****************************************

民数記 35:1−8

レビびとの町

 

翻訳比較



聖書協会共同訳2018
◆レビ人の町
民 35:1 ヨルダン川を隔ててエリコの対岸、モアブの平野で、主はモーセに告げられた。
民 35:2 「イスラエルの人々に、自分たちの所有している相続地の一部を、レビ人が住むべき町として与えるよう命じなさい。また、その町の周囲の放牧地も レビ人に与えなさい。
民 35:3 町はレビ人が住むためであり、放牧地は彼らの家畜、所有物、その他すべての生き物のためである。
民 35:4 あなたがたがレビ人に与える町の放牧地は、町の城壁から外側に周囲千アンマとする。
民 35:5 あなたがたは、町の外で東側に二千アンマ、南側に二千アンマ、西側に二千アンマ、北側に二千アンマ測り、町をその中央とする。これが彼らの町の 放牧地である。
民 35:6 レビ人に与える町は、人を殺した者が逃げ込むための逃れの町を六つとし、それに四十二の町を加える。
民 35:7 あなたがたがレビ人に与えるのは、全部で四十八の町と、その放牧地である。
民 35:8 イスラエルの人々の所有地の中から、あなたがたが与える町については、大きな部族からは多く取り、小さな部族からは少なく取り、それぞれが受け 継いだ相続地に従って、自分たちの町からレビ人に与えなければならない。」


フランシ スコ会訳2013

001
ヨルダン川を挟んでエリコの対岸にあるモアブの平 原で、主はモーセに次のように告げられた、

002「イスラエルの子らに命じて、その所有の相続地の 一部を、住むための町々としてレビ人に与えさせよ。お前たちはその町々周辺の放牧地もレビ人に与えよ。

003町々はレビ人が住むためであり、また放牧地は彼ら が所有している家畜や、すべての動物のためである。

004お前たちがレビ人に与える町々の放牧地は、町の城 壁から外側に向かって、周囲一千アンマとする。

005町の外側に、町を中心として東側に二千アンマ、南 側に二千アンマ、西側に二千アンマ、北側に二千アンマを測れ。これが彼らの町々の放牧地である。

006お前たちがレビ人に与える町々のうちの六つは、人 を殺した者が逃れるための町である。このほかさらに、お前たちは四十二の町を与えよ。

007したがって、レビ人に与える町の数は、全部で四十 八の町とその放牧地である。

008お前たちがイスラエルの子らの所有地のうちから与 える町々については、人数の多い部族からは多く、少ない部族からは少なく取る。それぞれ自分の相続した相続地に応じて、自分の 町々からレビ人に与えなければならない」。


 

新共同訳1987

35:1 エリコに近いヨルダン川の対岸にあるモアブの平野で、主はモーセに仰せになった。

35:2 イスラエルの人々に命じなさい。嗣業として所有する土地の一部をレビ人に与えて、彼らが住む町とし、その町の周辺の放牧地もレビ人に与えなさい。

35:3 町は彼らの住む所、放牧地は彼らの家畜とその群れ、その他すべての動物のためである。

35:4 レビ人に与える町の放牧地は、町の城壁から外側に向かって周囲千アンマとする。

35:5 あなたたちは、町の外から東側に二千アンマ、南側に二千アンマ、西側に二千アンマ、北側に二千アンマ測り、町をその中央に置かねばならない。これが彼らの 町の放牧地となるであろう。

35:6 あなたたちは、人を殺した者が逃れるための逃れの町を六つレビ人に与え、それに加えて四十二の町を与えなさい。

35:7 レビ人に与える町は、合計四十八の町とその放牧地である。

35:8 イスラエルの人々の所有地の中からあなたたちが取る町については、大きい部族からは多く取り、小さい部族からは少なく取り、それぞれ、その受ける嗣業の土 地の大きさに応じて、その町の一部をレビ人に与えなければならない。

 

新改訳1970

35:1 エリコに近いヨルダンのほとりのモアブの草原で、主はモーセに告げて仰せられた。

35:2 「イスラエル人に命じて、その所有となる相続地の一部を、レビ人に住むための町々として与えさせなさい。彼らはその町々の回りの放牧地をレビ人に与えなけ ればならない。

