****************************************

ゼカリヤ書 12:1−9   

国々の崩壊

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
ゼカリヤ書 12

フランシスコ訳聖書 Zec <12>章 聖書本文

◆三 約 束(12-14章)

1 エルサレムの救いと清め(121-139

◆国々の崩壊

001託宣。イスラエルに対する主の 言葉。天を張り巡らし、地の基を据え、人の霊をその内に造られた主の言葉。

002「見よ、わたしはエルサレム を、その周りのすべての民をよろめかす杯とする。エルサレムが包囲されるとき、ユダも同様になる。

003その日、わたしはエルサレムを すべての民にとって重い石とする。これを持ち上げようとする者はみな、深い傷を負う。地上のすべての国々は集まり、エルサレムに立ち 向かう。

004その日には――主の言葉――わたしはすべ ての馬をうろたえさせ、その乗り手を錯乱させる。しかし、わたしはユダの家の上に目を開いて、国々の馬をすべて失明させる。

005ユダの指導者たちは心の中で言 う、『エルサレムの住民は彼らの神、万軍の主によって力を得る』。

006その日、わたしはユダの指導者 たちを薪の中の燃え盛る壺、麦束の中の燃え盛る松明のようにする。彼らは右に左に、周りにあるすべての民を焼き尽くす。こうしてエル サレムは、その場所、エルサレムにそのまま留まる。

007主はまず初めにユダの天幕を救 われる。それはダビデの家の栄光とエルサレムの住民の栄光がユダ以上に大きくならないためである。

008その日、主はエルサレムの住民 を守られる。その日、彼らの中で最も弱い者もダビデのようになり、ダビデの家は神のように、彼らに先立つ主の使いのようになる。

009その日、わたしはエルサレムに 攻めてくるすべての国々を必ず滅ぼす」。


 

新共同訳1987

12:1 託宣。イスラエルに対する主の言葉。天を広げ、地の基を置き、人の霊をその内に造られる主は言われる。

12:2 見よ、わたしはエルサレムを、周囲のすべての民を酔わせる杯とする。エルサレムと同様、ユダにも包囲の陣が敷かれる。

12:3 その日、わたしはエルサレムをあらゆる民にとって重い石とする。それを持ち上げようとする者は皆、深い傷を負う。地のあらゆる国々が集まり、エルサレムに 立ち向かう。

12:4 その日には、と主は言われる。わたしは打って出て、馬をすべてうろたえさせ、馬に乗る者をすべて狂わせる。わたしはユダの上に目を開いて、諸国の馬をこと ごとく撃ち、目を見えなくさせる。

12:5 ユダの諸族は心に言う。「エルサレムの住民は、彼らの神、万軍の主のゆえに、わたしの力だ。」

12:6 その日、わたしはユダの諸族を薪で火を噴く鉢のように、麦束で燃え上がる松明のようにする。それは左右に燃え移って、周りのあらゆる民を焼き尽くす。エル サレムは、今そこにある場所、エルサレムになおとどまり続ける。

12:7 主はまずユダの天幕を救われる。それはダビデの家の誉れとエルサレムの住民の誉れが、ユダに対して大きくなりすぎないようにするためである。

12:8 その日、主はエルサレムの住民のために盾となられる。その日、彼らの中で最も弱い者もダビデのようになり、ダビデの家は彼らにとって神のように、彼らに先 立つ主の御使いのようになる。

12:9 その日、わたしはエルサレムに攻めて来るあらゆる国を必ず滅ぼす。

 

新改訳1970

12:1 宣告。イスラエルについての主のことば。――天を張り、地の基を定め、人の霊をその中に造られた方、主の御告げ。――

12:2 見よ。わたしはエルサレムを、その回りのすべての国々の民をよろめかす杯とする。ユダについてもそうなる。エルサレムの包囲されるときに。

12:3 その日、わたしはエルサレムを、すべての国々の民にとって重い石とする。すべてそれをかつぐ者は、ひどく傷を受ける。地のすべての国々は、それに向かって 集まって来よう。

