****************************************

詩 編 57

救いのあけぼのを求める祈り

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
詩編57

フランシスコ訳聖書 Psa <57>編 聖書本文

◆救いの曙を求める祈り*(56

001指揮者に一任。「滅ぼすな」に 合わせる。ダビデのミクタム。彼がサウルから逃れて洞穴に逃げ込んだ時。

002神よ、憐れんでください。

わたしを憐れんでください。

わたしはあなたのもとに逃れます。

災いの過ぎ去るまで、

あなたの翼の陰に逃れます。

003わたしはいと高き神に叫び求め ます、

わたしの仇を討ってくださる神に。

004神が天から遣わされる者によっ て、

わたしを救われますように。

わたしを踏みつける者を辱められますように。〔セラ〕

神が慈しみとまことを遣わされますように。

005わたしは獅子の中に伏していま す、

人の子らを食い尽くすものの中に。

彼らの歯は槍と矢、

舌は鋭い剣。

006神よ、あなたが天よりも高く崇 められ、

栄光が地上にあまねく及びますように。

007彼らはわたしの歩む所に網を張 り、

首を絞める縄を備えました。

彼らはわたしの前に穴を掘ったが、

自らそこに落ち込みました。〔セラ〕

008神よ、わたしの心は揺るぎませ ん。

わたしの心は揺るぎません。

わたしは歌い、ほめ歌います。

009わたしの魂よ、目覚めよ。

琴よ、竪琴よ、目覚めよ。

わたしは曙を叫び覚まそう。

010主よ、わたしは諸国の民の間で あなたをたたえ、

国々の中でほめ歌います。

011あなたの慈しみは大きく、天に まで届き、

あなたのまことは雲にまで及びます。

012神よ、あなたが天よりも高く崇 められ、

栄光が地上にあまねく及びますように。


 

新共同訳1987

57:1 【指揮者によって。「滅ぼさないでください」に合わせて。ダビデの詩。ミクタム。ダビデがサウルを逃れて洞窟にいたとき。】

57:2 憐れんでください/神よ、わたしを憐れんでください。わたしの魂はあなたを避けどころとし/災いの過ぎ去るまで/あなたの翼の陰を避けどころとします。

57:3 いと高き神を呼びます/わたしのために何事も成し遂げてくださる神を。

57:4 天から遣わしてください/神よ、遣わしてください、慈しみとまことを。わたしを踏みにじる者の嘲りから/わたしを救ってください。〔セラ

57:5 わたしの魂は獅子の中に/火を吐く人の子らの中に伏しています。彼らの歯は槍のように、矢のように/舌は剣のように、鋭いのです。

57:6 神よ、天の上に高くいまし/栄光を全地に輝かせてください。

57:7 わたしの魂は屈み込んでいました。彼らはわたしの足もとに網を仕掛け/わたしの前に落とし穴を掘りましたが/その中に落ち込んだのは彼ら自身でした。〔セ ラ

57:8 わたしは心を確かにします。神よ、わたしは心を確かにして/あなたに賛美の歌をうたいます。

57:9 目覚めよ、わたしの誉れよ/目覚めよ、竪琴よ、琴よ。わたしは曙を呼び覚まそう。

57:10 主よ、諸国の民の中でわたしはあなたに感謝し/国々の中でほめ歌をうたいます。

57:11 あなたの慈しみは大きく、天に満ち/あなたのまことは大きく、雲を覆います。

57:12 神よ、天の上に高くいまし/栄光を全地に輝かせてください。

 

新改訳1970

57:1 神よ。私をあわれんでください。私をあわれんでください。私のたましいはあなたに身を避けていますから。まことに、滅びが過ぎ去るまで、私は御翼の陰に身 を避けます。

