****************************************

ローマ 15:1−13

キリストを模範にせよ

 

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
ローマの人々への手紙 15

フランシスコ訳聖書 Rom <15>章 聖書本文

◆自分よりも隣人のことを

001わたしたち強い者は、強くない 人たちの弱さを担うべきであり、自分の満足を求めるべきではありません。

002わたしたち一人ひとりは、互い にキリスト者として造り上げられるのに役立つように、隣人を満足させるべきです。

003キリストも自分の満足を求めら れませんでした。むしろ、「あなたを謗る者の謗りがわたしの上に降りかかった」と書き記されているとおりです。

004前の時代に書かれたことはすべ て、わたしたちへの教訓として書かれたもので、聖書が与える忍耐と励ましによって、わたしたちが希望をもち続けるためです。

005忍耐と励ましの源である神が、 あなた方に、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせてくださいますように。

006それは、心を合わせ声をそろえ て、わたしたちの主イエス・キリストの神であり父である方をたたえるためです。

◆福音はユダヤ人と異邦人のため

007したがって、神の栄光のため に、キリストがあなた方を受け入れてくださったように、互いに受け入れなさい。

008わたしは言います。キリストが 割礼ある者の奉仕者となられたのは、神の真理を現して、先祖に対する神の約束を裏づけるためであり、

009異邦人が、その憐れみの故に神 をたたえるためでもあります。

「この故に、わたしは異邦人の中であなたをほめたたえ、

あなたの名をほめ歌おう」

と書かれているとおりです。010ま た、さらに、

「異邦人よ、主の民とともに喜べ」

と言われ、011なお、また、

「すべての異邦人よ、主をたたえよ、

すべての民よ、主を賛美せよ」

と言われています。012また、その うえに、イザヤは、

「エッサイのひこばえが現れる、

異邦人を治めに立ち上がる方である。

異邦人はこの方に望みをかける」

と言っています。013希望の源であ る神が、信じることによるすべての喜びと平和であなた方を満たし、聖霊の力によって希望に満ち溢れさせてくださいますように。


 

岩波翻訳委員会訳1995

451501さて、私たち強い者は、強くない者たちの弱さを担い、そして己れ自身を喜ばすことはしないよ うにすべきである。

451502私たち各自は、〔互いを〕建てることに役立つ善きことがら〔をなすこと〕において、隣人に喜 ばれるようになるべきである。

451503キリストも自らを喜ばせることはされなかったからである。むしろ次のように書かれている。あなたを非難する者たちの非難が、私の上に落ちた。

451504実際、すべて前もって書かれたことがらは、私たちの教えのために書かれたのであり、それは私 たちが、忍耐をとうして、また聖書〔から〕の慰めをとうして、希望をもつためである。

451505忍耐と慰めの神が、あなたがたに、キリスト・イエスに従って、互いのうちに同じ思いを抱くこ とを可能にして下さるように。

451506それはあなたがたが、同じ心で、口をそろえて、神を、すなわち私たちの主イエス・キリストの 父を、賞め讃えるためである。

451507それゆえに、あなたがたは互いを受け容れなさい。ちょうどキリストもまた、神の栄光のため に、あなたがたを受け容れて下さったように。

451508私は言うが、キリストは神の真理のために、割礼〔の者たち〕に仕える者になられたのだからで ある。それは父祖たちへの約束を確固たるものにするためであり、

451509他方で異邦人たちが、〔神の彼らへの〕憐れみのゆえに神を賞め讃えるためである。次のように 書かれている。

  そのことのゆえに、私は異邦人たちのうちにあってあ なたを〔告白して〕讃えるであろう。

  そしてあなたの名に向かって賛美するであろ う。

451510そしてさらに〔聖書は〕言っている、

   あなたがた異邦人たちよ、主の民と共に喜べ。

451511またさらに、

   あなたがたすべての異邦人たちよ、主を称め賛えよ。

  そしてすべての国民は、彼を賛美せよ。

451512またさらにイザヤは言っている、

   エッサイの根が生えるであろう。

  そして異邦人たちを支配するために、立ち上 がる者が〔あ るであろう〕。

   異邦人たちは彼に希望をおくであろう。

451513希望の神が、信じることにおけるあらゆる喜びと平和とで、あなたがたを満たして下さるよう に。その結果あなたがたが、聖霊の力によって、希望に満ち溢れるように。

 

新共同訳1987

15:1 わたしたち強い者は、強くない者の弱さを担うべきであり、自分の満足を求めるべきではありません。

15:2 おのおの善を行って隣人を喜ばせ、互いの向上に努めるべきです。

15:3 キリストも御自分の満足はお求めになりませんでした。「あなたをそしる者のそしりが、わたしにふりかかった」と書いてあるとおりです。

15:4 かつて書かれた事柄は、すべてわたしたちを教え導くためのものです。それでわたしたちは、聖書から忍耐と慰めを学んで希望を持ち続けることができるので す。

15:5 忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、

15:6 心を合わせ声をそろえて、わたしたちの主イエス・キリストの神であり、父である方をたたえさせてくださいますように。

◆福音はユダヤ人と異邦人のためにある

15:7 だから、神の栄光のためにキリストがあなたがたを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに相手を受け入れなさい。

15:8 わたしは言う。キリストは神の真実を現すために、割礼ある者たちに仕える者となられたのです。それは、先祖たちに対する約束を確証されるためであり、

15:9 異邦人が神をその憐れみのゆえにたたえるようになるためです。「そのため、わたしは異邦人の中であなたをたたえ、/あなたの名をほめ歌おう」と書いてある とおりです。

15:10 また、/「異邦人よ、主の民と共に喜べ」と言われ、

15:11 更に、/「すべての異邦人よ、主をたたえよ。すべての民は主を賛美せよ」と言われています。

15:12 また、イザヤはこう言っています。「エッサイの根から芽が現れ、/異邦人を治めるために立ち上がる。異邦人は彼に望みをかける。」

15:13 希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように。

 

前田訳1978

15:1 われら力あるものは力のないものの弱さを負うべきです。

15:2 自らをよろこばせてはなりません。われらのめいめいが隣びとをよろこばせ、その善になり建設をはかるようにしましょう。

15:3 キリストも自らをよろこばせはなさいませんでしたから。聖書にあるように、「あなたをののしるもののののしりがわが上に落ちた」のです。

15:4 前に書かれたことは皆われらの教えのために書かれたのです。それはわれらが聖書からの忍耐と慰めとをもって希望を持ちつづけるためです。

15:5 忍耐と慰めの神が、あなた方を、キリスト・イエスに従って互いに思いをを同じくするようお導きのほどを。

15:6 これはあなた方がひとつ心で、ひとつ口で、われらの主イエス・キリストの神また父に栄光を帰するためです。

15:7 このゆえに、互いに受け入れなさい、キリストがあなた方を受け入れて神の栄光を現わされたように。

15:8 わたしはいいます、キリストが神の真実を示すために割礼あるものの奉仕人になられました、と。これは先祖たちの約束を確かにするためであり、

15:9 異邦人があわれみのゆえに神に栄光を帰するためです。聖書にあります、「このためにわたしは異邦人の間で神をたたえ、み名を讃めうたいます」と。

15:10 またいわれています、「異邦人よ、彼の民とともに楽しめ」と。

15:11 さらに、「すべての異邦人よ、主をたたえよ。すべての民よ、彼を讃めよ」と。

15:12 またイザヤはいいます、「エッサイの根ははえ、蕨起者は異邦人を治めよう、異邦人は彼に望みを置こう」と。

15:13 希望の神が、信ずるという全きよろこびと平安とであなた方を満たし、聖霊の力であなた方を希望であふれさせたもうように。

 

新改訳1970

15:1 私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜ばせるべきではありません。

15:2 私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです。

15:3 キリストでさえ、ご自身を喜ばせることはなさらなかったのです。むしろ、「あなたをそしる人々のそしりは、わたしの上にふりかかった。」と書いてあるとお りです。

15:4 昔書かれたものは、すべて私たちを教えるために書かれたのです。それは、聖書の与える忍耐と励ましによって、希望を持たせるためなのです。

15:5 どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。

15:6 それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。

15:7 こういうわけですから、キリストが神の栄光のために、私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい。

15:8 私は言います。キリストは、神の真理を現わすために、割礼のある者のしもべとなられました。それは先祖たちに与えられた約束を保証するためであり、

15:9 また異邦人も、あわれみのゆえに、神をあがめるようになるためです。こう書かれているとおりです。「それゆえ、私は異邦人の中で、あなたをほめたたえ、あ なたの御名をほめ歌おう。」

15:10 また、こうも言われています。「異邦人よ。主の民とともに喜べ。」

15:11 さらにまた、「すべての異邦人よ。主をほめよ。もろもろの国民よ。主をたたえよ。」

15:12 さらにまた、イザヤがこう言っています。「エッサイの根が起こる。異邦人を治めるために立ち上がる方である。異邦人はこの方に望みをかける。」

15:13 どうか、望みの神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって望みにあふれさせてくださいますように。

 

塚本訳1963

15:1 しかしわたし達強い(信仰をもつ)者は、強くない(信仰をもつ)者の弱さを負い、決して(勝手なことをして)自分を喜ばせてはならない。

15:2 わたし達各自は、(弱い)隣の人を喜ばせるように生きようではないか。彼の最善をはかり、(信仰を)造りあげるために。

15:3 キリストすら御自分を喜ばせる御生涯ではなかったのであるから。むしろ(聖書に)書いてあるとおりであった、』あなたを罵る者の罵りが、わたしの上に落ち た』と。

15:4 なぜなら、(聖書に)前に書かれたほどのことはみな、(後の時代の)わたし達の教訓のために書かれたもので、わたし達が聖書のあたえる忍耐と慰めとをもっ て、希望を持ちつづけるためである。

15:5 この忍耐と慰めとを賜わる神が、キリスト・イエスの心を体してあなた達が互に思いを同じくするようにさせられんことを。

15:6 これはあなた達が心を一つにし、一つの口をもって、わたし達の主イエス・キリストの神また父をあがめるためである。

15:7 このゆえに、キリストが(命をすてて)あなた達(みんな)を(神の聖なる家族の)仲間に入れ、神の栄光をあらわされたように、あなた達も互を仲間に入れな さい。