35:3 町々は彼らが住むためであり、その放牧地は彼らの家畜や群れや、すべての獣のためである。

35:4 あなたがたがレビ人に与える町々の放牧地は、町の城壁から外側に、回り一千キュビトでなければならない。

35:5 町の外側に、町を真中として東側に二千キュビト、南側に二千キュビト、西側に二千キュビト、北側に二千キュビトを測れ。これが彼らの町々の放牧地である。

35:6 あなたがたが、レビ人に与える町々、すなわち、人を殺した者がそこにのがれるために与える六つの、のがれの町と、そのほかに、四十二の町を与えなければな らない。

35:7 あなたがたがレビ人に与える町は、全部で四十八の町で、放牧地つきである。

35:8 あなたがたがイスラエル人の所有地のうちから与える町々は、大きい部族からは多く、小さい部族からは少なくしなければならない。おのおの自分の相続した相 続地に応じて、自分の町々からレビ人に与えなければならない。」

 

口語訳1955

35:1 エリコに近いヨルダンのほとりのモアブの平野で、主はモーセに言われた、

35:2 「イスラエルの人々に命じて、その獲た嗣業のうちから、レビびとに住むべき町々を与えさせなさい。また、あなたがたは、その町々の周囲の放牧地をレビびと に与えなければならない。

35:3 その町々は彼らの住む所、その放牧地は彼らの家畜と群れ、およびすべての獣のためである。

35:4 あなたがたがレビびとに与える町々の放牧地は、町の石がきから一千キュビトの周囲としなければならない。

35:5 あなたがたは町の外で東側に二千キュビト、南側に二千キュビト、西側に二千キュビト、北側に二千キュビトを計り、町はその中央にしなければならない。彼ら の町の放牧地はこのようにしなければならない。

35:6 あなたがたがレビびとに与える町々は六つで、のがれの町とし、人を殺した者がのがれる所としなければならない。なおこのほかに四十二の町を与えなければな らない。

35:7 すなわちあなたがたがレビびとに与える町は合わせて四十八で、これをその放牧地と共に与えなければならない。

35:8 あなたがたがイスラエルの人々の所有のうちからレビびとに町々を与えるには、大きい部族からは多く取り、小さい部族からは少なく取り、おのおの受ける嗣業 にしたがって、その町々をレビびとに与えなければならない」。

 

文 語訳1917
35:1 ヱリコに對するヨルダンの邊なるモアブの平野においてヱホバ、モーセに告て言たまはく
35:2 イスラエルの子孫に命じてその獲たる?業の中よりレビ人に住べき邑々を與へしめよ汝らまたその邑々の周圍に郊地をつけてレビ人に與ふべし
35:3 その邑々は彼らの住べき所その郊地は彼らの家畜貨財および諸の獣をおくところたるべし
35:4 汝らがレビ人に與ふる邑々の郊地は邑の石垣より外四周一千キユビトなるべし
35:5 すなはち邑の外に於て東の方に二千キユビト南の方に二千キユビト西の方に二千キユビト北の方に二千キユビトを量り邑をその中にあらしむべし彼らの邑の郊地 は是のごとくなるべし
35:6 汝らがレビ人に與ふる邑々は是のごとくなるべし即ち逃遁邑六を與ふべし是は人を殺せる者の其處に逃るべきための者なり此外にまた邑四十二を與ふべし
35:7 汝らがレビ人に與ふる邑は都合四十八邑これを其郊地とともに與ふべし
35:8 汝らイスラエルの子孫の?業の中よりレビ人に邑を與ふるには多く有る者は多く與へ少く有る者は少く與へ各人その獲たる?業にしたがひてその邑々を之に與ふ べし



****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

民数記 35:9−15

逃れの町

 

翻訳比較



書協会共同訳2018

◆逃れの町
民 35:9 主はモーセに告げられた。
民 35:10 「イスラエルの人々に告げなさい。あなたがたがヨルダン川を渡って、カナンの地に入ったら、
民 35:11 幾つかの町を設けなさい。そこは逃れの町であり、過って人を殺した者はそこに逃げ込むことができる。
民 35:12 そこは、復讐する者から逃れるための町となり、人を殺した者であっても、会衆の前に立って裁きを受ける前に死ぬことはない。
民 35:13 あなたがたが定める六つの町が逃れの町となる。
民 35:14 すなわち、ヨルダン川の向こうに三つの町を定め、カナンの地に三つの町を定めて、これらを逃れの町とする。
民 35:15 これら六つの町は、イスラエルの人々ならびにその中にいる寄留者と滞在者にとって逃れの場所であり、過って人を殺した者は誰でもそこに逃げ込 むことができる。


