****************************************

詩 編 38

病んでいる罪びとの祈り

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
詩編38

フランシスコ訳聖書 Psa <38>編 聖書本文

◆病んでいる罪人の祈り*(37

001ダビデの詩。記念のため。

002主よ、怒りのあまりわたしを咎 めることなく、

憤りに任せて、わたしを懲らしめないでください。

003あなたの矢はわたしに突き刺さ り、

あなたの手は、わたしの上に打ち下ろされました。

004あなたの激しい怒りの故に、

わたしの肉には完全なところがなく、

罪の故に、骨には健やかなところがありません。

005わたしの咎は頭の上に覆いかぶ さり、

負いきれない重荷のようです。

006わたしの愚かさの故に、

傷は悪臭を放ち、膿みただれています。

007わたしはうなだれ、深く身をか がめ、

一日じゅう、ふさぎこんでいます。

008腰は焼けただれ、

肉には健やかなところがありません。

009わたしは衰え果てて、打ちひし がれ、

心はわななき、呻いています。

010主よ、わたしの溜息はすべてみ 前にあり、

わたしの呻きは、あなたに知られています。

011わたしの心は激しく鼓動し、力 は失せ、

目の光さえ消え失せました。

012友や仲間はわたしの災いを見て 離れ去り、

身内の者は遠く離れて立っています。

013わたしの命を狙う者は罠をか け、

悪を企む者はわたしの滅びを望み、

ひねもす欺こうと謀っています。

014しかし、わたしは耳の聞こえな い者のように聞かず、

口のきけない者のように口を開きません。

015まことに、わたしは耳の聞こえ ない者、

言い返しをしない者のようになりました。

016主よ、わたしはあなたを待ち望 みます。

主よ、わたしの神よ、

あなたはわたしの祈りを聞き入れられます。

017わたしは祈ります、

「彼らをわたしのことで喜ばせず、

わたしの足の揺らぐとき、

彼らを高ぶらせないでください」。

018今やわたしはつまずき倒れそう です。

嘆きは常に目の前にあります。

019わたしは自分の咎に目を注ぎ、

罪の故に恐れています。

020わたしの命を狙う敵は強く、

裏切り憎む者は多いのです。

021悪をもって善に報いる者は、

善を求めるわたしをけなします。

022主よ、わたしを見捨てないでく ださい。

わたしの神よ、わたしから離れないでください。

023主よ、わたしの救いよ、

急いで助けに来てください。


 

新共同訳1987

38:1 【賛歌。ダビデの詩。記念。】

38:2 主よ、怒ってわたしを責めないでください。憤って懲らしめないでください。

38:3 あなたの矢はわたしを射抜き/御手はわたしを押さえつけています。

38:4 わたしの肉にはまともなところもありません/あなたが激しく憤られたからです。骨にも安らぎがありません/わたしが過ちを犯したからです。

38:5 わたしの罪悪は頭を越えるほどになり/耐え難い重荷となっています。

38:6 負わされた傷は膿んで悪臭を放ちます/わたしが愚かな行いをしたからです。

38:7 わたしは身を屈め、深くうなだれ/一日中、嘆きつつ歩きます。

38:8 腰はただれに覆われています。わたしの肉にはまともなところもありません。

38:9 もう立てないほど打ち砕かれ/心は呻き、うなり声をあげるだけです。

38:10 わたしの主よ、わたしの願いはすべて御前にあり/嘆きもあなたには隠されていません。

38:11 心は動転し、力はわたしを見捨て/目の光もまた、去りました。

38:12 疫病にかかったわたしを/愛する者も友も避けて立ち/わたしに近い者も、遠く離れて立ちます。

38:13 わたしの命をねらう者は罠を仕掛けます。わたしに災いを望む者は/欺こう、破滅させよう、と決めて/一日中それを口にしています。

38:14 わたしの耳は聞こえないかのように/聞こうとしません。口は話せないかのように、開こうとしません。

38:15 わたしは聞くことのできない者/口に抗議する力もない者となりました。

38:16 主よ、わたしはなお、あなたを待ち望みます。わたしの主よ、わたしの神よ/御自身でわたしに答えてください。

38:17 わたしは願いました/「わたしの足がよろめくことのないように/彼らがそれを喜んで/尊大にふるまうことがないように」と。

38:18 わたしは今や、倒れそうになっています。苦痛を与えるものが常にわたしの前にあり

38:19 わたしは自分の罪悪を言い表そうとして/犯した過ちのゆえに苦悩しています。

38:20 わたしの敵は強大になり/わたしを憎む者らは偽りを重ね

38:21 善意に悪意をもってこたえます。わたしは彼らの幸いを願うのに/彼らは敵対するのです。

38:22 主よ、わたしを見捨てないでください。わたしの神よ、遠く離れないでください。

38:23 わたしの救い、わたしの主よ/すぐにわたしを助けてください。

 

