****************************************

詩 編 100

地の民よ、ヤーウェをたてよ

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
詩編100

フランシスコ訳聖書 Psa <100>編 聖書本文

◆全地の民よ、主をたたえよ*(99

001感謝祭の詩。

全地よ、主に向かって歓呼の声をあげよ。

002喜びをもって主に仕えよ。

喜びの声をあげつつ、主の前に出でよ。

003主こそ神と知れ。

主はわたしたちを造られた。

わたしたちは主のもの、

わたしたちはその民、その牧場の羊。

004感謝しつつ、その門に入り、

賛美しつつ、大庭に入れ。

主に感謝して、その名をたたえよ。

005主は恵み深く、

その慈しみはとこしえに、

そのまことは代々に及ぶ。


 

新共同訳1987

100:1 【賛歌。感謝のために。】全地よ、主に向かって喜びの叫びをあげよ。

100:2 喜び祝い、主に仕え/喜び歌って御前に進み出よ。

100:3 知れ、主こそ神であると。主はわたしたちを造られた。わたしたちは主のもの、その民/主に養われる羊の群れ。

100:4 感謝の歌をうたって主の門に進み/賛美の歌をうたって主の庭に入れ。感謝をささげ、御名をたたえよ。

100:5 主は恵み深く、慈しみはとこしえに/主の真実は代々に及ぶ。

 

新改訳1970

100:1 全地よ。主に向かって喜びの声をあげよ。

100:2 喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。

100:3 知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。

100:4 感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。

100:5 主はいつくしみ深くその恵みはとこしえまで、その真実は代々に至る。

 

口語訳1955

100:1 全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。

100:2 喜びをもって主に仕えよ。歌いつつ、そのみ前にきたれ。

100:3 主こそ神であることを知れ。われらを造られたものは主であって、われらは主のものである。われらはその民、その牧の羊である。

100:4 感謝しつつ、その門に入り、ほめたたえつつ、その大庭に入れ。主に感謝し、そのみ名をほめまつれ。

100:5 主は恵みふかく、そのいつくしみはかぎりなく、そのまことはよろず代に及ぶからである。

 


文語訳1917
100:2 全地よヱホバにむかひて歡ばしき聲をあげよ
100:3 欣喜をいだきてヱホバに事へ うたひつつその前にきたれ
100:4 知れヱホバこそ神にますなれ われらを造りたまへるものはヱホバにましませば我儕はその屬なり われらはその民その草苑のひつじなり
100:5 感謝しつつその門にいり ほめたたへつつその大庭にいれ 感謝してその名をほめたたへよ
100:6 ヱホバはめぐみふかくその憐憫かぎりなく その眞實よろづ世におよぶべければなり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 エペ 2:10

2:10 わたしたちは神の作品 であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行いをして日を過ごすように と、あらかじめ備えて下さったのである。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 エペ 2:10

2:10 なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わ たしたちは、その善い業を行って歩むのです。

 

****************************************