15:8 (キリストが神の栄光をあらわされたと)わたしの言う意味はこうである。──キリストは神の(救いの約束の)真実を証明するために、割礼のある者[ユダヤ 人]の世話役になられた。これは、(一方では彼らの)先祖に与えられたその約束を確かにするためであり、

15:9 他方では、異教人が(彼によって神の家族の仲間入りができるという大なる)憐れみのゆえに、神をあがめるためである。(異教人の救いについては聖書に)書 いてあるとおりである。『このためにわたしは異教人の中であなたを讃美し御名をほめ歌います。』

15:10 さらに言う。『異教人よ、彼の民と共に楽しめ。』

15:11 さらに。』すべての異教人よ、主をたたえよ、すべての民よ、彼を誉めたたえよ。』

15:12 さらにイザヤは言う。『エッサイの根ははえ、起きあがる者[キリスト]があらわれる、異教人を支配するために。異教人は彼に望みをかけるであろう。』

15:13 希望の源である神が、(彼を)信ずることにおいて来る無上の喜びと平安とであなた達を満たし、聖霊の力によって(豊かな)希望に溢れさせられんことを。

 

口語訳1955

15:1 わたしたち強い者は、強くない者たちの弱さをになうべきであって、自分だけを喜ばせることをしてはならない。

15:2 わたしたちひとりびとりは、隣り人の徳を高めるために、その益を図って彼らを喜ばすべきである。

15:3 キリストさえ、ご自身を喜ばせることはなさらなかった。むしろ「あなたをそしる者のそしりが、わたしに降りかかった」と書いてあるとおりであった。

15:4 これまでに書かれた事がらは、すべてわたしたちの教のために書かれたのであって、それは聖書の与える忍耐と慰めとによって、望みをいだかせるためである。

15:5 どうか、忍耐と慰めとの神が、あなたがたに、キリスト・イエスにならって互に同じ思いをいだかせ、

15:6 こうして、心を一つにし、声を合わせて、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神をあがめさせて下さるように。

15:7 こういうわけで、キリストもわたしたちを受けいれて下さったように、あなたがたも互に受けいれて、神の栄光をあらわすべきである。

15:8 わたしは言う、キリストは神の真実を明らかにするために、割礼のある者の僕となられた。それは父祖たちの受けた約束を保証すると共に、

15:9 異邦人もあわれみを受けて神をあがめるようになるためである、/「それゆえ、わたしは、異邦人の中で/あなたにさんびをささげ、/また、御名をほめ歌う」 /と書いてあるとおりである。

15:10 また、こう言っている、/「異邦人よ、主の民と共に喜べ」。

15:11 また、/「すべての異邦人よ、主をほめまつれ。もろもろの民よ、主をほめたたえよ」。

15:12 またイザヤは言っている、/「エッサイの根から芽が出て、/異邦人を治めるために立ち上がる者が来る。異邦人は彼に望みをおくであろう」。

15:13 どうか、望みの神が、信仰から来るあらゆる喜びと平安とを、あなたがたに満たし、聖霊の力によって、あなたがたを、望みにあふれさせて下さるように。

 

文語訳1917

"451501"," われら強き者はおのれを喜ばせずして、力なき者の弱を負ふベし。"

"451502"," おのおの隣人の徳を建てん爲に、その益を圖りて之を喜ばすベし。"

"451503"," キリストだに己を喜ばせ給はざりき。録して『なんぢを謗る者の謗は我に及べり』とあるが如し。"

"451504"," 夙くより録されたる所は、みな我らの教訓のために録ししものにして、聖書の忍耐と慰安とによりて希望を保たせんとてなり。"

"451505"," 願くは忍耐と慰安との神、なんぢらをしてキリスト・イエスに效ひ、互に思を同じうせしめ給はん事を。"

"451506"," これ汝らが心を一つにし口を一つにして、我らの主イエス・キリストの父なる神を崇めん爲なり。"

"451507"," 此の故にキリスト汝らを容れ給ひしごとく、汝らも互に相容れて神の榮光を彰すべし。"

"451508"," われ言ふ、キリストは神の眞理のために割禮の役者となり給へり。これ先祖たちの蒙りし約束を堅うし給はん爲、"

"451509"," また異邦人も憐憫によりて神を崇めんためなり。録して、『この故に、われ異邦人の中にて、汝を讃めたたへ、又なんぢの名を謳はん』、 とあるが如し。"

"451510"," また曰く、『異邦人よ、主の民と共に喜べ』、"

"451511"," 又いはく、『もろもろの國人よ、主を讃め奉れ、もろもろの民よ、主を稱へ奉れ』、"

"451512"," 又イザヤ言ふ、『エツサイの萌薛生じ、異邦人を治むるもの興らん。異邦人は彼に望みをおかん』、"

"451513"," 願くは希望の神、信仰より出づる凡ての喜悦と平安とを汝らに滿たしめ、聖靈の能力によりて希望を豐ならしめ給はんことを。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新 共同 ロマ 14:1

14:1 信仰の弱い人を受け入れなさい。その考えを批判してはなりません。

 

新 共同 ロマ 14:19

14:19 だから、平和や互いの向上に役立つことを追い求めようではありませんか。

 

新 共同 Tコリ9:10

9:10 それとも、わたしたちのために言っておられるのでしょうか。もちろん、わたしたちのためにそう書かれているのです。耕す者が望みを 持って耕し、脱穀する者が分け前にあずかることを期待して働くのは当然です。

 

新 共同 Uペテ1:19

1:19 こうして、わたしたちには、預言の言葉はいっそう確かなものとなっています。夜が明け、明けの明星があなたがたの心の中に昇るときま で、暗い所に輝くともし火として、どうかこの預言の言葉に留意していてください。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口 語訳 ガラ 6:1-2

6:1 兄弟たちよ。もしもある人が罪過に陥っていることがわかったなら、霊の人であるあなたがたは、柔和な心をもって、その人を正しなさ い。それと同時に、もしか自分自身も誘惑に陥ることがありはしないかと、反省しなさい。

6:2 互に重荷を負い合いなさい。そうすれば、あなたがたはキリストの律法を全うするであろう。

 

口 語訳 Tコリ9:19-22

9:19 わたしは、すべての人に対して自由であるが、できるだけ多くの人を得るために、自ら進んですべての人の奴隷になった。

9:20 ユダヤ人には、ユダヤ人のようになった。ユダヤ人を得るためである。律法の下にある人には、わたし自身は律法の下にはないが、律法の 下にある者のようになった。律法の下にある人を得るためである。

9:21 律法のない人には――わたしは神の律法の外にあるのではなく、キリストの律法の中にあるのだが――律法のない人のようになった。律法 のない人を得るためである。

9:22 弱い人には弱い者になった。弱い人を得るためである。すべての人に対しては、すべての人のようになった。なんとかして幾人かを救うた めである。

 

口 語訳 Tコリ10:24

10:24 だれでも、自分の益を求めないで、ほかの人の益を求めるべきである。

 

口 語訳 ピリ 2:4-5

2:4 おのおの、自分のことばかりでなく、他人のことも考えなさい。

2:5 キリスト・イエスにあっていだいているのと同じ思いを、あなたがたの間でも互に生かしなさい。

 

口 語訳 ロマ 4:23-24

4:23 しかし「義と認められた」と書いてあるのは、アブラハムのためだけではなく、

4:24 わたしたちのためでもあって、わたしたちの主イエスを死人の中からよみがえらせたかたを信じるわたしたちも、義と認められるのであ る。

 

口 語訳 Tコリ9:9-10

9:9 すなわち、モーセの律法に、「穀物をこなしている牛に、くつこをかけてはならない」と書いてある。神は、牛のことを心にかけておられ るのだろうか。

9:10 それとも、もっぱら、わたしたちのために言っておられるのか。もちろん、それはわたしたちのためにしるされたのである。すなわち、耕 す者は望みをもって耕し、穀物をこなす者は、その分け前をもらう望みをもってこなすのである。

 

口 語訳 Tコリ10:11

10:11 これらの事が彼らに起ったのは、他に対する警告としてであって、それが書かれたのは、世の終りに臨んでいるわたしたちに対する訓戒の ためである。

 

口 語訳 Tコリ10:6

10:6 これらの出来事は、わたしたちに対する警告であって、彼らが悪をむさぼったように、わたしたちも悪をむさぼることのないためなのであ る。

 

口 語訳 ロマ 2:7

2:7 すなわち、一方では、耐え忍んで善を行って、光栄とほまれと朽ちぬものとを求める人に、永遠のいのちが与えられ、

 

口 語訳 ロマ 5:3-5

5:3 それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、

5:4 忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。

5:5 そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているから である。

 

口 語訳 Tコリ13:4-5

13:4 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。

13:5 不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。

 

口 語訳 Tテサ5:8

5:8 しかし、わたしたちは昼の者なのだから、信仰と愛との胸当を身につけ、救の望みのかぶとをかぶって、慎んでいよう。

 

口 語訳 Uコリ1:3-4

1:3 ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神、あわれみ深き父、慰めに満ちたる神。

1:4 神は、いかなる患難の中にいる時でもわたしたちを慰めて下さり、また、わたしたち自身も、神に慰めていただくその慰めをもって、あら ゆる患難の中にある人々を慰めることができるようにして下さるのである。

 

口 語訳 Tコリ1:10

1:10 さて兄弟たちよ。わたしたちの主イエス・キリストの名によって、あなたがたに勧める。みな語ることを一つにして、お互の間に分争がな いようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合っていてほしい。

 

口 語訳 ロマ 14:1-3

14:1 信仰の弱い者を受けいれなさい。ただ、意見を批評するためであってはならない。

14:2 ある人は、何を食べてもさしつかえないと信じているが、弱い人は野菜だけを食べる。

14:3 食べる者は食べない者を軽んじてはならず、食べない者も食べる者をさばいてはならない。神は彼を受けいれて下さったのであるから。

 

口 語訳 Uコリ6:9

6:9 人に知られていないようであるが、認められ、死にかかっているようであるが、見よ、生きており、懲らしめられているようであるが、殺 されず、

 

口 語訳 ロマ 15:9

15:9 異邦人もあわれみを受けて神をあがめるようになるためである、/「それゆえ、わたしは、異邦人の中で/あなたにさんびをささげ、/ま た、御名をほめ歌う」/と書いてあるとおりである。