フランシ スコ会訳2013

009
主はモーセに次のように告げられた、

010「イスラエルの子らに告げて言え。お前たちがヨル ダン川を渡って、カナンの地に入るとき、

011お前たちのために町を選んで、そこを逃れの町と し、過失によって人を殺した者がそこに逃れることができるようにせよ。

012それらはお前たちが復讐する者から、逃れる町々で あり、人を殺した者が会衆の前に立って裁きを受ける前に死ぬことがないためである。

013お前たちが逃れの町として与える町は六つとする。

014ヨルダン川の彼方に三つの町を設け、他の三つの町 はカナンの地に設けて、逃れの町とせよ。

015これらの六つの町は、イスラエルの子ら、彼らの中 に在留する他国の者および滞在者のための逃れの場とする。過失によって人を殺した者は誰でも、そこに逃れることができる。


 

新共同訳1987

35:9 主はモーセに仰せになった。

35:10 イスラエルの人々に告げてこう言いなさい。あなたたちがヨルダン川を渡って、カナンの土地に入るとき、

35:11 自分たちのために幾つかの町を選んで逃れの町とし、過って人を殺した者が逃げ込むことができるようにしなさい。

35:12 町は、復讐する者からの逃れのために、あなたたちに用いられるであろう。人を殺した者が共同体の前に立って裁きを受ける前に、殺されることのないためであ る。

35:13 あなたたちが定める町のうちに、六つの逃れの町がなければならない。

35:14 すなわち、ヨルダン川の東側に三つの町、カナンの土地に三つの町を定めて、逃れの町としなければならない。

35:15 これらの六つの町は、イスラエルの人々とそのもとにいる寄留者と滞在者のための逃れの町であって、過って人を殺した者はだれでもそこに逃れることができ る。

 

新改訳1970

35:9 主はモーセに告げて仰せられた。

35:10 「イスラエル人に告げて、彼らに言え。あなたがたがヨルダンを渡ってカナンの地にはいるとき、

35:11 あなたがたは町々を定めなさい。それをあなたがたのために、のがれの町とし、あやまって人を打ち殺した殺人者がそこにのがれることができるようにしなけれ ばならない。

35:12 この町々は、あなたがたが復讐する者から、のがれる所で、殺人者が、さばきのために会衆の前に立つ前に、死ぬことのないためである。

35:13 あなたがたが与える町々は、あなたがたのために六つの、のがれの町としなければならない。

35:14 ヨルダンのこちら側に三つの町を与え、カナンの地に三つの町を与えて、あなたがたののがれの町としなければならない。

35:15 これらの六つの町はイスラエル人、または彼らの間の在住異国人のための、のがれの場所としなければならない。すべてあやまって人を殺した者が、そこにのが れるためである。

 

口語訳1955

35:9 主はモーセに言われた、

35:10 「イスラエルの人々に言いなさい。あなたがたがヨルダンを渡ってカナンの地にはいるときは、

35:11 あなたがたのために町を選んで、のがれの町とし、あやまって人を殺した者を、そこにのがれさせなければならない。

35:12 これはあなたがたが復讐する者を避けてのがれる町であって、人を殺した者が会衆の前に立って、さばきを受けないうちに、殺されることのないためである。

35:13 あなたがたが与える町々のうち、六つをのがれの町としなければならない。

35:14 すなわちヨルダンのかなたで三つの町を与え、カナンの地で三つの町を与えて、のがれの町としなければならない。

35:15 これらの六つの町は、イスラエルの人々と、他国の人および寄留者のために、のがれの場所としなければならない。すべてあやまって人を殺した者が、そこにの がれるためである。

 