12:4 その日、――主の御告げ。――わたしは、すべての馬を打って驚かせ、その乗り手を打って狂わせる。しかし、わたしは、ユダの家の上に目を開き、国々の民の すべての馬を打って盲にする。

12:5 ユダの首長たちは心の中で言おう。エルサレムの住民の力は彼らの神、万軍の主にある、と。

12:6 その日、わたしは、ユダの首長たちを、たきぎの中にある火鉢のようにし、麦束の中にある燃えているたいまつのようにする。彼らは右も左も、回りのすべての 国々の民を焼き尽くす。しかし、エルサレムは、エルサレムのもとの所にそのまま残る。

12:7 主は初めに、ユダの天幕を救われる。それは、ダビデの家の栄えと、エルサレムの住民の栄えとが、ユダ以上に大きくならないためである。

12:8 その日、主は、エルサレムの住民をかばわれる。その日、彼らのうちのよろめき倒れた者もダビデのようになり、ダビデの家は神のようになり、彼らの先頭に立 つ主の使いのようになる。

12:9 その日、わたしは、エルサレムに攻めて来るすべての国々を捜して滅ぼそう。

 

口語訳1955

12:1 託宣/イスラエルについての主の言葉。すなわち天をのべ、地の基をすえ、人の霊をその中に造られた主は、こう仰せられる、

12:2 「見よ、わたしはエルサレムを、その周囲にあるすべての民をよろめかす杯にしようとしている。これはエルサレムの攻め囲まれる時、ユダにも及ぶ。

12:3 その日には、わたしはエルサレムをすべての民に対して重い石とする。これを持ちあげる者はみな大傷を受ける。地の国々の民は皆集まって、これを攻める。

12:4 主は言われる、その日には、わたしはすべての馬を撃って驚かせ、その乗り手を撃って狂わせる。しかし、もろもろの民の馬を、ことごとく撃って、目をくらま せるとき、ユダの家に対しては、わたしの目を開く。

12:5 その時ユダの諸族は、その心の中に『エルサレムの住民は、その神、万軍の主によって力強くなった』と言う。

12:6 その日には、わたしはユダの諸族を、たきぎの中の火皿のようにし、麦束の中のたいまつのようにする。彼らは右に左に、その周囲にあるすべての民を、焼き滅 ぼす。しかしエルサレムはなお、そのもとの所、すなわちエルサレムで、人の住む所となる。

12:7 主はまずユダの幕屋を救われる。これはダビデの家の光栄と、エルサレムの住民の光栄とが、ユダの光栄にまさることのないようにするためである。

12:8 その日、主はエルサレムの住民を守られる。彼らの中の弱い者も、その日には、ダビデのようになる。またダビデの家は神のように、彼らに先だつ主の使のよう になる。

12:9 その日には、わたしはエルサレムに攻めて来る国民を、ことごとく滅ぼそうと努める。


文語訳1917
12:1 イスラエルにかかはるヱホバの言詞の重負 ヱホバ即ち天を舒べ地の基を置ゑ人のうちの靈魂を造る者言たまふ
12:2 視よ我ヱルサレムをしてその周圍の國民を蹌踉はする杯とならしむべしヱルサレムの攻圍まるる時是はユダにも及ばん
12:3 其日には我ヱルサレムをして諸の國民に對ひて重石とならしむべし之を持擧る者は大傷を受ん地上の諸國みな集りて之に攻寄べし
12:4 ヱホバ言たまふ當日には我一切の馬を撃て駭かせその騎手を撃て狂はせん而して我ユダの家の上に我目を開き諸の國民の馬を撃て盲になすべし
12:5 ユダの牧伯等その心の中に謂んヱルサレムの居民はその神萬軍のヱホバに由て我力となるべしと
12:6 當日には我ユダの牧伯等をして薪の下にある火盤のごとく麥束の下にある炬火のごとくならしむべし彼等は右左にむかひその周圍の國民を盡く焚んヱルサレム人 はなほヱルサレムにてその本の處に居ことを得べし
12:7 ヱホバまづユダの幕屋を救ひたまはん是ダビデの家の榮およびヱルサレムの居民の榮のユダに勝ること無らんためたり
12:8 當日ヱホバ、ヱルサレムの居民を護りたまはん彼らの中の弱き者もその日にはダビデのごとくなるべしまたダビデの家は神のごとく彼らに先だつヱホバの使のご とくなるべし
12:9 その日には我ヱルサレムに攻きたる國民をことごとく滅すことを務むべし