 

口 語訳 Tコリ15:50

15:50 兄弟たちよ。わたしはこの事を言っておく。肉と血とは神の国を継ぐことができないし、朽ちるものは朽ちないものを継ぐことがない。

 

口 語訳 ロマ 9:4-5

9:4 彼らはイスラエル人であって、子たる身分を授けられることも、栄光も、もろもろの契約も、律法を授けられることも、礼拝も、数々の約 束も彼らのもの、

9:5 また父祖たちも彼らのものであり、肉によればキリストもまた彼らから出られたのである。万物の上にいます神は、永遠にほむべきかな、 アァメン。

 

口 語訳 ロマ 3:3

3:3 すると、どうなるのか。もし、彼らのうちに不真実の者があったとしたら、その不真実によって、神の真実は無になるであろうか。

 

口 語訳 Uコリ1:20

1:20 なぜなら、神の約束はことごとく、彼において「しかり」となったからである。だから、わたしたちは、彼によって「アァメン」と唱え て、神に栄光を帰するのである。

 

口 語訳 ガラ 3:28

3:28 もはや、ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もない。あなたがたは皆、キリスト・イエスにあって一つだからであ る。

 

口 語訳 ロマ 14:17

14:17 神の国は飲食ではなく、義と、平和と、聖霊における喜びとである。

 

口 語訳 ガラ 5:22

5:22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、

 

口 語訳 ロマ 5:1-2

5:1 このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている。

5:2 わたしたちは、さらに彼により、いま立っているこの恵みに信仰によって導き入れられ、そして、神の栄光にあずかる希望をもって喜んで いる。

 

口 語訳 ロマ 15:4

15:4 これまでに書かれた事がらは、すべてわたしたちの教のために書かれたのであって、それは聖書の与える忍耐と慰めとによって、望みをい だかせるためである。

 

口 語訳 ロマ 8:23-26

8:23 それだけではなく、御霊の最初の実を持っているわたしたち自身も、心の内でうめきながら、子たる身分を授けられること、すなわち、か らだのあがなわれることを待ち望んでいる。

8:24 わたしたちは、この望みによって救われているのである。しかし、目に見える望みは望みではない。なぜなら、現に見ている事を、どうし て、なお望む人があろうか。

8:25 もし、わたしたちが見ないことを望むなら、わたしたちは忍耐して、それを待ち望むのである。

8:26 御霊もまた同じように、弱いわたしを助けて下さる。なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいかわからないが、御霊みずから、言葉にあ らわせない切なるうめきをもって、わたしたちのためにとりなして下さるからである。

 

口 語訳 ロマ 12:12

12:12 望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。

 

口 語訳 Uコリ9:8

9:8 神はあなたがたにあらゆる恵みを豊かに与え、あなたがたを常にすべてのことに満ち足らせ、すべての良いわざに富ませる力のあるかたな のである。

 

(日)新共同訳1987の引照

新 共同 ロマ 14:1

14:1 信仰の弱い人を受け入れなさい。その考えを批判してはなりません。

 

新 共同 Tコリ9:22

9:22 弱い人に対しては、弱い人のようになりました。弱い人を得るためです。すべての人に対してすべてのものになりました。何とかして何人 かでも救うためです。

 

新 共同 ガラ 6:2

6:2 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。

 

新 共同 ピリ 2:4

2:4 めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。

 

新 共同 Tテサ5:14

5:14 兄弟たち、あなたがたに勧めます。怠けている者たちを戒めなさい。気落ちしている者たちを励ましなさい。弱い者たちを助けなさい。す べての人に対して忍耐強く接しなさい。

 

新 共同 Tコリ10:24

10:24 だれでも、自分の利益ではなく他人の利益を追い求めなさい。

 

新 共同 Tコリ10:33

10:33 わたしも、人々を救うために、自分の益ではなく多くの人の益を求めて、すべての点ですべての人を喜ばそうとしているのですから。

 

新 共同 ロマ 14:19

14:19 だから、平和や互いの向上に役立つことを追い求めようではありませんか。

 

新 共同 Uコリ8:9

8:9 あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくな られた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです。

 

新 共同 ロマ 4:23-24

4:23 しかし、「それが彼の義と認められた」という言葉は、アブラハムのためだけに記されているのでなく、

4:24 わたしたちのためにも記されているのです。わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められま す。

 

新 共同 Uテモ3:16

3:16 聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。

 

新 共同 ロマ 8:25

8:25 わたしたちは、目に見えないものを望んでいるなら、忍耐して待ち望むのです。

 

新 共同 Uコリ1:3

1:3 わたしたちの主イエス・キリストの父である神、慈愛に満ちた父、慰めを豊かにくださる神がほめたたえられますように。

 

新 共同 ロマ 12:16

12:16 互いに思いを一つにし、高ぶらず、身分の低い人々と交わりなさい。自分を賢い者とうぬぼれてはなりません。

 

新 共同 コロ 1:3

1:3 わたしたちは、いつもあなたがたのために祈り、わたしたちの主イエス・キリストの父である神に感謝しています。

 

新 共同 ロマ 4:16

4:16 従って、信仰によってこそ世界を受け継ぐ者となるのです。恵みによって、アブラハムのすべての子孫、つまり、単に律法に頼る者だけで なく、彼の信仰に従う者も、確実に約束にあずかれるのです。彼はわたしたちすべての父です。

 

新 共同 Uコリ1:20

1:20 神の約束は、ことごとくこの方において「然り」となったからです。それで、わたしたちは神をたたえるため、この方を通して「アーメ ン」と唱えます。

 

新 共同 ロマ 3:29

3:29 それとも、神はユダヤ人だけの神でしょうか。異邦人の神でもないのですか。そうです。異邦人の神でもあります。

 

新 共同 ロマ 11:30

11:30 あなたがたは、かつては神に不従順でしたが、今は彼らの不従順によって憐れみを受けています。

 

新 共同 黙  5:5

5:5 すると、長老の一人がわたしに言った。「泣くな。見よ。ユダ族から出た獅子、ダビデのひこばえが勝利を得たので、七つの封印を開い て、その巻物を開くことができる。」

 

新 共同 黙  22:16

22:16 わたし、イエスは使いを遣わし、諸教会のために以上のことをあなたがたに証しした。わたしは、ダビデのひこばえ、その一族、輝く明け の明星である。」

 

新 共同 ロマ 14:17

14:17 神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。

 

新 共同 ロマ 15:19

15:19 また、しるしや奇跡の力、神の霊の力によって働かれました。こうしてわたしは、エルサレムからイリリコン州まで巡って、キリストの福 音をあまねく宣べ伝えました。

 

新 共同 Tコリ2:4

2:4 わたしの言葉もわたしの宣教も、知恵にあふれた言葉によらず、"霊"と力の証明によるものでした。

 

新 共同 Tテサ1:5

1:5 わたしたちの福音があなたがたに伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、力と、聖霊と、強い確信とによったからです。わたしたちがあ なたがたのところで、どのようにあなたがたのために働いたかは、御承知のとおりです。

 

新 共同 Tペテ1:3

1:3 わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように。神は豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさ せ、死者の中からのイエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え、

 

新 共同 Tヨハ3:3

3:3 御子にこの望みをかけている人は皆、御子が清いように、自分を清めます。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口 語訳 Tコリ9:22

9:22 弱い人には弱い者に なった。弱い人を得るためである。すべての人に対しては、すべての人のようになった。なんとかして幾人かを救うためである。

 

口 語訳 ガラ 6:2

6:2 互に重荷を負い合いなさい。そうすれば、あなたがたはキリストの律法を全うするであろう。

 

口 語訳 Tテサ5:14

5:14 兄弟たちよ。あなたがたにお勧めする。怠惰な者を戒め、小心な者を励まし、弱い者を助け、すべての人に対して寛容でありなさい。

 

口 語訳 Tコリ10:33

10:33 わたしもまた、何事にもすべての人に喜ばれるように努め、多くの人が救われるために、自分の益ではなく彼らの益を求めている。

 

口 語訳 ロマ 14:19

14:19 こういうわけで、平和に役立つことや、互の徳を高めることを、追い求めようではないか。

 

口 語訳 Tコリ8:1

8:1 偶像への供え物について答えると、「わたしたちはみな知識を持っている」ことは、わかっている。しかし、知識は人を誇らせ、愛は人の 徳を高める。

 

口 語訳 Tコリ13:5

13:5 不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。

 

口 語訳 Tコリ10:6

10:6 これらの出来事は、わたしたちに対する警告であって、彼らが悪をむさぼったように、わたしたちも悪をむさぼることのないためなのであ る。

 

口 語訳 Uテモ3:16

3:16 聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。

 

口 語訳 Tコリ1:10

1:10 さて兄弟たちよ。わたしたちの主イエス・キリストの名によって、あなたがたに勧める。みな語ることを一つにして、お互の間に分争がな いようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合っていてほしい。

 

口 語訳 Uコリ13:11

13:11 最後に、兄弟たちよ。いつも喜びなさい。全き者となりなさい。互に励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和に過ごしなさい。そ うすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいて下さるであろう。

 

口 語訳 ピリ 2:2-3

2:2 どうか同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つ思いになって、わたしの喜びを満たしてほしい。

2:3 何事も党派心や虚栄からするのでなく、へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

ローマ 15:14−21

手紙に対する弁解的説明

 

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆あとがき

◆パウロの使徒的使命

014兄弟のみなさん、あなた方自身 も善意に溢れ、あらゆる知識に満ち、また互いに戒め合うことができると、わたし自身、確信しています。

015しかし、わたしは、あなた方に もう一度思い起こさせようとして、所々かなり思いきって書きました。それは、わたしが神から恵みを授かって、

016異邦人のためにキリスト・イエ スに仕える者となったからです。わたしは、異邦人が、聖霊によって聖なるものとされた、神に受け入れられる供え物になるようにと、神 の福音を宣べて祭司の務めを果たしているのです。

017ですから、わたしは、キリス ト・イエスに一致して、神への奉仕を誇りに思っています。

018キリストが、わたしの言葉や行 いを通して、徴と不思議を行う力、霊の力によって、異邦人を信仰による従順へ導くために成し遂げられたこと以外は、わたしは何事もあ えて述べません。

