直ったのを身に感じた。

5:30 イエスは自分の中から力が出ていったのにすぐ気がついて、群衆の中で振り返ってたずねられた、「わたしの着物にさわったのはだれか。」

5:31 弟子たちが言った、「御覧のとおり群衆が押しまくっているのに、さわったのはだれか、とおしゃるのですか。」

5:32 イエスはこのことをした女を見つけようとして、(黙って)見まわしておられた。

5:33 女は自分(の身)におこったことを知っているので、恐ろしくなって震えながら、進み出てイエスの前にひれ伏し、すべてをありのままに話した。

5:34 イエスは言われた、「娘よ、あなたの信仰がなおしたのだ。さよなら、『平安あれ。』もう病気をせず、達者でいなさい。」

5:35 イエスがまだ話しておられるところに、礼拝堂監督の家から人々が来て(監督に)言った、「お嬢さんはもうなくなりました。どうしてこの上、先生にご迷惑をかけられるのですか。」

5:36 イエスはそう言っているのをそばで聞いて、監督に言われた、「こわがることはない。ただ信じておれ。」

5:37 そしてペテロとヤコブの兄弟のヨハネとのほかには、だれもついて来ることを許されなかった。

5:38 やがて監督の家に着いて、人々がひどく泣きわめいて騒いでいるのを見ると、

5:39 (家の)中に入って言われる、「なにを泣いたり騒いだりするのか。子供は死んではいない、眠っているのだ。」

5:40 人々はあざ笑っていた。しかしイエスは皆を外に出し、子供の父と母と、一しょに来た者(三人だけ)を連れて、(死んだ)子供のいる所に入ってゆかれる。

5:41 そして子供の手を取って、「タリタクミ!]と言われる。訳すると「少女よ、あなたに言う。起きなさい!」である。

5:42 ただちに少女は立ち上がって歩きまわった。十二歳になっていたからである。見るなり、人々は気が遠くなるほど驚いた。

5:43 イエスはだれにもこのことを知られるなときびしく人々に言いつけ、また子供に(何か)食べさせるようにと言われた。

 

塚本訳 ルカ 8:40-56

8:40 イエスが(カペナウムに)帰ってこられると、群衆は喜んで迎えた。皆待っていたのである。

8:41 するとそこに名をヤイロという人が来た。この人は礼拝堂の役人であった。イエスの足もとにひれ伏し、家に来ていただきたいと願った。

8:42 十二歳ばかりの一人娘があって、それが死にかけていたのである。(ヤイロの家に)行かれる途中、群衆はイエスを押しつぶしそうであった。

8:43 すると十二年このかた長血をわずらって、だれにもなおしてもらえなかった女が、

8:44 近寄ってきて、後からイエスの上着の裾にさわった。すると、たちどころに地の出るのがやんだ。

8:45 イエスが言われた、「わたしにさわったのはだれか。」皆が知らないとこたえると、ペテロが言った、「先生、(なにしろ)群衆が(こんなに)あなたを取り巻いて、もみ合っているのですから。」

8:46 イエスが言われた、「(確かに)だれかがさわった。わたしの中から力が出ていったのを感じたから。」

8:47 女は隠しおおせないのを見て、震えながら、進み出てイエスの前にひれ伏し、さわった訳と、たちどころに直ったこととを皆の前で話した。

8:48 イエスは言われた、「娘よ、あなたの信仰がなおしたのだ。『さよなら、平安あれ。』」

8:49 イエスがまだ話しておられるところに、礼拝堂監督の家からひとりの人が来て(監督に)言った、「お嬢さんはもうなくなりました。先生にこれ以上御迷惑をかけられないように。」

8:50 イエスは聞いて監督に言葉をかけられた、「こわがることはない。ただ信ぜよ。そうすれば助かる。」

8:51 家に着かれると、ペテロとヨハネとヤコブと、女の子の父と母とのほかには、だれも一しょに中に入ることを許されなかった。

8:52 (集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」

8:53 人々は死んだことを知っているので、あざ笑っていた。

8:54 しかしイエスは女の子の手を取り、声をあげて「子よ、起きなさい!」と呼ばれると、

8:55 霊がもどって、即座に女の子は立ち上がった。イエスは(何か)食べさせるように言いつけられた。

8:56 両親が呆気にとられていると、イエスはこの出来事をだれにも言うなと命じられた。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マコ 1:41