新改訳1970

38:1 主よ。あなたの大きな怒りで私を責めないでください。あなたの激しい憤りで私を懲らしめないでください。

38:2 あなたの矢が私の中に突き刺さり、あなたの手が私の上に激しく下って来ました。

38:3 あなたの憤りのため、私の肉には完全なところがなく、私の罪のため私の骨には健全なところがありません。

38:4 私の咎が、私の頭を越え、重荷のように、私には重すぎるからです。

38:5 私の傷は、悪臭を放ち、ただれました。それは私の愚かしさのためです。

38:6 私はかがみ、深くうなだれ、一日中、嘆いて歩いています。

38:7 私の腰はやけどでおおい尽くされ、私の肉には完全なところがありません。

38:8 私はしびれ、砕き尽くされ、心の乱れのためにうめいています。

38:9 主よ。私の願いはすべてあなたの御前にあり、私の嘆きはあなたから隠されていません。

38:10 私の心はわななきにわななき、私の力は私を見捨て、目の光さえも、私にはなくなりました。

38:11 私の愛する者や私の友も、私のえやみを避けて立ち、私の近親の者も遠く離れて立っています。

38:12 私のいのちを求める者はわなを仕掛け、私を痛めつけようとする者は私の破滅を告げ、一日中、欺きを語っています。

38:13 しかし私には聞こえません。私は耳しいのよう。口を開かないおしのよう。

38:14 まことに私は、耳が聞こえず、口で言い争わない人のようです。

38:15 それは、主よ、私があなたを待ち望んでいるからです。わが神、主よ。あなたが答えてくださいますように。

38:16 私は申しました。「私の足がよろけるとき、彼らが私のことで喜ばず、私に対して高ぶらないようにしてください。」

38:17 私はつまずき倒れそうであり、私の痛みはいつも私の前にあります。

38:18 私は自分の咎を言い表わし、私の罪で私は不安になっています。

38:19 しかし私の敵は、活気に満ちて、強く、私を憎む偽り者が多くいます。

38:20 また、善にかえて悪を報いる者どもは、私が善を追い求めるからといって、私をなじっています。

38:21 私を見捨てないでください。主よ。わが神よ。私から遠く離れないでください。

38:22 急いで私を助けてください。主よ、私の救いよ。

 

口語訳1955

38:1 主よ、あなたの憤りをもってわたしを責めず、激しい怒りをもってわたしを懲らさないでください。

38:2 あなたの矢がわたしに突き刺さり、あなたの手がわたしの上にくだりました。

38:3 あなたの怒りによって、わたしの肉には全きところなく、わたしの罪によって、わたしの骨には健やかなところはありません。

38:4 わたしの不義はわたしの頭を越え、重荷のように重くて負うことができません。

38:5 わたしの愚かによって、わたしの傷は悪臭を放ち、腐れただれました。

38:6 わたしは折れかがんで、いたくうなだれ、ひねもす悲しんで歩くのです。

38:7 わたしの腰はことごとく焼け、わたしの肉には全きところがありません。

38:8 わたしは衰えはて、いたく打ちひしがれ、わたしの心の激しい騒ぎによってうめき叫びます。

38:9 主よ、わたしのすべての願いはあなたに知られ、わたしの嘆きはあなたに隠れることはありません。

38:10 わたしの胸は激しく打ち、わたしの力は衰え、わたしの目の光もまた、わたしを離れ去りました。

38:11 わが友、わがともがらは/わたしの災を見て離れて立ち、わが親族もまた遠く離れて立っています。

38:12 わたしのいのちを求める者はわなを設け、わたしをそこなおうとする者は滅ぼすことを語り、ひねもす欺くことをはかるのです。

38:13 しかしわたしは耳のきこえない人のように聞かず、口のきけない人のように話しません。

38:14 まことに、わたしは聞かない人のごとく、議論を口にしない人のようです。

38:15 しかし、主よ、わたしはあなたを待ち望みます。わが神、主よ、あなたこそわたしに答えられるのです。

38:16 わたしは祈ります、「わが足のすべるとき、わたしにむかって高ぶる彼らに/わたしのことによって喜ぶことを/ゆるさないでください」と。

38:17 わたしは倒れるばかりになり、わたしの苦しみは常にわたしと共にあります。

38:18 わたしは、みずから不義を言いあらわし、わが罪のために悲しみます。

38:19 ゆえなく、わたしに敵する者は強く、偽ってわたしを憎む者は多いのです。

38:20 悪をもって善に報いる者は、わたしがよい事に従うがゆえに、わがあだとなります。

38:21 主よ、わたしを捨てないでください。わが神よ、わたしに遠ざからないでください。

38:22 主、わが救よ、すみやかにわたしをお助けください。

 