019こうしてわたしは、エルサレム からイリリコンまでずっと巡り、キリストの福音を隈なく伝えました。

020このようにわたしは、他人の築 いた土台の上に建てることのないよう、キリストの名がまだ知られていない所で福音を宣べ伝えてきたことを、名誉に思っているのです。

021このことは、

「彼のことを告げられていなかった人々が目を開き、

まだ聞いていなかった人々が悟るであろう」

と書かれているとおりです。


 

岩波翻訳委員会訳1995

451514私の兄弟たちよ、私自身もまた、あなたがたに関して、〔次のことを〕固く信じている。〔すな わち〕あなたがた自身もまた、善意にあふれ、すべての知識で満たされており、互いを訓戒すらできる者であるということを。

451515しかし、私は、あなたがたの記憶を新たにするために、神によって私に与えられた恵みによっ て、あなたがたにある箇所ではかなり大胆に〔この手紙を〕書いた。

451516それは私が異邦人たちのためにキリスト・イエスに仕える者となり、祭司の務めをする者として 神の福音を伝え、その結果、異邦人たちの捧げ物が、聖霊によって聖められたものとして〔神に〕快く受け容れられるものとなるためであ る。

451517それゆえに私は、キリスト・イエスにあって、神の前で、誇りを抱いてている。

451518キリストが私をとおして異邦人たちの従順のために働かれたこと以外、私は敢えて何も話そうと は思はないからである。〔すなわちキリストが〕言葉と業において、

451519徴と奇跡の力において、[神の]霊の力において〔働かれたことのみを語ろうと思う〕。かくし て私は、エルサレムから孤を描いてイリュリコン〔州〕に至るまで、キリストの福音を満たしてきた。

451520このようにして、キリストの名が〔まだ〕知られてはいないところで、〔私は〕熱心に福音を告 げ知らせることになった。〔それは〕私が、他人の土台の上に建設することのないためである。

451521事実、このように書かれている。

   主について告知されなかった人たちが、見るであろう。

  そして聞いたことのない人たちが、悟るであ ろう。

 

新共同訳1987

15:14 兄弟たち、あなたがた自身は善意に満ち、あらゆる知識で満たされ、互いに戒め合うことができると、このわたしは確信しています。

15:15 記憶を新たにしてもらおうと、この手紙ではところどころかなり思い切って書きました。それは、わたしが神から恵みをいただいて、

15:16 異邦人のためにキリスト・イエスに仕える者となり、神の福音のために祭司の役を務めているからです。そしてそれは、異邦人が、聖霊によって聖なるものとさ れた、神に喜ばれる供え物となるためにほかなりません。

15:17 そこでわたしは、神のために働くことをキリスト・イエスによって誇りに思っています。

15:18 キリストがわたしを通して働かれたこと以外は、あえて何も申しません。キリストは異邦人を神に従わせるために、わたしの言葉と行いを通して、

15:19 また、しるしや奇跡の力、神の霊の力によって働かれました。こうしてわたしは、エルサレムからイリリコン州まで巡って、キリストの福音をあまねく宣べ伝え ました。

15:20 このようにキリストの名がまだ知られていない所で福音を告げ知らせようと、わたしは熱心に努めてきました。それは、他人の築いた土台の上に建てたりしない ためです。

15:21 「彼のことを告げられていなかった人々が見、/聞かなかった人々が悟るであろう」と書いてあるとおりです。

 

前田訳1978

15:14 わが兄弟たちよ、わたし自身あなた方が善に満ち、あらゆる知識にあふれて互いに忠告する力もあることを確信しています。

15:15 しかしわたしは時として思い切った形でこの手紙を書きました。これは神からわたしに賜わった恩恵によって記憶を新たにしてもらうためです。

15:16 その恩恵とは、わたしが異邦人のためにイエス・キリストに仕えるものとなり、神の福音のために祭司の役をつとめることでして、異邦人が聖霊によって聖めら れ、み心にかなうささげものになるためのものです。

15:17 それで、わたしはキリスト・イエスによって神に対しての誇りを持っています。

15:18 キリストがわたしを通じてはたらかれたことのほかには、わたしはあえて何もいいません。そのはたらきは、異邦人を従順にされるためであり、ことばやわざに より、

15:19 微や不思議の力により、聖霊の力によるものでした。そのおかげでエルサレムから、各地をめぐってイルリコまで、わたしはキリストの福音を満たしました。

15:20 このようにして、わたしは キリストのみ名のとなえられぬところで、福音を伝えることを名誉としました。それは他人の土台の上に建てないためで、

15:21 むしろ、「彼について知らなかった人々が彼を見、聞かなかった人々が語ろう」と聖書にあるとおりです。

 

新改訳1970

15:14 私の兄弟たちよ。あなたがた自身が善意にあふれ、すべての知恵に満たされ、また互いに訓戒し合うことができることを、この私は確信しています。

15:15 ただ私が所々、かなり大胆に書いたのは、あなたがたにもう一度思い起こしてもらうためでした。

15:16 それも私が、異邦人のためにキリスト・イエスの仕え人となるために、神から恵みをいただいているからです。私は神の福音をもって、祭司の務めを果たしてい ます。それは異邦人を、聖霊によって聖なるものとされた、神に受け入れられる供え物とするためです。

15:17 それで、神に仕えることに関して、私はキリスト・イエスにあって誇りを持っているのです。

15:18 私は、キリストが異邦人を従順にならせるため、この私を用いて成し遂げてくださったこと以外に、何かを話そうなどとはしません。キリストは、ことばと行な いにより、

15:19 また、しるしと不思議をなす力により、さらにまた、御霊の力によって、それを成し遂げてくださいました。その結果、私はエルサレムから始めて、ずっと回っ てイルリコに至るまで、キリストの福音をくまなく伝えました。

15:20 このように、私は、他人の土台の上に建てないように、キリストの御名がまだ語られていない所に福音を宣べ伝えることを切に求めたのです。

15:21 それは、こう書いてあるとおりです。「彼のことを伝えられなかった人々が見るようになり、聞いたことのなかった人々が悟るようになる。」

 

塚本訳1963

15:14 しかし、わたしの兄弟たちよ、(こんな訓戒がましいことを言うのは、あなた達のりっぱな信仰を知らないからではない。)このわたしはあなた達自身が善で一 ぱいであり、あらゆる知識に満たされており、互を訓戒し合うことも出来る者であることを、確信している。

15:15 ところが、(この手紙の)あちらこちらでだいぶ思い切って書いたのは、わたしが神から賜わった恩恵によって、(あなた達がすでに知っていることを)いま一 度思いおこしてもらうためである。

15:16 この恩恵とは、わたしが(神に選ばれて)異教人のためにキリスト・イエスにつかえる者になり、神の福音のために祭司の職をすることであって、こうして異教 人が聖霊によって聖別され、御心にかなう捧げ物になるようにしているのである。

15:17 だからわたしは誇りをもっているが、それは(ただ)キリスト・イエスにおいて、神(の福音)に関してのことである。

15:18 なぜなら、わたしは(これ以外)何も敢えて語らないからである、キリストがわたしを用いて異教人を(福音に)従順にするために、言葉や業をもって、

15:19 奇跡や不思議の力によって、聖霊の力によって、働かれたということでなければ。こうしてエルサレムから、各地をまわってイルリコまで、わたしはキリストの 福音(の伝道)を達成した。

15:20 ただしこの場合、キリストの御名がまだとなえられえていない所(だけ)で福音を伝えることを名誉とした。他人の(すえた)土台の上に(自分の事業を)建て ないためであって、

15:21 むしろ『彼について知らされなかった人たちは彼を見、聞かなかった人たちは悟るであろう。』と書いてあるとおり(に伝道したの)である。

 

口語訳1955

15:14 さて、わたしの兄弟たちよ。あなたがた自身が、善意にあふれ、あらゆる知恵に満たされ、そして互に訓戒し合う力のあることを、わたしは堅く信じている。

15:15 しかし、わたしはあなたがたの記憶を新たにするために、ところどころ、かなり思いきって書いた。それは、神からわたしに賜わった恵みによって、書いたので ある。

15:16 このように恵みを受けたのは、わたしが異邦人のためにキリスト・イエスに仕える者となり、神の福音のために祭司の役を勤め、こうして異邦人を、聖霊によっ てきよめられた、御旨にかなうささげ物とするためである。

15:17 だから、わたしは神への奉仕については、キリスト・イエスにあって誇りうるのである。

15:18 わたしは、異邦人を従順にするために、キリストがわたしを用いて、言葉とわざ、

15:19 しるしと不思議との力、聖霊の力によって、働かせて下さったことの外には、あえて何も語ろうとは思わない。こうして、わたしはエルサレムから始まり、巡り めぐってイルリコに至るまで、キリストの福音を満たしてきた。

15:20 その際、わたしの切に望んだところは、他人の土台の上に建てることをしないで、キリストの御名がまだ唱えられていない所に福音を宣べ伝えることであった。

15:21 すなわち、/「彼のことを宣べ伝えられていなかった人々が見、/聞いていなかった人々が悟るであろう」/と書いてあるとおりである。

 

文語訳1917

"451514"," わが兄弟よ、われは汝らが自ら善に滿ち、もろもろの知識に滿ちて互に訓戒し得ることを確く信ず。"

"451515"," されど我なほ汝らに憶ひ出させん爲に、ここかしこ少しく憚らずして書きたる所あり、これ神の我に賜ひたる恩惠に因る。"

"451516"," 即ち異邦人のためにキリスト・イエスの仕人となり、神の福音につきて祭司の職をなす。これ異邦人の聖靈によりて潔められ、御心に適ふ 獻物とならん爲なり。"

"451517"," されば、われ神の事につきては、キリスト・イエスによりて誇る所あり。"

"451518"," 我はキリストの異邦人を服はせん爲に我を用ひて、言と業と、"

"451519"," また徴と不思議との能力、および聖靈の能力にて働き給ひし事のほかは敢て語らず、エルサレムよりイルリコの地方に到るまで、偏くキリ ストの福音を充たせり。"

"451520"," 我は努めて他人の置ゑたる基礎のうへに建てじとて、未だキリストの御名の稱へられぬ所にのみ福音を宣傅へり。"