1:41 イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 ・・・・

(日)新共同訳1987 の引照

 

新共同 使  19:12

19:12 彼が身に着けていた手ぬぐいや前掛けを持って行って病人に当てると、病気はいやされ、悪霊どもも出て行くほどであった。

 

新共同 使  3:16

3:16 あなたがたの見て知っているこの人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。イエスによる信仰が、あなたがた一同の前でこの人を完全にいやしたのです。

 

新共同 使  20:9-10

20:9 エウティコという青年が、窓に腰を掛けていたが、パウロの話が長々と続いたので、ひどく眠気を催し、眠りこけて三階から下に落ちてしまった。起こしてみると、もう死んでいた。

20:10 パウロは降りて行き、彼の上にかがみ込み、抱きかかえて言った。「騒ぐな。まだ生きている。」

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

口語訳 使  19:12

19:12 たとえば、人々が、彼の身につけている手ぬぐいや前掛けを取って病人にあてると、その病気が除かれ、悪霊が出て行くのであった。

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マタイ9:27−31

二人の盲人

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

400927さてイエスがそこから去って行く時、二人の盲人が叫びつつ、〔次のように〕言いながら[その彼に]従って来た、「ダビデの子よ、この俺たちに憐れみを」。

400928彼が家の中に入ると、盲人たちは彼のもとにやって来た。するとイエスは彼らに言う、「あなたたちは、私がこのことをなせると信じるのか」。彼らは彼に言う、「主よ、その通りです」。

400929それから彼は彼らの両目に触れて言った、「あなたたちの信仰通りに、あなたたちに成るように」。

400930すると彼らの目は開かれた。そこでイエスは彼らに激しく息巻き、言った、「心して、誰にも知らせるな」。

400931しかし彼らは去って行くと、その地一帯に彼のことを言い広めた。

 

新共同訳1987

9:27 イエスがそこからお出かけになると、二人の盲人が叫んで、「ダビデの子よ、わたしたちを憐れんでください」と言いながらついて来た。

9:28 イエスが家に入ると、盲人たちがそばに寄って来たので、「わたしにできると信じるのか」と言われた。二人は、「はい、主よ」と言った。

9:29 そこで、イエスが二人の目に触り、「あなたがたの信じているとおりになるように」と言われると、

9:30 二人は目が見えるようになった。イエスは、「このことは、だれにも知らせてはいけない」と彼らに厳しくお命じになった。

9:31 しかし、二人は外へ出ると、その地方一帯にイエスのことを言い広めた。

 

前田訳1978

9:27 そこを去るイエスにふたりの目しいがついて来て叫んだ、「われらをあわれんでください、ダビデのみ子!」と。

9:28 家に入られると目しいたちが近よったのでイエスがいわれる、「わたしにそれができると信ずるか」と。彼らはいう、「はい、主よ、」と。

9:29 そこで彼らの目にさわっていわれる、「あなた方の信仰どおりになれ」と。

9:30 すると目があいた。イエスは彼らをいましめていわれる、「気をつけて、だれにも知らせるな」と。

9:31 しかし外へ出ると彼らはイエスのことをその地一帯にいいふらした。

 

新改訳1970

9:27 イエスがそこを出て、道を通って行かれると、ふたりの盲人が大声で、「ダビデの子よ。私たちをあわれんでください。」と叫びながらついて来た。

9:28 家にはいられると、その盲人たちはみもとにやって来た。イエスが「わたしにそんなことができると信じるのか。」と言われると、彼らは「そうです。主よ。」と言った。

9:29 そこで、イエスは彼らの目にさわって、「あなたがたの信仰のとおりになれ。」と言われた。

9:30 すると、彼らの目があいた。イエスは彼らをきびしく戒めて、「決してだれにも知られないように気をつけなさい。」と言われた。

9:31 ところが、彼らは出て行って、イエスのことをその地方全体に言いふらした。

 

塚本訳1963

9:27 そこから出かけられると、二人の盲人が「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と言って叫びながら、イエスについて来た。

