****************************************

詩 編 96

ヤーウェは宇宙の王

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

96:1 新しい歌を主に向かって歌え。全地よ、主に向かって歌え。

96:2 主に向かって歌い、御名をたたえよ。日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。

96:3 国々に主の栄光を語り伝えよ/諸国の民にその驚くべき御業を。

96:4 大いなる主、大いに賛美される主/神々を超えて、最も畏るべき方。

96:5 諸国の民の神々はすべてむなしい。主は天を造られ

96:6 御前には栄光と輝きがあり/聖所には力と光輝がある。

96:7 諸国の民よ、こぞって主に帰せよ/栄光と力を主に帰せよ。

96:8 御名の栄光を主に帰せよ。供え物を携えて神の庭に入り

96:9 聖なる輝きに満ちる主にひれ伏せ。全地よ、御前におののけ。

96:10 国々にふれて言え、主こそ王と。世界は固く据えられ、決して揺らぐことがない。主は諸国の民を公平に裁かれる。

96:11 天よ、喜び祝え、地よ、喜び躍れ/海とそこに満ちるものよ、とどろけ

96:12 野とそこにあるすべてのものよ、喜び勇め/森の木々よ、共に喜び歌え

96:13 主を迎えて。主は来られる、地を裁くために来られる。主は世界を正しく裁き/真実をもって諸国の民を裁かれる。

 

新改訳1970

96:1 新しい歌を主に歌え。全地よ。主に歌え。

96:2 主に歌え。御名をほめたたえよ。日から日へと、御救いの良い知らせを告げよ。

96:3 主の栄光を国々の中で語り告げよ。その奇しいわざを、すべての国々の民の中で。

96:4 まことに主は大いなる方、大いに賛美されるべき方。すべての神々にまさって恐れられる方だ。

96:5 まことに、国々の民の神々はみな、むなしい。しかし主は天をお造りになった。

96:6 尊厳と威光は御前にあり、力と光栄は主の聖所にある。

96:7 国々の民の諸族よ。主にささげよ。栄光と力を主にささげよ。

96:8 御名の栄光を主にささげよ。ささげ物を携えて、主の大庭にはいれ。

96:9 聖なる飾り物を着けて、主にひれ伏せ。全地よ。主の御前に、おののけ。

96:10 国々の中で言え。「主は王である。まことに、世界は堅く建てられ、揺らぐことはない。主は公正をもって国々の民をさばく。」

96:11 天は喜び、地は、こおどりし、海とそれに満ちているものは鳴りとどろけ。

96:12 野とその中にあるものはみな、喜び勇め。そのとき、森の木々もみな、主の御前で、喜び歌おう。

96:13 確かに、主は来られる。確かに、地をさばくために来られる。主は、義をもって世界をさばき、その真実をもって国々の民をさばかれる。

 

口語訳1955

96:1 新しい歌を主にむかってうたえ。全地よ、主にむかってうたえ。

96:2 主にむかって歌い、そのみ名をほめよ。日ごとにその救を宣べ伝えよ。

96:3 もろもろの国の中にその栄光をあらわし、もろもろの民の中にそのくすしきみわざをあらわせ。

96:4 主は大いなる神であって、いともほめたたうべきもの、もろもろの神にまさって恐るべき者である。

96:5 もろもろの民のすべての神はむなしい。しかし主はもろもろの天を造られた。

96:6 誉と、威厳とはそのみ前にあり、力と、うるわしさとはその聖所にある。

96:7 もろもろの民のやからよ、主に帰せよ、栄光と力とを主に帰せよ。

96:8 そのみ名にふさわしい栄光を主に帰せよ。供え物を携えてその大庭にきたれ。

96:9 聖なる装いをして主を拝め、全地よ、そのみ前におののけ。

96:10 もろもろの国民の中に言え、「主は王となられた。世界は堅く立って、動かされることはない。主は公平をもってもろもろの民をさばかれる」と。

96:11 天は喜び、地は楽しみ、海とその中に満ちるものとは鳴りどよめき、

96:12 田畑とその中のすべての物は大いに喜べ。そのとき、林のもろもろの木も/主のみ前に喜び歌うであろう。

96:13 主は来られる、地をさばくために来られる。主は義をもって世界をさばき、まことをもってもろもろの民をさばかれる。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口語訳   19:11

19:11 またわたしが見ていると、天が開かれ、見よ、そこに白い馬がいた。それに乗っているかたは、「忠実で真実な者」と呼ばれ、義によってさばき、また、戦うかたである。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 Tコリ8:5-6

8:5 というのは、たとい神々といわれるものが、あるいは天に、あるいは地にあるとしても、そして、多くの神、多くの主があるようではあるが、

8:6 わたしたちには、父なる唯一の神のみがいますのである。万物はこの神から出て、わたしたちもこの神に帰する。また、唯一の主イエス・キリストのみがいますのである。万物はこの主により、わたしたちもこの主によっている。

 

口語訳 黙  11:15

11:15 第七の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、大きな声々が天に起って言った、「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。主は世々限りなく支配なさるであろう」。

 

口語訳 黙  19:6

19:6 わたしはまた、大群衆の声、多くの水の音、また激しい雷鳴のようなものを聞いた。それはこう言った、「ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は、王なる支配者であられる。

 

口語訳 黙  19:11

19:11 またわたしが見ていると、天が開かれ、見よ、そこに白い馬がいた。それに乗っているかたは、「忠実で真実な者」と呼ばれ、義によってさばき、また、戦うかたである。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口語訳 Tコリ8:4-6

8:4 さて、偶像への供え物を食べることについては、わたしたちは、偶像なるものは実際は世に存在しないこと、また、唯一の神のほかには神がないことを、知っている。

8:5 というのは、たとい神々といわれるものが、あるいは天に、あるいは地にあるとしても、そして、多くの神、多くの主があるようではあるが、

8:6 わたしたちには、父なる唯一の神のみがいますのである。万物はこの神から出て、わたしたちもこの神に帰する。また、唯一の主イエス・キリストのみがいますのである。万物はこの主により、わたしたちもこの主によっている。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************