"451521","録して、『未だ彼のことを傳へられざりし者は見、いまだ聞かざりし者は悟るべし』、 とあるが如し。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新 共同 Tテサ2:2

2:2 無駄ではなかったどころか、知ってのとおり、わたしたちは以前フィリピで苦しめられ、辱められたけれども、わたしたちの神に勇気づけ られ、激しい苦闘の中であなたがたに神の福音を語ったのでした。

 

新 共同 ヘブ 2:17

2:17 それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようになら ねばならなかったのです。

 

新 共同 ロマ 16:26

16:26 その計画は今や現されて、永遠の神の命令のままに、預言者たちの書き物を通して、信仰による従順に導くため、すべての異邦人に知られ るようになりました。

 

新 共同 Uコリ12:12

12:12 わたしは使徒であることを、しるしや、不思議な業や、奇跡によって、忍耐強くあなたがたの間で実証しています。

 

新 共同 Tテサ1:5

1:5 わたしたちの福音があなたがたに伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、力と、聖霊と、強い確信とによったからです。わたしたちがあ なたがたのところで、どのようにあなたがたのために働いたかは、御承知のとおりです。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口 語訳 ガラ 5:22

5:22 しかし、御霊の実は、 愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、

 

口 語訳 ピリ 1:9

1:9 わたしはこう祈る。あなたがたの愛が、深い知識において、するどい感覚において、いよいよ増し加わり、

 

口 語訳 ロマ 1:5

1:5 わたしたちは、その御名のために、すべての異邦人を信仰の従順に至らせるようにと、彼によって恵みと使徒の務とを受けたのであり、

 

口 語訳 ロマ 12:3

12:3 わたしは、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりびとりに言う。思うべき限度を越えて思いあがることなく、むしろ、神が各 自に分け与えられた信仰の量りにしたがって、慎み深く思うべきである。

 

口 語訳 Uコリ5:18-20

5:18 しかし、すべてこれらの事は、神から出ている。神はキリストによって、わたしたちをご自分に和解させ、かつ和解の務をわたしたちに授 けて下さった。

5:19 すなわち、神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、その罪過の責任をこれに負わせることをしないで、わたしたちに和解の福音をゆ だねられたのである。

5:20 神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和 解を受けなさい。

 

口 語訳 ロマ 12:1-2

12:1 兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物 としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。

12:2 あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善で あって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。

 

口 語訳 ロマ 5:5

5:5 そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているから である。

 

口 語訳 ロマ 8:26-27

8:26 御霊もまた同じように、弱いわたしを助けて下さる。なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいかわからないが、御霊みずから、言葉にあ らわせない切なるうめきをもって、わたしたちのためにとりなして下さるからである。

8:27 そして、人の心を探り知るかたは、御霊の思うところがなんであるかを知っておられる。なぜなら、御霊は、聖徒のために、神の御旨にか なうとりなしをして下さるからである。

 

口 語訳 Tコリ6:19

6:19 あなたがたは知らないのか。自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のも のではないのである。

 

口 語訳 Tテサ5:23

5:23 どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全くきよめて下さるように。また、あなたがたの霊と心とからだとを完全に守って、わたしたち の主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのない者にして下さるように。

 

口 語訳 ロマ 11:23

11:23 しかし彼らも、不信仰を続けなければ、つがれるであろう。神には彼らを再びつぐ力がある。

 

口 語訳 Uコリ2:14-16

2:14 しかるに、神は感謝すべきかな。神はいつもわたしたちをキリストの凱旋に伴い行き、わたしたちをとおしてキリストを知る知識のかおり を、至る所に放って下さるのである。

2:15 わたしたちは、救われる者にとっても滅びる者にとっても、神に対するキリストのかおりである。

2:16 後者にとっては、死から死に至らせるかおりであり、前者にとっては、いのちからいのちに至らせるかおりである。いったい、このような 任務に、だれが耐え得ようか。

 

口 語訳 ガラ 6:14

6:14 しかし、わたし自身には、わたしたちの主イエス・キリストの十字架以外に、誇とするものは、断じてあってはならない。この十字架につ けられて、この世はわたしに対して死に、わたしもこの世に対して死んでしまったのである。

 

口 語訳 ガラ 2:8

2:8 (というのは、ペテロに働きかけて割礼の者への使徒の務につかせたかたは、わたしにも働きかけて、異邦人につかわして下さったからで ある)、

 

口 語訳 Uコリ10:4-5

10:4 わたしたちの戦いの武器は、肉のものではなく、神のためには要塞をも破壊するほどの力あるものである。わたしたちはさまざまな議論を 破り、

10:5 神の知恵に逆らって立てられたあらゆる障害物を打ちこわし、すべての思いをとりこにしてキリストに服従させ、

 

口 語訳 Tコリ12:4-11

12:4 霊の賜物は種々あるが、御霊は同じである。

12:5 務は種々あるが、主は同じである。

12:6 働きは種々あるが、すべてのものの中に働いてすべてのことをなさる神は、同じである。

12:7 各自が御霊の現れを賜わっているのは、全体の益になるためである。

12:8 すなわち、ある人には御霊によって知恵の言葉が与えられ、ほかの人には、同じ御霊によって知識の言、

12:9 またほかの人には、同じ御霊によって信仰、またほかの人には、一つの御霊によっていやしの賜物、

12:10 またほかの人には力あるわざ、またほかの人には預言、またほかの人には霊を見わける力、またほかの人には種々の異言、またほかの人に は異言を解く力が、与えられている。

12:11 すべてこれらのものは、一つの同じ御霊の働きであって、御霊は思いのままに、それらを各自に分け与えられるのである。

 

(日)新共同訳1987の引照

新 共同 エペ 5:9

5:9 ――光から、あらゆる善意と正義と真実とが生じるのです。――

 

新 共同 Uテサ1:11

1:11 このことのためにも、いつもあなたがたのために祈っています。どうか、わたしたちの神が、あなたがたを招きにふさわしいものとしてく ださり、また、その御力で、善を求めるあらゆる願いと信仰の働きを成就させてくださるように。

 

新 共同 Tコリ12:8

12:8 ある人には"霊"によって知恵の言葉、ある人には同じ"霊"によって知識の言葉が与えられ、

 

新 共同 エペ 1:8

1:8 神はこの恵みをわたしたちの上にあふれさせ、すべての知恵と理解とを与えて、

 

新 共同 ロマ 12:3

12:3 わたしに与えられた恵みによって、あなたがた一人一人に言います。自分を過大に評価してはなりません。むしろ、神が各自に分け与えて くださった信仰の度合いに応じて慎み深く評価すべきです。

 

新 共同 ロマ 11:13

11:13 では、あなたがた異邦人に言います。わたしは異邦人のための使徒であるので、自分の務めを光栄に思います。

 

新 共同 ロマ 1:1

1:1 キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロから、――

 

新 共同 ロマ 15:19

15:19 また、しるしや奇跡の力、神の霊の力によって働かれました。こうしてわたしは、エルサレムからイリリコン州まで巡って、キリストの福 音をあまねく宣べ伝えました。

 

新 共同 ロマ 12:1

12:1 こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさ い。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。

 

新 共同 エペ 5:2

5:2 キリストがわたしたちを愛して、御自分を香りのよい供え物、つまり、いけにえとしてわたしたちのために神に献げてくださったように、 あなたがたも愛によって歩みなさい。

 

新 共同 ピリ 2:17

2:17 更に、信仰に基づいてあなたがたがいけにえを献げ、礼拝を行う際に、たとえわたしの血が注がれるとしても、わたしは喜びます。あなた がた一同と共に喜びます。

 

新 共同 ヘブ 5:1

5:1 大祭司はすべて人間の中から選ばれ、罪のための供え物やいけにえを献げるよう、人々のために神に仕える職に任命されています。

 

新 共同 ピリ 3:3

3:3 彼らではなく、わたしたちこそ真の割礼を受けた者です。わたしたちは神の霊によって礼拝し、キリスト・イエスを誇りとし、肉に頼らな いからです。

 

新 共同 ロマ 1:5

1:5 わたしたちはこの方により、その御名を広めてすべての異邦人を信仰による従順へと導くために、恵みを受けて使徒とされました。

 

新 共同 ロマ 15:13

15:13 希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくだ さるように。

 

新 共同 Uコリ6:6

6:6 純真、知識、寛容、親切、聖霊、偽りのない愛、

 

新 共同 Uコリ10:14

10:14 わたしたちは、あなたがたのところまでは行かなかったかのように、限度を超えようとしているのではありません。実際、わたしたちはキ リストの福音を携えてだれよりも先にあなたがたのもとを訪れたのです。

 

新 共同 ロマ 1:15

1:15 それで、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を告げ知らせたいのです。

 

新 共同 Tコリ3:10

3:10 わたしは、神からいただいた恵みによって、熟練した建築家のように土台を据えました。そして、他の人がその上に家を建てています。た だ、おのおの、どのように建てるかに注意すべきです。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口 語訳 ロマ 1:9

1:9 わたしは、祈のたびごとに、絶えずあなたがたを覚え、いつかは御旨にかなって道が開かれ、どうにかして、あなたがたの所に行けるよう にと願っている。このことについて、わたしのためにあかしをして下さるのは、わたしが霊により、御子の福音を宣べ伝えて仕えている神 である。

 

口 語訳 ロマ 3:27

3:27 すると、どこにわたしたちの誇があるのか。全くない。なんの法則によってか。行いの法則によってか。そうではなく、信仰の法則によっ てである。

 

口 語訳 ロマ 1:5

1:5 わたしたちは、その御名のために、すべての異邦人を信仰の従順に至らせるようにと、彼によって恵みと使徒の務とを受けたのであり、

 

口 語訳 Uコリ12:12

12:12 わたしは、使徒たるの実を、しるしと奇跡と力あるわざとにより、忍耐をつくして、あなたがたの間であらわしてきた。

 

口 語訳 コロ 1:25

1:25 わたしは、神の言を告げひろめる務を、あなたがたのために神から与えられているが、そのために教会に奉仕する者になっているのであ る。

 

口 語訳 Uコリ10:15-16

10:15 わたしたちは限度をこえて、他人の働きを誇るようなことはしない。ただ、あなたがたの信仰が成長するにつれて、わたしたちの働きの範 囲があなたがたの中でますます大きくなることを望んでいる。

