****************************************

詩 編 109

敵にのろわれた義人の祈り

 

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
詩編109

フランシスコ訳聖書 Psa <109>編 聖書本文

◆敵に呪われた義人の祈り*(108

001指揮者に一任。ダビデの詩。

わたしのたたえる神よ、黙っていないでください。

002彼らはわたしに対して悪い口、 欺きの口を開き、

偽りの舌でわたしに語りました。

003憎しみの言葉でわたしを囲み、

故なくわたしを攻め立てました。

004わたしは愛したのに、彼らはわ たしを訴えました。

しかし、わたしは祈りました。

005彼らは悪をもって、わたしの善 に、

憎しみをもって、わたしの愛に報いました。

006「彼の上に悪い者を立て、

訴え人をその右に立たせよ。

007彼が裁かれるとき、有罪とな り、

その願いが罪とみなされるように。

008彼に残された日数は僅かとな り、

ほかの人がその職を取り上げるように。

009その子は父無し子となり、

その妻はやもめとなるように。

010彼らの子らは物乞いする孤児と なり、

荒れた家を出て、漁り歩くように。

011高利貸しが彼の持ち物をことご とく差し押さえ、

彼の労働の実はほかの者に奪われるように。

012彼に慈しみを示す者もなく、

残された子を憐れむ者もないように。

013彼の子孫は絶やされ、

彼の名は次の世代には消え去るように。

014彼の父祖の咎は主に記憶され、

彼の母の罪は消されることのないように。

015彼らの罪咎は常に主の前にあ り、

彼らについての記憶は地から断たれるように。

016彼は慈しみの業を行おうとは思 わず、

哀れな者、貧しい者、失意の者を死ぬほど虐げた。

017彼は呪うことを好んだ。

呪いが彼に下るように。

彼は祝福することを好まなかった。

祝福が彼から遠ざかるように。

018彼が呪いを衣のように着せら れ、

呪いが水のようにはらわたに、

油のように骨に染み込むように。

019呪いが彼を包む着物となり、

常に締める帯となるように」。

020わたしを訴える者、わたしに悪 口を言う者に、

このような報いが、

主からありますように。

021主よ、わたしの神よ、あなたの 名の故に助けてください。

深い慈しみの故に、わたしを救ってください。

022わたしは哀れな貧しい者。

わたしの心は、わたしのうちで傷ついています。

023わたしは伸びていく夕日の影の ように過ぎ去り、

蝗のように吹き払われます。

024わたしの膝は断食によって震 え、

わたしの肉は痩せ衰えました。

025わたしは彼らの謗りの的とな り、

彼らはわたしを見て頭を振ります。

026わたしの神、主よ、わたしを助 け、

あなたの慈しみによって、わたしを救ってください。

027主よ、彼らに知らせてくださ い、

これがあなたの手の業であることを、

あなたがこれを行われたことを。

028彼らは呪いますが、

わたしにはあなたの祝福があります。

彼らが立ち上がるとき、彼らを辱め、

あなたの僕を喜ばせてください。

029わたしを訴える者に辱めを着 せ、

彼らに衣のように恥をまとわせてください。

030わたしは口を開いて、大いに主 に感謝し、

多くの人の中で主をたたえる。

031主は貧しい者の右に立ち、

裁く者たちから彼を救われる。


 

