****************************************

マタイ15:1−20

洗わぬ手

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

401501そのあと、〔幾人かの〕ファリサイ人たちと律法学者たちとが、エルサレムからイエスのところにやって来て言う、

401502「なぜお前の弟子たちは父祖たちの言い伝えを破るのか。彼らは、パンを食べる時に[自分たちの]手を洗わないではないか」。

401503すると彼は答えて彼らに言った、「お前たちこそ、なぜお前たちの言い伝えで神の掟を破るのか。

401504というのは、神が父と母を敬えと言い、父や母を呪う者は必ず死ぬべしと言われた。

401505にもかかわらず、お前たちは〔次のようなことを〕言っている、『父や母に対し、「あなたに差し上げるはずだったものは、献げ物〔となります〕」と言う者は、

401506その父を敬う〔必要が〕ないであろう』、と。こうしてお前たちは、お前たちの言い伝えで神の言葉を台無しにしてしまった。

401507偽善者どもよ、お前たちについて、イザヤはみごとにも預言して次のように言った、

401508この民は唇で私を敬うが、

   その心は私からはるかに隔たっている。

   彼らは私をいたずらに敬う〔に過ぎない〕

401509人間たちの〔さまざまな〕誡めを〔しょうこりもなく〕教えとして教えながら」。

401510そして群衆を呼び寄せ、彼らに言った、〔聞け、そして悟れ。

401511口の中に入って来るものは、人間を穢さない。むしろその口から出て行くもの、それこそが、その人間を穢すのだ」。

401512そのあと、弟子たちがやって来て彼に言う、「ファリサイ人たちが〔今の〕御言葉を聞いて躓いたのをご存じですか」。

401513すると彼は答えて言った、「天の私の父が植えられたのではない植物はすべて、根こそぎにされるであろう。

401514彼らをそのままにしておくがよい。彼らは[盲人〔を導く〕]盲目の道案内どもだ。しかし、もし盲人が盲人の道案内をするなら、両者とも溝に落ち込んでしまうであろう。

401515するとペトロが答えて彼に言った、「[この]譬を私たちに解釈して下さい」。

401516すると彼は言った、「あなたたちも、悟りがないままなのか。

401517すべて外から口の中に入って来るものは、腹の中に入って行き、便所へと出されてしまうことがわからないのか。

401518しかし、口から出て来る〔もろもろの〕ものは、心の中から出て来る。それこそがその人間を穢すのだ。

401519なぜならば、心の中からこそ、悪しき想い、殺人、姦淫、淫行、盗み、偽証、瀆言(とくげん)が出て来る。

401520これらのものが、その人間を穢すものである。しかし、洗わない手で食べることがその人間を穢すことはない」。

 

新共同訳1987

15:1 そのころ、ファリサイ派の人々と律法学者たちが、エルサレムからイエスのもとへ来て言った。

15:2 「なぜ、あなたの弟子たちは、昔の人の言い伝えを破るのですか。彼らは食事の前に手を洗いません。」

15:3 そこで、イエスはお答えになった。「なぜ、あなたたちも自分の言い伝えのために、神の掟を破っているのか。

15:4 神は、『父と母を敬え』と言い、『父または母をののしる者は死刑に処せられるべきである』とも言っておられる。

15:5 それなのに、あなたたちは言っている。『父または母に向かって、「あなたに差し上げるべきものは、神への供え物にする」と言う者は、

15:6 父を敬わなくてもよい』と。こうして、あなたたちは、自分の言い伝えのために神の言葉を無にしている。

15:7 偽善者たちよ、イザヤは、あなたたちのことを見事に預言したものだ。

15:8 『この民は口先ではわたしを敬うが、/その心はわたしから遠く離れている。

15:9 人間の戒めを教えとして教え、/むなしくわたしをあがめている。』」

15:10 それから、イエスは群衆を呼び寄せて言われた。「聞いて悟りなさい。

15:11 口に入るものは人を汚さず、口から出て来るものが人を汚すのである。」

15:12 そのとき、弟子たちが近寄って来て、「ファリサイ派の人々がお言葉を聞いて、つまずいたのをご存じですか」と言った。

15:13 イエスはお答えになった。「わたしの天の父がお植えにならなかった木は、すべて抜き取られてしまう。

15:14 そのままにしておきなさい。彼らは盲人の道案内をする盲人だ。盲人が盲人の道案内をすれば、二人とも穴に落ちてしまう。」

15:15 するとペトロが、「そのたとえを説明してください」と言った。

15:16 イエスは言われた。「あなたがたも、まだ悟らないのか。

15:17 すべて口に入るものは、腹を通って外に出されることが分からないのか。

15:18 しかし、口から出て来るものは、心から出て来るので、これこそ人を汚す。

15:19 悪意、殺意、姦淫、みだらな行い、盗み、偽証、悪口などは、心から出て来るからである。

15:20 これが人を汚す。しかし、手を洗わずに食事をしても、そのことは人を汚すものではない。」

 

前田訳1978

15:1 そのころパリサイ人や学者がエルサレムからイエスのところへ来ていう、

15:2 「なぜあなたの弟子は先祖のいい伝えを破るのですか、パンを食べるとき手を洗わないとは」と。

15:3 彼は答えられた、「あなた方にしても、自分のいい伝えだからとて神の掟を破るのはなぜか。

15:4 神はいわれた、『父と母を敬え』と。また、『父または母をののしるものは死刑』と。

15:5 しかしあなた方はいう、『父または母に、あなたがわたしから当てがわれているものは供え物です、というものは

15:6 父または母を敬わなくてもよい』と。かくて、あなた方は自らのいい伝えのゆえに神のことばを無にする。

15:7 偽善者よ、イザヤがあなた方について預言したのは当たっている、いわく、

15:8 『この民は口でわたしを敬うが、心はわたしから遠い。

15:9 彼らはわたしを拝んでもむなしい。彼らが教えとするのは人間の掟であるから』」と。

15:10 群衆を呼んでいわれた、「聞いて悟れ、

15:11 口に入るものは人をけがさず、口から出るものこそ人をけがす」と。

15:12 そこへ弟子たちが来ていう、「パリサイ人がおことばを聞いてつまずいたのをご存じですか」と。

15:13 彼は答えられた、「天のわが父がお植えでない作物は皆抜かれる。

15:14 彼らにかまうな。彼らは目しいを案内する目しいである。目しいが目しいを案内すると両方とも穴に落ちよう」と。

15:15 ペテロがいった、「譬えを説明してください」と。

15:16 彼はいわれた、「あなた方さえもまだわからないのか。

15:17 すべて口に入るものは、腹に入って厠に落とされることを知らないのか。

15:18 口から発するものは心から出るので、それが人をけがす。

15:19 悪意、殺人、姦淫、不義、盗み、偽証、けがしごとは心から出る。

15:20 これらが人を汚すので、洗わぬ手で食べることは人をけがさない」と。

 

