****************************************

民数記 24:1−14

バラムの第三の託宣

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
001
バラムは、イスラエルを祝福することが主のみ心に かなうのが分かったので、今までのように、まじないに頼ることをやめ、顔を荒れ野に向けた。

002バラムが目を上げて、イスラエルが部族ごとに宿営 しているのを見たとき、神の霊が彼の上に臨んだ。

003彼は声をあげて歌を歌った、

「ベオルの子バラムの言葉、

開かれた目を持つ者の言葉、

004神の言葉を聞き、

シャッダイからの幻を見る者、

倒れ伏し、目の覆いを取り除かれた者の言葉。

005何と美しいことか。ヤコブよ、あなたの天幕は。

イスラエルよ、あなたの住まいは。

006それは、広々と広がる棗椰子の林のよう、

川のほとりの園のよう、

主が植えたアロエのよう、

水辺の杉の木のようだ。

007その枝は水滴をしたたらせ、

その種は豊かな水に潤い、

その王はアガグよりも高められ、

その王国は高く上げられる。

008彼をエジプトから導き出した神は

彼にとっては野牛の角のようだ。

彼は敵の国々を食い尽くし、

その骨を打ち砕き、

彼の矢で敵の民を突き通す。

009彼は獅子のようにうずくまり、

雌獅子のように身を伏している。

誰が彼を起こすだろうか。

あなたを祝福する者は祝福され、

あなたを呪う者は呪われる」。

010バラクはバラムに対して怒りを燃やし、手を打ち鳴 らして彼に言った、「わたしの敵を呪うためにあなたを招いたのに、あなたは三度とも彼らを祝福した。

011さあ、自分の所に帰れ。わたしはあなたに大きな報 酬を与えようと思っていたが、主があなたに報酬を得させないようにされた」。

012バラムはバラクに答えた、「わたしは、あなたが遣 わした使者たちに申したではありませんか。

013『たとえ、バラクが銀や金で満ちている彼の家をわ たしに下さるとしても、主の命令に反して、善悪を問わず、心のままに行うことはできません。わたしは主が告げられることだけを、 告げなければなりません』」。

014「わたしは今、自分の民の所に帰ります。しかし、 その前に言っておきましょう。この民が将来あなたの民にどんなことをするかをあなたに告げましょう」。


 

新共同訳1987

24:1 バラムは、イスラエルを祝福することが主の良いとされることであると悟り、いつものようにまじないを行いに行くことをせず、顔を荒れ野に向けた。

24:2 バラムは目を凝らして、イスラエルが部族ごとに宿営しているのを見渡した。神の霊がそのとき、彼に臨んだ。

24:3 彼はこの託宣を述べた。ベオルの子バラムの言葉。目の澄んだ者の言葉。

24:4 神の仰せを聞き/全能者のお与えになる幻を見る者/倒れ伏し、目を開かれている者の言葉。

24:5 いかに良いことか/ヤコブよ、あなたの天幕は/イスラエルよ、あなたの住む所は。

24:6 それは広がる谷/大河の岸の園のようだ。それは主が植えられたアロエの木のよう/水のほとりの杉のようだ。

24:7 水は彼らの革袋から溢れ/種は豊かな水を得て育つ。彼らの王はアガグよりも栄え/その王国は高く上げられる。

24:8 エジプトから彼らを導き出された神は/彼らにとって野牛の角のようだ。彼らは、敵対する国を食らい尽くし/骨を砕き、矢で刺し通す。

24:9 雄獅子のように伏し/雌獅子のように横たわる彼らを/起き上がらせることができる者があろうか。あなたを祝福する者は祝福され/あなたを呪う者は呪われ る。

24:10 バラクはバラムに対して激しく怒り、手を打ち鳴らしながら、バラムに言った。「敵に呪いをかけるために招いたのに、見よ、お前は三度も祝福した。

24:11 自分の所に逃げ帰るがよい。お前を大いに優遇するつもりでいたが、主がそれを差し止められたのだ。」

24:12 バラムはバラクに言った。「あなたがわたしのもとに遣わした使者に対しても、わたしはこう言ったではありませんか。

24:13 『たとえバラクが、家に満ちる金銀を贈ってくれても、主の言葉に逆らっては、善にしろ悪にしろ、わたしの心のままにすることはできません。わたしは、主が 告げられることを告げるだけです』と。