新共同訳1987

109:1 【指揮者によって。ダビデの詩。賛歌。】わたしの賛美する神よ/どうか、黙していないでください。

109:2 神に逆らう者の口が/欺いて語る口が、わたしに向かって開き/偽りを言う舌がわたしに語りかけます。

109:3 憎しみの言葉はわたしを取り囲み/理由もなく戦いを挑んで来ます。

109:4 愛しても敵意を返し/わたしが祈りをささげても

109:5 その善意に対して悪意を返します。愛しても、憎みます。

109:6 彼に対して逆らう者を置き/彼の右には敵対者を立たせてください。

109:7 裁かれて、神に逆らう者とされますように。祈っても、罪に定められますように。

109:8 彼の生涯は短くされ/地位は他人に取り上げられ

109:9 子らはみなしごとなり/妻はやもめとなるがよい。

109:10 子らは放浪して物乞いをするがよい。廃虚となったその家を離れ/助けを求め歩くがよい。

109:11 彼のものは一切、債権者に奪われ/働きの実りは他国人に略奪されるように。

109:12 慈しみを示し続ける者もいなくなり/みなしごとなった彼の子らを/憐れむ者もなくなるように。

109:13 子孫は断たれ/次の代には彼らの名も消されるように。

109:14 主が彼の父祖の悪をお忘れにならぬように。母の罪も消されることのないように。

109:15 その悪と罪は常に主の御前にとどめられ/その名は地上から断たれるように。

109:16 彼は慈しみの業を行うことに心を留めず/貧しく乏しい人々/心の挫けた人々を死に追いやった。

109:17 彼は呪うことを好んだのだから/呪いは彼自身に返るように。祝福することを望まなかったのだから/祝福は彼を遠ざかるように。

109:18 呪いを衣として身にまとうがよい。呪いが水のように彼のはらわたに/油のように彼の骨に染み通るように。

109:19 呪いが彼のまとう衣となり/常に締める帯となるように。

109:20 わたしに敵意を抱く者に対して/わたしの魂をさいなもうと語る者に対して/主はこのように報いられる。

109:21 主よ、わたしの神よ/御名のために、わたしに計らい/恵み深く、慈しみによって/わたしを助けてください。

109:22 わたしは貧しく乏しいのです。胸の奥で心は貫かれています。

109:23 移ろい行く影のようにわたしは去ります。いなごのように払い落とされます。

109:24 断食して膝は弱くなり/からだは脂肪を失い、衰えて行きます。

109:25 わたしは人間の恥。彼らはわたしを見て頭を振ります。

109:26 わたしの神、主よ、わたしを助けてください。慈しみによってお救いください。

109:27 それが御手によることを、御計らいであることを/主よ、人々は知るでしょう。

109:28 彼らは呪いますが/あなたは祝福してくださいます。彼らは反逆し、恥に落とされますが/あなたの僕は喜び祝います。

109:29 わたしに敵意を抱く者は辱めを衣とし/恥を上着としてまとうでしょう。

109:30 わたしはこの口をもって/主に尽きぬ感謝をささげ/多くの人の中で主を賛美します。

109:31 主は乏しい人の右に立ち/死に定める裁きから救ってくださいます。

 

