****************************************

詩 編 122

巡礼者のエルサレムへのあいさつ

 

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

122:1 【都に上る歌。ダビデの詩。】主の家に行こう、と人々が言ったとき/わたしはうれしかった。

122:2 エルサレムよ、あなたの城門の中に/わたしたちの足は立っている。

122:3 エルサレム、都として建てられた町。そこに、すべては結び合い

122:4 そこに、すべての部族、主の部族は上って来る。主の御名に感謝をささげるのはイスラエルの定め。

122:5 そこにこそ、裁きの王座が/ダビデの家の王座が据えられている。

122:6 エルサレムの平和を求めよう。「あなたを愛する人々に平安があるように。

122:7 あなたの城壁のうちに平和があるように。あなたの城郭のうちに平安があるように。」

122:8 わたしは言おう、わたしの兄弟、友のために。「あなたのうちに平和があるように。」

122:9 わたしは願おう/わたしたちの神、主の家のために。「あなたに幸いがあるように。」

 

新改訳1970

122:1 人々が私に、「さあ、主の家に行こう。」と言ったとき、私は喜んだ。

122:2 エルサレムよ。私たちの足は、おまえの門のうちに立っている。

122:3 エルサレム、それは、よくまとめられた町として建てられている。

122:4 そこに、多くの部族、主の部族が、上って来る。イスラエルのあかしとして、主の御名に感謝するために。

122:5 そこには、さばきの座、ダビデの家の王座があったからだ。

122:6 エルサレムの平和のために祈れ。「おまえを愛する人々が栄えるように。

122:7 おまえの城壁のうちには、平和があるように。おまえの宮殿のうちには、繁栄があるように。」

122:8 私の兄弟、私の友人のために、さあ、私は言おう。「おまえのうちに平和があるように。」

122:9 私たちの神、主の家のために、私は、おまえの繁栄を求めよう。

 

口語訳1955

122:1 人々がわたしにむかって「われらは主の家に行こう」/と言ったとき、わたしは喜んだ。

122:2 エルサレムよ、われらの足は/あなたの門のうちに立っている。

122:3 しげくつらなった町のように/建てられているエルサレムよ、

122:4 もろもろの部族すなわち主の部族が、そこに上って来て主のみ名に感謝することは、イスラエルのおきてである。

122:5 そこにさばきの座、ダビデの家の王座が設けられてあった。

122:6 エルサレムのために平安を祈れ、「エルサレムを愛する者は栄え、

122:7 その城壁のうちに平安があり、もろもろの殿のうちに安全があるように」と。

122:8 わが兄弟および友のために、わたしは/「エルサレムのうちに平安があるように」と言い、

122:9 われらの神、主の家のために、わたしは/エルサレムのさいわいを求めるであろう。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 ヨハ 20:19

20:19 その日、すなわち、一週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人をおそれて、自分たちのおる所の戸をみなしめていると、イエスがはいってきて、彼らの中に立ち、「安かれ」と言われた。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口語訳 エペ 2:19-22

2:19 そこであなたがたは、もはや異国人でも宿り人でもなく、聖徒たちと同じ国籍の者であり、神の家族なのである。

2:20 またあなたがたは、使徒たちや預言者たちという土台の上に建てられたものであって、キリスト・イエスご自身が隅のかしら石である。

2:21 このキリストにあって、建物全体が組み合わされ、主にある聖なる宮に成長し、

2:22 そしてあなたがたも、主にあって共に建てられて、霊なる神のすまいとなるのである。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

 

・・・・

 

****************************************