9:28 そして家にかえられると、盲人たちがそばに来たので、イエスが言われる、「わたしにそれが出来ると信じるのか。」「はい、主よ」と二人がこたえる。

9:29 そこで彼らの目にさわり、「あなた達の信仰のとおりに成れ」と言われると、

9:30 二人の目があいた。するとイエスは(急に)いきり立ち、二人にむかって、「気をつけて、だれにも知られないようにせよ」と言われた。

9:31 しかし彼らは出てゆくと、その土地全体にイエスのことをふれまわった。

 

口語訳1955

9:27 そこから進んで行かれると、ふたりの盲人が、「ダビデの子よ、わたしたちをあわれんで下さい」と叫びながら、イエスについてきた。

9:28 そしてイエスが家にはいられると、盲人たちがみもとにきたので、彼らに「わたしにそれができると信じるか」と言われた。彼らは言った、「主よ、信じます」。

9:29 そこで、イエスは彼らの目にさわって言われた、「あなたがたの信仰どおり、あなたがたの身になるように」。

9:30 すると彼らの目が開かれた。イエスは彼らをきびしく戒めて言われた、「だれにも知れないように気をつけなさい」。

9:31 しかし、彼らは出て行って、その地方全体にイエスのことを言いひろめた。

 

文語訳1917

"400927","イエス此處より進みたまふ時、ふたりの盲人さけびて『ダビデの子よ、我らを憫みたまへ』と言ひつつ從ふ。"

"400928","イエス家にいたり給ひしに、盲人ども御許に來りたれば、之に言ひたまふ『我この事をなし得と信ずるか』彼等いふ『主よ、然り』"

"400929","爰にイエスかれらの目に觸りて言ひたまふ『なんぢらの信仰のごとく汝らに成れ』"

"400930","乃ち彼らの目あきたり。イエス嚴しく戒めて言ひたまふ『愼みて誰にも知らすな』"

"400931","されど彼ら出でて、あまねくその地にイエスの事をいひ弘めたり。"

 

****************************************

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マタ 20:29-34

20:29 一行がエリコ(の町)を出ると、大勢の群衆がイエスについて来た。

20:30 すると二人の盲人が道ばたに坐っていたが、イエスのお通りだと聞くと、「主よ、ダビデのお子様よ、どうぞお慈悲を」と言って叫んだ。

20:31 群衆が叱りつけて黙らせようとしたが、二人はますます大声で、「主よ、ダビデのお子様よ、どうぞお慈悲をと言って叫んだ。

20:32 イエスは立ち止まって、二人を呼んで言われた、「何をしてもらいたいのか。」

20:33 彼がこたえる、「主よ、目があくといい。」

20:34 イエスが不憫に思ってその目にさわられると、すぐ見えるようになって、イエスについて行った。

 

塚本訳 マコ 10:46-52

10:46 彼らはエリコ(の町)に来る。イエスが弟子たちや多くの群衆と一しょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲の乞食が道ばたに坐っていた。

10:47 ナザレのイエス(のお通り)だと聞くと、「ダビデの子イエス様、どうぞお慈悲を」と言って叫び出した。

10:48 多くの人が叱りつけて黙らせようとしたが、かえってますます「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と叫びつづけた。

10:49 イエスは立ち止まって、「あれを呼べ」と言われた。人々が盲人を呼んで言う、「安心せよ。起きよ。お呼びだ。」

10:50 盲人は上着をぬぎ捨て、躍り上がってイエスの所に来た。

10:51 イエスが彼に言われた、「何をしてもらいたいのか。」盲人がこたえた、「先生、見えるようになりたい。」

10:52 そこでイエスが、「お帰り。あなたの信仰がなおした」と言われると、すぐ見えるようになって、イエスの旅行について行った。

 

塚本訳 ルカ 18:35-42

18:35 エリコの(町の)近くに来られた時のこと、ひとりの盲人が道ばたに坐って物乞いをしていた。

18:36 群衆が通り過ぎる音を聞くと、あれは何ごとかとたずねた。

18:37 人々がナザレ人イエスのお通りだとおしえてやると、

18:38 盲人は、「ダビデの子のイエス様、どうぞお慈悲を」と言って叫んだ。

18:39 先頭に立っていた人たちが叱りつけて黙らせようとしたが、かえってますます、「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と叫びつづけた。