新改訳1970

15:1 そのころ、パリサイ人や律法学者たちが、エルサレムからイエスのところに来て、言った。

15:2 「あなたの弟子たちは、なぜ昔の先祖たちの言い伝えを犯すのですか。パンを食べるときに手を洗っていないではありませんか。」

15:3 そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「なぜ、あなたがたも、自分たちの言い伝えのために神の戒めを犯すのですか。

15:4 神は『あなたの父と母を敬え。』また『父や母をののしる者は、死刑に処せられる。』と言われたのです。

15:5 それなのに、あなたがたは、『だれでも、父や母に向かって、私からあなたのために差し上げられる物は、供え物になりましたと言う者は、

15:6 その物をもって父や母を尊んではならない。』と言っています。こうしてあなたがたは、自分たちの言い伝えのために、神のことばを無にしてしまいました。

15:7 偽善者たち。イザヤはあなたがたについて預言しているが、まさにそのとおりです。

15:8 『この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。

15:9 彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。人間の教えを、教えとして教えるだけだから。』」

15:10 イエスは群衆を呼び寄せて言われた。「聞いて悟りなさい。

15:11 口にはいる物は人を汚しません。しかし、口から出るもの、これが人を汚します。」

15:12 そのとき、弟子たちが、近寄って来て、イエスに言った。「パリサイ人が、みことばを聞いて、腹を立てたのをご存じですか。」

15:13 しかし、イエスは答えて言われた。「わたしの天の父がお植えにならなかった木は、みな根こそぎにされます。

15:14 彼らのことは放っておきなさい。彼らは盲人を手引きする盲人です。もし、盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むのです。」

15:15 そこで、ペテロは、イエスに答えて言った。「私たちに、そのたとえを説明してください。」

15:16 イエスは言われた。「あなたがたも、まだわからないのですか。

15:17 口にはいる物はみな、腹にはいり、かわやに捨てられることを知らないのですか。

15:18 しかし、口から出るものは、心から出て来ます。それは人を汚します。

15:19 悪い考え、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、ののしりは心から出て来るからです。

15:20 これらは、人を汚すものです。しかし、洗わない手で食べることは人を汚しません。」

 

塚本訳1963

15:1 そのころパリサイ人と聖書学者たちがエルサレムからイエスの所に来て、

15:2 「あなたの弟子はなぜ先祖の言伝えをふみにじるのか。食事をする時に手を洗わないではないか」と言った。

15:3 彼らに答えられた、「では(わたしも)一つ尋ねる、あなた達も自分の言伝えで神の掟をふみにじっているが、あれはどうしたのか。

15:4 神は、『父と母を敬え、』また『父または母を罵る者は必ず死に処せられる』と言われたのに、

15:5 あなた達はこう言うのだから。──『父または母にむかって、わたしがあなたに差し上げるはずのものは(神への)供え物にする、と言う者は、

15:6 父または母を敬わなくてよろしい(、扶養の義務をまぬかれる)』と。こうして、あなた達は自分の言伝えで神の言葉を反故にしている。

15:7 偽善者たち!イザヤはあなた達のことをこう言って預言しているが、うまいものである。──

15:8 『この民は口先でわたし[神]を敬いながら、その心は遠くわたしから離れている。

15:9 彼らは(熱心に)わたしを拝むが無駄である、彼らが教えとして教えているのは、人間の(作った)規則であるから。』」

15:10 それから群衆を呼びよせて言われた、「聞いて悟れ。

15:11 口に入るものは人をけがさない。口から出るもの、これが人をけがす。」

15:12 あとで弟子たちが来てイエスに言う、「パリサイ人がお話を聞いて腹を立てたことを御存じですか。」

15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。

15:14 あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれば、二人とも穴に落ちよう。」

15:15 ペテロが口を出して言った、「さっきの譬を説明してください。」

15:16 イエスは言われた、「あなた達までがまだ悟らないのか。

15:17 すべて口に入るものは、腹を通って便所に落ちる(から、人をけがさない)ことが解らないのか。

15:18 しかし口から出るものは心から出るので、そちらは人をけがす。

15:19 心から悪い考えが出るからである。人殺し、姦淫、不品行、盗み、偽証、悪口(など)。

15:20 人をけがすのこれで、洗わぬ手で食事をすることは人をけがさない。」

 

口語訳1955

15:1 ときに、パリサイ人と律法学者たちとが、エルサレムからイエスのもとにきて言った、

15:2 「あなたの弟子たちは、なぜ昔の人々の言伝えを破るのですか。彼らは食事の時に手を洗っていません」。

15:3 イエスは答えて言われた、「なぜ、あなたがたも自分たちの言伝えによって、神のいましめを破っているのか。

15:4 神は言われた、『父と母とを敬え』、また『父または母をののしる者は、必ず死に定められる』と。

15:5 それだのに、あなたがたは『だれでも父または母にむかって、あなたにさしあげるはずのこのものは供え物です、と言えば、

15:6 父または母を敬わなくてもよろしい』と言っている。こうしてあなたがたは自分たちの言伝えによって、神の言を無にしている。

15:7 偽善者たちよ、イザヤがあなたがたについて、こういう適切な預言をしている、

15:8 『この民は、口さきではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。

15:9 人間のいましめを教として教え、無意味にわたしを拝んでいる』」。

15:10 それからイエスは群衆を呼び寄せて言われた、「聞いて悟るがよい。

15:11 口にはいるものは人を汚すことはない。かえって、口から出るものが人を汚すのである」。

15:12 そのとき、弟子たちが近寄ってきてイエスに言った、「パリサイ人たちが御言を聞いてつまずいたことを、ご存じですか」。

15:13 イエスは答えて言われた、「わたしの天の父がお植えにならなかったものは、みな抜き取られるであろう。

15:14 彼らをそのままにしておけ。彼らは盲人を手引きする盲人である。もし盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むであろう」。