新改訳1970

109:1 私の賛美する神よ。黙っていないでください。

109:2 彼らは邪悪な口と、欺きの口を、私に向けて開き、偽りの舌をもって、私に語ったからです。

109:3 彼らはまた、憎しみのことばで私を取り囲み、ゆえもなく私と戦いました。

109:4 彼らは、私の愛への報いとして私をなじります。私は祈るばかりです。

109:5 彼らは、善にかえて悪を、私の愛にかえて憎しみを、私に報いました。

109:6 どうか、悪者を彼に遣わしてください。なじる者が彼の右に立つようにしてください。

109:7 彼がさばかれるとき、彼は罪ある者とされ、その祈りが罪となりますように。

109:8 彼の日はわずかとなり、彼の仕事は他人が取り、

109:9 その子らはみなしごとなり、彼の妻はやもめとなりますように。

109:10 彼の子らは、さまよい歩いて、物ごいをしますように。その荒れ果てた家から離れて、物ごいをしますように。

109:11 債権者が、彼のすべての持ち物を没収し、見知らぬ者が、その勤労の実をかすめますように。

109:12 彼には恵みを注ぐ者もなく、そのみなしごをあわれむ者もいませんように。

109:13 その子孫は断ち切られ、次の世代には彼らの名が消し去られますように。

109:14 彼の父たちの咎が、主に覚えられ、その母の罪が消し去られませんように。

109:15 それらがいつも主の御前にあり、主が彼らの記憶を地から消されますように。

109:16 それは、彼が愛のわざを行なうことに心を留めず、むしろ、悩む者、貧しい人、心ひしがれた者を追いつめ、殺そうとしたからです。

109:17 彼はまたのろうことを愛したので、それが自分に返って来ました。祝福することを喜ばなかったので、それは彼から遠く離れました。

109:18 彼はおのれの衣のようにのろいを身にまといました。それは水のように彼の内臓へ、油のように、その骨々にしみ込みました。

109:19 それが彼の着る着物となり、いつも、締めている帯となりますように。

109:20 このことが、私をなじる者や私のたましいについて悪口を言う者への、主からの刑罰でありますように。

109:21 しかし、私の主、神よ。どうかあなたは、御名のために私に優しくしてください。あなたの恵みは、まことに深いのですから、私を救い出してください。

109:22 私は悩み、そして貧しく、私の心は、私のうちで傷ついています。

109:23 私は、伸びていく夕日の影のように去り行き、いなごのように振り払われます。

109:24 私のひざは、断食のためによろけ、私の肉は脂肪がなく、やせ衰えています。

109:25 私はまた、彼らのそしりとなり、彼らは私を見て、その頭を振ります。

109:26 わが神、主よ。私を助けてください。あなたの恵みによって、私を救ってください。

109:27 こうして、これがあなたの手であること、主よ、あなたがそれをなされたことを彼らが知りますように。

109:28 彼らはのろいましょう。しかし、あなたは祝福してくださいます。彼らは立ち上がると、恥を見ます。しかしあなたのしもべは喜びます。

109:29 私をなじる者が侮辱をこうむり、おのれの恥を上着として着ますように。

109:30 私は、この口をもって、大いに主に感謝します。私は多くの人々の真中で、賛美します。

109:31 主は貧しい者の右に立ち、死刑を宣告する者たちから、彼を救われるからです。

 

口語訳1955

109:1 わたしのほめたたえる神よ、もださないでください。

109:2 彼らは悪しき口と欺きの口をあけて、わたしにむかい、偽りの舌をもってわたしに語り、

109:3 恨みの言葉をもってわたしを囲み、ゆえなくわたしを攻めるのです。

109:4 彼らはわが愛にむくいて、わたしを非難します。しかしわたしは彼らのために祈ります。

109:5 彼らは悪をもってわが善に報い、恨みをもってわが愛に報いるのです。

109:6 彼の上に悪しき人を立て、訴える者に彼を訴えさせてください。

109:7 彼がさばかれるとき、彼を罪ある者とし、その祈を罪に変えてください。

109:8 その日を少なくし、その財産をほかの人にとらせ、

109:9 その子らをみなしごにし、その妻をやもめにしてください。

109:10 その子らを放浪者として施しをこわせ、その荒れたすまいから追い出させてください。

109:11 彼が持っているすべての物を債主に奪わせ、その勤労の実をほかの人にかすめさせてください。

109:12 彼にいつくしみを施す者はひとりもなく、またそのみなしごをあわれむ者もなく、

109:13 その子孫を絶えさせ、その名を次の代に消し去ってください。

109:14 その父たちの不義は主のみ前に覚えられ、その母の罪を消し去らないでください。

109:15 それらを常に主のみ前に置き、彼の記憶を地から断ってください。

109:16 これは彼がいつくしみを施すことを思わず、かえって貧しい者、乏しい者を責め、心の痛める者を殺そうとしたからです。

109:17 彼はのろうことを好んだ。のろいを彼に臨ませてください。彼は恵むことを喜ばなかった。恵みを彼から遠ざけてください。

109:18 彼はのろいを衣のように着た。のろいを水のようにその身にしみこませ、油のようにその骨にしみこませてください。

109:19 またそれを自分の着る着物のようにならせ、常に締める帯のようにならせてください。

109:20 これがわたしを非難する者と、わたしに逆らって悪いことを言う者の/主からうける報いとしてください。

109:21 しかし、わが主なる神よ、あなたはみ名のために、わたしを顧みてください。あなたのいつくしみの深きにより、わたしをお助けください。

109:22 わたしは貧しく、かつ乏しいのです。わたしの心はわがうちに傷ついています。

109:23 わたしは夕日の影のように去りゆき、いなごのように追い払われます。

109:24 わたしのひざは断食によってよろめき、わたしの肉はやせ衰え、

109:25 わたしは彼らにそしられる者となりました。彼らはわたしを見ると、頭を振ります。

109:26 わが神、主よ、わたしをお助けください。あなたのいつくしみにしたがって、わたしをお救いください。

109:27 主よ、これがあなたのみ手のわざであること、あなたがそれをなされたことを、彼らに知らせてください。

109:28 彼らはのろうけれども、あなたは祝福されます。わたしを攻める者をはずかしめ、あなたのしもべを喜ばせてください。

109:29 わたしを非難する者にはずかしめを着せ、おのが恥を上着のようにまとわせてください。

109:30 わたしはわが口をもって大いに主に感謝し、多くの人のなかで主をほめたたえます。

109:31 主は貧しい者の右に立って、死罪にさだめようとする者から/彼を救われるからです。

 


