****************************************

詩 編 69

悩めるしもべの嘆願

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
詩編69

フランシスコ訳聖書 Psa <69>編 聖書本文

わたしを憎む者から、

また水の深みからわたしを救い出してください。

016渦にわたしを巻き込ませず、

深みにわたしを呑み込ませず、

わたしが閉じ込められている穴に、

口を閉めさせないでください。

017主よ、あなたは慈しみ深い方。

わたしに答えてください。

あなたの大いなる憐れみにふさわしく

わたしにみ顔を向けてください。

018み顔を僕に隠さないでくださ い。

わたしは悩んでいます。

速やかに答えてください。

019わたしに近づき、わたしを買い 戻してください。

敵の住処から、わたしを贖ってください。

020あなたは、わたしの受ける謗り を知っておられ、

恥と屈辱はみ前にあります。

021わたしの悩みははらわたをかき 乱し、

煩いはわたしの心を砕きました。

同情してくれる人を求めましたが、一人もなく、

慰めてくれる人も見出せませんでした。

022彼らはわたしに食べ物として毒 草を与え、

喉が渇いたわたしに酢を飲ませようとしました。

023彼らの食卓が彼らにとって罠と なり、

彼らの友人が網となりますように。

024彼らの目が眩んで見えなくな り、

彼らの腰が常にぐらつきますように。

025あなたの憤りを彼らの上に注 ぎ、

激しい怒りを及ぼしてください。

026彼らの宿営が荒れ果て、

幕屋に住む者が一人もありませんように。

027彼らはあなたが打った者を責め 苦しめ、

あなたが傷つけた者の痛みを語り種にしました。

028彼らの咎が次々に記録され、

彼らがあなたの豊かな恵みにあずかりませんように。

029彼らを生ける者の書から消し去 り、

正しい者とともに記録しないでください。

030わたしは苦しみ悩んでいます。

神よ、あなたの救いがわたしを守りますように。

031わたしは歌って神の名をたた え、

感謝して神を崇めます。

032それは主を喜ばせます、

牛をささげるよりも、

角を持つ、ひづめの分かれた雄牛をささげるよりも。

033苦しむ者よ、見て喜べ。

神を求める者よ、あなた方の心に喜びがあるように。

034主は貧しい者に耳を傾け、

ご自分に結ばれた民を軽んじられません。

035天と地が主をたたえますよう に、

海とその中に動くすべての物も。

036神は必ずシオンを救い、

ユダの町々を建て直されます。

僕らはそこに住んで、それを所有します。

037僕らの子孫はそれを受け継ぎ、

み名を愛する者はそこに住みます。

◆悩める僕の嘆願*(68

001指揮者に一任。「ゆり」に合わ せる。ダビデの詩歌。

002神よ、わたしを救ってくださ い。

水はわたしの首にまで達しました。

003わたしは泥の深みに沈み、

そこには足を掛ける所もありません。

わたしは水の深みにはまり、

渦に巻き込まれました。

わたしは叫び疲れ、喉は嗄れました。

004わたしの神よ、目は待ちわびて 衰えました。

005故なくわたしを憎む者は髪の毛 よりも多く、

わたしを欺く敵は頭の毛よりもおびただしい。

奪い取らなかった物をどうして返せましょう。

006神よ、あなたはわたしの愚かさ を知っておられます。

わたしの咎は隠しようもありません。

007万軍の神、主よ、

あなたに呼び求める者がわたしの故に

恥を受けることのないようにしてください。

イスラエルの神よ、あなたを求める者がわたしの故に

赤面することのないようにしてください。

008わたしはあなたのために恥を忍 び、

屈辱が顔を覆っています。

009わたしは兄弟からはのけ者にさ れ、

母の子らからはよそ者にされました。

010あなたの家を思う熱意がわたし を食い尽くし、

あなたを謗る者の謗りがわたしに及びました。

011わたしは力の尽きるまで断食し ましたが、

それは、かえって謗りを招きました。

012わたしは粗布をまといました が、

かえって笑い種となりました。

013門にたむろする者はわたしのう わさをし、

酔いどれがわたしのことをあざけって歌います。

014主よ、わたしはあなたに祈りま す。

この恵みの時に、

あなたの大いなる慈しみをもって、

わたしに答えてください。

あなたの確かな救いをもって、

015わたしを助けてください、

泥沼に沈まぬように。


 