18:40 イエスは立ち止まって、盲人をつれてくるように命じられた。盲人が近づいてくると尋ねられた。

18:41 「何をしてもらいたいのか。」彼がこたえた、「主よ、見えるようになりたい。」

18:42 そこでイエスが、「見えるようになれ。あなたの信仰がなおした」と言われると、

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マタ 8:4

8:4 イエスはその人に言われた。「だれにも話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定めた供え物を献げて、人々に証明しなさい。」

 

新共同 マタ 8:4

8:4 イエスはその人に言われた。「だれにも話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定めた供え物を献げて、人々に証明しなさい。」

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

 口語訳 ロマ 9:5

9:5 また父祖たちも彼らのものであり、肉によればキリストもまた彼らから出られたのである。万物の上にいます神は、永遠にほむべきかな、アァメン。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

  

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マタイ9:32−34

悪鬼につかれた啞

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

400932さて、彼らが外へ出て来ると、見よ、人々が彼のもとに、悪霊に憑かれた一人の口の利けない人を連れて来た。

400933そして悪霊が追い出されると、その口のきけない人はものを言った。そこで群集は驚いて言った、「イスラエルの中で、このようなことが起こったことはこれまで一度もない」。

400934しかしファリサイ人たちは言い続けた、「あいつは、悪霊どもの首領によって悪霊どもを追い出している」。

 

新共同訳1987

9:32 二人が出て行くと、悪霊に取りつかれて口の利けない人が、イエスのところに連れられて来た。

9:33 悪霊が追い出されると、口の利けない人がものを言い始めたので、群衆は驚嘆し、「こんなことは、今までイスラエルで起こったためしがない」と言った。

9:34 しかし、ファリサイ派の人々は、「あの男は悪霊の頭の力で悪霊を追い出している」と言った。

 

前田訳1978

9:32 彼らが外に出ると、見よ、悪霊つきの唖者が連れて来られた。

9:33 悪霊は追われて唖者は話しはじめた。群衆はおどろいていう、「いまだかつてイスラエルにこのようなことは見られなかった」と。

9:34 しかしパリサイ人はいった、「彼は悪霊の頭によって悪霊を追い出す」と。

 

新改訳1970

9:32 この人たちが出て行くと、見よ、悪霊につかれたおしが、みもとに連れて来られた。

9:33 悪霊が追い出されると、そのおしはものを言った。群衆は驚いて、「こんなことは、イスラエルでいまだかつて見たことがない。」と言った。

9:34 しかし、パリサイ人たちは、「彼は悪霊どものかしらを使って、悪霊どもを追い出しているのだ。」と言った。

 

塚本訳1963

9:32 ちょうど二人と入れ違いに、人々が悪鬼につかれた唖をつれて来た。

9:33 悪鬼が追い出されると、唖が物を言うようになった。群衆が驚いて、「こんなことはかってイスラエル人の中で起ったためしがない」と言った。

9:34 しかしパリサイ人は、「あれは悪鬼どもの頭(である悪魔)を使って悪鬼を追い出しているのだ」と言った。

 

口語訳1955

9:32 彼らが出て行くと、人々は悪霊につかれて口のきけない人をイエスのところに連れてきた。

9:33 すると、悪霊は追い出されて、口のきけない人が物を言うようになった。群衆は驚いて、「このようなことがイスラエルの中で見られたことは、これまで一度もなかった」と言った。

9:34 しかし、パリサイ人たちは言った、「彼は、悪霊どものかしらによって悪霊どもを追い出しているのだ」。

 

文語訳1917

"400932","盲人どもの出づるとき、視よ、人々、惡鬼に憑かれたる唖者を御許につれきたる。"

"400933","惡鬼おひ出されて唖者ものいひたれば、群衆あやしみて言ふ『かかる事は未だイスラエルの中に顯れざりき』"

"400934","然るにパリサイ人いふ『かれは惡鬼の首によりて惡鬼を逐ひ出すなり』"

 

****************************************

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

 

・・・・

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

  

****************************************

 

 

 

 