10:16 こうして、わたしたちはほかの人の地域ですでになされていることを誇ることはせずに、あなたがたを越えたさきざきにまで、福音を宣べ 伝えたい。

 

口 語訳 Tコリ3:10-11

3:10 神から賜わった恵みによって、わたしは熟練した建築師のように、土台をすえた。そして他の人がその上に家を建てるのである。しかし、 どういうふうに建てるか、それぞれ気をつけるがよい。

3:11 なぜなら、すでにすえられている土台以外のものをすえることは、だれにもできない。そして、この土台はイエス・キリストである。

 

****************************************

 

 

 

 

 

****************************************

ローマ 15:22−33

ローマ訪問の計画

 

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆ローマに立ち寄る計画

022こういうわけで、わたしは何度 も、あなた方の所に行こうとして、妨げられて行くことができませんでした。

023しかし、わたしには、今はもう この地方で働く場所がなく、イスパニアへ行く途中、あなた方の所にぜひ立ち寄りたいと何年も前から思っているのです。

024途中であなた方に会い、まず、 しばらくの間でも、ともにいる喜びを味わってから、イスパニアに向け旅立たせてもらいたいと考えています。

025しかし今は、エルサレムにいる 聖なる人々に仕えるためにそこに行きます。

026マケドニアとアカイアは、エル サレムにいる、聖なる人々のうちの貧しい人たちのために、寄付を分担することを喜んで決めたからです。

027彼らは喜んでそう決めたのです が、そうする義務もあるのです。異邦人はその人たちの霊的なものの分け前にあずかったのですから、物質的なものでその人たちに当然仕 えなければならないのです。

028それで、わたしはこのことをす ませ、募金の成果を彼らに間違いなく渡してから、あなた方の所に立ち寄り、イスパニアに行きます。

029わたしがあなた方のもとに赴く 時は、キリストの満ち溢れる祝福を持って行くことになると信じています。

030兄弟のみなさん、わたしたちの 主イエス・キリストにより、また霊の与えてくださる愛によってお願いします。どうか神に対してわたしのために祈り、わたしとともに 戦ってください。

031それは、わたしがユダヤの不信 仰の輩から救われ、エルサレムに対するわたしの奉仕が、聖なる人々に受け入れられるためです。

032こうしてわたしは、神のみ旨に よって喜びのうちにあなた方の所に行き、ともに憩うことになるでしょう。

033平和の神があなた方一同ととも に。アーメン。


 

岩波翻訳委員会訳1995

451522それゆえに、私はあなたがたのところに行くことを何度も妨げられてきた。

451523しかし今や、この地方においては、もはや〔働く〕余地がないので、そして他方であなたがたの ところに赴くことを長年熱望してきたので、

451524イスパニアへ私が行こうとする時に〔、そちらに立ち寄りたいと思う〕。〔ローマを〕通過する 時にあなたがたに会い、もしも〔私の願いが〕そこでまず部分的にでもあなたがたによって満たされるなら、〔イスパニアへと〕あなたが たに送りだしてもらうことを、私は希望しているからである。

451525しかし今は、聖徒たちに奉仕するために、私はエルサレムに行く。

451526マケドニア〔州〕とアカイア〔州の教会〕は、エルサレムの聖徒たちのうちの貧しい者たちへ何 らかの援助を行なうことを、喜んで〔決定〕したからである。

451527実際、彼らは喜んで〔その決定を〕したが、彼らはまた聖徒たちに負い目のある者でもある。な ぜならば、もしも異邦人たちが聖徒たちの霊的なものに与ったのだとするなら、異邦人たちは肉的なものにおいてもまた聖徒たちに仕える 負い目をもっているからである。

451528そこで私は、この募金を成し遂げたのちに、またその果実を聖徒たちに封印して渡したのちに、 あなたがた〔のところ〕を通過してイスパニアに赴くであろう。

451529あなたがたのところに行く時には、私はキリストの充ち満ちた祝福のうちにあって行くことであ ろう。そのことを、私は知っている。

451530さて、[兄弟たちよ]、私たちの主イエス・キリストをとおして、そして霊の愛をとおして、私 はあなたがたに懇願する。神に向けた、私のための祈りにおいて、私と共に力を会わせてほしい。

451531〔すなわち〕私がユダヤにいる不信の徒たちから救い出され、さらに私のエルサレムへの奉仕が 聖徒たちにとって快く受け容れられるものとなるように、

451532そして、神の意志によって、私が喜びのうちにあなたがたのところに行き、あなたがたと共に休 息することができるように。

451533平和の神があなたがたすべてと共に〔おられるように〕。アーメン。

 

新共同訳1987

15:22 こういうわけで、あなたがたのところに何度も行こうと思いながら、妨げられてきました。

15:23 しかし今は、もうこの地方に働く場所がなく、その上、何年も前からあなたがたのところに行きたいと切望していたので、

15:24 イスパニアに行くとき、訪ねたいと思います。途中であなたがたに会い、まず、しばらくの間でも、あなたがたと共にいる喜びを味わってから、イスパニアへ向 けて送り出してもらいたいのです。

15:25 しかし今は、聖なる者たちに仕えるためにエルサレムへ行きます。

15:26 マケドニア州とアカイア州の人々が、エルサレムの聖なる者たちの中の貧しい人々を援助することに喜んで同意したからです。

15:27 彼らは喜んで同意しましたが、実はそうする義務もあるのです。異邦人はその人たちの霊的なものにあずかったのですから、肉のもので彼らを助ける義務があり ます。

15:28 それで、わたしはこのことを済ませてから、つまり、募金の成果を確実に手渡した後、あなたがたのところを経てイスパニアに行きます。

15:29 そのときには、キリストの祝福をあふれるほど持って、あなたがたのところに行くことになると思っています。

15:30 兄弟たち、わたしたちの主イエス・キリストによって、また、“霊”が与えてくださる愛によってお願いします。どうか、わたしのために、わたしと一緒に神に 熱心に祈ってください、

15:31 わたしがユダヤにいる不信の者たちから守られ、エルサレムに対するわたしの奉仕が聖なる者たちに歓迎されるように、

15:32 こうして、神の御心によって喜びのうちにそちらへ行き、あなたがたのもとで憩うことができるように。

15:33 平和の源である神があなたがた一同と共におられるように、アーメン。

 

前田訳1978

15:22 このために、わたしはあなた方のところに行くことをたびたび妨げられていました

15:23 しかし今は、この地方にはたらき場所がなくなりました。すでに長年あなた方のところに行く熱望がありましたので、

15:24 イスパニアに行くときに行こうと思います。その道すがらあなた方にお会いし、あなた方によってまず幾分なりと心を満たされてから、あなた方にあそこまで送 られたいと望んでいます。

15:25 しかし今はエルサレムへ行って聖徒たちに仕えます。

15:26 マケドニアとアカイアとがエルサレムの貧しい聖徒たちのためにいくらか交わりの徴をすることに同意したからです。

15:27 同意したのは異邦人がエルサレムの人々に義務もあるからです。それは、異邦人が彼らの霊のものを共にしたのならば、肉のものをもって彼らに仕える義務があ るからです。

15:28 そこでわたしはここれを済ませて、彼らにこの実を確かに渡してから、あなた方のところを経てイスパニアへ行きましょう。

15:29 わたしは知っています、あなた方のところに行くときは、キリストの祝福に満ちて行くでしょうことを。

15:30 兄弟たちよ、われらの主イエス・キリストによって、また、霊の愛によって、お願いします。わがために神に祈ってわたしを助けてください。

15:31 ユダヤの不信の人々からわたしが守られ、エルサレムのためのわたしのこの努めが、聖徒たちによろこばれますように。

15:32 神のみ心により、よろこびをもってあなた方のところに行き、ともに休みえますように。

15:33 平和の神が皆さんとともにいましたもうように。ア−メン。

 

新改訳1970

15:22 そういうわけで、私は、あなたがたのところに行くのを幾度も妨げられましたが、

15:23 今は、もうこの地方には私の働くべき所がなくなりましたし、また、イスパニヤに行くばあいは、あなたがたのところに立ち寄ることを多年希望していましたの で、

15:24 ――というのは、途中あなたがたに会い、まず、しばらくの間あなたがたとともにいて心を満たされてから、あなたがたに送られ、そこへ行きたいと望んでいる からです。――

15:25 ですが、今は、聖徒たちに奉仕するためにエルサレムへ行こうとしています。

15:26 それは、マケドニヤとアカヤでは、喜んでエルサレムの聖徒たちの中の貧しい人たちのために醵金することにしたからです。

15:27 彼らは確かに喜んでそれをしたのですが、同時にまた、その人々に対してはその義務があるのです。異邦人は霊的なことでは、その人々からもらいものをしたの ですから、物質的な物をもって彼らに奉仕すべきです。

15:28 それで、私はこのことを済ませ、彼らにこの実を確かに渡してから、あなたがたのところを通ってイスパニヤに行くことにします。

15:29 あなたがたのところに行くときは、キリストの満ちあふれる祝福をもって行くことと信じています。

15:30 兄弟たち。私たちの主イエス・キリストによって、また、御霊の愛によって切にお願いします。私のために、私とともに力を尽くして神に祈ってください。

15:31 私がユダヤにいる不信仰な人々から救い出され、またエルサレムに対する私の奉仕が聖徒たちに受け入れられるものとなりますように。

15:32 その結果として、神のみこころにより、喜びをもってあなたがたのところへ行き、あなたがたの中で、ともにいこいを得ることができますように。

15:33 どうか、平和の神が、あなたがたすべてとともにいてくださいますように。アーメン。

 

塚本訳1963

15:22 この(ように、福音を伝えねばならない所がアジヤに残っていた)ため、わたしはまたあなた達の所に行くことを今までいつも妨げられていた。

15:23 しかし今は、もはやこの地方に(働く)場所がなくなり、すでに長年あなた達の所に行く熱望があったので、

15:24 (今度)イスパニヤに行くときに行こうと思う。(その途中ローマを)通過する際あなた達に会い、あなた達によってまず幾分でも(日ごろの願いが)満足させ られたのち、あそこまで見送ってもらいたいと望んでいるからである。