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 マタ 21:44

21:44 またその石の上に落ちる者は打ち砕かれ、それがだれかの上に落ちかかるなら、その人はこなみじんにされるであろう」。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 ヘブ 1:10-12

1:10 さらに、/「主よ、あなたは初めに、地の基をおすえになった。もろもろの天も、み手のわざである。

1:11 これらのものは滅びてしまうが、/あなたは、いつまでもいますかたである。すべてのものは衣のように古び、

1:12 それらをあなたは、外套のように巻かれる。これらのものは、衣のように変るが、/あなたは、いつも変ることがなく、/あなたのよわい は、尽きることがない」/とも言われている。

 

口 語訳 ヘブ 12:9

12:9 その上、肉親の父はわたしたちを訓練するのに、なお彼をうやまうとすれば、なおさら、わたしたちは、たましいの父に服従して、真に生 きるべきではないか。

 

口 語訳 マタ 21:44

21:44 またその石の上に落ちる者は打ち砕かれ、それがだれかの上に落ちかかるなら、その人はこなみじんにされるであろう」。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

 

・・・・

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 黙  20:9

20:9 彼らは地上の広い場所に攻め上って行って、聖なる者たちの陣営と、愛された都とを囲んだ。すると、天から火が下って来て、彼らを焼き尽くした。

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 マタ 21:44

21:44 この石の上に落ちる者は打ち砕かれ、この石がだれかの上に落ちれば、その人は押しつぶされてしまう。」

 

****************************************

 

 

 

 

****************************************

ゼカリヤ書 12:10−13:6 

エルサレムの嘆きと刷新

 

翻訳比較


フランシスコ会訳2013
◆エルサレムの嘆きと刷新

010「わたしはダビデの家とエルサ レムの住民の上に憐れみと祈りの霊を注ぐ。彼ら自らが刺し貫いた者であるわたしを仰ぎ見、ひとり子のために嘆くように、彼のために嘆 き、初子のために泣くように、彼のために激しく泣く。

011その日、エルサレムの嘆きはメ ギドの平野のハダド・リモンの嘆きのように大きくなるであろう。

012この地は氏族ごとに別れて嘆 く。ダビデの家の氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。ナタンの家の氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。

013レビの家の氏族は別れて嘆き、 その妻たちも別れて嘆く。シムイの氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。

014残りのすべての氏族も別れて嘆 き、その妻たちも別れて嘆く。

 

ゼカリヤ書 13

フランシスコ訳聖書 Zec <13>章 聖書本文

◆エルサレムの嘆きと刷新

001その日、ダビデの家とエルサレ ムの住民のために、罪と汚れを清める一つの泉が湧き出る。

002その日――万軍の主の言葉――わたし は偶像の名をこの地から取り除く。人はその名を二度と思い起こすことはない。わたしはまた、その預言者たちと汚れた霊をこの地から追 い払う。

003それでもなお誰かが預言するな ら、その生みの親である父と母は彼に向かって、『お前は主の名によって偽りを告げたのだから生きていてはならない』と言う。そしてそ の生みの親である父と母は彼が預言しているとき、彼を刺し殺すであろう。

004その日、預言者たちはそれぞれ 自分の見た幻を恥じ入り、もう人を欺くための毛衣を着なくなる。

005そして言う、『わたしは預言者 ではない。土を耕す者だ。わたしは若い時から土地を所有している』。

006誰かが彼に、『お前の胸の傷は どうしたのか』と問うと、彼は『これはわたしの友人の家で受けた傷だ』と答えるであろう」。

わたしの民、わたしの神


 