****************************************

十二弟子の派遣(9:35−11:1)

マタイ9:35−38

「羊飼のいない羊」

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

400935そこでイエスは、すべての町と村とをめぐり歩いて、彼らの会堂で教え続け、王国の福音を宣べ伝えつつ、すべての病とすべての患いを癒し続けた。

400936さて、彼は群集を見て、彼らに対して腸(はらわた)がちぎれる想いに駆られた。なぜならば、彼らは牧人(まきびと)のない羊のように疲れ果て、打ち棄てられていたからである。

400937それから彼は、その弟子たちに言う、「収穫は多いが、働き人が少ない。

400938だからあなたたちは、収穫の主(ぬし)に願って、その収穫のために働き人たちを出してもらうがよい」。

 

新共同訳1987

9:35 イエスは町や村を残らず回って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、ありとあらゆる病気や患いをいやされた。

9:36 また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。

9:37 そこで、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。

9:38 だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」

 

前田訳1978

9:35 そしてイエスはすべての町々村々をめぐり、その会堂で教え、み国の福音を伝え、すべての病とすべてのわずらいをいやされた。

9:36 群衆を見てあわれまれたが、それは彼らが牧者のない羊のごとく疲れて見捨てられていたからである。

9:37 そこで弟子たちにいわれる、「取入れは多く、働き手は少ない。

9:38 取入れの主に彼の取入れのための働き手を送るよう祈りなさい」と。

 

新改訳1970

9:35 それから、イエスは、すべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいを直された。

9:36 また、群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。

9:37 そのとき、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。

9:38 だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」

 

塚本訳1963

9:35 それからイエスは町や村をのこらず回りながら、その礼拝堂で教え、御国の福音を説き、またありとあらゆる病気や煩いをなおされた。

9:36 そして『羊飼いのいない羊が』疲れきって、(地に)倒れている『ような』群衆を見られて、かわいそうに思われた。

9:37 そこで弟子たちに言われる、「刈入れは多いが、働き手は少ない。

9:38 だから刈入れの主人に、刈入れのため(多くの)働き手を送られるよう、お願いしなさい。」

 

口語訳1955

9:35 イエスは、すべての町々村々を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった。

9:36 また群衆が飼う者のない羊のように弱り果てて、倒れているのをごらんになって、彼らを深くあわれまれた。

9:37 そして弟子たちに言われた、「収穫は多いが、働き人が少ない。

9:38 だから、収穫の主に願って、その収穫のために働き人を送り出すようにしてもらいなさい」。

 

文語訳1917

"400935","イエスあまねく町と村とを巡り、その會堂にて教へ、御國の福音を宣べつたへ、もろもろの病、もろもろの疾患をいやし給ふ。"

"400936","また群衆を見て、その牧ふ者なき羊のごとく惱み、且たふるるを甚く憫み、"

"400937","遂に弟子たちに言ひたまふ『收穫はおほく勞動人はすくなし。"

"400938","この故に收穫の主に、勞動人をその收穫場に遣し給はんことを求めよ』"

 

****************************************

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

塚本訳 マコ 6:34

6:34 イエスは(舟から)あがって、多くの群衆が『羊飼のいない羊のように』しているのを見ると、かわいそうになり、多くのことを教え始められた。

 

塚本訳 ルカ 10:2

10:2 彼らに言われた、「刈入れは多いが、働き手が少ない。だから刈入れの主人に、刈入れのため(多くの)働き手を送られるよう、お願いしなさい。

 

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

・・・・

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

口語訳 ピリ 2:19-21

2:19 さて、わたしは、まもなくテモテをあなたがたのところに送りたいと、主イエスにあって願っている。それは、あなたがたの様子を知って、わたしも力づけられたいからである。

2:20 テモテのような心で、親身になってあなたがたのことを心配している者は、ほかにひとりもない。

2:21 人はみな、自分のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことは求めていない。

 

口語訳 Tテサ5:12-13

5:12 兄弟たちよ。わたしたちはお願いする。どうか、あなたがたの間で労し、主にあってあなたがたを指導し、かつ訓戒している人々を重んじ、

5:13 彼らの働きを思って、特に愛し敬いなさい。互に平和に過ごしなさい。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************