****************************************

詩 編 144

王の勝利、民の幸福

 

 

 

翻訳比較

 

新共同訳1987

144:1 【ダビデの詩。】主をたたえよ、わたしの岩を/わたしの手に闘うすべを/指に戦するすべを教えてくださる方を

144:2 わたしの支え、わたしの砦、砦の塔/わたしの逃れ場、わたしの盾、避けどころ/諸国の民をわたしに服従させてくださる方を。

144:3 主よ、人間とは何ものなのでしょう/あなたがこれに親しまれるとは。人の子とは何ものなのでしょう/あなたが思いやってくださるとは。

144:4 人間は息にも似たもの/彼の日々は消え去る影。

144:5 主よ、天を傾けて降り/山々に触れ、これに煙を上げさせてください。

144:6 飛び交う稲妻/うなりを上げる矢を放ってください。

144:7 高い天から御手を遣わしてわたしを解き放ち/大水から、異邦人の手から助け出してください。

144:8 彼らの口はむなしいことを語り/彼らの右の手は欺きを行う右の手です。

144:9 神よ、あなたに向かって新しい歌をうたい/十弦の琴をもってほめ歌をうたいます。

144:10 あなたは王たちを救い/僕ダビデを災いの剣から解き放ってくださいます。

144:11 わたしを解き放ち/異邦人の手から助け出してください。彼らの口はむなしいことを語り/彼らの右の手は欺きを行う右の手です。

144:12 わたしたちの息子は皆/幼いときから大事に育てられた苗木。娘は皆、宮殿の飾りにも似た/色とりどりの彫り物。

144:13 わたしたちの倉は/さまざまな穀物で満たされている。羊の群れは野に、幾千幾万を数え

144:14 牛はすべて、肥えている。わたしたちの都の広場には/破れも捕囚も叫び声もない。

144:15 いかに幸いなことか、このような民は。いかに幸いなことか/主を神といただく民は。

 

新改訳1970

144:1 ほむべきかな。わが岩である主。主は、戦いのために私の手を、いくさのために私の指を、鍛えられる。

144:2 主は私の恵み、私のとりで。私のやぐら、私を救う方。私の盾、私の身の避け所。私の民を私に服させる方。

144:3 主よ。人とは何者なのでしょう。あなたがこれを知っておられるとは。人の子とは何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。

144:4 人はただ息に似て、その日々は過ぎ去る影のようです。

144:5 主よ。あなたの天を押し曲げて降りて来てください。山々に触れて、煙を出させてください。

144:6 いなずまを放って、彼らを散らし、あなたの矢を放って、彼らをかき乱してください。

144:7 いと高き所からあなたの御手を伸べ、大水から、また外国人の手から、私を解き放し、救い出してください。

144:8 彼らの口はうそを言い、その右の手は偽りの右の手です。

144:9 神よ。あなたに、私は新しい歌を歌い、十弦の琴をもってあなたに、ほめ歌を歌います。

144:10 神は王たちに救いを与え、神のしもべダビデを、悪の剣から解き放されます。

144:11 私を、外国人の手から解き放し、救い出してください。彼らの口はうそを言い、その右の手は偽りの右の手です。

144:12 私たちの息子らが、若いときに、よく育った若木のようになりますように。私たちの娘らが、宮殿の建物にふさわしく刻まれた隅の柱のようになりますように。

144:13 私たちの倉は満ち、あらゆる産物を備えますように。私たちの羊の群れは、私たちの野原で、幾千幾万となりますように。

144:14 私たちの牛が子牛を産み、死ぬこともなく、出て行くこともなく、また、哀れな叫び声が私たちの町にありませんように。

144:15 幸いなことよ。このようになる民は。幸いなことよ。主をおのれの神とするその民は。

 

口語訳1955

144:1 わが岩なる主はほむべきかな。主は、いくさすることをわが手に教え、戦うことをわが指に教えられます。

144:2 主はわが岩、わが城、わが高きやぐら、わが救主、わが盾、わが寄り頼む者です。主はもろもろの民をおのれに従わせられます。

144:3 主よ、人は何ものなので、あなたはこれをかえりみ、人の子は何ものなので、これをみこころに、とめられるのですか。

144:4 人は息にひとしく、その日は過ぎゆく影にひとしいのです。

144:5 主よ、あなたの天を垂れてくだり、山に触れて煙を出させてください。

144:6 いなずまを放って彼らを散らし、矢を放って彼らを打ち敗ってください。

144:7 高い所からみ手を伸べて、わたしを救い、大水から、異邦人の手から/わたしを助け出してください。

144:8 彼らの口は偽りを言い、その右の手は偽りの右の手です。

144:9 神よ、わたしは新しい歌をあなたにむかって歌い、十弦の立琴にあわせてあなたをほめ歌います。

144:10 あなたは王たちに勝利を与え、そのしもべダビデを救われます。

144:11 わたしを残忍なつるぎから救い、異邦人の手から助け出してください。彼らの口は偽りを言い、その右の手は偽りの右の手です。

144:12 われらのむすこたちはその若い時、よく育った草木のようです。われらの娘たちは宮の建物のために刻まれた/すみの柱のようです。

144:13 われらの倉は満ちて様々の物を備え、われらの羊は野でちよろずの子を産み、

144:14 われらの家畜はみごもって子を産むに誤ることなく、われらのちまたには悩みの叫びがありません。

144:15 このような祝福をもつ民はさいわいです。主をおのが神とする民はさいわいです。

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口語訳 ヘブ 2:6

2:6 聖書はある箇所で、こうあかししている、「人間が何者だから、これを御心に留められるのだろうか。人の子が何者だから、/これをかえりみられるのだろうか。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口語訳 ヘブ 2:6

2:6 聖書はある箇所で、こうあかししている、「人間が何者だから、これを御心に留められるのだろうか。人の子が何者だから、/これをかえりみられるのだろうか。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987 

新共同 ヘブ 2:6

2:6 ある個所で、次のようにはっきり証しされています。「あなたが心に留められる人間とは、何者なのか。また、あなたが顧みられる人の子とは、何者なのか。

 

****************************************