新共同訳1987

12:10 わたしはダビデの家とエルサレムの住民に、憐れみと祈りの霊を注ぐ。彼らは、彼ら自らが刺し貫いた者であるわたしを見つめ、独り子を失ったように嘆き、初 子の死を悲しむように悲しむ。

12:11 その日、エルサレムにはメギド平野におけるハダド・リモンの嘆きのように大きな嘆きが起こる。

12:12 大地は嘆く。各氏族は各氏族だけで、ダビデの家の氏族はその氏族だけで、その女たちは女たちだけで、ナタンの家の氏族はその氏族だけで、その女たちは女た ちだけで、

12:13 レビの家の氏族はその氏族だけで、その女たちは女たちだけで、シムイの氏族はその氏族だけで、その女たちは女たちだけで、

12:14 その他の氏族はそれぞれの氏族だけで、その女たちは女たちだけで嘆く。

13:1 その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れを洗い清める一つの泉が開かれる。

13:2 その日が来る、と万軍の主は言われる。わたしは数々の偶像の名をこの地から取り除く。その名が再び唱えられることはない。また預言者たちをも、汚れた霊を も、わたしはこの地から追い払う。

13:3 それでもなお預言する者がいれば、彼はその生みの親である父からも母からも、「主の御名において偽りを告げたのだから、お前は生きていてはならない」と言 われ、その預言のゆえに生みの親である父と母によって刺し貫かれる。

13:4 その日、預言者たちは皆、預言をしても自分の幻のゆえに恥を受け、欺くための毛皮の外套を着るのをやめ、

13:5 「わたしは預言者ではない、土を耕す者だ。わたしは若いときから土地を所有している」と言う。

13:6 また、「あなたの胸にあるこの傷はどうしたのか」と問われると、「それは友人の家で受けたものだ」と答えるであろう。

 

新改訳1970

12:10 わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと哀願の霊を注ぐ。彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見、ひとり子を失って嘆くように、 その者のために嘆き、初子を失って激しく泣くように、その者のために激しく泣く。

12:11 その日、エルサレムでの嘆きは、メギドの平地のハダデ・リモンのための嘆きのように大きいであろう。

12:12 この地はあの氏族もこの氏族もひとり嘆く。ダビデの家の氏族はひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。ナタンの家の氏族はひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆 く。

12:13 レビの家の氏族はひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。シムイの氏族はひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。

12:14 残りのすべての氏族はあの氏族もこの氏族もひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。

13:1 その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れをきよめる一つの泉が開かれる。

13:2 その日、――万軍の主の御告げ。――わたしは、偶像の名をこの国から断ち滅ぼす。その名はもう覚えられない。わたしはまた、その預言者たちと汚れの霊をこ の国から除く。

13:3 なお預言する者があれば、彼を生んだ父と母とが彼に向かって言うであろう。「あなたは生きていてはならない。主の名を使ってうそを告げたから。」と。彼を 生んだ父と母が、彼の預言しているときに、彼を刺し殺そう。

13:4 その日、その預言者たちはみな、預言するときに見るその幻で恥を見よう。彼らはもう人を欺くための毛衣を着なくなる。

13:5 また、彼は、「私は預言者ではない。私は土地を耕す者だ。若い時から土地を持っている。」と言う。

13:6 だれかが彼に、「あなたの両腕の間にあるこの打ち傷は何か。」と聞くなら、彼は、「私の愛人の家で打たれた傷です。」と言おう。

 

口語訳1955

12:10 わたしはダビデの家およびエルサレムの住民に、恵みと祈の霊とを注ぐ。彼らはその刺した者を見る時、ひとり子のために嘆くように彼のために嘆き、ういごの ために悲しむように、彼のためにいたく悲しむ。

12:11 その日には、エルサレムの嘆きは、メギドの平野にあったハダデ・リンモンのための嘆きのように大きい。

12:12 国じゅう、氏族おのおの別れて嘆く。すなわちダビデの家の氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。ナタンの家の氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて 嘆く。

12:13 レビの家の氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。シメイの氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。