新共同訳1987

69:1 【指揮者によって。「ゆり」に合わせて。ダビデの詩。】

69:2 神よ、わたしを救ってください。大水が喉元に達しました。

69:3 わたしは深い沼にはまり込み/足がかりもありません。大水の深い底にまで沈み/奔流がわたしを押し流します。

69:4 叫び続けて疲れ、喉は涸れ/わたしの神を待ち望むあまり/目は衰えてしまいました。

69:5 理由もなくわたしを憎む者は/この頭の髪よりも数多く/いわれなくわたしに敵意を抱く者/滅ぼそうとする者は力を増して行きます。わたしは自分が奪わな かったものすら/償わねばなりません。

69:6 神よ、わたしの愚かさは、よくご存じです。罪過もあなたには隠れもないことです。

69:7 万軍の主、わたしの神よ/あなたに望みをおく人々が/わたしを恥としませんように。イスラエルの神よ/あなたを求める人々が/わたしを屈辱としませんよう に。

69:8 わたしはあなたゆえに嘲られ/顔は屈辱に覆われています。

69:9 兄弟はわたしを失われた者とし/同じ母の子らはわたしを異邦人とします。

69:10 あなたの神殿に対する熱情が/わたしを食い尽くしているので/あなたを嘲る者の嘲りが/わたしの上にふりかかっています。

69:11 わたしが断食して泣けば/そうするからといって嘲られ

69:12 粗布を衣とすれば/それもわたしへの嘲りの歌になります。

69:13 町の門に座る人々はわたしを非難し/強い酒に酔う者らはわたしのことを歌います。

69:14 あなたに向かってわたしは祈ります。主よ、御旨にかなうときに/神よ、豊かな慈しみのゆえに/わたしに答えて確かな救いをお与えください。

69:15 泥沼にはまり込んだままにならないように/わたしを助け出してください。わたしを憎む者から/大水の深い底から助け出してください

69:16 奔流がわたしを押し流すことのないように/深い沼がわたしをひと呑みにしないように/井戸がわたしの上に口を閉ざさないように。

69:17 恵みと慈しみの主よ、わたしに答えてください/憐れみ深い主よ、御顔をわたしに向けてください。

69:18 あなたの僕に御顔を隠すことなく/苦しむわたしに急いで答えてください。

69:19 わたしの魂に近づき、贖い/敵から解放してください。

69:20 わたしが受けている嘲りを/恥を、屈辱を、あなたはよくご存じです。わたしを苦しめる者は、すべて御前にいます。

69:21 嘲りに心を打ち砕かれ/わたしは無力になりました。望んでいた同情は得られず/慰めてくれる人も見いだせません。

69:22 人はわたしに苦いものを食べさせようとし/渇くわたしに酢を飲ませようとします。

69:23 どうか、彼らの食卓が彼ら自身に罠となり/仲間には落とし穴となりますように。

69:24 彼らの目を暗くして/見ることができないようにし/腰は絶えず震えるようにしてください。

69:25 あなたの憤りを彼らに注ぎ/激しい怒りで圧倒してください。

69:26 彼らの宿営は荒れ果て/天幕には住む者もなくなりますように。

69:27 あなたに打たれた人を、彼らはなおも迫害し/あなたに刺し貫かれた人の痛みを話の種にします。

69:28 彼らの悪には悪をもって報い/恵みの御業に/彼らを決してあずからせないでください。

69:29 命の書から彼らを抹殺してください。あなたに従う人々に並べて/そこに書き記さないでください。

69:30 わたしは卑しめられ、苦痛の中にあります。神よ、わたしを高く上げ、救ってください。

69:31 神の御名を賛美してわたしは歌い/御名を告白して、神をあがめます。

69:32 それは雄牛のいけにえよりも/角をもち、ひづめの割れた牛よりもなお/主に喜ばれることでしょう。

69:33 貧しい人よ、これを見て喜び祝え。神を求める人々には/健やかな命が与えられますように。

69:34 主は乏しい人々に耳を傾けてくださいます。主の民の捕われ人らを/決しておろそかにはされないでしょう。

69:35 天よ地よ、主を賛美せよ/海も、その中にうごめくものもすべて。

69:36 神は必ずシオンを救い/ユダの町々を再建してくださる。彼らはその地に住み、その地を継ぐ。

69:37 主の僕らの子孫はそこを嗣業とし/御名を愛する人々はその地に住み着く。

 

