****************************************

詩 編 63

神へのあこがれ

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
詩編63

フランシスコ訳聖書 Psa <63>編 聖書本文

◆神へのあこがれ*(62

001ダビデの詩。彼がユダの荒れ野 にいた時。

002神よ、わたしの神よ、

わたしはあなたを切に求めています。

乾き衰えた大地が水を求めるように、

わたしの魂はあなたを切に渇き求め、

わたしの体はあなたにあこがれています。

003わたしは聖所で、あなたを仰ぎ 見たい、

あなたの力と栄えを見るために。

004あなたの慈しみはわたしの命に 勝り、

わたしの唇はあなたをたたえます。

005わたしは生きるかぎり、あなた をほめたたえ、

手を天に上げて、あなたの名を呼び求めます。

006もてなしにあずかった時のよう に、

わたしの魂は満ちたり、

唇は喜び歌い、口はあなたをたたえます。

007わたしは床の上であなたを思 い、

夜もすがら、あなたのことを思い巡らします。

008あなたはわたしの助け手。

あなたの翼の陰はわたしの逃れ場。

009わたしの魂はあなたに寄りすが り、

あなたの右手はわたしを支えてくださいます。

010しかし、わたしの魂を滅ぼそう と狙う者は、

地の底に行き、

011剣の刃に渡され、

山犬の餌食となります。

012王は神の故に喜び、

神にかけて誓う者はみな誇り、

偽りを言う者の口はふさがれます。


 

新共同訳1987

63:1 【賛歌。ダビデの詩。ダビデがユダの荒れ野にいたとき。】

63:2 神よ、あなたはわたしの神。わたしはあなたを捜し求め/わたしの魂はあなたを渇き求めます。あなたを待って、わたしのからだは/乾ききった大地のように衰 え/水のない地のように渇き果てています。

63:3 今、わたしは聖所であなたを仰ぎ望み/あなたの力と栄えを見ています。

63:4 あなたの慈しみは命にもまさる恵み。わたしの唇はあなたをほめたたえます。

63:5 命のある限り、あなたをたたえ/手を高く上げ、御名によって祈ります。

63:6 わたしの魂は満ち足りました/乳と髄のもてなしを受けたように。わたしの唇は喜びの歌をうたい/わたしの口は賛美の声をあげます。

63:7 床に就くときにも御名を唱え/あなたへの祈りを口ずさんで夜を過ごします。

63:8 あなたは必ずわたしを助けてくださいます。あなたの翼の陰でわたしは喜び歌います。

63:9 わたしの魂はあなたに付き従い/あなたは右の御手でわたしを支えてくださいます。

63:10 わたしの命を奪おうとする者は必ず滅ぼされ/陰府の深みに追いやられますように。

63:11 剣にかかり、山犬の餌食となりますように。

63:12 神によって、王は喜び祝い/誓いを立てた者は誇りますように。偽って語る口は、必ず閉ざされますように。

 

新改訳1970

63:1 神よ。あなたは私の神。私はあなたを切に求めます。水のない、砂漠の衰え果てた地で、私のたましいは、あなたに渇き、私の身も、あなたを慕って気を失うば かりです。

63:2 私は、あなたの力と栄光を見るために、こうして聖所で、あなたを仰ぎ見ています。

63:3 あなたの恵みは、いのちにもまさるゆえ、私のくちびるは、あなたを賛美します。

63:4 それゆえ私は生きているかぎり、あなたをほめたたえ、あなたの御名により、両手を上げて祈ります。

63:5 私のたましいが脂肪と髄に満ち足りるかのように、私のくちびるは喜びにあふれて賛美します。

63:6 ああ、私は床の上であなたを思い出し、夜ふけて私はあなたを思います。

63:7 あなたは私の助けでした。御翼の陰で、私は喜び歌います。

63:8 私のたましいは、あなたにすがり、あなたの右の手は、私をささえてくださいます。

63:9 しかし、私のいのちを求める者らは滅んでしまい、地の深い所に行くでしょう。

63:10 彼らは、剣の力に渡され、きつねのえじきとなるのです。

63:11 しかし王は、神にあって喜び、神にかけて誓う者は、みな誇ります。偽りを言う者の口は封じられるからです。

 

口語訳1955

63:1 神よ、あなたはわたしの神、わたしは切にあなたをたずね求め、わが魂はあなたをかわき望む。水なき、かわき衰えた地にあるように、わが肉体はあなたを慕い こがれる。

63:2 それでわたしはあなたの力と栄えとを見ようと、聖所にあって目をあなたに注いだ。

63:3 あなたのいつくしみは、いのちにもまさるゆえ、わがくちびるはあなたをほめたたえる。

63:4 わたしは生きながらえる間、あなたをほめ、手をあげて、み名を呼びまつる。

63:5 わたしが床の上であなたを思いだし、夜のふけるままにあなたを深く思うとき、わたしの魂は髄とあぶらとをもって/もてなされるように飽き足り、わたしの口 は喜びのくちびるをもって/あなたをほめたたえる。

63:6 (5節に合節)

63:7 あなたはわたしの助けとなられたゆえ、わたしはあなたの翼の陰で喜び歌う。

63:8 わたしの魂はあなたにすがりつき、あなたの右の手はわたしをささえられる。

63:9 しかしわたしの魂を滅ぼそうとたずね求める者は/地の深き所に行き、

63:10 つるぎの力にわたされ、山犬のえじきとなる。

63:11 しかし王は神にあって喜び、神によって誓う者はみな誇ることができる。偽りを言う者の口はふさがれるからである。

 

文 語訳1917
63:2 ああ神よなんぢはわが神なり われ切になんぢをたづねもとむ 水なき燥きおとろへたる地にあるごとくわが霊魂はかわきて汝をのぞみ わが肉體はなんぢを戀したふ
63:3 曩にも我かくのごとく大權と榮光とをみんことをねがひ聖所にありて目をなんぢより離れしめざりき
63:4 なんぢの仁慈はいのちにも勝れるゆゑにわが口唇はなんぢを讃まつらん
63:5 斯われはわが生るあひだ汝をいはひ名によりてわが手をあげん
63:6
63:7 われ床にありて汝をおもひいで夜の更るままになんぢを深くおもはん時 わがたましひは髓と脂とにて饗さるるごとく飽ことをえ わが口はよろこびの口唇をもてなんぢを讃たたへん
63:8 そはなんぢわが助となりたまひたれば 我なんぢの翼のかげに入てよろこびたのしまん
63:9 わがたましひはなんぢを慕追ふ みぎの手はわれを支ふるなり
63:10 然どわがたましひを滅さんとて尋ねもとむるものは地のふかきところにゆき
63:11 又つるぎの刃にわたされ野犬の獲るところとなるべし
63:12 しかれども王は神をよろこばん 神によりて誓をたつるものはみな誇ることをえん 虚偽をいふものの口はふさがるべければなり


****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

 

・・・・

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 マタ 5:6

5:6 義に飢えかわいている 人たちは、さいわいである、彼らは飽き足りるようになるであろう。

 

口 語訳 ロマ 3:19

3:19 さて、わたしたちが知っているように、すべて律法の言うところは、律法のもとにある者たちに対して語られている。それは、すべての口 がふさがれ、全世界が神のさばきに服するためである。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

 

・・・・

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

 

・・・・

 

****************************************