24:14 わたしは今、わたしの民のもとに帰ります。後の日にこの民があなたの民に対して何をするか、あなたに警告しておきます。」

 

新改訳1970

24:1 バラムはイスラエルを祝福することが主の御心にかなうのを見、これまでのように、まじないを求めに行くことをせず、その顔を荒野に向けた。

24:2 バラムが目を上げて、イスラエルがその部族ごとに宿っているのをながめたとき、神の霊が彼の上に臨んだ。

24:3 彼は彼のことわざを唱えて言った。「ベオルの子バラムの告げたことば。目のひらけた者の告げたことば。

24:4 神の御告げを聞く者、全能者の幻を見る者、ひれ伏して、目のおおいを除かれた者の告げたことば。

24:5 なんと美しいことよ。ヤコブよ、あなたの天幕は。イスラエルよ、あなたの住まいは。

24:6 それは、延び広がる谷間のように、川辺の園のように、主が植えたアロエのように、水辺の杉の木のように。

24:7 その手おけからは水があふれ、その種は豊かな水に潤う。その王はアガグよりも高くなり、その王国はあがめられる。

24:8 彼をエジプトから連れ出した神は、彼にとっては野牛の角のようだ。彼はおのれの敵の国々を食い尽くし、彼らの骨を砕き、彼らの矢を粉々にする。

24:9 雄獅子のように、また雌獅子のように、彼はうずくまり、身を横たえる。だれがこれを起こすことができよう。あなたを祝福する者は祝福され、あなたをのろう 者はのろわれる。」

24:10 そこでバラクはバラムに対して怒りを燃やし、手を打ち鳴らした。バラクはバラムに言った。「私の敵をのろうためにあなたを招いたのに、かえってあなたは三 度までも彼らを祝福した。

24:11 今、あなたは自分のところに下がれ。私はあなたを手厚くもてなすつもりでいたが、主がもう、そのもてなしを拒まれたのだ。」

24:12 バラムはバラクに言った。「私はあなたがよこされた使者たちにこう言ったではありませんか。

24:13 『たとい、バラクが私に銀や金の満ちた彼の家をくれても、主のことばにそむいては、善でも悪でも、私の心のままにすることはできません。主が告げられるこ と、それを私は告げなければなりません。』

24:14 今、私は私の民のところに帰ります。さあ、私は、この民が後の日にあなたの民に行なおうとしていることをあなたのために申し上げましょう。」

 

口語訳1955

24:1 バラムはイスラエルを祝福することが主の心にかなうのを見たので、今度はいつものように行って魔術を求めることをせず、顔を荒野にむけ、

24:2 目を上げて、イスラエルがそれぞれ部族にしたがって宿営しているのを見た。その時、神の霊が臨んだので、

24:3 彼はこの託宣を述べた。「ベオルの子バラムの言葉、/目を閉じた人の言葉、

24:4 神の言葉を聞く者、/全能者の幻を見る者、/倒れ伏して、目の開かれた者の言葉。

24:5 ヤコブよ、あなたの天幕は麗しい、/イスラエルよ、あなたのすまいは、麗しい。

24:6 それは遠くひろがる谷々のよう、/川べの園のよう、/主が植えられた沈香樹のよう、/流れのほとりの香柏のようだ。

24:7 水は彼らのかめからあふれ、/彼らの種は水の潤いに育つであろう。彼らの王はアガグよりも高くなり、/彼らの国はあがめられるであろう。

24:8 神は彼らをエジプトから導き出された、/彼らは野牛の角のようだ。彼らは敵なる国々の民を滅ぼし、/その骨を砕き、/矢をもって突き通すであろう。

24:9 彼らは雄じしのように身をかがめ、/雌じしのように伏している。だれが彼らを起しえよう。あなたを祝福する者は祝福され、/あなたをのろう者はのろわれる であろう」。

24:10 そこでバラクはバラムにむかって怒りを発し、手を打ち鳴らした。そしてバラクはバラムに言った、「敵をのろうために招いたのに、あなたはかえって三度まで も彼らを祝福した。

24:11 それで今あなたは急いで自分のところへ帰ってください。わたしはあなたを大いに優遇しようと思った。しかし、主はその優遇をあなたに得させないようにされ ました」。

24:12 バラムはバラクに言った、「わたしはあなたがつかわされた使者たちに言ったではありませんか、

24:13 『たといバラクがその家に満ちるほどの金銀をわたしに与えようとも、主の言葉を越えて心のままに善も悪も行うことはできません。わたしは主の言われること を述べるだけです』。