57:2 私はいと高き方、神に呼ばわります。私のために、すべてを成し遂げてくださる神に。

57:3 神は、天からの送りで、私を救われます。神は私を踏みつける者どもを、責めておられます。セラ  神は恵みとまことを送られるのです。

57:4 私は、獅子の中にいます。私は、人の子らをむさぼり食う者の中で横になっています。彼らの歯は、槍と矢、彼らの舌は鋭い剣です。

57:5 神よ。あなたが、天であがめられ、あなたの栄光が、全世界であがめられますように。

57:6 彼らは私の足をねらって網を仕掛けました。私のたましいは、うなだれています。彼らは私の前に穴を掘りました。そして自分で、その中に落ちました。セラ

57:7 神よ。私の心はゆるぎません。私の心はゆるぎません。私は歌い、ほめ歌を歌いましょう。

57:8 私のたましいよ。目をさませ。十弦の琴よ。立琴よ、目をさませ。私は暁を呼びさましたい。

57:9 主よ。私は国々の民の中にあって、あなたに感謝し、国民の中にあって、あなたにほめ歌を歌いましょう。

57:10 あなたの恵みは大きく、天にまで及び、あなたのまことは雲にまで及ぶからです。

57:11 神よ。あなたが、天であがめられ、あなたの栄光が、全世界であがめられますように。

 

口語訳1955

57:1 神よ、わたしをあわれんでください。わたしをあわれんでください。わたしの魂はあなたに寄り頼みます。滅びのあらしの過ぎ去るまでは/あなたの翼の陰をわ たしの避け所とします。

57:2 わたしはいと高き神に呼ばわります。わたしのためにすべての事をなしとげられる神に/呼ばわります。

57:3 神は天から送ってわたしを救い、わたしを踏みつける者をはずかしめられます。〔セラ/すなわち神はそのいつくしみとまこととを/送られるのです。

57:4 わたしは人の子らをむさぼり食らうししの中に/横たわっています。彼らの歯はほこ、また矢、彼らの舌は鋭いつるぎです。

57:5 神よ、みずからを天よりも高くし、みさかえを全地の上にあげてください。

57:6 彼らはわたしの足を捕えようと網を設けました。わたしの魂はうなだれました。彼らはわたしの前に穴を掘りました。しかし彼らはみずからその中に陥ったので す。〔セラ

57:7 神よ、わたしの心は定まりました。わたしの心は定まりました。わたしは歌い、かつほめたたえます。

57:8 わが魂よ、さめよ。立琴よ、琴よ、さめよ。わたしはしののめを呼びさまします。

57:9 主よ、わたしはもろもろの民の中であなたに感謝し、もろもろの国の中であなたをほめたたえます。

57:10 あなたのいつくしみは大きく、天にまで及び、あなたのまことは雲にまで及びます。

57:11 神よ、みずからを天よりも高くし、みさかえを全地の上にあげてください。

 


文 語訳1917
57:2 我をあはれみたまへ神よわれをあはれみたまへ わが霊魂はなんぢを避所とす われ禍害のすぎさるまではなんぢの翼のかげを避所とせん
57:3 我はいとたかき神によばはん わがために百事をなしをへたまふ神によばはん
57:4 神はたすけを天よりおくりて我をのまんとする者のそしるときに我を救ひたまはんセラ 神はその憐憫その眞實をおくりたまはん
57:5 わがたましひは群ゐる獅のなかにあり 火のごとくもゆる者 その歯は戈のごとく矢のごとくその舌はとき劍のごとき人の子のなかに我ふしぬ
57:6 神よねがはくはみづからを天よりも高くしみさかえを全地のうへに擧たまへ
57:7 かれらはわが足をとらへんとて網をまうく わが霊魂はうなたる かれらはわがまへに?をほりたり而してみづからその中におちいれりセラ
57:8 わが心さだまれり神よわがこころ定まれり われ謳ひまつらん頌まつらん
57:9 わが榮よさめよ 筝よ琴よさめよ われ黎明をよびさまさん
57:10 主よわれもろもろの民のなかにてなんぢに感謝し もろもろの國のなかにて汝をほめうたはん
57:11 そは汝のあはれみは大にして天にまでいたり なんぢの眞實は雲にまでいたる
57:12 神よねがはくは自からを天よりも高くし光榮をあまねく地のうへに擧たまへ


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

 

・・・・

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************