15:15 ペテロが答えて言った、「その譬を説明してください」。

15:16 イエスは言われた、「あなたがたも、まだわからないのか。

15:17 口にはいってくるものは、みな腹の中にはいり、そして、外に出て行くことを知らないのか。

15:18 しかし、口から出て行くものは、心の中から出てくるのであって、それが人を汚すのである。

15:19 というのは、悪い思い、すなわち、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、誹りは、心の中から出てくるのであって、

15:20 これらのものが人を汚すのである。しかし、洗わない手で食事することは、人を汚すのではない」。

 

文語訳1917

"401501","ここにパリサイ人・學者ら、エルサレムより來りてイエスに言ふ、"

"401502","『なにゆゑ汝の弟子は、古への人の言傳を犯すか、食事のときに手を洗はぬなり』"

"401503","答へて言ひ給ふ『なにゆゑ汝らは、また汝らの言傳によりて神の誡命を犯すか。"

"401504","即ち神は「父母を敬へ」と言ひ「父または母を罵る者は必ず殺さるべし」と言ひたまへり。"

"401505","然るに汝等は「誰にても父または母に對ひて、我が負ふ所のものは供物となりたりと言はば、"

"401506","父または母を敬ふに及ばず」と言ふ。斯くその言傳によりて神の言を空しうす。"

"401507","僞善者よ、宜なる哉、イザヤは汝らに就きて能く預言せり。日く、"

"401508","「この民は口唇にて我を敬ふ、されど其の心は我に遠ざかる。"

"401509","ただ徒らに我を拜む。人の訓誡を教とし教へて」』"

"401510","かくて群衆を呼び寄せて言ひたまふ『聽きて悟れ。"

"401511","口に入るものは人を汚さず、されど口より出づるものは、これ人を汚すなり』"

"401512","ここに弟子たち御許に來りていふ『御言をききてパリサイ人の躓きたるを知り給ふか』"

"401513","答へて言ひ給ふ『わが天の父の植ゑ給はぬものは、みな抜かれん。"

"401514","彼らを捨ておけ、盲人を手引する盲人なり、盲人もし盲人を手引せば、二人とも穴に落ちん』"

"401515","ペテロ答へて言ふ『その譬を我らに解き給へ』"

"401516","イエス言ひ給ふ『なんぢらも今なほ悟りなきか。"

"401517","凡て口に入るものは腹にゆき、遂に厠に棄てらるる事を悟らぬか。"

"401518","されど口より出づるものは心より出づ、これ人を汚すものなり。"

"401519","それ心より惡しき念いづ、即ち殺人・姦淫・淫行・竊盜・僞證・誹謗、"

"401520","これらは人を汚すものなり、されど洗はぬ手にて食する事は人を汚さず』"

 

****************************************

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

 

塚本訳 マコ 7:1-23

7:1 パリサイ人とエルサレムから来た数人の聖書学者とがイエスの所に集まったとき、

7:2 イエスの弟子のうちにけがれた、すなわち洗わない手で食事をする者があるのを見た。

7:3 ──いったいパリサイ人はもとより、ユダヤ人というユダヤ人は、先祖の言伝えをかたく守って、(きまった方式で)手を洗ってからでないと決して食事をせず、

7:4 市場から帰ったときは(身を)洗い浄めねば食事をせず、このほかにも杯や壷や銅の器をすすぐことなど、かたく守っている仕来たりが沢山あるのである。──

7:5 パリサイ人と聖書学者がイエスに尋ねた、「あなたの弟子はなぜ先祖の言伝えに従って歩かずに、けがれた手で食事をするのか。」

7:6 彼らに言われた、「イザヤはあなた達偽善者のことを預言して、こう書いているが、うまいものである。『この民は口先でわたし[神]を敬いながら、その心は遠くわたしから離れている。

7:7 彼らは(熱心に)わたしを拝むが無駄である、彼らが教えとして教えているのは、人間の(作った)規則であるから。』

7:8 あなた達は神の掟をすてて、人間の言伝えをかたく守っている。」

7:9 また話しつづけられた、「あなた達は自分の言伝えを守ろうとして、神の掟をないがしろにしているが、うまいものだ!

7:10 モーセは、『父と母とを敬え、』また『父または母を罵る者はかならず死に処せられる』と言ったのに、

7:11 あなた達はこう言うのだから。──『もしある人が父または母にむかって、わたしがあなたに差し上げるはずのものはコルバン[すなわち(神への)供え物]にする、と言えば、

7:12 (扶養の義務をまぬかれて、)もはや父または母に何一つすることを許されない』と。

7:13 こうして、あなた達は自分で伝えてきた言伝えによって神の言葉を反故にしている。なお、これに似たことをあなた達は沢山している。」

7:14 それからまた群衆を呼びよせて言われた、「皆、わたしの言うことを聞いて悟れ。

7:15 人の(体の)外から入って、人をけがし得るものは何もない。人から出るものが、人をけがすのである。」

7:16 (無し)

7:17 群衆を離れて家にかえられた時、弟子たちがこの譬(の意味)を尋ねた。

7:18 彼らに言われる、「あなた達までそんなに悟りが悪いのか。すべて外から人(の体)に入るものは、人をけがし得ないことが解らないのか。

7:19 心に入らず、腹に入って、便所に出てゆくからだ。」──イエスは(これによって、人は何を食べてもけがれないことを教えて、)すべての食物を清められたのである。

7:20 また言われた、「人から出るもの、そちらが人をけがす。

7:21 内から、つまり、人の心からは、邪念が出るからである。(すなわち)不品行、盗み、人殺し、

7:22 姦淫、欲張り、悪意、悪巧み、道楽、妬み、悪口、高ぶり、愚かさ(など)。

7:23 これらの悪は皆、内から出て人をけがすのである。」

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マタ 15:11

15:11 口に入るものは人を汚さず、口から出て来るものが人を汚すのである。」

 