文 語訳1917
35:9 ヱホバまたモーセに告て言たまはく
35:10 イスラエルの子孫に告てこれに言へ汝らヨルダンを濟りてカナンの地に入ば
35:11 汝らのために邑を設けて逃遁邑と爲し誤りて人を殺せる者をして其處に逃るべからしむべし
35:12 其は汝らが仇打する者を避て逃るべき邑なり是あるは人を殺せる者が未だ會衆の前にたちて審判をうけざる先に殺さるること無らんためなり
35:13 汝らが予ふる邑々の中六をもて逃遁邑とすべし
35:14 すなはち汝らヨルダンの此旁において三の邑を予ヘカーナンの地において三の邑を予へて逃遁邑となすべし
35:15 この六の邑はイスラエルの子孫と他國人およびその中に寄寓る者の逃遁場たるべし凡て誤りて人を殺せる者は其處に逃るることを得べし


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

民数記 35:16−34

殺人者の扱い

 

翻訳比較


聖書協会共同訳2018

民 35:16 もし、ある者が鉄の道具で誰かを打って死なせたならば、その者は殺害者である。殺害者は必ず死ななければならない。
民 35:17 もし、人を殺せるほどの石を手にして、誰かを打って死なせたならば、その者は殺害者である。殺害者は必ず死ななければならない。
民 35:18 もし、人を殺せるほどの木の道具を手にして誰かを打って死なせたならば、その者は殺害者である。殺害者は必ず死ななければならない。
民 35:19 血の復讐をする者は、自分でその殺害者を殺すことができる。すなわち、彼と出会ったときに、自分で殺すことができる。
民 35:20 もし、憎しみを抱いて人を突くか、あるいは故意に人に物を投げつけて死なせた場合、
民 35:21 または、敵意を抱いて手で殴りつけて、人を死なせた場合、その殴った者は必ず死ななければならない。彼は殺害者である。血の復讐をする者は、 その殺害者と出会ったとき、その者を殺すことができる。
民 35:22 しかし、もし敵意なく思わず人を突くか、悪意なく人に何かを投げつけるか、
民 35:23 または、人を殺せるほどの石をよく見ずに人の上に落とし、死なせた場合、その者は敵ではなく、害を加えようとしたのでもない。
民 35:24 会衆はこれらの法に基づいて、人を殺した者と、血の復讐をする者との間を裁かなければならない。
民 35:25 会衆は、人を殺した者を、血の復讐をする者の手から救い出さなければならない。会衆は、彼が逃げ込んだ逃れの町に彼を戻し、聖なる油を注がれ た大祭司が死ぬまで、そこにとどまれるようにする。
民 35:26 しかし、もし人を殺した者が、逃げ込んだ逃れの町の境界を出た場合、
民 35:27 血の復讐をする者が逃れの町の境界の外で彼を見つけ、そして、血の復讐をする者が人を殺した者を殺しても、血の責任はない。
民 35:28 なぜなら、人を殺した者は大祭司が死ぬまで逃れの町にとどまらなければならないからである。人を殺した者は、大祭司が死んだ後、自分の所有地 に帰ることができる。
民 35:29 これらは、あなたがたがどこに住もうとも、代々にわたって守るべき判例による掟となる。
民 35:30 人を殺した者については、複数の証人の証言に基づいてその殺害者を処刑しなければならない。一人の証言のみで人を死刑にしてはならない。
民 35:31 あなたがたは、死に当たる悪を行った殺害者の命のために贖い金を受け取ってはならない。その者は必ず死ななければならないからである。
民 35:32 逃れの町に逃げ込んだ者のために贖い金を受け取り、大祭司が死ぬ前に、その者を地元に帰すようなことがあってはならない。
民 35:33 あなたがたは自分の土地を汚してはならない。血は土地を汚し、土地の上に流された血は、それを流した者の血によらなければ贖いをすることがで きないからである。
民 35:34 あなたがたがそこに住む地、私がその中に宿る地を汚してはならない。主である私が、イスラエルの人々の中に宿っているからである。」


