****************************************

ネヘミヤ記 12:27−43      

  エルサレム城壁の奉献の祭り

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
027
エルサレムの城壁の奉献に際して、あらゆる所からレビ人を捜し、エルサレムに連れてきて、シンバルと琴と竪 琴に合わせて、感謝の祈りと歌をもって喜びのうちに奉献式を行おうとした。

028そこで歌唱者もエルサレム周辺 の盆地やネトファ人の村々から、

029ベト・ギルガルやゲバやアズマ ベトの小村からも集まってきた。歌唱者たちはエルサレムの周辺に村落を作っていたからである。

030祭司とレビ人たちは身を清めた うえで、民と城門と城壁を清めた。

031わたしはユダの指導者たちを城 壁に上らせ、二つの大きな合唱隊を編成した。第一の隊は城壁の上を右へ、糞の門に向かって進んだ。

032その後ろをホシャヤとユダの指 導者たちの半分が続き、

033さらに、アザルヤ、エズラ、メ シュラム、

034ユダ、ビンヤミン、シェマヤと イルメヤ、

035ラッパを携えた祭司の一部とゼ カルヤが続いた。ゼカルヤはヨナタンの子、ヨナタンはシェマヤの子、シェマヤはマタンヤの子、マタンヤはミカヤの子、ミカヤはザクル の子、ザクルはアサフの子である。

036彼の兄弟はシェマヤ、アザルエ ル、ミラライ、ギラライ、マアイ、ネタンエル、ユダ、ハナニであって、彼らは神の人ダビデの楽器を持って続いた。律法学者エズラが彼 らの先頭に立った。

037泉の門の所で、ダビデの町への 階段を上がり、城壁に上ってダビデの家の上を過ぎて、東の水の門まで進んだ。

038第二の合唱隊は左に向かった。 わたしはほかの半数の人々とともに続いた。一行は城壁の上を行き、炉の塔から広い城壁に至り、

039さらに、エフライムの門、エ シャナの門、魚の門、ハナンエルの塔、ハンメアの塔を過ぎ、羊の門に至り、警備の門で止まった。

040こうして二組の歌唱隊は神の宮 に立った。わたしも半数の役人たちとともにそこにいた。

041祭司エルヤキム、マアセヤ、ミ ンヤミン、ミカヤ、エルヨエナイ、ゼカルヤ、ハナンヤたちはラッパを携えていた。

042マアセヤ、シェマヤ、エルアザ ル、ウジ、ヨハナン、マルキヤ、エラム、エゼルもいた。歌唱者たちは高らかに歌った。その指導者はイズラフヤであった。

043その日、彼らは数多くの犠牲を ささげて、喜び歌った。神が大きな喜びで彼らを喜ばせられたからである。女も子供たちもともに喜んだ。エルサレムの喜びは遥か遠くま で響き渡った。


 

新共同訳1987

12:27 エルサレムの城壁の奉献に際して、人々は、あらゆる所からレビ人を求め、エルサレムに来させて、感謝の祈りと、シンバルや竪琴や琴に合わせた歌をもって、 奉献式と祝典を行おうとした。

12:28 -29詠唱者たちは、それぞれエルサレム周辺の盆地、ネトファ人の村々、ベト・ギルガルおよびゲバやアズマベトの田舎などから集まって来た。詠唱者たち は、エルサレムの周辺に村を作って住んでいた。

12:30 祭司とレビ人は身を清めたうえで、民と城門と城壁を清めた。

12:31 わたしは、ユダの長たちを城壁に上らせ、二つの大きな合唱隊を編成した。一隊は城壁の上を右へ、糞の門に向かって進んだ。

12:32 その後ろに、ホシャヤおよびユダの長たちの半数が続き、

12:33 またアザルヤ、エズラ、メシュラム、

12:34 ユダ、ビンヤミン、シェマヤ、イルメヤ、

12:35 ラッパを持った祭司たち、次にゼカルヤが続いた。その父はヨナタン、祖父はシェマヤ、更にマタンヤ、ミカヤ、ザクル、アサフとさかのぼる。

12:36 更に彼の仲間シェマヤ、アザルエル、ミラライ、ギラライ、マアイ、ネタンエル、ユダ、ハナニが、神の人ダビデの楽器を持って行進に続いた。書記官エズラは 彼らの前を行った。