新改訳1970

69:1 神よ。私を救ってください。水が、私ののどにまで、はいって来ましたから。

69:2 私は深い泥沼に沈み、足がかりもありません。私は大水の底に陥り奔流が私を押し流しています。

69:3 私は呼ばわって疲れ果て、のどが渇き、私の目は、わが神を待ちわびて、衰え果てました。

69:4 ゆえなく私を憎む者は私の髪の毛よりも多く、私を滅ぼそうとする者、偽り者の私の敵は強いのです。それで、私は盗まなかった物をも返さなければならないの ですか。

69:5 神よ。あなたは私の愚かしさをご存じです。私の数々の罪過は、あなたに隠されてはいません。

69:6 万軍の神、主よ。あなたを待ち望む者たちが、私のために恥を見ないようにしてください。イスラエルの神よ。あなたを慕い求める者たちが、私のために卑しめ られないようにしてください。

69:7 私は、あなたのためにそしりを負い、侮辱が私の顔をおおっていますから。

69:8 私は自分の兄弟からは、のけ者にされ、私の母の子らにはよそ者となりました。

69:9 それは、あなたの家を思う熱心が私を食い尽くし、あなたをそしる人々のそしりが、私に降りかかったからです。

69:10 私が、断食して、わが身を泣き悲しむと、それが私へのそしりとなりました。

69:11 私が荒布を自分の着物とすると、私は彼らの物笑いの種となりました。

69:12 門にすわる者たちは私のうわさ話をしています。私は酔いどれの歌になりました。

69:13 しかし主よ。この私は、あなたに祈ります。神よ。みこころの時に。あなたの豊かな恵みにより、御救いのまことをもって、私に答えてください。

69:14 私を泥沼から救い出し、私が沈まないようにしてください。私を憎む者ども、また大水の底から、私が救い出されるようにしてください。

69:15 大水の流れが私を押し流さず、深い淵は私をのみこまず、穴がその口を私の上で閉じないようにしてください。

69:16 主よ。私に答えてください。あなたの恵みはまことに深いのです。あなたの豊かなあわれみにしたがって私に御顔を向けてください。

69:17 あなたのしもべに御顔を隠さないでください。私は苦しんでいます。早く私に答えてください。

69:18 どうか、私のたましいに近づき、贖ってください。私の敵のゆえに、私を贖ってください。

69:19 あなたは私へのそしりと、私の恥と私への侮辱とをご存じです。私に敵対する者はみな、あなたの御前にいます。

69:20 そしりが私の心を打ち砕き、私は、ひどく病んでいます。私は同情者を待ち望みましたが、ひとりもいません。慰める者を待ち望みましたが、見つけることはで きませんでした。

69:21 彼らは私の食物の代わりに、苦味を与え、私が渇いたときには酢を飲ませました。

69:22 彼らの前の食卓はわなとなれ。彼らが栄えるときには、それが落とし穴となれ。

69:23 彼らの目は暗くなって、見えなくなれ。彼らの腰をいつもよろけさせてください。

69:24 あなたの憤りを彼らの上に注いでください。あなたの燃える怒りが、彼らに追いつくようにしてください。

69:25 彼らの陣営を荒れ果てさせ、彼らの宿営にはだれも住む者がないようにしてください。

69:26 彼らはあなたが打った者を迫害し、あなたに傷つけられた者の痛みを数え上げるからです。

69:27 どうか、彼らの咎に咎を加え、彼らをあなたの義の中に入れないでください。

69:28 彼らがいのちの書から消し去られ、正しい者と並べて、書きしるされることがありませんように。

69:29 しかし私は悩み、痛んでいます。神よ。御救いが私を高く上げてくださるように。

69:30 私は神の御名を歌をもってほめたたえ、神を感謝をもってあがめます。

69:31 それは雄牛、角と割れたひずめのある若い雄牛にまさって主に喜ばれるでしょう。

69:32 心の貧しい人たちは、見て、喜べ。神を尋ね求める者たちよ。あなたがたの心を生かせ。

69:33 主は、貧しい者に耳を傾け、その捕われ人らをさげすみなさらないのだから。

69:34 天と地は、主をほめたたえよ。海とその中に動くすべてのものも。

69:35 まことに神がシオンを救い、ユダの町々を建てられる。こうして彼らはそこに住み、そこを自分たちの所有とする。

69:36 主のしもべの子孫はその地を受け継ぎ、御名を愛する者たちはそこに住みつこう。

 