文 語訳1917
109:2 わが讃たたふる神よもだしたまふなかれ
109:3 かれらは惡の口とあざむきの口とをあけて我にむかひ いつはりの舌をもて我にかたり
109:4 うらみの言をもて我をかこみ ゆゑなく我をせめて闘ふことあればなり
109:5 われ愛するにかれら反りてわが敵となる われただ祈るなり
109:6 かれらは惡をもてわが善にむくい恨をもてわが愛にむくいたり
109:7 ねがはくは彼のうへに惡人をたてその右方に敵をたたしめたまへ
109:8 かれが鞫かるるときはその罪をあらはにせられ又そのいのりは罪となり
109:9 その日はすくなく その職はほかの人にえられ
109:10 その子輩はみなしごとなり その妻はやもめとなり
109:11 その子輩はさすらひて乞丐 そのあれたる處よりいできたりて食をもとむべし
109:12 彼のもてるすべてのものは債主にうばはれ かれの勤勞は外人にかすめらるべし
109:13 かれに惠をあたふる人ひとりだになく かれの孤子をあはれむ者もなく
109:14 その裔はたえその名はつぎの世にきえうすべし
109:15 その父等のよこしまはヱホバのみこころに記され その母のつみはきえざるべし
109:16 かれらは恒にヱホバの前におかれ その名は地より斷るべし
109:17 かかる人はあはれみを施すことをおもはず反りて貧しきもの乏しきもの心のいためる者をころさんとして攻たりき
109:18 かかる人は詛ふことをこのむ この故にのろひ己にいたる惠むことをたのしまず この故にめぐみ己にとほざかれり
109:19 かかる人はころものごとくに詛をきる この故にのろひ水のごとくにおのれの衷にいり油のごとくにおのれの骨にいれり
109:20 ねがはくは詛をおのれのきたる衣のごとく帶のごとくなして恒にみづから纏はんことを
109:21 これらの事はわが敵とわが霊魂にさからひて惡言をいふ者とにヱホバのあたへたまふ報なり
109:22 されど主ヱホバよなんぢの名のゆゑをもて我をかへりみたまへ なんぢの憐憫はいとふかし ねがはくは我をたすけたまへ
109:23 われは貧しくして乏し わが心うちにて傷をうく
109:24 わがゆく状はゆふ日の影のごとく また蝗のごとく吹さらるるなり
109:25 わが膝は斷食によりてよろめき わが肉はやせおとろふ
109:26 われは彼等にそしらるる者となれり かれら我をみるときは首をふる
109:27 わが神ヱホバよねがはくは我をたすけその憐憫にしたがひて我をすくひたまへ
109:28 ヱホバよこれらは皆なんぢの手よりいで 汝のなしたまへることなるを彼等にしらしめたまへ
109:29 かれらは詛へども汝はめぐみたまふ かれらの立ときは恥かしめらるれどもなんぢの僕はよろこばん
109:30 わがもろもろの敵はあなどりを衣おのが恥を外袍のごとくにまとふべし
109:31 われはわが口をもて大にヱホバに謝し おほくの人のなかにて讃まつらむ
109:32 ヱホバはまづしきものの右にたちてその霊魂を罪せんとする者より之をすくひたまへり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 ヨハ 15:25

15:25 それは、『彼らは理由なしにわたしを憎んだ』と書いてある彼らの律法の言葉が成就するためである。

 

口 語訳 使  1:20

1:20 詩篇に、/『その屋敷は荒れ果てよ、/そこにはひとりも住む者がいなくなれ』/と書いてあり、また/『その職は、ほかの者に取らせ よ』/とあるとおりである。

 

口 語訳 ヘブ 12:12

12:12 それだから、あなたがたのなえた手と、弱くなっているひざとを、まっすぐにしなさい。

 