新共同 ロマ 1:29

1:29 あらゆる不義、悪、むさぼり、悪意に満ち、ねたみ、殺意、不和、欺き、邪念にあふれ、陰口を言い、

 

新共同 マタ 15:11

15:11 口に入るものは人を汚さず、口から出て来るものが人を汚すのである。」

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

口語訳 ロマ 16:17

16:17 さて兄弟たちよ。あなたがたに勧告する。あなたがたが学んだ教にそむいて分裂を引き起し、つまずきを与える人々を警戒し、かつ彼らから遠ざかるがよい。

 

口語訳 ガラ 1:7-9

1:7 それは福音というべきものではなく、ただ、ある種の人々があなたがたをかき乱し、キリストの福音を曲げようとしているだけのことである。

1:8 しかし、たといわたしたちであろうと、天からの御使であろうと、わたしたちが宣べ伝えた福音に反することをあなたがたに宣べ伝えるなら、その人はのろわるべきである。

1:9 わたしたちが前に言っておいたように、今わたしは重ねて言う。もしある人が、あなたがたの受けいれた福音に反することを宣べ伝えているなら、その人はのろわるべきである。

 

口語訳 ロマ 8:7-8

8:7 なぜなら、肉の思いは神に敵するからである。すなわち、それは神の律法に従わず、否、従い得ないのである。

8:8 また、肉にある者は、神を喜ばせることができない。

 

口語訳 ガラ 5:19-21

5:19 肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、

5:20 偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、

5:21 ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。

 

口語訳 Tコリ6:9-11

6:9 それとも、正しくない者が神の国をつぐことはないのを、知らないのか。まちがってはいけない。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、盗む者、

6:10 貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者は、いずれも神の国をつぐことはないのである。

6:11 あなたがたの中には、以前はそんな人もいた。しかし、あなたがたは、主イエス・キリストの名によって、またわたしたちの神の霊によって、洗われ、きよめられ、義とされたのである。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

新共同 使  25:7

25:7 パウロが出廷すると、エルサレムから下って来たユダヤ人たちが彼を取り囲んで、重い罪状をあれこれ言い立てたが、それを立証することはできなかった。

 

新共同 ガラ 1:14

1:14 また、先祖からの伝承を守るのに人一倍熱心で、同胞の間では同じ年ごろの多くの者よりもユダヤ教に徹しようとしていました。

 

新共同 コロ 2:8

2:8 人間の言い伝えにすぎない哲学、つまり、むなしいだまし事によって人のとりこにされないように気をつけなさい。それは、世を支配する霊に従っており、キリストに従うものではありません。

 

新共同 コロ 2:20-23

2:20 あなたがたは、キリストと共に死んで、世を支配する諸霊とは何の関係もないのなら、なぜ、まだ世に属しているかのように生き、

2:21 「手をつけるな。味わうな。触れるな」などという戒律に縛られているのですか。

2:22 これらはみな、使えば無くなってしまうもの、人の規則や教えによるものです。

2:23 これらは、独り善がりの礼拝、偽りの謙遜、体の苦行を伴っていて、知恵のあることのように見えますが、実は何の価値もなく、肉の欲望を満足させるだけなのです。

 

新共同 テト 1:14

1:14 ユダヤ人の作り話や、真理に背を向けている者の掟に心を奪われないようにさせなさい。

 

新共同 使  10:14-15

10:14 しかし、ペトロは言った。「主よ、とんでもないことです。清くない物、汚れた物は何一つ食べたことがありません。」

10:15 すると、また声が聞こえてきた。「神が清めた物を、清くないなどと、あなたは言ってはならない。」

 

新共同 ロマ 14:14

14:14 それ自体で汚れたものは何もないと、わたしは主イエスによって知り、そして確信しています。汚れたものだと思うならば、それは、その人にだけ汚れたものです。

 

新共同 Tテモ4:3-4

4:3 結婚を禁じたり、ある種の食物を断つことを命じたりします。しかし、この食物は、信仰を持ち、真理を認識した人たちが感謝して食べるようにと、神がお造りになったものです。

4:4 というのは、神がお造りになったものはすべて良いものであり、感謝して受けるならば、何一つ捨てるものはないからです。

 

新共同 テト 1:15

1:15 清い人には、すべてが清いのです。だが、汚れている者、信じない者には、何一つ清いものはなく、その知性も良心も汚れています。

 

新共同 Tコリ3:6

3:6 わたしは植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です。

 

新共同 ロマ 2:19

2:19 -20また、律法の中に、知識と真理が具体的に示されていると考え、盲人の案内者、闇の中にいる者の光、無知な者の導き手、未熟な者の教師であると自負しています。

 

新共同 Tコリ6:13

6:13 食物は腹のため、腹は食物のためにあるが、神はそのいずれをも滅ぼされます。体はみだらな行いのためではなく、主のためにあり、主は体のためにおられるのです。

 

新共同 ヤコ 3:6

3:6 舌は火です。舌は「不義の世界」です。わたしたちの体の器官の一つで、全身を汚し、移り変わる人生を焼き尽くし、自らも地獄の火によって燃やされます。

 

新共同 ロマ 1:29-31

1:29 あらゆる不義、悪、むさぼり、悪意に満ち、ねたみ、殺意、不和、欺き、邪念にあふれ、陰口を言い、

1:30 人をそしり、神を憎み、人を侮り、高慢であり、大言を吐き、悪事をたくらみ、親に逆らい、

1:31 無知、不誠実、無情、無慈悲です。

 

新共同 Tコリ5:10-11

5:10 その意味は、この世のみだらな者とか強欲な者、また、人の物を奪う者や偶像を礼拝する者たちと一切つきあってはならない、ということではありません。もし、そうだとしたら、あなたがたは世の中から出て行かねばならないでしょう。

5:11 わたしが書いたのは、兄弟と呼ばれる人で、みだらな者、強欲な者、偶像を礼拝する者、人を悪く言う者、酒におぼれる者、人の物を奪う者がいれば、つきあうな、そのような人とは一緒に食事もするな、ということだったのです。

 