24:14 わたしは今わたしの民のところへ帰って行きます。それでわたしはこの民が後の日にあなたの民にどんなことをするかをお知らせしましょう」。

 

文 語訳1917
24:1 バラムはイスラエルを祝することのヱホバの心に適ふを視たれば此度は前の時のごとくに往て法術を求むる事を爲ずその面を曠野に向て居り
24:2 バラム目を擧てイスラエルのその支派にしたがひて居るを觀たり時に神の霊かれに臨みければ
24:3 彼すなはちこの歌をのべて云くベオルの子バラム言ふ目の啓きたる人言ふ
24:4 神の言詞を聞し者能はざる無き者をまぼろしに觀し者倒れ臥て其目の啓けたる者言ふ
24:5 ヤコブよ汝の天幕は美しき哉イスラエルよ汝の住所は美しき哉
24:6 是は谷々のごとくに布列ね河邊の園のごとくヱホバの栽し沈香樹のごとく水の邊の香柏のごとし
24:7 その桶よりは水溢れんその種は水の邊に發育んその王はアガグよりも高くなりその國は振ひ興らん
24:8 神これをエジプトより導き出せり是は強きこと?のごとくその敵なる國々の民を呑つくしその骨を摧き矢をもて之を衝とほさん
24:9 是は牡獅子のごとくに身をかがめ牝獅子のごとくに臥す誰か敢てこれを起さんやなんぢを祝するものは福祉を得なんぢをのろふものは災禍をかうむるべし
24:10 ここにおいてバラクはバラムにむかひて怒を發しその手を拍ならせり而してバラク、バラムにいひけるは我はなんぢをしてわが敵を詛はしめんとてなんぢを招き たるに汝は却て斯三度までも彼らを大に祝したり
24:11 然ば汝今汝の處に奔り往け我は汝に大なる尊榮を得させんと思ひたれどヱホバ汝を阻めて尊榮を得るに至らざらしむ
24:12 バラム、バラクに言けるは我は汝が我に遣しし使者等に告て言ざりしや
24:13 假令バラクその家に盈るほどの金銀を我に與ふるとも我はヱホバの言を踰て自己の心のままに善も惡きも爲ことを得ず我はヱホバの宣まふ事のみを言べしと
24:14 今われは吾民にかへる然ば來れ我この民が後の日に汝の民に爲んところの事を汝に告しらせんと


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳   17:1

17:1 それから、七つの鉢を 持つ七人の御使のひとりがきて、わたしに語って言った、「さあ、きなさい。多くの水の上にすわっている大淫婦に対するさばきを、見せ よう。

 

口 語訳 黙  17:15

17:15 御使はまた、わたしに言った、「あなたの見た水、すなわち、淫婦のすわっている所は、あらゆる民族、群衆、国民、国語である。

 

口 語訳 黙  2:14

2:14 しかし、あなたに対して責むべきことが、少しばかりある。あなたがたの中には、現にバラムの教を奉じている者がある。バラムは、バラ クに教え込み、イスラエルの子らの前に、つまずきになるものを置かせて、偶像にささげたものを食べさせ、また不品行をさせたのであ る。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳   1:10

1:10 ところが、わたしは、 主の日に御霊に感じた。そして、わたしのうしろの方で、ラッパのような大きな声がするのを聞いた。

 

口 語訳 Uコリ12:2-4

12:2 わたしはキリストにあるひとりの人を知っている。この人は十四年前に第三の天にまで引き上げられた――それが、からだのままであった か、わたしは知らない。からだを離れてであったか、それも知らない。神がご存じである。

12:3 この人が――それが、からだのままであったか、からだを離れてであったか、わたしは知らない。神がご存じである――

12:4 パラダイスに引き上げられ、そして口に言い表わせない、人間が語ってはならない言葉を聞いたのを、わたしは知っている。

 

口 語訳 黙  1:17-20

1:17 わたしは彼を見たとき、その足もとに倒れて死人のようになった。すると、彼は右手をわたしの上において言った、「恐れるな。わたしは 初めであり、終りであり、

1:18 また、生きている者である。わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である。そして、死と黄泉とのかぎを持って いる。

1:19 そこで、あなたの見たこと、現在のこと、今後起ろうとすることを、書きとめなさい。

1:20 あなたがわたしの右手に見た七つの星と、七つの金の燭台との奥義は、こうである。すなわち、七つの星は七つの教会の御使であり、七つ の燭台は七つの教会である。