フランシ スコ会訳2013
016
ある者が鉄の道具で人を打ち殺したなら、その者は 殺人者である。その殺人者は死刑に処せられる。

017人を殺せるほどの石を手にして人を打って死なせた なら、その者は殺人者である。その殺人者は死刑に処せられる。

018あるいは、人を殺せるほどの木製の道具で人を打っ て死なせたなら、その者は殺人者である。その殺人者は死刑に処せられる。

019血の復讐をする者は自らその殺人者を殺さなければ ならない。殺人者と出会ったとき、彼を殺さなければならない。

020もし、人が憎しみから人を突くか、あるいは悪意を もって人に物を投げつけて死なせたなら、

021あるいは、敵意をもって人を殴って死なせたなら、 殴った者は死刑に処せられる。彼は殺人者である。血の復讐をする者が殺人者と出会ったとき、彼を殺さなければならない。

022しかしもし、敵意なしに思わず人を突き、あるいは 悪意なしに何か物を投げつけ、

023あるいは、人を死なせるほどの石を気づかずに人の 上に落として死なせた場合、被害者が加害者の敵でもなく、加害者に傷つける意図がない場合には、

024会衆は加害者とその血の復讐をする者との間を、こ れらの掟に従って裁かなければならない。

025会衆は人を殺した者を血の復讐をする者の手から救 い出し、彼が逃げ込んだ逃れの町に返す。その者は聖なる油を注がれた大祭司が死ぬまで、そこに留まらなければならない。

026もし、人を殺した者が自分が逃げ込んだ逃れの町の 境界から出て、

027血の復讐をする者が逃れの町の境界外で彼を見つけ て殺したとしても、彼には血の責めはない。

028なぜなら、その者は大祭司が死ぬまで、その逃れの 町に留まらなければならないからである。しかし、大祭司が死んだ後は、人を殺した者は自分の所有地に帰ることができる。

029以上は、お前たちがすべての居住地において、代々 守るように定められた掟である。

030すべての殺人の場合には、殺人者は証人の証言に基 づいて死刑に処せられる。しかし、ただ一人の証人の証言だけでは、誰も死刑に処せられない。

031お前たちは、死刑の判決を受けた殺人者の命と引き 換えに、贖い金を受け取ってはならない。殺人者は死刑に処せられる。

032逃れの町に逃げ込んだ者のために贖い金を受け取 り、大祭司が死ぬ前に自分の土地に帰らせて住まわせてはならない。

033お前たちは、自分たちがいる土地を汚してはならな い。血は土地を汚すからである。土地の上に流された血のために、その土地を贖うには、血を流したものの血によるほかはない。

034お前たちの住む土地、つまりわたし自身が住まう土 地を汚してはならない。わたし主は、イスラエルの子らのうちに住まうからである」。


 

新共同訳1987

35:16 もし、人が鉄の道具でだれかを打って死なせた場合、その人は殺害者である。殺害者は必ず死刑に処せられる。

35:17 もし、人を殺せるほどの石を手にして、だれかを打って死なせた場合、その人は殺害者である。殺害者は必ず死刑に処せられる。

35:18 もし、人を殺せるほどの木の道具でだれかを打って死なせた場合、その人は殺害者である。殺害者は必ず死刑に処せられる。

35:19 血の復讐をする者は、自分でその殺害者を殺すことができる。彼と出会うとき、自分で殺すことができる。

35:20 もし、憎しみを込めて人を突くか、故意に人に物を投げつけるかして、死なせるか、

35:21 または、敵意を抱いて殴りつけて、人を死なせた場合、手出しをした者は必ず死刑に処せられる。彼は殺害者である。血の復讐をする者は、その殺害者に出会う とき殺すことができる。

35:22 しかしもし、敵意もなく、思わず人を突くか、故意にではなく人に何かを投げつけるか、

35:23 または、人を殺せるほどの石を、よく見もせずに人の上に落とすかして、人を死なせた場合、その人がその敵でもなく、危害を加えようとしたのでもないときに は、

35:24 共同体はこれらの判例に基づいて、殺した当人と血の復讐をする者との間を裁かなければならない。

35:25 すなわち、共同体は、人を殺してしまった者を血の復讐をする者の手から救い出し、共同体が、彼の逃げ込んだ逃れの町に彼を帰さなければならない。彼は聖な る油を注がれた大祭司が死ぬまで、そこにとどまらねばならない。