口語訳1955

69:1 神よ、わたしをお救いください。大水が流れ来て、わたしの首にまで達しました。

69:2 わたしは足がかりもない深い泥の中に沈みました。わたしは深い水に陥り、大水がわたしの上を流れ過ぎました。

69:3 わたしは叫びによって疲れ、わたしののどはかわき、わたしの目は神を待ちわびて衰えました。

69:4 ゆえなく、わたしを憎む者は/わたしの頭の毛よりも多く、偽ってわたしの敵となり、わたしを滅ぼそうとする者は強いのです。わたしは盗まなかった物をも/ 償わなければならないのですか。

69:5 神よ、あなたはわたしの愚かなことを/知っておられます。わたしのもろもろのとがは/あなたに隠れることはありません。

69:6 万軍の神、主よ、あなたを待ち望む者が/わたしの事によって、はずかしめられることのないようにしてください。イスラエルの神よ、あなたを求める者が/わ たしの事によって、恥を負わせられることのないようにしてください。

69:7 わたしはあなたのためにそしりを負い、恥がわたしの顔をおおったのです。

69:8 わたしはわが兄弟には、知らぬ者となり、わが母の子らには、のけ者となりました。

69:9 あなたの家を思う熱心がわたしを食いつくし、あなたをそしる者のそしりが/わたしに及んだからです。

69:10 わたしが断食をもってわたしの魂を悩ませば、かえってそれによってそしりをうけました。

69:11 わたしが荒布を衣とすれば、かえって彼らのことわざとなりました。

69:12 わたしは門に座する者の話題となり、酔いどれの歌となりました。

69:13 しかし主よ、わたしはあなたに祈ります。神よ、恵みの時に、あなたのいつくしみの豊かなるにより、わたしにお答えください。

69:14 あなたのまことの救により、わたしを泥の中に沈まぬよう助け出してください。わたしを憎む者から、また深い水からわたしを助け出してください。

69:15 大水がわたしの上を流れ過ぎることなく、淵がわたしをのむことなく、穴がその口をわたしの上に閉じることのないように/してください。

69:16 主よ、あなたのいつくしみの深きにより、わたしにお答えください。あなたのあわれみの豊かなるにより、わたしを顧みてください。

69:17 あなたの顔をしもべに隠さないでください。わたしは悩んでいるのです。すみやかにわたしにお答えください。

69:18 わたしに近く寄って、わたしをあがない、わが敵のゆえにわたしをお救いください。

69:19 あなたはわたしの受けるそしりと、恥と、はずかしめとを知っておられます。わたしのあだは皆あなたの前にあります。

69:20 そしりがわたしの心を砕いたので、わたしは望みを失いました。わたしは同情する者を求めたけれども、ひとりもなく、慰める者を求めたけれども、ひとりも見 ませんでした。

69:21 彼らはわたしの食物に毒を入れ、わたしのかわいた時に酢を飲ませました。

69:22 彼らの前の食卓を網とし、彼らが犠牲をささげる祭を、わなとしてください。

69:23 彼らの目を暗くして見えなくし、彼らの腰を常に震わせ、

69:24 あなたの憤りを彼らの上にそそぎ、あなたの激しい怒りを彼らに追いつかせてください。

69:25 彼らの宿営を荒し、ひとりもその天幕に住まわせないでください。

69:26 彼らはあなたが撃たれた者を迫害し、あなたが傷つけられた者をさらに苦しめるからです。

69:27 彼らに、罰に罰を加え、あなたの赦免にあずからせないでください。

69:28 彼らをいのちの書から消し去って、義人のうちに記録されることのないようにしてください。

69:29 しかしわたしは悩み苦しんでいます。神よ、あなたの救が/わたしを高い所に置かれますように。

69:30 わたしは歌をもって神の名をほめたたえ、感謝をもって神をあがめます。

69:31 これは雄牛または角とひずめのある雄牛にまさって/主を喜ばせるでしょう。

69:32 へりくだる者は、これを見て喜べ。神を求める者よ、あなたがたの心を生きかえらせよ。

69:33 主は乏しい者に聞き、その捕われ人をかろしめられないからである。

69:34 天と地は主をほめたたえ、海とその中に動くあらゆるものは主をほめたたえよ。

69:35 神はシオンを救い、ユダの町々を建て直されるからである。そのしもべらはそこに住んでこれを所有し、

69:36 そのしもべらの子孫はこれを継ぎ、み名を愛する者はその中に住むであろう。

 