 

口 語訳 黙  17:1

17:1 それから、七つの鉢を持つ七人の御使のひとりがきて、わたしに語って言った、「さあ、きなさい。多くの水の上にすわっている大淫婦に 対するさばきを、見せよう。

 

口 語訳 黙  17:15

17:15 御使はまた、わたしに言った、「あなたの見た水、すなわち、淫婦のすわっている所は、あらゆる民族、群衆、国民、国語である。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

民数記 24:15−25

バラムの第四の託宣

 

翻訳比較


フランシ スコ会訳2013
015
彼は声をあげて歌を歌った、

「ベオルの子バラムの言葉、

開かれた目を持つ者の言葉、

016神の言葉を聞き、

いと高き方の知識を持ち、

シャッダイからの幻を見る者、

倒れ伏し、目の覆いを取り除かれた者の言葉。

017わたしは未来のうちに彼を見る。

わたしは将来のうちに彼を見つめる。

ヤコブから一つの星が出、

イスラエルから一つの笏が立ち上がる。

それはモアブのこめかみと

シェトのすべての子らの脳天を打ち砕く。

018エドムは所有地となり、

セイルもまたその敵の所有地となる。

イスラエルはその力を示す。

019ヤコブから勝利者が出、

町の生き残った者たちを一掃する」。

020バラムはアマレクを見て、声をあげて歌を歌った、

「アマレクは諸々の民の中で最初のもの。

しかし、その最後は永遠の滅び」。

021彼はカイン人を見て、声をあげて歌を歌った、

「あなたの住処は堅固で、

あなたの巣は岩の上にしっかりと据えられている。

022アシュルがあなたを捕虜に連れ去るとき、

カインは滅ぼし尽くされる」。

023彼はまた声をあげて歌を歌った、

「ああ、北から軍団を組んで来るとき、

誰が生き延びられようか。

024キティムの沿岸から侵入する者、

彼らはアシュルを服従させ、エベルを服従させる。

そして、彼らもまた永遠に滅びる」。

025バラムはそこを去り、自分の所に帰っていった。バ ラクも帰途に就いた。




新共同訳1987

24:15 そして彼はこの託宣を述べた。ベオルの子バラムの言葉。目の澄んだ者の言葉。

24:16 神の仰せを聞き、いと高き神の知識を持ち/全能者のお与えになる幻を見る者/倒れ伏し、目を開かれている者の言葉。

24:17 わたしには彼が見える。しかし、今はいない。彼を仰いでいる。しかし、間近にではない。ひとつの星がヤコブから進み出る。ひとつの笏がイスラエルから立ち 上がり/モアブのこめかみを打ち砕き/シェトのすべての子らの頭の頂を砕く。

24:18 エドムはその継ぐべき地となり/敵対するセイルは継ぐべき地となり/イスラエルは力を示す。

24:19 ヤコブから支配する者が出て/残ったものを町から絶やす。

24:20 彼はアマレクを見渡して、この託宣を述べた。アマレクは諸国の民の頭/しかし、その末はとこしえの滅びに至る。

24:21 彼はカイン人を見渡して、この託宣を述べた。お前の住む所は確かであり/お前は巣(ケン)を岩の上に置く。

24:22 しかし、アシュルがお前をとりこにするとき/カインは必ず、焼き滅ぼされる。

24:23 彼はまたこの託宣を述べた。災いだ/北から軍団を組んで来る者よ

24:24 キティムから寄せ来る者よ。彼らはアシュルを苦しめ、エベルを苦しめるが/彼もまた、とこしえの滅びに至る。

24:25 バラムは立ち上がり、自分の所に帰って行った。バラクも自分の道を去って行った。

 

新改訳1970

24:15 そして彼のことわざを唱えて言った。「ベオルの子バラムの告げたことば。目のひらけた者の告げたことば。

24:16 神の御告げを聞く者、いと高き方の知識を知る者、全能者の幻を見る者、ひれ伏して、目のおおいを除かれた者の告げたことば。

24:17 私は見る。しかし今ではない。私は見つめる。しかし間近ではない。ヤコブから一つの星が上り、イスラエルから一本の杖が起こり、モアブのこめかみと、すべ ての騒ぎ立つ者の脳天を打ち砕く。