12:37 泉の門に来ると、彼らはその前にあるダビデの町への上り坂を上がり、城壁に上って、ダビデの家の上を過ぎて東の水の門に来た。

12:38 他の一隊は左に向かった。わたしは他の半数の人々と共に彼らに続いた。一行は城壁の上を行き、炉の塔から広壁、

12:39 エフライムの門から古い門、魚の門、ハナンエルの塔、ハンメアの塔から羊の門まで進み、警備の門で止まった。

12:40 こうして二隊は、神殿の中に立ち、わたしも役人の半数と共にそこにいた。

12:41 ラッパを手にした祭司はエルヤキム、マアセヤ、ミンヤミン、ミカヤ、エルヨエナイ、ゼカルヤ、ハナンヤ。

12:42 更にマアセヤ、シェマヤ、エルアザル、ウジ、ヨハナン、マルキヤ、エラム、エゼルは詠唱者として歌い、イズラフヤが彼らの監督であった。

12:43 その日、人々は大いなるいけにえを屠り、喜び祝った。神は大いなる喜びをお与えになり、女も子供も共に喜び祝った。エルサレムの喜びの声は遠くまで響い た。


新改訳1970

12:27 彼らはエルサレムの城壁の奉献式のときに、レビ人を、彼らのいるすべての所から捜し出してエルサレムに来させ、シンバルと十弦の琴と立琴に合わせて、感謝 の歌を歌いながら喜んで、奉献式を行なおうとした。

12:28 そこで、歌うたいたちは、エルサレムの周辺の地方や、ネトファ人の村々から集まって来た。

12:29 また、ベテ・ギルガルや、ゲバとアズマベテの農地からも集まって来た。この歌うたいたちは、エルサレムの周辺に自分たちの村々を建てていたからである。

12:30 祭司とレビ人は、自分たちの身をきよめ、また民と門と城壁をきよめた。

12:31 そこで私は、ユダのつかさたちを城壁の上に上らせ、二つの大きな聖歌隊を編成した。一組は城壁の上を右のほうに糞の門に向かって進んだ。

12:32 彼らのうしろに続いて進んだ者は、ホシャヤと、ユダのつかさたちの半分、

12:33 アザルヤ、エズラ、メシュラム、

12:34 および、ユダ、ベニヤミン、シェマヤとエレミヤであった。

12:35 祭司のうちのある者もラッパを持って進んだ。すなわち、ヨナタンの子ゼカリヤであった。このヨナタンはシェマヤの子、順次さかのぼって、マタヌヤの子、ミ カヤの子、ザクルの子、アサフの子である。

12:36 また、ゼカリヤの兄弟たちシェマヤ、アザルエル、ミラライ、ギラライ、マアイ、ネタヌエル、ユダ、ハナニであって、神の人ダビデの楽器を持って続いて行っ た。学者エズラが彼らの先頭に立った。

12:37 彼らは泉の門のところで、城壁の上り口にあるダビデの町の階段をまっすぐに上って行き、ダビデの家の上を通って、東のほうの水の門に来た。

12:38 もう一組の聖歌隊は左のほうに進んだ。私は民の半分といっしょに、そのうしろに従った。そして城壁の上を進んで、炉のやぐらの上を通り、広い城壁のところ に行き、

12:39 エフライムの門の上を過ぎ、エシャナの門を過ぎ、魚の門と、ハナヌエルのやぐらと、メアのやぐらを過ぎて、羊の門に行った。そして彼らは監視の門で立ち止 まった。

12:40 こうして、二つの聖歌隊は神の宮でその位置に着いた。私も、私とともにいた代表者たちの半分も位置に着いた。

12:41 また祭司たち、エルヤキム、マアセヤ、ミヌヤミン、ミカヤ、エルヨエナイ、ゼカリヤ、ハナヌヤも、ラッパを持って位置に着いた。

12:42 また、マアセヤ、シェマヤ、エルアザル、ウジ、ヨハナン、マルキヤ、エラム、エゼルも位置に着いた。それから、歌うたいたちは、監督者イゼラフヤの指揮で 歌った。

12:43 こうして、彼らはその日、数多くのいけにえをささげて喜び歌った。神が彼らを大いに喜ばせてくださったからである。女も子どもも喜び歌ったので、エルサレ ムの喜びの声ははるか遠くまで聞こえた。


口語訳1955

12:27 さてエルサレムの城壁の落成式に当って、レビびとを、そのすべての所から招いてエルサレムにこさせ、感謝と、歌と、シンバルと、立琴と、琴とをもって喜ん で落成式を行おうとした。

12:28 そこで、歌うたう人々はエルサレムの周囲の地方、ネトパびとの村々から集まってきた。

12:29 またベテギルガルおよびゲバとアズマウテの地方からも集まってきた。この歌うたう者たちはエルサレムの周囲に自分の村々を建てていたからである。

12:30 そして祭司とレビびとたちは身を清め、また民およびもろもろの門と城壁とを清めた。

12:31 そこでわたしはユダのつかさたちを城壁の上にのぼらせ、また感謝する者の二つの大きな組を作って、行進させた。その一つは城壁の上を右に糞の門をさして進 んだ。