新共同 Tコリ6:9-10

6:9 正しくない者が神の国を受け継げないことを、知らないのですか。思い違いをしてはいけない。みだらな者、偶像を礼拝する者、姦通する者、男娼、男色をする者、

6:10 泥棒、強欲な者、酒におぼれる者、人を悪く言う者、人の物を奪う者は、決して神の国を受け継ぐことができません。

 

新共同 エペ 5:3-5

5:3 あなたがたの間では、聖なる者にふさわしく、みだらなことやいろいろの汚れたこと、あるいは貪欲なことを口にしてはなりません。

5:4 卑わいな言葉や愚かな話、下品な冗談もふさわしいものではありません。それよりも、感謝を表しなさい。

5:5 すべてみだらな者、汚れた者、また貪欲な者、つまり、偶像礼拝者は、キリストと神との国を受け継ぐことはできません。このことをよくわきまえなさい。

 

新共同 ガラ 5:19-21

5:19 肉の業は明らかです。それは、姦淫、わいせつ、好色、

5:20 偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、怒り、利己心、不和、仲間争い、

5:21 ねたみ、泥酔、酒宴、その他このたぐいのものです。以前言っておいたように、ここでも前もって言いますが、このようなことを行う者は、神の国を受け継ぐことはできません。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

口語訳 ガラ 1:14

1:14 そして、同国人の中でわたしと同年輩の多くの者にまさってユダヤ教に精進し、先祖たちの言伝えに対して、だれよりもはるかに熱心であった。

 

口語訳 コロ 2:8

2:8 あなたがたは、むなしいだましごとの哲学で、人のとりこにされないように、気をつけなさい。それはキリストに従わず、世のもろもろの霊力に従う人間の言伝えに基くものにすぎない。

 

口語訳 使  5:38

5:38 そこで、この際、諸君に申し上げる。あの人たちから手を引いて、そのなすままにしておきなさい。その企てや、しわざが、人間から出たものなら、自滅するだろう。

 

口語訳 ガラ 5:19-21

5:19 肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、

5:20 偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、

5:21 ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

マタイ15:21−28

カナンの女

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

401521そしてイエスはそこから出て来ると、チュロスとシドンの地帯へ退いた。

401522すると見よ、その地域生まれのカナンの女が出て来て、叫んで言った、「主よ、ダビデの子よ、私に憐れみを。私の娘が悪霊に憑かれ、ひどく〔苦しんでおります〕」。

401523彼はしかし、彼女にひとことも答えなかった。そこで彼の弟子たちがやって来て、彼に願って言い始めた、「彼女を去らせて下さい、私たちの後ろから叫び続けていますので」。

401524すると彼は答えて言った、「私は、イスラエルの家の失われた羊たち以外の者のためには遣わされていない」。

401525すると彼女はやって来て、彼を伏し拝んで言う、「主よ、私を助けて下さい」。

401526すると彼は答えて言った、「『子供たちのパンを奪って子犬たちに与えてやるのは、よくない』〔というではないか〕」。

401527しかし彼女は言った、「〔それは〕そうです、主よ。子犬たちでも、その主人たちのテーブルから落ちる食べ屑にはありつきますので」。

401528そのときイエスは、彼女に答えて言った、「おお、女よ、あなたの信仰は〔実に〕偉大だ。あなたの望むように、あなたに成るように」。すると彼女の娘は、その時から癒された。

 

新共同訳1987

15:21 イエスはそこをたち、ティルスとシドンの地方に行かれた。

15:22 すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。

15:23 しかし、イエスは何もお答えにならなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。「この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので。」

15:24 イエスは、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」とお答えになった。

15:25 しかし、女は来て、イエスの前にひれ伏し、「主よ、どうかお助けください」と言った。

15:26 イエスが、「子供たちのパンを取って小犬にやってはいけない」とお答えになると、

15:27 女は言った。「主よ、ごもっともです。しかし、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」

15:28 そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。

 

前田訳1978

15:21 イエスはそこを去ってツロとシドンの地方に退かれた。

15:22 すると見よ、そのあたりの出のカナンの女が来て叫んだ、「あわれんでください、主よ、ダビデのみ子よ、娘が悪霊になやんでいます」と。

15:23 しかし彼からはひとこともお答えがなかった。弟子たちが来てお願いした、「この女をどけてください。叫んでつけて来ますから」と。

15:24 彼は答えられた、「わたしがつかわされたのはイスラエルの家のうせた羊にだけである」と。

15:25 彼女は来てイエスにひれ伏していう、「主よ、お助けを」と。

15:26 彼はいわれた、「子のパンを取って犬に投げるのはよくない」と。

15:27 彼女はいった、「主よ、ごもっともですが、犬も主人の食卓から落ちるくずを食べます」と。

15:28 そこでイエスは答えられた、「女の人、あなたの信仰は大きい。望みがかなえられるように」と。するとそのときから彼女の娘はなおった。

 

新改訳1970

15:21 それから、イエスはそこを去って、ツロとシドンの地方に立ちのかれた。

15:22 すると、その地方のカナン人の女が出て来て、叫び声をあげて言った。「主よ。ダビデの子よ。私をあわれんでください。娘が、ひどく悪霊に取りつかれているのです。」

15:23 しかし、イエスは彼女に一言もお答えにならなかった。そこで、弟子たちはみもとに来て、「あの女を帰してやってください。叫びながらあとについて来るのです。」と言ってイエスに願った。

15:24 しかし、イエスは答えて、「わたしは、イスラエルの家の滅びた羊以外のところには遣わされていません。」と言われた。

15:25 しかし、その女は来て、イエスの前にひれ伏して、「主よ。私をお助けください。」と言った。

15:26 すると、イエスは答えて、「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」と言われた。

15:27 しかし、女は言った。「主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」

15:28 そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。

 

塚本訳1963

15:21 イエスはそこを出て、ツロとシドンとの地方に引っ込まれた。

15:22 すると、その地方生まれの一人のカナンの女が出てきて叫んだ、「主よ、ダビデのお子様よ、どうぞお慈悲を。娘がひどく悪鬼に苦しめられています。」

15:23 しかしイエスは一言も答えられなかった。弟子たちが来て、願って言った、「願いをかなえてやって、(早く)この女を追い払ってください。どなりながらついて来ますから。」