15:25 ──しかし今(その前に、)聖徒たちの世話をするためエルサレムにのぼって行くのだ。

15:26 それは、マケドニヤ(州)とアカヤ(州)と(の兄弟たち)が、エルサレムの貧しい聖徒たちのためにいささか交わりのしるし(の醵金)をすることに決心した (ので、持参せねばならない)からである。

15:27 ほんとうにこんな決心をしたのだが、異教人たちは彼ら(エルサレムの兄弟たち)に対して義務もある。なぜなら、異教人が彼らの霊的財産(の分配)にあず かった以上は、(当然)肉的財産をもって彼らにつかえねばならない。

15:28 そこでわたしはこの世話をすませ、彼らにこの実を確かにわたしたのち、あなた達のところを通ってイスパニヤへ行こう。

15:29 しかしあなた達の所に行くときは、キリストの満ちみちた祝福をもって行けるだろうと、わたしは信じている。

15:30 兄弟たちよ、わたし達の主イエス・キリストを指して、また御霊が注いでくださる愛を指して、あなた達に願う。どうかわたしのために神に祈って、わたしを助 けてもらいたい。

15:31 わたしがユダヤにいる信じようとしない人たちから守られ、エルサレムに対するわたしのこの務めが聖徒たちに喜ばれるように、

15:32 神の御心により喜びに満ちてあなた達の所に行き、一しょに休息することができるように。

15:33 平和の神があなた達一同と共においでになるように、アーメン。

 

口語訳1955

15:22 こういうわけで、わたしはあなたがたの所に行くことを、たびたび妨げられてきた。

15:23 しかし今では、この地方にはもはや働く余地がなく、かつイスパニヤに赴く場合、あなたがたの所に行くことを、多年、熱望していたので、――

15:24 その途中あなたがたに会い、まず幾分でもわたしの願いがあなたがたによって満たされたら、あなたがたに送られてそこへ行くことを、望んでいるのである。

15:25 しかし今の場合、聖徒たちに仕えるために、わたしはエルサレムに行こうとしている。

15:26 なぜなら、マケドニヤとアカヤとの人々は、エルサレムにおる聖徒の中の貧しい人々を援助することに賛成したからである。

15:27 たしかに、彼らは賛成した。しかし同時に、彼らはかの人々に負債がある。というのは、もし異邦人が彼らの霊の物にあずかったとすれば、肉の物をもって彼ら に仕えるのは、当然だからである。

15:28 そこでわたしは、この仕事を済ませて彼らにこの実を手渡した後、あなたがたの所をとおって、イスパニヤに行こうと思う。

15:29 そしてあなたがたの所に行く時には、キリストの満ちあふれる祝福をもって行くことと、信じている。

15:30 兄弟たちよ。わたしたちの主イエス・キリストにより、かつ御霊の愛によって、あなたがたにお願いする。どうか、共に力をつくして、わたしのために神に祈っ てほしい。

15:31 すなわち、わたしがユダヤにおる不信の徒から救われ、そしてエルサレムに対するわたしの奉仕が聖徒たちに受けいれられるものとなるように、

15:32 また、神の御旨により、喜びをもってあなたがたの所に行き、共になぐさめ合うことができるように祈ってもらいたい。

15:33 どうか、平和の神があなたがた一同と共にいますように、アァメン。

 

文語訳1917

"451522"," この故に、われ汝らに往かんとせしが、しばしば妨げられたり。"

"451523"," されど今は此の地方に働くべき處なく、且なんぢらに往かんことを多年切に望みゐたれば、"

"451524"," イスパニヤに赴かんとき立寄りて汝らを見、ほぼ意に滿つるを得てのち汝らに送られアとを望むなり。"

"451525"," されど今、聖徒に事へん爲にエルサレムに往かんとす。"

"451526"," マケドニアとアカヤとの人々は、エルサレムに在る聖徒の貧しき者に幾許かの施與をするを善しとせり。"

"451527"," 實に之を善しとせり、また聖徒に對して斯くする負債あり。異邦人もし彼らの靈の物に與りたらんには、肉の物をもて彼らに事ふべきな り。"

"451528"," されば此の事を成し了へ、この果を付してのち、汝らを歴てイスパニヤに往かん。"

"451529"," われ汝らに到るときは、キリストの滿ち足れる祝福をもて到らんことを知る。"

"451530"," 兄弟よ、我らの主イエス・キリストにより、また御靈の愛によりて汝らに勸む、なんぢらの祈のうちに、我とともに力を盡して我がために 神に祈れ。"

"451531"," これユダヤにをる從はぬ者の中より我が救はれ、又エルサレムに對する我が務めの聖徒の心に適ひ、"

"451532"," かつ神の御意により、歡喜をもて汝等にいたり、共に安んぜん爲なり。"

"451533"," 願くは平和の神なんぢら衆と偕に在さんことを、アァメン。"

 

****************************************

各国聖書引照編集

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新 共同 ロマ 1:10-11

1:10 何とかしていつかは神の御心によってあなたがたのところへ行ける機会があるように、願っています。

1:11 あなたがたにぜひ会いたいのは、"霊"の賜物をいくらかでも分け与えて、力になりたいからです。

 

新 共同 使  11:29

11:29 そこで、弟子たちはそれぞれの力に応じて、ユダヤに住む兄弟たちに援助の品を送ることに決めた。

 

新 共同 Uコリ8:4

8:4 聖なる者たちを助けるための慈善の業と奉仕に参加させてほしいと、しきりにわたしたちに願い出たのでした。

 

新 共同 使  18:21

18:21 「神の御心ならば、また戻って来ます」と言って別れを告げ、エフェソから船出した。

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口 語訳 Tテサ2:17-18

2:17 兄弟たちよ。わたしたちは、しばらくの間、あなたがたから引き離されていたので――心においてではなく、からだだけではあるが――な おさら、あなたがたの顔を見たいと切にこいねがった。

2:18 だから、わたしたちは、あなたがたの所に行こうとした。ことに、このパウロは、一再ならず行こうとしたのである。それだのに、わたし たちはサタンに妨げられた。

 

口 語訳 Uコリ8:1

8:1 兄弟たちよ。わたしたちはここで、マケドニヤの諸教会に与えられた神の恵みを、あなたがたに知らせよう。

 

口 語訳 Tコリ9:11

9:11 もしわたしたちが、あなたがたのために霊のものをまいたのなら、肉のものをあなたがたから刈りとるのは、行き過ぎだろうか。

 

口 語訳 ガラ 6:6

6:6 御言を教えてもらう人は、教える人と、すべて良いものを分け合いなさい。

 

口 語訳 ピリ 4:17

4:17 わたしは、贈り物を求めているのではない。わたしの求めているのは、あなたがたの勘定をふやしていく果実なのである。

 

口 語訳 ロマ 12:1

12:1 兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物 としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。

 

口 語訳 Uコリ12:10

12:10 だから、わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこ そ、わたしは強いからである。

 

口 語訳 ガラ 5:22

5:22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、

 

口 語訳 ピリ 2:1

2:1 そこで、あなたがたに、キリストによる勧め、愛の励まし、御霊の交わり、熱愛とあわれみとが、いくらかでもあるなら、

 

口 語訳 Uコリ1:11

1:11 そして、あなたがたもまた祈をもって、ともどもに、わたしたちを助けてくれるであろう。これは多くの人々の願いによりわたしたちに賜 わった恵みについて、多くの人が感謝をささげるようになるためである。

 

口 語訳 ロマ 1:10-13

1:10 (9節に合節)

1:11 わたしは、あなたがたに会うことを熱望している。あなたがたに霊の賜物を幾分でも分け与えて、力づけたいからである。

1:12 それは、あなたがたの中にいて、あなたがたとわたしとのお互の信仰によって、共に励まし合うためにほかならない。

1:13 兄弟たちよ。このことを知らずにいてもらいたくない。わたしはほかの異邦人の間で得たように、あなたがたの間でも幾分かの実を得るた めに、あなたがたの所に行こうとしばしば企てたが、今まで妨げられてきた。

 

口 語訳 Tコリ4:19

4:19 しかし主のみこころであれば、わたしはすぐにでもあなたがたの所に行って、高ぶっている者たちの言葉ではなく、その力を見せてもらお う。

 

口 語訳 Tコリ14:33

14:33 神は無秩序の神ではなく、平和の神である。聖徒たちのすべての教会で行われているように、

 

口 語訳 Uコリ5:19-20

5:19 すなわち、神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、その罪過の責任をこれに負わせることをしないで、わたしたちに和解の福音をゆ だねられたのである。

5:20 神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和 解を受けなさい。

 

口 語訳 Uコリ13:11

13:11 最後に、兄弟たちよ。いつも喜びなさい。全き者となりなさい。互に励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和に過ごしなさい。そ うすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいて下さるであろう。

 

口 語訳 ピリ 4:7-9

4:7 そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろ う。

4:8 最後に、兄弟たちよ。すべて真実なこと、すべて尊ぶべきこと、すべて正しいこと、すべて純真なこと、すべて愛すべきこと、すべてほま れあること、また徳といわれるもの、称賛に値するものがあれば、それらのものを心にとめなさい。

4:9 あなたがたが、わたしから学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことは、これを実行しなさい。そうすれば、平和の神が、あなたが たと共にいますであろう。

 

口 語訳 Tテサ5:23

5:23 どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全くきよめて下さるように。また、あなたがたの霊と心とからだとを完全に守って、わたしたち の主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのない者にして下さるように。

 

口 語訳 Uコリ13:13

13:13 主イエス・キリストの恵みと、神の愛と、聖霊の交わりとが、あなたがた一同と共にあるように。

 

(日)新共同訳1987の引照

新 共同 ロマ 1:13

1:13 兄弟たち、ぜひ知ってもらいたい。ほかの異邦人のところと同じく、あなたがたのところでも何か実りを得たいと望んで、何回もそちらに 行こうと企てながら、今日まで妨げられているのです。

 

新 共同 Tテサ2:18

2:18 だから、そちらへ行こうと思いました。殊に、わたしパウロは一度ならず行こうとしたのですが、サタンによって妨げられました。

 

新 共同 ロマ 1:10-11

1:10 何とかしていつかは神の御心によってあなたがたのところへ行ける機会があるように、願っています。

1:11 あなたがたにぜひ会いたいのは、"霊"の賜物をいくらかでも分け与えて、力になりたいからです。

 