12:14 その他の氏族も皆別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆くのである。

13:1 その日には、罪と汚れとを清める一つの泉が、ダビデの家とエルサレムの住民とのために開かれる。

13:2 万軍の主は言われる、その日には、わたしは地から偶像の名を取り除き、重ねて人に覚えられることのないようにする。わたしはまた預言者および汚れの霊を、 地から去らせる。

13:3 もし、人が今後預言するならば、その産みの父母はこれにむかって、『あなたは主の名をもって偽りを語るゆえ、生きていることができない』と言い、その産み の父母は彼が預言している時、彼を刺すであろう。

13:4 その日には、預言者たちは皆預言する時、その幻を恥じる。また人を欺くための毛の上着を着ない。

13:5 そして『わたしは預言者ではない、わたしは土地を耕す者だ。若い時から土地を持っている』と言う。

13:6 もし、人が彼に『あなたの背中の傷は何か』と尋ねるならば、『これはわたしの友だちの家で受けた傷だ』と、彼は言うであろう」。


文語訳1917
12:10 我ダビデの家およびヱルサレムの居民に恩惠と祈?の靈をそそがん彼等はその刺たりし我を仰ぎ觀獨子のため哭くがごとく之がために哭き長子のために悲しむが ごとく之がために痛く悲しまん
12:11 その日にはヱルサレムに大なる哀哭あらん是はメギドンの谷なるハダデリンモンに在し哀哭のごとくなるべし
12:12 國中の族おのおの別れ居て哀哭べし即ちダビデの族別れ居て哀哭きその妻等別れ居て哀哭きナタンの家の族別れ居て哀哭きその妻等別れ居て哀哭かん
12:13 レビの家の族別れ居て哀哭きその妻等別れ居て哀哭きシメイの族別れ居て哀哭きその妻等わかれ居て哀哭かん
12:14 その他の族も凡て然りすなはち族おのおの別れ居て哀哭きその妻等別れ居て哀哭くべし
13:1 その日罪と汚穢を清むる一の泉ダビデの家とヱルサレムの居民のために開くべし
13:2 萬軍のヱホバ言たまふ其日には我地より偶像の名を絶のぞき重て人に記憶らるること無らしむべし我また預言者および汚穢の靈を地より去しむべし
13:3 人もしなほ預言することあらば其生の父母これに言ん汝は生べからず汝はヱホバの名をもて虚僞を語るなりと而してその生の父母これが預言しをるを刺ん
13:4 その日には預言者等預言するに方りてその異象を羞ん重て人を欺かんために毛衣を纒はじ
13:5 彼言ん我は預言者にあらず地を耕へす者なり即ち我は若き時より人に買れたりと
13:6 若これに向ひて然らば汝の兩手の間の傷は何ぞやと言あらば是は我が愛する者の家にて受たる傷なりと答へん

 

****************************************

各国旧約聖書における新約聖書の引照

・・・標題区分内にある新約聖書引照のすべてを 拾う・・・

 

(英)AUTHORIZED KING JAMES VERSION 1611・・・ZONDERVAN PUBLISHING HOUSE 1994

口 語訳 ヨハ 19:34

19:34 しかし、ひとりの兵卒がやりでそのわきを突きさすと、すぐ血と水とが流れ出た。

 

口 語訳 黙  1:7

1:7 見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみ な、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン。

 

口 語訳 使  2:37

2:37 人々はこれを聞いて、強く心を刺され、ペテロやほかの使徒たちに、「兄弟たちよ、わたしたちは、どうしたらよいのでしょうか」と言っ た。

 

口 語訳 ルカ 3:31

3:31 メレヤ、メナ、マタタ、ナタン、ダビデ、

 

口 語訳 ヘブ 9:14

9:14 永遠の聖霊によって、ご自身を傷なき者として神にささげられたキリストの血は、なおさら、わたしたちの良心をきよめて死んだわざを取 り除き、生ける神に仕える者としないであろうか。

 