35:26 しかしもし、人を殺した者が、逃げ込んだ逃れの町の境の外に出た場合、

35:27 血の復讐をする者が逃れの町の境の外でこれと出会い、血の復讐をする者が、人を殺した者を殺したとしても、彼には血を流した罪はない。

35:28 なぜなら、人を殺した者は、大祭司が死ぬまで、逃れの町のうちにとどまらねばならないからである。大祭司が死んだ後はじめて、人を殺した者は自分の所有地 に帰ることができる。

35:29 これらは、あなたたちがどこに住もうとも、代々にわたって守るべき法の定めとせねばならない。

35:30 人を殺した者については、必ず複数の証人の証言を得たうえで、その殺害者を処刑しなければならない。しかし、一人の証人の証言のみで人を死に至らせてはな らない。

35:31 あなたたちは、死罪の判決を受けた殺害者の生命と引き換えに贖い金を受け取ってはならない。彼は必ず死刑に処せられなければならない。

35:32 あなたたちは、祭司が死ぬまでは、逃れの町に逃げ込んだ者から贖い金を受け取って国に帰らせて、生活させてはならない。

35:33 あなたたちは、自分のいる土地を汚してはならない。血は土地を汚すからである。土地に流された血は、それを流した者の血によらなければ、贖うことができな い。

35:34 あなたたちの住む土地、わたしがそこに宿る土地を汚してはならない。主であるわたしがイスラエルの人々のただ中に宿っているからである。

 

新改訳1970

35:16 人がもし鉄の器具で人を打って死なせたなら、その者は殺人者である。その殺人者は必ず殺されなければならない。

35:17 もし、人を殺せるほどの石の道具で人を打って死なせたなら、その者は殺人者である。殺人者は必ず殺されなければならない。

35:18 あるいは、人を殺せるほどの木製の器具で、人を打って死なせたなら、その者は殺人者である。殺人者は必ず殺されなければならない。

35:19 血の復讐をする者は、自分でその殺人者を殺してもよい。彼と出会ったときに、彼を殺してもよい。

35:20 もし、人が憎しみをもって人を突くか、あるいは悪意をもって人に物を投げつけて死なせるなら、

35:21 あるいは、敵意をもって人を手で打って死なせるなら、その打った者は必ず殺されなければならない。彼は殺人者である。その血の復讐をする者は、彼と出会っ たときに、その殺人者を殺してもよい。

35:22 もし敵意もなく人を突き、あるいは悪意なしに何か物を投げつけ、

35:23 または気がつかないで、人を死なせるほどの石を人の上に落とし、それによって死なせた場合、しかもその人が自分の敵でもなく、傷つけようとしたのでもなけ れば、

35:24 会衆は、打ち殺した者と、その血の復讐をする者との間を、これらのおきてに基づいてさばかなければならない。

35:25 会衆は、その殺人者を、血の復讐をする者の手から救い出し、会衆は彼を、逃げ込んだそののがれの町に返してやらなければならない。彼は、聖なる油をそそが れた大祭司が死ぬまで、そこにいなければならない。

35:26 もし、その殺人者が、自分が逃げ込んだのがれの町の境界から出て行き、

35:27 血の復讐をする者が、そののがれの町の境界の外で彼を見つけて、その殺人者を殺しても、彼には血を流した罪はない。

35:28 その者は、大祭司が死ぬまでは、そののがれの町に住んでいなければならないからである。大祭司の死後には、その殺人者は、自分の所有地に帰ることができ る。

35:29 これらのことは、あなたがたが住みつくすべての所で、代々にわたり、あなたがたのさばきのおきてとなる。

35:30 もしだれかが人を殺したなら、証人の証言によってその殺人者を、殺さなければならない。しかし、ただひとりの証人の証言だけでは、死刑にするには十分でな い。

35:31 あなたがたは、死刑に当たる悪を行なった殺人者のいのちのために贖い金を受け取ってはならない。彼は必ず殺されなければならない。

35:32 のがれの町に逃げ込んだ者のために、贖い金を受け取り、祭司が死ぬ前に、国に帰らせて住まわせてはならない。

35:33 あなたがたは、自分たちのいる土地を汚してはならない。血は土地を汚すからである。土地に流された血についてその土地を贖うには、その土地に血を流させた 者の血による以外はない。

35:34 あなたがたは、自分たちの住む土地、すなわち、わたし自身がそのうちに宿る土地を汚してはならない。主であるわたしが、イスラエル人の真中に宿るからであ る。」