口 語訳 マタ 27:39

27:39 そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスをののしって

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 マタ 26:59-62

26:59 さて、祭司長たちと全議会とは、イエスを死刑にするため、イエスに不利な偽証を求めようとしていた。

26:60 そこで多くの偽証者が出てきたが、証拠があがらなかった。しかし、最後にふたりの者が出てきて、

26:61 言った、「この人は、わたしは神の宮を打ちこわし、三日の後に建てることができる、と言いました」。

26:62 すると、大祭司が立ち上がってイエスに言った、「何も答えないのか。これらの人々があなたに対して不利な証言を申し立てているが、どうなのか」。

 

口語訳 ルカ 23:1-5

23:1 群衆はみな立ちあがって、イエスをピラトのところへ連れて行った。

23:2 そして訴え出て言った、「わたしたちは、この人が国民を惑わし、貢をカイザルに納めることを禁じ、また自分こそ王なるキリストだと、となえているところを 目撃しました」。

23:3 ピラトはイエスに尋ねた、「あなたがユダヤ人の王であるか」。イエスは「そのとおりである」とお答えになった。

23:4 そこでピラトは祭司長たちと群衆とにむかって言った、「わたしはこの人になんの罪もみとめない」。

23:5 ところが彼らは、ますます言いつのってやまなかった、「彼は、ガリラヤからはじめてこの所まで、ユダヤ全国にわたって教え、民衆を煽動しているのです」。

 

口語訳 ヨハ 15:25

15:25 それは、『彼らは理由なしにわたしを憎んだ』と書いてある彼らの律法の言葉が成就するためである。

 

口語訳 ヨハ 7:7

7:7 世はあなたがたを憎み得ないが、わたしを憎んでいる。わたしが世のおこないの悪いことを、あかししているからである。

 

口語訳 ヨハ 10:32

10:32 するとイエスは彼らに答えられた、「わたしは、父による多くのよいわざを、あなたがたに示した。その中のどのわざのために、わたしを石で打ち殺そうとする のか」。

 

口語訳 ヨハ 17:12

17:12 わたしが彼らと一緒にいた間は、あなたからいただいた御名によって彼らを守り、また保護してまいりました。彼らのうち、だれも滅びず、ただ滅びの子だけが 滅びました。それは聖書が成就するためでした。

 

口語訳 Uテサ2:3

2:3 だれがどんな事をしても、それにだまされてはならない。まず背教のことが起り、不法の者、すなわち、滅びの子が現れるにちがいない。

 

口語訳 マタ 27:3-5

27:3 そのとき、イエスを裏切ったユダは、イエスが罪に定められたのを見て後悔し、銀貨三十枚を祭司長、長老たちに返して

27:4 言った、「わたしは罪のない人の血を売るようなことをして、罪を犯しました」。しかし彼らは言った、「それは、われわれの知ったことか。自分で始末するが よい」。

27:5 そこで、彼は銀貨を聖所に投げ込んで出て行き、首をつって死んだ。

 

口語訳 使  1:20

1:20 詩篇に、/『その屋敷は荒れ果てよ、/そこにはひとりも住む者がいなくなれ』/と書いてあり、また/『その職は、ほかの者に取らせよ』/とあるとおりであ る。

 

口語訳 マタ 7:2

7:2 あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。

 

口語訳 Uテモ4:14

4:14 銅細工人のアレキサンデルが、わたしを大いに苦しめた。主はそのしわざに対して、彼に報いなさるだろう。

 

口語訳 ヘブ 12:12

12:12 それだから、あなたがたのなえた手と、弱くなっているひざとを、まっすぐにしなさい。

 

口語訳 マタ 27:39

27:39 そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスをののしって

 

口語訳 マコ 15:29

15:29 そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスをののしって言った、「ああ、神殿を打ちこわして三日のうちに建てる者よ、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 使  1:20

1:20 詩篇に、/『その屋敷は荒れ果てよ、/そこにはひとりも住む者がいなくなれ』/と書いてあり、また/『その職は、ほかの者に取らせ よ』/とあるとおりである。

 

口 語訳 マタ 27:39

27:39 そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスをののしって

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 使  6:15

6:15 最高法院の席に着いていた者は皆、ステファノに注目したが、その顔はさながら天使の顔のように見えた。

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 Uテモ4:14

4:14 銅細工人アレクサンドロがわたしをひどく苦しめました。主は、その仕業に応じて彼にお報いになります。

 

新共同 マタ 27:39

27:39 そこを通りかかった人々は、頭を振りながらイエスをののしって、

 

****************************************