文 語訳1917
69:2 神よねがはくは我をすくひたまへ 大水ながれきたりて我がたましひにまでおよべり
69:3 われ立止なきふかき泥の中にしづめり われ深水におちいるおほみづわが上をあふれすぐ
69:4 われ歎息によりてつかれたり わが喉はかわき わが目はわが神をまちわびておとろへぬ
69:5 故なくしてわれをにくむ者わがかしらの髮よりもおほく謂なくしてわが仇となり我をほろぼさんとするものの勢力つよし われ掠めざりしものをも償はせらる
69:6 神よなんぢはわが愚なるをしりたまふ わがもろもろの罪はなんぢにかくれざるなり
69:7 萬軍のヱホバ主よ ねがはくは汝をまちのぞむ者をわが故によりて辱かしめらるることなからしめたまへ イスラエルの神よねがはくはなんぢを求むる者をわが故によりて恥をおはしめらるることなからしめたまへ
69:8 我はなんぢのために謗をおひ恥はわが面をおほひたればなり
69:9 われわが兄弟には旅人のごとく わが母の子には外人のごとくなれり
69:10 そはなんぢの家をおもふ熱心われをくらひ汝をそしるものの謗われにおよべり
69:11 われ涙をながして食をたち わが霊魂をなげかすれば反てこれによりて謗をうく
69:12 われ麁布をころもとなししにかれらが諺語となりぬ
69:13 門にすわる者はわがうへをかたる われは酔狂たるものに謳ひはやされたり
69:14 然はあれどヱホバよわれは惠のときに汝にいのる ねがはくは神よなんぢの憐憫のおほきによりて汝のすくひの眞實をもて我にこたへたまへ
69:15 ねがはくは泥のなかより我をたすけいだして沈ざらしめたまへ 我をにくむものより深水よりたすけいだしたまへ
69:16 大水われを淹ふことなく淵われをのむことなく坑その口をわがうへに閉ることなからしめたまへ
69:17 ヱホバよねがはくは我にこたへたまへ なんぢの仁慈うるはしければなり なんぢの憐憫はおほしわれに歸りきたりたまへ
69:18 面をなんぢの僕にかくしたまふなかれ われ迫りくるしめり ねがはくは速かに我にこたへたまへ
69:19 わがたましひに近くよりて之をあがなひわが仇のゆゑに我をすくひたまへ
69:20 汝はわがうくる謗とはぢと侮辱とをしりたまへり わが敵はみな汝のみまへにあり
69:21 ?謗わが心をくだきぬれば我いたくわづらへり われ憐憫をあたふる者をまちたれど一人だになく慰むるものを俟たれど一人をもみざりき
69:22 かれら苦草をわがくひものにあたへ わが渇けるときに醋をのませたり
69:23 ねがはくは彼等のまへなる筵は網となり そのたのむ安逸はつひに羂となれ
69:24 その目をくらくして見しめず その腰をつねにふるはしめたまへ
69:25 願くはなんぢの忿恚をかれらのうへにそそぎ汝のいかりの猛烈をかれらに追及せたまへ
69:26 かれらの屋をむなしくせよ その幕屋に人をすまはするなかれ
69:27 かれらはなんぢが撃たまひたる者をせめ なんぢが傷けたまひたるものの痛をかたりふるればなり
69:28 ねがはくはれらの不義に不義をくはへてなんぢの義にあづからせ給ふなかれ
69:29 かれらを生命の册よりけして義きものとともに記さるることなからしめたまへ
69:30 斯てわれはくるしみ且うれひあり 神よねがはくはなんぢの救われを高處におかんことを
69:31 われ歌をもて神の名をほめたたへ 感謝をもて神をあがめまつらん
69:32 此はをうしまたは角と蹄とある力つよき牡牛にまさりてヱホバよろこびたまはん
69:33 謙遜者はこれを見てよろこべり 神をしたふ者よなんぢらの心はいくべし
69:34 ヱホバは乏しきものの聲をきき その俘囚をかろしめたまはざればなり
69:35 天地はヱホバをほめ蒼海とその中にうごくあらゆるものとはヱホバを讃まつるべし
69:36 神はシオンをすくひユダのもろもろの邑を建たまふべければなり かれらは其處にすみ且これをおのが有とせん
69:37 その僕のすゑも亦これを嗣その名をいつくしむ者その中にすまん



****************************************

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 ヨハ 15:25

15:25 しかし、それは、『人々は理由もなく、わたしを憎んだ』と、彼らの律法に書いてある言葉が実現するためである。

 

新共同 ヨハ 2:17

2:17 弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。

 