12:32 そのあとに従って進んだ者はホシャヤ、およびユダのつかさたちの半ば、

12:33 ならびにアザリヤ、エズラ、メシュラム、

12:34 ユダ、ベニヤミン、シマヤ、エレミヤであった。

12:35 また数人の祭司がラッパをもって従った。すなわちヨナタンの子ゼカリヤ。ヨナタンはシマヤの子、シマヤはマッタニヤの子、マッタニヤはミカヤの子、ミカヤ はザックルの子、ザックルはアサフの子である。

12:36 またゼカリヤの兄弟たちシマヤ、アザリエル、ミラライ、ギラライ、マアイ、ネタンエル、ユダ、ハナニなどであって、神の人ダビデの楽器を持って従った。そ して学者エズラは彼らの先に進んだ。

12:37 彼らは泉の門を経て、まっすぐに進み、城壁の上り口で、ダビデの町の階段から上り、ダビデの家の上を過ぎて東の方、水の門に至った。

12:38 他の一組の感謝する者は左に進んだ。わたしは民の半ばと共に彼らのあとに従った。そして城壁の上を行き、炉の望楼の上を過ぎて、城壁の広い所に至り、

12:39 エフライムの門の上を通り、古い門を過ぎ、魚の門およびハナネルの望楼とハンメアの望楼を過ぎて、羊の門に至り、近衛の門に立ち止まった。

12:40 こうして二組の感謝する者は神の宮にはいって立った。わたしもそこに立ち、つかさたちの半ばもわたしと共に立った。

12:41 また祭司エリアキム、マアセヤ、ミニヤミン、ミカヤ、エリオエナイ、ゼカリヤ、ハナニヤらはラッパを持ち、

12:42 マアセヤ、シマヤ、エレアザル、ウジ、ヨハナン、マルキヤ、エラムおよびエゼルも共にいた。そして歌うたう者たちは声高く歌った。エズラヒヤはその監督で あった。

12:43 こうして彼らはその日、大いなる犠牲をささげて喜んだ。神が彼らを大いに喜び楽しませられたからである。女子供までも喜んだ。それでエルサレムの喜びの声 は遠くまで聞えた。


文語訳1917

12:27 ヱルサレムの石垣の落成せし節會に當りてレビ人をその一切の處より招きてヱルサレムに來らせ感謝と歌と鐃?と瑟と琴とをもて歓喜を盡 してその落成の節會を行はんとす
12:28 是において謳歌ふ徒輩ヱルサレムの周圍の窪地およびネトパ人の村々より集り來り
12:29 またベテギルガルおよびゲバとアズマウテとの野より集り來れりこの謳歌者等はヱルサレムの周圍に己の村々を建たりき
12:30 茲に祭司およびレビ人身を潔めまた民および諸の門と石垣とを潔めければ
12:31 我すなはちユダの牧伯等をして石垣の上に上らしめ又二の大なる隊を作り設けて之に感謝の詞を唱へて並進ましむ即ちその一は糞の門を指て石垣の上を右に進め り
12:32 その後につきて進める者はホシヤヤおよびユダの牧伯の半
12:33 ならびにアザリヤ、エズラ、メシユラム
12:34 ユダ、ベニヤミン、シマヤ、ヱレミヤなりき
12:35 又祭司の徒數人喇叭を吹て伴ふあり即ちヨナタンの子ゼカリヤ、ヨナタンはシマヤの子シマヤはマツタニヤの子マツタニヤはミカヤの子ミカヤはザツクルの子ザ ツクルはアサフの子なり
12:36 またゼカリヤの兄弟シマヤ、アザリエル、ミラライ、ギラライ、マアイ、ネタンエル、ユダ、ハナニ等ありて神の人ダビデの樂器を執り學士エズラこれに先だつ
12:37 而して彼ら泉の門を經ただちに進みて石垣の上口に於てダビデの城の段階より登りダビデの家の上を過て東の方水の門に至れり
12:38 また今一隊の感謝する者は彼らに對ひて進み我は民の半とともにその後に從がへり而して皆石垣の上を行き爐戌樓の上を過て石垣の廣き處にいたり
12:39 エフライムの門の上を通り舊門を過ぎ魚の門およびハナニエルの戌樓とハンメアの戌樓を過て羊の門に至り牢の門に立どまれり
12:40 かくて二隊の感謝する者神の室にいりて立り我もそこにたち牧伯等の半われと偕にありき
12:41 また祭司エリアキム、マアセヤ、ミニヤミン、ミカヤ、エリヨエナイ、ゼカリヤ、ハナニヤ等喇叭を執て居り
12:42 マアセヤ、シマヤ、エレアザル、ウジ、ヨナハン、マルキヤ、エラム、エゼル之と偕にあり謳歌ふ者聲高くうたへりヱズラヒヤはその監督なりき
12:43 斯してその日みな大なる犠牲を献げて喜悦を盡せり其は神かれらをして大に喜こび樂ませたまひたればなり婦女小兒までも喜悦り是をもてヱルサレムの喜悦の聲 とほくまで聞えわたりぬ