15:24 イエスは答えられた、「わたしはイスラエルの家のいなくなった羊だけにしか、遣わされていない。」

15:25 するとその女が来て、しきりに願って言った、「主よ、お助けください。」

15:26 イエスは答えられた、「子供たちのパンを取り上げて、(異教の)小犬どもに投げてやるのはよろしくない。」

15:27 しかし女は言った、「主よ、是非どうぞ!小犬どもも、御主人の食卓から落ちるパン屑をいただくのですから。」

15:28 そこでイエスは答えられた、「ああ、女の人、りっぱな信仰だ。願いどおりに成れ。」すると、ちょうどその時から、娘は直った。

 

口語訳1955

15:21 さて、イエスはそこを出て、ツロとシドンとの地方へ行かれた。

15:22 すると、そこへ、その地方出のカナンの女が出てきて、「主よ、ダビデの子よ、わたしをあわれんでください。娘が悪霊にとりつかれて苦しんでいます」と言って叫びつづけた。

15:23 しかし、イエスはひと言もお答えにならなかった。そこで弟子たちがみもとにきて願って言った、「この女を追い払ってください。叫びながらついてきていますから」。

15:24 するとイエスは答えて言われた、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない」。

15:25 しかし、女は近寄りイエスを拝して言った、「主よ、わたしをお助けください」。

15:26 イエスは答えて言われた、「子供たちのパンを取って小犬に投げてやるのは、よろしくない」。

15:27 すると女は言った、「主よ、お言葉どおりです。でも、小犬もその主人の食卓から落ちるパンくずは、いただきます」。

15:28 そこでイエスは答えて言われた、「女よ、あなたの信仰は見あげたものである。あなたの願いどおりになるように」。その時に、娘はいやされた。

 

文語訳1917

"401521","イエスここを去りてツロとシドンとの地方に往き給ふ。"

"401522","視よ、カナンの女その邊より出できたり、叫びて『主よ、ダビデの子よ、我を憫み給へ、わが娘、惡鬼につかれて甚く苦しむ』と言ふ。"

"401523","されどイエス一言も答へ給はず。弟子たち來り請ひて言ふ『女を歸したまへ、我らの後より叫ぶなり』"

"401524","答へて言ひたまふ『我はイスラエルの家の失せたる羊のほかに遣されず』"

"401525","女きたり拜して言ふ『主よ、我を助けたまへ』"

"401526","答へて言ひたまふ『子供のパンをとりて小狗に投げ與ふるは善からず』"

"401527","女いふ『然り、主よ、小狗も主人の食卓よりおつる食屑を食ふなり』"

"401528","ここにイエス答へて言ひたまふ『をんなよ、汝の信仰は大なるかな、願のごとく汝になれ』娘この時より癒えたり。"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

 

塚本訳 マコ 7:24-30

7:24 そこを立って、ツロ地方に行かれた。ある家に入って、だれにも知られたくないと思っておられた。しかし隠れていることが出来ず、

7:25 汚れた霊につかれた小さい娘を持つ一人の女が、すぐイエスのことを聞きつけ、来て足下にひれ伏した。

7:26 この女は異教人で、スロフェニキア生まれであったが、娘から悪鬼を追い出してほしいとイエスに願った。

7:27 女に言われた、「まず子供たち(イスラエル人)を満腹させなくてはいけない。子供たちのパンを取り上げて、(異教の)小犬どもに投げてやるのはよろしくない。」

7:28 しかし女は答えた、「主よ、是非どうぞ!食卓の下の小犬どもも、子供さんたちのパン屑をいただきます。」

7:29 イエスは言われた、「それほど言うなら、よろしい、帰りなさい。悪鬼はもう娘から出ていった。」

7:30 女が家にかえって見ると、子供は寝床にねており、悪鬼はもう出ていた。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マタ 17:15

17:15 言った。「主よ、息子を憐れんでください。てんかんでひどく苦しんでいます。度々火の中や水の中に倒れるのです。

 

新共同 マタ 9:27

9:27 イエスがそこからお出かけになると、二人の盲人が叫んで、「ダビデの子よ、わたしたちを憐れんでください」と言いながらついて来た。

 

新共同 マタ 8:13

8:13 そして、百人隊長に言われた。「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように。」ちょうどそのとき、僕の病気はいやされた。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

口語訳 ロマ 15:8

15:8 わたしは言う、キリストは神の真実を明らかにするために、割礼のある者の僕となられた。それは父祖たちの受けた約束を保証すると共に、

 

口語訳 ロマ 10:12

10:12 ユダヤ人とギリシヤ人との差別はない。同一の主が万民の主であって、彼を呼び求めるすべての人を豊かに恵んで下さるからである。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

  

 

****************************************

マタイ15:29−31

湖畔の治療

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

401529さてイエスは、そこから移ってガリラヤの海辺にやって来た。そして山にのぼってそこに座っていた。

401530すると多くの群集が、足の萎えた者たち、盲人たち、体の曲がった者たち、口の利けない者たち、それにほかの多くの者たちを一緒に連れて彼のところにやって来た。そして彼らを彼の足もとに置いた。そこで彼は彼らを癒した。

401531そのため群集は驚いてしまった。口の利けない者たちが話し、体の曲がった者たちが健やかになり、足の萎えた者たちが歩きまわり、盲人たちが見えるようになったのを見たためである。そして彼らは、イスラエルの神を賛美した。

 

新共同訳1987

15:29 イエスはそこを去って、ガリラヤ湖のほとりに行かれた。そして、山に登って座っておられた。

15:30 大勢の群衆が、足の不自由な人、目の見えない人、体の不自由な人、口の利けない人、その他多くの病人を連れて来て、イエスの足もとに横たえたので、イエスはこれらの人々をいやされた。

15:31 群衆は、口の利けない人が話すようになり、体の不自由な人が治り、足の不自由な人が歩き、目の見えない人が見えるようになったのを見て驚き、イスラエルの神を賛美した。

 

前田訳1978

15:29 そこを去ってイエスはガリラヤ湖畔へ来て山に上ってそこにすわられた。

15:30 多くの群衆が足なえ、不具の人、目しい、唖者、そのほか多くの病人を連れてイエスのところへ来て、お足もとに置いたのでそれをいやされた。

15:31 唖者が語り、不具の人がなおり、足なえが歩き、目しいが見るのを見て群衆はおどろき、イスラエルの神を讃美した。

 