 

口語訳1955

35:16 もし人が鉄の器で、人を打って死なせたならば、その人は故殺人である。故殺人は必ず殺されなければならない。

35:17 またもし人を殺せるほどの石を取って、人を打って死なせたならば、その人は故殺人である。故殺人は必ず殺されなければならない。

35:18 あるいは人を殺せるほどの木の器を取って、人を打って死なせたならば、その人は故殺人である。故殺人は必ず殺されなければならない。

35:19 血の復讐をする者は、自分でその故殺人を殺すことができる。すなわち彼に出会うとき、彼を殺すことができる。

35:20 またもし恨みのために人を突き、あるいは故意に人に物を投げつけて死なせ、

35:21 あるいは恨みによって手で人を打って死なせたならば、その打った者は必ず殺されなければならない。彼は故殺人だからである。血の復讐をする者は、その故殺 人に出会うとき殺すことができる。

35:22 しかし、もし恨みもないのに思わず人を突き、または、なにごころなく人に物を投げつけ、

35:23 あるいは人のいるのも見ずに、人を殺せるほどの石を投げつけて死なせた場合、その人がその敵でもなく、また害を加えようとしたのでもない時は、

35:24 会衆はこれらのおきてによって、その人を殺した者と、血の復讐をする者との間をさばかなければならない。

35:25 すなわち会衆はその人を殺した者を血の復讐をする者の手から救い出して、逃げて行ったのがれの町に返さなければならない。その者は聖なる油を注がれた大祭 司の死ぬまで、そこにいなければならない。

35:26 しかし、もし人を殺した者が、その逃げて行ったのがれの町の境を出た場合、

35:27 血の復讐をする者は、のがれの町の境の外で、これに出会い、血の復讐をする者が、その人を殺した者を殺しても、彼には血を流した罪はない。

35:28 彼は大祭司の死ぬまで、そののがれの町におるべきものだからである。大祭司の死んだ後は、人を殺した者は自分の所有の地にかえることができる。

35:29 これらのことはすべてあなたがたの住む所で、代々あなたがたのためのおきての定めとしなければならない。

35:30 人を殺した者、すなわち故殺人はすべて証人の証言にしたがって殺されなければならない。しかし、だれもただひとりの証言によって殺されることはない。

35:31 あなたがたは死に当る罪を犯した故殺人の命のあがないしろを取ってはならない。彼は必ず殺されなければならない。

35:32 また、のがれの町にのがれた者のために、あがないしろを取って大祭司の死ぬ前に彼を自分の地に帰り住まわせてはならない。

35:33 あなたがたはそのおる所の地を汚してはならない。流血は地を汚すからである。地の上に流された血は、それを流した者の血によらなければあがなうことができ ない。

35:34 あなたがたは、その住む所の地、すなわちわたしのおる地を汚してはならない。主なるわたしがイスラエルの人々のうちに住んでいるからである」。

 