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

ネヘミヤ記 12:44−47      

  祭司とレビ人に対する待遇

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
044
その日、献納物と初穂と十分の一を納める収納室の管理人が任命された。彼らは律法によって定められた分を、 祭司とレビ人たちのために周囲の町々の耕地から集めた。ユダの人々は祭司とレビ人がその務めを果たしているのを喜んでいたからであ る。

045彼らは神への務めと清めの務め を守り、歌唱者と門衛はダビデとその子ソロモンの規定に従ってその務めを果たした。

046ダビデとアサフの昔の時代か ら、歌唱者のための指導者がいて、神への賛美と感謝の歌を司どっていた。

047それでゼルバベルとネヘミヤの 時代のイスラエルの民はみな、歌唱者と門衛に日々の生活の糧を提供した。また、レビ人には聖別された物を与え、レビ人はアロンの子ら に聖別された物を分け与えた。


 

新共同訳1987

12:44 その日、礼物と初物と十分の一の供出物を蓄える収納庫の監督が任命された。こうしてそこに、律法が定めているように、祭司とレビ人の生活の糧を、町々の耕 地から徴集して納めた。実にユダの人々は、祭司とレビ人の働きを喜んでいた。

12:45 祭司とレビ人は神への務めと清めの務めを守り、詠唱者と門衛はダビデとその子ソロモンの定めによく従った。

12:46 ダビデとアサフがいた昔の時代のように、詠唱者の頭がいて、神への賛美と感謝の歌をつかさどった。

12:47 ゼルバベルの時代とネヘミヤの時代のイスラエルの民は皆、毎日詠唱者と門衛に生活の糧を提供した。また、レビ人には奉納物を与え、レビ人はその奉納物をア ロンの子らに分け与えた。

 

新改訳1970

12:44 その日、備品や、奉納物、初物や十分の一を納める部屋を管理する人々が任命され、彼らは祭司とレビ人のために、律法で定められた分を、町々の農地からそこ に集めた。これは、職務についている祭司とレビ人をユダ人が見て喜んだからである。

12:45 彼らおよび歌うたいや門衛たちは、ダビデとその子ソロモンの命令のとおりに、彼らの神への任務と、きよめの任務を果たした。

12:46 昔から、ダビデとアサフの時代から、神に賛美と感謝をささげる歌うたいたちのかしらがいた。

12:47 ゼルバベルの時代とネヘミヤの時代には、イスラエル人はみな、歌うたいと門衛のために定められた日当を支給していた。彼らはまた、レビ人には聖別したささ げ物を与え、レビ人はその聖別したささげ物をアロンの子孫に渡していた。

 

口語訳1955

12:44 その日、倉のもろもろのへやをつかさどる人々を選び、ささげ物、初物、十分の一など律法の定めるところの祭司およびレビびとの分を町々の田畑にしたがって 取り集めて、へやに入れることをつかさどらせた。これは祭司およびレビびとの仕えるのを、ユダびとが喜んだからである。

12:45 彼らはダビデおよびその子ソロモンの命令に従って、神の勤めおよび清め事の勤めをした。歌うたう者および門を守る者もそのように行った。

12:46 昔ダビデおよびアサフの日には、歌うたう者のかしらがひとりいて、神にさんびと感謝をささげる事があった。

12:47 またゼルバベルの日およびネヘミヤの日には、イスラエルびとはみな歌うたう者と門を守る者に日々の分を与え、またレビびとに物を聖別して与え、レビびとは またこれを聖別してアロンの子孫に与えた。

 

文語訳1917

12:44 その日府庫のすべての室を掌どるべき人々を撰びて擧祭の品初物および什一など律法に定むるところの祭司とレビ人との分を邑々の田圃に 准ひて取あつめてすべての室にいるることを掌どらしむ是は祭司およびレビ人の立て奉ふるをユダ人喜こびたればなり
12:45 彼らは神の職守および潔齋の職守を勤む謳歌者および門を守る者も然り皆ダビデとその子ソロモンの命令に依る
12:46 在昔ダビデおよびアサフの日には謳歌者の長一人ありて神に讃美感謝をたてまつる事ありき
12:47 またゼルバベルの日およびネヘミヤの日にはイスラエル人みな謳歌者と門を守る者に日々の分を與へまたレビ人に物を聖別て與へレビ人またこれを聖別てアロン の子孫に與ふ


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************