文 語訳1917
38:2 ヱホバよねがはくは忿恚をもて我をせめ はげしき怒をもて我をこらしめ給ふなかれ
38:3 なんぢの矢われにあたり なんぢの手わがうへを壓へたり
38:4 なんぢの怒によりてわが肉には全きところなく わが罪によりてわが骨には健かなるところなし
38:5 わが不義は首をすぎてたかく重荷のごとく負がたければなり
38:6 われ愚なるによりてわが傷あしき臭をはなちて腐れただれたり
38:7 われ折屈みていたくなげきうなたれたり われ終日かなしみありく
38:8 わが腰はことごとく燒るがごとく肉に全きところなければなり
38:9 我おとろへはて甚くきずつけられわが心のやすからざるによりて欷歔さけべり
38:10 ああ主よわがすべての願望はなんぢの前にあり わが嘆息はなんぢに隠るることなし
38:11 わが胸をどりわが力おとろへ わが眼のひかりも亦われをはなれたり
38:12 わが友わが親めるものはわが痍をみて遥にたち わが隣もまた遠かりてたてり
38:13 わが生命をたづぬるものは羂をまうけ我をそこなはんとするものは惡言をいひ また終日たばかりを謀る
38:14 然はあれどわれは聾者のごとくきかず われは口をひらかぬ唖者のごとし
38:15 如此われはきかざる人のごとく口にことあげせぬ人のごときなり
38:16 ヱホバよ我なんぢを俟望めり 主わが神よなんぢかならず答へたまふべければなり
38:17 われ曩にいふ おそらくはかれらわが事によりて喜び わが足のすべらんとき我にむかひて誇りかにたかぶらんと
38:18 われ仆るるばかりになりぬ わが悲哀はたえずわが前にあり
38:19 そは我みづから不義をいひあらはし わが罪のためにかなしめばなり
38:20 わが仇はいきはたらきてたけく故なくして我をうらむるものおほし
38:21 惡をもて善にむくゆるものはわれ善事にしたがふが故にわが仇となれり
38:22 ヱホバよねがはくは我をはなれたたまふなかれ わが神よわれに遠かりたまふなかれ
38:23 主わがすくひよ速きたりて我をたすけたまへ


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 11:28

11:28 すべて重荷を負うて苦 労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。

 

口 語訳 ルカ 10:31

10:31 するとたまたま、ひとりの祭司がその道を下ってきたが、この人を見ると、向こう側を通って行った。

 

口 語訳 ルカ 23:49

23:49 すべてイエスを知っていた者や、ガリラヤから従ってきた女たちも、遠い所に立って、これらのことを見ていた。

 

口 語訳 Uコリ7:9

7:9 今は喜んでいる。それは、あなたがたが悲しんだからではなく、悲しんで悔い改めるに至ったからである。あなたがたがそのように悲しん だのは、神のみこころに添うたことであって、わたしたちからはなんの損害も受けなかったのである。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 ルカ 23:49

23:49 すべてイエスを知って いた者や、ガリラヤから従ってきた女たちも、遠い所に立って、これらのことを見ていた。

 

口 語訳 Uコリ7:9-10

7:9 今は喜んでいる。それは、あなたがたが悲しんだからではなく、悲しんで悔い改めるに至ったからである。あなたがたがそのように悲しん だのは、神のみこころに添うたことであって、わたしたちからはなんの損害も受けなかったのである。

7:10 神のみこころに添うた悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる。

 

口 語訳 Tペテ3:14

3:14 しかし、万一義のために苦しむようなことがあっても、あなたがたはさいわいである。彼らを恐れたり、心を乱したりしてはならない。

 

口 語訳 Tヨハ3:12

3:12 カインのようになってはいけない。彼は悪しき者から出て、その兄弟を殺したのである。なぜ兄弟を殺したのか。彼のわざが悪く、その兄 弟のわざは正しかったからである。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************