口 語訳 Uペテ2:1

2:1 しかし、民の間に、にせ預言者が起ったことがあるが、それと同じく、あなたがたの間にも、にせ教師が現れるであろう。彼らは、滅びに 至らせる異端をひそかに持ち込み、自分たちをあがなって下さった主を否定して、すみやかな滅亡を自分の身に招いている。

 

(米)THE NEW SCOFIELD STUDY BIBLE・・・NEW YORK・OXFORD UNIVERSITY PRESS 1977

口 語訳 ヨハ 19:37

19:37 また聖書のほかのところに、「彼らは自分が刺し通した者を見るであろう」とある。

 

口 語訳 黙  1:7

1:7 見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみ な、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン。

 

口 語訳 マタ 24:30

24:30 そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子 が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。

 

口 語訳 Tヨハ1:9

1:9 もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよ めて下さる。

 

口 語訳 ヨハ 1:29

1:29 その翌日、ヨハネはイエスが自分の方にこられるのを見て言った、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。

 

口 語訳 マタ 10:37

10:37 わたしよりも父または母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。

 

口 語訳 マタ 3:4

3:4 このヨハネは、らくだの毛ごろもを着物にし、腰に皮の帯をしめ、いなごと野蜜とを食物としていた。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE・・・・DARYON,LONGMAN & TODD 1985

口 語訳 ヨハ 3:14-16

3:14 そして、ちょうどモーセが荒野でへびを上げたように、人の子もまた上げられなければならない。

3:15 それは彼を信じる者が、すべて永遠の命を得るためである」。

3:16 神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためであ る。

 

口 語訳 ヨハ 19:37

19:37 また聖書のほかのところに、「彼らは自分が刺し通した者を見るであろう」とある。

 

口 語訳 コロ 1:15

1:15 御子は、見えない神のかたちであって、すべての造られたものに先だって生れたかたである。

 

口 語訳 コロ 1:18

1:18 そして自らは、そのからだなる教会のかしらである。彼は初めの者であり、死人の中から最初に生れたかたである。それは、ご自身がすべ てのことにおいて第一の者となるためである。

 

口 語訳 黙  1:7

1:7 見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみ な、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン。

 

口 語訳 ヨハ 7:38-39

7:38 わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。

7:39 これは、イエスを信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのである。すなわち、イエスはまだ栄光を受けておられなかった ので、御霊がまだ下っていなかったのである。

 

口 語訳 マタ 3:4

3:4 このヨハネは、らくだの毛ごろもを着物にし、腰に皮の帯をしめ、いなごと野蜜とを食物としていた。

 

(独)DIE BIBEL MARTIN LUTHERS 1534 ・・・DEUTSCHE BIBELGESELLSCHAFT 1984

新共同 ヨハ 19:37

19:37 また、聖書の別の所に、「彼らは、自分たちの突き刺した者を見る」とも書いてある。

 

新共同 黙  1:7

1:7 見よ、その方が雲に乗って来られる。すべての人の目が彼を仰ぎ見る、/ことに、彼を突き刺した者どもは。地上の諸民族は皆、彼のために嘆き悲しむ。然り、 アーメン。

 

(日)新共同訳・・・・日本聖書協会 1987  

新共同 ヨハ 19:37

19:37 また、聖書の別の所に、「彼らは、自分たちの突き刺した者を見る」とも書いてある。

 

新共同 黙  1:7

1:7 見よ、その方が雲に乗って来られる。すべての人の目が彼を仰ぎ見る、/ことに、彼を突き刺した者どもは。地上の諸民族は皆、彼のために嘆き悲しむ。然り、 アーメン。

 

新共同 マタ 24:30

24:30 そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。

 

新共同 黙  1:7

1:7 見よ、その方が雲に乗って来られる。すべての人の目が彼を仰ぎ見る、/ことに、彼を突き刺した者どもは。地上の諸民族は皆、彼のために嘆き悲しむ。然り、 アーメン。

 

新共同 マタ 3:4

3:4 ヨハネは、らくだの毛衣を着、腰に革の帯を締め、いなごと野蜜を食べ物としていた。

 

****************************************