文 語訳1917
35:16 もし鐵の器をもて人を撃て死しめなば是故殺なり故殺人はかならず殺さるべし
35:17 もし人を殺すほどの石を執て人を撃て死しめなば是故殺なり故殺人はかならず殺さるべし
35:18 また人を殺すほどの木の器をとりて人を撃て死しめなば是故殺なり故殺人はかならず殺さるべし
35:19 仇を打つ者その故殺人を殺すことを得すなはち之に遭ふところにて之を殺すことを得るなり
35:20 もしまた怨恨のために人を推しまたは意ありて人に物を投うちて死しめ
35:21 または敵の心を挾さみ手をもて人を撃て死しめなばその人を撃たる者は必ず殺さるべし是故殺なればなり仇を打つ者これに遭ふところにて之を殺すことを得べし
35:22 然どもし敵の心なくして思はず人を推しまたは意なくして人に物を擲ち
35:23 または人あるを見ずして人を殺すほどの石を之に投つけて死しむること有んにその人これが敵にもあらずまた之を害せんとせしにもあらざる時は
35:24 會衆この律法によりてその人を殺せる者と仇打する者とに審判を言わたすべし
35:25 即ち會衆はその人を殺せる者を仇打する者の手より救ひ出してこれをその逃れゆきたる逃遁邑に還すべしその者は聖膏を灌れたる祭司の長の死るまで其處に居べ し
35:26 然ど人を殺しし者その逃れし逃遁邑の境を出でたらんに
35:27 仇打する者その逃遁邑の境の外にてこれに遭ことありて仇打する者すなはちその人を殺しし者を殺すことあるとも血をながせる罪あらじ
35:28 其は彼は祭司の長の死るまでその逃遁邑に居べき者なればなり祭司の長の死たる後はその人を殺せし者おのれの?業の地にかへることを得べし
35:29 汝ら代々その住所において之を審判の法度とすべし
35:30 凡て人を殺せる者すなはち故殺人は證人の口にしたがひて殺さるべし然ど只一人の證人の言にしたがひて人を殺すことを爲べからず
35:31 汝ら死に當る故殺人の生命を贖はしむべからず必ずこれを殺すべし
35:32 また逃遁邑に逃れたる者の贖を容て祭司の死ざる前にこれを自己の地に歸り住しむる勿れ
35:33 汝らその居ところの地を汚すべからず血は地を汚すなり地の上に流せる血は之を流せる者の血をもてするに非れば贖ふことを得ざるなり
35:34 汝らその住ところの地すなはち我が居ところの地を汚すなかれ其は我ヱホバ、イスラエルの子孫の中に居ばなり



****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 18:16

18:16 もし聞いてくれないな ら、ほかにひとりふたりを、一緒に連れて行きなさい。それは、ふたりまたは三人の証人の口によって、すべてのことがらが確かめられる ためである。

 

口語訳 Uコリ13:1

13:1 わたしは今、三度目にあなたがたの所に行こうとしている。すべての事がらは、ふたりか三人の証人の証言によって確定する。

 

口 語訳 ヘブ 10:28

10:28 モーセの律法を無視する者が、あわれみを受けることなしに、二、三の人の証言に基いて死刑に処せられるとすれば、

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 マタ 18:16

18:16 もし聞いてくれないなら、ほかにひとりふたりを、一緒に連れて行きなさい。それは、ふたりまたは三人の証人の口によって、すべてのことがらが確かめられる ためである。

 

口語訳 ヨハ 7:51

7:51 「わたしたちの律法によれば、まずその人の言い分を聞き、その人のしたことを知った上でなければ、さばくことをしないのではないか」。

 

口語訳 ヨハ 8:17-18

8:17 あなたがたの律法には、ふたりによる証言は真実だと、書いてある。

8:18 わたし自身のことをあかしするのは、わたしであるし、わたしをつかわされた父も、わたしのことをあかしして下さるのである」。

 

口語訳 Uコリ13:1

13:1 わたしは今、三度目にあなたがたの所に行こうとしている。すべての事がらは、ふたりか三人の証人の証言によって確定する。

 

口語訳 ヘブ 10:28

10:28 モーセの律法を無視する者が、あわれみを受けることなしに、二、三の人の証言に基いて死刑に処せられるとすれば、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 マタ 18:16

18:16 聞き入れなければ、ほかに一人か二人、一緒に連れて行きなさい。すべてのことが、二人または三人の証人の口によって確定されるようになるためである。

 

新共同 ヨハ 8:17

8:17 あなたたちの律法には、二人が行う証しは真実であると書いてある。

 

新共同 Uコリ13:1

13:1 わたしがあなたがたのところに行くのは、これで三度目です。すべてのことは、二人ないし三人の証人の口によって確定されるべきです。

 

新共同 ヘブ 10:28

10:28 モーセの律法を破る者は、二、三人の証言に基づいて、情け容赦なく死刑に処せられます。

 

新共同 ヨハ 14:17

14:17 この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊 があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。

 

新共同 ヨハ 14:23

14:23 イエスはこう答えて言われた。「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住 む。

 

新共同 Uコリ6:16

6:16 神の神殿と偶像にどんな一致がありますか。わたしたちは生ける神の神殿なのです。神がこう言われているとおりです。「『わたしは彼らの間に住み、巡り歩 く。そして、彼らの神となり、/彼らはわたしの民となる。

 

新共同 黙  21:3

21:3 そのとき、わたしは玉座から語りかける大きな声を聞いた。「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にい て、その神となり、

****************************************