新改訳1970

15:29 それから、イエスはそこを去って、ガリラヤ湖の岸を行き、山に登って、そこにすわっておられた。

15:30 すると、大ぜいの人の群れが、足なえ、不具者、盲人、おしの人、そのほかたくさんの人をみもとに連れて来た。そして、彼らをイエスの足もとに置いたので、イエスは彼らをおいやしになった。

15:31 それで、群衆は、おしがものを言い、不具者が直り、足なえが歩き、盲人が見えるようになったのを見て、驚いた。そして、彼らはイスラエルの神をあがめた。

 

塚本訳1963

15:29 それからイエスはそこを去って、ガリラヤ湖のほとりにかえり、山に上ってそこに坐られた。

15:30 大勢の群衆が足なえ、片輪、盲人、唖、そのほか多くの者をつれてイエスの所に来て、足もとに置いたので、それをなおされた。

15:31 群衆は唖が物を言い、片輪が直り、足なえが歩きまわり、盲人が目が見えるようになったのを見て驚き、イスラエルの神を讃美した。

 

口語訳1955

15:29 イエスはそこを去って、ガリラヤの海べに行き、それから山に登ってそこにすわられた。

15:30 すると大ぜいの群衆が、足、手、目や口などが不自由な人々、そのほか多くの人々を連れてきて、イエスの足もとに置いたので、彼らをおいやしになった。

15:31 群衆は、口のきけなかった人が物を言い、手や足が不自由だった人がいやされ、盲人が見えるようになったのを見て驚き、そしてイスラエルの神をほめたたえた。

 

文語訳1917

"401529","イエス此處を去り、ガリラヤの海邊にいたり、而して山に登り、そこに坐し給ふ。"

"401530","大なる群衆、跛者・不具・盲人・唖者および他の多くの者を連れ來りて、イエスの足下に置きたれば、醫し給へり。"

"401531","群衆は、唖者の物いひ、不具の癒え、跛者の歩み、盲人の見えたるを見て之を怪しみ、イスラエルの神を崇めたり。"

 

****************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

 

塚本訳 マコ 7:31-37

7:31 それからイエスはツロ地方を出て、シドンを通り、またガリラヤ湖の近く、デカポリス地方の真中に来られた。

7:32 人々が聾で舌のまわらぬ人をつれて来て、手をのせて(直して)ほしいと願う。

7:33 イエスはその人をただ一人、群衆の中から連れ出して、指をその両耳にさしこみ、次に(指に)唾をしてその舌にさわり、

7:34 天を仰いで溜息をつき、その人に「エパタ!」[すなわち「開け!」]と言われる。

7:35 すると耳があき、すぐ舌のもつれが解けて、普通に物が言えるようになった。

7:36 イエスはだれにも言ってはならぬと人々に命じられたが、命ずれば命ずるだけ、ますます言いふらした。

7:37 そして驚きはてて言った、「あの方のされたことは、何もかも良いことばかりだ。聾や唖に、聞かせたり、物を言わせたりされるのだから。」

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マタ 8:27

8:27 人々は驚いて、「いったい、この方はどういう方なのだろう。風や湖さえも従うではないか」と言った。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

・・・・

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 

・・・・ 

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

マタイ15:32−39

四千人のパン

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

401532そこでイエスは、その弟子たちを呼んで言った、「この群集に対して、私は腸のちぎれる想いがする。というのも、彼らはこれでもう三日も私のもとにいるのだが、何も食べる物を持っていないのだ。だからといって、私は彼らを空腹のまま帰らせたくはない、彼らが道すがら倒れてしまわないかと〔気が気ではないからだ〕」。

701533すると弟子たちが彼に言う、「〔この〕荒涼としたところで、これほどの群集を満腹させるためのパンが、どこから私たちの手に入るのですか」。

401534するとイエスは彼らに言う、「あなたたちは、パンをどれほど持っているか」。彼らは言った、「七個です。それに小魚が少しです」。

401535そこで彼は、地面に横になるように群集に指図した後、

401536七個のパンと魚とをとり、感謝して裂き、彼の弟子たちに渡した。そして弟子たちは群集に〔与えた〕。

401537そこですべての人々は食べ、満腹した。そして残ったパン屑を集めると、七個の手提げ籠に満ちるほどになった。

401538食べた者は、女子供を除いて、男四千人であった。

401539そしてイエスは群集を解散させ、舟に乗り、マガダンの地域へやって来た。

 

新共同訳1987

15:32 イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた。「群衆がかわいそうだ。もう三日もわたしと一緒にいるのに、食べ物がない。空腹のままで解散させたくはない。途中で疲れきってしまうかもしれない。」

15:33 弟子たちは言った。「この人里離れた所で、これほど大勢の人に十分食べさせるほどのパンが、どこから手に入るでしょうか。」

15:34 イエスが「パンは幾つあるか」と言われると、弟子たちは、「七つあります。それに、小さい魚が少しばかり」と答えた。

15:35 そこで、イエスは地面に座るように群衆に命じ、

15:36 七つのパンと魚を取り、感謝の祈りを唱えてこれを裂き、弟子たちにお渡しになった。弟子たちは群衆に配った。

15:37 人々は皆、食べて満腹した。残ったパンの屑を集めると、七つの籠いっぱいになった。

15:38 食べた人は、女と子供を別にして、男が四千人であった。

15:39 イエスは群衆を解散させ、舟に乗ってマガダン地方に行かれた。

 

前田訳1978

15:32 イエスは弟子たちを呼びよせていわれた、「群衆が気の毒だ。わたしのところに三日もいるのに、食べものがない。空腹のままでは帰したくない。途中で力つきるといけないから」と。

15:33 弟子たちはいう、「こんなに大勢の群衆が満腹するほどのパンを、このさびしいところでどこから手に入れましょう」と。

15:34 イエスはいわれる、「そこにパンが幾つあるか」と。彼らはいった、「七つ、それに小魚が少しです」と。

15:35 彼は群衆に地面にすわるよう命じ、

15:36 七つのパンと魚を取り、感謝して裂き、弟子たちに与えられると、弟子たちは群衆に与えた。

15:37 皆が食べて満腹した。余りのくずを拾うと、七つの篭が満ちた。

15:38 食べた人は女こどもは別として四千人であった。

15:39 イエスは群衆を解散させて舟に乗り、マガダンの地方へ行かれた。

 