24:18 その敵、エドムは所有地となり、セイルも所有地となる。イスラエルは力ある働きをする。

24:19 ヤコブから出る者が治め、残った者たちを町から消し去る。」

24:20 彼はアマレクを見渡して彼のことわざを唱えて言った。「アマレクは国々の中で首位のもの。しかしその終わりは滅びに至る。」

24:21 彼はケニ人を見渡して彼のことわざを唱えて言った。「あなたの住みかは堅固であり、あなたの巣は岩間の中に置かれている。

24:22 しかし、カインは滅ぼし尽くされ、ついにはアシュルがあなたをとりこにする。」

24:23 彼はまた彼のことわざを唱えて言った。「ああ、神が定められたなら、だれが生きのびることができよう。

24:24 船がキティムの岸から来て、アシュルを悩まし、エベルを悩ます。しかし、これもまた滅びに至る。」

24:25 それからバラムは立って自分のところへ帰って行った。バラクもまた帰途についた。

 

口語訳1955

24:15 そしてこの託宣を述べた。「ベオルの子バラムの言葉、/目を閉じた人の言葉。

24:16 神の言葉を聞く者、/いと高き者の知識をもつ者、/全能者の幻を見、/倒れ伏して、目の開かれた者の言葉。

24:17 わたしは彼を見る、しかし今ではない。わたしは彼を望み見る、しかし近くではない。ヤコブから一つの星が出、/イスラエルから一本のつえが起り、/モアブ のこめかみと、/セツのすべての子らの脳天を撃つであろう。

24:18 敵のエドムは領地となり、/セイルもまた領地となるであろう。そしてイスラエルは勝利を得るであろう。

24:19 権を執る者がヤコブから出、/生き残った者を町から断ち滅ぼすであろう」。

24:20 バラムはまたアマレクを望み見て、この託宣を述べた。「アマレクは諸国民のうちの最初のもの、/しかし、ついに滅び去るであろう」。

24:21 またケニびとを望み見てこの託宣を述べた。「お前のすみかは堅固だ、/岩に、お前は巣をつくっている。

24:22 しかし、カインは滅ぼされるであろう。アシュルはいつまでお前を捕虜とするであろうか」。

24:23 彼はまたこの託宣を述べた。「ああ、神が定められた以上、/だれが生き延びることができよう。

24:24 キッテムの海岸から舟がきて、/アシュルを攻めなやまし、/エベルを攻めなやますであろう。そして彼もまたついに滅び去るであろう」。

24:25 こうしてバラムは立ち上がって、自分のところへ帰っていった。バラクもまた立ち去った。


文語訳1917
24:15 すなはちこの歌をのべて云くベオルの子バラム言ふ目の啓きたる人言ふ
24:16 神の言を聞るあり至高者を知の知識あり能はざる無き者をまぼろしに觀倒れ臥て其目の啓けたる者言ふ
24:17 我これを見ん然ど今にあらず我これを望まん然ど近くはあらずヤコブより一箇の星いでんイスラエルより一條の杖おこりモアブを此旁より彼旁に至まで撃破りま た鼓譟者どもを盡く滅すべし
24:18 其敵なるエドムは是が?業となりセイルは之が?業とならんイスラエルは盛になるべし
24:19 權を秉る者ヤコブより出で遺れる者等を城より滅し絶ん
24:20 バラム又アマレクを望みこの歌をのべて云くアマレクは國々の中の最初なる者なり其終には滅び絶るに至らん
24:21 亦ケニ人を望みこの歌をのべて云く汝の住所は堅固なり汝は磐に巣をつくる
24:22 然どカインは亡て終にアッスリアの爲に?へ移されん
24:23 彼亦この歌をのべて云く嗟神これを爲たまはん時は誰か生ることを得ん
24:24 キッテムの方より船來てアッスリアを攻なやましエベルを攻なやますべし而して是もまた終に亡失ん
24:25 斯てバラムは起あがりて自己の處に歸り往きぬバラクも亦去ゆけり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳   1:7

1:7 見よ、彼は、雲に乗っ てこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打っ て嘆くであろう。しかり、アァメン。

 

口 語訳 マタ 2:2

2:2 「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきまし た」。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 マタ 2:2

2:2 「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきまし た」。

 

口 語訳 黙  2:28

2:28 わたしはまた、彼に明けの明星を与える。

 

口 語訳 黙  22:16

22:16 わたしイエスは、使をつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、 輝く明けの明星である」。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************