新共同 ロマ 15:3

15:3 キリストも御自分の満足はお求めになりませんでした。「あなたをそしる者のそしりが、わたしにふりかかった」と書いてあるとおりです。

 

新共同 マタ 27:34

27:34 苦いものを混ぜたぶどう酒を飲ませようとしたが、イエスはなめただけで、飲もうとされなかった。

 

新共同 マタ 27:38

27:38 折から、イエスと一緒に二人の強盗が、一人は右にもう一人は左に、十字架につけられていた。

 

新共同 使  1:20

1:20 詩編にはこう書いてあります。『その住まいは荒れ果てよ、/そこに住む者はいなくなれ。』/また、/『その務めは、ほかの人が引き受けるがよい。』

 

新共同 ルカ 10:20

10:20 しかし、悪霊があなたがたに服従するからといって、喜んではならない。むしろ、あなたがたの名が天に書き記されていることを喜びなさい。」

 

新共同 ピリ 4:3

4:3 なお、真実の協力者よ、あなたにもお願いします。この二人の婦人を支えてあげてください。二人は、命の書に名を記されているクレメンスや他の協力者たちと 力を合わせて、福音のためにわたしと共に戦ってくれたのです。

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ヨハ 2:17

2:17 弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。

 

新共同 マタ 27:34

27:34 苦いものを混ぜたぶどう酒を飲ませようとしたが、イエスはなめただけで、飲もうとされなかった。

 

新共同 マタ 27:48

27:48 そのうちの一人が、すぐに走り寄り、海綿を取って酸いぶどう酒を含ませ、葦の棒に付けて、イエスに飲ませようとした。

 

新共同 マコ 15:23

15:23 没薬を混ぜたぶどう酒を飲ませようとしたが、イエスはお受けにならなかった。

 

新共同 マコ 15:36

15:36 ある者が走り寄り、海綿に酸いぶどう酒を含ませて葦の棒に付け、「待て、エリヤが彼を降ろしに来るかどうか、見ていよう」と言いながら、イエスに飲ませよ うとした。

 

新共同 ルカ 23:36

23:36 兵士たちもイエスに近寄り、酸いぶどう酒を突きつけながら侮辱して、

 

新共同 ヨハ 19:28-30

19:28 この後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。こうして、聖書の言葉が実現した。

19:29 そこには、酸いぶどう酒を満たした器が置いてあった。人々は、このぶどう酒をいっぱい含ませた海綿をヒソプに付け、イエスの口もとに差し出した。

19:30 イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。

 

新共同 ロマ 11:9-10

11:9 ダビデもまた言っています。「彼らの食卓は、/自分たちの罠となり、網となるように。つまずきとなり、罰となるように。

11:10 彼らの目はくらんで見えなくなるように。彼らの背をいつも曲げておいてください。」

 

新共同 ヨハ 12:40

12:40 「神は彼らの目を見えなくし、/その心をかたくなにされた。こうして、彼らは目で見ることなく、/心で悟らず、立ち帰らない。わたしは彼らをいやさな い。」

 

新共同 ロマ 11:10

11:10 彼らの目はくらんで見えなくなるように。彼らの背をいつも曲げておいてください。」

 

新共同 Uコリ3:14

3:14 しかし、彼らの考えは鈍くなってしまいました。今日に至るまで、古い契約が読まれる際に、この覆いは除かれずに掛かったままなのです。それはキリストにお いて取り除かれるものだからです。

 

新共同 ピリ 4:3

4:3 なお、真実の協力者よ、あなたにもお願いします。この二人の婦人を支えてあげてください。二人は、命の書に名を記されているクレメンスや他の協力者たちと 力を合わせて、福音のためにわたしと共に戦ってくれたのです。

 

新共同 黙  3:5

3:5 勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。わたしは、彼の名を決して命の書から消すことはなく、彼の名を父の前と天使たちの前で公に言い表す。

 

新共同 黙  13:8

13:8 地上に住む者で、天地創造の時から、屠られた小羊の命の書にその名が記されていない者たちは皆、この獣を拝むであろう。

 

新共同 黙  20:15

20:15 その名が命の書に記されていない者は、火の池に投げ込まれた。

 

新共同 ルカ 10:20

10:20 しかし、悪霊があなたがたに服従するからといって、喜んではならない。むしろ、あなたがたの名が天に書き記されていることを喜びなさい。」

 

新共同 ヘブ 12:23

12:23 天に登録されている長子たちの集会、すべての人の審判者である神、完全なものとされた正しい人たちの霊、

 

****************************************