新改訳1970

15:32 イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた。「かわいそうに、この群衆はもう三日間もわたしといっしょにいて、食べる物を持っていないのです。彼らを空腹のままで帰らせたくありません。途中で動けなくなるといけないから。」

15:33 そこで弟子たちは言った。「このへんぴな所で、こんなに大ぜいの人に、十分食べさせるほどたくさんのパンが、どこから手にはいるでしょう。」

15:34 すると、イエスは彼らに言われた。「どれぐらいパンがありますか。」彼らは言った。「七つです。それに、小さい魚が少しあります。」

15:35 すると、イエスは群衆に、地面にすわるように命じられた。

15:36 それから、七つのパンと魚とを取り、感謝をささげてからそれを裂き、弟子たちに与えられた。そして、弟子たちは群衆に配った。

15:37 人々はみな、食べて満腹した。そして、パン切れの余りを取り集めると、七つのかごにいっぱいあった。

15:38 食べた者は、女と子どもを除いて、男四千人であった。

15:39 それから、イエスは群衆を解散させて舟に乗り、マガダン地方に行かれた。

 

塚本訳1963

15:32 イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた、「群衆がかわいそうだ。もう三日もわたしをはなれずにいるので、何も食べるものを持っていない。空腹のままで帰したくない。途中でへたばってしまうかも知れない。」

15:33 弟子たちが言う、「この荒野で、いったいどこから、こんなに大勢の人を満腹させるほど沢山のパンを買って来ましょうか。」

15:34 イエスが言われる、「手許にいくつパンがあるか。」「七つ、それと小魚が少しです」とこたえた。

15:35 イエスは群衆に命じて地面にすわらせ、

15:36 その七つのパンと魚とを(手に)取り、(神に)感謝して(パンを)裂き、弟子たちに渡されると、弟子たちは群衆に渡した。

15:37 皆が食べて満腹した。そして余った(パンの)屑を拾うと、七つの篭に一ぱいあった。

15:38 食べた者は、女、子供ぬきで、男四千人であった。

15:39 イエスは群衆を解散させたのち、舟に乗ってマガダン地方に行かれた。

 

口語訳1955

15:32 イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた、「この群衆がかわいそうである。もう三日間もわたしと一緒にいるのに、何も食べるものがない。しかし、彼らを空腹のままで帰らせたくはない。恐らく途中で弱り切ってしまうであろう」。

15:33 弟子たちは言った、「荒野の中で、こんなに大ぜいの群衆にじゅうぶん食べさせるほどたくさんのパンを、どこで手に入れましょうか」。

15:34 イエスは弟子たちに「パンはいくつあるか」と尋ねられると、「七つあります。また小さい魚が少しあります」と答えた。

15:35 そこでイエスは群衆に、地にすわるようにと命じ、

15:36 七つのパンと魚とを取り、感謝してこれをさき、弟子たちにわたされ、弟子たちはこれを群衆にわけた。

15:37 一同の者は食べて満腹した。そして残ったパンくずを集めると、七つのかごにいっぱいになった。

15:38 食べた者は、女と子供とを除いて四千人であった。

15:39 そこでイエスは群衆を解散させ、舟に乗ってマガダンの地方へ行かれた。

 

文語訳1917

"401532","イエス弟子たちを召して言ひ給ふ『われ此の群衆をあはれむ、既に三日われと偕にをりて食ふべき物なし。飢ゑたるままにて歸らしむるを好まず、恐らくは途にて疲れ果てん』"

"401533","弟子たち言ふ『この寂しき地にて、斯く大なる群衆を飽かしむべき多くのパンを、何處より得べき』"

"401534","イエス言ひ給ふ『パン幾つあるか』彼らいふ『七つ、また小き魚すこしあり』"

"401535","イエス群衆に命じて地に坐せしめ、"

"401536","七つのパンと魚とを取り、謝して之をさき弟子たちに與へ給へば、弟子たち之を群衆に與ふ。"

"401537","凡ての人くらひて飽き、裂きたる餘を拾ひしに、七つの籃に滿ちたり。"

"401538","食ひし者は、女と子供とを除きて四千人なりき。"

"401539","イエス群衆をかへし、舟に乘りてマガダンの地方に往き給へり。"

 

***************************************

 

各国聖書引照

 

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

 

塚本訳 マコ 8:1-10

8:1 そのころ、また多くの群衆が(集まって)いて、何も食べるものを持っていなかったとき、弟子たちを呼びよせて言われる、

8:2 「群衆がかわいそうだ。もう三日もわたしをはなれずにいるので、何も食べるものを持っていない。

8:3 空腹のままで家に帰したら、途中でへたばってしまうにちがいない。それに、中には遠くから来た者もある。」

8:4 弟子たちが答えた、「こんな荒野で、いったいどこからパンを買って来て、この人たちを満腹させることが出来ましょうか。」

8:5 彼らに尋ねられた、「手許にいくつパンがあるか。」「七つ」とこたえた。

8:6 イエスは群衆に命じて地面にすわらせ、それからその七つのパンを(手に)取り、(神に)感謝して裂き、群衆に配るため弟子たちに渡されると、それを配った。

8:7 また小魚が少しあったのをイエスは祝福して、これも配るように言われた。

8:8 人々は食べて満腹した。そして余った(パンの)屑を拾うと、七篭あった。

8:9 それは四千人ばかりであった。イエスは人々を解散させられた。

8:10 それからすぐ弟子たちと一しょに舟に乗って、ダルマヌタ地方に行かれた。

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

 

新共同 マタ 9:36

9:36 また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

 

口語訳 Tコリ10:30-31

10:30 もしわたしが感謝して食べる場合、その感謝する物について、どうして人のそしりを受けるわけがあろうか。

10:31 だから、飲むにも食べるにも、また何事をするにも、すべて神の栄光のためにすべきである。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

 ・・・・

****************************************