新 共同 ロマ 15:29

15:29 そのときには、キリストの祝福をあふれるほど持って、あなたがたのところに行くことになると思っています。

 

新 共同 ロマ 15:32

15:32 こうして、神の御心によって喜びのうちにそちらへ行き、あなたがたのもとで憩うことができるように。

 

新 共同 ロマ 15:24

15:24 イスパニアに行くとき、訪ねたいと思います。途中であなたがたに会い、まず、しばらくの間でも、あなたがたと共にいる喜びを味わって から、イスパニアへ向けて送り出してもらいたいのです。

 

新 共同 ロマ 15:28

15:28 それで、わたしはこのことを済ませてから、つまり、募金の成果を確実に手渡した後、あなたがたのところを経てイスパニアに行きます。

 

新 共同 ロマ 15:31

15:31 わたしがユダヤにいる不信の者たちから守られ、エルサレムに対するわたしの奉仕が聖なる者たちに歓迎されるように、

 

新 共同 ヘブ 6:10

6:10 神は不義な方ではないので、あなたがたの働きや、あなたがたが聖なる者たちに以前も今も仕えることによって、神の名のために示したあ の愛をお忘れになるようなことはありません。

 

新 共同 Tコリ16:1-5

16:1 聖なる者たちのための募金については、わたしがガラテヤの諸教会に指示したように、あなたがたも実行しなさい。

16:2 わたしがそちらに着いてから初めて募金が行われることのないように、週の初めの日にはいつも、各自収入に応じて、幾らかずつでも手も とに取って置きなさい。

16:3 そちらに着いたら、あなたがたから承認された人たちに手紙を持たせて、その贈り物を届けにエルサレムに行かせましょう。

16:4 わたしも行く方がよければ、その人たちはわたしと一緒に行くことになるでしょう。

◆ 旅行の計画

16:5 わたしは、マケドニア経由でそちらへ行きます。マケドニア州を通りますから、

 

新 共同 Uコリ1:16

1:16 そして、そちらを経由してマケドニア州に赴き、マケドニア州から再びそちらに戻って、ユダヤへ送り出してもらおうと考えたのでした。

 

新 共同 Uコリ2:13

2:13 兄弟テトスに会えなかったので、不安の心を抱いたまま人々に別れを告げて、マケドニア州に出発しました。

 

新 共同 Uコリ7:5

7:5 マケドニア州に着いたとき、わたしたちの身には全く安らぎがなく、ことごとに苦しんでいました。外には戦い、内には恐れがあったので す。

 

新 共同 Uコリ8:1

8:1 兄弟たち、マケドニア州の諸教会に与えられた神の恵みについて知らせましょう。

 

新 共同 Uコリ9:2-4

9:2 わたしはあなたがたの熱意を知っているので、アカイア州では去年から準備ができていると言って、マケドニア州の人々にあなたがたのこ とを誇りました。あなたがたの熱意は多くの人々を奮い立たせたのです。

9:3 わたしが兄弟たちを派遣するのは、あなたがたのことでわたしたちが抱いている誇りが、この点で無意味なものにならないためです。ま た、わたしが言ったとおり用意していてもらいたいためです。

9:4 そうでないと、マケドニア州の人々がわたしと共に行って、まだ用意のできていないのを見たら、あなたがたはもちろん、わたしたちも、 このように確信しているだけに、恥をかくことになりかねないからです。

 

新 共同 Uコリ11:9

11:9 あなたがたのもとで生活に不自由したとき、だれにも負担をかけませんでした。マケドニア州から来た兄弟たちが、わたしの必要を満たし てくれたからです。そして、わたしは何事においてもあなたがたに負担をかけないようにしてきたし、これからもそうするつもりです。

 

新 共同 ピリ 4:15

4:15 フィリピの人たち、あなたがたも知っているとおり、わたしが福音の宣教の初めにマケドニア州を出たとき、もののやり取りでわたしの働 きに参加した教会はあなたがたのほかに一つもありませんでした。

 

新 共同 Tテサ1:7-8

1:7 マケドニア州とアカイア州にいるすべての信者の模範となるに至ったのです。

1:8 主の言葉があなたがたのところから出て、マケドニア州やアカイア州に響き渡ったばかりでなく、神に対するあなたがたの信仰が至るとこ ろで伝えられているので、何も付け加えて言う必要はないほどです。

 

新 共同 Tテサ4:10

4:10 現にあなたがたは、マケドニア州全土に住むすべての兄弟に、それを実行しています。しかし、兄弟たち、なおいっそう励むように勧めま す。

 

新 共同 Tコリ9:11

9:11 わたしたちがあなたがたに霊的なものを蒔いたのなら、あなたがたから肉のものを刈り取ることは、行き過ぎでしょうか。

 

新 共同 ロマ 15:23

15:23 しかし今は、もうこの地方に働く場所がなく、その上、何年も前からあなたがたのところに行きたいと切望していたので、

 

新 共同 ガラ 5:22

5:22 これに対して、霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、

 

新 共同 コロ 1:8

1:8 また、"霊"に基づくあなたがたの愛を知らせてくれた人です。

 

新 共同 Uコリ1:11

1:11 あなたがたも祈りで援助してください。そうすれば、多くの人のお陰でわたしたちに与えられた恵みについて、多くの人々がわたしたちの ために感謝をささげてくれるようになるのです。

 

新 共同 コロ 4:12

4:12 あなたがたの一人、キリスト・イエスの僕エパフラスが、あなたがたによろしくと言っています。彼は、あなたがたが完全な者となり、神 の御心をすべて確信しているようにと、いつもあなたがたのために熱心に祈っています。

 

新 共同 Uコリ1:10

1:10 神は、これほど大きな死の危険からわたしたちを救ってくださったし、また救ってくださることでしょう。これからも救ってくださるにち がいないと、わたしたちは神に希望をかけています。

 

新 共同 Uテサ3:2

3:2 また、わたしたちが道に外れた悪人どもから逃れられるように、と祈ってください。すべての人に、信仰があるわけではないのです。

 

新 共同 Uテモ3:11

3:11 アンティオキア、イコニオン、リストラでわたしにふりかかったような迫害と苦難をもいといませんでした。そのような迫害にわたしは耐 えました。そして、主がそのすべてからわたしを救い出してくださったのです。

 

新 共同 Uテモ4:17

4:17 しかし、わたしを通して福音があまねく宣べ伝えられ、すべての民族がそれを聞くようになるために、主はわたしのそばにいて、力づけて くださいました。そして、わたしは獅子の口から救われました。

 

新 共同 ロマ 15:25-26

15:25 しかし今は、聖なる者たちに仕えるためにエルサレムへ行きます。

15:26 マケドニア州とアカイア州の人々が、エルサレムの聖なる者たちの中の貧しい人々を援助することに喜んで同意したからです。

 

新 共同 Uコリ8:4

8:4 聖なる者たちを助けるための慈善の業と奉仕に参加させてほしいと、しきりにわたしたちに願い出たのでした。

 

新 共同 Uコリ9:1

9:1 聖なる者たちへの奉仕について、これ以上書く必要はありません。

 

新 共同 Uコリ9:12

9:12 なぜなら、この奉仕の働きは、聖なる者たちの不足しているものを補うばかりでなく、神に対する多くの感謝を通してますます盛んになる からです。

 

新 共同 ロマ 16:20

16:20 平和の源である神は間もなく、サタンをあなたがたの足の下で打ち砕かれるでしょう。わたしたちの主イエスの恵みが、あなたがたと共に あるように。

 

新 共同 Uコリ13:11

13:11 終わりに、兄弟たち、喜びなさい。完全な者になりなさい。励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、 愛と平和の神があなたがたと共にいてくださいます。

 

新 共同 ピリ 4:9

4:9 わたしから学んだこと、受けたこと、わたしについて聞いたこと、見たことを実行しなさい。そうすれば、平和の神はあなたがたと共にお られます。

 

新 共同 Tテサ5:23

5:23 どうか、平和の神御自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。また、あなたがたの霊も魂も体も何一つ欠けたところ のないものとして守り、わたしたちの主イエス・キリストの来られるとき、非のうちどころのないものとしてくださいますように。

 

新 共同 Uテサ3:16

3:16 どうか、平和の主御自身が、いついかなる場合にも、あなたがたに平和をお与えくださるように。主があなたがた一同と共におられるよう に。

 

新 共同 ヘブ 13:20

13:20 永遠の契約の血による羊の大牧者、わたしたちの主イエスを、死者の中から引き上げられた平和の神が、

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口 語訳 ロマ 1:10-11

1:10 (9節に合節)

1:11 わたしは、あなたがたに会うことを熱望している。あなたがたに霊の賜物を幾分でも分け与えて、力づけたいからである。

 

口 語訳 ロマ 12:13

12:13 貧しい聖徒を助け、努めて旅人をもてなしなさい。

 

口 語訳 Tコリ16:1

16:1 聖徒たちへの献金については、わたしはガラテヤの諸教会に命じておいたが、あなたがたもそのとおりにしなさい。

 

口 語訳 ロマ 11:17-18

11:17 しかし、もしある枝が切り去られて、野生のオリブであるあなたがそれにつがれ、オリブの根の豊かな養分にあずかっているとすれば、

11:18 あなたはその枝に対して誇ってはならない。たとえ誇るとしても、あなたが根をささえているのではなく、根があなたをささえているので ある。

 

口 語訳 Tコリ9:11

9:11 もしわたしたちが、あなたがたのために霊のものをまいたのなら、肉のものをあなたがたから刈りとるのは、行き過ぎだろうか。

 

口 語訳 ガラ 6:6

6:6 御言を教えてもらう人は、教える人と、すべて良いものを分け合いなさい。

 

口 語訳 ロマ 8:27

8:27 そして、人の心を探り知るかたは、御霊の思うところがなんであるかを知っておられる。なぜなら、御霊は、聖徒のために、神の御旨にか なうとりなしをして下さるからである。

 

口 語訳 コロ 4:12

4:12 あなたがたのうちのひとり、キリスト・イエスの僕エパフラスから、よろしく。彼はいつも、祈のうちであなたがたを覚え、あなたがたが 全き人となり、神の御旨をことごとく確信して立つようにと、熱心に祈っている。

 

****************************************